検索 - みる会図書館

全データから 91878件見つかりました。
帰ってきたメアリー・ポピンズ (岩波少年文庫 53)

ドリトル先生物語全集全 ヒュー・ロフティング作・絵 / 井伏鱒ニ訳〈小学 3 ・ 4 年以上〉 ードリ u- ル先生アフリカゆき ドリトル先生の物語は、最 初の本が出版されてから 2 ドリトル先生航海記 年以上たった今でも、世界 3 ドリトル先生の郵便局 中の子どもたちの人気を集 4 ドリトル先生のサーカス めています。動物語を話し、 世界を旅行し、月にまで行 5 ドリトル先生の動物園 くというこの物語は奇想天 6 ドリトル先生のキャラ・ハン 外でいて動物への愛情が息 7 ドリトル先生と月からの使い づいており、井伏先生の名 訳とともにいつまでも親し 8 ドリトル先生月へゆく んでいただけるでしよう。 9 ドリトル先生月から帰る 菊判上製函入・平均三一二頁 田ドリトル先生と秘密の湖 Ⅱドリトル先生と緑のカナリア にドリトル先生の楽しい家

世界史の誕生 : モンゴルの発展と伝統

しよう 『史記』の「越王句践世家 , 篇によると、越の王家の祖先は禹から出て、第六代の夏后少 こう 康の庶子が会稽に建国したのが、越王国の起源である、という。会稽は、禹が死んだ所で、 ふつけんこうしゅう その墓もある。司馬遷と同時代の越人は、浙江・福建・広東の海岸に住んで、体に竜の入 ぎよろう 墨をし、舟を操るのに巧みな、漁撈と水稲の栽培を生業とする民族であった。今日でさえ、 この地帯の中国人の話している言葉には、タイ語の痕跡が顕著に認められる。 今のところ、夏国の遺跡や遺物と確認されるものは見つかっていないが、東南アジア系 の文化を北方に持ち込んで、後世の中国文明のもっとも古い基層を作ったのは夏人で、南 方から水路を舟で上って来て、舟の着いた河南の各所に都市を建てたのだろう。大洪水の 伝説も、「卵 , から生まれた「蛇」の国造りの物語も、最初の都市国家が、水と竜に関係 の深い、東南アジア系の人々 ( 東夷 ) の建設したものであったことを示している。 ほくてきいん 北狄の殷 かんてき さて、『史記』の「夏本紀 , の次は「殷本紀」である。殷の始祖の母は簡狄 ( 「狄」は北 ていこく ゅうじゅう 方の狩猟民 ) といい、有戎 ( 「戎」は西方の遊牧民 ) の娘であった。簡狄は帝轡の妃となっ つばめ た。ある時、もう二人の娘と野外で水浴をしていて、燕が卵を落としたのを見て、簡狄は しよう その卵を取って呑み、妊娠して契という男の子を産んだ。契は商の地に国を建てた。これ が殷の始祖である。 えっ こうせん せつ

4時間でやり直す 理科の法則と定理100

3 時間目 / 生物の時間引・ 0 ー 00 ゾ 定義 1 つの生物種から多数の生物種に進化する ■オーストラリアでの適応放散 有袋類共通の祖先 カンガルー フクロモモンガ コアラ 1 つの種か適応し 先祖が違っても 個体数を増やす 似た生物種か誕生する オーストラリアやガラパゴス諸島フクロモモンガは、哺乳類のモモンガ など、他の大陸や島から隔絶されとそっくりだが異なる先祖を持つ。別 た地域では、一つの生物種から多の祖先を持っ生物が、同じような環境 数の生物種に進化する適応放散ので進化したため似た形質を持つように 例が観察できる。 なることを「収斂進化」という。 もっと知りたい 0 、 適応するため手足が変化 フロリダに生息するトカゲの 一種は平地に生息していた が、外敵から逃れるため木の 上で生活するようになりまし た。その後朽年ほどで、手足 が発達し木を登るのに向いた 形質になったといいます。 くちはしの違う鳥 ガラパゴス諸島に生息する ダーウインフィンチという鳥 は、生息する島によって食料 が異なるため、それぞれに適 したくちばしを持つように進 化しました。進化論の着想は この鳥から得られました。

世界史の誕生 : モンゴルの発展と伝統

そうぼう 鳥のような奇異な相貌の男の子が生まれ、箱に入れてガンジス河に捨てられる。これを農 おきな 夫の翁が拾って育てる。後にその子は事情を知って、山を越えてチベットに入り、チベッ ト人の初代の王となる。これがチベットの王統の起源である。その後裔のあるチベット王 が、大臣に殺されて位を奪われる。三人の王子はそれぞれ各地に避難する。末の王子ポル テ・チノ ( 黒白まだらの狼 ) は妻のホワ・マラル ( 黄毛の牝鹿 ) とともに東方に向かい、 イカル湖のほとりのプルハン ・ハルドウナ山に至って、その地方の住民によって殿様に選 挙された。これがモンゴルの王統の起源である。ボルテ・チノの子孫のドプ・メルゲンが 死んだ後で、寡婦のアルン・グワは、夢で一人の美少年と交わって、三人の男の子を産む。 へ末子のポダンチャルは、すなわちチンギス・ 1 ンの祖先である。そういうことで、チン 界ギス・ ーンの家系は、チベットの王家とインドの王家を通じて、人類最初の王者まで遡 らる、地上でもっとも高貴な血統であるということになる。 史 これが『蒙古源流』の世界史の大きな枠組みで、この枠組みの中でインド史とチベット 洋 西史を叙述した後、チンギス・ ンの誕生とともに、ゝ しよいよ本格的なモンゴル史に入る。 史この部分は、チンギス・ ーン廟に伝わった多くの古い文献を利用して、チンギス・ 東ンの世界征服の次第を語る。その中の金帝国を滅ばすくだりには、漢の高祖から金までの 中国史の叙述がある。チンギス・ ーン以後の時代では、物語はフビライ・ ーン ( 世 ーン ( 順帝 ) が 祖 ) に始まる元朝の歴代のハーンたちの治世に移り、トゴン・テムル・ハ

地球の歩き方 D21 2011-2012年版 (ベトナム)

進記家 ( タンキーの家 ) Nhä CA 面 KY ニャーコー・タンキー 200 年ほど前に建てられた中国、広東出身の漁師の家で、 2 階 建ての代表的な建築様式。ところどころで日本と中国の建築様式 が見られ、それらがうまく調和して いる。柱や梁、格子などの螺鈿の装 飾はすばらしく、一見の価値がある。 ホイアンで、文化省から文化遺産と して承認された最初の家としても知 られている。 最も造りが複雑で、日本と中国の 建築様式が入り混じった応接間 ひょうこうけ 馮興家 ( フーンフンの家 ) 、 h H1fng ニャーコー・フーンフン 貝殻を使った柱の文字は、よく よく見れば、ひと筆ひと筆が鳥 の姿を模している 約 200 年前に貿易商人の家として建てられた木造建築で、ベトナ ム、中国式に加え、屋根には日本の建築様式も取り入れられている。 進記家 住 101 Nguyén Thåi HQC 1 階の天井には、洪水の 容 3861474 際に 2 階に商品を運び上 8 : 00 ~ 12 : 00 、 13 : 30 ~ 17 : 30 無休 げるための窓が造られてい 團チケットのみ ( → P. 239 ) るなど、随所に生活の工 馮興家 夫が見られる。内部はみ 住 4 Nguyén Thi Minh Khai やけ物店も兼ねている。 谷 3861280 圖 8 : 00 ~ 18 : 00 儷無休 チケットのみ ( → P. 239 ) 現在も 8 代目の子孫が住む。ガイド 達が英語で案内をしてくれる ちんしどう 陳祠堂 ( チャン家の祠堂 ) MAP ・ 外観は質素なたたずまい 1 1 MAP ・ ・ P. 250-2B Nhä Th 、 Töc Trån ・トック・チャン グエン 1802 年に、中国人の血を引く阮朝の官吏によって、祖先礼拝を する場所兼住居として建てられた。祠堂には 3 つの扉があり、両 馮興家の上階へ荷物を上げるた 側は家族が使用し ( 外側から見て右側は男性が、左側は女性が使 めの床窓。現在も洪水時にはこ の格子窓を外して上階へ荷物を 用 ) 、中央の大きな扉は祖先の霊が出入りするための物で、特別な 上げているとか 場合のみ開かれたといわれて いる。この祠堂が建てられた 陳祠堂 住 21 Lé Lqi 時代はすでに日本人がいなか 谷 3861723 ったにもかかわらず、ベトナ 圖 8 : 00 ~ 17 : 30 無休 チケットのみ ( → P. 239 ) ム、中国の建築様式に加え、 屋内装飾などは日本様式が折 貿易陶磁博物館 衷されており興味深い。内部 健 80 Trän Phü はみやげ物店も兼ねている。 谷 3862944 圖 7 : 00 ~ 18 : 00 無休 チケットのみ ( → P. 239 ) ・ P. 251-3C BåO T 、 G61 ル S Måu Dich O Höi An ノけタン・ゴムスウ・マウディック・オ・ホイアン 2 階建ての代表的民家がそのまま博物館になっていて、この周 辺で発掘された陶磁器の数々、沈没船から引き上げた遺物など約 100 点が展示されている。日本人町や御朱印船を描いた絵巻の写 真などは、ホイアンでの日本人の暮らしの一端をかいま見るようで ホイアンが海のシルクロード の重要地点だったことがよく 興味深い。 わかる展示物 団ホイアンの町なかには服屋が多く、日本で 5 ~ 6 万円するドレスやワンピースが 2000 238 ~ 5000 円で買える。しかも、日本よりカラーやテザインのバリエーションが豊富。結 / MAP 調度品、先祖代々受け継がれている形見の 品などもじっくり見ておきたい 貿易陶磁博物館 ( 海のシルクロード博物館 ) MAP

ビルマ語常用6000語

。い p を ] 。 [ep'a? s ・司 。町叩・ a フ tin] [ 名 ] 祖母 臂つ : [ep'wa:] [9P'WE. ] 08 [ap'w€ . win] [ 名 ] 会員 。っ早 [ebei?dan] い b 司 [ 名 ] 祖母 望 : [ap'oun:] つ : [ap ・ ja] & : [ap'jin:zoun:] [ap'ju] [ap'je] かる [ 副 ] 少なくとも , 最低限 末端 , 先端 [ 名 ] ①熱 , 発熱 , 熱病②端 , [ 名 ] ①蓋 , 遮蔽物②表紙 ① [ 名 ] 状態② [ 助 ] ~ とし [ 名 ] 答 , 回答 , 解答 [ 名 ] 白 , 白色 〔 485 〕 [ 動 ] 手許に残る , 貯まる , 儲 [ 動 ] 助け出す , 救い上げる [ 名 ] ①閲読②滓 , 粕 [ 名 ] 各方面 , いろいろな角度 て , ~ の資格で [ 名 ] 組織 , 団体 , 結社 [ 名 ] 組織 , 団体 [ 名 ] 辞書 , 辞典 [ 代・文 ] 何 , どれ , 何処 [ 代・文 ] 誰 [ 副・文 ] どのように [ 名 ] ①値段 , 価格②祖父 G 色っ ab€d3aun. ] [ 副・文 ] 何故 つ : [ap'wa:] い b86 。 . ] 円 [ob€öu]

4時間でやり直す 理科の法則と定理100

4 時間目 , / 地学の時間 Geosc1ence カンフ。リア紀に現在地球上にいる すべての動物門に属する動物が出現 ・カンプリア紀の生物たち 義 定 三葉虫 オノヾビニア アノマロカリス 付属肢で 獲物を捕らえる 硬い殻で 体を守る 象の鼻のように ものをつかむ ー奇妙な姿をした動物たち カンプリア紀の生物化石には、それより以前には見られなかった捕食された跡が 残っている。眼を持ち、捕食関係が生まれたことで、身を守るために硬い殻やト ゲを備えるなど、生物たちは急激に多様化していったという説がある。 もっと知りたい 0 、 アノマロカリス 5 2 E もある、カ 全長が ンブリア紀最大の生物です。 頭部には大きな複眼を持ち、 2 本の触手、胴体には対以 上のヒレがありました。当時 の海の支配者だったと考えら れています。 人類の祖先 ? ージェス動物群のピカイア は、以前人類を含む脊索動物 の祖先と考えられていまし た。しかしカンブリア紀以前 の脊椎動物の化石が見つか 、脊椎動物の直接の祖先と は断定できないことがわかっ たのです。 217

ビルマ語常用6000語

〔 275 〕 前の先祖 [ 名 ] ①枠②範囲③六代 ( クワ科 ) [ 植 ] タイマ , インドタイマ 。っ & [baun 0win:] 8 円 [bain tSa. ] 円 5 [bainsakou?] [ban] つ [banda] つ G ワ : [banda je:] [bandaP] のつ : [ba?saka:] っ : [bapsaka:] 円 b 。 u a 司 早 : 08 つ : [ban:zoga:] 早 : 目 [ban:pja ・ ] : [bein:] っé[bau 司 [ 名 ] 映画 [ 名 ] 銀行 [ 名 ] 財政 [ 名 ] 銀行 [ 名 ] ハス っ [baun bin k'a?] [ 動 ] ①波立つ②そわ そわする , 落ちつかない [ 動 ] 枠にはめる , 枠に納め [ 形 ] 無一文だ , 文無しだ [ 名 ] バス , 乗合自動車 [ 名 ] 財 る ① [ 植 ] ケシ② [ 名 ] 阿片 る , 粉飾する [ 動 ] 見せかける , 形の上です [ 名 ] 俗語 [ 鳥 ] バンケン 餓鬼 , 阿修羅 ② [ 名 ] ポード , 庁③ [ p ℃ u 引 ① [ 鳥 ] ハシナガバンケン

新潮45 2018年10月号

は斎宮の事件があるから、 その末裔は皆、伊勢大神宮 と折り合いが悪い。白手十の ために恐れることがないわ けではない。よく伊勢大神 宮に祈って謝るべきです」 っ故皇后宮外戚高氏之先、 依斎宮事為其後胤ラ」者、皆 る よ 以不和也、今為皐十非擁所 等 怖、能可謝太神宮也し 分 ( 『権記』寛弘八年五月一一十 卑 七日 ) 。 樽図 今現在は道長の世である 二宮 敦成親王上、伊勢大神宮を裏切る先 古母 ( 後一条 ) 祖を持っ定ナ所生の第一皇 子は、東宮になるのは不利 三宮 敦良親王と言っているのだ。 図 ( ⑩後朱雀 ) 道長ーー彰子 系 系図 3 を見てほしい。 定于の母高階貴子の分植 もろひさ 彰子所生の第一一皐十敦成親王 ( のちの後思われるのは当然であること、このよう父は高階師尚だ。 しかるに先の『伊勢物語』では、最後 一条帝 ) のほうが優位にあった。そこでな大事は、人のカの及ぶところではない 藤原行成に覺を求めたところ、行成は、といったことを述べた上で、こう進一一一口すに一行、 " 斎宮は水の尾 ( 清和天皇 ) の御時、文 道長が時の権力者であること、その道長る。 むすめ が外孫である第一一皐十を呂にしようと「亡き定子皇后の母方の高階氏の先祖に徳天皇の御女、惟喬の親王の妹〃 〇洋数字は天皇の即位順 = 婚姻・性関係 ー子養子 一三 0 藤原良門 ( 「権記」によれば 伊勢権守 実父は業平 ) 高階峯緒ーー茂範 = 師尚 藤原長良ーー ( 三代略 ) ( 四代略 ) 敏忠ーー業遠ーー成章 良臣成忠ーー貴子 「権記」 伊尹ーーー義孝ーー行成 兼家 紫式部 道隆 ⑩一条 賢子 定子 敦康親王 October 2016 238

群像 2016年08月号

れたうえで、阿部は「夢語りや巫女のする夢占いや予言な は、私にはきわめて新鮮に思われる。紫式部が「とはすか どをも『とはすかたり』といふもの」らしいことを突き止 たり」と自らいうのは、物語というものが、たとえ個性に めるのである。巫女が神憑りして語ることもまた「とはすよってどれほど洗練されていても、それが古来の鄙びた かたり」だというのだ。 神々の物語や祖先神の英雄譚などの伝承物語と無縁なもの 何かうっちやりを食ったような思いだが、阿部は次のよ ではないことを知っていたからであり、したがって「古代 , つにまとめている。 伝承物語の中にある貴種流離譚といふ型が、平安京の写実 「かうして、『とはすかたり』には、夢解きや巫女の話、 的な物語の中に介入して来ることがあっても別に不思議な 普通の社会人の知性の限界を超えて、精霊的なものとの交 ことではない」という結論は、選球を重ねたうえで放たれ 渉によって語りだされる物語ーーーたとへば、神意とか、人 たクリーンヒットのような印象を与えるのである。 の宿業とか、運命の予見とか、死者の意志とかを物語るこ 興味深いのは、安易に集団の文学を云々する池田弥三郎 とをも意味することがある。『せずともよい余計なお喋り』 らに対する批判が、阿部にこのような考察をもたらしたと とか、『聞かれもせぬのにする話』といふ、社交上の心得 いうことである。いかなる場合であれ、書くのは最終的に としての節度を失ってゐる話といふ意味で使ふこともない は個人なのだ。 ではあるまいが、その範囲だけに止まる言葉ではなく、そ 意識は意識できないものまでを含んでいるというのは、 の背後には、その社会常識を超えた咒術的な世界と連なっ ここ数年、チョムスキーがその言語論を語るときに繰り返 てゐることもある物語であったかのやうである。源氏物語 している一一一一口葉である。それは、一一 = ロ語はつねに個人を通して の作者は、さういふ背景をもってゐる『とはすかたり』と しか現象しないという信念と組み合わせられている。言語 いふ言葉をもって、この源氏物語をさしてゐることがあ本能が突然変異によってもたらされたとして、それはあく る、といふことになる。」 までも個人に起こる現象であって、集団に一挙に起こる現 阿部がここで示唆しているのは、紫式部には何らか無意象ではない。 ここには集団の文学と個人の文学などという 識に対する特異な感覚があったのではないかということで 語を安易に使うことへのいましめが、むろんチョムスキー ある。疑いなく、自分の意図、意識とは関係なく内部から は意識していないだろうが、込められているといってい 噴出してくる物語が、この世にはある。このような物語衝 動について二十世紀の文芸批評はすでにさまざまなかたち 考えるべきことがここには山積していると思われる。 で論を展開しているが、こと源氏物語に関してのこの指摘 ( 以下次号 )