検索 - みる会図書館

全データから 210622件ヒットしました。

祖先の物語 (上)


祖 先 の 物 語 上 巻 。 ) ⅱ 次 思 い 上 が り の 歴 史 観 総 序 化 石 / 更 新 さ れ た 遺 物 / 三 角 測 量 巡 礼 の 始 ま り 農 耕 民 の 物 語 / ク ロ マ ニ ョ ン 人 の 物 語 彡 , 70 す へ て の 人 類 タ ス マ ニ ア 人 の 物 語 / イ ヴ の 物 語 ■ 古 代 型 ホ モ ・ サ ピ エ ン ス ネ ア ン デ ル タ ー ル 人 の 物 語 ■ エ ル ガ ス ト 人 ( ホ モ ・ エ レ ク ト ウ ス ) エ ル ガ ス ト 人 の 物 語 ・ ハ ビ リ ス 人 ( ホ モ ・ ハ ビ リ ス ) 器 用 人 の 物 語 ・ 猿 人 リ ト ル ・ フ ッ ト の 物 語 / リ ト ル ・ フ ッ ト の 物 語 へ の エ ピ ロ ー グ ポ ノ ボ の 物 語 ゴ リ ラ の 物 語 0 オ ラ ン ウ ー タ ン オ ラ ン ウ ー タ ン の 物 語 彡 , 70 テ ナ ガ サ ル 類 テ ナ ガ ザ ル の 物 語 0 旧 世 界 サ ル ラ ン テ ヴ ー ラ ン テ ヴ ー ラ ン テ ヴ ー ラ ン テ ヴ ー 1 35 1 68 2 10 60 43 1 86 1 乃 1 20 105

日経サイエンス 2016年 9月号


ン ド ・ ヨ ー ロ ッ パ 語 族 の 起 源 を 探 る 研 究 を ハ イ テ ク 化 し た 。 こ れ ら の 研 究 者 は 新 た な 理 論 的 ・ 統 計 的 手 段 を 武 器 に , 言 語 学 を 紙 と 鉛 筆 の 作 業 か ら , 強 力 な コ ン ピ ュ ー タ ー と 進 化 生 物 学 の 手 法 を 用 い て 言 語 の 起 源 を 追 跡 す る 分 野 へ と 変 え 始 め た 。 言 語 学 を 近 代 化 す る こ の 試 み に よ っ て イ ン ド ・ ヨ ー ロ ッ パ 語 族 の 生 ま れ た 場 所 と 時 期 が 絞 り 込 ま れ た の だ ろ う と 思 う か も し れ な い が , 実 際 に は 多 く の 面 で 逆 の こ と が 起 こ り , 論 争 は む し ろ 激 し さ を 増 し て い る 。 印 欧 語 族 の 諸 言 語 が 「 イ ン ド ・ ヨ ー ロ ッ パ 祖 語 ( 印 欧 祖 語 , PIE : Proto-Indo-European) 」 と い う 1 つ の 言 葉 を 共 通 祖 先 と し て 生 ま れ た と い う 重 要 な 点 に つ い て は 異 論 が な い 。 し か し , こ の 祖 語 か ら な ぜ こ れ ほ ど 多 く の 言 語 が 生 じ た の か , こ の 祖 語 が ど こ で 生 ま れ た の か に つ い て は , ま る で 意 見 が 一 致 し な い 。 研 究 者 た ち は 2 つ の 陣 営 に 分 か れ て い る 。 1 つ は 旧 来 の 言 語 学 者 の 多 く を 含 み , 車 輪 を 発 明 し ウ マ を 家 畜 化 し た 中 央 ア ジ ア の 遊 牧 民 が 約 6000 年 前 か ら , こ の 祖 語 を ヨ ー ロ ッ パ と ア ジ ア の 隅 々 に ま で 広 め た の だ と 主 張 す る 。 も う 1 つ の 陣 営 は 英 国 の 考 古 学 者 レ ン フ リ ュ ー (CoIin Renfrew) が 率 い る も の で , こ の 祖 語 を 広 め た の は 中 央 ア ジ ア よ り 800km 以 上 南 , 現 在 の ト ル コ に い た 初 期 の 農 耕 民 で , 彼 ら が 農 業 の ノ ウ ハ ウ を 広 め 始 め た 約 8500 年 前 よ り も 後 の 出 来 事 だ っ た と み る 。 両 者 は 一 進 一 退 の 好 勝 負 を 展 開 し て き た 。 2003 年 , 進 化 生 物 学 者 は 一 連 の 研 究 成 果 を 発 表 し , 単 語 が 生 物 進 化 と 同 様 の パ タ ー ン で 進 化 す る と の 考 え 方 に 基 づ い て , イ ン ド ・ ヨ ー ロ ッ パ 語 族 の 系 統 樹 は 遅 く と も 8000 年 前 の 中 東 に 起 源 を 発 す る と 結 論 づ け た 。 農 耕 民 が 祖 語 を 広 め た と い う 仮 説 と 整 合 す る 結 果 だ 。 だ が 1 ~ 2 年 前 に は 一 部 の 言 語 学 者 と 考 古 学 者 , 遺 伝 学 者 が こ れ と 競 合 す る コ ン ピ ュ ー タ ー 解 析 結 果 と 86 古 代 人 の 骨 格 か ら 得 た DNA 試 料 を 用 い て 反 撃 し , 遊 牧 民 仮 説 を 支 持 し た 。 論 争 の 振 り 子 は い ま も 揺 れ 続 け て い る 。 ス テ ッ プ 起 源 説 学 者 た ち は 高 速 コ ン ピ ュ ー タ ー の 登 場 を 待 つ ま で も な く , 印 欧 語 族 の 諸 言 語 の 関 連 性 に 気 づ い て い た 。 こ の 認 識 は ヨ ー ロ ッ パ の 人 々 が 遠 く ま で 旅 す る よ う に な っ た 18 世 紀 に さ か の ぼ る 。 遠 く 離 れ た 言 語 の 類 似 点 の い く つ か は , 関 連 性 の 動 か ぬ 証 拠 だ と み ら れ て い る 。 例 え ば 火 を 意 味 す る サ ン ス ク リ ッ ト 語 の agnf- と ラ テ ン 語 の ignis は 明 ら か に つ な が り を 示 し て い る 。 19 世 紀 に な る と , イ ン ド ・ ヨ ー ロ ッ パ 語 族 の 共 通 祖 先 と な る 祖 語 が あ っ た に 違 い な い と 考 え ら れ る よ う に な っ た 。 「 ヨ ー ロ ッ パ 文 明 の 古 典 的 言 語 が , 世 界 の 反 対 側 の イ ン ド で 話 さ れ て い た 風 変 わ り な サ ン ス ク リ ッ ト 語 と 同 じ 起 源 を 持 っ と い う の は , 一 種 の 衝 撃 だ っ た 」 と ハ ー ト ウ ィ ッ ク 大 学 の 考 古 学 者 (David Anthony) は い う 。 ア ン ソ ニ 彼 は 印 欧 祖 語 を 遊 牧 民 起 源 と す る 説 の 熱 烈 な 支 持 者 だ 。 そ こ で 言 語 学 者 た ち は こ の 古 代 言 語 の 再 建 に 乗 り 出 し た 。 元 の 単 語 が 極 端 に 変 化 し て い な い 場 合 に は , こ の 作 業 は そ れ ほ ど 難 し く な い 。 例 え ば カ バ ノ キ を 意 味 す る 英 語 の birch と ド イ ツ 語 の Birke, サ ン ス ク リ ッ ト 語 の bh ⅱ r 戸 な ど の 単 語 に , 言 葉 の 変 化 に 関 す る 言 語 学 上 の 基 本 ル ー ル を 適 用 す る こ と で , そ の 祖 語 が bherhlg- の よ う な 言 葉 た っ た と 推 定 で き る (* 印 は こ れ が 再 建 さ れ た 単 語 で あ っ て 直 接 の 証 拠 は な い こ と を 示 す 。 添 え 字 の 1 は ロ の 奥 で 発 す る 音 を 示 す ) 。 他 の 再 建 は こ こ ま で 自 明 で は な い 。 例 え ば 馬 を 意 味 す る サ ン ス ク リ ッ ト 語 は åéva-, ギ リ シ ャ 語 は hfppos, ラ テ ン 語 は equus, 古 ア イ ル ラ ン ド 語 は ech と な る が , こ れ ら の 祖 語 は hlékwo と 推 定 さ れ た 。 だ が 言 語 学 者 が 祖 語 の 話 者 を 特 定 す る 試 み を 始 め る と , 事 態 は や や こ し く な っ た 。 こ れ ら の 学 者 た ち は 特 定 の 文 化 を 印 欧 祖 語 と 関 連 づ け 始 め た 。 「 言 語 的 先 史 研 究 ( 言 語 的 古 生 物 学 ) 」 と 呼 ば れ る 手 法 だ 。 彼 ら は 印 欧 祖 語 が 馬 や 羊 , 牛 な ど の 家 畜 を 意 味 す る 言 葉 を 多 く 含 む こ と に 注 目 し , 祖 語 の 発 祥 の 地 は 牧 畜 地 帯 だ ろ う と 推 定 し た 。 こ の ア プ ロ ー チ は 最 終 的 に 印 欧 祖 語 研 究 に 思 わ ぬ 困 難 を も た ら し た 。 20 世 紀 初 頭 , ド イ ツ の 考 古 学 者 コ ッ シ ナ (Gustaf Kossinna) は , 5000 年 前 か ら 「 縄 目 文 土 器 」 と い う 複 雑 な 文 様 の 土 器 を 作 り 始 め た 中 央 ヨ ー ロ ッ パ の 定 住 民 が 最 初 に 印 欧 祖 語 を 話 し た の だ と 提 唱 し た 。 こ れ ら の 人 々 が 後 に 現 在 の ド イ ツ か ら 外 に 出 て , そ の 言 葉 を 広 め た の だ と コ ッ シ ナ は 唱 え た 。 こ の 考 え 方 は 当 時 の ナ チ ス の 耳 に 快 く 響 い た 。 ナ チ ス は 「 ア ー リ ア 人 」 ( 印 欧 祖 語 の 話 者 を 指 す 19 世 紀 の 術 語 ) を 復 活 さ せ , 秀 で た 人 種 の 意 味 を 含 ま せ た 。 こ の せ い で , 印 欧 祖 語 の 話 者 に 関 す る 研 究 は そ の 後 長 ら く 汚 名 が つ き ま と っ た 。 そ れ を 重 要 な 研 究 課 題 と し て 復 興 し た の は 1950 年 代 に 始 ま る 考 古 学 者 ギ ン プ タ ス (Marija Gimbutas, 1994 年 死 去 ) の 努 力 に よ る と さ れ て い る 。 ギ ン プ タ ス は 黒 海 の 北 の 草 原 地 帯 , い わ ゆ る 「 黒 海 ス テ ッ カ が 印 欧 祖 語 の 生 誕 地 で あ る と し た 。 祖 語 を 広 め た の は , 約 6000 年 前 の 考 古 学 的 記 録 が 残 っ て い る 銅 器 時 代 「 ク ル ガ ン 文 化 」 の 人 々 で あ る と い う 考 え だ 。 ス テ ッ プ の 荒 野 を 1000 年 ほ ど 放 浪 し た こ の 遊 牧 民 は そ の 間 に ウ マ を 家 畜 化 し , 東 欧 と 中 欧 に 勢 い よ く 進 出 し て , 自 分 た ち の 族 長 文 化 と と も に , 印 欧 祖 語 の 明 確 な 発 声 を 押 し つ け た の だ と ギ ン プ タ ス は 主 張 し た 。 よ り 具 体 的 に は , 約 5600 年 前 か ら 4300 年 前 に か け て 黒 海 ス テ ッ プ に 住 ん で い た ヤ ム ナ 文 化 ( ャ ム ナ ヤ 文 化 ) の 人 々 が 印 欧 祖 語 の も と も と の 話 者 で あ る と し た 。 他 の 研 究 者 も こ の 見 方 を 支 持 す る 証 日 経 サ イ エ ン ス 2016 年 9 月 号

完訳 日本の古典 第十四巻 源氏物語 ㈠


源 氏 物 語 454 桐 壺 △ 先 帝 丘 ( 部 卿 ~ 呂 ( 兵 部 卿 の 親 王 ) 先 帝 の 四 の 宮 、 宮 、 后 の 宮 の 姫 宮 、 藤 壺 、 か か や く 日 の 宮 母 后 €'&) 藤 壺 女 御 ( 右 大 臣 ( 桐 壺 帝 ( 号 、 ) △ 大 納 一 一 = ロ ( 父 の 大 納 言 ) 桐 壺 更 衣 ( 母 北 の 方 ( 母 君 、 御 祖 母 北 の 方 ) 左 , 人 臣 ( 引 入 れ の 大 臣 、 大 臣 ) 母 宮 ( 宮 ) 各 巻 の 系 図 一 、 本 巻 所 収 の 登 場 人 物 を 各 巻 ご と に ま と め た 系 図 で あ る 。 一 、 △ は 、 そ の 巻 に お け る 故 人 を 示 す 、 ( ) 内 は そ の 巻 で の 呼 び 名 を 示 す 。 春 宮 の 祖 父 大 臣 、 春 宮 の 御 祖 父 、 右 の 大 臣 母 君 、 御 息 所 、 女 、 母 御 息 所 源 氏 弘 徽 殿 女 御 ( 宀 呂 ( 一 の 御 子 、 一 の 宮 ) 女 御 子 た ち 二 所 男 皇 御 子 若 宮 宮 源 氏 の 君 、 光 る 君 、 君 葵 の 上 ( 靫 負 命 婦 ( 命 婦 ) 典 侍 右 大 弁 ( 弁 ) 大 蔵 卿 高 麗 人 ( 相 人 ) 右 大 臣 の 女 御 、 一 の 御 子 の 女 御 、 弘 徽 殿 、 御 方 、 女 御 、 春 宮 の 女 御 四 の 君 御 む す め 、 女 君 、 大 殿 の 君 頭 中 将 (

祖先の物語 (上)


か な り 大 き く な っ て く る の で あ る 。 わ が 仮 説 上 の タ ス マ ニ ア 人 の 集 団 で は 、 チ ャ ン 2 の 年 代 は 一 三 世 代 さ か の ぼ る 。 し た が っ て 、 そ の 年 代 の 全 人 口 の 八 〇 % が す べ て の 現 存 す る 個 体 の 祖 先 で あ る と 予 測 で き る と 言 う と き 、 私 た ち は 、 一 一 二 世 代 先 の 子 孫 の こ と を 語 っ て い る の で あ る 。 一 三 代 目 の 特 定 の 子 孫 に お い て 一 人 の 祖 先 の ゲ ノ ム が 占 め る 割 合 は 、 平 均 す れ ば 、 四 〇 〇 万 分 の 一 で あ る と 予 測 す る こ と が で き る 。 ヒ ト ゲ ノ ム は わ ず か 数 万 の 遺 伝 子 し か も た な い の で 、 四 〇 〇 万 分 の 一 と い う と 、 か な り 薄 く 広 が っ て し ま っ て い る よ う に 見 え る だ ろ う 。 も ち ろ ん 、 わ が 仮 説 上 の タ ス マ ニ ア 人 の 人 口 は わ ず か 五 〇 〇 〇 人 な の で 、 そ う い う こ と は ま ず あ り そ う に な い 。 、 と の 個 人 も 、 多 く の 異 な る ル ー ト を 通 じ て 、 あ る 特 定 の 祖 先 か ら 由 来 し た か も し れ な い 。 し か し そ れ で も 、 偶 然 に 、 普 遍 的 な 祖 先 の う ち の 誰 か が 、 た ま た ま 、 は る か 遠 く の 子 孫 の 遺 伝 子 に 対 し て 何 の 貢 献 も し な く な っ て し ま う と い う こ と は 、 容 易 に 起 こ り う る の で あ る 。 ひ ょ っ と し た ら 私 は 偏 見 を も っ て い る の か も し れ な い が 、 こ れ こ そ 、 私 が 自 然 淘 汰 の 焦 点 と し て の 遺 伝 子 に 立 ち 戻 る も う 一 つ の 理 由 で あ る と 思 っ て い る 。 つ ま り 、 未 来 に 向 け て 生 き 延 び よ う と す る 個 人 ( あ る い は 実 際 に は 遺 伝 子 ) に つ い て 前 向 き に 考 え る よ り も む し ろ 、 現 在 ま で 生 き 延 び て き た 遺 伝 子 に つ い て 過 去 に 向 か て 後 ろ 向 き に え る こ と で あ る 。 「 前 向 き の 意 図 」 式 の 思 考 法 は 、 真 重 に 、 誤 解 し な い で 用 い れ ば 有 効 な も の に な り う る が 、 か な ら ず し も 本 当 に 不 可 欠 な も の で は な い 。 「 後 ろ 類 向 き の 遺 伝 子 」 と い う 用 語 は 、 使 い 慣 れ れ ば 、 同 じ よ う に 鮮 明 で 、 真 実 に 近 く 、 誤 っ た 答 え を 生 み だ て す 可 能 性 が よ り 低 い 。 〈 タ ス マ ニ ア 人 の 物 語 〉 で は 、 系 譜 学 的 な 祖 先 、 つ ま り 、 伝 統 的 な 系 譜 学 者 が す 一 一 一 口 う 意 味 で の 現 代 人 の 祖 先 で あ る よ う な 歴 史 的 な 個 人 、 「 人 々 の 祖 先 」 に つ い て 語 っ て き た 。 し か し 人 間 に つ い て で き る こ と は 遺 伝 子 に つ い て も で き る 。 遺 伝 子 も ま た 親 の 遺 伝 子 、 祖 父 母 の 遺 伝 子 、 係 ン の 遺 伝 子 を も っ て い る 。 遺 伝 子 も ま た 血 統 、 家 系 図 、 「 最 も 新 し い 共 通 の 祖 先 」 (æc-)<) を も っ て

祖先の物語 (上)


た ど っ て い る 道 が あ な た の 祖 先 の も の な の か 、 そ れ と も 私 の 祖 先 の も の な の か 、 思 い 悩 む 必 要 が な く な る 地 点 だ か ら で あ る 。 こ の 里 程 標 か ら 先 は 、 す べ て の 私 の 読 者 が 、 肩 を 並 べ て 一 つ の 巡 礼 団 を な し 、 過 去 に 向 か っ て 行 進 し て い く の で あ る 。 タ ス マ ニ ア 人 の 物 語 ( ャ ン ・ ウ オ ン と の 共 著 ) 祖 先 を た ど る と い う の は 魅 力 的 な 暇 つ ぶ し で あ る 。 そ し て そ の 祖 先 探 し に は 、 歴 史 学 そ の も の と 同 じ よ う に 、 二 つ の 方 法 が あ る 。 一 つ は 、 あ な た か ら さ か の ぼ っ て 、 二 人 の 両 親 、 四 人 の 祖 父 母 、 八 人 の 曾 祖 父 母 と い う ふ う に 列 挙 し て い く こ と で あ る 。 も う 一 つ は 、 遠 い 祖 先 を 一 人 取 り 上 げ て 、 そ こ か ら 時 代 を 追 っ て 、 彼 の 子 供 、 孫 、 曾 係 と 、 あ な た に 行 き つ く ま で 列 挙 し て い く こ と で あ る 。 ア マ チ ュ ア の 系 譜 学 者 は こ れ を 両 方 と も や り 、 世 代 間 を 前 へ 行 っ た り 後 ろ へ 行 っ た り し な が ら 、 教 区 記 録 簿 と 家 庭 用 聖 書 「 訳 注 家 族 の 誕 生 や 死 亡 、 結 婚 な ど が 記 録 さ れ て い る 〕 か ら 、 可 能 な ぎ り ぎ り の と こ ろ ま で 家 系 し く 。 こ の 物 語 で は 、 本 書 全 体 と 同 じ よ う に 、 過 去 に 向 か う 方 法 が 用 い ら れ る 。 図 を 埋 め て ) 二 人 の 人 間 を 取 り 上 げ 、 過 去 に さ か の ぼ っ て い く と 、 遅 か れ 早 か れ 、 年 代 的 に 最 も 新 し い 共 通 の 祖 先 (Most Recent Common Ancestor=ä%*O<) に 行 き 当 た る 。 あ な た と 私 、 配 管 工 と 女 王 、 ど 類 ん な 組 み 合 わ せ で あ ろ う と 、 か な ら ず た っ た 一 人 ( あ る い は カ ッ プ ル ) の コ ン セ ス タ ー に 収 斂 し て の て い く 。 し か し 、 類 縁 関 係 の 近 い 人 間 ど う し を 取 り 上 げ な い か ぎ り 、 コ ン セ ス タ ー の 発 見 に は 膨 大 な 家 す 系 図 を 必 要 と し 、 そ の 大 部 分 は 不 明 の ま ま だ ろ う 。 こ れ は 、 現 在 生 き て い る す べ て の 人 類 の コ ン セ ス ~ タ ー に つ い て 、 な お さ ら よ く 当 て は ま る 。 コ ン セ ス タ ー 0 、 現 在 生 き て い る す べ て の 人 類 の 最 も 新 し ン い 共 通 祖 先 の 年 代 を 決 定 す る の は 、 ふ つ う の 系 譜 学 者 が 引 き 受 け ら れ る 仕 事 で は な い 。 そ れ は 推 定 の 6 し ゅ う れ ん

昭和天皇(上)


こ の 自 己 認 識 の 中 心 に あ っ た の は 、 裕 仁 自 身 の 存 在 、 権 威 、 一 族 の 浮 沈 、 そ の ほ か 彼 と そ の 国 家 を 支 え る あ ら ゆ る も の の 事 実 上 の 源 泉 で あ る 皇 室 の 祖 先 へ の 、 強 い 道 徳 的 義 務 感 で あ る 。 祖 先 崇 拝 は 、 家 父 長 制 的 な 皇 室 の 将 来 の 家 長 と し て 、 彼 の 双 肩 に か か っ て い た 。 彼 は 祖 先 の た め の 荘 厳 な 祭 儀 の 執 行 を 学 ぶ 義 務 が あ っ た 。 伝 統 と 公 的 義 務 と の こ の 関 係 は 、 「 皇 祖 皇 宗 」 ( 皇 室 の 創 始 者 と そ の 他 の 祖 先 ) と い う 表 現 に 要 約 さ れ て い る 。 皇 祖 は 太 陽 の 女 神 天 照 大 神 に 始 ま り 、 神 武 天 皇 に 至 る 神 話 上 の 祖 先 を 意 味 し 、 皇 宗 は そ れ 以 後 の 代 々 の 天 皇 、 時 代 を 超 え て 皇 位 を 伝 え て き た 歴 史 上 の 天 皇 の 系 譜 を 意 味 し た 。 こ の よ う に 皇 祖 皇 宗 は 、 神 話 と 、 全 体 と し て 人 工 的 に つ く ら れ た 天 皇 制 の 伝 統 に 裕 仁 を 直 接 結 び つ け た 。 そ れ は 彼 の 道 徳 観 の 淵 源 を な し 、 の ち に は そ の 国 家 観 の 基 礎 に も な っ た 。 永 遠 の 公 的 責 務 の 対 象 で あ る 皇 祖 皇 宗 は 、 生 涯 を と お し て 彼 の 奉 仕 の 目 的 と な り 、 在 位 し て い る か ぎ り 「 皇 祖 皇 宗 」 に よ っ て 継 承 さ れ て き た そ の 皇 位 を 守 り と お し た の で あ る 。 「 皇 祖 皇 宗 」 お よ び 「 万 世 一 系 の 皇 統 、 と い う 論 理 に は 、 長 い 歴 史 的 背 景 が あ る 。 そ れ は 、 八 世 紀 末 の 『 続 既 本 紀 』 な ど の 皇 室 に 関 す る 政 治 的 史 書 に ま で さ か の ば る 。 そ れ が 一 八 八 九 年 の 大 日 本 帝 国 憲 法 発 布 の 勅 語 と 上 諭 、 皇 室 典 範 上 諭 、 一 八 九 〇 年 の 教 育 勅 語 を は じ め 、 明 治 天 皇 の お び た だ し い 詔 勅 に 復 活 し た 。 皇 祖 皇 宗 の 文 言 は 裕 仁 の 多 数 の 詔 勅 に も 登 場 し 、 英 米 に 対 す る 宣 戦 に 家 運 を 賭 け た と き の 詔 書 も 例 外 で は な か っ た 。 死 せ る 祖 先 か ら 精 神 的 権 威 を 相 続 し た と い う 裕 仁 の 支 配 者 意 識 、 先 祖 へ の 道 徳 的 責 任 を 、 権 威 の 源 泉 で は な く 、 そ の 従 属 者 に 過 ぎ な い 国 民 に 対 す る 責 任 よ り 優 先 さ せ る 支 配 者 と し て の 意 識 。 皇 祖 皇 宗 は 何 よ り も こ の よ う な 意 識 を 表 現 し て い た 。 「 臣 民 、 で は な く 祖 先 へ の 責 任 意 識 は 、 つ ね に 彼 の 性 格 の い ち じ る し い 特 色 と な っ て ゆ く 。 迪 宮 は 一 一 歳 を 迎 え た 一 九 一 二 年 に 皇 太 子 と な り 、 陸 海 軍 少 尉 の 位 を 授 け ら れ が 。 祖 父 の 長 く 輝 か し い 治 世 は こ の 年 つ い に 終 わ り を 告 げ 、 そ れ に よ っ て 彼 自 身 の 生 活 も 一 変 し た 。 一 八 八 〇 年 代 に 政 治 を 知 悉 し て 以 来 、 明 治 天 皇 は 国 家 の 諸 機 関 を 統 一 し 、 寡 頭 政 治 家 ( 高 齢 に な っ て 元 老 と 称 さ れ る ) を 反 対 派 か ら 保 護 し 、 彼 ら の 意 見 対 立 を 調 停 し な が ら 、 ず っ と 権 力 を 行 使 し て き た 。 君 主 と し て の 役 割 は 、 政 敵 に 囲 ま れ た 寡 頭 政 治 家 た ち が 現 実 に つ く り あ げ た 帝 国 の 栄 光 を 高 め 、 神 聖 化 す る こ と だ っ た 。 そ う す る こ と で 明 治 天 皇 は 日 本 の ナ シ ョ ナ リ ズ ム と 日 本 帝 国 の 、 そ し て 天 皇

日経サイエンス 2016年 9月号


ら 1 発 の 。 爆 弾 " が 落 ち た 。 進 化 生 物 学 の 研 究 か ら 放 た れ た 爆 弾 だ 。 鳥 の 認 知 力 に 関 す る 以 前 の 研 究 で 名 を 上 げ た オ ー ク ラ ン ド 大 学 ( ニ ュ ー ジ ー ラ ン ド ) の 生 物 学 者 グ レ イ (Russell D. Gray) と , そ の 大 学 院 生 だ っ た ア ト キ ン ソ ン (Quentin D. Atkinson) が , 計 算 生 物 学 の 最 新 の 手 法 を 用 い て 印 欧 祖 語 の 成 立 年 代 を 推 定 し た 。 彼 ら は 言 語 年 代 学 と い う 初 期 の 言 語 学 手 法 を 取 り 入 れ た 。 異 な る 言 語 が ど れ だ け の 同 根 語 ( 語 根 を 共 有 す る 単 語 ) を 持 っ て い る か を 比 較 す る こ と で , そ れ ら の 言 語 が ど れ だ け 昔 に 分 岐 し た か を 決 め る 手 法 だ 。 言 語 年 代 学 は 単 語 が 一 定 の ス ピ ー ド で 変 化 す る と い う 前 提 に 立 っ て お り , 実 際 に は そ う で な い こ と が 判 明 し て 以 来 , 言 語 学 者 は こ の 手 法 を 認 め な く な っ て い た 。 グ レ イ と ア ト キ ン ソ ン は 言 語 年 代 学 の 新 た な 改 良 版 と と も に , 生 物 の 進 化 系 統 樹 の 作 成 に 使 わ れ て い る 統 計 的 手 法 を 利 用 し , か っ て ア ナ ト リ ア 半 島 に 存 在 し た ヒ ッ タ イ ト 語 を 含 む 87 の 印 欧 言 語 の 同 根 語 を コ ン ピ ュ ー タ ー 解 析 し た 。 結 果 は ア ナ ト リ ア 仮 説 の 圧 勝 と な っ た 。 ど う 計 算 し て も , 印 欧 祖 語 が 個 別 旨 に 分 岐 し た 時 期 は 8000 年 前 よ り 厂 1 ロ ロ も 昔 に な っ た 。 車 輪 の 発 明 よ り 3000 年 近 く 前 だ 。 一 部 の 言 語 学 者 か ら 単 語 の 変 化 は 生 物 や 遺 伝 子 の 変 化 と は 違 う と 激 し い 反 対 の 声 が 上 が っ た も の の , こ の 論 文 は 非 常 に 大 き な 影 響 力 を 発 揮 し , ア ナ ト リ ア 仮 説 を 大 き く 後 押 し し た 。 現 在 マ ッ ク ス ・ プ ラ ン ク 人 類 史 科 学 研 究 所 ( へ ガ テ ィ ー の 勤 務 先 ) の 共 同 所 長 を 務 め て い る グ レ イ は , 自 分 と ア ト キ ン ソ ン は 言 語 学 を 21 世 紀 に ふ さ わ し く 近 代 化 し た だ け だ と い う 。 こ の 2 人 は さ ら に , 印 欧 祖 語 が ま ず 農 業 の 広 が り を 追 い か け る 形 で 拡 散 し た も の の , 6500 年 前 に 第 2 波 の 分 散 が 起 こ り , そ れ が ロ マ ン ス 諸 語 と ケ ル ト 語 派 , バ ル ト ・ ス ラ ブ 語 派 に つ な が っ た こ と を 見 い だ し た 。 ア ナ ト リ ア 仮 http://www nikkei-science.com/ 説 と ク ル ガ ン 仮 説 が 「 相 互 排 他 的 で あ る と は 限 ら な い 」 と 2 人 は 結 論 づ け た 。 そ の 後 の 解 析 が ア ナ ト リ ア 仮 説 を 強 く 支 持 し た た め , 一 部 の 若 手 言 語 学 者 は 古 参 の 言 語 学 者 に 反 対 を 取 り 下 げ る よ う 呼 び か け 始 め た 。 「 旧 来 の 言 語 学 的 反 論 は 論 拠 が 薄 く な っ て い る 」 と へ ガ テ ィ ー は A れ 行 q ⅲ 誌 2014 年 1 月 号 の 論 評 記 事 に 書 い た 。 だ が , ク ル ガ ン 仮 説 支 持 者 に 降 伏 を 呼 び か け る の は ま だ 早 い か も し れ な い 。 ギ ャ レ ッ ト と チ ャ ン は 2013 年 か ら , グ レ イ と 同 様 の 方 法 を 用 い て 独 自 の 解 析 を 始 め た 。 た だ グ レ イ ら と は 違 っ て , あ る 条 件 を 想 定 し た 。 彼 ら が 確 か な 歴 史 的 証 拠 と 主 張 す る も の に 基 づ い て , 祖 先 と な る 言 語 を 既 知 の 言 語 に " 制 限 " し た の だ 。 例 え ば 古 典 ラ テ ン 語 が ス ペ イ ン 語 や フ ラ ン ス 語 , イ タ リ ア 語 な ど ロ マ ン ス 諸 語 の 直 接 の 祖 先 だ と 想 定 し た 。 グ レ イ と ア ト キ ン ソ ン の 場 合 は こ れ と 対 照 的 に , ロ マ ン ス 諸 語 の 本 当 の 祖 先 が 未 同 定 の 俗 ラ テ ン 語 ( ロ ー マ 帝 国 の 市 井 で 話 さ れ て い た ロ 語 ) の 一 種 で あ る 可 能 性 を 許 容 し て い た 。 昨 年 に 加 れ g ge 誌 に 発 表 さ れ た ギ ャ レ ッ ト と チ ャ ン の 結 果 は ク ル ガ ン 仮 説 の 圧 勝 と な っ た 。 だ が ヘ ガ テ ィ ー は , 一 部 の 古 代 語 が 直 接 の 先 祖 で あ る と 仮 定 し て い る 点 で ギ ャ レ ッ ト ら は 間 違 っ て い る と 主 張 す る 。 古 典 ラ テ ン 語 と " 俗 " ラ テ ン 語 の わ ず か な 違 い に よ っ て も , ギ ャ レ ッ ト の 推 算 は 狂 っ て く る と へ ガ テ ィ ー は い う 。 ギ ャ レ ッ ト は 納 得 し な い 。 「 こ れ ら 言 語 の 多 く は , そ の 歴 史 と そ れ を 話 し て い た 社 会 に つ い て 多 く の こ と が わ か っ て い る 」 と 彼 は い う 。 「 最 も よ く わ か っ て い る の は ギ リ シ ャ 語 と ラ テ ン 語 だ 。 こ れ ら に つ い て 未 知 の 変 種 が こ ろ が っ て い る と は 考 え に く い 」 。 一 方 , グ レ イ は ア ナ ト リ ア 仮 説 突 き 崩 し に 自 分 の 手 法 を 用 い た こ の 論 文 の こ と を , 「 ( ア ト キ ン ソ ン と 私 が ) 単 に 間 違 っ て い る と い う の で は な く 」 , こ 青 色 LED 開 発 の 軌 跡 な ぜ ノ ー ベ ル 賞 を 受 賞 し た の か ′ ト 山 稔 元 日 亜 イ ヒ 学 常 務 ・ 技 師 長 本 書 は 、 開 発 責 任 者 自 身 が 、 膨 大 な 証 拠 と 克 明 な メ モ に 基 づ い て 書 い た 事 実 の 記 録 で あ り 、 い か な る 評 価 や 主 張 も こ こ か ら 逸 脱 す る こ と は で き な い 。 学 会 や ス ト ッ ク ホ ル ム の 認 識 と 違 う 真 の 研 究 開 発 が 徳 島 で 展 開 さ れ た 。 定 価 1500 円 + 税 四 六 判 並 製 274 ペ ー ジ 赤 の 発 見 青 の 発 見 高 輝 度 LED で 光 の 三 原 色 を つ く っ た 天 才 た ち 西 澤 潤 一 十 中 村 修 ニ 2 人 の 天 才 が 、 世 界 的 発 見 ・ 発 明 に 至 る 真 の 経 緯 、 創 造 力 を 発 揮 さ せ る 必 須 条 件 、 そ し て 科 学 、 技 術 、 日 本 の あ る べ き 姿 を 語 り 尽 く し た 。 定 価 1500 円 + 税 四 六 判 並 製 276 ペ ー ジ 日 本 真 空 の 恩 人 た ち 世 界 一 の 真 空 メ ー カ ー ・ ア ル バ ッ ク の 誕 生 と 成 長 の 物 語 林 主 税 定 価 2000 円 + 税 四 六 判 上 製 304 ペ ー ジ 直 空 考 豊 か な る 無 の 世 界 へ 林 主 税 定 価 2000 円 + 税 A5 判 上 製 221 ペ ー ジ 白 日 社 Hakujitsu-sha 東 京 都 新 宿 区 西 新 宿 1-3-3 榎 本 ビ ル 4F TEL : 03-3342-0054 , FAX : 03-3342-0354 ご 注 文 は [email protected] へ 89

利己的な遺伝子


は 単 純 な 例 で あ れ ば 何 に で も 適 用 で き る が 、 近 親 交 配 が お こ る ば あ い や 、 後 に 述 べ る あ る 種 の 昆 虫 に は あ て は ま ら な い 。 ま ず < と の 共 通 の 祖 先 を す べ て あ ら い だ そ う 。 た と え ば 、 二 人 の い と こ ど う し の 共 通 の 祖 先 は 、 彼 ら に 共 通 の 祖 父 と 祖 母 で あ る 。 共 通 の 祖 先 が 一 人 み つ か れ ば 、 論 理 的 に も ち ろ ん 、 そ の 祖 先 の 祖 先 は す べ て << と に と っ て も 共 通 の 祖 先 で あ る 。 だ が 、 も っ と も 最 近 の 共 通 の 祖 先 以 外 は す べ て 無 視 す る こ と い と こ ど う し の 共 通 の 祖 先 は 二 人 だ け に な る 。 も し が の 直 系 の 子 孫 、 た と え に す る 。 そ う す る と 、 ば << の 曽 孫 で あ れ ば 、 自 身 が わ れ わ れ の 求 め て い る 「 共 通 の 祖 先 」 で あ る 。 と の 共 通 の 祖 先 が み つ か っ た な ら 、 次 の よ う に し て 世 代 間 隔 を 数 え よ う 。 ま ず か ら 、 共 通 の 祖 先 に 達 す る ま で 家 系 図 を さ か の ・ ほ り 、 そ れ か ら ふ た た び ま で 下 る 。 た と え ば 、 が の 叔 父 で あ れ ば 、 世 代 間 隔 は 3 で あ る 。 共 通 の 祖 先 は ( た と え ば ) の 父 と の 祖 父 で あ る 。 << を 出 発 し た ら 共 通 の 祖 先 に つ き あ た る た め に 一 世 代 さ か の ・ ほ る 。 そ れ か ら に 達 す る た め に 他 方 に 二 世 代 下 ら ね ば な ら な い 。 し た が っ て 世 代 間 隔 は 1 十 2 Ⅱ 3 で あ る 。 共 通 の 祖 先 を 経 由 し た 間 の 世 代 間 隔 が わ か っ た ら 、 次 に 、 そ の 祖 先 に 関 係 し た 間 の 近 縁 度 を 計 算 し よ う 。 そ れ に は 、 世 代 間 隔 の 各 段 階 ご と に % を か け て い く 。 世 代 間 隔 が 3 で あ れ ば 、 ト つ ま り レ と い う こ と に な る 。 特 定 の 祖 先 を 経 由 し た 世 代 間 隔 が で あ れ ば 、 そ の 祖 先 が も と に な る 近 子 縁 度 部 分 は 1 一 2 で あ る 。 し か し 、 こ れ は <<n 間 の 近 縁 度 の 一 部 に す ぎ な い 。 彼 ら に 共 通 の 祖 先 が 二 人 以 上 い る ば あ い に は 、 各 各 の 祖 先 に 関 す る 同 様 の 数 値 を 加 え ね ば な ら な い 。 ふ つ う は 一 一 個 体 に 共 通 の 祖 先 は す べ て 世 代 間 隔 が 同 2 147

祖先の物語 (上)


哺 乳 類 の ど れ を 出 発 点 に 選 ん で も 、 つ ね に 同 じ 唯 一 無 二 の 原 哺 乳 類 、 す な わ ち 、 恐 竜 と 同 時 代 の 、 謎 に つ つ ま れ た 食 虫 性 の 夜 行 性 動 物 に 収 斂 し て い く 。 こ れ は あ く ま で 一 つ の 局 所 的 な 収 斂 で あ る 。 そ の な か の さ ら に 局 所 的 な 収 斂 は 、 恐 竜 が 絶 滅 し た 時 代 の 前 後 に 生 き て い た 、 す べ て の 歯 類 の 最 も 新 し い 祖 先 に 行 き つ く 。 そ れ よ り さ ら に 局 所 的 な も の は 、 お よ そ 一 八 〇 〇 万 年 前 に 生 き て い た 、 す べ て の 類 人 猿 ( 人 類 を 含 む ) の 共 通 の 祖 先 へ の 収 斂 で あ る 。 も っ と 大 き な 時 間 尺 度 で は 、 ど ん な 脊 椎 動 物 か ら 後 ろ 向 き に 時 代 を さ か の ぼ る 作 業 を 始 め て も 、 そ れ に 相 当 す る 収 斂 が 見 い だ さ れ る だ ろ う し 、 何 か の 動 物 か ら す べ て の 動 物 の 祖 先 へ と さ か の ぼ っ て い く と き に は 、 さ ら に 大 き な 収 斂 が 見 い だ さ れ る だ ろ う 。 現 生 の あ ら ゆ る 生 き 物 ( 動 物 、 植 物 、 菌 類 、 細 菌 ) か ら さ か の ぼ り 、 す べ て の 現 存 す る 生 物 の 普 遍 的 な 始 祖 へ と 私 た ち が た ど り つ く 最 大 の 収 斂 、 そ れ は お そ ら く 、 あ る 種 の 細 菌 に 似 た も の で あ ろ う 。 こ れ ま で 、 私 は 収 ハ convergence) と い う 言 葉 を 使 っ た が 、 こ れ は 前 向 き 代 記 で ま っ た く 違 う 意 味 で 使 う た め に 、 是 非 と も と っ て お き た い と 思 っ て い る 。 し た が っ て 私 は 、 本 書 の 目 的 に 合 う よ う 、 こ れ を 「 合 流 (confluence) 」 、 あ る い は す ぐ に 説 明 す る 理 由 に よ っ て 、 「 ラ ン デ ヴ ー (ren- dezvous) 」 に 置 き 換 え る つ も り で あ る 。 「 合 着 (coalescence) 」 を 使 う こ と も で き た の だ が 、 〈 イ ヴ の 物 語 〉 で 見 る よ う に 、 遺 伝 学 者 た ち が す で に こ の 言 葉 を も っ と 厳 密 な 意 味 で 採 用 し て し ま っ て い る る の で や め た 。 遺 伝 学 者 た ち の 使 い 方 は 、 私 の 「 合 流 」 と よ く 似 て は い る が 、 種 で は な く 遺 伝 子 に 焦 点 く ッ す し を 合 わ せ て い る 。 後 ろ 向 き の 年 代 記 で は 、 ど の 種 の 組 み 合 わ せ を 取 り 上 げ て も 、 そ の 祖 先 ど う し は 、 て 感 9 か な ら ず ど こ か 特 定 の 質 学 的 な 瞬 間 に 出 会 う こ と に な る 。 そ の ラ ン テ ヴ ー の 時 点 。 、 彼 ら す べ て に 提 対 ス 史 歴 と っ て の 最 後 の 共 通 の 祖 先 で 、 私 は こ れ を 彼 ら の 「 コ ン セ ス タ ー (concesto 「 ) 」 と 呼 ぶ こ と に す る 。 言 と ウ の コ ン セ ス タ ー と は 、 す な わ ち た と え ば 、 合 流 点 に い る 齧 歯 類 、 合 流 点 に い る 哺 乳 類 、 合 流 点 に い る 脊 こ た 一 上 椎 動 物 の こ と で あ る 。 ま た 、 最 も 古 い コ ン セ ス タ ー は 、 現 在 生 き て い る す べ て の 生 物 の 始 祖 で 、 お そ

新潮45 2016年7月号 新潮社


も し も 彼 が 出 世 し 人 内 し 、 白 手 十 も も う け て い る 。 係 子 関 養 性 夫 の 宣 孝 の 分 植 父 定 方 は 右 大 臣 で 、 そ て 娘 が 生 ま れ て い た ら ・ ・ : : そ の 娘 が 故 婚 子 の 娘 は 具 平 親 王 の 母 方 祖 母 に 当 た る 。 紫 式 部 の 父 為 時 は 受 領 の 身 分 だ が 、 そ 天 白 豕 に 人 内 し て の 母 は や は り 右 大 臣 定 方 の 娘 で 、 為 時 の 生 ま れ た 皇 子 が 東 し 母 方 い と こ は 源 雅 信 の 正 妻 で あ る 。 つ ま 宮 に で も な っ た ら と : あ る い は も し 、 り 、 道 長 と 倫 子 の 結 婚 を 推 し 進 め た 穆 子 ( 倫 子 の 母 ) は 、 紫 式 部 の 父 の い と こ だ 自 分 が 道 長 の 娘 を 父 生 ん で 、 そ の 娘 が っ た の だ 。 こ の よ う に 紫 式 部 や そ の 夫 の 先 祖 は 上 高 貴 な 正 妻 に 引 き 君 流 階 級 に 属 し て お り 、 血 縁 に は 高 貴 な 取 ら れ 、 天 白 禹 豕 に 雲 月 人 々 が 少 な か ら ず い た 。 け れ ど 紫 式 部 や 人 内 し た ら : : : な 薄 太 政 大 臣 夫 の 代 で は 受 領 階 級 に 落 ち ぶ れ て い た 。 ど と 、 い く つ も の 語 母 ( 左 大 臣 ) を 心 に 浮 か べ 、 物 の ま る で 『 源 氏 物 語 』 の 明 石 の 君 の よ う 氏 氏 な の だ 。 紡 い で い っ た の が 障 △ 先 帝 藤 壺 中 宮 し か も 紫 式 部 が 『 尊 卑 分 脈 』 に ″ 御 堂 『 源 氏 物 語 』 で は 図 △ 母 后 兵 部 卿 宮 ー ー 紫 の 上 系 関 白 道 長 妾 〃 と 記 さ れ て い る の は 有 名 な な い か 。 話 で 、 彼 女 が 道 長 の 愛 人 だ っ た こ と は 今 明 石 の 君 は 、 源 氏 の 妻 の 中 で は 最 も 身 的 に 失 脚 、 父 は 自 ら 望 ん で 地 方 官 僚 と な で は 確 実 視 さ れ て い る 。 紫 式 部 は 娘 賢 子 を 出 産 し て 一 一 年 後 、 夫 分 の 低 い 受 領 階 級 だ 。 し か し 系 図 5 を 見 つ た た め 、 落 ち ぶ れ た の だ 。 に 先 立 た れ 、 道 長 の 娘 彰 子 に 仕 え る 身 に て も 分 か る よ う に 、 彼 女 の 父 方 祖 父 ( 大 こ う し た 身 分 の 低 さ の た め に 、 源 氏 の な る が 、 き ら び や か な 先 祖 の 運 命 が ほ ん 臣 ) と 源 氏 の 母 方 祖 父 ( 大 納 一 言 ) は 兄 弟 要 求 も あ り 、 生 ま れ た 姫 君 を 、 源 氏 の 正 の 少 し 変 わ っ て い た ら : : : も し も 桑 子 の で あ る 。 も と の 身 分 は 源 氏 の 母 方 祖 父 よ 妻 格 で あ っ た 皇 族 の 紫 の 上 の 養 女 に す る り 高 か っ た の に 、 彼 女 の 父 方 祖 父 が 政 治 羽 目 に な っ た 。 せ め て 姫 君 だ け は 自 分 と 生 ん だ 皐 十 が 政 界 に 進 出 し て い た ら : 明 石 の 入 道 △ 大 臣 播 磨 守 △ 按 察 大 納 言 ー ー ー △ 桐 壺 更 衣 明 石 の 尼 君 △ 桐 壺 院 明 石 の 君 △ 葵 の 上 源 氏 明 石 の 姫 君 タ 霧 July 2016 204