検索 - みる会図書館

検索対象: 砕けた紋章―アル‐ナグクルーンの刻印 (コバルト文庫)

砕けた紋章―アル‐ナグクルーンの刻印 (コバルト文庫)から 233件ヒットしました。

砕けた紋章―アル‐ナグクルーンの刻印 (コバルト文庫)


コ ハ ル ト 文 庠 響 野 夏 菜 の 本 カ ウ ス = ル ー 大 陸 史 ・ 空 の 牙 ひ 誘 い の 刻 / 太 陽 の 工 セ ラ / 祭 り の 灯 嵐 が 姫 《 幽 幻 篇 》 《 風 雷 篇 》 / 忘 我 の 焔 ら せ ん か さ 今 日 命 の 螺 旋 / 縲 ね の 鉢 植 か げ ろ う 女 神 の 輪 郭 ( 前 編 ・ 後 編 ) / 影 隴 の 庭 聖 女 の 卵 / 夢 眩 の 鏡 / 華 烙 の 群 れ 蘭 の 血 脈 《 天 青 篇 》 《 地 猩 篇 》 《 紫 浄 篇 》 く 雨 の 音 洲 > 秘 聞 闇 燈 籠 心 中 桜 の 章 ・ 吹 雪 の 章 朧 月 鬼 夜 抄 ア ル ー ナ グ ク ル ー ン の 刻 印 ク イ ン テ ィ ー ザ の 隻 翼 ェ ズ モ ー ゼ の 左 手 星 甬 る 月 を 狩 る 森 砕 け た 紋 章 睡 蓮 の 記 億 / 羽 硝 子 の 森 月 虹 の ラ ー ナ / こ の 雪 に 願 え る な ら ば は な ふ じ ゃ し や 華 は 藤 夜 叉 き よ う め い か た は ね ハ ネ が ラ ス げ つ こ う 丁 / 中 島 慶 章 カ バ ー 絵 / 桃 栗 み か ん 装

砕けた紋章―アル‐ナグクルーンの刻印 (コバルト文庫)


ひ び き の ・ か な 1972 年 11 月 20 日 、 埼 玉 県 生 ま れ 。 蠍 座 、 0 型 。 電 磁 波 と 蚊 が 天 敵 。 理 想 の 生 活 は 、 蚊 の 撲 滅 さ れ た 世 界 で 、 鬼 門 ・ 秋 葉 原 電 気 街 に 近 づ か ず に 文 明 の 思 恵 だ け を 受 け て 暮 ら す こ と 。 コ バ ル ト 文 庫 に 「 誘 い の 刻 』 「 太 陽 の ェ セ ラ 祭 り の 灯 」 「 嵐 が 姫 《 幽 幻 篇 》 《 風 雷 篇 当 「 忘 我 の 焔 」 「 睡 蓮 の 記 憶 」 「 今 日 命 の 螺 旋 縲 ね の 鉢 植 女 神 の 輪 郭 ( 前 編 ) ( 後 編 ) 」 「 影 隴 の 庭 」 「 聖 女 の 卵 ド 夢 眩 の 鏡 華 烙 の 群 れ ド 蘭 の 血 脈 《 天 青 篇 》 《 地 猩 篇 》 《 紫 浄 篇 》 羽 硝 子 の 森 」 「 月 虹 の ラ ー ナ 」 「 こ の 雪 に 願 え る な ら ば 」 「 闇 燈 籠 心 中 桜 の 章 ・ 吹 雪 の 章 朧 月 鬼 夜 抄 ク イ ン テ ィ ー ザ の 隻 翼 ェ ズ モ ー ゼ の 左 手 ′ 星 は 踊 る 」 「 華 は 藤 夜 叉 ′ 月 砕 け た 紋 章 ア ル ー ナ グ ク ル ー ン の 刻 印 を 狩 る 森 が あ る 。 COBALT-SERIES 1998 年 9 月 10 日 第 1 刷 発 行 著 者 発 行 者 発 行 所 ☆ 定 価 は カ バ ー に 表 示 し て あ り ま す 響 野 夏 菜 小 島 民 雄 株 式 集 英 社 会 社 〒 101 ー 8050 東 京 都 千 代 田 区 ー ツ 橋 2 ー 5 ー 10 ( 3230 ) 6 2 6 8 ( 編 集 ) 電 話 東 京 ( 3230 ) 6 3 9 3 ( 販 売 ) 印 刷 所 OKANA HIBIKINO 1998 ( 3230 ) 6 0 8 0 ( 制 作 ) 凸 版 印 刷 株 式 会 社 Printed in Japan 本 書 の 一 部 あ る い は 全 部 を 無 断 で 複 写 複 製 す る こ と は 、 法 律 で 認 め ら れ た 場 合 を 除 き 、 著 作 権 の 侵 害 と な り ま す 。 落 丁 ・ 乱 丁 の 本 は ご 面 倒 で も 小 社 制 作 部 宛 に お 送 り く だ さ い 。 送 料 は 小 社 負 担 で お 取 り 替 え い た し ま す 。 I S B N 4-0 8-61 4 4 9 8- O C 01 9 5

砕けた紋章―アル‐ナグクルーンの刻印 (コバルト文庫)


「 テ ュ ー ナ ス の 話 は 別 で す 。 あ な た が た は い っ か 一 人 と 一 羽 に 戻 る で し よ う 。 で も そ れ は 〈 時 〉 だ け が 知 っ て い る の で す 」 時 だ け が 知 っ て い る : : : ? 説 明 を も と め て す が る 目 つ き に な っ た ヴ ュ テ ィ ー ラ に 、 彼 は か る く う な ず い て み せ る 。 「 テ ュ ー ナ ス が 体 に 入 る と い う の は 、 〈 連 な っ て 〉 い る だ け で は 防 げ な い 何 か に ぶ つ か っ た 時 に 起 こ る と 言 わ れ て い ま す 。 自 分 の 〈 霊 獣 〉 を 、 人 が 〈 カ 〉 と し て 使 う た め で す 。 ヴ ュ テ ィ ー ラ 、 危 な い 思 い を し た で し よ う ? 」 そ の 数 日 後 に あ の 〈 化 け 物 〉 に 会 っ た と 彼 女 は 思 い 出 し た 。 無 一 文 に な っ て あ の 町 で 足 止 め を 食 ら っ て い た か ら 、 あ の 森 の 中 だ っ た が 、 も っ と 分 が 悪 い 時 に 出 会 っ た か も 知 れ な か っ た 。 た と え ば 草 原 や 、 川 つ ぶ ち ゃ 。 一 人 で 運 良 く 逃 げ ら れ た か 、 一 人 と 一 羽 の ま ま で 助 か っ た か も わ か ら な い 。 き こ う じ ゅ う 二 度 目 の 時 は 、 ヴ ュ テ ィ ー ラ は 〈 気 吼 銃 〉 を 使 っ た 。 銃 口 か ら 飛 び 出 し た 双 頭 の 鷹 が ク イ ン テ ィ ー ザ の 力 だ と 言 う の な ら ば 、 そ も そ も あ の 銃 は 、 一 人 と 一 羽 で は 使 え な か っ た の か も し れ な い 。 ( あ そ こ で ナ イ ザ と 会 っ て 、 す べ て が 始 ま っ た ) 砕 銃 が 使 え な け れ ば 、 ナ イ ザ と 旅 を し な が ら ゆ っ く り テ ・ ク ラ ッ ド へ 向 か い 、 町 の 片 隅 で 〈 機 械 〉 を 壊 し て は ど や さ れ つ づ け な が ら 、 生 き て い っ た の だ ろ う か 。

砕けた紋章―アル‐ナグクルーンの刻印 (コバルト文庫)


は ち う テ ・ ク ラ ッ ド の 地 下 で 、 鉢 植 え が び り ん と 震 え た 。 遠 い 森 の 震 え が 伝 わ っ て き て い る 。 ウ イ ラ ・ ジ ー ン は 、 紅 い 花 を つ け た そ の 鉢 を 手 に 取 る 。 剣 の よ う な 形 の 、 濃 い 緑 の 葉 。 つ ば さ 花 と 葉 の 間 か ら 曲 が り く ね っ た 黒 い 枝 が 突 き 出 し て い る 。 羽 の な い 翼 の よ う な そ の 枝 の 形 が ウ イ ラ ・ ジ ー ン を 魅 き つ け 、 彼 は こ の 鉢 を 育 て て き た 。 け ん ぞ く は じ め て 、 自 分 の 眷 族 を 見 た の は 十 八 年 前 だ 。 リ カ レ ド を 頼 っ て 、 テ リ ア ・ ダ ッ シ リ ナ か ら や っ て き た エ ー メ ラ イ ン 。 が い と う 彼 女 は 背 に 広 が る 骨 の 翼 を 隠 す た め 、 外 套 を か ぶ り 荷 物 を 背 負 っ て い た 。 そ れ で も 奇 妙 に 見 ぶ ざ ま え て い た 。 人 々 は 思 っ た は ず だ 。 な ぜ 、 あ の 赤 子 を 抱 え た 女 は 、 あ ん な に も 無 様 な の だ ろ う ウ イ ラ ・ ジ ー ン は 角 の あ る た め こ の 地 下 に 暮 ら し 、 エ ー メ ラ イ ン は そ の 翼 ゆ え に 深 い 森 の 中 で し か 生 き ら れ な か っ た 。 ヴ ィ ク シ ュ も う 、 人 し か 存 在 し な い 世 界 。 彼 ら の 眷 族 も 、 親 戚 に あ た る 妖 精 族 も 、 巨 人 族 も 。 し ん せ き か か

砕けた紋章―アル‐ナグクルーンの刻印 (コバルト文庫)


膩 Ⅱ Ⅲ 鬮 Ⅲ Ⅲ Ⅱ Ⅱ 9 7 8 4 0 8 6 1 4 4 9 8 8 1 9 2 0 1 9 5 0 0 4 5 7 1 I S B N 4 ー 0 8 ー 6 1 4 4 9 8 ー O \ 4 5 7 E C 0 1 9 5 本 体 457 円 定 価 480 円 リ サ イ ク ル 資 料 ( 再 活 用 図 書 ) 除 籍 済 コ ハ ル ト 文 庫

砕けた紋章―アル‐ナグクルーンの刻印 (コバルト文庫)


も の す ご い 音 を 立 て て 森 が 揺 れ た 。 地 震 だ が 、 大 き さ が 違 う ! い っ せ い 鳥 た ち が 鳴 き 声 を 上 げ て 一 斉 に 飛 ん だ 。 そ の 羽 ば た き で 、 一 瞬 空 が 翳 る 。 「 サ 、 サ キ : : : 」 し た 彼 を 呼 ば う と し て 、 声 が 続 か な い 。 舌 を か み そ う だ 。 く ず 突 き 上 げ る 衝 撃 に 、 彼 ら は な す 術 も な い ま ま で い た 。 天 幕 が 、 内 側 に 折 れ 重 な る よ う に 崩 れ か た ま り て 行 く 。 む き だ し の 丘 が 端 か ら 欠 け 、 土 の 塊 が 滑 り 落 ち て く る 。 ど お ツ 。 ど し ゃ 腰 を 浮 か し て 数 歩 ま ろ び で た 彼 ら の 後 ろ を 、 土 砂 が 流 れ た 。 片 手 を 失 っ た 執 務 官 が 、 声 も な く 飲 み 込 ま れ る 。 が け 今 や 崖 と な っ た 丘 の 上 に 、 つ ぶ れ た 天 幕 が ぐ ら つ い て い る 。 あ れ が き た ら 、 ひ と た ま り も な 「 エ ス 、 森 へ ! 」 木 々 の 間 に 逃 げ 込 め ば 、 あ る い は 助 か る か も し れ な い 。 エ ス ト ウ ー サ は 立 ち 上 が り 、 よ ろ け な が ら も ア デ レ ー ド を 振 り 返 っ た 。 「 師 上 、 ご 無 事 か 」 セ リ ー ネ と 支 え あ っ た ア デ レ ー ド も 、 何 と か 立 ち 上 が ろ う と し て い る と こ ろ だ っ た 。 髪 は 乱 ほ お れ 、 服 に も 頬 に も べ っ た り と 土 が つ い て い る 。 。 し く ら も 歩 か な い う ち に ふ た た び 地 面 に 手 を つ く 。 森 へ 向 か っ た エ ス ト ウ ー サ た ち ょ 、 、 す べ か げ

砕けた紋章―アル‐ナグクルーンの刻印 (コバルト文庫)


く 好 評 発 売 中 〉 コ バ ル ト 文 ロ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ 王 女 ヴ ュ テ ィ ー ラ の 大 冒 険 ! く ア ル - ナ グ ワ ル ー ン の 刻 印 〉 ◆ シ リ ー ズ イ ラ ス ト / 桃 栗 み な ん ま ク イ ン テ ィ ー サ の 隻 翼 ま 機 械 オ ン チ の 王 女 ヴ ュ ー が 、 く 機 械 の 街 〉 テ ・ ク ラ ッ ド を め ざ し て 、 旅 に 出 た 一 工 ズ モ ー ゼ の 左 手 ま 旅 の 途 中 の あ る 国 で 、 妙 な 儀 式 に 巻 き 込 ま れ た ヴ ュ ー は 響 野 夏 菜 月 を る 森 到 着 ー だ が 、 陰 謀 の 影 が 一 つ い に テ ・ ク ラ ッ ド に ま 星 は 踊 る ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ 。 ヴ ュ ー を 待 ち 受 け て い た の は を レ サ ン テ ィ ア 帝 国 を 訪 れ た

砕けた紋章―アル‐ナグクルーンの刻印 (コバルト文庫)


第 ニ 章 風 の 中 に 埋 も れ て ー 〈 竜 〉 の 住 む 森 は 、 そ の 体 を か く し 黒 し そ し て ま た 、 深 い

砕けた紋章―アル‐ナグクルーンの刻印 (コバルト文庫)


こ れ で 、 帝 国 兵 か ら 逃 げ る 必 要 は な く な っ た わ け だ が 、 同 時 に ヴ ュ テ ィ ー ラ へ 続 く 糸 も 切 れ っ ) 0 リ % 4 ′ 彼 ら に は ヴ ュ テ ィ ー ラ が い る と い う 聖 都 の 位 置 が わ か ら な い 。 こ の 森 を 抜 け て 、 そ こ に た ど り 着 け る か ? グ ル ル ノ カ う な り 、 レ オ ン は 考 え を 中 断 し た 。 獅 子 は 体 勢 を 低 く し 、 い ま に も 飛 び か か ら ん ば か り に 森 の 奥 へ 視 線 を さ だ め て い る 。 ナ イ ザ が 戻 っ て き た の か ? そ う 思 い な が ら も 、 彼 は 大 剣 の 入 っ た 袋 を 引 き 寄 せ た 。 紐 を 解 き 、 い つ で も 抜 き 放 て る よ う に 柄 を の ぞ か せ る 。 む ち 獅 子 が し つ ば を 打 ち 振 る 。 そ の 鞭 の よ う な 音 に 、 樹 の 陰 か ら 声 が 聞 こ え た 。 「 太 刀 の あ と に 、 獣 の 噛 み 傷 。 お ま え ら か 、 ガ ウ ラ た ち を 殺 っ た の は ? 」 ナ イ ザ で は な い 。 づ え 低 い 女 性 の 声 に 、 シ ヴ ェ ッ ク が 仕 込 み 杖 を つ か ん だ 。 す る ど い 視 線 を 飛 ば す 。 ま ぶ か 紋 ざ く っ と 土 を 踏 み し め 、 外 套 に プ ー ツ の 女 性 が 現 れ た 。 帽 子 を 目 深 に か ぶ り 、 黒 い 肌 に 、 光 く ち び る る よ う な 薄 い 唇 西 方 人 。 知 り あ い に は い な い 。 当 然 、 味 方 で は な い 、 は ず 。 ひ も

砕けた紋章―アル‐ナグクルーンの刻印 (コバルト文庫)


け つ か い 見 る 間 に 顔 を 白 く し た シ ヴ ェ ッ ク に 、 結 界 の な か の カ ロ ウ た ち が 、 は っ と す る 。 「 鷹 の 王 子 ? 」 「 や 、 い や 。 な ん と も な い と 言 お う と し て 、 舌 が も つ れ る 。 シ ヴ ェ ッ ク は 床 に 手 を つ き 、 何 と か 倒 れ る の を ま ぬ が れ た 。 ( 何 か が ) 体 の 中 の 何 か が 、 根 こ そ ぎ 外 へ 流 れ て 行 く 。 ( ャ ー ) シ ヴ ェ ッ ク は 〈 連 獣 〉 に 手 を 伸 ば し た 。 鷹 の 羽 の 色 も 、 褪 せ は じ め て い る 。 「 ど う し て ? ね え さ ん ? 」 流 れ 着 く 先 に は 、 な ぜ か ヴ ュ テ ィ ー ラ が い る 気 が し た 。 い や 、 ち が う の か 。 あ れ は 大 き な 翼 を 広 げ た 鷹 。 ( ポ ー ザ マ ー ) シ ヴ ェ ッ ク は 前 の め り に な っ た 。 意 識 を な く す 前 に 、 光 り 輝 く も の を 手 に し た ヴ ュ テ ィ ー ラ が 見 え た よ う な 気 が し た : し た