検索 - みる会図書館

全データから 2012件見つかりました。
脳が「やる気」を起こす魔法(ミスティック・クール) : あなたの人生が、この瞬間から変わります!

Copyright ◎ 2009 by Don Joseph Goewey Japanese translation rights arranged with Artia Books/ Beyond words, a division ofSimon & Schuster, lnc. , through Owls Agency, lnc. , Tokyo.

脳が「やる気」を起こす魔法(ミスティック・クール) : あなたの人生が、この瞬間から変わります!

ミスティック・クー丿し 脳が「やる気」を起こす魔法 のうがやるきをおこすみすていっくく一る 2009 年 1 1 月 7 日第 1 刷発行 著者ドン・ショセフ・ゴーイー Don 」 osephGoewey 訳者石浦章ーいしうら・しよういち 装幀・本文デザイン福田和雄 (FUKUDA DESIGN) 装画タケウマ 本文イラスト瀬川尚志 本文 DTP 松井和彌 翻訳協力トランネット ( 小坂恵理 ) 編集 編集長 発行人 発行所 印刷所 大村紘代 石井節子 前原成寿 株式会社ィースト・プレス 〒 101 ー 0051 東京都千代田区神田神保町 1 ー 19 ポニービル 6F TEL 03 -5259 ー 7321 FAX 03 -5259 ー 7322 中央精版印刷株式会社 」 apanesetranslation rights:Shoichi lshiura 2009 Printed in 」 apan BN978-4-7816-0244-8

ちいさいなかま 2016年09月号

たけうち・はじめ 小児科医。耳原総合病院に勤務しながら 2009 年より佛教大学社会福祉学部教授 「細菌性髄膜炎から子どもたちを守る会」副代表 著書に田 ib 感染症と Hib ワクチン』 ( 文光堂 2009 年 ) などがある 害児入所施設「びわこ学園医療福祉センター 草津」の前身 ) が誕生しました。 1946 年 に戦災孤児と知的障害児の生活の場として糸 賀一雄らによって開設された「近江学園」で 生活する子どもたちの中で、特に障害の重い 子どもたちのためにつくられました。 今回は、この近江学園の糸賀、びわこ学園 しる の初代園長岡崎英彦、そして彼らの足跡を記 し、自ら今も多くを執筆されている前園長高 谷清の言葉から、障害児と共に暮らす社会の すばらしさをお伝えしたいと思います。 この子らを世の光に 心に大きな傷をもっ戦災孤児たちと、生き ることさえ容易ではなかった障害児たちです が、近江学園での生活は、彼ら相互に豊かな 心を育んでいきました。 1951 年、孤児と 障害児がいっしょに伊勢に出かけました。孤 独で投げやりで大人や社会を恨んでいた孤児 たちと、知的障害の子どもたちの旅です。 職員は道中をとても心配していました。と けんか ころが、一件の万引きも喧嘩も迷子もなく、 すがすが なんとも清々しい旅だったそうです。孤児た ちは障害児を支え、相互に心を開いていった のでした。こうしたエピソードに象徴される 子どもたちの姿を目の当たりにした糸賀は、 本来の社会の姿がそこにあると実感するよ、つ になります。 糸賀は、著書の中で「『この子らに世の光 を』あててやろうという哀れみの政策を求め るのではなく、この子らが自ら輝く素材その ものであるから、いよいよみかきをかけて輝 かそうというのである。『この子らを世の光 に』である , と、知的障害の人たちの放っ 「光」の豊かさを表現しました。この子らの 放っ光こそが、人間にとって決して特別では ない普遍の光なのだということです。 糸賀の言葉の意味を私なりにわかることが できたとき、この言葉のすごさに驚きまし た。本当に 180 度考え方を変えないといけ ないという思いでした。私は大学 3 年生にな る春休みに、先輩に連れられ、びわこ学園を

子どもといっしょに九州 日帰りおでかけガイド

日帰り 幅岡県のおでなけカイド 体験・学習 国営海の中道海浜公園 =.. 。、 福岡市東区大字西戸崎 - ー・ 18-25 かしいかえん 福岡市東区香住ヶ丘 7-2-1 も一も一らんど油山牧場 福岡市南区大字柏原字 西山田 大濠公園 福岡市中央区大濠公園 ~ ←福岡市動植物園 福岡市中央区南公園 1 - 1 P12 ~ P13 P16 ~ P17 福岡市立少年科学文化会館 福岡市中央区斃鶴 2-5-27 ー P24 ~ P25 体験・学習 のこのしまアイランドバ - ク 福岡市西区能古島 P 140 アウトドア 福岡ドーム & ー福岡タワー 福岡歴史の町・忍者の村 福岡市西区大字徳永 545 ー 1 ー博多山笠 福岡旧 P26 ~ P2 フ 202 P22 ~ P23 アウトドア 太宰府天満宮 鳥栖旧 P39 アウトドア 210 P20 ~ P21 動・植物園 久留米旧 九州エネルギー館 福岡市中央区薬院 4-13-55 ひょ子ランド 福岡市南区向野 1 - 1 6-13 P140 体験・学習 ー P28 ~ P29 柳川川くだり 大牟田市動植物園 大牟田市昭和町 163 P3 日 動・植物園

NHKヒミツのちからんど : からだ・アート・音楽のちから

ちらんと ちからマスターズのみなさん ・伊藤博ー ・今中慎二 ・青森山海クラブ ・土江寛裕 ・坂上義満 ・池谷直樹 ・平井博史 ・渡辺英一 ・栁澤哲 ・縄☆レンジャー ・畑山隆則 ・石垣尚男 ・後藤圭 ( 劇団かかし座 ) ・田村和也 教養・文化シリーズ ・檜山永次 ・湯本博文 ・美登暁子 ・丹波純 ・小河原智子 ・吉澤実 ・栗コーダーカルテット ・江崎浩司 ・樹原涼子 ・大和定次 ・ジョン・海山・ネプチューン ・松本雅隆 ( ロバの音楽座 ) ( 掲載順 ) NHK 「ヒミツのちからんど」制作班 日比野和雅 楠山麻衣子 田平憲 宮崎研介 八木順也 大岡義也 芦沢明子 葛西弘生 渡辺健一 淋大壮樹 杉山優 杓瀬真実 加藤知宏 右近紘子 東明克実 紀平延久 誌面に登場した出演者のみなさん 渡邉貴弘 ( 東京ビデオセンター ) 上野智男 ( NHK 工デュケーショナル ) NHK ヒミツのちからんど ~ からだ・アート・音楽のちから 2009 ( 平成 (1) 年 10 月 30 日第 1 刷発行 監修者 編者 ちからマスターズ NHK 「ヒミツのちからんど」制作班 ④ 2009 Nobuhisa Kihira 発行者 発行所 青木遼生 井桁雅貴 石井優ニ 石川智彩 井上くれあ 大越伸武広 大坪龍矢 小山薫子 神田結衣 黒川由衣 小松愛莉菜 遠藤絢一 日本放送出版協会 (N H K 出版 ) 〒 150-8081 東京都渋谷区宇田川町 41-1 電話 03-3780-3447 ( 編集 ) 0570-000-321 ( 販売 ) ホームページ http ://www.nhk-book. CO .j p 携帯電話サイト http://www.nhk-book-k.j p 振替 OOI 10-1-49701 斉藤梨花 本誌製作 編集協力 デザイン D T P イラスト CG 提供 写真提供 写真撮影 メイク ( ホリ ) 衣装 ( ホリ ) キャプチャ 桜本脩平 高瀬育海 高橋麗奈 立原誠崇 中野澪 ナディーム音澄真 伏見梨沙 村上美優 安田敦 矢島絢子 矢野秀実 ビッグタウンズ 吉村時子 ノムラ K. M Design ( 林久美子、渡嘉敷星司、田中実 ) 佐久間香苗藤沢亜紀子 印刷・製本図書印刷株式会社 囲本誌の無断複写 ( コピー ) は、著作権法上の例外 を除き、著作権侵害となります。 乱丁・落丁本はお取り替えいたします。 定価はカバーに記載してあります。 Printed ⅲ J 叩 an 雑誌 64071-57 〃 + 」 azz 凹 ( p. 99 ) hustvedt ( p. 94 ) lgualdad AnimaI/AnimaI Equality ( p. 99 ) 亀井重郎 N H K サービスセンター ( 日下部健史 ) ビーグリー ( 小竹珠代 ) 平山敦郎 ョコシネディーアイエー 深田修哉

経済セミナー 2014年12月号 2015年1月号

ークロードプライシングと言われる。コンセ ッションでは、このような手法を用いて空港 が効率的に使われることが望まれる。 国管理空港に加えて、地方自治体が持っ地 方管理空港も対象にした加藤・引頭 ( 2009 ) によれば、空港の施設費までを試算すると赤 字になるものがほとんどであった。こうした 空港がコンセッションを導入するならば、国 や自治体の補助が必要になり、それを最小化 するような民間事業者が委託者となることも 考えられる。それでも、受託者に求められる のは、収入増のための路線誘致の努力と価格 設定の能力である。 なお、参考となるのが現在の着陸料や使用 料であるが、着陸料は航空機の重量をベース に決められているものの ( 大型機ほど高い ) 、 需給の状態や混雑などを十分に反映していな い。また、コンセッションの一つの目的は地 域活性化にあるとされ、事業者の自由度の大 きい民営化を反対する論拠として、事業者が 0 召の水準まで価格を引き上げてしまう可能 性が指摘されている。今後は、混雑時間帯の 着陸料の引き上げや閑散期の引き下げなどの ピークロードプライシングを制度として導入 する必要がある 3 ) いすれにしても空港コンセッションにはま だまだ不透明な部分が多く、しかも本文でも 述べたように空港ごとの差が大きい。そのた め、民営化を進めながらの修正 ( トライ・ア ンド・エラー ) とならざるを得ないと考えら れる。 * 本稿の完成あたっては、同僚の手塚広一郎教授と吉田雄 ー朗広島大学大学院教授とのディスカッションによると ころが大きい。おニ人に謝意を表する。 注 1 ) 空港容量は、実際には経済的要因で決まるのではなく、 滑走路の本数、航空機の機体規模や飛行条件といった技 術的側面で決まると考えてよく、全国一律ではない。 2 ) 本文でも述べたように、福岡空港ではコンセッション を実施したうえで 2 本目の滑走路の建設が検討されてお り、例外的に受託者が巨額の投資を求められる可能性が ある。 3 ) 航空会社の価格弾力性は路線別に考えることが望まし く、空港全体でこの図通りの行動をとるかどうかはわか らないとされる。 参考文献 OECDC 著、平井文三監訳 ( 2014 ) 『官民パートナーシップ PPP ・ P 曰プロジェクトの成功と財政負担」明石書 店 加藤ー誠・引頭雄一編著 ( 2009 ) 『今後の空港運営のあり方 について一一航空政策研究会特別研究プロジェクト報告 書」航空政策研究会 竹内健蔵 ( 2008 ) 「交通経済学入門 ( 有斐閣ブックス 454 ) 』 有斐閣 山内弘隆編著 ( 2014 ) 「運輸・交通インフラと民カ活用 PPP / P 日のファイナンスとガバナンス」慶應義塾大学出 [ 第 4 版 ] はじめよう 経済学のための情報処理 Exc によるデータ処理とシミュレーション 山下隆之・石橋太郎・伊東暁人・上藤一郎・黄愛珍・鈴木拓也 [ 著 ] 日本評論社 http:〃www.nippyo.co.jp/ 工クセルの新バージョン、 Exce12013 の登場に合わせて、 統計処理の扱いを全面的に内容刷新して再登場。 Excel の新機能にも対応。 ・本体 2300 円十税・ B5 判 ・ 5BN978 ー 4 ー 535-5580 & 3 DECEMBER 2014/JANLIARY 2 田 5 THE KEIZAI SEMINAR 29

シャルリとは誰か? : 人種差別と没落する西欧

2009 年における宗教実践 地図 1 ー lc カトリックの実践者 . IFOP の調査でカトリックで あると自己申告した者の割合 - 19 ー 26 % = 16 ー 19 % 二 14 - 16 % [ 二 ] 8 ー 14 % 60

「ドイツ帝国」が世界を破滅させる : 日本人への警告

1988 図表 1 1 ヨーロッパにおける 1 人当たり購買力平価実質 GDP ( 1988 ~ 2010 年 ) ( 2005 年の恒常国際的購買力平価 GDP 〔ドル換算〕 ) ーク ドイツ フランス ・イギリス 1991 1994 1997 2000 2003 ( ドル ) 45000 40000 ・・ 35000 30000 25000 20000 15000 10000 5000 0 2009 ( 年 ) 出典 : 世界銀行 イタリア 2006 図表 12 ョーロッパにおける 1 人当たり購買力平価実質 ( 2005 年の恒常国際的購買力平価 GDP 〔ドル換算〕 ) GDP ( 1988 ~ 2010 年 ) アンマ ーラルタ共和国 アイルランド ドイツ スペイン ポルトガル - スロパキア ( ドル ) 50000 40000 キプロス ~ / ルーマニア " " ギリシャ” ハンガリー プルガリア - 30000 20000 10000 1988 1991 1994 1997 2000 2003 0 2009 ( 年 ) 出典 : 世界銀行 2006 74

「ドイツ帝国」が世界を破滅させる : 日本人への警告

1 ドイツがヨーロッパ大陸を牛耳る 図表 9 ヨーロッパにおける 1 人当たり購買力平価実質 GDP ( 2005 年の恒常国際的購買力平価 GDP 〔ドル換算〕 ) ( 1988 ~ 2010 年 ) オーストリア ドイツ 19 圏 1991 1994 1997 スロべニア 2000 2003 ( ドル ) 50000 45000 40000 35000 30000 ・ 25000 - 20000 15000 10000 5000 0 クロアチア チェコ ベルギー オランダ 出典 : 世界銀行 2006 2009 ( 年 ) 図表 10 ヨーロッパにおける 1 人当たり購買力平価実質 ( 2005 年の恒常国際的購買力平価 GDP 〔ドル換算〕 ) GDP ( 1988 ~ 2010 年 ) スウェーデン ( ドル ) 45000 40000 35000 300g 25000 20000 15000 10 開 0 50 開 0 1988 リトアニア 1991 ドイツ 1994 フィンランド 2000 ェストニア - \ ポーランド ラトビア 1997 2003 2006 2009 ( 年 ) 出典 : 世界銀行 73

経済セミナー 2014年12月号 2015年1月号

II II II Ⅲ II Ⅲ II II Ⅲ II Ⅲ II II II II II Ⅲ II II ⅢⅢ II II II II II II II II ⅢⅢ ます。徳川の時代、駕篭による江戸ー大坂の移動 には 19 日を要したのに対し、鉄道開通後の 1890 ( 明 治 23 ) 年には東京ー大阪間を 19 時間で移動できる ようになったとのことです。また、 10 貫目 ( 37.36kg ) の羽二重を東京ー福井間で輸送するの に、鉄道開通以前は 10 日間で 1 円 32 銭かかりまし た。 1880 年代になると敦賀ー関ヶ原間の開通によ り 8 日間で 1 円、さらに東海道全線開通により 4 日間で 62 銭となりました。絹織業者にとっては、 東京ー福井間の移動に要する時間もコストも半減 したのです。 こういった進歩は、 ことに製糸業においては貴 重でした。生系の生産において原料となる繭や動 カ源となる薪炭を低コストで大量に調達できるよ うになります。輸送コストが軽減することで低価 格で供給できる量も増えます。さらに重要なこと は、鉄道を利用できるようになることで、決済や 受け渡しまでの時間を短縮できる点にあります。 生糸は主力の輸出品であり、激しい価格変動や為 替リスクに晒されていました。製糸業者にとって はマーケットの情報に迅速に対応できるかどうか が鍵だったのです。スムースな決済は、価格や為 替変動リスクの軽減に繋がります。同時に、「保 険料」などの費用項目も圧縮することができます ( 加藤 1997 ) 。生産・販売の両側面において、鉄道 はビジネス上の計算感覚を様変わりさせたのです。 0 鉄道敷設には当然ながら土地の買収が不可欠で す。すでに繁栄している宿場町付近の土地よりも 農地を買収するほうが低コストで済みます。その ため駅や線路は、従来から栄えていた宿場町より 概して距離を置いて建設されます。ただし、土地 買収に対する不満、鉄道敷設による農業水利の変 化に対する不安、洪水など自然災害リスクの懸念 など、各地で反発の声も上がります。反発は百も 承知の上で、自治体あるいは各地のビジネスマン は鉄道敷設を要望します ( 青木 2006 ) 。 だからこそ、鉄道事業においては、たとえば甲 州の根津嘉一郎など、地域社会の利害を調整する コーディネーターが重要な役割を果たしました ( 老川 2010 ) 。明治期鉄道会社の経営者は、大株 主のみならず中小株主、あるいはさまざまな利害 関係者の意向を調整するために奔走しました ( 片 岡 1988 、石井 2013 ) 。 鉄道の敷設は企業立地を誘発し、産業化を促進 します。この関係が見せかけの相関ではないとい うことを検証した研究があります。 Tang ( 2014 ) は、明治期の府県別データを用いて、差の差の検 定 (difference-in-differences; DID) と呼ばれる手 法による分析を行いました。分析結果から、鉄道 敷設は企業立地を統計上無視できないほどに増加 させており、なおかっその効果は人口規模 ( 1883 年時点 ) に依存していた、とのことです。鉄道敷 設は企業立地を増大させるかたちで資本投資を誘 発するとともに、企業間取引を活発化し、ひいて は日本の経済成長を牽引していくことになったの です。 明治維新の前後、交通の発達を受けてビジネス 現場の計算感覚が一変しました。現在、リニアモ ーターカー建設が具体化するなど、交通の新機軸 が登場しつつあります。どのようなコーディネー ションが展開され、人々の行動原理がどう変化し ていくのか、注視したいところです。 参考文献 青木栄一 ( 2006 ) 『歴史文化ライブラリー 222 鉄道忌避伝説 の謎ーーー汽車が来た町、来なかった町』吉川弘文館 石井里枝 ( 2013 ) 「戦前期日本の地方企業ーー一地域における 産業化と近代経営』日本経済評論社 老川慶喜 ( 2010 ) 「第 6 章根津嘉一郎」小池滋・青木栄一 和久田康雄編「日本の鉄道をつくった人たち」悠書館 片岡豊 ( 1988 ) 「明治期における株主と株主総会一一鉄道業 の合併をめぐって」「経営史学第 23 巻第 2 号 , pp. 33 ー 58. 加藤要ー ( 1997 ) 「鉄道敷設における地元の「認識」と「実 際」一一明治期山梨県における馬車鉄道を事例に」「社会 経済史学第 63 巻第 3 号 , pp. 346 ー 377. 中西聡 ( 2009 ) 「海の富豪の資本主義ーー北前船と日本の産 業化」名古屋大学出版会 深井甚三 ( 2009 ) 「近世日本海海運史の研究ーーー北前船と抜 荷」東京堂出版 藤野正三郎 ( 1965 ) 「日本の景気循環ーー循環的発展過程の 理論的・統計的・歴史的分析』勁草書房 南亮進 ( 1965 ) 「長期経済統計推計と分析 12 鉄道と電力」 大川一司・篠原三代平・梅村又次編、東洋経済新報社 山本弘文 ( 1983 ) 『叢書・歴史学研究維新期の街道と輸送』 増補版、法政大学出版局 Tang, JOhn P. ( 2014 ) "RaiIroad Expansion and lndus- trialization: Evidence from Meiji Japan, JournaI Of Economic History, 74 ( 3 ) , pp. 863 ー 886. 0 ⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢ II Ⅲ II II II II II II II II Ⅲ II II ⅢⅢⅢ 70 THE KEIZAI SEMINAR DECEMBER 2014/JANLIARY 2015