検索 - みる会図書館

全データから 158051件ヒットしました。

知的生活習慣


知 的 生 活 習 慣 官 次 】

知的生活習慣


CHIKUMA SHINSH 〇 知 的 生 活 習 慣 外 山 滋 比 古 Toyama Shigehik0 ち く ま 新 書 1 1 0 4

知的生活習慣


病 が 多 発 す る よ う に な っ た 。 医 学 も メ タ ポ リ ッ ク 症 候 群 な ど に 注 目 し て 、 生 活 改 善 を す す め 、 散 歩 が 奨 励 さ れ た り す る よ う に な っ た 。 そ れ で も な お 、 一 般 に は 生 活 を し つ か り 考 え よ う と は し な い 。 生 活 と は 習 慣 で あ る こ と も わ か っ て い な い 。 重 要 な の は 生 活 習 慣 で あ る 。 「 習 慣 は 第 二 の 天 性 で あ る 」 と い う イ ギ リ ス の こ と わ ざ は 、 生 活 習 慣 の 力 を 心 得 て い る 。 生 活 習 慣 に よ っ て 、 人 間 は 生 ま れ 変 わ る く ら い 変 化 す る こ と に 注 目 し て い る 。 よ い 生 活 習 慣 を 身 に つ け れ ば 生 ま れ つ き の 人 間 よ り す ぐ れ た 人 間 に な れ る と い う 思 想 は 近 代 に 欠 け た 知 恵 で あ る 。 そ れ を 教 え る の が 、 こ と わ ざ で あ る の が お も し ろ い 。 近 代 教 育 を 受 け た 人 間 に は 、 こ う い う 発 見 は 難 し い 。 生 活 習 慣 病 が 浮 か び 上 が ら せ た の は 、 具 体 的 、 行 動 的 習 慣 で あ っ て 、 食 事 と 運 動 が 中 心 の 、 フ ィ ジ カ ル な 生 活 習 慣 で あ る 。 人 間 は 、 体 だ け で な く 心 を も っ て い る 。 体 の 生 活 習 慣 を フ ィ ジ カ ル 生 活 習 慣 と す る な ら ば 、 心 の 生 活 習 慣 は メ タ ・ フ ィ ジ カ ル な 生 活 習 慣 で あ る 。 メ タ ・ フ ィ ジ カ ル は 仰 々 し い 。 知 的 生 活 習 慣 と 呼 ぶ こ と に し た い 。 008

知的生活習慣


知 識 、 情 報 の あ ふ れ る 現 代 で は 、 健 康 的 生 活 習 慣 だ け で は 不 充 分 で あ る 。 そ の た め 精 神 の 不 具 合 や 、 障 害 を 起 こ す こ と が 多 く な る 。 よ い 知 的 生 活 習 慣 を 身 に つ け れ ば 精 神 的 活 力 の 源 と な っ て 、 人 生 を 豊 か に す る こ と が で き る 。 知 的 生 活 習 慣 に よ っ て 、 人 間 は 新 し い 人 間 に な る こ と が で き る 。 そ の 意 味 で 、 い わ ゆ る 生 活 習 慣 よ り も い っ そ う 大 き な 人 生 的 意 義 が あ る 。 た だ の 生 活 習 慣 さ え ま ま な ら な い 人 間 が 、 知 的 メ タ ポ リ ッ ク 症 候 群 に と り つ か れ る お そ れ は 大 き い 。 知 的 生 活 に よ っ て 自 己 改 善 を 心 が け る 用 意 が 必 要 で あ ろ う 。 知 的 生 活 習 慣 に よ っ て よ り す ぐ れ た 人 間 に な る こ と を 志 す の が 新 し い 生 き 方 で あ る 。 生 活 を 大 切 に し 、 少 し ず つ 生 活 を よ く し て い く こ と で 、 わ れ わ れ は 、 も っ て 生 ま れ た 以 上 の 力 を つ け る こ と が で き る 。 い ま 、 わ れ わ れ は コ ン ピ ュ ー タ ー に お び や か さ れ て 生 き て い る と 言 っ て よ か ろ う か 。 知 識 を ふ や す だ け で は 、 コ ン ピ ュ ー タ ー に 勝 っ こ と は 難 し い が 、 よ い 知 的 生 活 習 慣 を き 身 に つ け れ ば 、 何 も お そ れ る こ と は な い 。 こ の 本 は 、 そ ん な 考 え に も と づ い て 、 生 活 を 考 え た エ ッ セ イ で あ る 。 生 活 は も と も と 個 性 的 な も の で 、 ひ と の 真 似 は で き な い 。

「文明論之概略」を読む 中


結 社 を 作 ろ う と い う 趣 旨 で す 。 明 六 社 の 集 会 で 「 演 説 」 と い う も の を 始 め ま す 。 み ん な の 前 で ス ピ ー チ ( こ れ を 演 説 と 訳 し た の も 福 沢 で す が ) を し て 、 自 分 の 考 え を 伝 達 す る と い う 習 慣 が 日 本 に は な い か ら 、 そ ん な も の は や っ て も ダ メ だ と い う 森 有 礼 の 悲 観 説 を 斥 け て 、 自 分 で 範 を 示 し て ま で そ の 習 慣 を 作 ろ う と し た の で す 。 生 活 習 慣 が 可 変 的 な も の だ 、 と い う 前 提 が 大 事 な の で す 。 だ か ら こ そ 、 た と え 時 間 が か か て も 習 慣 を 変 え て 行 こ う と す る 。 福 沢 は 主 知 主 義 者 と い わ れ ま す け れ ど も 、 そ の 主 知 主 義 は 、 本 を 読 ん で 覚 え る と い っ た 、 暗 記 的 な 学 習 主 義 と は お よ そ ち が う と い う こ と が 分 り ま す 。 彼 は 、 学 問 の 趣 意 は 「 第 一 が は な し 、 次 に は も の ご と を 見 た り き い た り 、 次 に は 道 理 を 考 へ 、 其 の 次 に 書 を 読 む 」 ( 明 治 七 年 集 会 の 演 説 、 明 治 三 十 一 年 版 全 集 緒 言 所 収 ) と 言 っ て い る く ら い 、 学 問 に と っ て も 「 話 す 」 と い う 知 的 会 話 の 習 慣 を 第 一 に も っ て き て 、 読 書 は 一 番 最 後 に く る の で す 。 人 間 は 習 慣 に よ っ て 考 え 方 が 基 本 的 に 制 約 さ れ る と い う 側 面 ー ー ー あ る 意 味 で は 非 常 に 非 合 理 的 な 側 面 ー ー を 重 く 見 て い る わ け で す 。 習 慣 と い う の は 、 理 屈 で は 分 っ て い て も 、 な か な か そ の 理 屈 ド ) お り に よ 、 ゝ し 力 な い 、 だ か ら 仕 方 が な い 、 と い う の で は な く て 、 だ か ら こ そ 、 習 慣 を 変 え て い く こ と が 重 要 な 課 題 と な り ま す 。 い ま 読 ん で い る 個 所 で も 、 人 々 が 集 ま っ て 合 議 す る 習 慣 を つ け て い か な け れ ば な ら な い と 強 調 し 、 そ う い う 習 慣 が つ け ば 、 元 来 日 本 人 は 一 人 一 人 は 優 秀 な の だ か ら 、 も っ と 組 織 体 の 、 ひ っ 128

知的生活習慣


多 少 と も 知 的 な 仕 事 を し て い る と 、 実 際 の 生 活 を い た め つ け て い る こ と が 多 い が 、 改 め て 知 的 に 生 活 を 発 見 す る 必 要 が あ る 。 そ れ に は ま ず 、 自 分 の 生 活 を 知 的 に す る 。 そ し て 知 的 な も の を 生 活 化 す る 。 さ ら に 、 知 と 生 活 の 融 合 を さ せ ら れ れ ば 、 人 間 と し て の 価 値 は 大 き く 高 ま る 。 昔 の 人 は 、 人 生 後 半 に 、 出 家 と い う こ と を し た 。 出 家 し た 人 が ど う い う 生 き か た を し た の か 、 い ま と な っ て は よ く わ か り か ね る が 、 生 活 的 な も の を 精 神 的 な 生 活 で 高 め る こ と を し て い た の で は な い か と 想 像 さ れ る 。 現 代 で は 、 形 の 上 で は 出 家 は 容 易 で は な い が 、 知 性 に よ っ て 生 活 を 昇 華 し 、 生 活 力 に よ っ て 、 自 分 を 個 性 化 す る こ と は 不 可 能 で は な い だ ろ う 。 こ こ ま で の 。 へ て き た こ と は 、 多 く こ の 知 的 生 活 の 発 見 、 生 活 的 知 性 の 覚 醒 と い う こ と に 収 斂 し て い く よ う に 考 え る 。 知 識 と 生 活 の 手 を 結 ば せ る こ と が で き れ ば 、 こ れ ま で の 生 き 方 と 違 っ た 人 生 が 可 能 に な る 。 知 的 生 活 習 慣 の 確 立 は そ の 具 体 で あ る 。

大震災のなかで 私たちは何をすべきか


原 則 ① 環 境 を 変 え な い 原 則 ② 生 活 習 慣 を 変 え な い 原 則 ③ 人 間 関 係 を 変 え な い 原 則 ④ 食 事 、 排 泄 、 入 浴 こ そ 大 切 に 樹 春 原 則 ⑤ 個 性 的 空 間 づ く り 原 則 ⑥ 一 人 一 人 の 役 割 づ く り る す 原 則 ⑦ 一 人 一 人 の 関 係 づ く り 露 ( 拙 著 『 痴 呆 論 』 雲 母 書 房 、 一 一 〇 〇 四 年 。 「 認 知 症 」 と い う コ ト バ が ま だ な か っ た 頃 に 出 版 し 、 私 は あ 護 え て 改 題 し な い で 版 を 重 ね て い る 。 ) 介 の 頃 そ こ れ ら の 原 則 は 、 私 た ち 介 護 職 の 現 場 で の 苦 い 経 験 か ら 生 み 出 さ れ た 。 つ ま り 老 人 は 、 入 院 や 施 設 入 所 と い っ た 機 会 に 環 境 を 変 え ら れ て し ま う 。 そ れ だ け な ら ま だ 害 し も 、 そ れ に 伴 っ て 人 間 関 係 を 喪 失 し 、 食 事 、 排 泄 、 入 浴 と い っ た 長 年 の 生 活 習 慣 が 断 念 さ れ て し ま う 。 さ ら に 役 割 を 失 い 、 個 別 の 空 間 さ え 許 さ れ な い 。 そ う す る と ま ず 老 人 の 生 活 意 欲 が

「いつものパン」があなたを殺す


〈 自 己 チ ェ ッ ク 表 〉 脳 に と っ て 一 番 の リ ス ク は 何 か ー ー ー 間 違 い だ ら け の 食 事 脳 疾 患 は い っ 急 に 襲 っ て く る か わ か ら な い と 考 え ら れ が ち だ 。 心 臓 疾 患 は 特 定 の 遺 伝 的 因 子 や 生 活 習 慣 関 連 因 子 が 組 み 合 わ さ っ た も の に 起 因 し て 、 時 間 を か け て 進 行 す る が 、 脳 の 病 気 は そ う で は な く 、 偶 然 降 り か か っ て く る 異 常 の よ う に 思 え る 。 脳 の 病 気 は 回 避 で き る 人 も い る し 、 苦 し め ら れ る 人 も い る 。 と こ ろ が 実 は 、 そ の 考 え は 間 違 っ て い る 。 脳 機 能 障 害 は 実 際 の と こ ろ 、 心 臓 の 機 能 障 害 と 変 わ ら な い 。 私 た ち の 行 動 や 習 慣 を 通 し て 時 間 を か け て 発 症 す る も の だ 。 つ ま り は 、 神 経 系 の 疾 患 や 認 知 低 下 さ え も 、 心 臓 疾 患 を 防 ぐ の と 同 じ よ う な 方 法 で 、 正 し く 食 べ 、 運 動 を す る こ と で 意 識 的 に 予 防 で き る と い う こ と で あ る 。 現 在 で は 、 う つ 病 か ら 認 知 症 ま で 脳 に 関 係 す る 病 気 の 多 く が 栄 養 面 や 生 活 習 慣 面 で の 選 択 に 密 接 に 関 連 し て い る こ と が 科 学 的 に 説 明 で き る 。 一 〇 〇 人 い れ ば 、 頭 痛 の 一 、 二 回 は も ち ろ ん の こ と 、 一 生 、 心 の 病 気 に 見 舞 わ れ す に 生 き て い け る 人 は わ す か 一 人 だ ろ う 。 ま ず は 簡 単 な 〈 自 己 チ ェ ッ ク 表 〉 か ら 見 て み よ う 。

壮快 2016年 9月号


り ま す 。 し か し 、 の 活 動 次 に 、 「 黒 豆 と 煮 汁 の 発 酵 ェ ア ミ ノ 酸 と ク エ ン 酸 が 生 成 さ れ さ ら に 、 肥 満 も 生 活 習 慣 病 の が 活 発 に な り す ぎ る と 、 血 管 や キ ス 」 の 特 長 に つ い て 解 説 し ま て い る と 、 判 明 し ま し た 。 一 つ で す 。 肥 満 に な る と 、 体 内 心 臓 に 負 担 が か か り 、 血 圧 が 上 し よ う 。 そ も そ も 黒 豆 は 、 昔 か の 血 流 量 が 増 え る た め 、 心 臓 は 含 ま れ る 豊 富 な 栄 養 分 が ス 昇 し て し ま う の で す 。 ら 体 に い い こ と で 知 ら れ て い ま よ り 強 い カ で 血 液 を 巡 ら そ う と キ 生 活 習 慣 病 の 改 善 を 促 す 日 本 食 品 分 析 セ ン タ 1 で は 、 す 。 中 国 で は 漢 方 の 生 薬 と し て し ま す 。 つ ま り 、 血 圧 が 上 が る 工 酵 「 黒 豆 と 煮 汁 の 発 酵 エ キ ス 」 が 使 わ れ て き た ほ ど で す 。 日 本 の で は 、 「 黒 豆 と 煮 汁 の 発 酵 工 の で す 。 そ し て 、 肥 満 に よ る 内 発 の の 働 き に ど う 作 用 す る か 民 間 療 法 で も セ キ や の ど の 痛 み キ ス 」 に は 、 ど の よ う な 健 康 効 臓 脂 肪 が 増 え る と 、 脂 肪 組 織 か ら 分 泌 さ れ る ホ ル モ ン の 影 響 煮 を 調 べ る た め の 実 験 を 行 い ま し に 、 黒 豆 の 煮 汁 が 効 く と い う こ 果 が 期 待 で き る の で し よ う 。 と 第 1 に 挙 げ ら れ る の が 、 生 活 で 、 イ ン ス リ ン の 効 き 目 が 悪 く た 。 結 果 、 何 も 投 与 し な い 検 体 と が 伝 承 さ れ て き ま し た 。 な り 、 糖 尿 病 に 陥 り ま す 。 黒 の 活 動 量 を 100 % と す 実 際 に 黒 豆 の 栄 養 成 分 を 分 析 習 慣 病 の 改 善 で す 。 そ の ほ か 、 血 中 の コ レ ス テ き る と 、 エ キ ス を 投 与 し た 検 体 の す る と 、 ポ リ フ ェ ノ 1 ル の 一 種 生 活 習 慣 病 の 中 で も 代 表 的 な ロ ー ル や 中 性 脂 肪 が 多 く な る 脂 消 活 動 量 は % に 低 減 し て い る こ で あ る ア ン ト シ ア ニ ン を は じ 病 気 が 、 高 血 圧 で す 。 高 血 圧 に 解 も と が 判 明 し ま し た 。 こ の 実 験 結 め 、 た ん ば く 質 、 ア ミ ノ 酸 、 イ な る と 、 血 管 が 圧 に 耐 え る た め 質 異 常 症 も 、 動 脈 硬 化 を 起 こ す 常 果 か ら 、 エ キ ス に は の 活 ソ フ ラ ボ ン 、 サ ポ ニ ン な ど の 重 に 、 し だ い に 厚 く 硬 く な り 、 や 生 活 習 慣 病 の 一 つ と さ れ て い ま 質 動 を 抑 え 、 血 圧 を 下 げ る 働 き が 要 な 栄 養 素 が 非 常 に 豊 富 で あ る が て 動 脈 硬 化 を 引 き 起 こ し ま す 。 ヒ 日 あ る と 判 明 し ま し た 。 こ と が 明 ら か に な っ て い ま す 。 す 。 そ し て 、 血 流 が 悪 化 し て 血 こ う し た 生 活 習 慣 病 を 改 善 す 満 こ う し た 黒 豆 の 健 康 効 管 が 詰 ま り や す く な り 、 脳 梗 塞 る に は 、 日 ご ろ の 食 事 や 運 動 を し ん き ん こ う そ く 退 果 に 着 目 し た の が 、 熊 本 や 心 筋 梗 塞 を 発 症 す る 可 能 性 が 見 直 す こ と が 重 要 で す 。 と は を 投 析 塞 ぐ ん と 高 ま り ま す 。 い っ て も 、 多 忙 な 現 代 人 が 、 長 ス 県 の 老 舗 の 蔵 元 で し た 。 梗 ま た 、 日 ご ろ の 食 生 活 や 飲 酒 年 の 生 活 習 慣 を 急 に 変 え る の は 工 「 黒 豆 と 煮 汁 の 発 酵 エ キ し ス 」 は ア ル コ 1 ル を 含 ん に よ っ て ダ メ 1 ジ を 受 け や す い 容 易 で は な い で し よ う 。 そ こ 善 す い ぞ う 改 。 し 、 で い ま せ ん が 、 熊 本 の 伝 の が 膵 臓 で す 。 膵 臓 が ダ メ 1 ジ で 、 役 立 つ の が 「 黒 豆 と 煮 汁 の を な 糖 与 統 的 な 発 酵 技 術 を 駆 使 し を 受 け る と 、 血 糖 を コ ン ト ロ 1 発 酵 エ キ ス 」 と い う わ け で す 。 血 高 で は 、 エ キ ス に 含 ま れ る ど ん て 作 ら れ て い ま す 。 ま ル す る イ ン ス リ ン の 働 き が 悪 く 圧 た 、 「 発 酵 」 と い う 過 程 な る た め 、 糖 尿 病 に な り や す い な 有 効 成 分 が 、 生 活 習 慣 病 を 改 快 血 高 善 し て く れ る の で し よ う か 。 次 を 加 え た こ と で 、 大 量 の の で す 。 黒 豆 と 煮 汁 の 発 酵 エ キ ス が 血 圧 の 上 昇 を 防 ぐ こ と が 判 明 抑 制 。 一 2 0 「 」 8 。 ー 6 一 一 4 第 2 相 対 <OLLJ 活 性 ( % )

日本酒の起源ーカビ・麹・酒の系譜


料 理 百 珍 集 何 必 醇 ・ 器 土 堂 他 著 / 原 田 信 男 校 注 ・ 解 説 江 戸 期 の 究 極 レ シ ピ 集 ! 豆 腐 ・ 鯛 ・ 卵 ・ い も ・ 柚 ・ ハ モ ・ こ ん ニ 四 〇 〇 円 に や く な ど の 食 材 に つ い て 、 各 々 約 開 種 、 計 種 も の 料 理 法 を 紹 介 。 海 の 味 ー 異 色 の 食 習 慣 探 訪 ー . 北 は 北 海 道 か ら 南 は 沖 縄 ま で 、 山 下 欣 ニ 著 ゴ カ イ 、 ウ ッ ポ 、 ウ ミ へ ・ ヒ 、 ヒ ト デ 、 イ ソ ギ ン チ ャ ク ・ 一 九 〇 〇 円 価 好 奇 心 旺 盛 な 水 生 動 物 の プ ロ が 体 験 し た 珍 食 ・ 奇 食 ・ 異 色 の 食 習 慣 の 数 々 を 紹 介 。 ☆ こ と ば で 探 る 食 の 文 化 誌 内 林 政 夫 著 世 界 各 地 の 食 生 活 事 情 を 知 る 著 者 が 、 食 材 ・ 料 理 か ら マ ナ ー ・ 食 習 慣 に 至 る 様 々 な 姿 を 、 三 ニ 〇 〇 円 そ れ を 伝 え る 「 こ と ば 」 を 軸 に し て 描 き 出 し た 異 色 の 食 文 化 誌 。 日 本 の 野 菜 青 葉 高 著 日 本 の 食 文 化 を 支 え る 野 菜 約 種 を と り あ げ 、 そ の 起 源 、 伝 播 、 渡 来 、 栽 培 、 品 種 、 食 味 等 か ら 再 考 す る 。 新 品 種 育 成 の 陰 に 滅 び ゆ く 野 菜 を 悼 み 、 文 化 財 的 意 義 を 問 い 直 す 野 菜 文 化 論 。 三 一 〇 七 円