検索 - みる会図書館

全データから 205469件ヒットしました。

竜馬がゆく(二)


竜 馬 が ゆ く 一 一

新装版 竜馬がゆく (1) (文春文庫)


竜 馬 が ゆ く 一

新装版 竜馬がゆく (3) (文春文庫)


竜 馬 が ゆ く 三

新装版 竜馬がゆく (3) (文春文庫)


文 春 文 庫 竜 馬 が ゆ く 司 馬 遼 太 郎 文 藝 春 秋

新装版 竜馬がゆく (1) (文春文庫)


文 春 文 庫 竜 馬 が ゆ く 司 馬 遼 太 郎 文 藝 春 秋

竜馬がゆく(二)


文 春 文 庫 竜 馬 が ゆ く 司 馬 遼 太 郎 文 藝 春 秋

竜馬がゆく(二)


( な る ほ ど 、 こ れ は 弱 い ) 要 領 が わ か っ て く る と 、 竜 馬 の 剣 が の び の び と 動 き は じ め た 。 十 人 ば か り を 道 場 の 板 敷 に 苦 も な く 打 ち 倒 し た が 、 十 一 人 目 ぐ ら い か ら 、 ぐ っ と 手 ご わ く な っ た 。 気 合 か ら し て ち が う 。 「 面 」 と 打 ち こ ん で き た の を 、 あ や う く 受 け た が そ の た め に 竜 馬 の 胴 が あ く 。 打 ち こ ん だ 相 手 は 、 さ っ と 竜 馬 の 後 方 へ す っ 飛 ん で ゆ く 。 空 き つ ば な し の 竜 馬 の 胴 を 、 あ ら て 新 手 が ね ら う 、 と い う ず る い 戦 法 で あ る 。 こ の 戦 法 に は 、 竜 馬 も よ わ っ た 。 ど ん ど ん 後 退 し た 。 事 実 上 、 二 人 が か り で あ る 。 し か し 巧 み に さ ば い て 、 竜 馬 は 専 ら 胴 と 籠 手 を ね ら っ た 。 こ の 防 具 で は 、 そ れ が 最 も 効 果 的 で あ っ た 。 十 五 人 目 の 男 は 、 わ ざ と 竹 刀 を 落 し て 、 組 み つ い て き た 。 竜 馬 は か わ し 、 そ い つ の 首 筋 を び し つ 、 と 撃 っ た 。 が 、 な お も 組 み つ い て く る 。 さ ら に 避 け よ う と し た が 、 そ の た め 、 竜 馬 の 体 が 不 覚 に も く ず れ た 。 そ こ を 、 別 の 者 が 撃 ち こ ん で き た 。 そ の 逆 胴 を た た き こ ん で 気 絶 さ せ た が 、 組 み 打 ち 男 は 、 な お そ の 辺 に う ろ う ろ し て 竜 馬 の 胴 に し が み つ こ う と す る 。 違 法 で あ る 。 審 判 は も つ ば

竜馬がゆく(二)


本 書 は 一 九 七 五 年 六 月 に 刊 行 さ れ た 文 春 文 庫 「 竜 馬 が ゆ く 」 の 新 装 版 で す 。

新装版 竜馬がゆく (1) (文春文庫)


本 書 は 一 九 七 五 年 六 月 に 刊 行 さ れ た 文 春 文 庫 「 竜 馬 が ゆ く 」 の 新 装 版 で す 。

新装版 竜馬がゆく (3) (文春文庫)


本 書 は 一 九 七 五 年 七 月 に 刊 行 さ れ た 文 春 文 庫 「 竜 馬 が ゆ く 」 の 新 装 版 で す 。