検索 - みる会図書館

全データから 212566件ヒットしました。

週刊ダイヤモンド 2017年 4/8 号 [雑誌] (知らないと損する給料の秘密)


新 人 も べ テ ラ ン も 必 読 ! - 給 料 明 細 書 の 秘 密 Part SpeciaI Feature iStock/ gettyimages る 。 こ れ ら を 合 計 し た も の が 「 総 そ の ほ か に 、 個 人 所 得 に 対 し て 支 給 額 」 だ 。 課 税 さ れ る 「 所 得 税 , と 前 年 の 収 こ こ か ら 除 計 」 を 差 し 引 い 入 に よ っ て 住 所 地 の 都 道 府 県 と 市 た も の が 「 差 引 支 給 額 」 、 い わ ゆ 町 村 に 納 税 す る 往 民 税 」 が あ る 。 る 手 取 り と な る 。 住 民 税 は 、 新 卒 新 入 社 員 は 前 年 4 月 は 、 初 め て 給 料 明 細 書 を も ら う 新 入 社 員 も い れ ば 、 転 動 ・ の 収 入 が な い た め ゼ ロ で 、 2 年 目 ち な み に 、 1 ナ ス 〇 カ 月 分 」 出 向 ・ 昇 進 な ど で 給 料 明 細 書 の 中 身 が 変 わ る 人 も 多 い 。 新 人 も べ テ ラ ン も 、 こ れ を 機 に 給 料 明 細 書 の 基 本 を 押 さ え よ う 。 と い う 場 合 に は 、 総 支 給 額 で も 差 も 1 年 目 の 45 肥 月 の 9 カ 月 分 の 引 支 給 額 で も な く 、 基 本 給 >< 月 数 収 入 に 対 し て 課 税 さ れ る た め 半 分 料 明 細 書 な ん て 、 じ っ く ま ず 勤 怠 は 、 自 分 が 働 い た 労 働 と い う 意 味 な の で 注 意 し よ う 。 程 度 で 済 む が 、 入 社 3 年 目 か ら は り 読 ま な い で す ね 。 毎 月 日 数 、 給 料 を も ら っ て 休 め る 有 給 三 つ 目 の 控 除 は 、 国 や 自 治 体 に 丸 1 年 分 の 収 入 に 課 税 さ れ る 。 1 ー 眺 め て も 、 給 料 は 増 え ま 休 暇 日 数 、 法 定 時 間 外 に 残 業 し た 支 払 う お 金 だ 。 年 目 よ り も 手 取 り が 減 っ て し ま う せ ん か ら 」 超 勤 時 間 な ど 、 労 働 基 準 法 で 決 め 左 ペ 1 ジ 図 の 控 除 の 中 で 金 額 が 可 能 性 も あ る た め 、 注 意 が 必 要 だ 。 特 集 の 取 材 で 、 こ ん な 趣 旨 の 発 ら れ た 労 働 時 間 が 記 さ れ て い る 。 最 も 大 き い の は ③ 社 会 保 険 料 の 合 一 一 一 一 口 を す る 人 が 散 見 さ れ た 。 確 か に 、 次 に 支 給 は 、 会 社 か ら も ら う お 計 だ 。 病 気 や け が の 際 に 自 己 負 担 給 料 明 細 書 を 知 れ ば 眺 め て い る だ け で は 給 料 は 増 え な 金 の こ と 。 基 本 賃 金 で あ る 基 本 給 、 が 減 っ た り 給 付 金 や 手 当 が 受 け ら 給 料 が 増 え な く て も 項 目 と そ の 中 身 を し つ か り 理 役 職 に 応 じ て も ら え る 役 職 手 当 、 れ た り す る 健 康 保 険 、 老 後 の 備 え 収 入 を 増 や せ る 解 し 、 行 動 を 起 こ す 必 要 が あ る 。 就 業 規 則 で 定 め ら れ た 資 格 を 得 る と な る 厚 生 年 金 、 失 業 時 の 給 付 な そ こ で 、 給 料 明 細 書 の 読 み 方 の と も ら え る 資 格 手 当 、 基 本 給 と 労 ど に 使 わ れ る 雇 用 保 険 、 歳 か ら 給 料 明 細 書 を も ら っ た と き に 真 基 本 と 三 つ の ポ イ ン ト に つ い て 、 働 日 数 と 超 勤 時 間 に 応 じ て 決 ま る 支 払 い が 始 ま る 介 護 保 険 の 合 計 と っ 先 に 目 が 行 く の は 、 手 取 り で あ 左 ペ 1 ジ 図 の 通 り 整 理 し て み た 。 残 業 手 当 、 会 社 が 社 員 の 住 宅 費 用 な っ て い る 。 社 会 保 険 料 は 会 社 と る 差 引 支 給 額 だ ろ う 。 こ の 手 取 り 給 料 明 細 書 は 、 「 勤 怠 」 受 給 」 を 補 助 す る 住 宅 手 当 の ほ か 、 所 得 折 半 し て お り 、 実 際 は 給 料 明 細 書 額 を 決 め る 大 き な 要 素 は 、 社 会 保 除 」 の 3 項 目 で 構 成 さ れ る 。 険 料 と 総 支 給 額 だ 。 税 の か か ら な い 非 課 税 交 通 費 が あ の 金 額 の 倍 が 支 払 わ れ て い る 。 普 段 は ほ と ん ど 気 に も 留 め な い 給 料 明 細 書 。 実 は こ の た っ た 一 枚 の 紙 に 、 重 要 な 秘 密 が 隠 さ れ て い る 。 給 料 明 細 書 を 正 し く 読 み 解 け ば 、 収 入 ア ッ プ も 夢 で は な い 。 社 会 保 険 と 控 除 を 使 い 倒 す 収 入 ア ッ プ の ヒ ン ト が 満 載 A95 ・ 、 6 A6902 、 6902 へ 05 へ 週 刊 ダ イ ヤ モ ン ド 2017 / 04 / 08 62

あわわ 2016 5月号 VOL.48


( 0 と く し ま で 仕 事 探 す な ら ! ! 正 社 員 円 ay AWAWA PIay AWAWA が 動 画 に 対 応 の 印 ! 動 画 の 読 み 込 み 方 法 は 、 P6 で チ ェ ッ ク ! 営 業 、 現 場 作 業 員 [ 職 種 ] ① 営 業 ( リ フ ォ ー ム 全 般 の 提 案 ) ② 現 場 作 業 員 ( 屋 根 職 人 ) [ 給 与 ] ① 基 本 給 18 万 円 ~ 十 歩 合 制 十 報 奨 金 有 ② 日 給 7 , 000 円 ~ 1 万 5000 円 ( 能 力 に よ る ) [ 時 間 ] 9:00—18:00 [ 休 日 ] ① 日 ・ 月 曜 、 夏 季 、 年 末 年 始 、 GW ② 月 6 日 程 度 ① ② 有 給 休 暇 有 [ 待 遇 ] ① ② 昇 給 年 1 回 、 賞 与 年 2 回 、 制 服 貸 与 、 車 通 勤 可 、 駐 車 場 有 、 各 種 保 険 完 備 、 寮 有 、 研 修 期 間 3 ヶ 月 有 、 交 通 費 支 給 ( 研 修 期 間 終 了 後 ) [ 資 格 ] ① ② 普 通 免 許 、 経 験 者 優 遇 、 未 経 験 者 歓 迎 [ 応 募 ] 電 話 連 絡 の 上 、 履 歴 書 ( 写 真 貼 付 ) を ご 持 参 く だ さ い 。 株 式 会 社 明 ホ ー ム プ ラ ン TEL.088-679-7611 ( 担 当 : 求 人 担 当 ) 徳 島 市 徳 島 町 城 内 6-72 ハ ヤ シ ビ ル Ⅱ 201 MEI HOME PLAN 現 場 作 業 員 & 営 業 ス タ ッ フ 何 時 募 集 ! 49

人事院月報 2016年 9月号


ー 給 与 勧 告 の 仕 組 み と 本 年 の 勧 告 の ポ イ ン ト ー 目 次 1 給 与 勧 告 の 仕 組 み と 本 年 の 給 与 改 定 ① 給 与 勧 告 の 対 象 職 員 ・ ② 給 与 勧 告 の 手 順 ・ ③ 民 間 給 与 と の 比 較 ・ ④ 民 間 給 与 と の 比 較 方 法 ( ラ ス パ イ レ ス 比 較 ト ・ 民 間 給 与 と の 較 差 に 基 づ く 給 与 改 定 ・ ⑤ ⑥ 本 年 の 勧 告 の ポ イ ン ト ・ 国 家 公 務 員 ( 行 政 職 ( ー ) 及 び 指 定 職 ) モ デ ル 給 与 例 ・ ⑦ ⑧ 給 与 勧 告 の 実 施 状 況 ( 行 政 職 ( ー ) 関 係 ) ・ 2 給 与 制 度 の 改 正 ① 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 し の 概 要 ・ ② 扶 養 手 当 の 見 直 し ・ ③ 専 門 ス タ ッ フ 職 俸 給 表 4 級 の 新 設 ・ 3 両 立 支 援 制 度 の 意 見 の 申 出 - 勧 告 等 の 概 要 4 高 齢 層 職 員 の 能 力 及 び 経 験 の 活 用 ( 雇 用 と 年 金 の 接 続 ) ・ ・ 1 1 3 ・ 107 ・ 107 ・ 108 ・ 108 - 109 ・ 109 ・ 1 10 ・ 1 10 ・ 1 1 2 ・ 1 1 2 7 06 2016 9 月 号 人 事 院 月 報

週刊ダイヤモンド 2017年 4/8 号 [雑誌] (知らないと損する給料の秘密)


集 給 料 の 秘 密 給 料 明 細 書 の 基 本 的 な 読 み 方 残 業 手 当 = ( 基 本 給 十 他 の 手 当 ) + 月 手 当 は 各 企 業 が 独 の 平 均 所 定 労 働 時 間 ( 8 時 間 X20 日 ) 自 に 設 定 す る 。 就 業 平 成 29 年 4 月 分 規 則 を 見 れ ば 分 か る 糸 合 * 斗 明 細 書 XI. 25 ( 平 日 18 ~ 22 時 ) x 超 勤 時 間 部 門 名 氏 名 総 務 社 員 NO 出 勤 日 数 有 給 休 暇 日 数 慶 弔 休 暇 日 数 20 遅 刻 回 数 早 退 回 数 超 勤 時 間 住 宅 手 当 5,000 特 総 支 給 額 と 社 会 保 険 料 で 手 取 り が 決 ま る い わ ゆ る “ 手 取 り " で サ ラ リ ー マ ン の 生 命 線 大 屋 門 戸 殿 差 引 支 給 額 270 , 541 非 課 税 交 通 費 16 , 800 2 ① 労 働 日 数 20 勤 怠 欠 勤 日 数 基 本 給 支 260 , 000 残 業 手 当 23 , 047 資 格 手 当 10 , 000 役 職 手 当 20 , 000 社 会 保 険 料 の う ち 、 厚 生 年 金 は 、 保 険 料 率 が 2004 年 9 月 ま で は か め 付 ・ % だ っ た が 、 以 降 は 毎 年 引 ~ 6 料 納 還 な 、 カ 額 4 税 0 + o 言 O 給 で 給 8 き 上 げ ら れ 、 今 年 9 月 に は 絽 . 民 一 8 除 3 ~ の さ 整 支 4 総 3 住 一 巳 控 … 4 月 収 調 、 と % に な る エ 疋 だ 。 年 前 よ り 約 5 6 毎 徴 末 が こ , 線 年 出 ン % 増 え 、 年 収 500 万 円 の 人 な ら 、 れ 多 払 人 一 で で 、 無 は る リ 算 円 増 税 額 は 万 円 。 会 社 と 折 半 の た ラ 概 き 万 旦 額 取 サ ら 過 4 成 控 め 、 半 分 の 万 5000 円 が 手 取 た 決 薯 全 手 額 で も 上 ~ 綱 負 だ が 月 り 額 か ら 減 る こ と に な る 。 も の こ れ に 憤 り を 感 じ る 人 も 多 い だ 三 ) の 障 れ 全 目 目 会 の 準 の み ど カ ろ う が 、 社 会 保 険 は い ざ と い う と は ト 除 支 一 一 自 な を き の ク 命 綱 ク に な る 。 病 気 や 失 業 、 実 料 ン 控 は 気 恵 年 ま る ・ 琲 勤 一 料 や 3 3 印 は 保 将 来 寝 た き り に な っ た と き な ど に 給 働 給 険 き ど は 社 さ ま ざ ま な 恩 恵 を 受 け る こ と が で 険 半 社 の 支 労 本 保 な 税 入 負 っ 怠 創 訂 保 折 を ス 会 毖 民 第 き る か ら だ 。 徹 底 的 に 活 用 す る た 会 と 額 一 三 一 動 勤 社 失 っ 住 新 ら 社 社 倍 ケ き め の 知 識 を 身 に 付 け て 、 少 し で も の べ 人 く 兀 を 取 る 気 構 え が 大 事 だ ろ う 。 お 手 取 り 額 を 決 め る も つ 一 つ の 要 間 ど 費 税 標 以 金 介 ~ で る 一 か る プ 年 瀲 数 き に あ 課 の 歳 さ 週 通 ノ 素 で あ る 総 支 給 額 を 増 や す の は な 非 料 決 押 十 険 が も と か な か 難 し い 。 年 齢 を 重 ね て 定 期 尹 保 ど 説 手 べ 険 る 険 と で 翌 ム 種 会 等 子 昇 給 を 待 っ か 、 キ ャ リ ア ア ッ プ で 解 保 れ 保 額 ジ ~ イ 各 囃 帽 で 各 康 護 金 一 月 タ 十 て 月 婦 = ⅱ 手 当 を 増 や す し か な い か ら だ 。 給 費 酬 主 用 本 通 報 業 従 っ て 次 に 考 え る べ き は 、 あ ら 基 交 準 傅 ゆ る 税 金 控 除 を 駆 使 し た 、 税 負 担 妻 成 ン の 軽 減 だ マ 8 被 歳 リ 次 ペ 1 ジ で は 、 そ ん な 社 会 保 険 準 間 基 給 一 0 生 な 一 一 定 料 収 諷 0 の る ラ 4 の 毎 と 税 金 控 除 を 使 い 倒 し た ら ど の く 0 働 決 社 加 期 療 な 加 支 級 年 て 労 に の 会 を 定 ~ 医 に 護 一 総 等 前 け 未 枷 性 ら い 得 を す る の か 、 年 代 と ラ イ フ 歳 収 男 基 0 を 一 数 額 ~ 険 徴 手 歳 2 日 給 保 税 税 上 が 分 イ ベ ン ト ご と に シ ミ ュ レ 1 シ ョ ン 取 以 者 の の 働 支 一 会 計 得 民 歳 険 住 2 し て み た 。 案 外 、 見 落 と し て い る ぞ 労 総 社 合 所 保 か 在 給 付 金 や 手 当 、 税 金 控 除 な ど が あ 京 東 各 る は ず だ 。 し つ か り 確 認 し て 収 入 週 3 6 を 増 や し て ほ し い 。 3 0 所 得 税 3 , 940 合 6 険 6 保 5 雇 用 保 険 1 ,005 健 康 保 険 ( 健 保 ) 健 康 保 険 ( 介 護 ) 厚 生 年 金 2 , 805 30 , 909 控 16 , 847 除 ① ② 一 3 ④

人事院月報 2016年 9月号


企 業 規 模 五 〇 人 以 上 、 か っ 、 事 業 所 規 模 五 〇 人 以 上 の 事 業 所 を 調 査 対 象 と し て 実 施 し 、 こ れ ら の 事 業 所 の 民 間 企 業 従 業 員 の 給 与 と の 比 較 を 行 っ て い る 。 こ の よ う な 比 較 方 法 及 び 調 査 対 象 と し て い る 理 由 は 、 以 下 の と お り で あ る 。 ( 同 種 ・ 同 等 比 較 ) 給 与 は 、 一 般 的 に 、 職 種 を 始 め 、 役 職 段 階 、 勤 務 地 域 、 学 歴 、 年 齢 等 の 要 素 に 応 じ て そ の 水 準 が 定 ま っ て い る こ と か ら 、 こ れ ら の 要 素 が 異 な れ ば 、 給 与 水 準 も 異 な る こ と と な る 。 し た が っ て 、 公 務 と 民 間 企 業 の 給 与 を 比 較 す る 場 合 、 両 者 の 給 与 の 単 純 な 平 均 値 で 比 較 す る こ と は 適 当 で な く 、 給 与 決 定 要 素 を 合 わ せ て 比 較 ( 同 種 ・ 同 等 比 較 ) す る こ と が 適 当 で あ る 。 本 院 が 行 っ て い る 民 間 給 与 と の 比 較 は 、 一 般 の 行 政 事 務 を 行 っ て い る 国 家 公 務 員 ( 行 政 職 俸 給 表 曰 適 用 職 員 ) と こ れ に 類 似 す る と 認 め ら れ る 事 務 ・ 技 術 関 係 職 種 の 民 間 企 業 従 業 員 を そ の 対 象 と し た 上 で 、 主 な 給 与 決 定 要 素 で あ る 役 職 段 階 、 勤 務 地 域 、 学 歴 、 年 齢 を 同 じ く す る 者 同 士 の 四 月 分 の 給 与 額 を 対 比 さ せ 、 国 家 公 務 員 の 人 員 数 の ウ ェ イ ト を 用 い て 比 較 ( ラ ス パ イ レ ス 方 式 ) を 行 っ て い る 。 す な わ ち 、 個 々 の 国 家 公 務 員 に 、 役 職 段 階 な ど 主 な 給 与 決 定 要 素 が 同 一 で あ る 民 間 企 業 従 業 員 の 給 与 額 を 支 給 し た と 仮 定 し て 算 出 さ れ る 公 務 全 体 の 給 与 支 給 総 額 と 、 現 に 国 家 公 務 員 に 支 給 し て い る 給 与 支 給 総 額 と の 比 較 を 行 っ て い る 。 具 体 的 な 比 較 に 当 た っ て は 、 そ れ ぞ れ の 給 与 決 定 要 素 を 一 定 の 区 分 に 細 分 化 し 、 各 給 与 決 定 要 素 か ら 一 区 分 ず つ を 取 り 出 し て 作 成 し た 組 合 せ ( 例 え ば ) 役 職 段 階 が 係 員 、 勤 務 地 域 が 地 域 手 当 一 級 地 ( 東 京 都 特 別 区 ) 、 学 歴 が 大 学 卒 、 年 齢 が 二 四 歳 ・ 二 五 歳 ) ご と の 国 家 公 務 員 の 平 均 給 与 額 と 、 こ れ と 条 件 を 同 じ く す る 民 間 企 業 従 業 員 の 平 均 給 与 額 を 用 い る こ と と し て い る 。 ( 調 査 対 象 ) 国 家 公 務 員 と の 給 与 比 較 の 対 象 と な る 民 間 企 業 従 業 員 に つ い て は 、 現 行 の 調 査 対 象 企 業 規 模 よ り 小 さ い 規 模 の 企 業 の 従 業 員 も 対 象 に す べ き と の 議 論 が あ る 一 方 、 国 の 公 務 の 規 模 等 の 観 点 か ら 、 規 模 が 大 き い 企 業 の 従 業 員 の み と 比 較 す べ き と の 議 論 も あ る 。 ま た 、 国 の 行 政 が そ の 課 題 に 的 確 に 対 応 し て い く た め に は 、 民 間 企 業 等 と の 人 材 確 保 に お け る 競 合 が あ る 中 で 、 有 為 な 人 材 を 計 画 的 か っ 安 定 的 0 に 確 保 ・ 維 持 す る 必 要 が あ り 、 そ の よ う 報 な 観 点 を 踏 ま え た 適 正 な 給 与 水 準 の 確 保 人 の 重 要 性 に つ い て の 指 摘 も あ る 。 号 調 査 対 象 企 業 規 模 に つ い て は 、 民 間 企 明 業 従 業 員 の 給 与 を よ り 広 く 把 握 し 国 家 公 務 員 の 給 与 に 反 映 さ せ る 観 点 か ら 、 平 成 一 八 年 に そ れ ま で の 一 〇 〇 人 以 上 か ら 五 〇 人 以 上 に 引 き 下 げ た 。 企 業 規 模 五 〇 人 以 上 の 多 く の 民 間 企 業 に お い て は 、 公 務 と 同 様 、 部 長 、 課 長 、 係 長 等 の 役 職 段 階 を 有 し て お り 、 公 務 と 同 種 ・ 同 等 の 者 同 士 に よ る 給 与 比 較 が 可 能 で あ る こ と に 加 え 、 現 行 の 調 査 対 象 と な る 事 業 所 数 で あ れ ば 、 実 地 に よ る 精 緻 な 調 査 が 可 能 で あ り 、 調 査 の 精 確 性 を 維 持 す る こ と が で き る 。 事 業 所 規 模 五 〇 人 未 満 の 事 業 所 に つ い て は 調 査 対 象 と し て い な い が 、 こ れ は 、 事 業 所 規 模 五 〇 人 未 満 の 事 業 所 を 調 査 対 象 と す る と 、 事 業 所 数 が 増 加 し て こ れ ま で の よ う な 実 地 調 査 を 行 う こ と が で き な く な り 、 調 査 の 精 確 性 を 維 持 す る こ と が で き な く な る こ と に 加 え 、 同 一 企 業 に お い て は 、 一 般 的 に 、 当 該 企 業 に 勤 務 す る 従 業 員 の 給 与 に つ い て 、 当 該 従 業 員 が 勤 務 す る 事 業 所 の 規 模 に よ る 差 を 設 け て い な い と 考 え ら れ る こ と に よ る 。 な お 、 企 業 規 模 五 〇 人 以 上 の 民 営 事 業

人事院月報 2016年 9月号


業 で あ っ た 独 立 行 政 法 人 造 幣 局 及 び 独 立 行 政 法 人 国 立 印 刷 局 の 職 員 の 給 与 改 定 に つ い て は 、 中 央 労 働 委 員 会 に 対 し て 調 停 の 申 請 が な さ れ 、 本 年 四 月 か ら 基 準 内 賃 金 を 一 人 当 た り 〇 ・ 三 〇 % 相 当 額 の 原 資 を も っ て 引 き 上 げ る こ と を 内 容 と す る 調 停 案 を 労 使 双 方 が 受 諾 し て 決 着 し た 0 有 識 者 の 意 見 本 院 は 、 国 家 公 務 員 の 給 与 改 定 を 検 討 す る に 当 た っ て 、 例 年 同 様 、 全 国 四 九 都 市 に お い て 有 識 者 の 参 加 に よ る 公 務 員 問 題 懇 話 会 や 中 小 企 業 経 営 者 等 と の 意 見 交 換 を 行 っ た 。 こ の 懇 話 会 等 に お い て 、 本 院 は 、 給 与 勧 告 の 仕 組 み や 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 し 等 に つ い て 説 明 し 、 意 見 交 換 を 行 っ て い る 。 そ の 意 見 交 換 に お い て 有 識 者 か ら 出 さ れ た 主 な 意 見 は 、 次 の と お り で あ る 。 国 家 公 務 員 の 給 与 に つ い て は 、 国 の 業 務 に 見 合 っ た 給 与 を 支 給 し な け れ ば 優 秀 な 人 材 は 確 保 で き な い と の 意 見 、 職 員 の 能 力 や 業 績 を 適 正 に 評 価 し 、 そ れ を 反 映 し た 給 与 を 支 給 す べ き と の 意 見 等 が あ っ た 。 民 間 給 与 と の 比 較 方 法 に つ い て は 、 現 行 の 比 較 方 法 は 妥 当 と の 意 見 が 多 か っ た が 、 企 業 規 模 五 〇 人 未 満 の 企 業 の 実 態 を 反 映 し て も よ い の で は な い か と の 意 見 、 公 務 組 織 の 規 模 か ら 考 え る と 大 手 企 業 と 比 較 し て も よ い の で は な い か と の 意 見 等 も あ っ た 。 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 し に つ い て は 、 同 一 の 職 務 を 行 っ て い る 職 員 の 給 与 水 準 が 地 域 に よ っ て 大 き く 異 な る こ と が な い よ う に 配 慮 す べ き と の 意 見 、 高 齢 層 職 員 で も 教 育 費 等 が 必 要 な 場 合 も あ る こ と か ら 一 定 の 給 与 水 準 は 確 保 す べ き と の 意 見 等 も あ っ た が 、 地 域 間 、 世 代 間 等 の 給 与 配 分 の 見 直 し の 内 容 は 妥 当 と の 意 見 が 多 か っ た 。 扶 養 手 当 の 見 直 し に つ い て は 、 配 偶 者 に 係 る 手 当 を 削 減 し 、 そ の 分 を 子 供 に 係 る 手 当 に 再 配 分 す る な ど の 見 直 し を 行 う べ き と の 意 見 が 多 か っ た 。 ま た 、 配 偶 者 に 係 る 手 当 が あ る こ と に よ り 女 性 の 活 躍 に 影 響 が 出 て い る と は 思 わ な い と の 意 見 等 が あ っ た 。 2 本 年 の 国 家 公 務 員 給 与 と 民 間 給 与 の 実 態 国 家 公 務 員 給 与 の 状 況 2 本 院 は 、 「 平 成 一 一 八 年 国 家 公 務 員 給 報 与 等 実 態 調 査 」 を 実 施 し 、 一 般 職 の 職 人 員 の 給 与 に 関 す る 法 律 ( 給 与 法 ) が 適 用 さ れ る 常 勤 職 員 の 給 与 の 支 給 状 況 等 一 に つ い て 全 数 調 査 を 行 っ た 。 民 間 給 与 と の 比 較 を 行 っ て い る 行 政 職 俸 給 表 曰 適 用 職 員 ( 一 四 〇 、 七 八 六 人 、 平 均 年 齢 四 三 ・ 六 歳 ) の 平 均 給 与 月 額 は 四 一 〇 、 九 八 四 円 と な っ て お り 、 税 務 署 職 員 、 刑 務 官 等 を 含 め た 職 員 全 体 ( 二 五 三 、 六 二 四 人 、 同 四 三 ・ 三 歳 ) の 平 均 給 与 月 額 は 四 一 七 、 三 九 四 円 と な っ て い る 。 ( 注 ) 平 均 給 与 月 額 と は 、 俸 給 、 地 域 手 当 、 俸 給 の 特 別 調 整 額 ( 管 理 職 手 当 ) 、 扶 養 手 当 、 住 居 手 当 等 ( 所 定 外 給 与 で あ る 超 過 勤 務 手 当 等 及 び 実 費 弁 償 的 な 性 格 の 通 勤 手 当 等 の 手 当 を 除 く 。 ) の 全 て の 給 与 の 平 均 月 額 を い う 。 ( 参 考 資 料 1 国 家 公 務 員 給 与 関 係 六 八 ペ ー ジ 参 照 ) 民 間 給 与 の 状 況 ア 職 種 別 民 間 給 与 実 態 調 査 本 院 は 、 企 業 規 模 五 〇 人 以 上 、 か つ 、 事 業 所 規 模 五 〇 人 以 上 の 全 国 ( 熊 本 県 を 除 く 。 ) の 民 間 事 業 所 約 五 三 、 四 〇 〇 ( 母 集 団 事 業 所 ) の う

人事院月報 2016年 9月号


別 紙 第 一 職 員 の 給 与 に 関 す る 報 告 第 1 給 与 勧 告 制 度 の 基 本 的 考 え 方 給 与 勧 告 の 意 義 と 役 割 国 家 公 務 員 法 第 一 一 八 条 は 、 国 家 公 務 員 の 給 与 に つ い て 、 国 会 に よ り 社 会 一 般 の 情 勢 に 適 応 す る よ う に 随 時 変 更 す る こ と が で き る と し て お り 、 本 院 に は 、 そ の 変 更 に 関 し て 勧 告 す る こ と を 怠 っ て は な ら な い と す る と と も に 、 国 会 及 び 内 閣 に 対 し 、 毎 年 、 少 な く と も 一 回 、 俸 給 表 が 適 当 で あ る か ど う か に つ い て 報 告 を 行 う 責 務 を 課 し て い る 。 国 家 公 務 員 は 、 そ の 地 位 の 特 殊 性 及 び 職 務 の 公 共 性 に 鑑 み 、 憲 法 で 保 障 さ れ た 労 働 基 本 権 が 制 約 さ れ て お り 、 本 院 の 給 与 勧 告 は 、 労 働 基 本 権 制 約 の 代 償 措 置 と し て 、 国 家 公 務 員 に 対 し 、 社 会 一 般 の 情 勢 に 適 応 し た 適 正 な 給 与 を 確 保 す る 機 能 第 職 員 の 給 与 に 関 す る 報 告 を 有 す る も の で あ る 。 給 与 勧 告 に お い て は 、 従 来 よ り 、 給 与 水 準 の 改 定 の み な ら ず 、 俸 給 制 度 及 び 諸 手 当 制 度 の 見 直 し も 行 っ て き て い る ま た 、 国 家 公 務 員 法 第 三 条 は 、 職 員 の 利 益 の 保 護 を 人 事 院 の 基 本 的 役 割 と し て お り 、 本 院 が 給 与 勧 告 を 通 じ て 国 家 公 務 員 に 適 正 な 処 遇 を 確 保 す る こ と は 、 職 務 に 精 励 し て い る 国 家 公 務 員 の 士 気 の 向 上 、 公 務 に お け る 人 材 の 確 保 や 労 使 関 係 の 安 定 に も 資 す る も の で あ り 、 能 率 的 な 行 政 運 営 を 維 持 す る 上 で の 基 盤 と な っ て 2 民 間 準 拠 に よ る 給 与 水 準 の 改 定 本 院 の 給 与 勧 告 は 、 国 家 公 務 員 に 対 し 、 社 会 一 般 の 情 勢 に 適 応 し た 適 正 な 給 与 を 確 保 す る 機 能 を 有 す る も の で あ り 、 国 家 公 務 員 の 給 与 水 準 を 民 間 企 業 従 業 員 の 給 与 水 準 と 均 衡 さ せ る こ と ( 民 間 準 拠 ) を 基 本 と し て い る 。 民 間 準 拠 を 基 本 と す る の は 、 国 家 公 務 員 も 勤 労 者 で あ り 、 勤 務 の 対 価 と し て 適 正 な 給 与 を 支 給 す る こ と が 必 要 と さ れ る 中 で 、 公 務 に お い て は 、 民 間 企 業 と 異 な り 、 市 場 の 抑 制 力 と い う 給 与 決 定 上 の 制 約 が 存 し な い こ と 等 か ら 、 そ の 給 与 水 準 は 、 そ の 時 々 の 経 済 ・ 雇 用 情 勢 等 を 反 映 し て 労 使 交 渉 等 に よ っ て 決 定 さ れ る 民 間 の 給 与 水 準 に 準 拠 し て 定 め る こ と が 最 も 合 理 的 で あ る と 考 え ら れ る こ と に よ る 。 国 家 公 務 員 の 給 与 と 民 間 企 業 従 業 員 の 給 与 と の 比 較 に お い て は 、 主 な 給 与 決 定 要 素 を 同 じ く す る 者 同 士 の 四 月 分 の 給 与 報 額 を 対 比 さ せ 、 精 密 に 比 較 を 行 っ て い る 。 院 人 ま た 、 「 職 種 別 民 間 給 与 実 態 調 査 」 は 、 0

人事院月報 2016年 9月号


務 の 行 政 職 俸 給 表 曰 と 類 似 す る と 認 め ら れ る 職 種 ( 事 務 ・ 技 術 関 係 職 種 ) の 常 勤 の 従 業 員 に つ い て 、 主 な 給 与 決 定 要 素 で あ る 役 職 段 階 、 勤 務 地 域 、 学 歴 、 3 本 年 の 国 家 公 務 員 給 与 と 民 間 給 与 年 齢 を 同 じ く す る 者 同 士 の 四 月 分 の 給 と の 比 較 与 額 ( 公 務 に あ っ て は 平 均 給 与 月 額 、 月 例 給 民 間 に あ っ て は 所 定 内 給 与 の 月 額 か ら 通 勤 手 当 の 月 額 を 減 じ た 額 ) を 対 比 さ 本 院 は 、 「 国 家 公 務 員 給 与 等 実 態 調 せ 、 精 密 に 比 較 を 行 っ て き て い る 。 査 」 及 び 「 職 種 別 民 間 給 与 実 態 調 査 」 本 年 四 月 分 の 給 与 に つ い て 、 官 民 較 の 結 果 に 基 づ き 、 公 務 に お い て は 一 般 差 を 算 出 し た と こ ろ 、 別 表 第 3 に 示 す の 行 政 事 務 を 行 っ て い る 常 勤 の 行 政 職 と お り 、 国 家 公 務 員 給 与 が 民 間 給 与 を 俸 給 表 曰 適 用 職 員 、 民 間 に お い て は 公 民 間 に お け る 定 期 昇 給 の 実 施 状 況 ( 平 成 28 年 職 種 別 民 間 給 与 実 態 調 査 ) ( 単 位 : % ) ~ 係 、 員 87.0 84.8 24.2 77 52.9 2.2 13.0 課 長 級 807 78.4 22.0 7.5 48.9 2.3 19.3 ( 注 ) 定 期 昇 給 の 有 無 が 不 明 、 定 期 昇 給 の 実 施 が 未 定 及 び べ ー ス ア ッ プ と 定 期 昇 給 を 分 離 す る こ と が で き な い 事 業 所 を 除 い て 集 計 し た 。 国 家 公 務 員 給 与 と 民 間 給 与 と の 較 差 民 間 給 与 、 国 家 公 務 員 給 与 ー ① 一 ② ( 円 ) ② xl 00 ( % ) ② 708 円 41 1 , 692 円 410 , 984 円 017 % ) ( 注 ) 民 間 、 国 家 公 務 員 と も に 、 本 年 度 の 新 規 学 卒 の 採 用 者 は 含 ま れ て い な い 。 一 人 当 た り 平 均 七 〇 八 円 ( 〇 ・ 一 七 % ) 下 回 っ て い た 。 寺 リ △ ロ 牛 男 糸 本 院 は 、 民 間 に お け る 特 別 給 の 支 給 割 合 ( 月 数 ) を 算 出 し 、 こ れ を 国 家 公 務 員 の 期 末 手 当 ・ 勤 勉 手 当 の 年 間 の 平 均 支 給 月 数 と 比 較 し た 上 で 、 〇 ・ 〇 五 月 単 位 で 改 定 を 行 っ て き て い る 。 本 年 の 「 職 種 別 民 間 給 与 実 態 調 査 」 の 結 果 、 昨 年 八 月 か ら 本 年 七 月 ま で の 一 年 間 に お い て 、 民 間 事 業 所 で 支 払 わ れ た 特 別 給 は 、 リ 月 表 第 4 に 示 す と お り 、 年 間 で 所 定 内 給 与 月 額 の 四 ・ 三 二 月 分 に 相 当 し て お り 、 国 家 公 務 員 の 期 末 手 当 ・ 勤 勉 手 当 の 年 間 の 平 均 支 給 月 数 ( 四 ・ 一 一 〇 月 ) が 民 間 事 業 所 の 特 別 給 の 支 給 割 合 を 〇 ・ 一 一 一 月 分 下 回 っ て い 4 本 年 の 給 与 の 改 定 改 定 の 基 本 方 針 ア 月 例 給 前 記 3 ① の と お り 、 本 年 四 月 時 点 で 、 国 家 公 務 員 の 月 例 給 が 民 間 給 与 2016 9 月 号 人 事 院 月 報 7 /

人事院月報 2016年 9月号


。 1 = ③ 民 間 給 与 と の 比 較 。 を 比 較 方 法 0 民 間 給 与 と の 比 較 は 、 主 な 給 与 決 定 要 素 を 同 じ く す る 者 同 士 で 比 較 す る 必 要 ※ 国 家 公 務 員 の 人 員 数 の ウ ェ イ ト を 用 い た ラ ス パ イ レ ス 比 較 く 主 な 給 与 決 定 要 素 > 三 ( 部 長 、 課 長 、 係 長 、 係 員 等 ) 地 域 手 当 1 級 地 ( 東 京 23 区 ) ~ 7 級 地 、 地 域 手 当 非 支 給 地 ※ 詳 細 は 1 ー ④ 民 間 給 与 と の 比 較 方 法 ( ラ ス パ イ レ ス 比 較 ) を 参 照 ・ 調 査 対 象 〇 企 業 規 模 50 人 以 上 の 多 く の 民 間 企 業 に お い て は 、 公 務 と 同 様 、 課 長 ・ 係 長 等 の 役 職 段 階 が あ る こ と か ら 、 同 種 ・ 同 等 の 者 同 士 に よ る 比 較 が 可 能 〇 現 行 の 調 査 対 象 で あ れ ば 、 実 地 に よ る 精 緻 な 調 査 が 可 能 企 業 規 模 50 人 未 満 ー 企 業 規 模 50 人 以 上 は 参 考 ) 国 家 公 務 員 の 内 定 者 が 内 定 を 得 た 民 間 企 業 の 規 模 ー 民 営 事 業 所 全 体 の 一 正 社 員 数 の 6 割 を 企 業 規 模 50 ~ 99 4. 2 % 超 え る 人 数 を カ バ ー 業 規 擲 ~ 39 人 31. 2 % 企 業 規 模 50 人 未 満 1.9 % ※ 平 成 26 年 経 済 セ ン サ ス 基 礎 調 査 ( 総 務 省 ) を 基 に 人 事 院 に お い て 集 計 ※ 平 成 27 年 度 の 総 合 職 試 験 及 び 一 般 職 試 験 ( 大 卒 ) の 内 定 者 を 対 象 [ 人 事 院 調 査 ] ( 役 職 段 階 の 例 ) 模 満 規 未 企 長 、 長 代 、 長 : 員 部 「 ( 課 長 一 係 係 課 長 、 62. 7 % 36. 9 % 63. 1 % 係 員 し - は + ④ 民 間 給 = の 比 較 方 法 ( ラ ズ バ イ し ス 比 較 新 月 例 給 の 民 間 給 与 と の 比 較 ( ラ ス パ イ レ ス 比 較 ) に お い て は 、 ・ 個 々 の 国 家 公 務 員 に 民 間 の 給 与 額 を 支 給 し た と す れ ば 、 こ れ に 要 す る 支 給 総 額 (A) が 、 現 に 支 払 っ て い る 支 給 総 額 (B) に 比 べ て ど の 程 度 の 差 が あ る か を 算 出 し て い ま す 。 具 体 的 に は 、 以 下 の と お り 、 役 職 段 階 、 勤 務 地 域 、 学 歴 、 年 齢 階 層 別 の 国 家 公 務 員 の 平 均 給 与 ( 注 1 ) と 、 こ れ と 条 件 を 同 じ く す る 民 間 の 平 均 給 与 ( 注 2 ) の そ れ ぞ れ に 国 家 公 務 員 数 を 乗 じ た 総 額 を 算 出 し 、 両 者 の 水 準 を 比 較 し て い ま す 。 ( 年 齢 階 層 ) 24 ・ 25 歳 ( 役 職 段 階 ) ( 勤 務 地 域 ) ( 学 歴 ) ( 民 間 給 与 総 額 ( A ) ) ( 国 家 公 務 員 給 与 総 額 ( B ) ) 6 ・ 27 歳 地 域 手 当 民 間 給 与 国 家 公 務 員 数 大 卒 22 ・ 23 歳 1 級 ( 係 員 ) 1 級 地 地 域 手 当 、 ま 地 域 手 ー = 3 級 ま 、 ~ 。 地 域 手 当 三 ー 4 級 地 地 域 手 当 、 第 5 級 地 を 地 域 手 第 地 域 手 当 地 域 手 当 2 主 田 ま 3 級 ( 係 長 第 い 4 ( 課 長 代 理 ジ 、 長 ) 5 級 ( 課 長 を を 鬘 課 長 代 理 厂 6 級 ( 部 長 等 、 課 長 - 課 長 代 理 ) 級 、 8 級 を 部 長 等 、 課 第 、 9 級 0 級 ; ( 部 長 等 第 民 間 給 与 国 家 公 務 員 数 20 ・ 21 歳 短 大 卒 行 政 職 ( ー ) ( 事 務 ・ 技 術 ) 民 間 給 与 x 国 家 公 務 員 数 18 ・ 19 歳 民 間 給 与 メ 国 家 公 務 員 数 中 卒 16 ・ 17 歳 。 客 域 ご に は 地 域 手 当 第 級 地 」 ど い . 同 、 学 歴 頼 齢 階 層 別 民 給 与 第 び , 朝 家 公 務 給 写 を 算 定 ( 係 : 止 様 、 第 地 国 家 公 務 員 給 与 総 額 そ 国 家 公 務 員 総 数 。 410.984 円 (bY : 眠 間 給 与 総 額 国 家 公 霧 員 ま = : 煢 第 な ⅱ 92 円 宿 ) 本 年 の 較 差 708 円 ( 0.17 % ) ( 算 定 方 法 レ ( 訂 ト ⑥ ( 注 1 ) 平 成 28 年 国 家 公 務 員 給 与 等 実 態 調 査 の 結 果 を 基 に 算 出 ( 注 2 ) 平 成 28 年 職 種 別 民 間 給 与 実 態 調 査 の 結 果 を 基 に 算 出 7 08 人 事 院 月 報 2016 9 月 号

モデルアート 2014年1月号 第884号


に 志 き 丸 / こ が ね 丸 / る り 丸 オ ー ト モ テ リ ン グ バ ッ ク ナ ン バ ー ダ ブ ル ア ー ル ・ メ カ ニ ク ス 季 刊 昭 和 9 年 、 瀬 戸 内 海 航 路 に 向 け て 豪 華 な 船 が 就 航 し ま し た 。 そ れ が 「 に 志 き 丸 」 で す 。 こ の 本 で は 姉 妹 船 で あ る 「 こ が ね 丸 」 「 る り 丸 」 と 共 に 特 集 。 こ の 1 冊 で 、 そ の 生 涯 、 エ ピ ソ ー ド 、 塗 装 の 変 遷 な ど 全 て が 分 か り ま す 。 ま た 、 元 士 官 船 員 の 山 口 英 男 さ ん の イ ン タ ビ ュ ー を 掲 載 。 オ ー ト モ テ リ ン グ No. 29 フ ェ ラ ー リ ・ フ ラ ッ ト 1 2 の 黄 金 期 を 築 い た 312T の 系 語 フ ェ ラ ー リ 312T シ リ ー ズ は 、 1975 年 か ら 80 年 の 6 年 間 で ド ラ イ バ ー ズ タ イ ト ル 3 回 、 コ ン ス ト ラ ク タ ー ズ タ イ ト ル 4 回 を 獲 得 し 、 フ ェ ラ ー リ FI の 第 1 期 黄 金 期 を 築 い た 。 312B 工 ン ジ ン と 横 置 き ラ ン ス パ ー ス ' ギ ア ボ ッ ク ス を 組 み 合 わ せ た 最 強 の シ ャ シ ー が 、 N. ラ ウ ダ 、 」 . シ ェ ク タ ー ら の ド ラ イ プ に よ り 他 の マ シ ン を 圧 倒 し 続 け 、 - フ ェ ラ ー リ ・ フ ラ ッ ト 12 工 ン ジ ン - の 有 終 の 美 を 飾 っ た 。 ¥ 2 , 300 ( 税 込 ) 、 No. 03 可 変 戦 聞 機 VF -1 バ ル キ リ ー 。 「 超 時 空 要 塞 マ ク ロ ス 」 に 登 場 し 、 「 フ ァ イ タ ー 」 「 ガ ウ ォ ー ク 」 「 バ ト ロ イ ド 」 と 三 形 態 に 変 形 す る 可 変 戦 闘 機 VF -1 バ ル キ リ ー 。 バ ン ダ イ 1 / 72 完 全 変 形 モ デ ル 、 ハ セ ガ ワ 、 ウ ェ ー プ な ど の キ ッ ト を 紹 介 。 ア リ イ & イ マ イ の 旧 キ ッ ト も 登 場 。 第 2 特 集 で は 「 宇 宙 戦 艦 ヤ マ ト 2199 ム ま た ヤ マ ト の 歴 代 艦 載 機 に ス ポ ッ ト を 当 て ま す 。 コ ス モ フ ァ ル コ ン を は じ め 、 コ ス モ ゼ ロ は 実 在 す る 航 空 機 と し て の リ ア リ テ ィ を 追 及 。 「 宇 宙 戦 艦 ヤ マ ト 」 の プ ラ ッ ク タ イ ガ ー や コ ス モ タ イ ガ ー ⅱ も 登 場 。 No. 879 \ 1 お 90 ( 税 込 ) NO. 873 ¥ 1 , 890 ( 税 込 ) 飛 行 機 模 型 ス ペ シ ャ ル No. 03 ベ ト ナ ム 航 空 戦 2 ア メ リ カ 空 軍 機 編 Part 1 ベ ト ナ ム 戦 争 に 派 遣 さ れ た 米 空 軍 の 戦 闘 機 は 、 F -100 や F -102 、 F -104 、 F -105 、 海 軍 で も 使 用 さ れ た F -4 ま で 多 岐 に わ た る 。 こ れ ら 米 空 軍 の 戦 闘 機 に ス ポ ッ ト を 当 No. 02 永 遠 の 好 敵 手 搭 乗 機 て 、 各 機 の 作 例 記 事 の ほ か 、 ベ ト ナ ム 航 空 戦 で の 米 空 軍 戦 闘 機 の た た か い 、 数 多 く 輩 出 し た グ キ ラ ー ' な ど の No. 01 ゴ ー ル テ ン エ イ ジ の 主 役 メ カ . 物 に 塗 装 と マ ー キ ン グ 、 ベ ト ナ ム 戦 争 で 確 立 さ れ た と い え る No. 867 ¥ 1 , 890 ( 税 込 ) 、 ワ イ ル ド ・ ウ ィ ー ゼ ル ” に つ い て な ど 解 説 し ま す 。 No. 881 \ 1 , 890 ( 税 込 ) No. 02 第 2 次 大 戦 の ド イ ツ 空 軍 夜 間 戦 聞 機 ハ イ バ ー ウ エ ボ ン 201 1 神 な る 永 遠 の 黄 昏 小 林 誠 氏 の 作 品 集 。 掲 載 内 容 は 「 宇 宙 戦 艦 ヤ マ ト 復 活 篇 D 旧 ECTOR ' S 第 バ ト ル オ プ プ リ テ ン 後 、 終 始 優 位 に 立 つ イ ギ リ ス 。 後 CUT 」 の イ ラ ス ト と 設 定 集 。 201 1 年 秋 か ら 始 ま る 「 ラ ス ト エ グ ザ イ ) い 銀 翼 の 手 後 手 に 回 る ド イ ツ 。 苦 境 に 立 た さ れ た ド イ ツ 空 軍 も 新 フ ア ム - 」 の メ カ 設 定 を 中 心 に 紹 介 し ま す 。 他 に は 「 GEO 」 イ ラ ス ト と フ ァ ン に よ 型 の 機 上 邀 撃 レ ー ダ ー や 新 型 戦 闘 機 を 投 入 。 し か し 、 物 る リ ス ペ ク ト モ デ ル も 掲 載 。 B4 版 と 大 判 な ら で は の 迫 力 の 作 品 集 。 量 に も の を 言 わ せ る 英 米 航 空 隊 の 爆 撃 に ド イ ツ の 国 力 ヂ を は 次 第 に 衰 退 し て い く ・ ・ ・ 。 今 回 は 、 数 多 く 存 在 し た ド イ NO. 825 ¥ 1 , 800 ( 税 込 ) ツ 夜 間 戦 闘 機 の 中 か ら 、 造 形 村 1 / 3 2 ハ イ ン ケ ル ハ イ バ ー ウ エ ボ ン 2005 再 生 な き 永 遠 の 闇 へ ー He219A -0 ウ ー フ ー を 筆 頭 に チ ョ イ ス し た キ ッ ト を 作 例 紹 介 す る 。 No. 875 ¥ 1 , 890 ( 税 込 ) No. 01 ベ ト ナ ム 航 空 戦 ア メ リ カ 海 軍 機 編 Part 1 オ ー ト モ テ リ ン グ No. 28 近 代 FI の 礎 1960 年 代 FI を 探 る ! 1958 年 に ク ー バ ー 51 が ミ ッ ド シ ッ プ と い う 画 期 的 な エ ン ジ ン 搭 載 で チ ャ ン ビ オ ン に 輝 き 、 ℃ 0 年 代 に 入 る と 排 気 量 が 2.5 ム 1 .5 、 3 ゑ と 移 行 、 そ の 間 モ ノ コ ッ ク シ ャ シ ー 、 3 フ ォ ー ド ・ コ ス ワ ー ス DFV 、 ウ イ ン グ の 登 場 、 ス ポ ン サ ー シ ッ プ 導 入 な ど 、 革 新 的 ア イ デ ア 、 デ ザ イ ン が 次 々 に 登 場 。 今 回 は ま さ に FI 新 時 代 の 幕 開 け と な っ た ・ 60 年 代 を 特 集 す る 。 No. 863 ¥ 2 , 300 ( 税 込 ) オ ー ト モ テ リ ン グ N027 王 者 乱 立 2006-201 1 絶 対 王 者 M. シ ュ ー マ ッ ハ が 2006 年 で FI を 引 退 す る や 、 堰 を 切 っ た よ う に 若 手 ド ラ イ バ ー た ち の 活 躍 が 活 発 に な り 、 毎 シ ー ズ ン 、 僅 差 で の チ ャ ン ビ オ ア ニ メ 、 ゲ ー ム 、 雑 誌 、 イ ベ ン ト 、 デ ザ イ ン と 様 々 な 分 野 で 活 躍 し 、 モ テ ル シ ー ン 決 定 、 そ の 早 過 ぎ る ス ビ ー ド を 抑 え る た め ℃ 9 年 は 大 幅 な 規 則 変 更 が 行 ン 、 デ ザ イ ン シ ー ン を 始 め と す る 各 分 野 に 衝 撃 を 与 え 続 け る 小 林 誠 氏 の ア ー わ れ 、 自 動 車 メ ー カ ー の FI 撤 退 、 名 門 チ ー ム の 不 振 、 逆 に 新 興 チ ー ム の 台 ト ワ ー ク 集 で す 。 ※ 初 版 特 別 付 録 の ハ イ バ ー ウ 工 ポ ン 復 刻 版 は 付 き ま せ ん 頭 と 、 目 ま ぐ る し く 、 激 し い 戦 い が 毎 年 繰 り 広 げ ら れ た 。 そ の 激 動 の ・ 06 年 か の で ご 了 承 下 さ い 。 No. 679 \ 3360 ( 税 込 ) ら ・ 1 1 年 の FI を 紹 介 す る 。 No. 855 ¥ 2 , 300 ( 税 込 ) 大 人 の ホ ビ ー と し て の 飛 行 機 模 型 専 門 雑 誌 。 弊 社 「 艦 船 模 型 ス ペ シ ャ ル 」 オ ー ト モ テ リ ン グ NO. 26 を 範 に 取 っ た 構 成 で 、 毎 回 メ イ ン 特 集 を 組 み 、 多 数 の 作 例 で 、 チ ョ イ ス し た バ ッ ク ナ ン バ ー こ 希 望 の 方 は 、 全 国 の 書 店 、 模 型 店 に て ご 注 高 の チ ャ ン ビ オ ン M. シ ュ ー マ ッ ハ 時 代 飛 行 機 キ ッ ト の 製 作 ポ イ ン ト や 塗 装 の 仕 方 な ど の 紹 介 か ら 、 各 機 体 の メ カ ニ ズ ム 、 誕 生 の 背 景 か ら 変 遷 な ど の ス ト ー リ - 、 塗 装 と マ ー キ ン グ な ど を 文 下 さ い 。 ま た 、 通 信 販 売 も 行 っ て お り ま す 。 直 販 部 ま で お 申 No. 845 \ 2 , 200 ( 税 込 ) 豊 富 な 写 真 、 イ ラ ス ト を 交 え て 紹 介 し ま す 。 ・ 飛 行 機 模 型 を 楽 し ん で 作 る こ し 込 み 下 さ い 。 と " を 第 一 に 、 様 々 な テ ー マ に 乗 せ て 展 開 し て い き ま す 。 オ ー ト モ テ リ ン グ No. 25 商 品 合 計 4 , 000 円 以 上 で 送 料 無 料 NO. 869 \ 1 , 890 ( 税 込 ) 1000 馬 力 の パ ワ ー を 積 ん だ 80 年 代 怪 物 FI 送 料 400 円 + 代 引 手 数 料 300 円 NO. 835 \ 2 , 200 ( 税 込 ) メ ー ル 、 ま た は お 電 話 に て 直 接 お 申 し 込 み く だ さ い 。 各 定 価 ¥ 1 , 700 ( 税 込 ) オ ー ト モ テ リ ン グ No. 24 在 庫 確 認 後 、 当 日 ま た は 翌 営 業 日 に 発 送 し 1 ~ 2 日 で 到 着 致 し ま す 。 No. 36 航 空 母 「 鳳 翔 ド 龍 驢 」 個 性 満 載 、 見 て 楽 し い 70 年 代 FI マ シ ン No. 37 日 本 海 軍 駆 逐 艦 の 系 語 4 送 料 ( メ ー ル 便 ) 一 冊 に つ き 120 円 No. 827 \ 2 , 300 ( 税 込 ) No. 38 ア ド ミ ラ ル ・ ヒ ッ パ ー と プ リ ン ツ オ イ ゲ ン 郵 便 振 替 用 紙 を こ 利 用 下 さ い 。 通 信 欄 に 商 品 名 を 明 記 し て 下 さ い 。 オ ー ト モ テ リ ン グ No. 23 NO. 39 第 2 次 大 戦 の ア メ リ カ 軽 / 護 衛 空 母 お 振 込 確 認 ま で 4 日 前 後 か か り ま す 。 確 認 後 発 送 致 し ま す 。 No. 41 最 新 キ ッ ト 3 大 特 集 ! 90 年 代 F 1 乱 立 時 代 ! ! ・ 加 入 者 名 有 限 会 社 モ テ ル ア ー ト 社 ・ 振 替 口 座 00140-6-196313 No. 803 \ 2 , 200 ( 税 込 ) No. 42 ハ ワ イ 作 戦 の す べ て 前 編 南 雲 機 動 部 隊 送 料 ( メ ー ル 便 ) 一 冊 に つ き 120 円 No. 43 ハ ワ イ 作 戦 の す べ て 後 編 真 珠 湾 の 米 平 洋 隊 カ ー モ テ ル テ ク ニ ッ ク ガ イ ド FI 編 No. 44 超 弩 級 戦 艦 の 系 贈 商 品 名 を 明 記 の う え 代 金 を 直 接 お 送 り 下 さ い 。 到 着 後 発 送 致 し ま す 。 「 空 気 抵 抗 」 と い う 目 に 見 え ぬ 敵 と 戦 う FI は 、 速 さ を 求 め る た め に 「 エ ア No. 45 ・ 特 集 1 : 日 本 海 軍 漕 水 母 艦 の 系 語 ロ バ ー ツ 」 を 随 所 に 装 着 し 、 2000 年 代 に 一 究 極 の ス タ イ ル 」 と し て 確 立 さ ( 有 ) モ デ ル ア ー ト 社 TEL03-3262-6450 FAX. 03-3262-7932 れ た 。 こ の 魅 力 溢 れ る 「 エ ア ロ バ ー ツ 満 載 の 2000 年 代 F し の 製 作 方 法 ・ 特 集 2 : 日 本 海 軍 海 防 艦 史 〒 102-0073 東 京 都 千 代 田 区 九 段 北 1 -12-30 矢 野 ビ ル 6F を 、 豊 富 な 工 作 写 真 と 解 説 で ガ イ ド す る 、 「 カ ー モ デ ル テ ク ニ ッ ク ・ シ リ ー Email:[email protected] HP : www.modelart.jp No. 47 南 太 平 洋 海 戦 ズ 」 第 3 弾 ! No. 795 \ 2 , 000 ( 税 込 ) No. 48 艦 隊 防 空 艦 : 「 摩 耶 ド 五 十 鈴 ー か ら 最 新 自 衛 艦 「 あ き づ き 」 ま で No. 49 日 本 海 軍 千 歳 型 水 上 機 母 艦 月 刊 モ テ ル ア ー ト で は 年 間 購 読 を 募 集 し て い ま す 。 お 近 く に 当 社 出 版 物 常 備 店 の な い 方 、 せ ひ お 申 し 込 み く だ さ い 。 送 料 当 社 負 担 に て お 手 元 へ お 届 け い た し ま す 。 ス ケ ー ル モ デ ル 総 合 専 門 誌 月 刊 モ テ ル ア ー ト モ デ ル ア ー ト は 航 空 機 、 カ ー モ デ ル 、 AFV モ デ ル 、 艦 船 モ デ ル と い っ た 模 型 を 扱 う 情 報 誌 で す 。 特 集 に 加 え 、 ニ ュ ー キ ッ ト レ ビ ュ ー や 各 種 連 、 新 情 報 と 盛 り 沢 山 の 内 容 を 提 供 し ま す 。 各 ¥ 1 , 150 ( 税 込 ) ① 半 年 分 ( 6 冊 ) 6 , 900 円 " ② 1 年 分 ( 12 冊 ) 13 , 800 円 何 号 か ら 何 号 か を 記 入 し 、 上 記 の 購 入 方 法 で お 願 い 致 し ま す 。 2013 年 バ ッ ク ナ ン バ ー ¥ 1 , 150 12 月 号 : 陸 海 自 衛 隊 島 嶼 防 衛 訓 練 「 状 況 開 始 ! 」 1 1 月 号 : 大 戦 機 の 塗 装 と ウ エ サ リ ン グ テ ク ニ ッ ク 1 0 月 号 : 陸 自 1 0 式 戦 車 & 現 用 戦 車 工 作 / 塗 装 ガ イ ド 編 9 月 号 : 対 決 第 ニ 次 大 戦 の 戦 艦 “ 太 平 洋 の 戦 い " 8 月 号 : 日 本 旗 再 現 力 向 上 講 座 陸 軍 機 編 6 月 号 : Ⅳ 号 戦 車 リ 刃 し モ テ リ ン グ 5 月 号 : 飛 行 機 モ テ ル の 銀 色 再 現 徹 底 ガ イ ド ~ 航 空 自 衛 隊 ・ 創 成 期 の 銀 翼 編 ~ 4 月 号 : 悩 み ス ッ キ リ 解 消 ! マ ル チ マ テ リ ア ル 攻 略 大 作 戦 3 月 号 : 特 集 : ト レ ン ド チ ェ ッ ク 最 新 1 / 72 工 ア モ テ ル 徹 底 解 説 2 月 号 : 中 国 海 軍 艦 艇 2013 1 月 号 : 孤 高 の 最 強 軍 団 イ ス ラ エ ル 空 軍 / 地 上 軍 2012 年 バ ッ ク ナ ン バ ー \ 1 , 150 1 2 月 号 : ス ケ ー ル モ テ ラ ー の た め の 色 彩 学 1 1 月 号 : 日 本 海 軍 空 母 総 覧 ( 後 編 ) 小 型 空 母 編 1 0 月 号 : 飛 行 機 モ デ ル Q & A シ ー ズ ン 4 ~ 自 己 流 カ ス タ マ イ ズ 術 ~ 9 月 号 : 日 本 海 軍 空 母 総 覧 ( 前 編 ) 大 型 ・ 中 型 空 母 編 7 月 号 : ス ケ ー ル モ テ ル の 常 識 と 非 常 識 3 6 月 号 : 日 本 海 軍 特 設 艦 艇 4 月 号 : 飛 行 機 モ デ ル 、 、 劇 的 再 生 " 大 作 戦 小 林 誠 の ア ー ト ワ ー ク 集 バ ッ ク ナ ン バ ー ご 購 入 方 法 艦 船 模 型 ス ペ シ ャ ル バ ッ ク ナ ン バ ー 代 金 引 換 サ ー ビ ス 郵 便 振 替 現 金 書 留 年 間 購 読 の ご 案 内 ネ オ ヒ ス ト リ ッ ク ガ レ ー ジ 8 び s 国 産 車 カ ー プ ラ モ の 世 界 月 刊 「 モ デ ル ア - ト 」 の 人 気 連 載 「 北 澤 志 朗 の ネ オ ヒ ス ト リ ッ ク ガ し 一 ジ 」 が 早 く も 増 刊 号 と な っ て 登 場 し ま す 。 数 多 く の 自 動 車 や カ ー モ テ ル が 発 売 さ れ て い た 1980 年 代 の 名 車 た ち が プ ロ ・ フ ィ ニ ッ シ ャ ー 北 澤 志 朗 氏 の 手 昭 和 初 期 、 広 大 な 海 原 を 戦 場 と す る 各 国 海 軍 に お い て 、 航 空 兵 器 は 欠 か に よ っ て 現 代 に 甦 り ま す 。 連 載 を 飾 っ た 車 種 は も ち ろ ん の こ と 、 新 作 も 多 数 せ な い も の と な っ た 。 そ れ は 日 本 海 も 同 様 で 、 航 空 母 艦 と と も に 水 上 機 母 掲 載 ! 新 車 コ ン デ ィ シ ョ ン に 仕 上 げ る 工 作 & 塗 装 テ ク ニ ッ ク も 紹 介 し ま す 。 艦 の 増 強 が い そ が れ た 。 そ ん な 中 に 計 画 、 建 造 さ れ た の が 日 本 海 軍 初 の No. 823 ¥ 2 , 100 ( 税 込 ) 新 造 水 上 機 母 艦 、 千 歳 型 で あ る 。 艦 船 模 型 ス ペ シ ャ ル 49 で は こ の 千 歳 型 を 中 心 に 日 本 海 軍 の 水 上 機 母 艦 を 特 集 し ま す 。 No. 50 第 一 次 ソ ロ モ ン 海 戦 モ テ リ ン グ ガ イ ド 日 本 海 軍 戦 艦 大 和 1 942 年 8 月 、 遂 に 米 軍 の 反 撃 が 始 ま っ た 。 米 豪 分 断 の た め に ソ ロ モ ン 諸 島 に 進 出 し た 日 本 軍 に 対 し 、 米 軍 は 1 万 人 を 超 す 大 部 隊 を 送 り 込 ん だ 。 こ 初 め て 艦 船 プ ラ モ テ ル を 購 入 、 製 作 し た 方 や ジ ャ ン ル 違 い の プ ラ モ デ ル 製 れ を 阻 止 す る の は 三 川 車 ー 中 将 率 い る 8 隻 の 迎 撃 艦 隊 だ 。 得 意 の 夜 戦 で 作 手 順 に 疑 問 を 持 つ モ デ ラ ー の 方 々 に 、 タ ミ ヤ 1 / 350 、 1 / 700 と フ ジ ミ 米 豪 の 重 巡 4 隻 を 撃 沈 、 1 隻 を 大 破 の 大 戦 果 を あ げ た の で あ る 。 だ が 、 し 1 / 700 の 「 日 本 海 車 戦 艦 大 和 」 を モ デ ル に 3 つ の 製 作 テ ー マ で 、 製 作 進 か し ・ ・ 行 。 そ の 工 程 を 写 真 、 カ ラ ー イ ラ ス ト で 説 明 。 1 / 250 「 ス ー バ ー モ デ リ ン グ 大 和 」 も 掲 載 。 No. 708 \ 1 , 800 ( 税 込 ) 日 本 海 軍 戦 艦 大 和 栄 光 の 巨 大 戦 艦 を 探 る 戦 艦 大 和 の す べ て を 紹 介 。 タ ミ ヤ 1 / 350 新 キ ッ ト の 製 作 ガ イ ド 、 イ ラ ス ※ こ の シ リ ー ズ は 書 店 で の 取 扱 い は あ り ま せ ん 。 ト で 見 る 大 和 の 細 部 、 開 発 か ら 沈 没 ま で の ヒ ス ト リ ー 、 46 師 主 砲 塔 の 研 究 、 武 装 と 装 備 の 変 遷 、 戦 闘 詳 報 、 ア メ リ カ 側 か ら 見 た 天 一 号 作 戦 Vo 3 エ レ フ ァ ン ト / フ ェ ル デ ィ ナ ン ト な ど 大 和 の 情 報 が 満 載 で す 。 No. 839 ¥ 2 , 100 ( 税 込 ) ASDP-003 ¥ 2 , 300 ( 税 込 ) VoI.5 ド イ ツ Ⅳ 号 戦 車 F2(G) 型 広 島 県 呉 に 開 館 し た 「 呉 市 海 事 歴 史 科 学 館 」 の シ ン ポ ル 、 1 / 1 0 戦 艦 大 ASDP-005 \ 2 , 500 ( 税 込 ) 和 を い ち 早 く 多 く の 写 真 で 紹 介 。 模 型 な が ら 全 長 26m で 出 色 の 出 来 映 え の 大 和 の す べ て が 堪 能 出 来 ま す 。 刻 々 と 明 ら か に さ れ る 大 和 の 新 考 証 VoI.6 ド イ ツ 川 号 戦 車 J / し 型 も カ ラ ー イ ラ ス ト を 交 え て 展 開 し ま す 。 大 和 最 終 時 1 / 500 折 込 み 図 面 ASDP-006 \ 2 , 800 ( 税 込 ) 入 り 。 NO. 681 ¥ 2 , 300 ( 税 込 ) Vo 7 ド イ ツ II 号 戦 車 F 型 ス - バ - イ ラ ス ト レ - シ ョ ン 3 日 本 海 軍 巡 洋 艦 最 上 ASDP-007 \ 2 , 800 ( 税 込 ) 第 1 次 世 界 大 戦 後 の 2 度 の 車 縮 会 議 に よ り 、 重 巡 洋 艦 の 建 造 に 制 約 を 受 け た 日 本 海 軍 が 、 15.5cm3 連 装 砲 塔 5 基 を 備 え る 基 準 排 水 量 8 , 500t の 軽 巡 洋 艦 と し て 「 最 上 」 型 巡 洋 艦 4 艦 を 計 画 、 建 造 。 そ の 第 1 番 艦 「 最 上 」 の 、 新 造 時 か ら 、 20.3cm 連 装 砲 塔 へ 換 装 し て 重 巡 洋 艦 と な っ た 改 装 後 、 そ し て 、 ミ ッ ド ウ ェ ー モ テ ル フ ィ ー ベ ル 自 走 砲 Vo い 海 戦 後 の 修 復 工 事 で 航 空 巡 洋 艦 に 生 ま れ 変 わ っ た 「 最 上 」 。 2 度 の 大 き な 改 修 を 受 け た 人 気 巡 洋 艦 「 最 上 」 の 3 形 態 を 、 「 イ ラ ス ト 130 点 ー で 克 明 に 解 説 し た デ ィ テ ー ル 重 視 派 モ デ ラ ー の 腕 の 見 せ 所 で あ る 作 り 込 み 作 例 を 満 載 、 製 最 新 の イ ラ ス ト 集 。 作 工 程 写 真 と と も に 自 走 砲 の 魅 力 を 紹 介 。 さ ら に ド イ ツ 人 モ デ ラ ー 、 フ ラ NO. 819 ¥ 2 , 800 ( 税 込 ) ン ク ・ シ ュ ル ツ 氏 に よ る 実 車 デ ィ テ ー ル 資 料 と セ ッ ト に な っ た ド ラ ゴ ン 1 / 35 Sd. Kfz. 234 / 4 バ ッ ク ワ ー ゲ ン 作 例 な ど 資 料 面 も 充 実 。 MF -001 ¥ 2 , 000 ( 税 込 ) 各 \ 1 , 470 ( 税 込 ) 日 5 判 32 ペ ー ジ ※ こ の シ リ ー ズ は 書 店 で の 取 扱 い は あ り ま せ ん 。 モ テ ル フ ィ ー ベ ル チ ェ コ 製 ド イ ツ AFV 氷 川 丸 現 在 、 キ ッ ト も 各 社 か ら 続 々 と 製 品 化 さ れ 、 大 い に 注 目 さ れ て い る チ ェ コ こ の タ イ ト ル の み A4 判 と な り ま す 。 製 AFV で す 。 バ リ エ ー シ ョ ン が 多 彩 で 、 模 型 製 作 の 意 欲 を か き 立 て る オ 波 乱 に 満 ち た 半 生 を 送 っ た 「 氷 川 丸 」 を 特 集 。 日 本 郵 船 歴 史 博 物 館 の 協 ー プ ン ト ッ プ 車 輌 も 多 い 魅 力 な 車 輌 た ち で す 。 35 ( t ) 戦 車 、 ワ ッ ヘ ン ト レ 力 を 得 た 責 重 な 写 真 を 多 数 掲 載 す る ほ か 、 カ ラ ー イ ラ ス ト で 「 氷 川 丸 」 の ー ガ ー の デ ィ テ ー ル 写 真 、 初 公 開 35t 戦 場 写 真 や 西 方 電 撃 戦 の 絵 地 図 移 り 変 わ り を 追 っ た プ ロ フ ァ イ ル コ レ ク シ ョ ン な ど 見 ど こ ろ 、 読 み ど こ ろ な ど 資 料 も 満 載 ! MF -002 ¥ 2 , 000 ( 税 込 ) 満 載 で す 。 ま た 、 姉 妹 船 に も ス ポ ッ ト を 当 て 、 ト ラ ッ ク 島 に 沈 む 「 平 安 丸 」 の 状 況 も レ ポ ー ト し ま し た 。 モ テ し フ ィ ー べ し WWII 最 強 重 戦 車 列 伝 & 10.5cm 自 走 砲 第 ニ 次 大 戦 で カ の シ ー ソ ー ゲ ー ム と な っ た 戦 車 の 発 展 を 各 国 の 重 戦 車 に ス ポ ッ ト を 当 て 、 そ の 発 展 ぶ り を 模 型 で 再 現 。 力 の 象 徴 で も あ る 重 戦 瀬 戸 内 海 航 路 「 く れ な い 丸 」 「 む ら さ き 丸 」 の 特 集 で す 。 両 船 は 関 西 汽 船 車 は 、 見 た 者 を 魅 了 す る 個 性 豊 か な デ ザ イ ン と 迫 力 の あ る 地 上 最 強 の 兵 が 昭 和 35 年 に 就 航 さ せ た 、 日 本 最 初 の ク ル ー ズ シ ッ プ で す 。 豪 華 な 客 室 器 で し た 。 作 例 で は フ ル デ ィ テ ー ル ア ッ プ か ら 迷 彩 塗 装 講 座 ま で 多 彩 な と し ス ト ラ ン 、 バ ー な ど 充 実 し た 設 備 で 大 変 人 気 の 高 い 客 船 で し た 。 「 く 内 容 。 第 2 特 集 で は 、 キ ッ ト が 出 揃 っ た 感 の あ る 第 ニ 次 大 戦 の 10.5cm れ な い 丸 」 の 設 計 を 担 当 し た 宝 田 直 之 助 さ ん の イ ン タ ビ ュ ー も 掲 載 。 榴 弾 砲 搭 載 車 輌 を 特 集 。 MF -003 ¥ 2 , 200 ( 税 込 ) 艦 船 模 型 の 製 作 ガ イ ド か ら 資 料 ま で ! 送 料 無 料 AFV 模 型 製 作 の た め の 写 真 集 も 好 評 発 売 中 ! AFV SUPER DETAIL PHOTOBOOK イ ス ラ エ ル ー 0 、 に ー 第 費 し た 一 1 / 10 日 本 海 軍 戦 艦 大 和 モ テ ル フ ィ ー ベ ル バ ッ ク ナ ン バ ー 日 本 の 客 船 シ リ ー ズ バ ッ ク ナ ン バ ー く れ な い 丸 / む ら さ き 丸 1 57