検索 - みる会図書館

検索対象: 闇燈籠心中〈桜の章〉―「雨の音洲」秘聞 (コバルト文庫)

闇燈籠心中〈桜の章〉―「雨の音洲」秘聞 (コバルト文庫)から 259件ヒットしました。

闇燈籠心中〈桜の章〉―「雨の音洲」秘聞 (コバルト文庫)


羽 硝 子 の 森 コ バ ル ト 文 庫 く 好 評 発 売 中 〉 ? そ れ と も 現 こ ょ サ イ , ラ ピ リ ン ス : ハ ネ ガ ラ ス 響 野 夏 菜 イ ラ ス ト / 水 星 茗 幼 い 頃 誘 拐 さ れ 、 記 憶 障 害 の あ る カ レ ン は 、 昔 の こ と は ほ と ん ど 覚 え て い な い 。 だ が あ る 日 閃 く よ う に 最 愛 の 兄 ・ り く の 存 在 を 思 い 出 し て ・ ・ ・ 。 奇 妙 な 迷 宮 の 中 、 兄 だ け を 探 す 力 レ ン は ?

闇燈籠心中〈桜の章〉―「雨の音洲」秘聞 (コバルト文庫)


ひ び き の ・ か な 1972 年 11 月 20 日 、 埼 玉 県 生 ま れ 。 蠍 座 、 O 型 。 法 政 大 学 文 学 部 日 本 文 学 科 在 学 中 。 免 許 を と っ て か ら 車 に 狂 い 、 と う と う 改 造 車 検 ま で 取 っ て し ま っ た 。 本 人 は い つ か “ 走 り 屋 ″ と し て デ ビ ュ ー し て や る と 思 っ て い る が 、 ゲ ー セ ン の F 1 ゲ ー ム に あ ま り に も 弱 い た め 、 友 人 は ム リ だ と タ カ を く く っ て い る 。 コ バ ル ト 文 庫 に 「 誘 い の 刻 』 「 太 陽 の 工 セ ラ 」 「 祭 り の 灯 」 「 嵐 が 姫 《 幽 幻 篇 》 《 風 雷 篇 》 」 「 忘 我 の 焔 」 「 睡 蓮 の 記 憶 』 「 今 日 命 の 螺 旋 」 「 縲 ね の 鉢 植 女 神 の 輪 郭 ( 前 編 ) ( 後 編 ) 』 「 羽 硝 子 の 森 」 「 影 隴 の 庭 』 「 聖 女 の 卵 」 「 夢 眩 の 鏡 」 「 月 虹 の ラ ー ナ 」 が あ る 。 闇 燈 籠 心 中 桜 の 章 く 雨 の 音 洲 〉 秘 聞 COBALT-SERIES 1996 年 3 月 10 日 第 1 刷 発 行 著 者 発 行 者 発 行 所 ☆ 定 価 は カ バ ー に 表 示 し て あ り ま す 響 野 夏 菜 若 菜 正 株 式 集 英 社 会 社 〒 101 ー 50 東 京 都 千 代 田 区 ー ツ 橋 2 ー 5 ー 10 ( 3230 ) 6 2 6 8 ( 編 集 ) 電 話 東 京 ( 3230 ) 6 3 9 3 ( 販 売 ) 印 刷 所 OKANA HIBIKINO 1996 ( 3230 ) 6 0 8 0 ( 制 作 ) 凸 版 印 刷 株 式 会 社 Printed ⅲ J apan 本 書 の 一 部 あ る い は 全 部 を 無 断 で 複 写 複 製 す る こ と は 、 法 律 で 認 め ら れ た 場 合 を 除 き 、 著 作 権 の 侵 害 と な り ま す 。 落 丁 ・ 乱 丁 の 本 は ご 面 倒 で も 小 社 制 作 部 宛 に お 送 り く だ さ い 。 送 料 は 小 社 負 担 で お 取 り 替 え い た し ま す 。 I S B N 4-0 8-61 41 6 9 -8 C 01 9 5 ト / 2 イ / ー ′ 亠 0 ル 0

闇燈籠心中〈桜の章〉―「雨の音洲」秘聞 (コバルト文庫)


物 コ バ ル ト 文 庫 く 好 評 発 売 中 〉 響 野 夏 菜 の 本 イ ラ ス ト / 石 堂 ま ゆ 植 郭 庭 卵 鏡 鉢 輸 の の の ( の の 曜 女 眩 ね 神 影 聖 夢 縲 女 編 編 力 、 0 ナ 、 ろ う

闇燈籠心中〈桜の章〉―「雨の音洲」秘聞 (コバルト文庫)


コ バ ル ト 文 庫 く 好 評 発 売 中 〉 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ま 響 野 夏 菜 ◆ イ ラ ス ト / 宮 城 と あ こ ◆ ◆ 突 然 の 光 。 そ の 後 、 す ◆ べ て が 夜 に 包 ま れ て し ま っ た 。 人 気 の な い 闇 の 遊 園 地 で 出 会 っ た 、 道 化 師 、 売 り 子 、 軍 人 の 3 人 は 「 眠 り 」 を 探 し 0 て 旅 に で る 。 響 野 夏 菜 幻 の テ ビ ュ ー 作 ! け っ 月 虹 の ラ ー ナ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ 會 ◆ → ド ひ と け ◆ ◆ ◆ ◆

闇燈籠心中〈桜の章〉―「雨の音洲」秘聞 (コバルト文庫)


コ バ ル ト 文 庫 く 好 評 発 売 中 〉 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ま 金 蓮 花 ◆ イ ラ ス ト / 久 下 じ ゅ ん こ ◆ 水 の 都 を 沈 め た ナ リ 川 ◆ の 氾 濫 か ら 18 年 。 牧 場 ◆ で 暮 ら す セ ナ ル の も と に 大 貴 族 の 子 息 ョ ウ ン が 現 わ れ る 。 彼 は セ ナ ル の 愛 馬 を 譲 っ て ほ し い と い う が ・ ・ ・ 。 壮 大 な 愛 の ド ラ マ ! ! の 月 の 迷 宮 の 迷 宮 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

闇燈籠心中〈桜の章〉―「雨の音洲」秘聞 (コバルト文庫)


シ ュ カ ハ ネ ガ ラ ス ふ ぶ き お う さ く ら ひ め と 朱 夏 。 『 羽 硝 子 の 森 』 の 緑 と カ レ ン 。 そ れ か ら こ れ の 吹 雪 王 と 桜 姫 。 い や あ 、 あ は は 。 い ち ば ん き つ い の が 今 回 で す け ど 。 み な さ ん も う 諦 め て く だ さ い ね 、 わ た し 「 兄 」 と い う 存 在 が 凄 く 好 き で 、 ど う し て も 書 い ち ゃ う ん で す も の 。 じ っ さ い の ひ び き の は 、 メ リ ノ ー 種 の 妹 ( 注 ・ 人 間 ) と 二 人 姉 妹 で す 。 わ た し が 姉 ね 。 で も ね え 、 「 お ね え ち ゃ ん 」 ほ ど ソ ン な 人 種 は な い ん だ よ 。 だ い た い 「 ち び ま る 子 ち ゃ ん 」 だ っ て 、 い つ つ も 得 す る の は ま る ち ゃ ん じ ゃ ん 。 そ れ だ も ん で 、 わ た し は 昔 か ら 「 お 兄 ち ゃ ん 」 が 欲 し か っ た の で し た 。 上 に 誰 か い れ ば 、 少 し は 得 し そ う じ ゃ な い で す か ( あ 、 で も 姉 は い ら な い 。 だ っ て 、 わ た し み た い な 姉 い た ら い や だ も ー ん ) 。 本 当 に お 兄 ち ゃ ん い る 人 は 「 あ ん な の い ら な い 」 と か 言 っ た り し て る け ど お 。 ひ び き の 信 じ ま せ ん 。 妹 の い る 友 人 ( 6 ) は 、 や つ ば り 何 と い お う と か わ い い と 思 っ て る ら し い し ー 。 あ あ い ず み き よ う か じ ゃ な く て 。 ほ ら 、 泉 鏡 花 だ っ て 、 小 さ い こ ろ お 母 さ ん に 死 な れ ち ゃ っ た か ら 、 自 分 の 作 品 に 美 人 の 年 上 の 女 性 を い つ ば い 出 す じ ゃ な い で す か ( 卒 論 が 泉 鏡 花 だ っ た か ら と 、 何 を 言 い だ す か ) 。 そ れ と 同 じ ね ー 。 同 じ 。 ま あ 、 そ う い う コ ト で 、 理 想 の 「 き よ う だ い 」 の 組 み 合 わ せ は 、 兄 と 妹 で し よ お 。 姉 と 妹 は 「 そ ん な に 甘 く な い ぞ 」 と 身 を も っ て 経 験 し て る し 、 兄 と 弟 は い ま 一 つ 実 感 が わ き ま せ ん ( だ

闇燈籠心中〈桜の章〉―「雨の音洲」秘聞 (コバルト文庫)


青 春 を 考 え る ヴ ィ ヴ ィ ッ ド な 文 庫 ク ウ が 空 牙 衆 の 戦 い を 描 く 傑 作 フ ァ ン タ ジ ー ! カ ウ ス = ル ー 大 陸 史 ・ 空 の 牙 し 、 さ - な 、 誘 い の 刻 太 陽 の 工 セ ラ 〈 風 雷 篇 〉 〈 幽 幻 篇 〉 嵐 が 姫 祭 り の 灯 ら き よ う め し 、 今 日 命 の 螺 旋 忘 我 の 燼

闇燈籠心中〈桜の章〉―「雨の音洲」秘聞 (コバルト文庫)


コ バ ル ト 文 庫 ス ー バ ー フ ァ ン タ ジ ー 文 庫 ワ ベ ル 大 賞 」 マ ン 大 賞 」 募 集 中 ! 集 英 社 コ ノ ヾ ル ト 文 庫 、 ス ー ノ ヾ ー フ ァ ン タ ジ ー 文 庫 編 集 部 で は 、 エ ン タ ー テ ィ ン メ ン ト 小 説 の 新 し い 書 き 手 の 方 々 の た め に 、 広 く 門 を 開 い て い ま す 。 中 編 部 門 で 新 人 賞 の 性 格 も あ る 「 ノ ベ ル 大 賞 」 、 長 編 部 門 で す ぐ 出 版 に も む す び つ く 「 ロ マ ン 大 賞 」 。 と も に 、 両 文 庫 の 読 者 を 対 象 と す る 小 説 作 品 で あ れ ば 、 特 に ジ ャ ン ル は 問 い ま せ ん 。 あ な た も 、 自 分 の 才 能 を こ の 賞 で 開 花 さ せ 、 ベ ス ト セ ラ ー 作 家 の 仲 間 入 り を 目 指 し て み ま せ ん か ! く 大 賞 入 選 作 〉 く 佳 作 入 選 作 〉 正 賞 の 楯 と 正 賞 の 楯 と 副 賞 100 万 円 ( 税 副 賞 50 万 円 ノ ベ ル 大 賞 【 応 募 原 稿 枚 数 】 繝 字 詰 め 縦 書 き 原 稿 用 細 5 ~ 105 槐 【 締 切 】 毎 年 7 月 10 日 ( 当 日 消 印 有 効 ) 【 応 募 資 格 】 男 女 ・ 年 齢 は 問 い ま せ ん が 、 新 人 に 限 り ま す 。 【 入 選 発 表 】 締 切 後 の 隔 月 甲 Coba は 12 月 号 誌 上 ( お よ 52 月 刊 の 両 文 庫 の チ ラ 、 ン 紙 上 ) 大 賞 作 も 同 誌 上 に 掲 【 原 稿 宛 先 】 〒 10 ト 東 京 都 千 代 田 区 ー ツ 橋 2 ー 5 ー 10 ( 株 ) 集 英 社 コ バ ル ト 部 「 ノ ベ ル 大 賞 」 係 ※ な お 、 ノ ベ ル 大 賞 の 最 終 候 補 作 は 、 読 者 審 査 員 の 審 査 に よ っ て 選 ば れ る 「 ノ ベ ル 大 賞 読 者 大 賞 」 ( 大 賞 ス 還 作 は 正 賞 の 楯 と 副 賞 印 万 円 ) の 対 象 に な り ま す 。 ロ マ ン 大 賞 【 応 募 原 稿 枚 数 】 4 字 詰 め 縦 書 き 原 稿 用 50 ~ 350 枚 。 【 締 切 】 毎 年 1 月 10 日 ( 当 日 消 印 有 効 ) 【 応 募 資 格 】 男 女 ・ 年 齢 ・ プ ロ 、 ア マ を 問 い ま せ ん 【 入 選 発 表 】 締 切 後 の 隔 月 甲 魅 Coba は 8 月 号 誌 上 ( お よ び 8 月 刊 の 両 文 庫 の チ ラ シ 紙 と ) 。 大 賞 ス 選 作 は ス ー バ ー フ ァ ン タ ジ ー 文 庫 も し く は コ / ヾ ル ト 文 庫 で 出 版 ( そ び に は 、 集 英 ネ 土 の 規 定 に 基 づ き 、 E 財 見 を お 支 払 い い た し ま す ) 。 【 原 稿 宛 先 】 〒 101 一 東 京 都 刊 弋 田 区 ー ツ 橋 2 ー 5 ー 10 ( 株 ) 集 英 社 コ バ ル ト 部 「 ロ マ ン 大 賞 」 係 ☆ 応 募 に 関 す る く わ し い 要 項 は 隔 月 刊 誌 Ccba 忱 い . 月 、 3 月 、 、 5 月 、 7 月 、 9 月 、 11 月 の 18 日 発 売 ) を こ ら ん く だ さ い 。 ( 税 込 )

闇燈籠心中〈桜の章〉―「雨の音洲」秘聞 (コバルト文庫)


コ バ ル ト 文 庫 く 好 評 発 売 中 〉 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ . 、 、 願 い を 叶 え る ◆ ト ル ・ フ , ン タ シ の ◆ ◆ ま 響 野 夏 菜 、 一 当 メ ◆ イ ラ ス ト / 石 堂 ま ゆ 草 原 の 国 の 三 つ の 部 を 皹 ◆ ◆ 族 は 、 そ れ ぞ れ の ダ ー ド ◆ リ ア を 守 っ て 暮 ら し て ・ ミ い た 。 あ る 日 、 紅 樹 「 お さ 族 の 長 の 娘 ・ 朱 夏 の も と に 黄 樹 族 の 使 者 が 助 け を 求 め に 訪 れ を タ ー ド リ ア ・ ア ー シ エ ナ ー タ 睡 蓮 の 記 憶 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ シ ュ カ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

闇燈籠心中〈桜の章〉―「雨の音洲」秘聞 (コバルト文庫)


そ の 彼 女 の 御 栄 え を 願 っ て 、 吹 雪 王 は 今 、 出 家 し よ う と し て い た 。 こ の 仗 丞 の 弟 子 に な ろ う と し て い た 。 少 な く と も 、 表 向 き は そ う だ っ た 。 し ゆ く ふ く 「 〈 鴉 〉 の 家 の 桜 の 姫 、 あ の 〈 笛 鳴 り 〉 の : 生 ま れ た と き に 、 こ ち ら の 御 社 で 祝 福 申 し 上 と う と げ た 、 貴 い 姫 様 か 。 も う 、 そ ん な お 歳 に お な り か 」 「 こ の 夏 が 過 ぎ れ ば 、 大 人 と 認 め ら れ ま す 」 〈 雨 の 音 洲 〉 で は 、 男 女 と も 十 三 の 誕 生 日 を 迎 え た 時 か ら 成 人 と 見 な さ れ る 習 慣 が あ っ た 。 こ し ゆ っ し と の が た き ゅ う こ ん の 日 が 来 れ ば 、 男 子 は 出 仕 で き る よ う に な り 、 妻 も 持 て る 。 女 子 も 殿 方 の 求 婚 を う け た り 、 文 の や り 取 り も 許 さ れ る よ う に な る 。 「 ほ ほ う 、 そ う か 」 な っ 老 神 官 は 、 懐 か し そ う に 頷 い た 。 桜 姫 の 生 ま れ た と き の こ と を 、 思 い 出 し て い る の だ ろ う ( 〈 笛 鳴 り 〉 の : : : ) か ん ゆ ら い 沖 桜 姫 に 冠 さ れ た 言 葉 を 、 吹 雪 王 は ロ の 中 で 繰 り 返 し た 。 由 来 は 、 こ の 御 社 に あ る 神 器 か ら き 籠 て い る 。 〈 不 死 〉 の 御 社 に は 〈 鳥 の 笛 〉 と 呼 ば れ る 笛 が 納 め ら れ て い た 。 英 雄 神 ・ 〈 鳥 の 人 〉 の 持 ち 物 だ っ た と さ れ て い る 。 ふ み み さ か し ゆ っ け 0 じ ん ぎ