検索 - みる会図書館

検索対象: 群狼の牙~天罰党始末~

群狼の牙~天罰党始末~から 245件ヒットしました。

群狼の牙~天罰党始末~


群 狼 の 牙 ー 天 罰 党 始 末 ー

群狼の牙~天罰党始末~


群 狼 の 牙 ~ 天 罰 党 始 末 ~ ゆ う き り ん COBALT-SERIES 集 英 社 0

群狼の牙~天罰党始末~


目 次 群 狼 の 牙 ー 天 罰 党 始 末 ー 序 あ と が き

群狼の牙~天罰党始末~


91 群 狼 の 牙 ~ 天 罰 党 始 末 ~ 「 さ て 」 あ ご な 鷹 一 朗 は 顎 を 撫 で た 。 「 あ れ で 、 な か な か 気 の 強 い と こ ろ が あ る か ら な 、 あ の 人 は 」

群狼の牙~天罰党始末~


247 群 狼 の 牙 ~ 天 罰 党 始 末 ~ 若 者 は 、 お か し そ う に 、 く す く す と 笑 っ た 。 お き た そ う じ 「 僕 は 、 沖 田 総 司 と 言 い ま す 。 以 後 、 お 見 知 り 置 き く だ さ い 」 青 年 の 笑 み に 誘 わ れ た よ う に 、 名 残 の 桜 が ま た ど こ か ら か 舞 0 て き て 、 若 者 の 肩 に 、 ふ わ り 、 と 降 り た 。 な ′ 」 り

群狼の牙~天罰党始末~


末 始 「 ま こ と に も っ て 、 面 目 な い 」 こ う べ た そ う 言 っ て 深 々 と 頭 を 垂 れ る 伊 東 順 栄 に 、 山 杉 屋 弦 衛 門 は こ れ も 深 々 と 頭 を 下 げ 、 牙 「 と ん で も ご ざ い ま せ ん 。 悪 い の は 、 さ ら っ た や つ ら で 、 先 生 で は あ り ま せ ぬ 。 ど う か お 顔 を 狼 お 上 げ く だ さ い 」 群 と 言 っ た も の で あ る 。 だ が 、 そ の 顔 に は 血 の 気 が な く 、 心 な し か も 深 く な 0 た よ う に 見 え た 。 「 ど う し た 、 鷹 一 朗 ? ー 慎 太 郎 が そ う 訊 い た と き 、 御 用 聞 き の 一 人 が 息 せ き き っ て 店 に 飛 び 込 ん で き て 、 「 た 、 大 変 で す 、 天 野 さ ま ー と 一 一 = ロ っ た 。 「 お い 、 何 が あ っ た ! 」 「 み 、 店 の : : : こ こ に い る 大 店 の 身 内 が 、 さ 、 さ ら わ れ た の で ご ざ い ま す ! 」 「 な 、 何 だ っ て ! ー ー あ 、 鷹 一 朗 ! 慎 太 郎 の 声 を 無 視 し 、 鷹 一 朗 は 『 丸 水 庵 』 を 飛 び 出 す と 、 夜 の 通 り を 草 駄 殪 の ご と く 走 0 お お だ な ′ 」 よ う き

群狼の牙~天罰党始末~


17 群 狼 の 牙 ~ 天 罰 党 始 末 ~ か り の よ う い ち ろ う こ の 若 者 、 名 を 狩 野 鷹 一 朗 、 と い う 。 つ ま り 、 名 の 中 に 鷹 が い て 、 着 物 に は 富 士 山 と 茄 子 ー ー よ う す る に 、 初 夢 に 見 る と 目 出 た き も の を 、 名 前 に か け て 集 め た 柄 な の で あ っ た 。 「 ま っ た く 、 仕 方 の な い お 人 だ 」 文 七 は 肩 を す く め た が 、 顔 は 若 侍 と 同 じ く 笑 っ て い た 。 た か が ら

群狼の牙~天罰党始末~


「 と に か く 、 い ま し ば ら く は 、 俺 の 好 き に さ せ て 貰 い ま す 。 な に 、 叔 父 上 は い つ も の と お り に し て い て く だ さ れ ば い い 」 「 ま こ と に 申 し 訳 な い 」 そ う 言 っ て ま た 、 弦 衛 門 は 深 々 と 頭 を 下 げ た 。 と 、 だ ん な 「 旦 那 さ ま ー け い た ろ う ろ う か 廊 下 よ り 、 圭 太 郎 の 呼 ぶ 声 が し た 。 「 な ん だ ? い ま 、 鷹 一 朗 さ ま が 来 て お ら れ る の だ そ 」 し ん す け 「 申 し 訳 ご ざ い ま せ ん 。 た だ 、 信 介 が も ど ら な い の で ご ざ い ま す 」 「 な 、 な に ? こ ~ 弦 衛 門 と 鷹 一 朗 は 、 顔 を 見 合 わ せ た 。 始 信 介 は 一 昨 年 に 山 杉 屋 に 入 っ た ば か り の 、 丁 稚 で あ る 。 十 一 だ っ た が 、 よ く 働 き 、 故 郷 に 姉 天 が い る か ら か 、 お 雪 に は 特 に な つ い て い た 。 牙 「 ま さ か : 狼 「 叔 父 上 、 信 介 は ど こ へ ? こ 群 鷹 一 朗 は も う 、 立 ち 上 が っ て い た 。 ひ ら の ひ が し ほ ん が ん じ き せ る や 「 今 日 は 、 東 本 願 寺 の 西 の 、 平 野 町 に あ る 煙 管 屋 に 私 の 頼 ん で お い た 煙 管 を 取 り に : : : ま さ で っ ち も ら

群狼の牙~天罰党始末~


「 し か し 、 親 岔 と 弦 衛 門 は 訊 い た 。 「 何 故 、 ほ か の 家 の 人 間 じ ゃ な か っ た ん で す ? 」 「 山 杉 屋 さ ん 同 様 、 ほ か の 店 も 、 そ れ そ れ に 皆 、 警 戒 し て い た の で す よ 。 そ の 中 で は 、 平 伍 坊 が い ち ば ん 狙 い や す か っ た っ て こ と で し よ う 「 な る ほ ど : : : 」 「 し か し 、 坊 っ ち ゃ ん 。 問 題 は 、 平 伍 坊 が 会 合 の 場 所 を 知 っ て い る か 、 で す が : : : 」 「 そ れ は 知 っ て い る は ず で す よ ー 「 な ぜ で す 、 叔 父 上 ? 」 「 こ の あ い だ 、 瀬 戸 屋 さ ん が 、 そ う 言 っ て お り ま し た 。 つ い 、 ロ が 滑 っ た 、 と 」 ~ 「 そ れ で 山 杉 屋 さ ん 、 今 年 は 何 処 で ? 」 始 「 は い 。 今 年 は 『 丸 水 庵 』 で 開 か れ る こ と に な っ て お り ま す 罰 と 叔 父 は 言 っ た 。 天 牙 そ れ か ら 文 七 は 、 こ れ か ら 十 五 日 ま で の 数 日 、 店 を 休 む こ と を 弦 衛 門 に 承 諾 さ せ 、 ほ か の 店 狼 に も 同 じ 事 を 確 約 さ せ る た め に 、 帰 っ て い っ た 。 群 そ の あ と で 、 信 介 の 死 が 、 店 の 者 に 伝 え ら れ た 。 無 惨 な 死 に ざ ま に つ い て は 、 伏 せ ら れ た 。 い ず こ

群狼の牙~天罰党始末~


「 代 わ り に 、 少 し 待 っ て い て く だ さ い 。 な に 、 す ぐ 済 み ま す 」 文 七 は 、 戻 っ て い た 手 下 を 呼 ぶ と 、 そ の 男 に 、 こ れ か ら 向 か う 場 所 へ 、 す ぐ に 捕 り 方 を よ こ し て く れ る よ う に 、 天 野 へ の 伝 言 を 頼 ん だ 。 男 は す ぐ に 走 り 去 っ た 。 と 、 「 鷹 一 朗 さ ま 」 な か な か 戻 ら ぬ 三 人 を 案 じ て か 、 弦 衛 門 が 店 の 外 へ と 出 て き た 。 「 な に か 、 あ っ た の で す か : : : 」 お じ う え 「 ひ ょ っ と す る と 、 何 か わ か る か も 知 れ な い の で す 叔 父 上 。 あ あ 、 心 配 は い り ま せ ん か ら 、 店 の 中 に 入 っ て 、 我 ら が 戻 る ま で 、 決 し て 外 に 出 な い で く だ さ い 」 「 あ あ 、 言 う と お り に し ま す よ 」 ~ 「 さ 、 参 り ま し よ う 」 始 文 七 が 促 し 、 三 人 は 夕 刻 の 道 を 走 り 出 し た 。 め ざ す は 洛 外 、 東 九 条 で あ る 。 牙 狼 こ の 頃 の 東 九 条 の 辺 り と い う の は 、 一 面 の 畑 で あ っ た 。 み ず な 群 ね ぎ 葱 や く わ い 、 水 菜 な ど が 採 れ 、 「 京 の 野 菜 は 、 江 戸 と は 比 べ も の に な ら ぬ ほ ど 旨 い 」