検索 - みる会図書館

全データから 206236件ヒットしました。

砦なき者


と り で も の 砦 な き 者

砦なき者


講 談 社 立 庫 砦 な き 者 野 沢 尚 講 談 社

砦なき者


362 世 紀 を 過 ご し た テ レ ビ は ま だ 自 分 の 身 の 丈 を 、 そ し て 自 ら の 影 響 の 行 く 末 を つ か み き っ て は し オ し こ 一 一 = ロ え る だ ろ う か 。 『 砦 な き 者 』 が テ レ ビ の 未 来 へ の 予 一 一 一 一 口 書 に な ら な い と 誰 冫

小説幻冬 12月号 2016年12月27日発行


「 そ れ が し の 知 る 限 り 、 信 長 は そ の よ う な 策 を 思 い つ く よ う な 人 物 で は あ り ま せ ぬ 。 大 う つ け と い う 世 評 は 、 尾 ひ れ が っ 鷲 津 砦 は 、 小 高 い 丘 陵 の 頂 に 築 か れ て い る も の の 、 規 模 は い て い く ら か 大 げ さ に な っ て は お り ま す が 、 そ れ ほ ど 的 外 れ 小 さ く 守 兵 も 少 な い 。 間 者 の 報 せ に よ れ ば 、 守 将 は 織 田 一 族 丸 根 と も 思 い ま せ ん の 秀 敏 と 、 飯 尾 定 宗 。 兵 力 は わ す か 三 百 ほ ど だ と い う 。 砦 や 鳴 海 城 の 周 辺 に 築 か れ た 砦 群 も 、 規 模 と 兵 力 は 似 た よ う 直 盛 は そ の 答 え に 、 か す か な 違 和 を 覚 え た 。 な も の だ っ た 。 簗 田 政 綱 を 通 じ て 直 盛 が 知 っ た 信 長 と 、 元 康 の 語 る 信 長 が 、 著 し く か け 離 れ て い る 。 元 康 に 人 を 見 る 目 が な い の か 、 あ る 払 暁 、 攻 撃 が 開 始 さ れ た 。 法 螺 貝 が 吹 き 鳴 ら さ れ 、 陣 太 鼓 い は 幼 か っ た 元 康 に 対 し て す ら 、 信 長 は 己 の 器 を 秘 し て い た の 音 に 合 わ せ て 兵 た ち が 動 き 出 す 。 直 盛 の 持 ち 場 は 搦 め 手 だ の か 。 っ た 。 敵 の 放 っ 礫 と 矢 を 楯 で 防 ぎ な が ら 、 足 軽 が 急 な 斜 面 を だ が 、 義 元 か ら 信 頼 さ れ 、 一 族 の 娘 ま で 与 え ら れ て い る 元 這 い 上 が っ て い く 。 そ れ ほ ど の 苦 も な く 落 と せ る だ ろ う 。 直 盛 も 他 の 諸 将 も そ 康 の 言 葉 に 、 諸 将 は 納 得 し た よ う だ っ た 。 「 と も か く 、 我 ら は こ こ で 本 隊 の 到 着 を 待 ち 、 織 田 方 の 砦 の う 見 て い た が 、 意 外 に も 敵 の 抵 抗 は 激 し か っ た 。 矢 も 礫 も ふ 攻 略 に か か る 。 そ れ ま で 、 し か と 兵 を 休 め て お く が よ い 」 ん だ ん に 用 意 さ れ て い る よ う で 、 尽 き る 気 配 が な い 。 斜 面 を 泰 朝 が ま と め る と 、 軍 議 は 散 会 と な っ た 。 上 り き っ て 城 壁 に 取 り つ い た 味 方 は 、 次 々 と 槍 で 突 き 落 と さ 直 盛 が 内 通 を 拒 ん だ 時 点 で 、 信 長 も 今 川 本 陣 を 衝 く 策 は 捨 れ て い く 。 て た は す だ 。 そ れ ほ ど 警 戒 す る 必 要 は な い の か も し れ な い 。 「 あ の 尾 張 兵 が 、 こ れ ほ ど の 戦 ぶ り を 見 せ る と は 」 た だ 、 諸 将 の 気 の 緩 み 具 合 が い さ さ か 気 に は な っ た 。 直 盛 は 幾 度 と な く 尾 張 兵 と 干 戈 を 交 え て き た が 、 弱 兵 と い 敗 勢 が 濃 く な れ ば 十 八 日 、 義 元 は 予 定 通 り 沓 掛 城 に 入 り 、 先 鋒 軍 に は 出 陣 が う 評 判 に 間 違 い は な い 。 総 じ て 腰 が 弱 く 、 下 知 さ れ た 。 最 初 の 目 標 は 、 大 高 城 の 北 に 築 か れ た 丸 根 砦 、 自 然 と 崩 れ て い く の だ 。 鷲 津 砦 の 攻 略 で あ る 。 「 信 長 と い う 男 、 や は り 侮 れ ぬ 相 手 や も し れ ま せ ん な 」 ま ず は 、 松 平 元 康 隊 二 千 五 百 が 先 発 し 、 長 い 籠 城 で 疲 弊 し 言 っ た の は 、 、 野 一 族 を 代 表 し て 参 陣 し て い る 政 次 の 弟 、 た 大 高 城 に 兵 糧 を 運 び 込 ん だ 。 そ し て 十 九 日 の 夜 明 け 前 、 直 玄 蕃 だ っ た 。 政 次 に 似 す 武 人 肌 で 、 直 盛 を な い が し ろ に す る 盛 は 朝 比 奈 泰 朝 の 二 千 、 葛 山 信 貞 の 三 千 と と も に 沓 掛 を 出 陣 、 素 振 り も な い 。 家 中 で は 憎 ま れ て い る 小 野 一 族 で も 、 玄 蕃 だ 鷲 津 砦 を 目 指 し た 。 丸 根 砦 に は 、 元 康 が 向 か う 手 筈 と な っ て け は 例 外 だ っ た 。 げ ん ば つ ぶ て 19 野 望 の 狭 間

砦なき者


ー 著 者 一 野 沢 尚 1960 年 、 愛 知 県 名 古 屋 市 生 ま れ 。 日 本 大 学 芸 術 学 部 映 画 学 科 卒 業 。 1983 年 第 9 回 城 戸 賞 受 賞 。 1985 年 テ レ ビ ド ラ マ 「 殺 し て 、 あ な た 」 て 、 脚 本 家 デ ビ ュ ー 。 以 後 テ レ ビ 、 映 画 て 、 活 躍 。 1997 年 「 破 線 の マ リ ス 』 て 、 第 43 回 江 戸 川 乱 歩 賞 受 賞 。 同 年 「 恋 愛 時 代 』 て 、 第 4 回 島 清 恋 愛 文 学 賞 受 賞 。 1999 年 テ レ ビ ド ラ マ 「 結 婚 前 夜 」 「 眠 れ る 森 」 て 第 17 回 向 田 邦 子 賞 受 賞 。 2001 年 「 深 紅 』 ( 講 談 社 ) て 、 第 22 回 吉 川 英 治 文 学 新 人 賞 受 賞 。 2005 年 テ レ ビ ド ラ マ 「 砦 な き 者 」 な ど の 脚 本 で 第 29 回 工 ラ ン ド ー ル 賞 特 別 賞 受 賞 。 テ レ ビ 作 品 「 親 愛 な る 者 へ 」 「 青 い 鳥 」 「 氷 の 世 界 」 「 水 曜 日 の 情 事 」 な ど の ほ か 「 川 、 そ し て 海 へ 」 で の 倉 本 聰 、 三 谷 幸 喜 氏 と の 共 同 脚 本 も 話 題 に 。 映 画 作 品 「 マ リ リ ン に 逢 い た い 」 「 そ の 男 、 凶 暴 に つ き 」 ほ か 。 小 説 『 リ ミ ッ ト 』 『 砦 な き 者 』 『 魔 笛 』 『 ひ た ひ た と 』 ( 講 談 社 ) 、 『 龍 時 03 ー 04 』 『 ふ た た び の 恋 』 ( 文 藝 春 秋 ) 、 『 殺 し 屋 シ ュ ウ 』 ( 幻 冬 舎 ) 、 『 烈 火 の デ ザ イ ン 一 菊 地 信 義 月 』 ( 小 学 館 ) ほ か 。 も の と り で 砦 な き 者 の ざ わ ひ さ し 野 沢 尚 ⑥ Yukiko Nozawa 2004 2004 年 2 月 巧 日 第 一 刷 発 行 2005 年 3 月 馬 日 第 8 刷 発 行 発 行 者 一 一 野 間 佐 和 子 発 行 所 ー ー 株 式 会 社 講 談 社 東 京 都 文 京 区 音 羽 2 ー 12 ー 21 〒 112-8001 電 話 出 版 部 ( 03 ) 5395 ー 3510 販 売 部 ( 03 ) 5395 ー 5817 業 務 部 ( 03 ) 5395 ー 3615 Printed in Japan 製 版 印 刷 製 本 大 日 本 印 刷 株 式 会 社 大 日 本 印 刷 株 式 会 社 株 式 会 社 千 曲 堂 講 談 社 文 庫 定 価 は カ バ ー ( 表 示 し て あ り ま す 落 丁 本 ・ 乱 丁 本 は 購 入 書 店 名 を 明 記 の う え 、 小 社 書 籍 業 務 部 あ て に お 送 り く だ さ い 。 送 科 は 小 社 負 担 に て お 取 替 え し ま す 。 な お 、 こ の 本 の 内 容 に つ い て の お 問 い 合 わ せ は 本 書 の 無 断 複 写 ( コ ビ ー ) は 著 作 権 法 上 で の 例 外 を 除 き 、 禁 じ ら れ て い ま す 。 I S B N 4 ー 0 6 - 2 7 59 64 ー X 文 庫 出 版 部 あ て に お 願 い い た し ま す 。

砦なき者


が 、 私 た ち は あ ま り に 多 く の も の を 失 っ た 。 あ の 時 私 は 自 分 の 中 に い る も う ひ と り の 自 分 に 気 づ い た 。 番 組 で は 、 い つ も な ら 使 う 効 果 音 や 音 楽 な ど 余 計 な 演 出 は 極 力 避 け た 。 い い 番 組 を 作 り た い と 私 は 思 っ た 。 も ち ろ ん 信 用 を 取 り 戻 す た め ス タ ー ト し た 番 組 だ っ た 。 だ が 作 り 手 と し て い い を 作 さ が り た い と 思 っ て い る 自 分 が い た 。 番 組 の 視 聴 率 は % を 超 え た 。 私 は テ レ ビ 屋 の 性 と も い う べ き も の が 、 自 分 に も 潜 ん で い る こ と を 知 っ た 。 『 砦 な き 者 』 の 舞 台 で あ る 首 都 テ レ ビ も 、 検 証 番 組 に よ っ て 嵐 を し の ぐ 。 『 破 線 の マ リ ス 』 な が あ か ま つ な お き で 遠 藤 瑤 子 に 振 り 回 さ れ た 若 手 デ ィ レ ク タ ー の 赤 松 直 起 は 成 長 す る 一 方 で 、 キ ャ ス タ 1 の 長 さ か ふ み お 坂 文 雄 は 壮 絶 な 最 期 を 遂 け る 。 こ の ふ た り が 重 要 な 役 割 を 演 じ る 『 砦 な き 者 』 は 、 大 き く 分 け る と 3 つ の 物 語 か ら で き て い る 。 自 分 は 今 夜 殺 さ れ る 、 殺 し た 男 を 突 き 止 め 告 発 し て 欲 し い と 申 し 出 る ひ と り の を 描 い た 「 殺 さ れ た い 女 」 。 殺 人 者 と 疑 わ れ て い る 人 物 へ の 単 独 イ ン タ ビ ュ ー 、 そ の 裏 に あ る 隠 さ れ た 意 図 と 息 詰 ま る 心 理 戦 を 描 い た 「 独 占 イ ン タ ビ ュ 1 」 。 や ひ ろ き い ち ろ う そ し て 圧 巻 は 「 降 臨 」 「 の 戒 律 」 だ 。 こ の ふ た つ の 章 の 主 人 公 は 八 尋 樹 一 郎 と い う 青 年 だ 。 さ ら に こ の 八 尋 青 年 は 『 砦 な き 者 』 全 体 を 貫 く 縦 軸 と な っ て い る 。 「 殺 さ れ た い 女 」 「 独 占 イ ン タ ビ ュ ー 」 を 八 尋 青 年 は 視 聴 者 と し て テ レ ビ で 観 て い る 。 テ レ

小説幻冬 12月号 2016年12月27日発行


「 玄 蕃 、 行 っ て く れ る か 」 「 承 知 」 四 玄 蕃 が 陣 幕 を く ぐ っ て 出 て い く と 、 お 寅 も 床 儿 か ら 立 ち 上 っ こ 。 カ / 義 元 か ら 転 陣 の 下 知 が 届 い た の は 、 鷲 津 陥 落 か ら 半 刻 も 経 「 父 上 。 わ た く し も 戦 に 加 わ り と う ご ざ い ま す 」 た な い 頃 の こ と だ っ た 。 井 伊 隊 は 本 陣 脇 備 え と し て 、 巻 山 に 「 な ら ん 。 そ な た は わ し の 側 を 離 れ る な 。 大 将 の 命 そ 」 布 陣 せ よ と い う 。 憮 然 と し た 顔 で 、 お 寅 が 座 り 込 む 。 や が て 、 手 勢 を 率 い た 直 盛 は 、 頭 の 中 で 絵 図 を 広 げ た 。 玄 蕃 が 斜 面 を 上 り 、 砦 に 取 り つ く の が 見 え た 。 突 き 出 さ れ る 義 元 本 陣 は 、 沓 掛 か ら 大 高 へ 向 か う 大 高 道 か ら や や 北 に 外 槍 を 薙 ぎ 払 い な が ら 、 城 壁 の 向 こ う へ 消 え て い く 。 れ た 、 桶 狭 間 山 に 置 か れ て い る 。 巻 山 は 、 そ の 南 西 に 位 置 し ほ ど な く し て 、 砦 の 中 か ら 火 の 手 が 上 が っ た 。 大 手 の 葛 山 て い た 。 隊 も 、 門 を 破 0 て 砦 の 中 〈 攻 め 人 0 て い る 。 東 に 視 線 を 転 じ 桶 狭 間 山 に 本 陣 を 置 く こ と は 、 数 日 前 に 通 達 が あ 0 た 。 昨 る と 、 丸 根 砦 か ら も 黒 煙 が 立 ち 上 っ て い た 。 日 の う ち に 先 発 隊 が 向 か っ た た め 、 本 陣 の 設 営 も す で に 終 わ 巳 の 刻 、 鷲 津 、 丸 根 の 両 砦 が 陥 落 し た 。 二 刻 以 上 に 及 ぶ 激 っ て い る は ず だ 。 戦 で あ る 。 鷲 津 の 織 田 秀 敏 、 飯 尾 定 宗 と 丸 根 の 佐 久 間 盛 重 は 鷲 津 、 丸 根 攻 略 に 当 た 0 た 先 鋒 を 除 く 今 川 軍 の 布 陣 は 、 桶 討 死 、 守 兵 も ほ ぼ 全 減 し て い た 。 味 方 の 損 害 も 大 き く 、 井 伊 狭 間 山 の 北 を 東 西 に 走 る 東 海 道 に 前 軍 、 桶 狭 間 山 周 辺 に 義 元 隊 だ け で 五 十 人 以 上 を 失 っ て い る 。 の 本 隊 で あ る 中 軍 、 南 の 大 高 道 に 後 軍 を 置 く と い う も の だ っ 兵 を 決 死 の 戦 に 向 か わ せ る の は 、 並 の 将 に で き る こ と で は な い 。 や は り 、 信 長 と い う 男 、 た だ 者 で は な か っ た 。 中 軍 は 、 桶 狭 間 山 に 総 大 将 義 元 と そ の 旗 本 千 五 百 。 や や 北 積 み 上 け ら れ た 骸 の 山 を 見 つ め る お 寅 の 顔 は 、 し 、 く ら か 蒼 の 高 根 山 に 、 前 衛 と し て 松 井 宗 信 の 千 五 百 。 他 に も い く つ か 褪 め て い る 。 の 山 に 陣 所 を 構 え る こ と に な っ て い た 。 中 軍 だ け で も 、 総 勢 「 こ れ が 、 戦 そ 」 は 五 千 を い く ら か 超 え る 。 お 寅 は 視 線 を 動 か さ ず 、 無 言 で 頷 い た 。 「 今 に な っ て 転 陣 せ よ と は 、 御 屋 形 様 は い か な る 意 図 に ご ざ い ま し よ う か 」 玄 蕃 が 疑 問 を 口 に す る 。

碧きエーゲの恩寵 アレクサンドロス伝奇3⃣


「 船 ま で さ ら っ ち ゃ い か な い よ 三 人 は ハ ミ ル を 放 り 出 し て 勝 手 に 話 を 盛 り 上 げ よ う と し た 。 た た 「 こ り や 、 や つ ば り あ れ の 祟 り だ ろ う な 」 「 あ れ っ て な ん だ よ 」 と り で あ と 「 あ れ だ よ 。 テ イ ラ の 砦 跡 に 、 ベ ル シ ア 人 が 勝 手 に 住 み 着 い た じ ゃ な い か 」 「 あ あ 、 あ れ か 」 ハ ミ ル は 驚 い て 口 を 挟 ん だ 。 「 ベ ル シ ア 人 ? 「 そ う さ 」 と 男 た ち は う な ず い た 。 寵 「 時 々 テ イ ラ 島 に 日 光 浴 に 来 る べ ル シ ア の お 偉 い さ ん だ よ 。 自 分 の で つ か い 邸 が ち ゃ ん と 恩 ビ ー チ の 浜 辺 に あ る っ て い う の に 、 崩 れ か け た 砦 の 跡 を 手 直 し し た ん だ 」 ゲ 別 の 漁 師 が ハ ミ ル に 説 明 し た 。 工 ひ と も 「 夜 に な る と 、 古 い 砦 跡 に 灯 が 点 さ れ る の が 沖 か ら 見 え る の さ 」 碧 ハ ミ ル は 思 わ ず 身 を 乗 り 出 し た 。 「 : : : そ れ 、 ど の く ら い 前 か ら ? や し き

ラブ♡ユー 初恋レボリューション


170 佑 。 だ っ て き み は 瀬 川 三 兄 弟 の 最 後 の 砦 。 最 後 の 光 。 佑 は 息 を の ん だ 。 「 こ 、 光 司 狼 ・ : 、 オ レ 」 佑 も ま た 、 自 分 が 言 っ ち や バ ッ ド な 言 葉 を 口 に し て し ま っ た と い う 事 実 に 気 づ く 。 け れ ど も う 。 何 も か も 遅 す ぎ て 。 「 光 司 狼 せ が わ と り で

砦なき者


繝 ビ の 無 限 の 可 能 性 に 驚 き 、 同 時 に 突 き 上 げ る よ う な 憎 し み を 抱 き 始 め る 。 「 ナ イ ン ・ ト ウ ・ テ ン 」 が 育 て た と も 言 え る 八 尋 青 年 が 、 一 転 テ レ ビ 局 と い う 「 砦 」 に 籠 も る 人 間 た ち に 復 讐 を 始 め る の だ 。 八 尋 青 年 は 首 都 テ レ ビ の 「 ナ イ ン ・ ト ウ ・ テ ン 」 が 放 送 し た 企 画 を め ぐ っ て 涙 な が ら に 報 道 被 害 を 訴 え 、 時 の 人 と な る 。 そ の 後 八 尋 は テ レ ビ に 次 々 と 出 演 し て 大 衆 の 心 を つ か み 次 第 に 若 者 の カ リ ス マ に な っ て い く が 、 長 坂 と 赤 松 が 八 尋 に 疑 い を 抱 き 過 去 を 調 べ 始 め る 。 八 尋 を 疑 う の は 自 ら の 「 マ リ ス 」 ゆ え か と 自 問 自 答 し な が ら も 赤 松 は 取 材 を 続 け 、 つ い に は 殺 人 鬼 で あ る こ と を つ き と め た 。 キ ャ ス タ 1 生 命 を 絶 た れ た こ と で テ レ ビ 局 と い う 「 砦 」 を 失 っ た 長 坂 は 、 ひ と り で 八 尋 と 対 決 す る 道 を 選 び 、 物 語 は 意 外 な 結 末 を 迎 え る 。 息 も っ か せ ぬ ス ト ー リ 1 展 開 の 中 で 、 八 尋 青 年 が テ レ ビ に よ っ て モ ン ス タ ー に な っ て い く 姿 が 不 気 味 に 描 か れ て い る 。 長 坂 と 赤 松 は 取 材 中 に 大 勢 の 若 者 に 取 り 囲 ま れ る 。 八 尋 が 送 り こ ん だ 人 間 た ち だ っ た 。 「 彼 ら の 表 情 に 読 み 取 れ る の は 、 爆 発 寸 前 の 憎 悪 だ 。 殺 意 だ 。 う す 笑 い を 浮 か べ て い る 者 も い る 。 ( 中 略 ) 鑞 人 形 の よ う に の つ べ り し た 顔 か ら 、 ぬ ら ぬ ら と 潤 ん だ 眼 光 を 投 げ か け て く る 若 者 が い た 」 せ を と う 八 尋 が 煽 動 す る こ う し た 若 者 た ち は 、 目 に 見 え な い 「 謎 の 存 在 」 で あ る 大 衆 の 姿 と 重 な り 合 う 。 大 衆 の 総 意 が ゆ が め ら れ 変 容 し た 時 の 危 険 性 を 野 沢 氏 は こ う 書 い て い る 。