検索 - みる会図書館

検索対象: 週刊文春 2017年7月13日号

週刊文春 2017年7月13日号から 164件見つかりました。
1. 週刊文春 2017年7月13日号

『絶対にダメだ』と言っての人は仕事ができなくなるてしまう。私は、お金よりの親友だったのです。船越 の引き出しで見つけたノー きかない。後で彼のバスポことが何よりも怖いんです」体が大事だと主張したし、 ートを見て驚きました。船治療を拒否した理由は他『私が働いてるんだからい トには、それを裏付ける記 越はその時以外にも私に黙にもあったという。 いじゃない』と何度も言っ述がありました。船越が、 って、仕事以外で頻繁に海「発症した頃、彼は健康食た。もちろん船越の所属事まさか私の親友とバイアグ ラを飲んで不倫するなんて 外へ出かけていたのです」 品のが決まったばかり務所にも進言しましたが、 当初、松居は浮気の心配でした。糖尿病だと分かっ彼は頑として治療を受けよ はしていなかったとい , つ。 うとしなかったのです」 たら、契約金がフィになっ 松居は、二人が密会して ~ ( ~ 一」一第←一一一第ををを・ , 真 「実は、私たちは十年近く いる証拠を突き止め、確信てたまるか』との発言をしの 頃 たとの事実はありません。 前からセックスレスでした。 た 「顔面麻痺は 0> のストレス」を得たと語る。 彼が糖尿病だったからです。 「そのとき、はっきり心に決また、過去に船越氏が顔だ それでも、私は船越を愛し 松居が続ける。 慌てて持って帰ると、翌日めたのです。私は絶対に船面麻痺を患ったことは事実好 ていたから、手をつないで「合併症の影響で、船越はも錠剤が全部入っている新越英一郎を許さないと。彼ですが、その原因は糖尿病 し、バッケージがバッグに は、私をとんでもない悪妻ではなく、松居氏からの恒婦 寝るだけで幸せでした。た顔面麻痺を二回起こしてい に仕立て上げて、自分を被常的なによるストレス とえ彼が他の女性に興味をます。これは間違いなく糖入っていた。問い質すと、 持ったとしても、浮気はで尿病の影響なんです。それ彼は突然、私の目の前でガ害者のようにして離婚しょでした。 ( バイアグラに関し きないと確信していました」に加え、船越は激やせしま バッと飲んで『これを飲んうとしている。私の言うこての質問については ) そのよ うな事実はありません。ま とはなかなか信じてもらえ 松居の説明によれば、船した。これは尿に糖が出てだって、どうにもならない 越が糖尿病を発症したのは いるからなんです。夫の体んだ』と言っていました。 ないかもしれません。絶対た、ご指摘の女性との間に 〇八年。松居のすすめで会がどうなるのか心配で、生私は『そういう問題ではに嘘をつかないというのが不倫関係はなく、二〇一六 なくてあなたは糖尿病だか 私の信念です。だから今回、年四月に松居氏にもその旨 員制の人間ドックで調べたきた心地がしなかった」 ところ、の数値船越を心配する松居にさら心配なのよ』と訴えましきちんとお話ししたのです」を伝えました。 らに追い討ちをかけるよう た。飲み込んだ彼に対し、 松居が訴える一連の問題 ( 松居のプログについて ) 本 が基準値を上回っていた。 な″事件みがあったという。 私が『出しなさい』というに対し、前出の船越の代理人は常々、『関係者の皆さ 「年々数値は上がっていき、 「彼がバイアグラを飲んでやりとりがありました」 人は次のように答える。 ま、世間の皆さまにご迷惑 一五年に検査したときは、 松居にとって、船越が誰「 ( 糖尿病について ) 船越氏をおかけし、ただただ申し 跳ね上がっていました。病いることを知ってしまった 院の先生がひっくり返るほんです。もちろんショックと浮気をしていようが問題は検査の結果を受け、かね訳なく、また同時に恥じ入 てより通院していた医院にるような思いである』と申 ・ど驚いて『なぜここまで治でしたし、彼の体が大変なではなかったという。 1 , 療をしなかったんだ』と。私ことになるんじゃないかと「浮気より何より、彼の体通い食事療法等も実施するしております」 まったく食い違う両者の は何度も治療をすすめてき心配でたまらなかった。去が心配でした。でも、あることで数値を落としまし た。したがって、出演言い分。これから離婚に向 たし、仕事を休んでほしい年の十一月に、彼の部屋で、人からの連絡で、私は信じ 2 と言ったけど、船越は聞くたまたま使いかけのバイアられないことを知ってしまを理由に糖尿病の治療を拒けた泥沼バトルが激化する 耳をもちませんでした。あグラを見つけてしまった。 った。船越の不倫相手は私否したり、『治療なんて受けのは必至だ。

2. 週刊文春 2017年7月13日号

水族館一 いま、水族館が脚光を浴びて います。日本には実に百ニ十も 、つも大勢の の水族館がありし お客さんでにぎわっています。 私たちはなぜ、水族館に引き つけられるのか。水族館は水中 生物を観察する場所。そんな印 象を持つ人は少なくないでしょ う 9 しかし多くの人が求めてい るのよ《リ ー男のものです。 水族館には日常生活にはな 青々とした水中世界が広が っています。限りなく広がるブ る館 ルーを見ていると、身体中が清 涼感や浮遊感に包まれ、心身が 再生されるような感覚を味わえ ます。水族館と出会って、人生が一 は夏一第 , 「族 1 うした人々を魅了する水槽を、 ウこ み〔 ' 私は「水塊」と名づけました。水 塊による癒しの効果、それこそ どク介「 ( , が水族館最大の魅力なのです。 この夏、私たちはサンシャイ 強鉢男影 ン水族館に世界初の水塊を創り おでし ~ 名 ~ 一〉 ) ~ を ) の去く敬ア 魚元尽崎 を ~ 、、に , 「られた「天空の〈ンギン」 ( 七 めい知朝 月十ニ日オープン予定 ) 。都心 眺なを成 の空を海にして、ペンギンたち が私たちの頭上を悠々と飛ぶよ 取写 - 、 = うに泳ぐ感動の水塊です。 雨や雪、直射日光といった天、′ 候の変化を受けやすい屋上は、 ( 1 ~ 物水族館では弱点だと思われて〕 ます。しかし私は、それを強み に変えようとしました。

3. 週刊文春 2017年7月13日号

夜、小けのなわとび 朝新聞読んだら ? 三十四歳という若さで、小林麻央も母親としてのまなざしが胸をう つ。 さんが亡くなった。 いつのまにか私は、麻央さんの 悲しくてならない。 プログの熱心な読者となった。多く 4 結婚披露宴に招待された私は、間の人がコメントを書いているが、そ しいものであった。同じ 近でそれはそれは美しいドレス姿をれもとても、 見ている。タキシード姿の海老蔵さ病気の人からは卒直な悩みが綴ら 木官【里子 , = じ要・。平松昭子んも素敵で、まさ」美男美女 0 カ , れ、そうでな」人からは暖か」励ま プルであった。 しの声が届いている。なんとフォロ 独身時代「王様のプランチ」の取ワーは二百五十万人に達したとい 材で、うちに来てくださったこともう。 ある。聡明で感じのよい若い女性と麻央さんの死は、日本中に深い悲 いう印象であった。その麻央さんしみを与えた。 z ニュースもト の 0 ◆ が、癌という病いを得て、プログをップで伝えたほどだ。 書いていると知っても最初は見る気テレビの前で涙が止まらない私。 がしなかった。深刻な病いと戦ってそれを見て、ハタケヤマが、 いる人のそれをのぞき見するのは、 「ハヤシさん、お母さんの時よりも ちょっとはしたない、と思ったのだ。泣いてますよ」 しかし若い友人が、 と驚いていた。 急「麻央さんのプログ 0 てすごいです私ごとになるが、実は私の母も麻 よね。どんなにつらくても、ちゃん央ちゃんの六日前に亡くなっている とジャーナリストとしての視点を持のだ。本当に子ども孝行の母親で、 っていますよ」 締切りの少ない月の中頃、金曜日の と盛んに誉める。また私が読まな朝、という旅立ちだったので、土日 くても、麻央さんの書いたプログにすべて終えることが出来た。月曜 は、毎日のようにネットのニュース日からはふつうに仕事をし、午前中 に出てくる。そしてつい見るように には対談をこなした。 なったのであるが、つくづく感じ入亡くなる一年前、まだ頭がしつか りしていた頃、私が帰ろうとすると、 友人の言うように、自分の心や精「もう言い残したことはないから 神をとことん見つめ、その経過を文ね。これがお別れということになっ 字にする、ジャーナリスティックなても大丈夫」 書きぶりだ。そうかと思えば自然に と必ず言った。百一歳という年齢 対する詩人のセンスもある。何よりであった。世の中にはここまで長生

4. 週刊文春 2017年7月13日号

なかむらはじめ 19 年三重県生まれ。鳥羽水 族館のアシカトレ -- ナーを経て独立。現在は、一 プロデ、一サーとし : 担の水族館に関わる。 最新刊は『水族館哲子人生か変わる 30 館』 私たちが海に美しさを感じる のは、そこに空の青が映ってい。 第「 ~ 第 ~ るから。つまり遮るもののない ~ ま , 、 ~ 屋上は、むしろ本来の海の色を 再現しやすいのです。 天空のペンギンは文字通り 私たちの頭上に広がる水塊の中 を泳いでいます。その水塊に空 うス の青が映り、太陽の光、「サン シャイン」が射し込んでいる。 そして私たちの足下には、水塊 の波紋がきらめく。 族空オ一 この光景はペンギンたちが目 水天新 にしているものと同じ。そう、サ第 ンシャイン水族館では水槽の外 からペンギンを観察するのでは なく、水中でペンギンに出会っ たような体験ができるのです。 Åン真 大都会の屋上にいながら、南は サギの 東洋にいるかのような気分を味わ ン会 える。サンシャイン水族館は、 ペ都 いままでだれも体験したことが 京 ない癒しの空間なのです。 京

5. 週刊文春 2017年7月13日号

の音や誰かが遠くでドアをて変色し、まるでグラスに国。 山ほど食べてるらしい 立賞 しま , つ。これ でも、過半数の人は「性閉めたバタンという音に飛残った前日のビールのよ独受 のを び上がるほどびつくりすう。まずいとしかいいよ , っ謎賞 が太る原因な欲 ? わかないなあ」とい んだよな」とう。私もそうだ。あたかもる。そのうち、自分がこの力なしが、それをぎゅうぎ年沁 の 酒を飲んだあ自分のエネルギーが全て上土地で孤立無援な気がしてゆうとロの中に押し込むク とにラーメン半身 ( 特に頭 ) に集ま 0 て、くる。周りのソマリ人が私と、たちまち気分が楽にな一 行 しオオカをあざ笑っているような気ってくるから不思議だ。 、発・を食わずにい下半身は空っこよっこ、 生土 そのまま葉 0 ばを携えて年 がする。稀にだが、激しい られない人みのような感じがする。 務 0 も たいな愚痴を食欲も性欲も生じない動悸を感じ、「ヤバイんじ外に出ると、「イジャパ キ里 こばす . 。 小市民体質。の私は、半ゃないか」と・恐怖におののネ ! 」と他の人たちが指さきド 2 高・食 くこともある。バニック障して笑う。日本同様、朝かでラ 。嘖私はあまりば残念な気持ちでホテルに ら迎えカートなんかやってマ ( 味空腹を感じな帰り、その日の宴会で仕入害的なものだろう。 た家 いる人はダメ人間なのだ。 まあ、たいていは何時間 、。なにしれた情報やソマリ語をメモ ラう、コーラや帳やノートに何時間も書いかして、疲れて寝入ってし幸か不幸か、私の取材仲 間たち ( ジャーナリストやド お茶、水などてまとめる。まだ十分に集まうのだが、翌朝はひどく ライバーや護衛の兵士たち ) 食べれば多幸感と鮮やかを飲みながら、サラダ何杯中力があるので、楽にそのだるい。ときには取材どこ ろか部屋の外に出るのが億もイジャパネを口にして待 な覚醒をもたらす中東・ア分もの葉っぱを食べているような作業ができるのだ。 フリカの植物「カート」。 から腹が膨れているのだ。食べた量がほどほどのとき劫になるほど。急性のうっち構えている。かくして、 はそのまま普通に眠りにつ病、あるいは精神的な二日われわれダメなソマリ取材 しかしこの嗜好品には恐る食欲は錯覚だろう。 酔いとでも言うのだろうか。陣はロを緑色に染めなが もう一つは性欲。人によける。 べき副作用がある。 こんなときに唯一最善のら、次の取材地へ向かうの だが、問題は宴会が盛り 地元の人たちと一緒にカっては「すごくセックスが したくなる」という。ソマ上がってカートを食べ過ぎ対応策はというと、まさに ートを食べると、三時間 リ人世界ではカートを食べてしまったとき。食欲・性二日酔いと同じ。昨日の残 らいは談論風発し、ひじよ うに楽しいが、その後だんるのは男にほば限られる。欲の有無にかかわらず、不りのカートを食うことなの だ。これをソマリ語で「イ だんとテンションは下がっ女性でカートを食べるな眠、不安、神経過敏といっ 言田 ジャパネ」と言い、私は「迎 ていく。 ら、ちょっとその人は″堅た副作用が出るのだ。 この辺からカートの効き気″でない感じがする。娼夜中近くになるとわけもえカート」と訳している。 方は人によって大きく分か婦とかバツイチの遊び人となく神経がピリピリし、風食い残しの葉っぱは萎び 3 れてくる。 か芸能人 ( 歌手やコメディア 楽 ンなど ) とか。なので、女 まず、食欲。私の親しい 似立友人はカート宴会のあと腹性の感想はめ。たに聞けな連載 0 ダメ人間たちの「迎えカート」 宴 いが、どうやらやつばり人 が減る性質で、「よくない カ とわかっていてもバスタをによっては性欲が湧いてく 101

6. 週刊文春 2017年7月13日号

季節ごとに移り変わる渓流を 「うねる水塊」が再現する 水族館で思い浮かぶのは、や奔放に躍る水が岩にぶつか はり海の生き物です。川魚を展 そのたひに白い泡か生まれ 示する水族館は少なく、あってては消えていきます。その中で も人気はいまひとつ。私たち日生き生きと泳いでいるのは、広 本人は川に慣れ親しんでいるの島県の天然記念物でありながら で、わざわざ水族館に足を連ん地元でもあまり知られていない で川魚を見ようとは思いません。ゴギ。水と泡を通り抜けた陽光 六月にオープンしたマリホ水か、ゴギの鱗に美しく反射しま 族館をプロデュースした私は、 す。水辺の景色も、季節ととも その地味な川をメインに展示すに移り変わっていく 町るという試みを行ないました。 橋や堤防から見降ろす川は、 音幼いころ、水中眼鏡をつけて川単調に見えるかもしれません。 に潜ったときの光景が忘れられしかし、うねる水塊を通して見 市す、多くの人々に見てもらいたると印象は劇的に変わります。 いと思っていたからです。 躍動する水が発する生命力と清 水族館で渓流を再現する。そ涼感に包まれて、私たち現代人 広のために私は、世界初となるは疲れた心と身体をリフレッシ ュさせていくのです。 「うねる水塊」を考案しました。 輝くサンゴの海の展示では、ナポレオンフィッシュが悠然と泳ぐ

7. 週刊文春 2017年7月13日号

「株式会社バステル恋愛研究「雅ネ工のなんでも聞いてチや愛してくれる : : : そんな人 「誌上 DE 女子会ガチトーク」 の 仏 が理想に決まってるじゃない ョ 5 ダイ " 」 (aya ・ 7 月号 ) 部」 に ですか。それに、なんだかん ( 恋愛白書バステル・ 6 月号 ) (aya ・ 7 月号 ) 彼とのを日記に細かく書 め わたしが理想の彼氏に求めだ言ってやつばりカラダの相 これは、わたしが実際に経 いています。彼とは遠距離恋 る 彫 愛なのでなかなか会えないん験した「イタズラな風が吹いるものは : : : 強いて順番を付性もとっても大事ですよね ! 、をた は けるなら、人間としてのやさ 以前付き合った人は、すごく . ' / ( ′です。だからした時のこ しさが一番だと思っているんイケメンでやさしかったけ と、どんな風に愛されたのかん や觚観広 ですけど、でも、やさしさだど、がへたくそだったので を日記に残しておいて、寂し ん獄靕す 0 けあっても微妙じゃないですうまくいかなくなり : : : とい い時に読み返しています。彼 れためり 地らき始彫 と付き合うまではひとりも か。本当はやつばり全部を持う経験をしました。もったい をて あは したことがなかったんですけ っている人を選びたいですよないなーと思いつつも、結 局、別れてしまいました : ね。顔が良くて、頭もよく ど、自分で書いた彼との日 、らて音にめな ん 1 ノ ) ーー拝チン主義。 記を読んでいると、リアルに て、お金があって、もちろん イラスト・種村国夫 ! 」とい やさしくて、私をめちゃくち している最中の記憶がみるてきてしまった : ・ みるよみがえ。てきて、無意うお話です。すごく良く晴れ * * * * * * * * * そ女期のて女 に扱ってほしいんです。私 識のうちに自分で自分のアソてはいたんですが、台風とま 」末江な捨の * 「倶楽部 0Y0 にようこそ」 戸近にを身 (aya ・ 7 月号 ) コを触っていました。すごくではいかないものの、ものす が何度イ 0 ても彼が満足す目男江北僧道生 っ気のある私は、バッるまでは思いっきり責めま ごく強い風が吹いた春のある くってほしいし、逆に焦ら 日のことです。いつものよう * クが大好き。四つん這いに 濡れていたので恥ずかしかっ に自宅でくつろいでいたら、 たです。 * な 0 て彼に好き勝手責めらされて恥すかしい格好で放 置されるのもたまりませ れるのって気持ちいし でも、そんな恥ずかしい体ピンポーンとチャイムの音が 支配されてるって感じがしん。今の彼はドなので、 して突然お客さんがやってき 《′、・験も、彼を愛する私のリアル てゾクゾクします。のと中はまるで王様。恥ずか ました。何度か挨拶したこと かなと思って、ひとりのこ しい言葉を言わされること とも日「心に圭日 / 、よ , つにしちゃ はあるくらいの関係だったおきに気遣われるのは好きじ ゃなくて、私のことは乱暴もあるし、自分で動くよう 。彼に見られたら引隣の学生くんが、「うちのペ に命令されることもありま かれちゃいそうだから絶対にランダにひっかかってました す。彼のおかげでどんどん 、、イ・ ) 見 0 からないようにしなき。 : 」って恥ずかしそうにし に開花して研究熱心にな いけないんですけど、来年かながら、なんと私のパンツを * っているので、いっかもう っ ~ 一 3 ら同棲する = と」な 0 = 」る手」持 0 = 届け = くれました ちょっと本格的なプレ イもしてみたいです。 を合わせづらいよー から悩んでます。 王様のハレンチ。 ーー或る「オナニ日記」伝。 ーーー痴女に宅急便。 * - のが 淑女の雑誌から 9 6 気もや 花房観音 いろぼとけ 文藝春秋〒 102-8008 東京都千代田区紀尾井町 3-23 http://www.bunshun.co.jp 団鬼六賞受賞の 著者初の 官能時代小説 ・定価 ( 本体 1500 円十税 )

8. 週刊文春 2017年7月13日号

税イト・育ッ 十ライン保リる 弱者切り捨ての政策がもたらしたもの 円・ライクモあ 社プウ球が 読 保国ズと「な 必 『子どもたちの階級闘争 ずまトアた旧日こ す生ス「れたう み県ニに壊見い 岡ム 週プロークン、フリテンの無料託児所から』 囀当く 福ラ コ言育聴 ・儀闘呆を 6 一在・奮一 ブレイディみかこ 四タンザ士英シ った。「ゆりかごから墓場化、固有の生活規範を持事情は日本と同じだ。社ど問題を抱えていても、社 @内田樹 まで」の英国の社会福祉制つ、独立した社会集団と言会福祉先進国であった英国会復帰の可能性が低くて においてさえ、一方で社会も、それでも子どもたちへ 英国の保育所で働いてい度が生み出した「就業せずわねばならないだろう。 た日本人女性による英国社に生活保護をもらいながら「『希望』というものをまっ福祉制度の受益者たちは底の支援を止めるべきではな たく与えられずに飯だけ与なしのモラルハザードを起いと著者は考える。 会の「底辺」についてのレ生活している人々」のこと 社会福祉というのは弱者 ポート。すべての人に読んである。伝統的な階級対立えられて飼われ」たこのクこし、他方にそんな連中は で欲しいが、その余裕がなのさらに下に位置する「新ラスの人々は「金と引き換餓死しても自己責任だと言自身のためというよりその えに、それより大事なものい放つ人間が登場している子どもたちのためのものだ たな階級」である。親子三 い入のために、、いに残った という考え方を私はこの本 代にわたって生活保護で暮を奪われてしまった」。自のである。 二点だけ書きとめておく。 だが、保守党による福祉に教えられた。子どもたち 「アンダークラス」というらしているということにな尊心を失った人々の心身が の停止は何の解決ももたらに親の責任を引き継がせて 言葉をこの本ではじめて知ると、それはもう固有の文どれほど荒廃するかについ はならない。子どもたちに ては、本書に無数の症例がさなかった。事態はさらに あげられている。 悪化しただけだった。生活はつねに社会的上昇のチャ 争 す 生活保護など打ち切っ保護の受給停止の最大の被ンスを確保しておかなけれ ま ス て、「アンダークラス」に害者は受給者の子どもたちばならない。「子どもや若 の 工 豪た も労働させろという声が当だったからである。子ども者を育てない社会はノー 第他砌 ち〔ー↓ 出な とい , つかス こ、、す一ろを全 : / 然上がってきた。保守党政たちは、公的支援を失うこフューチャー 権は二〇一〇年以来、福祉とで、住むところを失い、食ーサイダルでさえある」と 車 澄な故数 文 タを 5 、ン をバ池生ら う言葉に私は同意の一票 への支出を大幅に削減しべるものも身にまとうものい た。「生活保護受給者の締にも事欠き、絶望し荒れ狂を投じる。 工「 うちだたつる / 1950 年生まれ。 めつけを派手に行うことにう親たちの暴力によって心 神戸女学院大学名誉教授。 201 よって支持率を維持しよう身に回復不能の傷を負った。 1 年、第 3 回伊丹十三賞を受賞。 近著に『日本の覚醒のために」等。 だから、親たちがどれほ とした」のである。 今週の必読 著者は語る ミステリーレビ豆ー マンカホニャララ ベストセラー解剖 ヒーローの条件 新刊推文 私の読書日記 文庫本を狙え ! プレイデみかこ 子どもの一 階級闘争を・ フに一ウ : ・・・リすンの第料災、ら 115

9. 週刊文春 2017年7月13日号

おいしい ! 私の取り寄せ便 撮影泉健太取材・文小林悟 ほ 中江有里 ( 女優・作家 ) 5 人前 1080 円 熱々のお手製つけ汁に 冷やした麺をたっふりと この季節になると食べたくなるのが、 「夏のほうとうおざら」。一一年前、山梨 を旅行中に立ち寄ったサービスエリアで 見つけ、へえーっ珍しいなと思って買っ てみました。すごく美味しくて、調べて みると、冷やした麺を温かいつけ汁で食 べるおざらは郷土料理だったんですね 四月から八月までしか手に入らないの か師 で、夏場は繰り返し取り寄せています。プき 冷水にさらしたほ , っとうは程よく引き ツ・で し O ^ 0 心 締まって、つるりとのど越し爽やか。っ ョ〉届 け汁を作るのに欠かせないのは大根、人 参、しめじ、椎茸、豚肉、油揚げ、葱。 力へせ 05 ~ 具だくさんの豚汁風に仕上げます 私は敢えて氷を使わず、自然に冷やし たほうとうか好みです。あつあつのつけ 汁か麺にたっぷり絡んで、味もよくなじ みます。七味をちょっと振るとさらに食 欲をかきたてられますね 執筆か続いて疲れてくると、明日のお 昼はこれ ! と夜中につけ汁の下準備を 始めてしまうことも。食べる前から気合 か入ります うし嗄一ト山は の開講然 ほ。か肉のツ文 9 : や た物しに点セ別注 2 谷評 天き し名越れ満分料。書号 や州どた養食送 7 で 冷甲の製栄 5 。トり はうた特はの間 5 .2 らわしのれ日宮 ( 8 え物 のり ざ味とて作之饂か讀 おでり立をれでニ u- なル イント 元中 1080 円 税込 ( 12 枚ん

10. 週刊文春 2017年7月13日号

・ニ物ャを・第を た』という趣旨の文面を書 当時文科相群馬博友会の幹部が打ち日報には〈博友会後援会年である清和研の。ハーティー はいすれ、強ー宿 会費のお願いを郵送作業〉券購入のノルマも課せられくよう指示されました。驚 黷”だった下村氏明ける。 “強・れた・のように・・ . は国会でこの「東京の博友会が毎年秋に〈博友会年会費納入状況チており、近畿博友会会長のきましたが、なにぶん初め 2 ェック〉といった言い回し 疑惑について行なっているバーティーに こんな懺悔の言葉が日報にてのことで、『下手に逆ら も・をを 【こう答弁しては、会長ら幹部は群馬からも頻繁に登場するが、これは残されている。 うとこのまま帰れなくなる 参加しています。詳しくはは下村事務所が博友会のカ〈今回、私の力不足でノルのでは』と不安になり、言 二 0 一 1 を日良 〈地方の博友覚えていませんが、。ハーテネの管理をしていたことをマが達成できませんでしわれる通りに書いて捺印し をー・第こま第では 1 会は、各地域ィー券を何枚も買う時もあ意味する。 た。皆を引っ張っていく立ました。ただ、私は今もあ ・、、れ ) 、いっキれを 量ーは震ーわ血で 各博友会には年会費だけ場にありながら情けなくてれは寄附などではなく、年 一の有志の皆さりました」 ・物代の . れ物′義第 のををして鋼 0 れてをお 止んで運営をし下村事務所が作成したリでなく、下村氏の所属派閥仕方がありません〉 会費だったと思っています」 当の・は 4 、まを第 政治資金に詳しい神戸学 ー、。ていただいてストでは、一四年九月二十 ′ ( をおり・まして 院大学法学部の上脇博之教 六日には中部博友会も一一 + 国会答弁と明らかに矛盾 一、鸞私の事務所で万円分のパーティー券を購 授はこう語る。 さらに下村氏は国会で政治資金のカラクリが問題「今回文春が入手した入金 第輌 ( 叫 ~ 震 - は一切タ , チ入。下村氏の国会答弁とは 「 ( 博友会の ) 名簿の管理は視されたのです」 リストは事実上の裏帳簿に 。←いを」を」。。惠一しておりませ明らかに矛盾している。 ん。私は、財それどころか、日報やリ しておりません」と強弁し この件は弁護士などから当たると考えられる。さら 政面も含め、これら団体にストには各博友会が、実はていたが、博友会バーティ成る市民団体が一五年一一一に博友会の政治団体として 疑 の係る具体的な運営に関する下村事務所を司令塔とした ーの入金リストでは各博友月、東京地検に政治資金規の実態が記されている日報 答事柄は一切承知しておりま組織であることを窺わせる会をグループ分けしたうえ正法違反の疑いで刑事告発の存在も明らかになった以 虚せん ( 中略 ) 地方の博友会″証拠″があちこちに散見で個人名を列記し、払った したが、下村氏は昨年十一上、前回の検察捜査は不起 されるのだ。 巡から寄附を受けたり、 金額や集めた合計額を細か月に「嫌疑なし」の不起訴訴という結論ありきの極め 処分とされた。 事券の購入をしてもらったこ て杜撰なものだったと言わ 〈 6 月 7 日の近畿博友会のく管理してもいるのだ。 誌とはありません〉 ( 一五年一一会場は帝国ホテルになりま博友会関係者の解説。 中部若手博友会の元顧問ざるを得ません」 月二十六日予算委員会 ) 記者会見で、小誌記事を した。 100 人で行いま「地方の博友会が年会費とが振り返る。 しかし、実際には「群馬す。大臣が仰るようにきちして集めたカネは、下村氏「昨年十月に検事さんから「選挙妨害」と非難し、「都 博友会」の名義でバーティんと会費を納めてくれる人が代表の自民党支部への『下村先生の件で、一度来議選が終わったら丁寧にお に集まって貰いますので、 ″寄附 4 として処理されるて下さい』と電話があり、答えいたします」と語って ー券の購入がなされていた。 群馬博友会は群馬県出身そのために個人会員を増や一方で、領収書の但し書き東京地検に行きました。通 いた下村氏。だが、小誌が の下村氏の中学・高校時代すようにいたします〉 は″年会費″とされていまされたのは、厚いドアで厳送った質問状に一切回答し の同級生が中心となって立 これは一四年一一月二十六した。下村氏は『年会費と重に管理された部屋でしなかった。 ち上げた組織で、年に一度日付の日報に書かれた、近いうのは寄附のことなんでた。検事さんからは『年会教育行政を司ってきた元 県内で開かれる講演会には畿博友会の会長から下村事す』と国会で繰り返し説明費だと思っていたものは寄文部科学大臣の言葉はかく 約四百名が集まるという。務所への報告内容である。 していましたが、こうした附でした。私の勘違いでしも軽いのである。 ども . は教えられない◆凛の願 、達文科大臣 塾業界から「違法献金 =