検索 - みる会図書館

全データから 214329件ヒットしました。

相対性コム デ ギャルソン論 なぜ私たちはコム デ ギャルソンを語るのか


相 対 性 コ ム デ ギ ャ ル ソ ン 論 な ぜ 私 た ち は コ ム デ ギ ャ ル ソ ン を 語 る の か 西 谷 真 理 子 = 編 フ ィ ル ム ア ー ト 社

相対性コム デ ギャルソン論 なぜ私たちはコム デ ギャルソンを語るのか


相 対 性 コ ム デ ギ ャ ル ソ ン 論 な ぜ 私 た ち は コ ム デ ギ ャ ル ソ ン を 語 る の か 2012 年 12 月 1 7 日 初 版 発 行 編 者 西 谷 真 理 子 装 幀 ・ 本 文 デ ザ イ ン 前 田 晃 伸 発 行 者 発 行 所 籔 内 康 ー 株 式 会 社 フ ィ ル ム ア ー ト 社 〒 1 50-0022 東 京 都 渋 谷 区 恵 比 寿 南 1 丁 目 20 番 6 号 第 21 荒 井 ビ ル TEL 03-5725-2001 FAX 03-5725-2626 http://www.和 mart. CO. jp 印 刷 ・ 製 本 シ ナ ノ 印 刷 株 式 会 社 Printed in Japan 旧 BN978-4-8459-1299-5 C0077

相対性コム デ ギャルソン論 なぜ私たちはコム デ ギャルソンを語るのか


CONTENTS CHAPTER 5 デ ー タ 的 歴 史 的 コ ム デ ギ ャ ル ソ ン を 歴 史 的 に 検 証 す る た め の ツ ー ル 一 6 COMMEdes GARQONS 以 前 の コ ム デ ギ ャ ル ソ ン 1970 年 代 が 可 能 に し た COMME des GARQONS 年 譜 ・ 川 久 保 玲 と コ ム デ ギ ャ ル ソ ン コ ム デ ギ ャ ル ソ ン を 読 み 解 く た め の ブ ッ ク ガ イ ド 〈 イ ン タ ビ ュ ー 〉 私 は 、 コ ム デ ギ ャ ル ソ ン に よ っ て 、 選 曲 家 と い う 仕 事 に 出 会 え た 。 桑 原 茂 一 1 5 コ ム デ ギ ャ ル ソ ン に み る ブ ラ ン ド ・ コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン 販 促 ツ ー ル と そ の ス タ イ ル が い か に イ ン パ ク ト を 与 え た か 柳 本 浩 市 1 4 あ と が き 相 対 性 コ ム デ ギ ャ ル ソ ン 論 が 生 ま れ た 背 景 寄 稿 者 プ ロ フ ィ ー ル 工 藤 雅 人 編 菊 田 琢 也 作 成 Ⅱ 菊 田 琢 也 西 谷 真 理 子 388 395 336 374 382 314 322 335

砦なき者


テ ン 」 だ 。 遠 藤 瑤 子 が 殺 人 ま で 引 き 起 こ し た 首 都 テ レ ビ は 、 自 ら 検 証 番 組 を 放 送 す る こ と で 番 組 の 打 ち 切 り を 免 れ た と い う 設 定 に な っ て い る 。 私 は 読 み な が ら 何 度 か 胸 が 痛 む 場 面 に 遭 遇 し た 。 私 が 働 く も か っ て オ ウ ム 問 題 で 嵐 に 見 舞 わ れ た 経 験 が あ っ た か ら だ 。 そ れ は 文 字 通 り 嵐 と 呼 ぶ に ふ さ わ し い 日 々 だ っ た 。 あ の 時 も 3 時 間 半 に わ た っ て 検 証 番 組 を 放 送 し た 。 ゴ ー ル デ ン タ イ ム に コ マ ー シ ャ ル な し と い う い わ ば 局 の 存 続 を か け た 番 組 と な っ た 。 番 組 は 幾 つ か の コ ー ナ ー に 分 か れ 、 私 も デ ィ レ ク タ ー と し て ひ と つ の プ ロ ッ ク を 担 当 し た 。 そ れ は 発 覚 後 の (--«CQco の 対 応 に つ い て だ っ た 。 当 初 は 教 団 側 に ビ デ オ を 見 せ た と い う 報 道 を 否 定 、 そ の 後 も 揺 れ 動 き 最 終 的 に は 認 め て 謝 罪 し た 。 ビ デ オ を 見 せ た こ と は も ち ろ ん 、 企 業 と し て の 対 応 に 大 き な 批 判 が 集 ま っ た 。 社 内 は 果 て し な い 混 乱 に 陥 り 、 メ デ ィ ア の 命 と も い う べ き 「 信 用 」 を 少 し で も 取 り 戻 す た め 、 検 証 番 組 に 一 縷 の 望 み を 託 し た 。 私 の 加 わ っ た チ ー ム は 、 当 時 の 社 長 を は じ め 役 員 や 幹 部 た ち に イ ン タ ビ ュ ー し た 。 い を へ い な ぜ 当 初 否 定 し た の か 、 な ぜ 内 部 調 査 が 機 能 し な か っ た の か 、 そ こ に 隠 蔽 の 意 志 や 事 実 は な か っ た の か 。 い く ら 役 割 と は い え 、 大 先 輩 に い わ ば 検 事 役 と し て 接 す る の だ 。 話 を 聞 く 前 に は 静 か に 頭 を 下 げ 礼 を 尽 く す 。 だ が い っ た ん イ ン タ ビ ュ ー が 始 ま り 、 質 問 が 厳 し く な れ ば な る ほ ど 、 相 手 も 面 白 か ろ う は ず は な い 。 し か も 我 々 の の 結 論 に よ っ て は 、 自 ら の 地 位 を 失 う 可 能 性 も あ る の だ 。 潔 い 態 度 に 誇 り を 抱 か せ て く れ た 先 輩 も い た 。 だ

論理学をつくる


422 C. ブ ッ ク ガ イ ド パ ズ ル で 入 門 し ち ゃ お う と い う 本 。 [ 1988 ] は 演 繹 的 で な い 様 々 な 推 論 に つ い て 詳 し く 知 る に は 格 し ろ い 。 た だ し , ギ ャ グ 感 覚 は 相 変 わ ら ず か な り デ ィ ー プ 。 [ 1987 ] も ゲ ー デ ル の 不 完 全 性 定 理 に し た 本 。 ゲ ー デ ル の 不 完 全 性 定 理 へ の 導 入 に も な っ て い る 。 扱 わ れ て い る 題 材 は ど れ も 深 く , お も [ 1989b ] は ル イ ス ・ キ ャ ロ ル の 不 思 議 の 国 の ア リ ス を 題 材 に し て 論 理 学 と は ど ん な も の か を 解 説 ・ 内 井 惣 七 [ 1989 b] 『 パ ズ ル と バ ラ ド ッ ク ス 』 講 談 社 現 代 新 書 ・ 内 井 惣 七 [ 1988 ] 『 シ ャ ー ロ ッ ク ・ ホ ー ム ズ の 推 理 学 』 講 談 社 現 代 新 書 ・ 内 井 惣 七 [ 1987 ] 『 う そ と パ ラ ド ッ ク ス 』 講 談 社 現 代 新 書 ギ ャ グ セ ン ス に 耐 え る こ と が 必 要 。 最 良 の 入 門 書 。 た だ し , 自 然 演 繹 を 開 発 し た 「 ゲ ン ツ ェ ン 」 を 「 ゲ リ べ ン 」 と 洒 落 る , オ ヤ ジ な グ マ シ ン , 決 定 不 可 能 性 な ど に つ い て さ ら に 進 ん だ 話 題 を 勉 強 し た い 人 に は ま ず 第 一 に お 勧 め す る 機 械 的 手 続 き , と い う 観 点 か ら 書 か れ た ユ ニ ー ク な 論 理 学 の テ キ ス ト 。 ア ル ゴ リ ズ ム , チ ュ ー リ ン ・ 内 井 惣 七 [ 1989a ] 『 真 理 ・ 証 明 ・ 計 算 : 論 理 と 機 械 』 ミ ネ ル ヴ ァ 書 房 を 知 る た め に , こ れ 以 上 よ い 本 は ち ょ っ と 見 あ た ら な い 。 様 相 論 理 と 可 能 世 界 意 味 論 が 言 語 と 世 界 に つ い て の 考 え 方 に ど の よ う な 影 響 を 与 え た か と い う こ と ・ 飯 田 隆 [ 1995 ] 『 言 語 哲 学 大 全 Ⅲ : 意 味 と 様 相 ( 下 ) 』 勁 草 書 房 の 優 れ た 解 説 書 。 ラ ッ セ ル の 記 述 理 論 に つ い て も 詳 し く 触 れ ら れ て い る 。 か , 現 代 論 理 学 の 創 始 者 た ち が ど の よ う な 問 題 意 識 で 言 語 と 論 理 の 問 題 に と り く ん だ の か に つ い て フ レ ー ゲ に 始 ま る 現 代 論 理 学 が そ れ ま で の 伝 統 的 論 理 学 と 比 べ て ど の よ う な 点 で す ぐ れ て い る の ・ 飯 田 隆 [ 1987 ] 『 言 語 哲 学 大 全 I : 論 理 と 言 語 』 勁 草 書 房 な の か ! と 驚 く こ と だ ろ う 。 非 古 典 論 理 に 興 味 を 持 っ た ら , ぜ ひ 覗 い て も ら い た い 本 。 非 古 典 論 理 っ て こ ん な に バ ラ エ テ ィ 豊 か ・ 赤 間 世 紀 [ 1992 ] 『 計 算 論 理 学 入 門 』 啓 学 出 版 ◎ 日 本 語 で 読 め る 本 十 音 順 に 並 べ て 紹 介 し て お く 。 で 触 れ る こ と の で き な か っ た ト ピ ッ ク を 含 ん で い る 本 , な ど の う ち , 比 較 的 手 に 入 れ や す い も の を , 五 以 下 に , 本 書 を 読 ん で さ ら に 勉 強 し た い 人 が 読 む べ き 本 , 私 が 本 書 を 書 く と き に 参 考 に し た 本 , 本 書 ・ 大 出 晃 [ 1991 ] 『 自 然 な 推 論 の た め の 論 理 学 』 勁 草 書 房 き る 。 真 理 様 相 だ け で な く , 認 識 論 理 , 義 務 論 理 な ど に も 触 れ て い て , 様 相 論 理 の 幅 広 さ を 知 る こ と が で ・ 内 田 種 臣 [ 1978 ] 『 様 相 の 論 理 』 早 稲 田 大 学 出 版 部 レ ベ ル は 相 当 高 い と み た 。 好 の 本 。 ホ ー ム ズ の 推 理 は 本 書 で 扱 う 演 繹 的 推 論 と は ち ょ っ と 違 う 。 親 し み や す く 思 え て , じ つ は

仏教入門


え じ よ う ろ ん レ 、 ン ユ ナ 著 の 『 廻 諍 論 』 と い っ た テ 残 る 『 方 便 心 論 』 ( ナ ー ガ ー ル ジ ナ 著 述 説 も あ る ) 、 ナ 1 ガ 1 ノ 、 ク ス ト に 、 論 理 学 へ の 発 言 が 伝 え ら れ 、 そ れ ら に 用 い ら れ る 諸 術 語 は 、 後 代 の 仏 教 論 理 学 に も イ ン ド 論 理 学 の ニ ャ ー ヤ 学 派 に も 、 ほ ば そ の ま ま 共 有 さ れ る 。 仏 教 論 理 学 は 精 密 な 理 論 体 系 を 誇 る 唯 識 説 に お い て 磨 か れ 、 そ の ひ と り デ ィ グ ナ 1 ガ ( 陳 那 ) が 、 知 識 論 ー 認 識 論 と と も に 樹 立 す る 。 じ ゅ り よ う ろ ん デ ィ グ ナ ー ガ に は 『 プ ラ マ 1 ナ ・ サ ム ッ チ ャ ヤ 』 ( 知 識 集 成 論 、 『 集 量 論 』 と 訳 さ れ る 。 チ ベ ッ し よ う ち ゅ う ろ ん い ん み よ う し よ う り も ん ろ ん 訳 の み ) の 主 著 の ほ か に 、 漢 訳 の 『 観 所 縁 論 』 『 掌 中 論 』 『 因 明 正 理 門 論 』 な ど が あ る 。 デ ィ グ ナ ー ガ は 、 正 し い 認 識 ( プ ラ マ 1 ナ 、 量 と い う ) の 根 拠 と し て 、 直 接 知 覚 ( プ ラ テ ィ ヤ ク シ ヤ 、 現 量 ) と 推 論 ( ア ヌ マ ー ナ 、 比 量 ) と の 二 種 の み を 承 認 し 、 直 接 知 覚 は 分 別 ( 判 断 に 相 当 し よ う ) を 離 れ て い て 無 内 容 で あ る が 、 そ れ に 推 論 が 加 わ る こ と に よ っ て 具 体 的 な 認 識 と し て 成 立 す る と い う ( こ の あ た り は カ ン ト の 感 性 論 と 分 析 論 と に お け る 認 識 の 成 立 と 酷 似 す る ) 。 こ の よ う に 推 論 が 効 果 ( ア ル タ ク リ ヤ ↓ を 有 す る こ と は 、 日 常 の 経 験 か ら 確 認 さ れ る ( こ の 点 で ア プ リ オ リ Ⅱ 先 天 的 、 ま た ト ラ ン ス ツ ェ ン デ ン タ ー ル Ⅱ 先 験 的 〔 超 越 論 的 〕 を 説 く カ ン ト か ら 離 れ る 。 た だ し カ ン ト も 弁 証 論 で は 、 対 象 と の 接 触 を 欠 い た 理 性 は 仮 象 を 生 む と い う ) 。 さ ら に デ ィ グ ナ 1 ガ は 、 推 論 を 「 自 分 の た め ( ス ヴ ァ ・ ア ル タ ) の 推 論 」 と 「 他 人 の た め C ハ ラ ・ ア ル タ ) の 推 論 」 と に 二 分 し て 、 そ の 認 識 論 を 進 め 、 以 後 こ の 二 種 の 推 論 を 論 証 に 用 い つ つ 、 か 202

利己的な遺伝子


を 被 っ て お り 、 し か も そ れ は 単 な る 偶 発 事 態 で は な い 。 勃 起 に お け る 加 圧 能 力 の 宣 伝 は 、 時 と し て 勃 起 は 不 調 で あ る か ら こ そ 効 果 を 示 す の で あ る 。 ダ ー ウ イ ン 派 の 読 者 は 言 う ま で も な く こ の ( ン デ ィ キ ャ ツ 。 フ が ら み の 含 意 を 察 し て お ら れ た に 違 い な く 、 あ る い は 大 き な 疑 念 を 抱 い て お ら れ る か も し れ な い 。 し か し 、 ( ン デ ィ キ ャ ッ プ 原 理 そ の も の に 関 す る 新 し い 視 点 を 論 ず る 次 の 補 注 を 読 み 終 わ る ま で 、 判 断 は 保 甯 し て ほ し い ・ 〔 ザ ( ヴ ィ の 〕 ・ : ・ : と て つ も な く ひ ね く れ た 考 え 方 : ・ : こ 本 文 頁 「 : ・ 本 書 の 初 版 で 私 は 「 私 は ザ ( ヴ ィ の 理 論 を 信 じ て い な い 。 も っ と も 、 私 の 疑 惑 に 対 し て は 、 私 自 身 、 初 め て こ の 理 論 を 聞 い た 時 ほ ど 確 固 た る 自 信 を も っ て い る わ け で は な い 、 と 書 い た 。 そ こ に 「 も っ と も 」 と 書 き 加 え て お い た の は 良 か っ た 。 当 時 に く ら べ 、 ザ ハ ヴ ィ の 理 論 は は る か に も っ と も ら し い と 思 わ れ る よ う に な っ た か ら で あ る 。 最 近 、 有 名 な 理 論 家 た ち の 一 部 も 彼 の 理 論 を 真 剣 に 検 討 し は じ め た 。 も っ と も 困 っ た 事 態 は 、 私 の 同 僚 の ア ラ ン ・ グ ラ フ ェ ン も そ の 一 人 で あ る と い う こ と だ 。 前 に も 書 い た こ と が あ る が 、 「 彼 に は い つ も 正 し い こ と を い う と い う き わ め て 困 っ た 習 性 が あ る の で あ る 」 。 彼 は ザ ( ヴ ィ の 言 語 モ デ ル を 数 学 的 な モ デ ル に 翻 訳 し 、 妥 当 性 あ り 、 と 宣 言 し た の だ 。 こ れ は 他 の 研 究 者 た ち が 行 っ て き た よ う な ザ ハ ヴ ィ の 理 論 の 空 想 的 ・ 衒 学 的 な 曲 解 の 類 い で は な く 、 ザ ハ ヴ ィ の ア イ デ ア そ の も の の 直 接 的 な 数 学 的 翻 訳 だ 。 こ こ で は グ ラ フ ェ ン が は じ め に ま と め た 型 の モ デ ル を 紹 介 す る 。 グ ラ フ = ン は 目 下 、 全 面 的 に 遺 伝 的 な モ デ ル を 研 究 中 で あ り 、 そ れ は 型 の モ デ ル よ り 優 れ た 点 が あ る は ず で あ る 。 し か し こ れ は ()n モ デ ル が 誤 り だ と い う こ と で は な い 。 モ デ ル は よ い 近 似 で あ る 。 実 際 、 本 書 に 示 し た も の を 含 め て 、 す べ て の モ デ ル は 同 じ 意 味 に お い て 近 似 で あ る 。 ( ン デ ィ キ ャ ツ 。 フ 理 論 は 、 潜 在 的 に は 個 体 が 他 の 個 体 の 質 を 判 定 す る あ ら ゆ る 状 況 に 、 関 連 を も つ 。 し か し こ こ で は 、 雌 に 向 か っ て 宣 伝 を す る 雄 、 と い う 配 置 で 話 を 進 め る こ と に す る 。 こ れ は 議 論 を 明 晰 に し た い だ け の も の だ 。 。 、 ノ デ ィ キ ャ ッ プ 原 理 に 関 し て は 少 な く と こ れ は 代 名 詞 の 性 区 分 が 実 際 に 有 用 性 を 発 揮 す る ケ ー ス の 一 つ で あ る ノ 、

論理学をつくる


IV 第 I 部 の ま と め 第 Ⅱ 部 論 理 学 を ひ ろ げ る 第 5 章 論 理 学 の 対 象 言 語 を 拡 張 す る 9.1 9.2 9.3 9.4 5.1 5.2 5.3 5.4 な ぜ 言 語 の 拡 張 が 必 要 な の か 112 述 語 論 理 で の 命 題 の 記 号 化 113 述 語 論 理 の た め の 言 語 を つ く る 122 タ ブ ロ ー の 方 法 を 拡 張 す る 126 第 6 章 お お っ と 述 語 論 理 の セ マ ン テ ィ ク ス が ま だ だ っ た 6.1 述 語 論 理 の セ マ ン テ ィ ク ス を つ く ら な け れ ば 133 第 7 章 さ ら に 論 理 言 語 を 拡 張 す る 6.4 伝 統 的 論 理 学 を ち ょ っ と だ け 158 6.3 存 在 措 定 と 会 話 の 含 意 153 6.2 セ マ ン テ ィ ク ス と モ デ ノ レ 136 7.1 7.2 7.3 7.4 MPL の 限 界 164 PPL の セ マ ン テ ィ ク ス 175 PPL に タ ブ ロ ー を 使 っ て み る 185 論 理 学 者 を 責 め な い で 一 一 - 決 定 問 題 と 計 算 の 理 論 197 第 8 章 さ ら に さ ら に 論 理 言 語 を 拡 張 す る 8.1 同 一 性 を 含 む 述 語 論 理 IPL 2 。 2 8.2 個 数 の 表 現 と 同 一 性 記 号 2 。 6 第 Ⅱ 部 の ま と め 第 9 章 自 然 演 繹 法 を 使 い こ な そ う 第 Ⅲ 部 論 理 を も う 1 つ の 目 で 見 る 述 語 論 理 へ の 拡 張 236 矛 盾 記 号 を 導 入 し た 方 が よ い か も 233 他 の 結 合 子 の た め の 推 論 規 則 223 自 然 演 繹 法 を つ く る 214 108 1 1 2 133 164 2 14 2 1 2 202

論理学をつくる


IV 第 I 部 の ま と め 第 Ⅱ 部 論 理 学 を ひ ろ げ る 第 5 章 論 理 学 の 対 象 言 語 を 拡 張 す る 9.1 9.2 9.3 9.4 5.1 5.2 5.3 5.4 な ぜ 言 語 の 拡 張 が 必 要 な の か 112 述 語 論 理 で の 命 題 の 記 号 化 113 述 語 論 理 の た め の 言 語 を つ く る 122 タ ブ ロ ー の 方 法 を 拡 張 す る 126 第 6 章 お お っ と 述 語 論 理 の セ マ ン テ ィ ク ス が ま だ だ っ た 6.1 述 語 論 理 の セ マ ン テ ィ ク ス を つ く ら な け れ ば 133 第 7 章 さ ら に 論 理 言 語 を 拡 張 す る 6.4 伝 統 的 論 理 学 を ち ょ っ と だ け 158 6.3 存 在 措 定 と 会 話 の 含 意 153 6.2 セ マ ン テ ィ ク ス と モ デ ノ レ 136 7.1 7.2 7.3 7.4 MPL の 限 界 164 PPL の セ マ ン テ ィ ク ス 175 PPL に タ ブ ロ ー を 使 っ て み る 185 論 理 学 者 を 責 め な い で 一 一 - 決 定 問 題 と 計 算 の 理 論 197 第 8 章 さ ら に さ ら に 論 理 言 語 を 拡 張 す る 8.1 同 一 性 を 含 む 述 語 論 理 IPL 2 。 2 8.2 個 数 の 表 現 と 同 一 性 記 号 2 。 6 第 Ⅱ 部 の ま と め 第 9 章 自 然 演 繹 法 を 使 い こ な そ う 第 Ⅲ 部 論 理 を も う 1 つ の 目 で 見 る 述 語 論 理 へ の 拡 張 236 矛 盾 記 号 を 導 入 し た 方 が よ い か も 233 他 の 結 合 子 の た め の 推 論 規 則 223 自 然 演 繹 法 を つ く る 214 108 1 1 2 133 164 2 14 2 1 2 202

論理学をつくる


第 12 章 古 典 論 理 に も ま だ 学 ぶ こ と が た く さ ん 残 っ て る こ の こ と の 違 い は 次 の 事 実 に 現 れ る 。 証 明 は こ こ で は し な い け ど 。 343 【 定 理 56 】 第 2 階 の ペ ア ノ 算 術 PA2 の 任 意 の 2 つ の モ デ ル は 互 い に 同 型 で あ る 。 つ ま り PA2 は 範 疇 的 で あ る 。 体 の 集 合 は 明 ら か に PA2 の モ デ ル で あ る か ら ) 。 こ う し て PA2 は 自 然 数 と は ど の よ う な 構 造 な の か れ に 対 し , PA2 の モ デ ル は み ん な 自 然 数 の 集 合 と 同 じ 構 造 を も っ て い る と い う わ け だ ( 自 然 数 全 PA 1 は 第 1 階 の 理 論 で あ る か ら 先 ほ ど の 定 理 55 に よ り 非 標 準 的 な モ デ ル を も っ て し ま う 。 こ と い う こ と を き ち ん と 1 つ に 決 め る こ と が で き て い る と 言 っ て よ い 。 の よ う な 第 1 階 の 算 術 の 理 論 に は で き な か っ た こ と な の で あ る 。 12.5.4 第 2 階 の 論 理 の 特 質 プ ラ ボ ー ! 第 2 階 ! ビ バ ! 範 疇 性 ! ・ ・ ち ょ っ と 待 っ て 。 こ の こ と こ そ , PAI や Q こ の よ う に 豊 か な 表 現 力 を も っ 第 2 階 の 論 理 だ け れ ど , 表 現 力 が 豊 か に な っ た こ と と 引 き 替 え に , 第 1 階 の 論 理 で は 成 り ( 3 ) 以 上 よ り I* は , そ の ど の 有 限 部 分 集 合 も 充 足 可 能 だ が , そ れ じ し ん は 充 足 可 能 で は な い 。 ■ 個 体 の 数 を n と す る と , An + 1 か ら 先 の 論 理 式 を 偽 に し て し ま う か ら で あ る 。 デ ル で し か 真 に な ら な い が , そ の よ う な ど ん な モ デ ル で も , そ の モ デ ル の 論 議 領 域 に 含 ま れ る ( 2 ) し か し , I* じ し ん は 充 足 可 能 で は な い 。 I* に は 一 113 が 含 ま れ る 。 •B は 論 議 領 域 が 有 限 な モ 充 足 さ れ る 。 部 分 集 合 △ と し て △ = { ー IB } を と っ た 場 合 は , 任 意 の 有 限 集 合 を 論 議 領 域 と す る モ デ ル で △ は も の が 含 ま れ て い な い か ら ) 。 し た が っ て , こ の モ デ ル で △ は 充 足 可 能 で あ る 。 ま た の 有 限 た △ に ¯IB が 含 ま れ る な ら , そ れ も 真 に な る ( な ぜ な ら , こ の モ デ ル に は 無 限 に た く さ ん の 領 域 を も っ モ デ ル を 考 え れ ば , そ れ は ま ず △ に 含 ま れ る す べ て の An の 形 の 式 を 真 に す る 。 ま い う の が あ る は ず だ 。 そ れ を 例 え ば , A1000 と し よ う 。 こ の と き , 1000 個 の 個 体 か ら な る 論 議 そ の 部 分 集 合 △ は 有 限 で あ る 以 上 , そ こ に 含 ま れ る An の な か で 最 も 番 号 の 大 き な も の , と ( 1 ) の い か な る 有 限 部 分 集 合 △ も 充 足 可 能 で あ る 。 A3 , ・ ・ ・ , An , ・ ・ ・ } な る 論 理 式 の 無 限 集 合 I* を 考 え る 。 第 2 階 の 言 語 で 「 無 限 に た く さ ん の も の が あ る 」 を 記 号 化 し た 式 を B と す る 。 次 に r = {•B, A2, 号 化 で き る 。 そ こ で , FOL に よ っ て 「 少 な く と も n 個 の も の が あ る 」 を 記 号 化 し た 式 を An, ま た , 【 証 明 】 す で に 見 た よ う に , 任 意 の n に つ い て , 「 少 な く と も n 個 の も の が あ る 」 は FOL の 式 で 記 限 部 分 集 合 も 充 足 可 能 な の に , そ れ じ た い は 充 足 可 能 で な い 論 理 式 の 無 限 集 合 が 存 在 す る 。 【 定 理 57 】 第 2 階 の 論 理 に つ い て は コ ン パ ク ト 性 が 成 り 立 た な い 。 つ ま り , そ の い か な る 有 性 定 理 が 成 り 立 た な い と い う こ と だ 。 立 っ て い た 好 ま し い 性 質 の い く つ か を 失 っ て し ま う 。 そ の 代 表 例 は 第 2 階 の 論 理 で は コ ン パ ク ト