検索 - みる会図書館

全データから 29112件見つかりました。
文藝春秋2016年7月号

する。 聞が三百五十万部ぐらいの実売部数に水でしかない。所有不動産や所有 ではないだろうか。 株式を売却してしのぐ売り食いもそ 新聞業界は空前の苦境にある。新今回、全国紙、地方紙の役員 On ろそろ限界を迎えている。毎日と産 聞を定期購読しない「無読層」の増らがつくる「プロジェクト」 (æ経が、存続のためにどう動くかが、 加が止まらない。読者の高齢化も悩はプレスの意 ) という新聞業界監視新聞業界再編の引き金と言える。 みの種だ。現在の読者中心層は「団団のメンバーの協力を得て、二〇二 塊の世代 , とみられるが、二〇二〇〇年の新聞業界を予測してみた。 「通信社戦争」の勃発 年、この世代は年齢が七十代に突入経営者の立場で業界を見てきた彼 する。「救急車のサイレンに『またらも「二〇二〇年には経営が厳しい 業界再編には通信社というもう一 部数が減る』と心臓がドキリとす新聞社が生き残りをかけて経営統合っの引き金がある。共同通信と時事 る」 ( 某地方紙社長 ) というのも、決し、戦後初の大規模な業界再編が起通信の一一社のうち、時事通信は十年 して大げさな話ではない。 こっているーとみている。 以上も赤字続き。保有している広告い 新聞社は発行部数を大きく見せる全国紙の読売、朝日、毎日、産経、代理店「電通」の株を売却して延命 ため、販売店に必要部数を大きく超日経で、経営がかなり深刻なのは、 しているだけで経営再建のめどはな えて新聞を買い上げさせる「押し毎日新聞社と産経新聞社だ。バブル いっへたり込んでもおかしくな 紙」をしており、公表している発行経済期に大手金融機関より給料が高 い。では、まもなく時事通信が電通 部数と実際に読者のいる部数「実売かった朝日新聞社ですら、年収を百株を売り尽くして倒産、時事通信は 部数」には乖離がある。新聞社は押五十万 5 二百万円も引き下げる人件消滅して共同通信だけになるかと言 し紙の存在を認めておらず、実売部費削減を打ち出したが、毎日、産経えば、そう単純ではない。読売新聞 数は絶対に公表しないが、状況証拠は本業の新聞発行で利益を生み出すが時事通信の通信社機能を虎視眈々 から予測すると、二〇二〇年には二のが困難になっており、経費削減なと狙っているからだ。どの新聞社も 大紙の読売新聞が五百万部、朝日新どのマイナーチェンジはもはや焼石本業が不調なので新規事業を模索し

無頼のススメ

それでも怒哀の方がずっと多いのが私たちの暮らしです。それは社会や時代のせいで も、その人のせいでもなく、世の中というのはそういうふうにできている。 西田幾多郎は、「涙をもってパンを食うた事のない人の人生観は、いかほど価値のあ るものであろうかーと言ったという。彼は八人の子どものうち五人を失っています。 人間の世の中は、どれだけ裕福で丈夫に育っても、外へ出たら必す理不尽がある。理 不尽というと敬遠されますが、山中鹿之助の「七難八苦を与えたまえ」の言葉のように、 理不尽こそが人を育てるというのはまちがいありません。 自分の仕事周りを見ても、若いうちに理不尽で厳しい編集長の下で仕事をした編集者 る て は伸びる。逆に、入社早々楽をすることを覚えてしまうとその後なかなか成長しない。 育 を 叺もっと言うと、ワガママで面倒な作家を三年担当するとさらに伸びます。私などその そ 一人と目されていますから、「伊集院さんの担当をしていました」と一一一一口うと、「じゃあ、 不たいていのことは大丈夫ですね」とみとめてもらえるんだとか。 理 実際、締め切り間際に編集者が酒場で飲んでいたりすると私は怒ります。

読んだら忘れない読書術 : 精神科医が教える

年収は比例するのです。そして、さらに最近になってその傾向は強まっています。 本嫌いの人がこのデータを知ると、必ず言います。 「お金に余裕があるんだから、本をたくさん買えるのは当然だろう。本をたくさん読んだ から収入が増える、という因果関係は説明されていない マンに会う機会があれば、「い 読書好きの会社の社長や、読書好きの高収入のサラリー の っ つから読書していますか ? ーと聞いてみてください。「若い頃から , 「学生の頃から」ある る れ いは、「子供の頃から、と答えるはずです。つまり、今収入が高い人は、お金がない頃や、 て成功する前から読書を習慣にしているのです。 よ 読書は「習慣」です。読書習慣のない人が、お金持ちになったから急に本を読み出すと 書 読 いうことは、まずあり得ない話です。 の な 要 必 み成功している経営者の共通点とは ? 書 私の友人の経営コンサルタント、野田宜成さん。彼は今までに人以上の経営者 読 ぜ な と会い、社以上の企業にコンサルタントとして携わってきたそうです。その野田さ んに、「成功している経営者の共通点は何ですか ? 」と尋ねたところ、興味深い答えが返 章 ってきました。 第 ( 0

文藝春秋2016年8月号

( 代理人 ) 。プリンシバルの利益を守立て直すのか。中谷氏は「経営者やなければ機能しない」 るために独立性を持っ社外取締役をビジネスマンに教えるべきはエージガバナンスなど様々な制度が形骸 置く」 化しているのは「日本だけではな エント理論ではく倫理」と説く。 当時は信奉していたこの考え方を「訴訟社会の米欧で生まれた性悪説 と久保利氏は言う。 中谷氏は今、真っ向から否定する。のコーポレートガバナンスではな 日本型か米欧型かという議論も 「自分でやってみて分かった。外のく、 高い倫理観に基づいた日本らし「飛鳥様式か天平様式か、に近い形 人間に正しい経営判断などできるわ いコーポレートガバナンスが作れる式論。経営者に情熱がなければ、フ レ、刀オし はず。それが作れれば日本企業はカオルクスワーゲンのような会社でも ソニーの取締役会ではエレクトロを取り戻すし、中国などこれから真排ガス不正が起きる」 ニクスだけでなく、音楽、映画から剣にコーポレートガバナンスを考え 日本では歴史の長い企業を「名 銀行まであらゆる案件を討議したる国の手本になれる」 門」と呼んでありがたがり、生まれ が、一件百億円の案件にかける時間 コーポレートガバナンスに詳しい たてのべンチャー企業を胡散臭がる は十分程度。事前に渡される資料の弁護士の久保利英明氏も経営者の倫風潮があるが、「『俺はこれをやりた 数字が正しいかどうかを確かめる術理を問う。久保利氏は第三者委員会いんだ』というアントレプレナーが もない」 報告書格付け委員会の委員長を務め引っ張っているべンチャーで不正は 東芝の不正会計や三菱自動車の燃ている。 起きない」と久保利氏は指摘する。 費データ捏造についても、「現場に 「社外取締役も第三者委員会も形を確かに、このところ不祥事や業績 ス 嘘をつかれたら、社外取締役は手も作るだけでは意味がなく、むしろ工不振で世間を騒がせているのは設立 足も出ない。立派な有識者を大勢揃クスキューズに使われる。東芝の第百年に近い名門ばかり。創業精神を 役 えました、というのはデコレーショ三者委員会報告書など、落第点。ど失った大企業が、どんなに立派な社 ちらも、経営者が耳の痛いことを言外取締役を揃えても、不祥事の種は ンに過ぎない」と切り捨てる。 では日本企業のガバナンスをどうってくれる人を選び、仏に魂を入れ尽きないのかもしれない。 ( 169 )

文藝春秋2016年7月号

悪い毎日、産経が中心となって、地の変化によるものだが、新聞社が部り、読者に購読を続けてもらう営業 方紙を含めて新聞社間の提携が進む数の減少に歩調を合わせて身の丈を活動は販売店が担っているので、販 であろうし、経営統合も十分あり得 小さくする経営改革をしなかったこ売網の傷みは読者減につながる。新 る。共同通信加盟社内で業界が再編とが凋落を早めた。冒頭に述べた聞販売は、読者が減る、押し紙が増 され、新聞社が結び付き合う形で読「押し紙 . という業界の悪習は、そえる、販売店の営業資金が減る、さ 売新聞通信グループに対抗するとい の悪性を増すばかりだ。押し紙は独らに読者が減るという負のスパイラ う構図だ。 占禁止法の特殊指定で禁止され、「同ルに陥ったのだ。 前述の「プロジェクト」のメン法一般指定の「優越的地位の濫用 . 今や新聞の販売網は押し紙で。ハン バーは、「この二グループの中で業にも抵触する違法行為であるのに、 ク寸前、新聞社と販売店の信頼関係 界再編に乗り遅れた新聞社は生き残新聞不況で読者が減るにつれ、新聞は過去最悪だ。現状のままでは、一一 れない」とシビアに予測する。ただの発行部数の中身は押し紙の割合が〇二〇年の東京五輪を待たずに消滅 し、朝日新聞は二グループの戦いか増加傾向にある。新聞社は販売店にする新聞があってもおかしくない。 らは距離を置き、子会社の合併や不「補助金」を支給する仕組みで押し新聞社同士の経営統合などでいくら 動産開発などで乗り切りながらしば紙を続けてきたが、もはや新聞社も合理化したとしても、販売網の「犠 らくは単独路線を歩むだろうとみてじゃぶじゃぶ補助金を出す余裕はな牲ーの上に立っ不健全な商売を続け いる る限り、いずれまたその歪みに耐え 押し紙は増える、補助金は減る切れず新聞は存続の危機を迎えるに 販売店を巻き込んだ負の循環で、経営が行き詰った販売店では、違いない。二〇二〇年に新聞社は 販売店主の借金が膨らんでいると「販売健全化」に向かっているのか 新聞の凋落の原因は、インターネか、借金苦で自殺したという悲惨などうか。これが水面下にある新聞存 ットニュースの普及という社会情勢話も聞く。新規の読者を獲得した続の大きなカギである。 ( 296 )

20世紀とは何だったのか : 西洋の没落とグローバリズム

所有と経営の分離がもたらしたもうひとつの変化は、大企業組織の登場です。こ れは、石油という新しいエネルギー資源に依存した現代の大規模な重化学工業には 不可欠でした。 同時に、前にも述べましたが、経営者による組織の専門的なマネージメントが登 場しますね。一一十世紀の経済上の最大の出来事は、経営者という組織の専門的マネ ジャーの登場といってもよいかもしれません。特に現代のように、 OQO などと 呼んで最高経営者に与えられている権限と社会的な評価を考えれば、一一十世紀にも っとも成功した職種は経営者でしよう。 会 企業組織の登場は、資本家と労働者の対立という資本主義の観念を大きく変えて 衆 駄しまいました。経営者の登場、いわば「経営者革命」によって、マルクス主義の期 皴待する社会主義革命は潰え去ったわけです。経営者の基本方針が社会の方向を決め 済るのであって、資本家と労働者の階級対立が社会の方向を決めるのではないので 第大企業組織が出てくると、多くの人が会社に雇われて生計を立てる。そこから、 似たような生活形態をもって、似たような価値観をもつ中間層が出てくる。彼らは

世界 2016年07月号

意向に従って自分は動いていると言って、高給を食もうとす 「自己搾取」が日本人の心をつかんだ る。今回の本では、その例として、ゼネラル・エレクトリッ ク (o=) の・ウエルチ元会長について取り上げました。 中村これまでいくつかガルプレイスの著作を見てきまし 氏は工学部出身の電気技師で、入社後次第に電機部門での地 たが、伊東さんは、今回の本で一九七三年の『経済学と公共 界 世位を高めた、典型的なテクノストラクチュアの出世頭です。 目的』を非常に重視しておられますね。そういうとらえ方は、 ところが経営者になると、どこかの知事だってそうはいかよ いままであまりなかったと思うんです。 いような会社濫費です ( 笑 ) 。その実態が、彼の場合はたま 『経済学と公共目的』は、前一一冊『ゆたかな社会』『新しい たま離婚訴訟によって人びとに明らかにされた。 産業国家』が大企業体制を分析したのに対して、農業、個人 中村元会長の法外な高報酬は、ガルプレイスの言う 企業、サービス業などを分析しています。現実の経済は、大 「適合」ですね。自分の目的に企業の目的を引き寄せるわけ 企業だけで構成されているわけではなくて、むしろ数からい です。先ほど触れた『悪意なき欺瞞』で、ガルプレイスは不 えば中小企業のほうが圧倒的に多い。そこで残された中小企 正会計問題で倒産したエンロンの経営トップが、政権中枢に 業の領域を分析に組み込んだわけです。 入って産軍複合体に有利な政策を働き掛けるという例を取り この『経済学と公共目的』には重要な問題点がたくさん詰 上げています。 まっているけれども、体系性に欠けるところがあって、かな そしてガルプレイスの言う産軍複合体は、伊東さんも今回 り読み込まないとわからない。その読み込みの一つのあり方 の本で言及されていた「ウォール街・財務省複合体」という として、今回、伊東さんはガルプレイスのいう「自己搾取」 形でいっそう勢いを増している。そして、社会全体の格差が を理解するために、「自己努力」という概念を加えています。 一九八〇年代以降、急速に広がり始めたことは、例のピケテ 伊東私はあの本をなんべんも読んだのです ( 笑 ) 。いま イの『幻世紀の資本』の指摘するところでもあります。 言われた農業や中小企業などの分野で、人びとがどんな行動 伊東アメリカがガルプレイスのいう「新しい産業国家」 をとっているかが論じられています。 を誇った一九六〇年代、すでに衰退の兆候は現れていました。 サービス業も中小企業も、その経営は個人努力の上に築か 私の本がつけ加えたものです。そしてアメリカ資本主義の軸れていますね。しかしこの大切な自己努力は、度が過ぎれば 足は「新しい金融国家」に移っています。 自己搾取になります。そういえば、私の『ガルプレイス』を

ヤクザ式相手を制す最強の「怒り方」

一三長が ! 」 と悪酔いすることになる。 だが、理不尽ということで言えば、ウラ社会は表社会の比ではない。 「ミカジメ ( 用心棒代 ) 、どないなっとるんじゃ ! 」 「暴対法で店がみんなビビっとるんですわ」 「じやかんし ! 四の五の言わずに取ってこんかい ! 」 術 戦灰皿が飛ぶのだ。 返理不尽な世界に理屈はいっさい通じない。だから要領のいい若い衆は言い訳をしない。理 倍 不尽を逆手に取って、倍のダメージを相手に与えるのだ。 る せ O 会が街金融のカンバンを上げ、組の縄張に侵攻してきたときのことだ。盛り場で両組 ら をの若い衆同士が小競り合いを起こすなど日増しに緊張感が高まっていた。侵攻された側の 相組が黙っていたのではメンツにかかわるが、若い衆は誰も走ろうとしない。 っ これに本部長がイラ立ち、 カ ム 「男になってこい ! 」 章 と、若い衆の—組員に″特攻″を命じた。 第 「いやです」

クインテット! 2

いわば、グループの頭脳と言える部署である。 他の部署で働く社員たちは組織の事実上の最高意思決定機関であるこの部署のことを心底か ら畏怖していた。 ようせい が、その一方で、この部署に棲む「妖精」に対しては、信仰に近いほどの憧憬を抱いていた。 妖精とは、経営戦略部部長の椅子に座るとある人物のあだ名である。 その人物は、五年前にの経営学部を首席で卒業、在学中にミクロ経済学とゲーム理論 の援用による独自の経済理論を発表、それによってノーベル経済学賞を受賞、その後トレーデ イングにおける新種のテクニカル分析を考案し、同時にその分析法を基にしたトレ 1 ディング 用プログラム「火星人」の開発に携わり、その他数学分野においてもアーベル賞を受賞、心理 学にも精通し、犯罪、産業、社会、経済心理学の部門で次々と論文を発表、合計六つの博士号 けんらん 一を取得するという、絢爛たる経歴を持っ問答無用の天才である。ちなみにプログラムに冠され た火星人とは、モルゲンシュテルンと共にゲーム理論の基礎を確立した数学者、フォン・ノイ マンのあだ名に由来している きだい この希代の天才の面白いところは、あまたの研究機関から誘いを受けながら学術研究の分野 を去り、一企業の経営顧問として自ら望んでそのポストに就いたことである いそして驚くべきことに、三年前グループの事実上の指導者として招かれたその人物は、当時 十四歳の少女であった。 マーティン どうけい

20世紀とは何だったのか : 西洋の没落とグローバリズム

222 大経済学者であり、経済学の領域にとどまらず、さまざまな仕事を行った人です ね。大蔵省の顧問として重要な役割を果たし、第二次大戦後のプレトンウッズ会議 のイギリス代表でもあります。また、イギリスで劇場を経営したり、イギリスにフ ランス印象派絵画を紹介し、それを買いつけてきたりと活動的でした。 ここで、いわゆるケインズ理論を説明するのはやめておきます。ケインズは、従 来の十九世紀の自由競争的な市場という考え方を完全に打ち砕いたわけですが、い ったいどうして、彼は自由放任的な市場競争を批判したのか。それに代わって、現 代経済は政府によってある程度管理されなければならないと述べましたが、どうし てそのような主張をしたのか。その基本的な論点をここで論じてみましよう。 不確実な将来に、どう確かなものを取り入れるか ケインズ理論のもっとも中心にある概念は、不確実性です。 彼は、経済の中心にあるのは企業活動であり、企業活動の本質は、いまこの時点 だけに生きているのではなく、将来の経済状態を予測している点にあると考える。 将来のことを考えれば、現在の意思決定は本質的に不確実なものを含まざるをえな