検索 - みる会図書館

検索対象: 週刊ダイヤモンド 2017年 4/8 号 [雑誌] (知らないと損する給料の秘密)

週刊ダイヤモンド 2017年 4/8 号 [雑誌] (知らないと損する給料の秘密)から 124件ヒットしました。

週刊ダイヤモンド 2017年 4/8 号 [雑誌] (知らないと損する給料の秘密)


新 人 も べ テ ラ ン も 必 読 ! - 給 料 明 細 書 の 秘 密 Part SpeciaI Feature iStock/ gettyimages る 。 こ れ ら を 合 計 し た も の が 「 総 そ の ほ か に 、 個 人 所 得 に 対 し て 支 給 額 」 だ 。 課 税 さ れ る 「 所 得 税 , と 前 年 の 収 こ こ か ら 除 計 」 を 差 し 引 い 入 に よ っ て 住 所 地 の 都 道 府 県 と 市 た も の が 「 差 引 支 給 額 」 、 い わ ゆ 町 村 に 納 税 す る 往 民 税 」 が あ る 。 る 手 取 り と な る 。 住 民 税 は 、 新 卒 新 入 社 員 は 前 年 4 月 は 、 初 め て 給 料 明 細 書 を も ら う 新 入 社 員 も い れ ば 、 転 動 ・ の 収 入 が な い た め ゼ ロ で 、 2 年 目 ち な み に 、 1 ナ ス 〇 カ 月 分 」 出 向 ・ 昇 進 な ど で 給 料 明 細 書 の 中 身 が 変 わ る 人 も 多 い 。 新 人 も べ テ ラ ン も 、 こ れ を 機 に 給 料 明 細 書 の 基 本 を 押 さ え よ う 。 と い う 場 合 に は 、 総 支 給 額 で も 差 も 1 年 目 の 45 肥 月 の 9 カ 月 分 の 引 支 給 額 で も な く 、 基 本 給 >< 月 数 収 入 に 対 し て 課 税 さ れ る た め 半 分 料 明 細 書 な ん て 、 じ っ く ま ず 勤 怠 は 、 自 分 が 働 い た 労 働 と い う 意 味 な の で 注 意 し よ う 。 程 度 で 済 む が 、 入 社 3 年 目 か ら は り 読 ま な い で す ね 。 毎 月 日 数 、 給 料 を も ら っ て 休 め る 有 給 三 つ 目 の 控 除 は 、 国 や 自 治 体 に 丸 1 年 分 の 収 入 に 課 税 さ れ る 。 1 ー 眺 め て も 、 給 料 は 増 え ま 休 暇 日 数 、 法 定 時 間 外 に 残 業 し た 支 払 う お 金 だ 。 年 目 よ り も 手 取 り が 減 っ て し ま う せ ん か ら 」 超 勤 時 間 な ど 、 労 働 基 準 法 で 決 め 左 ペ 1 ジ 図 の 控 除 の 中 で 金 額 が 可 能 性 も あ る た め 、 注 意 が 必 要 だ 。 特 集 の 取 材 で 、 こ ん な 趣 旨 の 発 ら れ た 労 働 時 間 が 記 さ れ て い る 。 最 も 大 き い の は ③ 社 会 保 険 料 の 合 一 一 一 一 口 を す る 人 が 散 見 さ れ た 。 確 か に 、 次 に 支 給 は 、 会 社 か ら も ら う お 計 だ 。 病 気 や け が の 際 に 自 己 負 担 給 料 明 細 書 を 知 れ ば 眺 め て い る だ け で は 給 料 は 増 え な 金 の こ と 。 基 本 賃 金 で あ る 基 本 給 、 が 減 っ た り 給 付 金 や 手 当 が 受 け ら 給 料 が 増 え な く て も 項 目 と そ の 中 身 を し つ か り 理 役 職 に 応 じ て も ら え る 役 職 手 当 、 れ た り す る 健 康 保 険 、 老 後 の 備 え 収 入 を 増 や せ る 解 し 、 行 動 を 起 こ す 必 要 が あ る 。 就 業 規 則 で 定 め ら れ た 資 格 を 得 る と な る 厚 生 年 金 、 失 業 時 の 給 付 な そ こ で 、 給 料 明 細 書 の 読 み 方 の と も ら え る 資 格 手 当 、 基 本 給 と 労 ど に 使 わ れ る 雇 用 保 険 、 歳 か ら 給 料 明 細 書 を も ら っ た と き に 真 基 本 と 三 つ の ポ イ ン ト に つ い て 、 働 日 数 と 超 勤 時 間 に 応 じ て 決 ま る 支 払 い が 始 ま る 介 護 保 険 の 合 計 と っ 先 に 目 が 行 く の は 、 手 取 り で あ 左 ペ 1 ジ 図 の 通 り 整 理 し て み た 。 残 業 手 当 、 会 社 が 社 員 の 住 宅 費 用 な っ て い る 。 社 会 保 険 料 は 会 社 と る 差 引 支 給 額 だ ろ う 。 こ の 手 取 り 給 料 明 細 書 は 、 「 勤 怠 」 受 給 」 を 補 助 す る 住 宅 手 当 の ほ か 、 所 得 折 半 し て お り 、 実 際 は 給 料 明 細 書 額 を 決 め る 大 き な 要 素 は 、 社 会 保 除 」 の 3 項 目 で 構 成 さ れ る 。 険 料 と 総 支 給 額 だ 。 税 の か か ら な い 非 課 税 交 通 費 が あ の 金 額 の 倍 が 支 払 わ れ て い る 。 普 段 は ほ と ん ど 気 に も 留 め な い 給 料 明 細 書 。 実 は こ の た っ た 一 枚 の 紙 に 、 重 要 な 秘 密 が 隠 さ れ て い る 。 給 料 明 細 書 を 正 し く 読 み 解 け ば 、 収 入 ア ッ プ も 夢 で は な い 。 社 会 保 険 と 控 除 を 使 い 倒 す 収 入 ア ッ プ の ヒ ン ト が 満 載 A95 ・ 、 6 A6902 、 6902 へ 05 へ 週 刊 ダ イ ヤ モ ン ド 2017 / 04 / 08 62

週刊ダイヤモンド 2017年 4/8 号 [雑誌] (知らないと損する給料の秘密)


集 給 料 の 秘 密 給 料 明 細 書 の 基 本 的 な 読 み 方 残 業 手 当 = ( 基 本 給 十 他 の 手 当 ) + 月 手 当 は 各 企 業 が 独 の 平 均 所 定 労 働 時 間 ( 8 時 間 X20 日 ) 自 に 設 定 す る 。 就 業 平 成 29 年 4 月 分 規 則 を 見 れ ば 分 か る 糸 合 * 斗 明 細 書 XI. 25 ( 平 日 18 ~ 22 時 ) x 超 勤 時 間 部 門 名 氏 名 総 務 社 員 NO 出 勤 日 数 有 給 休 暇 日 数 慶 弔 休 暇 日 数 20 遅 刻 回 数 早 退 回 数 超 勤 時 間 住 宅 手 当 5,000 特 総 支 給 額 と 社 会 保 険 料 で 手 取 り が 決 ま る い わ ゆ る “ 手 取 り " で サ ラ リ ー マ ン の 生 命 線 大 屋 門 戸 殿 差 引 支 給 額 270 , 541 非 課 税 交 通 費 16 , 800 2 ① 労 働 日 数 20 勤 怠 欠 勤 日 数 基 本 給 支 260 , 000 残 業 手 当 23 , 047 資 格 手 当 10 , 000 役 職 手 当 20 , 000 社 会 保 険 料 の う ち 、 厚 生 年 金 は 、 保 険 料 率 が 2004 年 9 月 ま で は か め 付 ・ % だ っ た が 、 以 降 は 毎 年 引 ~ 6 料 納 還 な 、 カ 額 4 税 0 + o 言 O 給 で 給 8 き 上 げ ら れ 、 今 年 9 月 に は 絽 . 民 一 8 除 3 ~ の さ 整 支 4 総 3 住 一 巳 控 … 4 月 収 調 、 と % に な る エ 疋 だ 。 年 前 よ り 約 5 6 毎 徴 末 が こ , 線 年 出 ン % 増 え 、 年 収 500 万 円 の 人 な ら 、 れ 多 払 人 一 で で 、 無 は る リ 算 円 増 税 額 は 万 円 。 会 社 と 折 半 の た ラ 概 き 万 旦 額 取 サ ら 過 4 成 控 め 、 半 分 の 万 5000 円 が 手 取 た 決 薯 全 手 額 で も 上 ~ 綱 負 だ が 月 り 額 か ら 減 る こ と に な る 。 も の こ れ に 憤 り を 感 じ る 人 も 多 い だ 三 ) の 障 れ 全 目 目 会 の 準 の み ど カ ろ う が 、 社 会 保 険 は い ざ と い う と は ト 除 支 一 一 自 な を き の ク 命 綱 ク に な る 。 病 気 や 失 業 、 実 料 ン 控 は 気 恵 年 ま る ・ 琲 勤 一 料 や 3 3 印 は 保 将 来 寝 た き り に な っ た と き な ど に 給 働 給 険 き ど は 社 さ ま ざ ま な 恩 恵 を 受 け る こ と が で 険 半 社 の 支 労 本 保 な 税 入 負 っ 怠 創 訂 保 折 を ス 会 毖 民 第 き る か ら だ 。 徹 底 的 に 活 用 す る た 会 と 額 一 三 一 動 勤 社 失 っ 住 新 ら 社 社 倍 ケ き め の 知 識 を 身 に 付 け て 、 少 し で も の べ 人 く 兀 を 取 る 気 構 え が 大 事 だ ろ う 。 お 手 取 り 額 を 決 め る も つ 一 つ の 要 間 ど 費 税 標 以 金 介 ~ で る 一 か る プ 年 瀲 数 き に あ 課 の 歳 さ 週 通 ノ 素 で あ る 総 支 給 額 を 増 や す の は な 非 料 決 押 十 険 が も と か な か 難 し い 。 年 齢 を 重 ね て 定 期 尹 保 ど 説 手 べ 険 る 険 と で 翌 ム 種 会 等 子 昇 給 を 待 っ か 、 キ ャ リ ア ア ッ プ で 解 保 れ 保 額 ジ ~ イ 各 囃 帽 で 各 康 護 金 一 月 タ 十 て 月 婦 = ⅱ 手 当 を 増 や す し か な い か ら だ 。 給 費 酬 主 用 本 通 報 業 従 っ て 次 に 考 え る べ き は 、 あ ら 基 交 準 傅 ゆ る 税 金 控 除 を 駆 使 し た 、 税 負 担 妻 成 ン の 軽 減 だ マ 8 被 歳 リ 次 ペ 1 ジ で は 、 そ ん な 社 会 保 険 準 間 基 給 一 0 生 な 一 一 定 料 収 諷 0 の る ラ 4 の 毎 と 税 金 控 除 を 使 い 倒 し た ら ど の く 0 働 決 社 加 期 療 な 加 支 級 年 て 労 に の 会 を 定 ~ 医 に 護 一 総 等 前 け 未 枷 性 ら い 得 を す る の か 、 年 代 と ラ イ フ 歳 収 男 基 0 を 一 数 額 ~ 険 徴 手 歳 2 日 給 保 税 税 上 が 分 イ ベ ン ト ご と に シ ミ ュ レ 1 シ ョ ン 取 以 者 の の 働 支 一 会 計 得 民 歳 険 住 2 し て み た 。 案 外 、 見 落 と し て い る ぞ 労 総 社 合 所 保 か 在 給 付 金 や 手 当 、 税 金 控 除 な ど が あ 京 東 各 る は ず だ 。 し つ か り 確 認 し て 収 入 週 3 6 を 増 や し て ほ し い 。 3 0 所 得 税 3 , 940 合 6 険 6 保 5 雇 用 保 険 1 ,005 健 康 保 険 ( 健 保 ) 健 康 保 険 ( 介 護 ) 厚 生 年 金 2 , 805 30 , 909 控 16 , 847 除 ① ② 一 3 ④

週刊ダイヤモンド 2017年 4/8 号 [雑誌] (知らないと損する給料の秘密)


Special Feature 見 落 と し を な く し て 手 取 り を 増 や そ う 給 料 明 細 書 チ ェ ッ ク 表 給 料 明 細 書 に 間 違 い は あ り ま せ ん か ? 給 料 明 細 書 は き ち ん と 保 管 し て い ま す か ? = ・ 源 泉 徴 収 票 も 一 緒 に 保 管 し て い ま す か ? ど ん な 手 当 が あ る か 就 業 規 則 を 確 認 し て い ま す か ? 4 ~ 6 月 の 残 業 代 が 多 く な り 過 ぎ て い ま せ ん か ? 遠 方 通 動 は 社 会 保 険 料 負 担 が 増 え る の を 知 っ て い ま す か ? 40 歳 か ら 控 除 項 目 が 増 え る こ と を 知 っ て い ま す か ? ふ る さ と 納 税 を し た 人 は 住 民 税 額 を 確 認 し ま し た か ? 健 康 保 険 料 の 支 払 い に よ る 思 恵 を 理 解 し て い ま す か ? 6 ア ン ン お メ い い の か 。 上 の チ ェ ッ ク 表 を 参 照 6 ナ ン 級 ン の け く 担 当 者 が 間 違 え る こ と も ! し な が ら 見 て い こ 、 つ 。 一 フ 1 ラ 代 か 多 中 / プ 寺 つ 。 言 / そ も そ も 明 細 書 に 間 違 い は な い 、 ) や ・ 第 き 始 あ ル 独 を 開 報 / 損 し な い た め の 自 己 防 衛 法 と 思 い 込 ん で い る 人 は い な い だ ろ ン ャ 。 入 を 情 ち シ 社 購 強 で 、 つ か 。 明 細 書 は 経 理 担 当 者 が 作 成 う ン ハ 月 ン 勉 ア 給 料 明 細 書 を 眺 め る こ と で 何 が 分 か る の か 。 損 を し な い た め に ア ろ ナ 技 ョ の イ ン モ す る が 、 相 手 も 人 間 だ か ら た ま に 風 フ ・ ふ イ グ シ 金 、 デ 何 に 気 を 付 け れ ば よ い の か 。 フ ァ イ ナ ン シ ャ ル プ ラ ン ナ ー の 風 ャ ダ 呂 内 亜 矢 氏 の 協 力 を 得 て 、 チ ェ ッ ク 表 を 作 成 し た 。 ミ ス も 起 こ る 。 残 業 時 間 の 不 足 や 資 格 手 当 の 付 け 忘 れ な ど が あ れ ば 、 越 す と 、 か え っ て 社 会 保 険 料 が 上 週 社 員 な ら 毎 月 も ら 、 つ 給 料 の は 、 お 金 の 問 題 に 詳 し い フ ァ イ 手 取 り が 減 っ て し ま う 。 が る 可 能 性 も あ る の だ 。 明 細 書 。 何 げ な く 読 み 流 ナ ン シ ャ ル プ ラ ン ナ 1 の 風 呂 内 亜 ま た 、 明 細 書 は 2 年 間 保 存 し て ま た 、 健 康 保 険 料 の 支 払 い で 受 し 、 す ぐ に ご み 箱 に 捨 て 矢 氏 だ 。 萌 細 書 に は 、 自 分 が 支 払 前 年 同 月 と 比 較 し 、 総 支 給 額 と 手 け ら れ る 恩 恵 を 理 解 し て い る だ ろ る 。 そ ん な 人 は 経 済 的 に 損 を し て う お 金 の 情 報 も あ る 。 自 ら 稼 い だ 取 り の 増 減 を 見 よ う 。 仮 に 手 取 り う か 。 ハ ー で 説 明 し た 通 り 、 い る か も し れ な い 。 お 金 の 使 い 道 く ら い は 、 き ち ん と が 減 っ て い れ ば 、 社 会 保 険 料 が 上 健 康 保 険 で 受 け ら れ る 給 付 金 や 手 示 要 な の は 、 明 細 書 の 中 身 に き 知 っ て お く べ き 」 。 が っ た の か 、 手 当 等 に ミ ス か な い 当 も あ る 。 加 入 し て い る 民 間 保 険 ち ん と 目 を 通 す こ と 」 。 こ う 話 す で は 、 ど ん な 点 に 気 を 付 け れ ば か 把 握 し て お き た い 。 年 末 に 会 社 の 保 障 内 容 と 重 複 し て い な い か 、 か ら も ら え る 源 泉 徴 収 票 と 明 細 書 チ ェ ッ ク し て 無 駄 を 省 こ う 。 の 金 額 が 一 致 し て い る か も 確 認 し 、 会 保 険 料 の 天 引 き は 腹 が 立 っ だ ろ 、 つ が 、 困 っ た と き を 支 え て く 漏 れ か な い よ 、 つ に し よ 、 つ 。 手 取 り を 増 や す た め に も 、 ど ん れ る お 金 だ と 理 解 す れ ば 気 持 ち も な 手 当 が あ る の か 、 就 業 規 則 を よ 和 ら ぐ の で は な い か 」 ( 風 呂 内 氏 ) く 読 ん で し つ か り 活 用 し た い 。 最 後 に 、 控 除 に つ い て 見 て み よ 次 に 、 社 会 保 険 に つ い て 見 て み う 。 最 近 、 返 礼 の 名 産 品 目 当 て に よ う 。 456 月 は 年 度 初 め で 何 か ふ る さ と 納 税 を す る 人 も 増 え た が 、 と 忙 し く な り が ち だ が 、 こ こ で 残 幾 ら 住 民 税 が 控 除 さ れ た か 前 年 と 業 代 が 増 え る と 社 会 保 険 料 が 増 え 比 較 し て い る だ ろ 、 つ か 。 そ こ ま で て し ま う 。 こ の 3 カ 月 の 給 料 を 基 し て 初 め て 、 本 当 の あ り が た み を 準 に 社 会 保 険 料 を 算 出 す る か ら だ 。 実 感 で き る の だ 。 不 必 要 な 残 業 は 控 え た い 。 歳 か ら は 介 護 保 険 料 の 支 払 い 関 東 圏 で は 遠 方 か ら 通 勤 す る 人 が 始 ま る 。 手 取 り が 確 実 に 減 る 前 も い る が 、 実 は 交 通 費 も 社 会 保 険 提 で 家 計 を 考 え る 必 要 が あ る 。 料 を 算 出 す る 基 と な る 3 カ 月 分 の 自 分 の お 金 と 向 き 合 う た め に 、 給 料 に さ れ る 。 家 賃 が 下 が る ま す は 明 細 書 に 毎 月 し つ か り と 目 か ら と 交 通 費 の 掛 か る 場 所 に 引 っ を 通 す こ と か ら 始 め て み よ う 。 い 。 残 業 時 間 や 資 格 手 当 な ど の 計 算 ミ ス や 漏 れ に 注 意 前 年 と 比 較 す る た め に 2 年 分 を フ ァ イ ル し て 保 存 【 下 ' 給 料 明 細 書 と 年 末 調 整 の 金 額 が 合 っ て い る か 確 認 ー 給 料 が 増 え る 諸 手 当 の 申 請 を 見 落 と さ な い よ う 注 意 下 こ の 3 カ 月 分 の 給 料 が 多 い と 社 会 保 険 料 が 増 加 【 交 通 費 は 社 会 保 険 料 の 計 算 に 加 算 340 歳 に な る と 介 護 保 険 料 の 支 払 い が 開 始 【 前 年 と 比 較 し て 幾 ら 控 除 さ れ た か 確 認 [ 加 入 済 み の 民 間 保 険 の 保 障 が 国 の 社 会 保 障 と 重 な る 可 能 性 。 ロ ロ 己

週刊ダイヤモンド 2017年 4/8 号 [雑誌] (知らないと損する給料の秘密)


Part Part 知 ら な い と 知 り た い の に 聞 け な い 。 そ ん な 他 人 の 給 料 に つ い て 、 本 誌 が 徹 底 調 査 し た 。 業 種 社 の リ ア ル な 年 収 格 差 や 国 際 比 較 、 代 か ら 激 変 す る 給 料 と 仕 事 の 実 態 、 給 料 も ら い 過 ぎ 企 業 ラ ン キ ン グ な ど 、 今 の う ち に 知 っ て お か な い と 損 す る 給 料 に ま つ わ る 秘 密 を 、 余 す と こ ろ な く 公 開 す る 。 本 誌 ・ 小 島 健 志 、 重 石 岳 史 、 前 田 剛 / 本 誌 委 嘱 記 者 ・ 大 根 田 康 介 新 人 も ペ テ ラ ン も 必 読 ー 4 給 料 明 細 書 の 秘 密 国 上 昜 企 業 1987 社 も ら い 過 ぎ も っ と も ら え る 5 企 業 一 フ ン キ ン グ 国 iStock/gettyimages SpeciaI Featu re 0 , 0 29 週 刊 ダ イ ヤ モ ン ド 2017 / 04 / 08

週刊ダイヤモンド 2017年 4/8 号 [雑誌] (知らないと損する給料の秘密)


企 業 ラ ン キ ン グ 。 Part SpeciaI Feature 上 場 企 業 1987 社 東 証 1 部 上 場 企 業 を 対 象 に 、 理 論 年 収 と 推 計 年 収 の 乖 離 率 で 並 べ た 「 給 料 も ら い 過 ぎ 」 ラ ン キ ン グ な ど : 独 自 の 情 報 を お 届 け す る 。 を も ら い 過 ぎ も っ と も ら え る 7 ⑥ 123RF 度 末 は 異 動 の 季 節 。 昇 進 ~ 率 企 企 て 厚 情 企 乗 よ い ー し し 1 減 の や 転 勤 ・ 出 向 、 も し く は る 成 に 造 デ も 率 て し 茴 公 分 方 作 う 製 モ 応 」 蕉 離 し 出 転 職 な ど で 給 料 が 変 わ る 0 の 未 見 そ 人 用 懿 、 → の 乖 人 移 と 0 カ 幵 人 も 多 い だ ろ う 。 き っ と 他 人 の 財 を 一 去 の し 0 0 社 約 る の で 較 1 も 1 会 契 い 布 の 中 身 が 気 に な っ て い る に 違 い 方 ま 比 数 る し し 数 朱 、 て 月 の 較 賃 業 に 、 多 な 後 こ 員 新 員 オ た し 成 欠 比 8 の や 計 直 業 最 ご の に 也 き 作 ク を 従 間 基 例 大 ク れ よ 本 誌 で は 、 東 証 1 部 上 場 企 業 1 の ッ 離 収 従 収 体 銘 グ 6 シ 年 単 987 社 を 対 象 に 、 2016 年 1 叨 各 年 み 本 ド 度 年 収 体 た 略 ン ン た 、 。 の 惲 以 ビ た 資 へ 不 璢 論 除 な キ 月 期 の 有 価 証 券 報 告 書 で 公 開 プ ん +6 し ・ 日 一 さ 与 た 0 一 め 己 た ど ど 理 ン ゞ ほ ど た 業 多 明 腓 な サ 求 自 め さ れ て い る 平 均 年 収 デ 1 タ を 集 計 ラ グ る 企 か が い の ス 差 年 引 険 収 模 盞 業 腓 で し た 。 、 こ ) ( 立 ロ 企 象 書 整 、 癶 ケ と 社 均 ば 語 呆 惲 寸 告 調 ン た だ が 、 こ の デ ー タ は 平 均 年 齢 が 、 幸 齢 ナ な 鰤 本 秘 推 資 論 櫺 値 化 味 」 「 態 っ 券 年 刀 企 業 に よ っ て ば ら ば ら で 、 横 並 び さ 年 基 金 て 数 理 歳 た 、 業 加 れ 実 LL. で 比 較 で き な い 。 平 均 年 齢 が 上 が た 場 で 9 金 」 に 従 収 学 以 合 年 れ ば 一 般 的 に 給 料 も 上 が る か ら だ 。 っ 企 較 学 除 ル 象 比 ン に デ カ そ こ で 、 厚 生 労 働 省 の 「 賃 金 構 ュ ッ を 一 フ 求 ル 、 馬 数 リ が 開 上 造 基 本 統 計 調 査 」 を 基 に 、 8 業 種 期 炙 剛 0 て も し / 」 収 公 が 「 じ 月 よ は お 象 価 公 生 報 作 企 業 値 4 つ 「 な ま 料 上 1 に 業 対 有 の 賃 金 カ 1 プ を 求 め 、 そ れ を 当 て 経 飛 順 業 れ 年 は め て 各 社 の 歳 時 点 推 計 年 収 を 求 め た ( 下 図 参 照 ) 。 た だ 、 持 ち 株 会 社 化 し て い る 企 か ら 「 給 料 も ら い 過 ぎ / も っ と も 収 と 理 論 年 収 、 そ れ ら の 乖 離 率 な 業 は 、 事 業 会 社 よ り も 年 収 が 高 く ら え る 企 業 ラ ン キ ン グ 」 を 作 成 し ど を 比 較 し た 。 出 る 傾 向 が あ る 。 持 ち 株 会 社 に は 自 動 車 で は や は り ト ヨ タ 自 動 車 た ( ハ ー 参 照 ) 。 他 所 で は 見 ら れ 給 料 の 比 較 的 高 い 管 理 職 や 企 画 畑 な い 本 誌 独 自 の 情 報 な の で 、 じ っ が 高 給 取 り だ っ た 。 乖 離 率 が 大 き の 社 員 が 集 ま る か ら だ 。 そ の 影 響 く り 見 て ほ し い 。 か っ た の は ホ ン ダ で 、 歳 推 計 年 を 少 な く す る た め 、 従 業 員 数 10 ま た 、 リ 1 マ ン シ ョ ッ ク 前 後 の 収 は 理 論 年 収 よ り Ⅱ ・ 5 % 低 く 、 0 人 未 満 の 企 業 は ラ ン キ ン グ か ら 年 15 月 期 と 年 と の 比 較 を 「 も っ と も ら え る 」 と み る こ と が 除 外 し て い る 行 い 、 給 料 が 上 が っ た 企 業 と 下 が で き る 。 四 つ の 業 種 の 中 で い ち ば 今 回 の ラ ン キ ン グ で は 、 統 計 専 っ た 企 業 を ラ ン キ ン グ し た ( ハ ハ ー ん 「 も ら い 過 ぎ 」 の 業 界 は 商 社 だ 。 各 社 と も 推 計 年 収 が 理 論 年 収 よ り 門 調 査 会 社 の 助 言 を 受 け 、 企 業 規 参 照 ) 。 % 超 高 い 。 う ら や ま し い 限 り だ 。 模 や 業 態 、 業 績 な ど か ら 給 料 の 適 左 ペ 1 ジ に ま と め た の は 、 自 動 正 水 準 と し て 祠 歳 理 論 年 収 」 を 車 、 通 信 、 商 社 、 銀 行 の 主 要 企 業 次 ペ 1 ジ 以 降 、 給 料 ラ ン キ ン グ を 算 出 。 そ の 値 と 推 計 年 収 の 乖 離 率 社 の 給 料 デ 1 タ だ 。 歳 推 計 年 さ ら に 詳 し く 見 て い こ う 。 給 料 も ら い 過 ぎ / も っ と も ら え る 企 業 ラ ン キ ン グ の 作 成 方 法 と 見 方 ② 3 週 刊 ダ イ ヤ モ ン ド 2017 / 04 / 08 68

週刊ダイヤモンド 2017年 4/8 号 [雑誌] (知らないと損する給料の秘密)


集 給 料 の 秘 密 特 世 界 で も 特 殊 な 日 本 の 職 能 給 制 度 米 国 日 米 欧 の 給 料 制 度 の 違 い 0 で を る の 、 続 の ラ 業 職 務 給 職 能 給 職 務 給 そ け は ン 種 個 人 の 職 務 遂 行 能 力 で 決 ま 仕 事 の 役 割 の 大 き さ で 決 ま る 。 れ て 米 キ ・ る 。 仕 事 の 職 務 が 何 か は あ ま 務 ご と に 給 料 が 決 ま っ て い る 異 な る 職 務 で も 役 割 の 大 き さ が お 国 ン り 関 係 が な い が 同 じ で あ れ ば 同 じ 給 料 と な る 、 。 で を 仕 事 基 準 の 給 料 体 系 人 基 準 の 給 料 体 系 同 一 労 働 同 一 賃 金 に 企 経 ト 問 同 一 価 値 労 働 同 一 賃 金 料 も 業 済 ッ わ の 反 の が プ ず 映 業 順 に め ・ 能 力 向 上 へ の 努 力 や 勤 続 年 ・ 仕 事 の 職 務 に 応 じ た 給 料 が 支 ー ・ 仕 事 の 役 割 の 大 き さ に 応 じ た さ 績 調 な ほ 払 わ れ る の で 合 理 的 給 料 が 支 払 わ れ る の で 合 理 的 方 数 が 処 遇 の 向 上 に つ な が り 、 れ も に つ と ・ 年 齢 等 を 問 わ ず 、 役 割 の 大 き さ ・ 年 齢 等 を 問 わ ず 、 職 務 の マ ー 長 期 継 続 雇 用 が 定 着 す る の マ ー ケ ッ ト 水 準 で 給 料 を 決 め て 好 成 て ん 典 ・ 年 功 序 列 賃 金 に な り や す く 、 ケ ッ ト 水 準 で 給 料 を 決 め る の い 調 長 い ど 型 個 人 に と っ て は 安 心 感 が あ る で 、 重 要 な 役 割 を 担 い 得 る 優 る の で 、 重 要 な 役 割 を 担 い 得 る 秀 な 人 材 を 採 用 し や す い 優 秀 な 人 材 を 採 用 し や す い ・ 仕 事 の 職 務 が 上 が ら な い と 給 ・ 仕 事 の 役 割 の 大 き さ が 上 が ら る な い と 給 料 が 上 が ら な い 料 が 上 が ら な い の 斗 ら ・ 役 割 の 大 き さ を 決 め る 基 準 、 比 は だ ノ ウ ハ ウ が 必 要 押 率 業 し が 績 後 - 基 本 給 上 高 に 述 ・ ポ ー ナ ス げ い 連 す る た 動 る 結 め す よ 果 、 る う と 直 ボ に な 近 1 つ の ナ 米 て 給 ス 国 国 ・ 地 域 メ リ ッ ト メ リ ッ ト 仕 事 の 職 務 で 決 ま る 。 仕 事 の 職 仕 事 基 準 の 給 料 体 系 メ リ ッ ト デ メ リ ッ ト ・ 給 料 の 引 き 下 げ が 難 し い ・ 年 功 序 列 賃 金 に な り や す く 、 不 公 平 感 が 生 ま れ や す い 本 日 日 本 は 基 本 給 の 比 率 が 高 い 30 % 70 % 給 料 の 払 い 方 〈 典 型 例 〉 米 国 米 国 は ポ ー ナ ス の 比 率 が 高 い 64 % 36 % 英 国 考 え が 根 底 に あ る か ら だ 。 こ れ が 日 本 の 年 功 序 列 賃 金 の 土 台 と な っ 職 能 給 を 採 用 す る て い る 日 本 の 給 料 制 度 世 界 の 中 で は 特 殊 一 方 、 米 国 や 欧 州 で は 「 職 務 給 」 が 採 用 さ れ て お り 、 こ ち ら が 日 本 の 給 料 が 伸 世 界 の 主 流 だ 。 職 務 給 は 、 仕 事 の び 悩 ん で い る も っ 職 務 や 役 割 の 大 き さ で 給 料 が 決 ま の ヤ 一 つ の 理 由 と し て 、 る 。 職 能 給 の よ う な 年 功 序 列 で は な く 、 職 務 や 役 割 の 大 き さ に 応 じ 脚 ← 給 料 制 度 の 違 い が る マ あ る 。 た 給 料 が 支 払 わ れ る の で 、 合 理 的 も 一 尸 日 本 の 給 料 制 度 で 公 平 感 も あ る 。 事 職 務 給 を 採 用 す る 米 国 や 欧 州 で は 、 世 界 の 中 で も 防 位 は 職 務 や 役 割 の 大 き さ ご と に 給 料 し 中 非 常 に 特 殊 だ と い 払 の 2 業 わ れ て い る 。 最 大 が 決 ま っ て お り 、 給 料 の マ ー ケ ッ 以 れ 寸 の 特 徴 は 「 職 能 ト が 形 成 さ れ て い る 。 日 本 と 違 っ そ 文 各 給 」 と い う 給 料 の て 労 働 市 場 が 流 動 化 し て い る た め 、 職 決 め 方 だ 。 こ れ は 例 え ば 、 あ る 会 社 の 財 務 部 長 の 給 的 度 務 年 個 人 の 職 務 遂 行 能 料 は 、 そ の と き の 労 働 市 場 の 需 給 バ ラ ン ス に よ っ て 高 く な っ た り 安 て 力 に よ っ て 給 料 が く な っ た り す る 地 成 決 ま る 仕 組 み で 、 酬 仕 事 の 職 務 が 何 で 一 方 、 労 働 市 場 が 流 動 性 に 乏 し れ ぞ 。 あ る か と い 、 つ こ と く 給 料 マ 1 ケ ッ ト が 存 在 し な い 日 れ u-l は あ ま り 関 係 が な 本 で は 、 給 料 が 固 定 化 し や す く 、 業 て 企 人 手 不 足 で 需 給 が 逼 迫 し て も 上 が い ( 上 図 参 照 ) 。 ル 位 り に く く な る 。 ま た 、 米 国 や 欧 州 個 人 の 能 力 で 給 紹 額 比 料 が 決 ま る 職 能 給 に 比 べ て 給 料 に 占 め る ポ ー ナ ス の 例 時 は 一 見 、 公 平 な 制 比 率 が 低 い た め 、 業 績 ア ッ プ 分 が 事 国 な 各 的 た 度 の よ う だ が 、 実 給 料 に 反 映 さ れ に く い 面 も あ る 型 し た だ 、 日 本 の 給 料 が 伸 び 悩 ん で 間 際 に は 勤 続 年 数 が 中 ナ を は の 報 べ 1 ス に な っ て い い る の な ら 、 同 じ 業 種 ・ 職 種 で 日 ぞ こ 情 ダ 英 印 る 。 「 長 く 勤 め る ほ 本 よ り 給 料 が 高 い 海 外 で 働 く と い 刊 ど 人 の 能 力 は 上 が う 選 択 肢 も あ る 。 次 ペ ー ジ 以 降 の 週 各 方 7 ラ ン キ ン グ を 参 考 に し て ほ し い 。 4 っ て い く 」 と い 、 つ 43 % 第

週刊ダイヤモンド 2017年 4/8 号 [雑誌] (知らないと損する給料の秘密)


黜 料 事 残 給 仕 Special Feature 製 造 業 は 軒 並 み 減 少 ProIogue 業 種 別 年 収 の 前 年 比 増 減 額 ( 万 円 ) 60 3300 人 調 査 で 判 明 ! △ 10 △ 20 △ 29 △ イ 0 。 。 ほ ほ 満 足 △ 60 消 費 財 広 告 機 械 不 動 産 ・ 建 築 る 聰 マ ス コ ミ し 均 コ ン サ ル テ ィ ン グ 医 療 金 融 ソ フ ト ・ イ ン タ ー ネ ッ ト そ の 他 化 学 流 通 ・ 小 売 り そ の 他 メ ー カ ー 電 機 サ ー ビ ス 電 子 鉄 鋼 ・ 素 材 △ 80 0 円 上 」 8 圓 5 万 以 5 刪 9 側 5 5 刪 5 刪 側 5 圓 論 0 ・ 、 ′ 0 圓 5 5 5 5 圓 円 満 1 万 未 ビ ジ ネ ス パ ー ソ ン の 年 収 分 布 834 万 円 ( 人 ) 50 400 350 300 250 374 半 数 近 く が 不 満 を 感 じ て い る 322 256 253 満 不 》 28.0 % 給 料 へ の 満 足 度 218 207 % 150 .3 % や や 不 満 17.8 % ど ち ら と も い え な い 不 多 い 在 の 給 料 に 不 満 を 感 じ て い る 人 は % ー ー ー 。 本 誌 読 者 と ビ ズ リ ー チ へ の 登 録 者 を 対 象 と し た 「 ビ ジ ネ ス パ ソ ン 3300 人 給 料 ア ン ケ 1 ト 」 で 、 ビ ジ ネ ス パ ー ソ ン の 赤 裸 々 な ぞ ダ 給 料 実 態 が 明 ら か に な っ た 。 回 答 者 の 平 均 年 収 は 834 万 円 と 高 め だ っ た が 、 前 年 よ り 1 ・ 5 % ダ ウ ン 。 業 種 ご と に 見 る と 、 鉄 鋼 ・ 素 材 、 電 子 、 電 機 な ど 製 造 業 の 減 少 幅 が 大 き い 。 全 業 種 計 で は 万 円 も 減 っ て い る 。 そ の 結 果 、 冒 頭 の よ 、 つ に 給 料 に 不 満 を 持 つ 人 が 増 え て い る の だ ( 上 図 参 照 ) 。 年 収 の 額 だ け で な く 、 決 め 方 に 不 満 を 持 つ 人 も 多 い 。 「 昔 は 部 門 ご と の 業 績 で ポ ー ナ ス が 決 ま っ た が 、 今 は 会 社 全 体 の 業 績 で 決 ま る 。 自 部 門 は 良 か っ た が 、 他 部 門 に 足 を 引 っ 張 ら れ た 」 ( 大 手 商 社 社 員 ) 。 「 ポ 1 ナ ス や 昇 給 は 会 社 全 体 の 予 算 が 決 ま っ て い て 、 そ れ を 各 部 が 取 り 合 う 。 個 人 の 成 果 よ り 部 長 の 腕 力 で わ れ わ れ の 給 料 が 決 ま る の は で き な い 」 ( ネ ッ ト 企 業 社 員 ) 年 収 が 減 少 す る 一 方 、 残 業 時 間 は ど 、 つ 変 化 し て い る の か 。

週刊ダイヤモンド 2017年 4/8 号 [雑誌] (知らないと損する給料の秘密)


集 給 料 の 秘 密 特 申 請 時 の 注 意 点 に つ い て 、 元 労 ウ ド の 勤 怠 シ ス テ ム で サ 1 働 基 準 監 督 官 で 社 労 士 の 原 論 氏 は 、 し か 記 録 が な い こ と も あ る 。 ス ク 「 月 160 時 間 超 の 時 間 外 労 働 な リ 1 ン シ ョ ッ ト で 証 拠 を 残 し て お く と よ い 」 ( 社 労 士 の 佐 藤 広 一 氏 ) 。 ら 靈 』 だ が 、 月 100 時 間 だ け で は 『 中 』 。 役 所 も 基 本 的 に 不 支 労 災 に よ る 労 働 者 へ の 徠 業 補 給 決 定 は し た く な い と 考 え て お り 、 償 給 付 」 や 遺 族 へ の 「 遺 族 年 金 」 要 件 を 満 た す 材 料 さ え 集 め ら れ れ は 、 国 に 納 め る 「 労 災 保 険 料 」 で ば 認 定 さ れ る 」 と 話 す 。 賄 わ れ る 。 だ が 、 実 は こ れ は 会 社 人 の 弁 護 士 が 、 あ る 社 会 例 え ば 、 前 出 の 百 腹 で 売 り 上 の 全 額 負 担 で 給 料 明 細 書 に は 一 切 害 や そ れ に よ る 自 殺 が 労 災 だ と 、 げ 補 瞋 」 と い っ た パ ワ ハ ラ の 事 実 載 ら ず 、 労 働 者 本 人 も 家 族 も 、 普 保 険 労 務 士 の 元 を 訪 れ た 。 弁 護 士 や 社 労 士 さ え も 知 ら な い と 「 う つ 病 で 自 殺 し た ア パ は 驚 い た 。 申 請 漏 れ が 多 い の で は な ど が 補 強 材 料 に な る 。 上 司 と の 段 か ら 意 識 す る こ と が 少 な い 。 レ ル の 店 長 の 遺 族 が 、 ど ん な 手 続 な い か 」 と た め 息 を 漏 ら す 。 会 話 の 録 音 な ど 、 と に か く 記 録 を 問 題 発 生 後 の 対 応 で は 遅 い 。 こ う し た 認 定 基 準 を 知 り 、 証 拠 集 め き を す れ ば い い か 相 談 に 来 た 。 残 厚 生 労 働 省 は 1999 年 か ら 業 残 し て お き た い 。 残 業 時 間 は タ イ 業 時 間 は 直 近 3 カ 月 で 月 100 時 務 上 の 精 神 障 害 の 労 災 認 定 を 始 め ム カ 1 ド の 記 録 が 使 え る が 、 「 ク ラ と 申 請 を 忘 れ な い よ う に し よ う 。 間 超 。 し か も 、 店 の 売 り 上 げ が 悪 た 。 か っ て は 長 時 間 労 働 と 精 神 障 く て 借 金 し て ま で 補 瞋 し 、 う つ 病 害 の 因 果 関 係 の 立 証 は 難 し か っ た に な っ た 。 こ れ は 労 働 災 害 に な る が 、 関 係 が 深 い と の デ ー タ か 集 ま の か 」 。 り 、 国 の 基 準 が 画 期 的 に 変 化 。 2 弁 護 士 の 問 い に 対 し 、 社 労 士 は 011 年 月 に 新 基 準 が で き た 。 こ う 答 え た 。 そ こ で は 、 ① 定 基 準 の 対 象 百 殺 で も 、 長 時 間 労 働 に 加 え て と な る 精 神 障 害 を 発 病 」 し 、 ② 強 い 心 理 的 負 荷 、 ス ト レ ス が あ る 「 発 病 前 6 カ 月 間 に 業 務 に よ る 強 か ら 、 十 分 に 労 災 認 定 さ れ る 」 い 心 理 的 負 荷 が 認 め ら れ る 」 こ と 、 昨 年 、 大 手 広 告 代 理 店 の 女 性 社 ③ 「 業 務 以 外 の 心 理 的 負 荷 な ど で 員 が う つ 病 で 自 殺 し た の を き っ か 発 病 し た と 認 め ら れ な い 」 こ と が 、 け に 、 業 務 上 の 精 神 障 害 に よ る 自 認 定 要 件 に 明 記 さ れ た 。 そ の 上 で 、 殺 = 労 災 と い う 話 が 広 ま っ た 。 そ 心 理 的 負 荷 の 強 度 を 出 ご と に れ で こ の 弁 護 士 も 複 数 の 社 労 士 に 「 強 」 「 中 」 「 弱 」 で 分 け る 評 価 表 を 相 談 し た が 、 ロ を そ ろ え て 「 無 理 作 成 。 「 強 」 な ら ② を 満 た し 、 「 中 」 だ 」 と 返 答 さ れ た ら し い な ら 別 の 「 中 」 の 材 料 と 合 わ せ 技 こ の 社 労 士 は 「 業 務 上 の 精 神 障 で 「 強 」 に す る 必 要 が あ る 。 近 年 、 仕 事 で の 心 理 的 負 荷 に 起 因 す る 労 働 災 害 が 後 を 絶 た な い 。 一 方 で 、 精 神 障 害 が 労 災 に な る と 知 ら ず 、 申 請 を 見 落 と し て い る 人 も 多 い と み ら れ る 。 認 定 条 件 と 申 請 方 法 に つ い て 解 説 す る 。 Column 仕 事 の 強 い ス ト レ ス に よ る 精 神 障 害 は 労 災 認 定 で き る 弁 護 士 も 知 ら な か っ た 認 定 基 準 Q. 鳶 精 神 障 害 は 労 災 認 定 さ れ る か ? 精 神 障 害 の 労 災 認 定 の ポ イ ン ト ア バ レ ル 店 長 が 自 殺 し た 。 残 業 時 間 は 直 近 3 カ 月 で 月 1 OO 時 間 超 、 し か も お 店 の 売 り 上 げ が 悪 く て 自 分 で 補 境 し て い た け ど 、 労 災 に な る ? 労 働 基 準 を 超 え た 残 業 時 間 に 加 え て 強 い 心 理 的 負 荷 が か か っ て ま す か ら 、 十 分 に 労 災 認 定 さ れ ま す よ 。 遺 族 も 申 請 で き ま す 。 弁 護 士 Q 労 災 認 定 さ れ る 要 件 は ? 発 病 す る 前 6 カ 月 の 間 に 、 業 務 に よ る 強 い 心 理 的 負 荷 で う つ 病 な ど 精 神 障 害 を 発 病 す る と 労 災 認 定 さ れ る 。 月 1 00 時 間 を 超 え る 残 業 も 、 心 理 的 負 荷 の 強 度 を 測 る 要 素 と し て 勘 案 さ れ る 。 Q. ど こ に 申 請 す れ ば い い ? 労 働 者 が 業 務 で 精 神 障 害 者 に な る 、 ま た は 死 亡 し た 場 合 に 、 被 災 労 働 者 や 遺 族 が 労 働 基 準 監 督 署 に 申 請 し 、 認 定 さ れ る と 労 災 保 険 か ら 必 要 な 給 付 が 行 わ れ る 。 労 災 保 険 料 は 会 社 の 全 額 負 担 で 給 料 明 細 書 に 載 ら な い の で 、 忘 れ な い よ う に 申 請 し よ う 。 67 週 刊 ダ イ ヤ モ ン ド 2017 / 04 / 08

週刊ダイヤモンド 2017年 4/8 号 [雑誌] (知らないと損する給料の秘密)


特 集 給 料 の 秘 密 一 高 給 だ が 社 内 格 差 の 現 実 も 一 一 、 1 工 0 み す ほ 銀 行 ・ 、 4 い 、 一 り 。 三 菱 東 京 DI-LO 銀 行 高 い 「 年 収 2000 万 円 を 超 え た 時 期 も あ っ た が 、 同 年 代 の 別 の 課 長 は 1300 万 円 程 度 だ っ た 。 同 じ 課 長 職 で も ポ ス ト に よ っ て 年 収 が か な り 違 う 」 RESONA 東 京 海 上 日 動 火 災 保 険 1520 万 円 ↓ 50 代 ・ 男 性 課 長 ・ ほ ぼ 満 足 三 井 伎 及 銀 行 三 井 住 友 海 上 あ い お い 生 命 保 険 東 京 海 上 日 動 火 災 保 険 Takahisa Suzuki 「 特 定 総 合 職 」 は 総 合 職 と 一 般 職 の 間 に 位 置 す る 。 通 勤 可 能 圏 を 超 え た 転 勤 は 基 本 的 に な く 、 女 性 が 多 い 。 仕 事 内 容 は 総 合 職 と ほ と ん ど 変 わ ら な い が 、 給 料 は 一 般 職 に 近 く 、 30 代 後 半 以 降 も 役 職 に 就 い て い な け れ ば 年 収 は 500 万 ~ 600 万 円 と い う 。 日 本 生 命 保 険 み ず ほ 銀 行 1 170 万 円 40 代 ・ 男 性 課 長 ・ ほ ぼ 満 足 1020 万 円 ↓ 50 代 ・ 男 性 支 社 長 代 理 ・ ほ ぼ 満 足 960 万 円 40 代 ・ 男 性 課 長 ク ラ ス や や 不 満 険 ↓ 命 生 ス ク ッ 保 命 生 浦 万 。 SMBC コ ン シ ュ ー マ ー 預 金 保 険 機 構 フ ァ イ ナ ン ス 831 万 円 40 代 ・ 男 性 ど ち ら と も い え な い 700 万 円 40 代 ・ 女 性 一 般 社 員 380 万 円 20 代 ・ 男 性 一 般 社 員 ・ ほ ぼ 満 足 ま た 仮 に 役 職 が 同 じ で も 、 ポ ス ト に よ っ て 年 収 差 が 大 き い の も 金 融 業 界 の 特 徴 だ 。 三 井 住 友 銀 行 の 代 男 性 は 同 じ グ ル ー プ 長 の 肩 書 で あ っ て も 、 本 部 の 人 事 、 総 務 、 経 営 企 画 の ク 椅 子 は 、 他 よ り ク 値 段 が 高 支 店 で い く ら 努 力 し て ポ ー ナ ス を 増 や し た と し て も 、 基 本 給 が 違 い 過 ぎ る 」 と 話 す 。 保 険 業 界 か ら も 長 時 代 、 同 じ 年 代 の 他 部 署 の 課 長 と 年 収 で 700 万 円 の 差 が あ っ た 」 ( 藜 泉 海 上 日 動 火 災 保 険 の 代 男 性 ) と の 声 が 聞 か れ る 。 円 職 若 手 は ど う か 。 メ ガ バ ン ク は 多 万 性 職 満 0 女 駘 な 0 男 顴 役 く の 新 卒 を 採 用 す る が 、 高 年 収 の ト ッ プ 昇 進 組 に 入 れ る の は 同 期 で 8 定 や そ 0 般 や 5 特 わ ず か だ 。 昇 進 で き な け れ ば 、 鳴 か ず 飛 ば ず の 給 料 水 準 が 続 く 。 そ の た め に モ チ ベ ー シ ョ ン を 維 持 で き ず 、 入 行 し て 数 年 の う ち に 辞 め る 若 手 も 多 い 。 三 井 住 友 銀 行 が 入 行 556 年 目 で 昇 進 で き る 蔀 長 代 理 補 」 の 役 職 を 数 年 前 に つ く っ た よ う に 、 メ ガ バ ン ク は 若 8 手 の つ な ぎ 留 め に 必 死 だ 。 4 だ が 、 マ イ ナ ス 金 利 政 策 で 融 資 事 業 が 先 細 り 、 か っ て の よ う な 高 0 給 取 り で 一 生 安 泰 の イ メ ー ジ は 崩 壊 し つ つ あ る 。 む し ろ 年 収 格 差 が ぞ ダ 大 き く 、 先 行 き も 見 通 せ な い の が 刊 今 の 金 融 業 界 の 現 実 と い え そ う だ 。 週 9 3 「 基 本 給 は 月 30 万 円 弱 程 度 。 メ ガ バ ン ク 勤 務 の 同 期 よ り ポ ー ナ ス が 1 割 ほ ど 少 な い 。 う ち は 40 代 課 長 で 年 収 800 万 円 程 度 。 メ ガ と の 年 収 差 は 昇 進 す る に つ れ さ ら に 開 い て い く の だ ろ う が 、 会 社 の 体 力 が 劣 る の で 仕 方 が な い 」 380 万 円 50 代 ・ 男 性 一 般 社 員 ど ち ら と も い え な い イ し 3 低 し 新

週刊ダイヤモンド 2017年 4/8 号 [雑誌] (知らないと損する給料の秘密)


集 給 料 の 秘 密 特 リ ー マ ン シ ョ ッ ク 後 の 回 復 が 遅 れ る 日 本 ア ジ ア 主 要 国 ・ 地 域 別 ・ 職 種 別 の 給 料 の 推 移 CFO ( 最 高 財 務 責 任 者 ) 日 本 だ け が リ 1 マ ン シ ョ ッ ク か ら ツ で 高 か っ た 日 本 が 、 そ の 後 年 々 本 章 で は 、 日 本 の 給 料 が 世 界 に る 傾 向 に あ る こ と 、 そ し て リ 1 マ ン シ ョ ッ ク か ら の 立 ち 直 り の 遅 れ 。 回 復 し 切 れ て い な い 。 順 位 を 落 と し て い る の に 対 し 、 中 お い て ど の よ う な 水 準 に あ る の か 次 に 、 最 高 情 報 責 任 者 (0— 国 は リ 1 マ ン シ ョ ッ ク 直 後 に 落 ち を さ ま ざ ま な デ 1 タ で 検 証 し て き こ う し た 要 因 に よ っ て 、 日 本 は 給 0) の 給 料 は 、 中 国 を 除 く 3 カ 国 込 ん だ も の の そ の 後 順 調 に 回 復 し 、 た 。 そ の 結 果 見 え て き た の は 、 給 料 の 伸 び で 大 き く 後 れ を 取 っ て し ま っ た の だ 。 か リ 1 マ ン シ ョ ッ ク 後 伸 び 悩 ん で い ま や 日 本 と 肩 を 並 べ る 水 準 に 達 料 で 世 界 か ら 置 き 去 り に さ れ る 日 い る 。 特 に 日 本 は 、 Ⅱ 年 以 降 ず っ し て い る 本 の 姿 だ 。 日 本 の 企 業 か ら す れ ば 、 こ れ は と 最 下 位 に 甘 ん じ て い る こ う し て 見 る と 、 日 本 だ け が い 国 際 競 争 力 の 低 下 に よ る 企 業 業 非 常 に 由 々 し き 事 態 で あ る 。 少 子 さ ら に 、 コ 1 ポ レ 1 ト フ ァ イ ナ ま だ リ 1 マ ン シ ョ ッ ク 後 の 低 迷 か 績 の 低 迷 、 職 能 給 と い う 世 界 で も 高 齢 化 の 進 行 で 、 今 後 人 手 不 足 は ン ス の ア ナ リ ス ト の 給 料 を 見 て み ら 抜 け 出 せ ず 、 給 料 が 伸 び 悩 ん で 特 殊 な 給 料 体 系 に よ っ て 市 場 原 理 さ ら に 深 刻 化 す る こ と が 確 実 だ か る と 、 リ 1 マ ン シ ョ ッ ク 前 は 断 ト い る こ と が 分 か る が 働 か ず 、 給 料 の 上 昇 が 抑 え ら れ ら だ 。 そ こ に 給 料 の 伸 び 悩 み に よ る 海 外 へ の 人 材 流 出 が 追 い 打 ち を か け れ ば 、 日 本 の 競 は 著 し く 低 下 す る だ ろ う 。 だ か ら と い っ て 、 嘆 い て ば か り 、 り 丿 い て も 仕 方 が な い 。 逆 か ら 見 れ ば 、 日 本 の 給 料 は ま だ 上 が る 余 地 が 残 士 シ ま さ れ て い る と も い え る 。 ま た 、 働 現 い 含 く 場 所 の 選 択 肢 を 日 本 だ け に 狭 め 金 0 ナ の 5 一 る 必 要 も な い 。 よ り 高 い 報 酬 を 求 め て 海 外 企 業 へ と 転 職 す る 手 も あ れ 港 料 さ 香 給 る だ ろ 、 つ 。 示 1 の 提 円 今 年 の 春 闘 は 、 、 へ 1 ス ア ッ プ 率 か ガ 業 ア が 前 年 を 下 回 る な ど 低 調 に 終 わ っ ト 一 0 ン 1 LL た 。 政 府 の 旗 振 り に よ る 「 官 製 春 闘 . の 限 界 が 露 呈 し た か た ち だ 。 ラ づ 含 ク 基 を も は や 社 員 全 員 の 給 料 が そ ろ っ て 際 ト ナ 上 が っ て い く 時 代 で は な い 。 企 業 は 、 優 秀 な 人 材 を 確 保 す る た め に 一 0 か の 点 纈 給 料 制 度 の 改 革 な ど 、 さ ま ざ ま な ン モ 取 り 組 み を 始 め て い る ャ 国 月 O 次 章 で は そ の 一 つ と し て 、 代 刊 以 上 の 人 材 の 有 効 活 用 の 事 例 を 紹 週 数 2 円 戸 * 出 3 介 す る 。 5 ( 万 円 ) シ ン ガ ポ ー ル 日 2008 年 09 CIO ( 最 高 情 報 責 任 者 ) ( 万 円 ) 「 / ・ 0 -0 ( 0 っ ム 1 ー ン ノ ホ ー 2008 年 09 ア ナ リ ス ト ( コ ー ポ レ ー ト フ ァ イ ナ ン ス ) ( 万 円 ) 1 88 1 600 1 400 1 28 1 000 88 68 イ 00 28 0 国