検索 - みる会図書館

全データから 213629件ヒットしました。

経営学者の読み方 あなたの会社が理不尽な理由


経 営 学 者 の 読 み 方 あ な た の 会 社 が 理 不 尽 な 理 由

経営学者の読み方 あなたの会社が理不尽な理由


あ な た の 会 社 が 理 不 尽 な 理 由 経 営 学 者 の 読 み 方 日 経 OCI- 社 慶 應 義 塾 大 学 大 学 院 経 営 管 理 研 究 科 教 授 主 月 水 勝 彦

経営学者の読み方 あなたの会社が理不尽な理由


第 1 章 あ な た の 会 社 が 理 不 尽 な 理 由 組 織 の 不 合 理 さ を 説 明 す る 「 制 度 派 理 論 」

経営学者の読み方 あなたの会社が理不尽な理由


~ 青 ( 勝 彦 ( し み す ・ か つ ひ こ ) 慶 應 義 大 学 大 学 院 経 営 管 理 研 究 科 教 授 東 京 大 学 法 学 部 卒 業 。 ダ ー ト マ ス 大 学 工 イ モ ス ・ タ ッ ク ス ク ー ル 経 営 学 修 士 (MBA) 、 テ キ サ ス A & M 大 学 経 営 学 博 士 (Ph. D. )。 戦 略 系 コ ン サ ル テ ィ ン グ 会 社 の コ ー ポ レ イ ト デ ィ レ ク シ ョ ン で 10 年 間 の 戦 略 コ ン サ ル テ ィ ン グ 経 験 の あ と 、 研 究 者 に 。 専 門 分 野 は 、 経 営 戦 略 立 案 ・ 実 行 と そ れ に 伴 う 意 思 決 定 、 M&A 、 戦 略 評 価 と 組 織 学 習 。 テ キ サ ス 大 学 サ ン ア ン ト ニ オ 校 准 教 授 ( 2000 ~ 2010 年 、 テ ニ ュ ア 取 得 ) を 経 て 、 2010 年 4 月 か ら 現 職 。 Academy Of Management Journal, Strategic Management Journal. (-)rganization science な ど ト ッ プ レ ベ ル の 国 際 学 会 誌 に 論 文 を 発 表 す る だ け で な く 、 4 誌 の 編 集 委 員 (editorial board member) を 務 め る 。 主 な 著 書 に 「 戦 略 の 原 点 」 、 「 戦 略 と 実 行 組 織 的 コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン と は 何 か 」 、 「 実 行 と 責 任 日 本 と 日 本 企 業 が 立 ち 直 る た め に 」 ( す べ て 日 経 BP 社 ) 、 「 組 織 を 脅 か す あ や し い 「 常 識 」 」 ( 講 談 社 ) 、 訳 書 に 「 事 実 に 基 づ い た 経 営 な せ 「 当 た り 前 」 が で き な い の か ? 」 、 監 訳 に 「 ワ イ ド レ ン ズ 』 ( と も に 東 洋 経 済 新 報 社 ) 。 経 営 学 者 の 読 み 方 あ な た の 会 社 が 理 不 尽 な 理 由 2016 年 5 月 24 日 第 1 版 第 1 刷 発 行 著 者 発 行 者 発 行 装 丁 制 作 清 水 勝 彦 高 柳 正 盛 日 経 BP 社 日 経 BP マ ー ケ テ ィ ン グ 〒 108-8646 東 京 都 港 区 白 金 1-17-3 NBF プ ラ チ ナ タ ワ ー http://b usiness. n ikkeibp. co.j P/ 水 戸 部 功 ア ー テ イ ザ ン カ ン パ ニ ー 株 式 会 社 印 刷 ・ 製 本 中 央 精 版 印 刷 株 式 会 社 ISBN97 & 4-8222-7946-2 @Katsuhiko Shimizu 20 ー 6 , Printed ⅲ Japan め ら れ て お り ま せ ん 。 購 入 者 以 外 の 第 三 者 に よ る 電 子 デ ー タ 化 お よ び 電 子 書 籍 化 は 、 私 的 使 用 を 含 め 一 切 認 本 書 の 無 断 複 写 ・ 複 製 ( コ ピ ー 等 ) は 著 作 権 法 上 の 例 外 を 除 き 、 禁 じ ら れ て い ま す 。

経営学者の読み方 あなたの会社が理不尽な理由


ど う 言 う か は 別 に し て ) 「 バ カ じ ゃ な い の 」 っ て い う こ と に な る と い う こ と で す 。 そ れ に 気 づ か な い と 「 こ ん な 会 社 辞 め て や る 」 っ て い う こ と に な る わ け で す が 、 お そ ら く 、 会 社 を か わ っ て も 同 じ こ と が 起 き る は ず で す 。 「 う ち の 会 社 は 理 不 尽 だ 」 と 感 じ る こ と は あ る 意 味 、 社 会 人 と し て や っ と 出 発 点 に 立 っ た と い う こ と で 、 そ こ で 思 考 停 止 に な っ て は い け な い の で す 。 な ぜ そ う な の か 、 ど の 点 が 、 ど の よ う な 条 件 だ と そ う な る の か 、 「 う ち の 会 社 は 理 不 尽 だ 」 の 次 を 考 え る こ と が 、 組 織 の 仕 組 み を 本 当 に 理 解 す る た め に 役 に 立 つ は ず で す 。 2 つ 目 は 上 司 、 あ る い は 経 営 に 携 わ っ て い る 経 験 豊 富 な 社 会 人 は 「 そ う そ う 、 組 織 は 理 不 尽 だ 」 と い う こ と で う な ず い て い た だ け る と 思 う の で す が 、 実 は そ こ に も 大 き な 落 と し 穴 が あ る と い う こ と で す 。 論 文 が 指 摘 す る よ う に 「 通 説 」 な の で 、 そ の 形 態 、 施 策 を と る と い う こ と は あ る の で す が 、 知 ら な い う ち に 何 で も か ん で も 他 社 の や る こ と は 取 り 人 れ 、 全 く 不 要 に な っ て も そ の ま ま 残 し 、 結 果 と し て 「 理 由 が あ っ て 理 不 尽 」 な 場 合 も 「 た だ 理 不 尽 」 な 場 合 も ご っ ち ゃ に な っ て 存 在 す る 組 織 が 多 い の で す 。 も し 、 若 手 社 員 が 飲 み 屋 で 絡 ん で き た ら ( 最 近 は そ う い う こ と も 少 な い と い う 話 も 耳 に し ま す が ) 、 実 は 「 こ れ は 本 当 に 理 由 の あ る 理 不 尽 か 」 を 自 ら に 問 う い い チ ャ ン ス で は な い で し よ う か ? 初 め は 「 理 不 尽 」 と 思 う 、 で も い つ の 間 に か 当 然 に な り 、 疑 問 も 持 た な く な る の で す 。 第 1 章 あ な た の 会 社 が 理 不 尽 な 理 由 205

経営学者の読み方 あなたの会社が理不尽な理由


い で し よ う 。 本 章 で 取 り 上 げ た 2 つ の 論 文 、 そ し て 「 制 度 派 理 論 」 は 、 あ る 意 味 「 組 織 は 合 理 的 で な い こ と を 合 理 的 に 説 明 す る 理 論 」 で し た 。 そ う し た 視 点 で 現 実 を 見 て み る と 、 よ り 納 得 の い く こ と 、 そ し て 同 じ 「 理 不 尽 」 で も 理 由 が あ る こ と と 、 な い こ と が あ る と 分 か る と 思 い ま す 。 そ し て 、 さ ら に 大 き な 示 唆 は 、 問 題 解 決 が で き な い の は 、 努 力 が 足 り な い と か 、 い い 解 決 案 が 見 つ か ら な い か ら で は な く 、 そ も そ も 現 実 の 基 本 的 理 解 が 十 分 で な く 、 「 間 違 っ た 問 題 」 を 解 決 し よ う と し て い る か ら か も し れ な い と い う こ と で し た 。 こ う し た 古 典 、 あ る い は 理 論 を す べ て 理 解 し よ う と す る 必 要 は あ り ま せ ん 。 し か し 、 例 え ば 経 営 学 の 勉 強 、 の 取 得 を 考 え る 方 た ち に は 、 「 現 実 を よ く 理 解 す る Ⅱ descr す tion 」 の 重 要 性 、 そ の た め に ツ ー ル と し て の 基 本 的 理 論 の 力 を 少 し で も 感 じ て い た だ け れ ば と 思 い ま す 。 組 織 は 理 不 尽 で す 。 た だ 、 「 だ か ら 俺 も 理 不 尽 で い い ん だ 」 か ど う か は 別 の 話 で す 。 人 材 コ ン サ ル テ ィ ン グ の 世 界 に は 、 「 社 員 は 人 る と き は 会 社 の 魅 力 で 決 め る が 、 辞 め る と き は 上 司 が 嫌 い で 辞 め る 」 と い う 有 名 な 言 葉 が あ る そ う で す 。 上 司 の 皆 さ ん は 注 意 し ま し よ う 。 212

経営学者の読み方 あなたの会社が理不尽な理由


2 ・ dec 。 upling Ⅱ 組 織 は 本 音 と 建 前 を 使 い 分 け る ー ー 社 会 的 な 正 当 性 を 確 保 し な が ら 一 方 で 効 率 面 で も 業 績 を 上 げ る た め に 、 decoupling が 起 き る 3 ・ 組 織 は 信 頼 で 成 り 立 っ ー ー ー 本 音 と 建 前 の 使 い 分 け Ⅱ dec 。 upling が 成 り 立 っ た め に は 、 組 織 内 、 そ し て 組 織 と 外 部 の ス テ ー ク ホ ル ダ ー と の 間 に 「 自 信 と 誠 実 の 論 理 (the logic of confidence and good faith) 」 が 成 り 立 た な く て は な ら な い 「 理 由 の あ る 理 不 尽 」 と 「 理 由 の な い 理 不 尽 」 ま ず 「 1 ・ 組 織 は 理 不 尽 で あ る 」 を 考 え る と 、 3 つ の 示 唆 が あ る と 思 い ま す 。 1 つ 目 は 新 人 社 員 、 あ る い は 若 手 の 社 員 が 「 う ち の 会 社 は 理 不 尽 だ 」 「 俺 が こ ん な に 頑 張 っ て い る の に 評 価 さ れ な い 」 な ん て 言 っ て い る と 多 く の 場 合 、 周 り の 人 た ち は ( 実 際 に 1 ・ 組 織 は 理 不 尽 で あ る ー ー 組 織 は 、 社 会 的 な 通 説 、 神 話 を 取 り 込 む こ と に よ っ て 「 正 当 性 」 「 資 源 の 獲 得 」 を す る 必 要 が あ り 、 必 ず し も 効 率 性 、 合 理 性 だ け で 動 い て い る わ け で は な い 204

創造力なき日本ーアートの現場で蘇る「覚悟」と「継続」


い だ け の 話 で す 。 し か も 現 代 の 日 本 は 、 労 働 者 に は 有 利 で 、 雇 用 す る 側 に は 不 利 に な っ て い る の で や め る こ と は 本 当 に 簡 単 な は ず で す 。 上 か ら 出 さ れ た 指 示 が 明 ら か に 間 違 い で あ り 、 そ れ を 指 摘 で き る 関 係 性 で あ っ た な ら 話 は 別 で す 。 そ う い う と き に は 議 論 の 余 地 も あ る で し よ う 。 し か し 、 出 さ れ た 指 示 に 疑 て 間 を 挟 む 余 地 も な い の な ら 、 ど ん な に 手 間 に な る こ と で も 従 う だ け で す 。 2 先 に も 書 き ま し た が 、 こ の 世 の 中 は 理 不 尽 だ ら け で 、 そ う い う レ ベ ル の 話 は 理 不 尽 の 論 う ち に も 人 ら な い ほ ど で す 。 同 じ 括 り で 語 る べ き こ と で は な い か も し れ ま せ ん が 、 東 日 本 大 震 災 も 、 あ ま り に も 理 不 尽 な 自 然 界 の 暴 力 で し た 。 さ か の ぼ 他 過 去 の 歴 史 を 遡 っ て み て も 、 そ う し た 理 不 尽 な 天 災 な ど が 何 度 と な く 繰 り 返 さ れ て き の て お り 、 そ う し た 理 不 尽 さ か ら で き る だ け 身 を 守 っ て い く た め に 人 間 は 「 社 会 」 を つ く ざ ん し っ て き た と も い え る の で す 。 そ の 社 会 の 中 で 理 不 尽 な 目 に 遭 う こ と は 、 歴 史 の 残 滓 な の 章 だ と も い え な く は あ り ま せ ん 。 宗 教 に し て も 、 自 然 の 理 不 尽 、 病 気 の 理 不 尽 、 社 会 の 理 不 尽 と い っ た も の に 対 峙 す る た い じ 131

書斎の窓 2012年 4月号


た 。 そ の 後 、 人 文 ・ 社 会 科 学 の 分 野 で ど を 解 説 し て い ま す 。 と 仮 定 さ れ ま し た 。 も 進 化 ゲ ー ム は 精 力 的 に 研 究 さ れ 、 現 人 文 ・ 社 会 科 学 の 分 野 で は 、 人 間 行 3 人 間 行 動 の 合 理 性 を め ぐ っ て 在 で は 、 行 動 の 進 化 、 慣 習 、 規 範 な ど 動 の 合 理 性 を ど の よ う に 捉 え る か は 大 限 定 合 理 性 に 基 づ く 社 会 経 済 行 動 の ダ 現 在 、 ゲ ー ム 理 論 は 経 済 学 を 超 え き な 問 題 で す 。 伝 統 的 に ゲ ー ム 理 論 は イ ナ ミ ッ ク ス を 分 析 す る た め の 必 要 不 て 、 経 営 学 、 政 治 学 、 社 会 学 、 哲 学 、 ( 主 流 派 ) 経 済 学 と 同 じ く 、 人 間 は 合 可 欠 な 理 論 と な っ て い ま す 。 倫 理 学 、 心 理 学 な ど の 人 文 ・ 社 会 科 学 理 的 な 行 動 主 体 で あ る と の 前 提 に 立 っ 一 九 八 〇 年 代 以 後 、 経 済 学 で は 、 新 や 生 物 学 、 物 理 学 、 工 学 、 情 報 科 学 な て 分 析 を 行 い ま す 。 一 方 、 こ の よ う な 古 典 派 の 経 済 学 を 超 え て 、 戦 略 的 行 ど の 広 範 囲 な 学 問 分 野 で 活 発 に 研 究 さ 合 理 的 ア プ ロ ー チ に 対 し て 、 「 現 実 の 動 、 非 対 称 情 報 、 イ ン セ ン テ イ プ 、 メ れ て い て 、 文 系 ・ 理 系 の 区 別 を 超 え た 人 間 は 非 合 理 だ か ら 、 合 理 性 を 仮 定 す カ ニ ズ ム デ ザ イ ン な ど が 主 要 な 研 究 課 新 し い 学 問 の 総 合 化 に 貢 献 し て い ま す 。 る ( ゲ ー ム 理 論 ) は 役 に 立 た な い と 題 と な り 、 ゲ ー ム 理 論 の 応 用 が 格 段 に な ぜ 近 年 、 ゲ ー ム 理 論 が こ の よ う な い う 批 判 が 古 く か ら あ り ま す 。 場 合 に 発 展 し ま し た 。 こ の た め 、 新 版 で は 、 広 が り を も つ よ う に な っ た か 、 不 思 議 応 じ て 、 括 弧 の 中 は ゲ ー ム 理 論 以 外 の 各 章 の 応 用 例 を 増 や し ま し た 。 そ の 主 に 思 わ れ る 方 も 多 い と 思 い ま す 。 以 下 名 前 が 入 る こ と も あ り ま す 。 人 間 行 動 な も の は 、 戦 略 的 な 情 報 伝 達 、 評 判 と で は 、 少 し 詳 し く そ の 理 由 に つ い て 説 の 合 理 性 に 対 す る 見 方 の 違 い が 、 こ れ 不 完 全 情 報 、 マ ク ロ 金 融 政 策 の 時 間 非 明 し ま す 。 ま で 、 ゲ ー ム 理 論 を 経 営 学 、 政 治 学 、 整 合 性 、 グ ロ ー バ ル ゲ ー ム 、 不 完 備 契 ゲ ー ム 理 論 の 創 始 者 で あ る 数 学 者 の 社 会 学 、 社 会 心 理 学 な ど 、 経 済 学 以 外 約 と ホ ー ル ド ・ ア ッ プ 問 題 、 繰 り 返 し フ ォ ン ・ ノ イ マ ン と 経 済 学 者 の モ ル ゲ の 社 会 科 学 の 他 の 分 野 に 応 用 す る こ と 囚 人 の ジ レ ン マ と 評 判 、 ネ ッ ト ワ ー ク ン シ ュ テ ル ン の 目 的 は 、 合 理 的 な 経 済 を 困 難 に し て い ま し た 。 形 成 、 な ど で す 。 第 肥 章 の 「 ゲ ー ム 理 主 体 の 行 動 を 数 理 的 に 解 明 す る 理 論 を 人 間 行 動 の 合 理 性 へ の 批 判 に 対 す る 論 の フ ロ ン テ ィ ア 」 で は 、 最 近 の 研 究 確 立 す る こ と で し た 。 そ の た め 、 ゲ ー ゲ ー ム 理 論 家 や 経 済 学 者 の 代 表 的 な 擁 窓 動 向 と し て 、 社 会 心 理 学 の 知 見 を 取 り ム の プ レ イ ヤ ー は 自 分 の 利 得 ( 効 用 ) 護 は 、 次 の よ う な も の で す 。 「 合 理 性 斎 い れ た 行 動 ゲ ー ム 理 論 や 学 習 の 理 論 な を 最 大 化 す る 合 理 的 な 行 動 主 体 で あ る の 仮 定 は 一 つ の 作 業 仮 説 で あ り 、 現 実

創造力なき日本ーアートの現場で蘇る「覚悟」と「継続」


・ 組 織 の 理 不 尽 、 社 会 の 理 不 尽 組 織 や 社 会 の 一 員 で あ れ ば 、 本 当 の 意 味 で の 理 不 尽 な 要 求 を 、 思 っ て も み な か っ た タ イ ミ ン グ で 突 き つ け ら れ る こ と も あ る は ず で す 。 た と え ば エ ン タ ー テ イ メ ン ト ビ ジ ネ ス で は そ の 傾 向 が 強 い と 思 い ま す が 、 常 に 変 化 し て い る 世 相 を 読 み 解 き な が ら 、 自 ら 変 化 を し て い か な け れ ば 生 き 残 る こ と は で き ま せ ん 。 そ の た め 、 あ る 朝 、 経 営 者 が や っ て き て 、 そ れ ま で 絶 対 だ と さ れ て い た 方 針 を 一 八 〇 度 変 え て し ま う 場 合 も あ る わ け で す 。 常 識 的 な 対 応 を し て い る だ け で は 間 に 合 わ ず 、 そ れ だ け の フ レ キ シ ビ リ テ ィ が 求 め ら れ る よ う に な っ て い る か ら で す 。 現 代 美 術 の 世 界 で は そ れ ほ ど 極 端 に リ ア ル タ イ ム の ト レ ン ド に 左 右 さ れ る こ と は あ り ま せ ん が 、 似 た ケ ー ス は 起 こ り 得 ま す 。 そ れ ま で や っ て い た 作 業 に 突 然 ス ト ッ プ が か け ら れ て 、 ま っ た く 違 っ た 指 示 を 出 さ れ る 可 能 性 は あ る わ け で す 。 が く ぜ ん そ う い う 要 求 を 突 き つ け ら れ た と き に は 愕 然 と す る こ と も あ る か も し れ ま せ ん が 、 突 然 の 方 向 転 換 に 対 し て も 、 す ぐ に 対 応 す る の が 組 織 で の 正 義 で す し 、 嫌 な ら や め れ ば い 130