検索 - みる会図書館

全データから 210695件ヒットしました。

祖先の物語 (下)


祖 先 の 物 語 下 巻 ー ( ( 一 目 次 肺 魚 肺 魚 の 物 語 彡 , 70 シ ー ラ カ ン ス ラ ン テ ゥ ー 条 鰭 類 リ ー フ ィ ー ・ シ ー ド ラ ゴ ン の 物 語 / カ ワ カ マ ス の 物 語 ト ビ ハ ゼ の 物 語 / シ ク リ ッ ド の 物 語 / 洞 窟 魚 の 物 語 カ レ イ の 物 語 0 サ メ と そ の 仲 間 の ) ャ ツ メ ウ ナ ギ と メ ク ラ ウ ナ ギ ャ ツ メ ウ ナ ギ の 物 語 ・ ナ メ ク ジ ウ ォ ナ メ ク ジ ウ オ の 物 語 朝 ホ ャ 類 3 ヒ ト テ と そ の 仲 間 6 ) 旧 ロ 動 物 ゴ カ イ の 物 語 / ア ル テ ミ ア の 物 語 / ハ キ リ ア リ の 物 語 バ ッ タ の 物 語 / シ ョ ウ ジ ョ ウ バ エ の 物 語 / ワ ム シ の 物 語 フ ジ ッ ポ の 物 語 / カ ギ ム シ の 物 語 カ ギ ム シ の 物 語 へ の エ ピ ロ ー グ の 無 体 腔 型 扁 形 動 物 ・ ・ 刺 胞 動 物 ク ラ ゲ の 物 語 / サ ン ゴ 虫 の 物 語 の 有 櫛 動 物 ラ ン テ ヴ ー ・ 0 ラ ン テ ヴ ー ラ ン テ ヴ ー ラ ン テ ヴ ー ラ ン テ ヴ ー ラ ン テ ヴ ー ラ ン テ ゥ ー ラ ン テ ゥ ー ラ ン テ ゥ ー ラ ン デ ゥ ー 228 208

天皇誕生


銘 文 に よ れ ば 、 こ の 鉄 剣 を 造 ら せ た の は オ ワ ケ ノ 臣 と い う 人 物 で 、 オ オ ヒ コ に 始 ま る 代 々 の 先 祖 が 「 杖 刀 人 首 」 と し て 歴 代 の 大 王 に 仕 え て き た が 、 い ま 現 在 、 彼 自 身 は ワ カ タ ケ ル ノ 大 王 に 奉 仕 し 、 大 王 が 天 下 を 治 め る 仕 事 を 輔 佐 し て い る 、 と 誇 ら し げ に 述 べ て い る 。 ォ ワ ケ ノ 臣 と は 、 鉄 剣 を 出 土 し た 稲 荷 山 古 墳 の 被 葬 者 と 見 な す 説 も あ る が 、 稲 荷 山 古 墳 の 被 葬 者 は 北 武 蔵 の 在 地 の 豪 族 で 、 「 杖 刀 人 」 と し て 大 和 に 出 仕 し た 武 人 で あ っ て 、 オ ワ ケ ノ 臣 と は 、 そ の よ う に 各 地 か ら や っ て 来 た 「 杖 刀 人 」 た ち を 中 央 で 統 轄 す る 地 位 に あ っ た 、 い わ ば ワ カ タ ケ ル ノ 大 王 側 近 の 有 力 豪 族 と 考 え る べ き で あ ろ う 。 氏 の 祖 氏 の 祖 氏 の 祖 氏 の 祖 氏 の 祖 O 氏 の 祖 ー 1 - 大 ~ 丁 ー ・ ・ 虹 リ シ 冫 ・ ・ ・ ・ 立 鬼 、 披 一 キ 、 一 カ = オ 冨 = 国 = 意 弖 一 一 カ 多 ~ 一 多 一 共 同 祖 先 系 譜 Ⅱ 共 同 祖 先 系 譜 — 実 線 は 実 在 の 人 物 、 点 線 は 架 空 の 人 物 て あ る こ と を 示 す 。 テ 弖 サ 差

利己的な遺伝子


は 単 純 な 例 で あ れ ば 何 に で も 適 用 で き る が 、 近 親 交 配 が お こ る ば あ い や 、 後 に 述 べ る あ る 種 の 昆 虫 に は あ て は ま ら な い 。 ま ず < と の 共 通 の 祖 先 を す べ て あ ら い だ そ う 。 た と え ば 、 二 人 の い と こ ど う し の 共 通 の 祖 先 は 、 彼 ら に 共 通 の 祖 父 と 祖 母 で あ る 。 共 通 の 祖 先 が 一 人 み つ か れ ば 、 論 理 的 に も ち ろ ん 、 そ の 祖 先 の 祖 先 は す べ て << と に と っ て も 共 通 の 祖 先 で あ る 。 だ が 、 も っ と も 最 近 の 共 通 の 祖 先 以 外 は す べ て 無 視 す る こ と い と こ ど う し の 共 通 の 祖 先 は 二 人 だ け に な る 。 も し が の 直 系 の 子 孫 、 た と え に す る 。 そ う す る と 、 ば << の 曽 孫 で あ れ ば 、 自 身 が わ れ わ れ の 求 め て い る 「 共 通 の 祖 先 」 で あ る 。 と の 共 通 の 祖 先 が み つ か っ た な ら 、 次 の よ う に し て 世 代 間 隔 を 数 え よ う 。 ま ず か ら 、 共 通 の 祖 先 に 達 す る ま で 家 系 図 を さ か の ・ ほ り 、 そ れ か ら ふ た た び ま で 下 る 。 た と え ば 、 が の 叔 父 で あ れ ば 、 世 代 間 隔 は 3 で あ る 。 共 通 の 祖 先 は ( た と え ば ) の 父 と の 祖 父 で あ る 。 << を 出 発 し た ら 共 通 の 祖 先 に つ き あ た る た め に 一 世 代 さ か の ・ ほ る 。 そ れ か ら に 達 す る た め に 他 方 に 二 世 代 下 ら ね ば な ら な い 。 し た が っ て 世 代 間 隔 は 1 十 2 Ⅱ 3 で あ る 。 共 通 の 祖 先 を 経 由 し た 間 の 世 代 間 隔 が わ か っ た ら 、 次 に 、 そ の 祖 先 に 関 係 し た 間 の 近 縁 度 を 計 算 し よ う 。 そ れ に は 、 世 代 間 隔 の 各 段 階 ご と に % を か け て い く 。 世 代 間 隔 が 3 で あ れ ば 、 ト つ ま り レ と い う こ と に な る 。 特 定 の 祖 先 を 経 由 し た 世 代 間 隔 が で あ れ ば 、 そ の 祖 先 が も と に な る 近 子 縁 度 部 分 は 1 一 2 で あ る 。 し か し 、 こ れ は <<n 間 の 近 縁 度 の 一 部 に す ぎ な い 。 彼 ら に 共 通 の 祖 先 が 二 人 以 上 い る ば あ い に は 、 各 各 の 祖 先 に 関 す る 同 様 の 数 値 を 加 え ね ば な ら な い 。 ふ つ う は 一 一 個 体 に 共 通 の 祖 先 は す べ て 世 代 間 隔 が 同 2 147

祖先の物語 (下)


6 に の み 関 心 が あ る 。 ナ メ ク ジ ウ ォ 類 ( B ミ 一 引 き で あ れ そ の 近 縁 の 属 で あ れ ) は 、 脊 椎 動 物 の 遠 い 昔 の 祖 先 の ど れ か の 生 き 残 っ た 近 縁 種 だ と 久 し く み な さ れ て き た の だ が 、 そ れ に 足 る だ け 十 分 な 、 真 の 脊 椎 動 物 と 共 通 す る 特 徴 を も っ て い る 。 あ る い は 、 祖 先 そ の も の だ と さ え ( こ れ が 私 の 批 判 の 本 当 の 対 象 で あ る ) み な さ れ て き た 。 現 生 動 物 と し て の ナ メ ク ジ ウ オ が 文 字 通 り の 祖 先 で は あ り え な い こ と を 申 し 分 な く よ く 知 っ て い た ガ ー ス タ ン グ に 対 し て 、 そ う 一 一 一 口 う の は 公 正 で な い の は わ か っ て い る 。 に も か か わ ら ず 、 時 に そ の よ う な 物 言 い が 誤 っ て な さ れ る 。 動 物 学 の 学 生 は 、 彼 ら が 「 原 始 的 」 と 呼 ぶ 現 在 の 何 か の 動 物 を 扱 っ て い る と き に 、 勘 違 い し て 、 自 分 た ち が 遠 い 祖 先 を 見 て い る の だ と 想 像 し て し ま う 。 こ の 錯 覚 は 、 「 下 等 動 物 」 と か 「 進 化 の 階 梯 の 最 下 層 」 と か い う 表 現 に 露 呈 さ れ て い る 。 そ う い う 表 現 は 俗 物 的 な だ け で な く 、 進 化 的 に も つ じ つ ま が 合 わ な い 。 「 高 等 と か 下 等 と か い う 言 葉 を け っ し て 使 っ て は な ら な い 」 と い う ダ ー ウ イ ン 自 身 の 自 戒 は 、 私 た ち す べ て に と っ て 役 立 つ だ ろ う 。 ナ メ ク ジ ウ オ は 生 き て い る 動 物 で 、 ま ぎ れ も な い 私 た ち の 同 時 代 者 で あ る 。 彼 ら は 、 私 た ち と ま っ た く 同 じ だ け の 時 間 を か け て 進 化 し て き た の で あ る 。 偏 見 を 露 呈 す る も う 一 つ の 表 現 は 、 「 進 化 の 主 流 か ら は ず れ た 側 枝 」 で あ る 。 す べ て の 現 生 動 物 が 側 枝 な の で あ る 。 他 の ど れ か よ り も 「 主 流 の 」 進 化 系 列 な ど 、 人 間 中 心 主 義 の 思 い 上 が り を 別 に す れ ば 、 一 つ と し て な い の だ 。 し た が っ て 、 ナ メ ク ジ ウ オ の よ う な 現 生 の 動 物 は 、 祖 先 と し て あ が め ら れ る こ と も 、 「 下 等 」 と し て 見 下 さ れ る こ と も 、 つ い で に 言 え ば 、 「 高 等 」 と し て ほ め ち ぎ ら れ る こ と も さ れ る べ き で は な い の だ 。 そ れ よ り ち ょ っ と 驚 く べ き こ と に ( そ し て 、 〈 ナ メ ク ジ ウ オ の 物 語 〉 の 第 二 の 要 点 は や っ て く る ) 、 同 じ こ と を 化 石 に つ い て 言 っ て も 、 一 般 的 に は お そ ら く ま ず ま ち が い な い の で あ る 。 特 定 の 化 石 が 、 本 当 に ど れ か 特 定 の 現 生 動 物 の 直 接 の 祖 先 だ と い う こ と は 理 論 的 に あ り う る が 、 確 率 的 に 言 っ て あ り か い て し

日経サイエンス 2016年 9月号


ら 1 発 の 。 爆 弾 " が 落 ち た 。 進 化 生 物 学 の 研 究 か ら 放 た れ た 爆 弾 だ 。 鳥 の 認 知 力 に 関 す る 以 前 の 研 究 で 名 を 上 げ た オ ー ク ラ ン ド 大 学 ( ニ ュ ー ジ ー ラ ン ド ) の 生 物 学 者 グ レ イ (Russell D. Gray) と , そ の 大 学 院 生 だ っ た ア ト キ ン ソ ン (Quentin D. Atkinson) が , 計 算 生 物 学 の 最 新 の 手 法 を 用 い て 印 欧 祖 語 の 成 立 年 代 を 推 定 し た 。 彼 ら は 言 語 年 代 学 と い う 初 期 の 言 語 学 手 法 を 取 り 入 れ た 。 異 な る 言 語 が ど れ だ け の 同 根 語 ( 語 根 を 共 有 す る 単 語 ) を 持 っ て い る か を 比 較 す る こ と で , そ れ ら の 言 語 が ど れ だ け 昔 に 分 岐 し た か を 決 め る 手 法 だ 。 言 語 年 代 学 は 単 語 が 一 定 の ス ピ ー ド で 変 化 す る と い う 前 提 に 立 っ て お り , 実 際 に は そ う で な い こ と が 判 明 し て 以 来 , 言 語 学 者 は こ の 手 法 を 認 め な く な っ て い た 。 グ レ イ と ア ト キ ン ソ ン は 言 語 年 代 学 の 新 た な 改 良 版 と と も に , 生 物 の 進 化 系 統 樹 の 作 成 に 使 わ れ て い る 統 計 的 手 法 を 利 用 し , か っ て ア ナ ト リ ア 半 島 に 存 在 し た ヒ ッ タ イ ト 語 を 含 む 87 の 印 欧 言 語 の 同 根 語 を コ ン ピ ュ ー タ ー 解 析 し た 。 結 果 は ア ナ ト リ ア 仮 説 の 圧 勝 と な っ た 。 ど う 計 算 し て も , 印 欧 祖 語 が 個 別 旨 に 分 岐 し た 時 期 は 8000 年 前 よ り 厂 1 ロ ロ も 昔 に な っ た 。 車 輪 の 発 明 よ り 3000 年 近 く 前 だ 。 一 部 の 言 語 学 者 か ら 単 語 の 変 化 は 生 物 や 遺 伝 子 の 変 化 と は 違 う と 激 し い 反 対 の 声 が 上 が っ た も の の , こ の 論 文 は 非 常 に 大 き な 影 響 力 を 発 揮 し , ア ナ ト リ ア 仮 説 を 大 き く 後 押 し し た 。 現 在 マ ッ ク ス ・ プ ラ ン ク 人 類 史 科 学 研 究 所 ( へ ガ テ ィ ー の 勤 務 先 ) の 共 同 所 長 を 務 め て い る グ レ イ は , 自 分 と ア ト キ ン ソ ン は 言 語 学 を 21 世 紀 に ふ さ わ し く 近 代 化 し た だ け だ と い う 。 こ の 2 人 は さ ら に , 印 欧 祖 語 が ま ず 農 業 の 広 が り を 追 い か け る 形 で 拡 散 し た も の の , 6500 年 前 に 第 2 波 の 分 散 が 起 こ り , そ れ が ロ マ ン ス 諸 語 と ケ ル ト 語 派 , バ ル ト ・ ス ラ ブ 語 派 に つ な が っ た こ と を 見 い だ し た 。 ア ナ ト リ ア 仮 http://www nikkei-science.com/ 説 と ク ル ガ ン 仮 説 が 「 相 互 排 他 的 で あ る と は 限 ら な い 」 と 2 人 は 結 論 づ け た 。 そ の 後 の 解 析 が ア ナ ト リ ア 仮 説 を 強 く 支 持 し た た め , 一 部 の 若 手 言 語 学 者 は 古 参 の 言 語 学 者 に 反 対 を 取 り 下 げ る よ う 呼 び か け 始 め た 。 「 旧 来 の 言 語 学 的 反 論 は 論 拠 が 薄 く な っ て い る 」 と へ ガ テ ィ ー は A れ 行 q ⅲ 誌 2014 年 1 月 号 の 論 評 記 事 に 書 い た 。 だ が , ク ル ガ ン 仮 説 支 持 者 に 降 伏 を 呼 び か け る の は ま だ 早 い か も し れ な い 。 ギ ャ レ ッ ト と チ ャ ン は 2013 年 か ら , グ レ イ と 同 様 の 方 法 を 用 い て 独 自 の 解 析 を 始 め た 。 た だ グ レ イ ら と は 違 っ て , あ る 条 件 を 想 定 し た 。 彼 ら が 確 か な 歴 史 的 証 拠 と 主 張 す る も の に 基 づ い て , 祖 先 と な る 言 語 を 既 知 の 言 語 に " 制 限 " し た の だ 。 例 え ば 古 典 ラ テ ン 語 が ス ペ イ ン 語 や フ ラ ン ス 語 , イ タ リ ア 語 な ど ロ マ ン ス 諸 語 の 直 接 の 祖 先 だ と 想 定 し た 。 グ レ イ と ア ト キ ン ソ ン の 場 合 は こ れ と 対 照 的 に , ロ マ ン ス 諸 語 の 本 当 の 祖 先 が 未 同 定 の 俗 ラ テ ン 語 ( ロ ー マ 帝 国 の 市 井 で 話 さ れ て い た ロ 語 ) の 一 種 で あ る 可 能 性 を 許 容 し て い た 。 昨 年 に 加 れ g ge 誌 に 発 表 さ れ た ギ ャ レ ッ ト と チ ャ ン の 結 果 は ク ル ガ ン 仮 説 の 圧 勝 と な っ た 。 だ が ヘ ガ テ ィ ー は , 一 部 の 古 代 語 が 直 接 の 先 祖 で あ る と 仮 定 し て い る 点 で ギ ャ レ ッ ト ら は 間 違 っ て い る と 主 張 す る 。 古 典 ラ テ ン 語 と " 俗 " ラ テ ン 語 の わ ず か な 違 い に よ っ て も , ギ ャ レ ッ ト の 推 算 は 狂 っ て く る と へ ガ テ ィ ー は い う 。 ギ ャ レ ッ ト は 納 得 し な い 。 「 こ れ ら 言 語 の 多 く は , そ の 歴 史 と そ れ を 話 し て い た 社 会 に つ い て 多 く の こ と が わ か っ て い る 」 と 彼 は い う 。 「 最 も よ く わ か っ て い る の は ギ リ シ ャ 語 と ラ テ ン 語 だ 。 こ れ ら に つ い て 未 知 の 変 種 が こ ろ が っ て い る と は 考 え に く い 」 。 一 方 , グ レ イ は ア ナ ト リ ア 仮 説 突 き 崩 し に 自 分 の 手 法 を 用 い た こ の 論 文 の こ と を , 「 ( ア ト キ ン ソ ン と 私 が ) 単 に 間 違 っ て い る と い う の で は な く 」 , こ 青 色 LED 開 発 の 軌 跡 な ぜ ノ ー ベ ル 賞 を 受 賞 し た の か ′ ト 山 稔 元 日 亜 イ ヒ 学 常 務 ・ 技 師 長 本 書 は 、 開 発 責 任 者 自 身 が 、 膨 大 な 証 拠 と 克 明 な メ モ に 基 づ い て 書 い た 事 実 の 記 録 で あ り 、 い か な る 評 価 や 主 張 も こ こ か ら 逸 脱 す る こ と は で き な い 。 学 会 や ス ト ッ ク ホ ル ム の 認 識 と 違 う 真 の 研 究 開 発 が 徳 島 で 展 開 さ れ た 。 定 価 1500 円 + 税 四 六 判 並 製 274 ペ ー ジ 赤 の 発 見 青 の 発 見 高 輝 度 LED で 光 の 三 原 色 を つ く っ た 天 才 た ち 西 澤 潤 一 十 中 村 修 ニ 2 人 の 天 才 が 、 世 界 的 発 見 ・ 発 明 に 至 る 真 の 経 緯 、 創 造 力 を 発 揮 さ せ る 必 須 条 件 、 そ し て 科 学 、 技 術 、 日 本 の あ る べ き 姿 を 語 り 尽 く し た 。 定 価 1500 円 + 税 四 六 判 並 製 276 ペ ー ジ 日 本 真 空 の 恩 人 た ち 世 界 一 の 真 空 メ ー カ ー ・ ア ル バ ッ ク の 誕 生 と 成 長 の 物 語 林 主 税 定 価 2000 円 + 税 四 六 判 上 製 304 ペ ー ジ 直 空 考 豊 か な る 無 の 世 界 へ 林 主 税 定 価 2000 円 + 税 A5 判 上 製 221 ペ ー ジ 白 日 社 Hakujitsu-sha 東 京 都 新 宿 区 西 新 宿 1-3-3 榎 本 ビ ル 4F TEL : 03-3342-0054 , FAX : 03-3342-0354 ご 注 文 は [email protected] へ 89

祖先の物語 (下)


69 ラ ン テ ヴ ー 23 ナ メ ク ジ ウ ォ そ う に も な い 。 な ぜ な ら 、 進 化 の 系 統 樹 は ク リ ス マ ス ツ リ ー の よ う で も 、 ロ ン バ ル デ ィ ・ ポ プ ラ の よ う で も な く 、 び っ し り と 枝 が 密 生 し た 木 の 茂 み 、 あ る い は や ぶ の よ う な も の で あ る 。 あ な た が 調 べ て い る 化 石 は お そ ら く あ な た の 祖 先 で は な い が 、 あ な た の 本 当 の 祖 先 が 通 過 し て き た 中 間 的 な 段 階 が ど う い う 種 類 の も の だ っ た か 、 少 な く と も 、 耳 や 骨 盤 と い っ た 体 の 特 定 の 部 分 が ど う だ っ た か と い う 点 で 、 あ な た の 理 解 を 助 け て く れ る か も し れ な い 。 し た が っ て 化 石 は 、 現 生 の 動 物 と 同 等 の 地 位 に 近 い も の を も っ て い る の で あ る 。 ど ち ら も 、 特 定 の 祖 先 段 階 に つ い て の 私 た ち の 推 測 を 解 明 す る の に 用 い る こ と が で き る 。 正 常 な 状 況 下 で は 、 そ れ が 本 当 に 祖 先 で あ る か の よ う に 扱 う べ き で は な い 。 化 石 は 、 現 生 動 物 と 同 じ よ う に 、 通 常 は 、 祖 先 で は な く 親 戚 と し て 扱 う の が 最 善 な の で あ る 。 分 岐 学 派 の 分 類 学 者 は こ の こ と に つ い て 積 極 的 に 熱 烈 な 伝 道 者 に な る こ と が あ り 、 ピ ュ ー リ タ ン や ス ペ イ ン の 宗 教 裁 判 官 の ご と き 情 熱 を も っ て 、 化 石 が 特 別 な も の で は な い こ と を 公 然 と 言 い 募 る 。 な か に は 、 度 を 越 す 人 間 も い る 。 彼 ら は 「 特 定 の い ず れ か の 化 石 が 、 現 生 の ど れ か の 種 の 祖 先 で あ る こ と は あ り そ う に な い 」 と い う ま っ と う な 発 言 を 取 り 上 げ 、 そ れ が 「 い か な る 祖 先 も け っ し て 存 在 し な い ! 」 こ と を 意 味 す る と 解 釈 す る 。 明 ら か に 、 本 書 は 、 そ こ ま で ば か げ た こ と を 言 う と こ ろ ま で は い か な い 。 た と え 特 定 の 化 石 の ど れ か が そ う で な い こ と が ほ と ん ど 確 実 だ っ た と し て も 、 歴 史 上 の あ ら ゆ る 瞬 間 に 、 少 な く と も 一 つ の 人 類 の 祖 先 ( 少 な く と も 一 つ の ゾ ウ の 祖 先 、 ツ バ メ の 祖 先 、 タ コ の 祖 先 そ の 他 と 同 時 代 の 、 あ る い は 同 じ 祖 先 ) が 存 在 し た に ち が い な い の で あ る 。 結 局 の と こ ろ 、 過 去 に さ か の ぼ る 私 た ち の 旅 で 出 会 っ て き た コ ン セ ス タ ー た ち は 、 一 般 的 に は 、 特 定 の 化 石 で は な か っ た と い う こ と で あ る 。 通 常 私 た ち が せ い ぜ い 望 み う る の は 、 祖 先 が お そ ら く も っ て い た と 思 わ れ る 属 性 の リ ス ト を つ な ぎ 合 わ せ る こ と で あ る 。 私 た ち は ヒ ト と チ ン パ ン ジ ー に 共 通 す る 祖 先 の 化 石 を 、 ま だ 一 〇 〇 〇 万 年 も 昔 の こ と で は な い に も か か わ ら ず 、 も っ て い な い の で あ る 。 し か し 私 た ち は 、 疑 い は と

祖先の物語 (下)


の 経 過 の な か で 起 こ っ た 変 化 の 一 例 で あ る 。 さ ら に も う 一 億 年 が た て ば 、 彼 ら の 体 の 全 体 が ど れ だ け ど な 殻 明 使 啾 験 か の て る し う 包 括 的 に 変 わ る か も し れ な い か 、 ち ょ っ と 考 え て み て ほ し い 。 「 背 」 と 「 腹 」 に つ い て 神 聖 に し て 犯 実 わ う つ 返 と ど な は っ 知 裏 り か 。 す べ か ら ず と い う よ う な も の は 存 在 し な い 。 背 と 腹 は 逆 転 す る こ と が で き 、 現 在 の 背 側 神 経 索 動 物 の う に ふ は は か る る よ 私 、 私 ら カ い う る 、 を ら 彼 手 て り 初 期 の 祖 先 は 実 際 に 逆 転 さ せ た の だ と 、 私 は 思 っ て い る 。 コ ン セ ス タ ー % は す べ て の 旧 ロ 動 物 と 同 じ い が ア な に を つ あ 強 い ミ 法 座 光 使 に に な テ 方 即 に を よ う に 、 腹 側 を 走 る 主 神 経 幹 を も っ て い た と い う ほ う に 、 私 は 賭 け た い と 思 う 。 私 た ち は 背 中 を 下 に う れ ル る と 定 り ら ぜ ん ち ゅ う し て 泳 ぐ 変 形 版 の 蠕 虫 型 動 物 で あ り 、 も は や と っ く に 忘 れ ら れ て し ま っ た 何 ら か の 理 由 で 、 裏 返 し る も 、 が す が じ 返 か で 泳 。 か 手 同 裏 る け て だ る じ も に な っ た ア ル テ ミ ア に 相 当 す る 初 期 の 動 物 の 子 係 な の で あ る て す だ し の す 同 性 ・ 、 ヒ し っ 問 る に し し ・ カ ム 月 〈 ア ル テ ミ ア の 物 語 〉 の よ り 一 般 的 な 教 訓 ( よ こ う で あ る 。 進 化 に お け る 大 き な 移 行 は 、 行 動 習 性 に ら 質 え 上 よ 上 ズ 可 逆 は 加 を で を マ る お け る 変 化 と し て 始 ま っ た の か も し れ ず 、 ひ ょ っ と し た ら 、 そ れ は 非 遺 伝 的 な 学 習 に よ る 変 化 で し か に た を 側 け ら ナ い 好 な 手 背 だ ち サ て な く 、 遺 伝 的 進 化 は 後 に な っ て 追 随 し た だ け な の か も し れ な い 。 不 ム は 、 こ れ と 似 た よ う な 物 語 が 、 空 嗜 あ 筆 な る ど カ っ の と 一 的 て は サ 使 然 か の 学 あ ア 。 を を 飛 ぶ よ う に な っ た 最 初 の 鳥 の 祖 先 、 陸 に 上 が っ た 最 初 の 魚 の 祖 先 、 水 に 戻 っ た 最 初 の ク ジ ラ の 祖 先 自 の ん 物 ら ミ る カ に る ほ 動 か テ あ 重 、 下 ル で ( ダ ー ウ イ ン が 虫 を 捕 ら え る ク マ に つ い て 憶 測 し た よ う に ) で も 語 れ る の で は な い か と 思 っ て い る 。 ズ め マ 組 し に を ア の 進 取 の 気 性 に 富 ん だ 個 体 に よ る 習 性 の 変 化 の 後 に 、 長 い 進 化 的 な 追 い っ き と 仕 上 げ が 続 く の で あ る 。 サ し ょ い ら 力 や 。 の エ か て 知 サ う い 類 人 ら つ は こ れ が 〈 ア ル テ ミ ア の 物 語 〉 か ら 得 ら れ る 最 も 意 義 深 い 教 訓 で あ る 。 ハ キ リ ア リ の 物 語 人 類 が 農 業 革 命 の 時 代 に 行 っ て い た の と ま さ に 同 じ よ う に 、 ア リ も ま た 町 を 発 明 し た 。 ハ キ リ ア リ ヴ の 一 つ の 巣 の 個 体 数 は 大 口 ン ド ン の 人 口 を 超 え る こ と が あ る 。 そ れ は 深 さ 最 大 六 メ ー ト ル 、 周 囲 二 〇 テ メ ー ト ル に 達 す る 複 雑 な 地 下 の 巣 室 で 、 地 上 に は そ れ よ り い く ぶ ん 小 さ な ド ー ム が の っ て い る 。 数 百 、 9 ー 26 旧 ロ 動 物

小説トリッパー 2014年春季号


『 古 事 記 」 と 『 源 氏 物 語 」 神 話 批 評 と し て の 『 源 氏 物 語 』 何 だ か 辻 原 の 講 義 は 漂 流 し は じ め た ぞ 、 と み な さ ん の 顔 に は し た か を 語 る 神 代 の 物 語 で す 。 中 巻 は 建 国 記 、 神 武 東 征 か ら 始 そ ん な 表 情 が 浮 か ん で い る 。 じ つ は 、 私 も 同 じ 思 い な の で す 。 ま っ て 大 和 国 家 の 樹 立 、 神 々 の 世 界 か ら 人 間 の 世 界 へ の 移 行 を し か し 、 も う 乗 り か か っ た 舟 で す 。 何 と か 最 終 目 的 港 の 「 谷 崎 , 語 る 。 下 巻 は 、 既 に 儒 教 や 仏 教 思 想 に よ っ て 中 央 集 権 国 家 、 へ 辿 り 着 い て み せ ま す か ら 。 わ ゆ る 律 令 国 家 の 体 裁 が 整 っ た こ と が 書 か れ て い ま す 。 『 古 事 記 』 は す べ て 漢 語 ( 漢 字 ) で 表 記 さ れ て い ま す 。 太 安 万 侶 に よ る 序 べ ん れ い 文 は 純 粋 の 漢 文 体 ( 唐 代 の 気 品 の 高 い と さ れ る 駢 儷 体 ) 、 本 文 は ・ 『 古 事 記 』 の 構 成 に つ い て 三 種 の 変 態 漢 文 、 歌 謡 は 一 音 節 一 字 の 仮 名 で 表 記 さ れ て い ま す 。 か み つ ま き あ わ な か つ ま き し も つ ま き 『 古 事 記 』 は 、 上 巻 拜 せ 序 、 中 巻 、 下 巻 に 分 か れ て い ま す 。 序 内 容 は 神 話 、 伝 説 、 歌 謡 、 神 祀 、 祭 祀 、 儀 礼 風 習 、 歴 史 的 記 録 な ど で す 。 文 と 上 巻 は 『 旧 約 聖 書 』 の 創 世 記 と 同 じ で 、 こ の 世 界 が ど う や っ て で き た か 、 国 土 の 由 来 、 皇 室 の 祖 先 が ど う し て こ の 国 に 降 臨 こ れ か ら 話 す こ と は 大 体 、 折 ロ 信 夫 の 『 日 本 文 学 啓 蒙 』 ( 折 ロ 第 四 講 義 辻 原 登 216

正論 2016年 9月号


の 執 務 室 で 昭 和 天 皇 の 玉 音 放 送 を ラ 時 、 祖 母 は 周 囲 か ら 日 本 軍 の 被 害 者 ナ 人 に 「 日 本 人 用 売 春 婦 ー と 書 い た ジ オ で 聴 い た 。 放 送 が 半 分 ほ ど 過 ぎ を 装 う よ う 説 得 さ れ た 。 実 際 、 日 本 プ ラ カ 1 ド を 首 か ら 下 げ さ せ 、 腐 っ た と こ ろ で 、 祖 母 の 右 横 に 立 っ て い の た め に 自 発 的 に 働 い た と い う 真 実 た 食 べ 物 を 投 げ つ け た 。 当 時 の イ ギ た 男 性 が 拳 銃 自 殺 を し た 。 そ の 後 祖 を 述 べ る よ り も 、 「 日 本 軍 に 強 制 さ リ ス は シ ナ 人 の 怒 り が 直 接 、 旧 宗 主 母 は 終 生 、 銃 声 音 を 聞 く た び に 吐 き れ て 働 い て い た 」 、 も し く は 「 騙 さ 国 に 向 け ら れ る こ と を お そ れ 、 シ ナ 気 に 悩 ま さ れ る こ と に な る 。 た と え れ て い た 」 と 説 明 し た ほ う が 信 び よ 人 た ち の そ う し た 振 る 舞 い を 黙 認 し て い た 。 そ れ が テ レ ビ や 映 画 の 効 果 音 で あ つ う 性 は 高 か っ た 。 し か し 祖 母 に は 、 た と し て も だ 。 偽 り の 自 己 弁 護 と い う 恥 ず べ き 行 為 祖 母 を 辱 め た 「 人 民 裁 判 ー の 模 様 そ の 後 の 混 乱 の 中 で ほ と ん ど の 日 を す る 気 は 毛 頭 な く 、 自 身 の 行 動 に を 収 め た 写 真 な ど の 証 拠 は な い 。 た 本 人 は バ タ バ タ と 内 地 に 逃 げ 帰 っ つ い て の 責 任 を と る こ と が 筋 で あ る だ 、 祖 母 い わ く 、 あ る 時 つ い に う ん た 。 祖 母 も 彼 ら と 共 に 日 本 へ 来 る よ と 考 え 、 説 得 を 受 け 入 れ る こ と を 拒 ざ り し 、 頭 を 垂 れ る こ と を 拒 ん だ 。 う 誘 わ れ た が 、 米 軍 に よ る 広 島 へ の ん だ 。 祖 母 と 同 時 に 糾 弾 さ れ て い た 周 り の 原 爆 投 下 に 、 あ れ ほ ど 残 虐 な 行 為 を 身 内 に 祖 国 の 「 裏 切 り 者 」 が い る 男 た ち が 泣 き 、 取 り 囲 ん だ 民 衆 に 許 働 く 米 国 な ら 、 日 本 で 何 を す る か わ と い う レ ッ テ ル 貼 り を 恐 れ た 、 イ ギ し を 乞 う 中 、 祖 母 だ け は 頭 を 上 げ 、 か ら な い と 恐 れ 、 英 国 籍 で あ る こ と リ ス の 祖 母 の 親 戚 は 祖 母 を 勘 当 し 、 民 衆 を 扇 動 す る 者 に 向 か っ て 冷 笑 し を 利 用 し て 香 港 に 逃 れ た 。 し か し 香 彼 女 に イ ギ リ ス に 戻 っ て 「 売 国 奴 」 た 。 怒 鳴 る 男 に 向 か い 祖 母 は 「 好 き 港 も 混 乱 し て い た の で 、 祖 母 は 一 か と し て 絞 首 刑 と な る か 、 そ の ま ま シ な だ け わ め く が よ い 。 け れ ど こ れ 以 八 か で シ ン ガ ポ 1 ル に 戻 っ た 。 「 も ン ガ ポ 1 ル で シ ナ 人 の 情 け に 頼 っ て 上 無 駄 に な に か を 言 わ さ れ る の は 、 し 死 ぬ の な ら せ め て 故 郷 で 死 に た か 生 き る か 、 と 迫 っ た 。 私 の よ う な 出 自 の 女 性 に と っ て 、 不 っ た 」 と 語 っ て い た 。 届 き 者 に 略 奪 さ れ る よ り も 不 名 誉 な 祖 母 は 後 者 を 選 ん だ 。 日 本 が 戦 争 に 敗 れ 、 イ ギ リ ス が シ 祖 母 は 幾 度 も 公 の 辱 め の 対 象 と な こ と で す ー と い っ た 。 ン ガ ポ 1 ル の 植 民 地 支 配 を 再 開 し た り 、 現 地 の シ ナ 人 は 祖 母 と 親 日 派 シ 祖 母 は 顔 を 殴 ら れ 、 片 目 の 視 界 が

出雲神話の成立


の 二 氏 族 の 説 話 伝 承 は 、 日 向 神 話 の 母 体 を つ く っ た も の で あ る 。 と こ ろ が 日 向 三 代 の 神 々 は 、 皇 室 の 祖 先 と し て 位 置 づ け ら れ た た め に 、 安 曇 ・ 宗 像 両 氏 の 説 話 伝 承 は 、 そ の 三 代 の 神 々 の 事 績 と し て 語 ら れ る 結 果 と な っ た 。 そ こ で 安 曇 ・ 宗 像 両 氏 は 神 話 の 上 で 浮 い て し ま っ た わ け で あ る 。 と こ ろ が 、 南 九 州 の 隼 人 の よ う に 出 自 が 低 け れ ば 、 無 理 を し て で も 天 っ 神 の 血 筋 を ひ く 系 譜 に 改 作 し た で あ ろ う が 、 彼 ら の 門 閥 の 故 に 国 っ 神 と し て の 地 位 に 甘 ん じ た の で あ ろ う 。 そ し て 安 曇 氏 は 祖 神 に 綿 積 神 を 誇 り を も っ て 挙 げ た の で あ る が 、 宗 像 氏 は 何 を 思 「 た か 、 彼 ら と 血 縁 的 関 係 の な い 大 国 主 神 を 祖 神 と し て 届 け 出 た の で あ る 。 た ぎ つ ひ め い ち き し ま ひ め た き り び め 宗 像 氏 が 斎 き ま つ る 三 女 神 、 多 紀 理 毘 売 命 ・ 市 寸 嶋 比 売 命 ・ 田 寸 津 比 売 命 は 、 天 照 大 神 と 須 佐 之 男 命 の 宇 気 比 に お い て 、 須 佐 之 男 命 の 子 と し て 生 ま れ た 。 そ し て 、 そ の 中 の 多 紀 理 毘 売 命 を 大 国 主 神 が 娶 っ て 、 味 鈕 高 彦 根 命 と 下 照 比 売 命 と を 生 ん だ こ と に な っ て い る 。 宗 像 氏 は 記 紀 の こ う し た 伝 承 を 利 用 し て 、 大 国 主 神 の 子 孫 で あ る と 自 称 す る よ う に な っ た の で あ る 。 し か し 厳 密 に は 、 宗 像 氏 が 斎 き ま つ る 多 紀 理 毘 売 命 は 大 国 主 神 の 妻 と さ れ て い る 。 そ れ を あ え て 大 国 主 神 の 血 勝 を び く も の で あ る し な は 、 こ の 国 土 の か っ て の 統 治 者 の 一 族 で あ 「 た こ と を っ げ よ う と し た た め で あ ろ う 。 三 輪 氏 は 前 述 も し た ご と く 、 記 紀 に は 彼 ら の 祖 神 大 物 主 神 が 、 出 雲 国 の 大 国 主 神 と 同 神 で あ る と は 記 し て い な い 。 た だ 『 書 紀 』 一 書 の み が そ れ に 触 れ て い る の で あ る が 、 賀 茂 氏 が 神 話 の 214