検索 - みる会図書館

検索対象: 羽硝子の森 (コバルト文庫)

羽硝子の森 (コバルト文庫)から 255件ヒットしました。

羽硝子の森 (コバルト文庫)


最 終 部 羽 硝 子 の 森

羽硝子の森 (コバルト文庫)


203 羽 硝 子 の 森 「 夜 ね ? 」 素 直 に カ レ ン は 念 を 押 し た 。 カ イ エ は う な ず く 。 夜 の よ う に 深 い 瞳 で 。

羽硝子の森 (コバルト文庫)


0 COBALT-SERIES サ イ コ ・ ラ ビ リ ン ス ノ 、 ネ - が ラ ス 羽 硝 子 の 森 響 野 夏 菜 集 英 社 0 6

羽硝子の森 (コバルト文庫)


さ て 。 新 年 明 け ま し て お め で と う ご ざ い ま す 。 年 は じ め て の お 目 見 え な の で 、 そ う 始 め さ せ て い た だ き ま す が 、 い ま は も う 二 月 。 ほ ん と う は 、 「 新 年 明 け ま し た 。 お め で と う ご ざ い ま し た 」 と す る べ き な ん で し よ う が 、 そ ん な ん じ や 気 が 抜 け ち ま い ま す の で あ し か ら ず 。 と ゆ ー わ け で 『 羽 硝 子 の 森 』 で ご ざ い ま す 。 本 文 読 ん で か ら 「 あ と が き 」 に た ど り 着 い た 方 な ら わ か る と 思 い ま す が 、 文 庫 で し か お っ き あ い の な い 皆 さ ん に と っ て は 「 あ ー な ー た ー の ー 知 ー ら ー な ー い ー ひ ー び ー き ー の 」 ( ホ ラ ー 調 で 読 ん で ね ) に な る の で は な い で し よ お か 。 だ ね い ち お う 、 雑 誌 O で は 「 ア ク ア ネ イ ル 」 と い う 読 み き り の 変 わ り 種 を や り ま し た が 、 そ れ 以 外 で は 見 ら れ な か っ た も う ひ と つ の 夜 の 顔 ( ↑ ち が う っ て ) が 支 配 し て い る 世 界 で ご ざ い ま す 。 う ひ ょ ひ ょ ひ ょ ひ ょ 。 み な さ ん 、 あ た し の 本 性 は こ っ ち で す 。 な ん て ね 。 べ つ に 血 ま み れ の 内 臓 が と び か う よ う な ホ ラ ー じ ゃ な い ん で 、 安 心 し て 買 っ て お く ん な ま し 。 気 に 入 っ て も ら え た り 、 感 想 を 聞 か せ て も ら え た ら う れ し い な ー 。 も ろ 題 名 の 「 羽 硝 子 」 は 脆 く て 綺 麗 な も の が 見 た い た め に つ け た イ メ ー ジ の ネ ー ミ ン グ で す 。 と 亠 め ど か 、

羽硝子の森 (コバルト文庫)


265 羽 硝 子 の 森 彼 女 の 探 し て い た も の は 、 か っ て 幸 せ を 誓 っ て く れ た 、 な く し た は ず の 手 の ひ ら だ っ た : Ende.

羽硝子の森 (コバルト文庫)


259 羽 硝 子 の 森 お と ぎ 噺 は 、 最 後 の 一 ペ ー ジ を 残 し て 、 朝 の 光 の な か の 、 き ら き ら し た 絵 に な っ て ゆ く 。

羽硝子の森 (コバルト文庫)


羽 硝 子 の 森 CONTENTS 視 第 一 部 可 1 星 を 連 れ て く る 2 風 の ス ペ ク ト ル ・ ・ 3 ス ノ ー イ ー タ ー 第 二 部 不 可 視 カ ム シ ン 一 42 ℃ ー 1 2 地 衝 風 フ ェ ー ン 一 9 ℃ シ ョ ッ ク ー 3 第 三 部 硝 子 光 線 107. 5 OF ・ 1 2 石 英 ( Si02 ) 3 偏 光 線 ー プ リ ズ ム ー 最 終 部 羽 硝 子 の 森 ミ ス ト ラ ル ー お と ぎ 噺 の 三 月 一 ・ ・ ・ 246 ・ ・ ・ 260 F に ge ト 風 の わ す れ も の 一 あ と が き 0 0 1 4 ー ・ ・ ・ 90 ・ ・ ・ 114 ・ ・ ・ 141 ・ ・ ・ 180 204 227 266

羽硝子の森 (コバルト文庫)


ひ び き の ・ か な 1972 年 11 月 20 日 、 埼 玉 県 生 ま れ 。 蠍 座 、 0 型 。 法 政 大 学 文 学 部 日 本 文 学 科 在 学 中 。 免 許 を と っ て か ら 車 に 狂 い 、 と う と う 改 造 車 検 ま で 取 っ て し ま っ た 。 本 人 は い つ か 、 、 走 り 屋 ″ と し て デ ビ ュ ー し て や る と 思 っ て い る が 、 ゲ ー セ ン の F 1 ゲ ー ム に あ ま り に も 弱 い た め 、 友 人 は ム リ だ と タ カ を く く っ て い る 。 コ バ ル ト 文 庫 に 「 誘 い の 刻 」 「 太 陽 の ェ セ ラ 』 「 祭 り の 灯 』 「 嵐 が 姫 《 幽 幻 篇 》 《 風 雷 篇 》 』 「 忘 我 の 焔 』 「 睡 蓮 の 記 憶 』 「 今 日 命 の 螺 旋 』 「 縲 ね の 鉢 植 」 「 女 神 の 輪 郭 ( 前 編 ) ( 後 編 ) 』 が あ る 。 羽 硝 子 の 森 COBALT-SERIES 1995 年 2 月 10 日 第 1 刷 発 行 著 者 発 行 者 発 行 所 ☆ 定 価 は カ バ ー に 表 示 し て あ り ま す 響 野 夏 菜 若 菜 正 集 英 社 〒 101 ー 50 東 京 都 千 代 田 区 ー ツ 橋 2 ー 5 ー 10 ( 3230 ) 6 2 6 8 ( 編 集 ) 電 話 東 京 ( 3230 ) 6 3 9 3 ( 販 売 ) 印 刷 所 OKANA HIBIKINO 1995 ( 3230 ) 6 0 8 0 ( 制 作 ) 凸 版 印 刷 株 式 会 社 Printed in Japan 本 書 の 一 部 あ る い は 全 部 を 無 断 で 複 写 複 製 す る こ と は 、 法 律 で 認 め ら れ た 場 合 を 除 き 、 著 作 権 の 侵 害 と な り ま す 。 落 丁 ・ 乱 丁 の 本 は ご 面 倒 で も 小 社 制 作 部 宛 に お 送 り く だ さ い 。 送 料 は 小 社 負 担 で お 取 り 替 え い た し ま す 。 I S B N 4 - 0 8 - 61 4 0 5 6 - 5 C 01 9 5 / 宀 、 ←

羽硝子の森 (コバルト文庫)


69 羽 硝 子 の 森 て 、 三 月 の あ る 日 、 緑 は 消 え た 。 目 覚 め た カ レ ン の と な り は 、 や け に シ ー ツ が び っ ち り と の び す べ て な く な っ て 。 カ レ ン は あ た り を 見 回 し た 。 こ れ は 、 か く れ ん ば じ ゃ な い 。 現 実 。 「 り く 」

羽硝子の森 (コバルト文庫)


( 血 、 血 ) 爪 の あ い だ が 塗 り 込 め た よ う に 赤 い 同 じ 色 の 液 体 を 、 カ レ ン は ″ 血 液 〃 し か 、 知 ら な い : 彼 女 の 存 在 に 気 づ い て い な い の か 、 シ ー レ ン べ ー ア は 鼻 唄 を や め な か っ た 。 く ま の 傍 ら に 置 あ さ ひ も い て あ っ た 麻 紐 を 手 に 取 り 、 十 字 架 を な れ た 手 つ き で 固 定 し て ゆ く 。 そ の 十 字 架 の 下 の 先 が 、 釣 り 針 の よ う に 大 き く 曲 が っ て い る の を 、 彼 女 は 目 に し た 。 ( ど こ か で 、 見 た : : : よ う な : : : ) く ぎ づ ひ ざ が 震 え て い る の に 、 目 を そ ら す こ と は 出 来 な か っ た 。 文 字 通 り 、 釘 付 け に な っ て い る 。 シ ー レ ン ・ ヘ ー ア は 作 り お え た 十 字 架 を 置 き 、 マ キ の く ま の 背 を 向 け さ せ た 。 そ し て 、 残 り の 麻 紐 で 、 十 字 架 を 縛 り つ け た 。 子 供 で も 背 負 わ せ る よ う に 。 じ ゅ ん き よ う し ゃ テ デ ィ が 、 背 中 か ら 白 い 角 を 出 し て カ レ ン を 見 た 。 ま る で 殉 教 者 の よ う に 、 う つ ろ に 黒 い ガ ラ ス の 目 玉 が さ ま よ う 。 森 声 が 出 る 寸 前 で 、 く ま は く る り と 向 き を 変 え ら れ た 。 シ ー レ ン ペ ー ア が ぬ い ぐ る み の 目 を 見 の 硝 つ め る 。 羽 「 よ ろ こ ん で 、 わ た し は 十 字 架 を 背 負 う 」 か た わ