検索 - みる会図書館

検索対象: 天皇権の起源

天皇権の起源から 348件ヒットしました。

天皇権の起源


弟 王 か 継 体 天 皇 の 在 位 は 一 一 十 八 年 安 閑 ・ 宣 化 天 皇 は 実 在 し た そ の 後 の 大 兄 と 男 弟 王 第 四 章 蘇 我 氏 の 専 横 一 仏 教 伝 来 と 蘇 我 氏 大 伴 金 村 の 引 退 と 蘇 我 氏 の 起 こ り 蘇 我 氏 を め ぐ る 百 済 帰 化 人 蘇 我 ・ 物 部 の 崇 仏 論 争 怨 念 に か わ る 崇 仏 論 争 二 蘇 我 政 権 へ の 道 蘇 我 の 血 を う け た 天 皇 の 誕 生 物 部 大 連 の 滅 亡 天 皇 を 弑 す る 馬 子 の 勢 力 三 飛 鳥 仏 教 と 蘇 我 氏 ロ ポ ッ ト と し て 推 古 女 帝 を 擁 立 三 つ の 金 堂 を も っ 法 興 寺 蘇 我 の 私 寺 が 国 家 的 寺 院 に な る 仏 教 興 隆 に 馬 子 の 政 治 理 念 四 法 隆 寺 と 聖 徳 太 子 暦 日 の 異 な る 聖 徳 太 子 の 死 聖 徳 太 子 を 聖 と し た 由 縁 民 衆 の 基 金 に よ る 法 隆 寺 の 創 建 188 173 162 148 147 0

天皇権の起源


飛 鳥 仏 教 と 蘇 我 氏 意 思 に ま た 添 う も の で も あ っ た 。 ひ じ り し か し 聖 徳 太 子 を 三 宝 の 聖 と し て 尊 崇 す る ま で に な っ た の は 、 次 節 で 述 べ る よ う に 、 太 子 の 死 を 契 機 と し た 後 の こ と で あ っ た 。 推 占 朝 の 仏 教 を 推 進 し 、 興 隆 に み ち び い た の は 、 馬 子 の 力 に 負 う も の で あ る こ と を 知 ら な け れ は な ら な い 。 187

天皇権の起源


第 4 章 蘇 我 氏 の 専 横 竹 ノ 街 飛 鳥 道 日 飛 鳥 戸 神 社 飛 鳥 川 石 春 日 聖 徳 太 子 墓 卍 孝 徳 陵 爪 叡 福 寺 用 爪 明 陵 山 田 推 古 陵 爪 科 長 神 社 日 河 内 飛 鳥 の 図 152

天皇権の起源


聖 徳 太 子 を 聖 と し た 由 縁 こ の よ う に 太 子 の 平 癒 を 祈 願 し て 、 釈 迦 三 尊 像 の 造 仏 が 発 願 さ れ た が 、 太 子 は 薨 去 し 、 そ の 翌 年 三 月 に 仏 像 は 完 成 し た 。 多 分 そ の 仏 像 は 、 太 子 が 建 立 さ れ た 斑 鳩 寺 に 納 め ら れ た で あ ろ う 。 と こ ろ が 太 子 の 死 を 契 機 に 法 隆 寺 の 創 建 と な っ て 、 釈 迦 三 尊 像 は 法 隆 寺 金 堂 の 主 仏 と さ れ る こ と に な る の で あ る が 、 法 隆 寺 の 創 建 を う な が し た の は 何 に よ っ た の で あ ろ う か 。 そ の こ と で 、 当 時 の 仏 教 の 様 子 を 紹 介 し て お こ う 。 「 日 本 書 紀 」 推 古 朝 三 十 二 ( 六 二 四 ) 年 の 条 、 当 時 の 暦 日 で は 三 十 三 年 に あ た り 、 太 子 の 死 後 三 年 の 記 事 に な る が 、 そ れ に よ る と 寺 四 六 所 、 僧 八 一 六 人 、 尼 五 六 九 人 、 合 計 一 、 三 八 五 人 も あ っ た と い う 。 こ ん な に 寺 院 が 多 い の は 、 各 氏 族 に も 氏 寺 の 建 立 を う な が し た こ と に よ る も の で あ っ た 。 そ れ に し て も 、 わ ず か 三 十 年 あ ま り の 短 期 間 に 、 い か に 仏 教 が 興 隆 し た か を 知 る こ と が で き る で あ ろ う 。 仏 法 伝 来 の 初 期 に 、 し か も 急 速 な 興 隆 を み た こ の 時 期 に 、 そ の 中 核 と な っ た 一 人 の 人 物 を 、 聖 人 と し て 仰 ご う と す る の は 当 然 な 趨 勢 で あ っ た 。 も ち ろ ん 原 動 力 と な っ た の は 蘇 我 馬 子 で あ る が 、 そ れ は 信 仰 と い う よ り も 、 蘇 我 氏 の も っ 権 勢 を 誇 示 し よ う と す る 政 治 的 作 為 が 主 た る も の で あ っ た 。 太 そ れ だ け に 馬 子 の 権 力 に 反 感 を い だ く も の も 多 か っ た で あ ろ う 。 そ の た め に 、 仏 教 興 隆 の 貢 献 者 と 聖 し て 、 太 子 が 大 き く 浮 か び 上 が っ た も の と 思 わ れ る 。 と ひ じ り 寺 三 宝 の 聖 と し て 、 馬 子 で も な く 、 ま た 推 古 女 帝 で も な く 、 聖 徳 太 子 が 選 ば れ た こ と は 、 ま こ と に 法 興 味 深 い 。 推 古 女 帝 に し て も 、 さ き に 述 べ た よ う に 、 直 接 政 務 に た ず さ わ っ て は い な か っ た 。 仏 法 793

天皇権の起源


第 4 章 蘇 我 氏 の 専 横 暦 日 の 異 な る 聖 徳 太 子 の 死 わ が 国 に 仏 教 を 興 隆 さ せ た 最 大 の 貢 献 者 と し て 、 一 般 に は 聖 徳 太 子 が 考 え ら れ て い る 。 も ち ろ ん 太 子 の 偉 大 さ を 、 あ え て 否 定 し よ う と す る も の で は な い 。 し か し 三 宝 の ひ じ り 聖 と し て 仰 ぐ に 至 っ た の は 、 太 子 の 死 後 の こ と で あ っ た こ と を 知 っ て お く 必 要 が あ る 。 そ し て 太 子 信 仰 の 普 及 と と も に 、 太 子 と ゆ か り の あ る 四 天 王 寺 や 法 隆 寺 が 、 他 の 古 代 寺 院 の 焼 失 し た 後 ま で 伝 わ り 、 最 古 の 寺 院 と し て の イ メ ー ジ を 与 え た こ と も 手 伝 っ た と い え る 。 も ち ろ ん 四 天 王 寺 の 創 建 当 初 の 建 物 は 、 織 田 信 長 の 石 山 合 戦 に 関 連 し て 焼 失 し た 。 そ れ を 豊 臣 秀 吉 が 再 建 す る が 、 こ れ も 大 坂 冬 の 陣 で 徳 川 家 康 に よ っ て 放 火 さ れ た 。 そ の 後 の 復 興 も 享 和 の 雷 火 や 、 近 く は 昭 和 九 年 の 室 戸 台 風 、 さ ら に は 第 二 次 大 戦 の 空 襲 で 災 害 を う け た 。 し か し そ の た び に 再 建 さ れ て 、 四 天 王 寺 の 偉 容 を 伝 え て き た の で あ る 。 し か も わ が 国 に お け る 最 古 の 名 刹 と い う イ メ ー ジ は 強 く 、 こ と に 平 安 末 期 か ら 鎌 倉 時 代 に か け て 、 四 法 隆 寺 と 聖 徳 太 子 188

天皇権の起源


第 4 章 蘇 我 氏 の 専 横 当 姦 ツ 、 第 ー を 推 進 す る 矢 面 に 立 っ て い た の は 聖 徳 太 子 で あ っ 」 0 し か も 聡 明 な 太 子 は 、 馬 子 に よ る 専 制 政 治 の 渦 中 に 入 る こ と を お そ れ 、 都 か ら 遠 く 離 れ た 斑 学 ー を 鳩 の 地 に 宮 居 を 建 て 、 政 権 に 対 す る 野 心 を 捨 て て い た 。 そ れ だ け に 個 人 的 に も 、 仏 法 へ の 帰 依 蠍 に 強 く 傾 い た の で あ ろ う 。 し か し 太 子 を 聖 人 た 。 新 ) 界 ら し め た 直 接 の 発 端 は 、 太 子 が 師 事 し て い た 高 の 麗 の 僧 恵 慈 の 力 に 負 う た と も い え る 。 し な が 上 聖 徳 太 子 は 前 年 亡 く な っ た 母 の た め に 、 磯 長 墓 陵 ( 大 阪 府 南 河 内 郡 太 子 町 ) を 造 っ た が 、 太 子 も 逝 を 0 ~ 磯 去 の 月 に 同 じ 陵 に 合 葬 さ れ た 。 そ し て 恵 慈 が 法 ′ 第 を 〔 子 要 を つ と め た と き の 恵 慈 の 言 葉 が 、 『 日 本 書 紀 』 、 ~ を ) に 左 の よ う に 記 さ れ て い る 。 や ま と の く に ひ じ り 日 本 国 に 聖 人 ま し ま す 。 上 宮 豊 聰 耳 皇 子 と ひ じ り も う す 。 ま こ と に 天 に 縦 さ れ た り 。 玄 聖 の い き お い 徳 を 以 て 日 本 国 に 生 れ ま せ り 。 ゆ る 194

天皇権の起源


法 隆 寺 と 聖 徳 太 子 か む さ あ だ し く に い ま 太 子 す で に 薨 り ま し ぬ 。 わ れ 異 国 と い む つ ま し き え ど も 、 心 は 断 金 に あ り 。 わ れ ひ と り 生 け し る し り と も 、 何 の 益 か あ ら ん 。 わ れ 来 年 二 月 五 み ま か 日 を 以 て 必 す 死 ら ん 。 因 り て 以 て 上 宮 太 子 わ た に 浄 土 に 遇 い て 、 共 に 衆 生 を 化 さ ん 。 第 供 そ し て 恵 慈 は そ の 翌 年 の 期 日 に 亡 く な っ た 。 ひ じ り そ の た め 人 び と は 、 太 子 と と も に 恵 慈 も ま た 聖 太 で あ っ た と い っ て 賛 え た と い う 。 高 僧 の こ う し 回 た 死 が 、 さ ら に 太 子 を 三 宝 の 聖 と し て 崇 め さ す , 年 に 至 っ た も の と み て よ か ろ う 。 五 聖 徳 太 子 と い う 名 も 、 右 に 示 し た 恵 慈 の 賛 辞 三 、 隆 に あ る 「 玄 聖 之 徳 」 の 語 に 出 る も の で 、 し か も 天 平 勝 宝 三 ( 七 五 一 ) 年 の 「 懐 風 藻 」 序 文 に み え る の が 初 見 で あ る 。 ま た 釈 迦 三 尊 像 の 光 背 銘 文 に み え る 法 皇 と い う 称 も 、 そ の 影 響 を う け た も の と み て よ か ろ う 。 「 日 本 書 紀 」 用 明 天 皇 の 条 に は 、 厩 戸 皇 子 と 195

天皇権の起源


た い こ と は 法 隆 寺 の 創 建 の こ と で あ る 。 横 そ の こ と と 関 連 し て 、 こ こ で 特 に 述 べ の 法 隆 寺 金 堂 の 薬 師 如 来 坐 像 の 光 背 に 銘 文 が あ っ て 、 推 古 朝 十 五 年 に 寺 と 仏 像 と が 造 ら れ た と あ る 我 こ と か ら 、 な が ら く 法 隆 寺 の 創 建 は 推 古 朝 十 五 年 、 ま だ 聖 徳 太 子 の 在 世 中 で あ っ た と い わ れ て き た 。 し か し 、 そ れ に は 問 題 が あ る 。 章 そ の 光 ヒ 月 銘 文 に よ る と 、 聖 徳 太 子 の 父 で あ る 用 明 天 皇 の 大 患 に あ た り 、 妺 の 推 古 女 帝 と 聖 徳 太 子 第 が 、 0 癒 祈 願 0 た め 」 建 立 を 発 願 さ れ た と 記 し 〔 る 。 銘 文 0 一 部 を 左 = 示 し お 0 う 。 あ め の し た し ろ 小 治 田 大 宮 に 天 下 治 し め し し 大 王 天 皇 ( 推 古 ) お よ び 東 宮 聖 王 ( 聖 徳 太 子 ) 、 大 命 を 受 け 賜 わ り て 、 歳 次 丁 卯 年 ( 推 古 十 五 年 ) に 仕 え 奉 る 。 し か し 銘 文 に つ い て の 批 判 は 、 早 く 東 伏 見 邦 英 氏 に よ っ て 出 さ れ 、 銘 文 の 書 風 と 文 体 か ら み て 、 時 代 も 降 っ た 大 化 改 新 か ら 天 武 朝 に か け て の も の と み ら れ 、 ま た 仏 像 も 飛 鳥 仏 の 北 魏 様 式 よ り も 後 の 北 斉 か 北 周 の 様 式 を も っ た も の と さ れ た 。 美 術 史 家 の 中 に は 、 仏 像 は 推 古 朝 末 期 の も の と み る 説 も あ る が 、 い す れ に せ よ 光 背 銘 文 は 後 刻 さ れ た も の と い う の が 、 ほ ば 定 説 と な っ て い る 。 し た が っ て 、 法 隆 寺 の 創 建 は 、 金 堂 の 釈 迦 三 尊 像 か ら 考 え る べ き で あ ろ う 。 こ れ は 、 法 興 寺 ( 安 居 院 ) の 飛 鳥 大 仏 と 同 じ く 鞍 作 鳥 が 造 っ た も の で 、 北 魏 様 式 を 伝 え る 代 表 的 作 品 で あ る 。 そ の 光 背 銘 文 も 六 朝 様 式 の 字 体 で 、 造 仏 と と も に 彫 り こ ま れ た も の と み ら れ て い る 。 か み さ き そ の 銘 文 に よ る と 、 辛 巳 年 の 推 古 朝 二 十 九 年 十 二 月 に 、 鬼 前 太 后 ( 太 子 の 母 ) が 崩 じ 、 そ の 翌 年 の か し は で の お お い ら つ め 正 月 二 十 二 日 に は 上 宮 法 皇 ( 太 子 ) が 病 い と な り 、 妃 の 膳 大 郎 女 も と も に 病 床 に つ か れ た 。 そ こ 190

天皇権の起源


た る も の と し た 。 官 職 と し て の 地 位 は 優 遇 さ れ た と い え る が 、 政 治 権 力 の 上 に 超 然 と あ る べ き 仏 法 者 の あ る べ き 姿 で は な か っ た 。 し か し 、 す で に 中 国 で 国 家 の 統 制 下 に あ っ た 仏 教 を 見 習 っ た わ が 国 で は 、 仏 教 を 国 家 組 織 の 中 に 組 み 入 れ る こ と に よ っ て 、 仏 教 を 充 実 さ せ た も の と 考 え た の で あ る 。 「 日 本 書 紀 」 の 同 年 秋 九 月 の 条 に 、 か ん が い え で 寺 ま た 僧 尼 を 校 え て 、 つ ぶ さ に そ の 寺 の 造 ら れ し 縁 、 ま た 僧 尼 の 入 道 の 縁 、 ま た 度 せ る 年 月 日 し る を 録 す 。 と あ り 、 こ う し て 寺 院 四 六 所 、 僧 尼 一 、 三 八 五 人 は 、 国 家 の 統 制 の も と に お か れ る こ と に な っ た 。 そ し て 翌 年 に 高 麗 王 か ら 献 上 さ れ た 僧 恵 潅 も 僧 正 と さ れ 、 当 時 の 施 政 者 の 考 え で は 、 仏 教 は 制 度 の 上 で も 完 備 し た こ と に な っ た の で あ る 。 仏 教 が わ が 国 に 渡 来 し た の は 欽 明 朝 で 、 と き の 大 臣 で あ っ た 蘇 我 稲 目 の 支 持 を う け た が 、 実 際 に 仏 教 を 定 着 さ せ 、 そ の 興 隆 を み ち び い た の は 、 そ の 子 の 馬 子 の 力 に 負 う も の で あ っ た 。 も ち ろ ん 仏 教 の 興 隆 は 、 馬 子 が 権 勢 を 誇 示 し よ う と す る 政 治 的 野 心 に よ る も の で あ っ た 。 し か し 天 皇 権 を し の ぐ 馬 子 の 権 力 が な か っ た な ら ば 、 こ れ ほ ど 短 期 間 に 、 仏 教 を 中 心 と し た 華 や か な 飛 鳥 文 化 は 生 ま れ 太 な か っ た と 思 う 。 こ れ に 対 し 聖 徳 太 子 は 、 そ の 脇 役 と し て 活 躍 し た 偉 大 な 仏 法 者 で あ っ た と い え る 。 聖 と こ ろ が 、 仏 教 が 国 家 的 に 制 度 化 さ れ た 二 年 後 、 「 日 本 書 紀 」 の 紀 年 で は 推 古 朝 三 十 四 年 五 月 に と 寺 蘇 我 馬 子 は 亡 く な っ た 。 そ し て さ ら に 二 年 後 に 推 古 女 帝 も 崩 御 さ れ た 。 こ う し て 馬 子 の 専 制 時 代 は 法 終 わ る の で あ る 。 よ し お こ な い 203

天皇権の起源


は 破 格 の 賞 賜 で あ っ た 。 蘇 我 馬 子 の 専 横 ぶ り を 示 し た も の と い え る 。 元 興 寺 に 安 置 さ れ た そ の 仏 像 が 、 わ が 国 で 最 初 に 鋳 造 さ れ た も の で 、 現 在 の 飛 鳥 寺 に あ る 釈 迦 仏 だ と さ れ て い る 。 と こ ろ が 「 日 本 書 紀 」 に は 、 推 古 朝 十 四 年 に 仏 像 が 完 成 し 、 そ の 日 に 元 興 寺 に 安 置 し た と あ る が 、 現 在 の 定 説 で は 推 古 朝 十 七 年 だ と さ れ て い る 。 そ れ は 奈 良 朝 に 書 か れ て 伝 写 さ れ た 「 元 興 寺 伽 藍 縁 起 并 流 記 資 財 帳 」 に 、 推 古 朝 十 七 年 に あ た る 己 巳 四 月 八 日 に 元 興 寺 に 安 置 し た と み え る か ら で あ る 。 参 考 ま で に 付 記 し て お く 。 こ の よ う に 法 興 寺 は 、 国 家 的 最 高 の 寺 院 と し て 、 壮 大 な 伽 藍 を も っ て 建 立 さ れ た 。 し か し 、 も と も と 法 興 寺 は 、 蘇 我 馬 子 の 請 願 に よ っ て 建 立 さ れ た も の で 、 い わ ば 蘇 我 氏 の 私 寺 で あ っ た 。 そ れ に も か か わ ら す 、 官 寺 の ご と く 扱 わ れ た の で あ る 。 こ れ ら の こ と を も っ て し て も 、 馬 子 が 仏 法 興 隆 の 中 心 人 物 で あ っ た こ と が わ か る で あ ろ う 。 一 般 に は 聖 徳 太 子 に よ っ て 、 仏 法 の 興 隆 が 行 わ れ た よ う に 思 わ れ て い る が 、 実 際 に は そ う で は な い 。 聖 徳 太 子 は 馬 子 の 庇 護 の も と に 、 み ず か ら も 篤 く 仏 法 に 帰 依 は し た が 、 真 実 の 推 進 力 と な っ て い た の は 馬 子 で あ っ た 。 我 仏 教 美 術 史 の 分 野 で は 、 飛 鳥 時 代 ・ 白 鳳 時 代 ・ 天 平 時 代 に 時 代 区 分 す る 。 い つ ま で が 飛 鳥 時 代 で と あ る か に つ い て は 諸 説 が あ る が 、 一 般 に は 皇 極 朝 が 終 わ り 孝 徳 朝 に 入 る 大 化 元 ( 六 四 五 ) 年 を も っ て 、 仏 飛 鳥 ・ 白 鳳 の 時 代 を 区 分 し て い る 。 し た が 「 て 飛 鳥 時 代 と は 、 馬 子 ・ 蝦 夷 ・ 入 鹿 に い た る 蘇 我 氏 の 飛 政 権 を ほ し い ま ま に し た 時 期 で あ る 。 推 古 朝 を 中 心 と し て 展 開 さ れ た 飛 鳥 時 代 の 文 化 は 、 蘇 我 氏 の 179