検索 - みる会図書館

全データから 210487件ヒットしました。

碧きエーゲの恩寵 アレクサンドロス伝奇3⃣


碧 き 工 1 ゲ の 恩 寵 ア レ ク サ ン ド ロ ス 伝 奇 3

碧きエーゲの恩寵 アレクサンドロス伝奇3⃣


碧 き ェ ー ゲ の 恩 寵 ア レ ク サ ン ド ロ ス イ 云 奇 3 榛 名 し お り white heart 講 談 社 文 庫

碧きエーゲの恩寵 アレクサンドロス伝奇3⃣


367 碧 き ェ ー ゲ の 恩 寵 う の だ 。

碧きエーゲの恩寵 アレクサンドロス伝奇3⃣


榛 名 し お り ( は る な ・ し お り ) 神 奈 川 県 平 塚 市 在 化 作 品 に 「 マ リ ア 』 ( 第 3 回 ホ ワ イ ト ハ ー ト 大 賞 佳 作 受 賞 ) 『 王 女 リ ー ズ 』 「 プ ロ ア 物 語 』 。 『 テ ュ ロ ス の 聖 母 』 「 ミ エ ザ の 深 き 眠 り 』 「 碧 き ェ ー ゲ の 恩 む と つ つ ・ く 初 め て の シ リ ー ズ 連 作 、 、 ア レ ク サ ン ド ロ ス 伝 奇 〃 か 絶 好 調 で あ る 。 N. D ℃ .913 378P 15cm デ サ イ ン 一 山 口 馨 講 談 社 X 文 庫 ロ マ ン ス ア レ ク サ ン ド ロ ス 伝 奇 3 white heart あ お お ん ち ょ う 碧 き ェ ー ゲ の 恩 寵 榛 名 し お り 円 98 年 9 月 5 日 第 一 刷 発 行 は る な 定 価 は カ バ ー に 表 示 し て あ り ま す 。 カ バ ー 印 刷 ー 双 美 印 刷 株 式 会 社 加 藤 製 本 株 式 会 社 本 文 印 刷 ー 豊 国 印 刷 株 式 会 社 製 作 部 03 ー 5395 ー 3615 販 売 部 03 ー 5395 ー 3626 電 話 編 集 部 03 ー 5395 ー 3507 東 京 都 文 京 区 音 羽 2 ー 12 ー 21 〒 112 ー 8001 発 行 所 - ー ー 株 式 会 社 講 談 社 発 行 者 一 一 野 間 佐 和 子 製 本 合 わ せ は 文 芸 局 文 芸 図 書 第 四 出 版 部 あ て に お 願 い い た し ま す 。 小 社 負 担 に て お 取 り 替 え し ま す 。 な お , こ の 本 に つ い て の お 問 い 落 丁 本 ・ 乱 丁 本 は , 小 社 書 籍 製 作 部 あ て に お 送 り く だ さ い 。 送 料 禁 し ら れ て い ま す 。 本 書 の 無 断 複 写 ( コ ピ ー ) は 著 作 権 法 上 で の 例 外 を 除 き 、 ◎ 榛 名 し お り 1998 Printed in Japan I S B N 4 - 0 6 - 2 5 5 3 71 - 6 ( 文 4 )

碧きエーゲの恩寵 アレクサンドロス伝奇3⃣


349 碧 き ェ ー ゲ の 恩 寵 ル デ ト は 気 を 取 り な お す と 、 震 え る サ ラ の 体 を し つ か り と 抱 き し め て や っ た 。

碧きエーゲの恩寵 アレクサンドロス伝奇3⃣


ホ ワ イ ト ハ ー ト 最 新 刊 碧 き 工 ー ゲ の 恩 寵 ア レ ク サ ン ド ロ ス 伝 榛 名 し お り ・ イ ラ ス ト / 池 上 沙 京 突 然 の 別 離 が 狂 わ す サ ラ と ハ ミ ル の 運 命 は ! ? フ ラ ワ ー ・ キ ッ ス 有 馬 さ つ き ・ イ ラ ス ト / 藤 崎 理 子 タ カ よ り 好 き な 人 な ん て い な い ん だ よ 、 僕 。 星 ノ 記 憶 仙 道 は る か ・ イ ラ ス ト 刀 き え 北 海 道 を 舞 台 に ・ ・ ・ 芸 能 界 シ リ ー ズ 急 隈 開 ! ! セ レ ー ネ ・ セ イ レ ー ン ・ 第 5 回 ホ ワ イ ト ハ ー ト 大 賞 。 佳 作 。 受 賞 作 , と み な が 貴 和 ・ イ ラ ス ト / 楠 本 祐 子 人 型 ロ ポ ッ ト の ド ー ン カ 刀 め て 抱 い た 感 情 は ! ? ホ ワ イ ト ハ ー ト ・ 来 月 の 予 定 微 熱 の カ タ チ 和 泉 桂 冬 の 斜 財 妛 ー 魔 鬼 綺 談 ー カ イ ン の 末 裔 ー 降 魔 美 少 年 団 ー ・ ・ ・ ・ 岡 野 麻 里 安 ・ ・ ・ 小 早 川 恵 美 ※ 予 定 の 作 家 、 書 名 は 変 更 に な る 場 合 が あ り ま す 。 黄 泉 か ら の 誘 い 一 新 霊 感 探 偵 倶 楽 部 一 新 田 一 実 駒 崎 優 足 の 鰤 子

碧きエーゲの恩寵 アレクサンドロス伝奇3⃣


い う 感 じ だ 。 ハ ミ ル は あ わ て て 手 伝 い な が ら 念 の た め に た ず ね て み た 。 「 一 人 で も 、 逃 げ る つ も り だ っ た の ? う う ん 、 と 姫 は 首 を 横 に 振 っ た 。 の な い 長 い 髪 が 揺 れ た 。 「 船 の 手 配 が で き な か っ た か ら : : : 船 は ど こ に ? 」 と 逆 に ハ ミ ル に た ず ね て き た 。 生 意 気 な 口 の き き よ う だ が 、 多 少 舌 た ら ず な せ い か 声 は 妙 に 幼 く て か わ い く 響 く 。 ハ ミ ル は 半 分 と ま ど い な が ら も こ う 答 え た 。 「 船 な ら 、 若 い 漁 師 を 二 人 、 金 で 雇 っ て お い た 。 こ の 近 く の 浜 で 待 っ て い る は ず だ 」 「 そ う 」 寵 そ れ で 安 心 で き た ら し い 恩 ひ ざ し た の 膝 下 あ た り ま で の す と ん と し た 夜 着 の ま ま 、 少 女 は 身 軽 く 窓 の 手 摺 を ま た ぎ 、 「 い い お 月 さ ま 」 工 だ ん が い ぜ っ ぺ き と 笑 っ て 、 断 崖 絶 壁 に 飛 び 出 し た 。 碧 も う ま く 絹 糸 の よ う な 髪 が ふ わ り と 空 に 躍 っ た の が 、 ハ ミ ル の 網 膜 に か ろ う じ て 残 っ た 。 ハ ミ ル は あ わ て て 窓 枠 か ら 外 に 身 を 乗 り 出 し た 。 て す り

碧きエーゲの恩寵 アレクサンドロス伝奇3⃣


27 碧 き ェ ー ゲ の 恩 寵 し か し メ ム ノ ン は 、 そ の 夜 の 相 手 に 自 分 を 選 ん だ 。 そ し て 部 屋 で 二 人 き り に な る と 、 明 か り を 手 一 兀 に 引 き 寄 せ 、 逃 げ 出 さ ん ば か り の 自 分 の 面 差 し を じ っ と 見 つ め た 。 そ の と き 、 意 外 に 思 っ た の だ 。 意 志 の 強 そ う な 目 元 。 た か 、 か の 高 名 な 猛 将 メ ム ノ ン に し て は 、 ど こ か 寂 し そ う な 陰 が あ る 、 と 。 ( あ の と き の し よ ば く れ た 感 じ が 、 ど こ か 似 て い る ) ま ま え お も び と く す く す と 一 人 微 笑 ん だ バ ル シ ネ ー ー 海 将 メ ム ノ ン の 想 い 人 は 、 こ の 年 、 花 も 匂 い た っ よ う な 十 六 歳 。 さ だ め 数 奇 な 巡 り 合 わ せ に よ っ て 、 の ち に ア レ ク サ ン ド ロ ス 大 王 の 初 め て の 子 供 を 産 む 運 命 に あ る 女 性 で あ る 。 た だ よ こ の 時 代 ( 紀 元 前 三 四 〇 年 ) 、 地 中 海 に は 、 不 穏 な 空 気 が 漂 っ て い た 。 は け ん ポ リ ス 何 世 紀 に も わ た っ て 覇 権 を 競 い あ っ て き た ギ リ シ ア 都 市 国 家 と 大 国 エ ジ プ ト が 、 そ れ ぞ れ 長 い 衰 退 期 の 終 わ り を 迎 え よ う と し て い た 。 ポ リ ス 特 に ギ リ シ ア で は 、 そ れ ぞ れ の 都 市 国 家 ー ー ー た と え ば ア テ ネ 、 ス パ ル タ 、 テ 1 べ と い っ に お

碧きエーゲの恩寵 アレクサンドロス伝奇3⃣


75 碧 き ェ ー ゲ の 恩 寵 た の は 、 夕 暮 れ 近 く に な っ て か ら だ っ た 。 そ し て ム ス ま ん ま と ハ ミ ル を 手 に 入 れ た カ シ モ フ は 、 口 元 が に や け て く る の を ど う に も 抑 え ら れ な か っ た 。 あ い そ さ て 、 こ の 愛 想 の な い 美 少 年 か ら 、 ど う や っ て 真 実 を き き 出 す こ と に し よ う 。

碧きエーゲの恩寵 アレクサンドロス伝奇3⃣


「 日 暮 れ 前 に 、 ペ ラ に 着 く ん で す か 」 と 」 / 、 と 、 「 ペ ラ ? 船 員 は 申 し わ け な さ そ う に 、 「 今 日 の 泊 ま り は ア ン フ ィ ポ リ ス で す 。 ペ ラ に は 、 明 日 夕 刻 着 き ま す 」 と 言 う 。 伝 達 事 項 で も あ る ら し い 「 ア ン フ ィ ポ リ ス 」 サ ラ が い る と い う ア ン フ ィ ポ リ ス で あ る 。 た ち ま ち ハ ミ ル の 建 て 前 は も ろ く も 崩 れ そ う に な っ た 。 サ ラ に 会 い た い 。 寵 ( だ め だ 、 だ め だ ) の と ハ ミ ル は 初 志 を 貫 徹 し よ う と 踏 ん 張 っ た 。 だ が も っ と 思 い が け な い こ と が こ の 小 さ な 一 船 上 で 起 こ っ た 。 な ん と 、 船 倉 か ら 密 航 者 が 発 見 さ れ た の で あ る 。 碧 か ん ば ん 甲 板 に 引 き 出 さ れ た 少 年 を 見 て 、 ハ ミ ル は 息 を の ん だ 。 「 お は よ う