検索 - みる会図書館

検索対象: 日本書紀はなにを隠してきたか

日本書紀はなにを隠してきたかから 245件ヒットしました。

日本書紀はなにを隠してきたか


【 第 一 章 】 古 代 律 令 政 治 の バ イ オ ニ ア ・ 聖 徳 太 子 の 実 像

日本書紀はなにを隠してきたか


大 山 誠 一 氏 の 新 説 聖 徳 太 子 と の つ き あ い も 、 随 分 と 長 く な っ た 。 わ た し が 大 学 の 卒 業 論 文 で 、 そ の 一 族 と 財 産 の 継 承 問 題 を 取 り 上 げ て 以 来 だ か ら 、 か れ こ う ま や と の み こ れ 二 十 年 以 上 に な る 。 そ の 間 に 、 『 聖 徳 太 子 は な ぜ 天 皇 に な れ な か っ た の か ー ー ー 厩 戸 皇 子 と 蘇 我 氏 四 代 の 謎 』 ( 大 和 書 房 、 一 九 九 五 年 ) 、 『 聖 徳 太 子 未 完 の 大 王 』 ( ラ イ プ ラ リ ー 、 九 九 七 年 ) な ど 、 太 子 関 係 の 著 書 も い く つ か 刊 行 す る こ と が で き た 。 そ の よ う な わ け だ か ら 、 大 山 誠 一 氏 が 『 弘 前 大 学 国 史 研 究 』 に 「 〈 聖 徳 太 子 〉 研 究 の 再 検 討 」 ( の ち に 『 長 屋 王 家 木 簡 と 金 石 文 』 吉 川 弘 文 館 、 一 九 九 八 年 に 収 録 ) を 発 表 さ れ た 当 初 か ら 、 大 山 氏 の 新 説 を 読 ん だ 方 に 会 う た び に 、 「 あ な た は 、 あ の 聖 徳 太 子 虚 構 説 に つ い て ど う 考 え る の か ? 」 と 尋 ね ら れ た 。 当 時 の わ た し は 、 大 山 説 に 対 し て ト ー タ ル な 意 見 や 批 評 を 述 べ る 聖 徳 太 子 虚 構 説 へ の 疑 問

日本書紀はなにを隠してきたか


第 ニ 章 ま え が き 3 第 一 章 古 代 律 令 政 治 の バ イ オ ニ ア ・ 聖 徳 太 子 の 実 像 聖 徳 太 子 は 大 王 だ っ た の か ー ー ー 「 隋 書 倭 国 伝 に 記 さ れ た 「 男 王 」 の 謎 聖 徳 太 子 虚 構 説 へ の 疑 問 「 大 化 改 新 」 は 本 当 に あ っ た の か ? ク ー デ タ ー の 首 謀 者 は 誰 か ? 蘇 我 氏 が 滅 ば さ れ た 本 当 の 理 由 蘇 我 入 鹿 は 「 韓 人 」 に 殺 さ れ た “ 第 三 章 「 壬 申 の 乱 」 勃 発 の 謎

日本書紀はなにを隠してきたか


女 王 を い た だ く の は 野 蛮 ・ 未 開 の 象 徴 ? お お き み う ま や と の み こ 聖 徳 太 子 ( 厩 戸 皇 子 ) は 大 王 だ っ た 。 こ の よ う に い う と 、 「 そ ん な ハ ズ は な い 」 と の 反 駁 が 返 っ て く る に 違 い な い 。 聖 徳 太 子 が 即 位 し な か っ た ( で き な か っ た ? ) こ と は 古 代 史 の い わ ば 常 識 な の だ が 、 こ れ を 根 底 か ら 疑 う 所 説 が 提 起 さ れ 支 持 者 も 少 な く な い の で 、 最 初 に こ の 点 に つ い て 見 て お こ う 。 聖 徳 太 子 が 即 位 し た と す る 説 の 根 拠 に な っ た の は 、 『 日 本 書 紀 』 な ど の 国 内 史 料 で は な く ず い し ょ 『 隋 書 』 倭 国 伝 と い う 外 国 史 料 だ っ た 。 『 隋 書 』 倭 国 伝 に は つ ぎ の よ う に あ る 。 あ ざ な た り し ひ こ あ ほ け み 開 皇 一 一 十 年 、 倭 王 の 姓 は 阿 毎 、 字 は 多 利 思 比 孤 、 号 し て 阿 輩 難 弥 と い う も の 、 使 い を 聖 徳 太 子 は 大 王 だ っ た の か ー 『 隋 書 』 倭 国 伝 に 記 さ れ た 「 男 王 」 の 謎 は ん ば く

日本書紀はなにを隠してきたか


に 克 服 さ れ 、 研 究 の 新 た な 地 平 が 開 か れ た と い う こ と で は な い か と 思 わ れ る 。 天 皇 で は な く 皇 太 子 の 理 想 像 以 上 述 べ た よ う に 、 大 山 説 が 聖 徳 太 子 研 究 の 水 準 と 今 後 の 方 向 性 を 明 確 に 示 す も の で あ る こ と は 間 違 い な い の で あ る が 、 ま っ た く 問 題 が な い わ け で は な い 。 大 山 氏 の 所 論 の う ち 後 半 像 部 分 、 す な わ ち 、 『 日 本 書 紀 』 に お い て 聖 徳 太 子 と い う 人 物 が 創 造 さ れ た 目 的 ・ 理 由 が 何 で の あ っ た か と い う 点 、 お よ び 、 『 日 本 書 紀 』 に お い て 聖 徳 太 子 像 が 創 造 さ れ た 後 、 そ れ を 大 き 太 く 変 容 さ せ た 人 物 が 一 体 誰 々 で あ っ た か 、 と い う 点 に 関 し て は 、 な お 疑 問 を 挟 む 余 地 が あ り 、 徳 聖 大 山 氏 と は ま っ た く 別 の 解 釈 も 可 能 で あ る と 思 わ れ る 。 ま ず は 前 者 、 聖 徳 太 子 創 造 の 目 的 に ア ニ 関 し て 、 私 見 を 述 べ て み た い 。 大 山 氏 は 、 『 日 本 書 紀 』 に よ っ て 聖 徳 太 子 と い う 人 物 が 創 造 さ れ た の は 、 中 国 の 聖 天 子 像 治 を 盛 り 込 ん だ 律 令 制 国 家 の 天 皇 の 理 想 像 を 描 く た め で あ っ た と 論 じ て い る 。 だ が 、 聖 徳 太 子 令 は 『 日 本 書 紀 』 に お い て 、 あ く ま で も 皇 太 子 と し て 描 か れ て お り 、 現 に 聖 徳 太 子 の モ デ ル と 代 も い う べ き 厩 戸 王 は 、 つ い に 即 位 す る こ と な く こ の 世 を 去 っ た 。 『 日 本 書 紀 』 が 編 纂 さ れ る 章 お よ そ 百 年 前 に 実 在 し た 人 物 で 、 し か も 即 位 し た こ と も な い 人 物 を 使 い 、 天 皇 の あ る べ き 姿 第 を 描 こ う と し た と い う の は 、 や は り 不 審 で は な い だ ろ う か

日本書紀はなにを隠してきたか


把 握 す る こ と で あ ろ う 。 だ が 、 通 説 や そ れ に 依 拠 す る 大 山 氏 の 理 解 の し か た を 見 る と 、 や や も す れ ば 、 光 明 皇 后 や 藤 原 氏 の 意 志 ひ と つ で 政 治 の す べ て が 動 く と 錯 覚 し て い る か の よ う に 見 受 け ら れ る 。 何 に も 増 し て 大 き な 疑 問 は 、 律 令 制 国 家 の 頂 点 に 位 置 す る は ず の 天 皇 ・ 聖 武 の 存 在 が ほ と ん ど 等 閑 に 付 さ れ て い る 点 で あ る 。 前 節 で 見 た よ う に 、 『 日 本 書 紀 』 に お け る 聖 徳 太 子 が 、 本 来 、 皇 太 子 だ っ た 聖 武 の た め に 創 ら れ た 存 在 で あ っ た と す る な ら ば 、 そ の 後 の 聖 徳 太 子 像 の 変 容 と い う 作 為 に 聖 武 が ま っ た く 無 関 係 で あ っ た と は 考 え に く い 。 聖 武 は 七 一 五 年 ( 霊 亀 元 ) 、 父 文 武 が 即 位 し た の と 同 じ 十 五 歳 に 達 し な が ら も 、 「 年 歯 幼 く 稚 く し て 未 だ 深 宮 を 離 れ ず 」 ( 皇 太 子 は 年 齢 が 幼 な す ぎ て 、 ま だ 宮 中 の 奥 深 く に 引 き こ も り が ち で 、 天 皇 と し て 即 位 す る の は 無 理 だ ) と い う 烙 印 を 押 さ れ 、 即 位 が 見 送 ら れ た と い う 苦 い 体 験 が あ っ た 。 そ の よ う な 聖 武 に 、 皇 太 子 と し て の あ る べ き 姿 と し て 提 示 さ れ て い た の が 『 日 本 書 紀 』 の 聖 徳 太 子 像 な の で あ る か ら 、 聖 武 あ る い は 彼 の 周 辺 の 人 物 が 、 そ れ に あ え て 反 発 す る 形 で 、 今 度 は 自 ら の 理 想 を 託 し 、 太 子 像 に 一 定 の 改 変 ・ 増 補 を 加 え た と い う 可 能 性 は 十 分 に 考 え ら れ る 。 む し ろ 、 『 日 本 書 紀 』 に よ っ て 理 想 の 皇 太 子 と し て の 聖 徳 太 子 像 を 押 し 付 け ら れ て い た の が 聖 武 自 身 で あ っ た と す れ ば 、 そ れ に 改 変 の 手 を 加 え う る 立 場 に い た の は 、 光 明 皇 后 で も 誰 で も な い 、 や は り 、 聖 武 天 皇 に ほ か な ら な い 。

日本書紀はなにを隠してきたか


と す る な ら ば 、 聖 徳 太 子 と 中 大 兄 皇 子 は い わ ば 」 組 の 存 在 な の で あ っ て 、 「 日 本 書 紀 』 , お い て 、 と も に 皇 太 子 の 理 想 像 と し て 創 造 さ れ た 存 在 で あ っ た と 考 え る の が 妥 当 で は な い だ ろ う か 。 拙 著 『 天 智 天 皇 」 ( 前 掲 ) で 述 べ た よ う に 、 大 山 氏 の 聖 徳 太 子 虚 構 説 は 、 こ の 点 に 関 て ん じ し て は 、 こ と の 一 面 し か 照 射 し て い な い の で あ っ て 、 「 聖 徳 太 子 Ⅱ 天 智 天 皇 虚 構 説 」 と い う 方 向 で 考 察 を す す め て い く の が 、 む し ろ 、 穏 当 な の で は な い か と 考 え る 。 像 そ し て 、 『 日 本 書 紀 』 の 編 纂 段 階 に 皇 太 子 と し て の 理 想 像 、 す な わ ち 皇 太 子 の マ ニ ュ ア ル 実 し よ 、 つ む の の 存 在 を 必 要 と し て い た の は 、 ほ か な ら ぬ 聖 武 天 皇 だ っ た の で は な い だ ろ う か 。 「 日 本 書 紀 』 徳 が 成 立 し た 七 二 〇 年 に お い て 、 実 際 に 皇 太 子 の 地 位 に あ っ た の は の ち の 聖 武 だ っ た 。 『 日 本 聖 書 紀 』 の 編 纂 段 階 に お い て 皇 太 子 は ま だ 成 立 間 も な い 存 在 で あ り 、 そ れ が ど の よ う な 存 在 で 、 ア い か に あ る べ き か に つ い て は 支 配 層 の 内 部 で も な お 認 識 が 薄 か っ た の で あ る 。 『 日 本 書 紀 』 オ イ に お い て は 、 天 皇 か い か に あ る べ き か よ り も 、 皇 太 子 が い か に あ る べ き か を 明 確 に 示 し て お 治 く 必 要 が あ っ た と い え る で あ ろ う 。 政 令 七 一 四 年 ( 和 銅 七 ) に わ ず か 十 四 歳 ( 数 え ) で 皇 太 子 に 立 て ら れ た 聖 武 に と っ て 、 皇 太 子 の 代 手 本 と な る べ き 存 在 は 、 そ の 父 文 武 天 皇 し か い な か っ た 。 し か し 、 文 武 は 六 九 七 年 に 史 上 最 章 初 の 皇 太 子 と な っ た が 、 そ の 半 年 後 に は 即 位 し て い る の で 、 皇 太 子 の 見 本 と し て は 不 十 分 で 第 あ る 。 ま た 、 聖 武 は 皇 太 子 に な っ て か ら 即 位 す る ま で 、 お よ そ 十 年 の 歳 月 を 待 た さ れ た と い も ん む

日本書紀はなにを隠してきたか


第 一 章 古 代 律 令 政 治 の パ イ オ ニ ア ・ 聖 徳 太 子 の 実 像 聖 徳 太 子 が い か に 大 王 と し て の 人 格 ・ 資 質 に め ぐ ま れ て い た と し て も 、 か れ ら を 差 し 置 い て 即 位 す る こ と に よ っ て 生 ず る で あ ろ う 混 乱 や 紛 争 は 、 や は り 回 避 す る 必 要 が あ っ た の で は あ る ま い カ い ず れ に せ よ 、 当 時 の 王 位 継 承 の 原 則 と 実 態 を 鮮 明 に す る こ と に よ っ て 、 聖 徳 太 子 が 即 位 で き な か っ た 理 由 も 明 ら か に な っ て く る で あ ろ う 。

日本書紀はなにを隠してきたか


前 後 の 状 況 を ふ ま え る と は 、 当 時 の 王 位 継 承 の 在 り か た を ど の よ う に 考 え る か と い う こ と で あ る 。 こ れ が 聖 徳 太 子 非 即 位 説 の ポ イ ン ト で あ る 。 き ん め い 当 時 す で に 、 血 統 を 重 視 し た 王 位 継 承 が な さ れ て い た と 考 え れ ば 、 聖 徳 太 子 は 欽 明 の 孫 、 よ 、 つ め い あ な ほ べ の は し ひ と の ひ め み こ 用 明 の む す こ で あ り 、 母 も 欽 明 の む す め 穴 穂 部 間 人 皇 女 だ っ た か ら 、 即 位 す る の に 十 分 な 血 統 的 条 件 を そ な え て い た こ と に な る 。 彼 が 即 位 し な か っ た の だ か ら 、 そ れ を 阻 む よ ほ ど の 像 障 壁 が あ っ た に 違 い な い と い う こ と で 、 さ ま ざ ま な 解 釈 が あ ら わ れ る こ と に な っ た 。 曰 く 、 き ひ 実 そ が の う ま こ の 聖 徳 太 子 の 即 位 は 時 の 最 高 権 力 者 だ っ た 大 臣 蘇 我 馬 子 に よ っ て 忌 避 さ れ た 。 曰 く 、 推 古 は 我 た け だ の み こ 駄 が 子 竹 田 皇 子 を 大 王 に し た い と い う 考 え を も っ て い た か ら 、 聖 徳 太 子 を 即 位 さ せ る わ け に は 聖 い か な か っ た 、 云 々 。 ア こ の よ う に 、 当 時 の 宮 廷 内 部 の 人 間 関 係 に よ っ て 聖 徳 太 子 の 即 位 が 妨 害 さ れ た と 説 く の だ オ イ が 、 決 定 的 な 証 拠 を 呈 一 小 で き な い と い う 弱 点 が あ る 。 こ こ で わ た し は 思 う 、 決 定 的 な 証 拠 を 治 発 見 で き な い の は 前 提 そ れ 自 体 に 問 題 が あ る の で は な い か と 。 聖 徳 太 子 に 十 分 な 即 位 資 格 が 政 令 あ っ た と い う 前 提 そ の も の を 再 検 討 し て み る 必 要 が あ る の で は な い だ ろ う か 。 代 当 時 の 王 位 継 承 が 血 統 を 重 視 し た も の だ っ た と し て も 、 聖 徳 太 子 に は 本 来 十 分 な 即 位 資 格 は な か っ た と す る 見 解 も 出 さ れ て い る ( 河 内 祥 輔 『 古 代 政 治 史 に お け る 天 皇 制 の 論 理 』 吉 川 弘 文 章 第 館 、 一 九 八 六 年 ) 。

日本書紀はなにを隠してきたか


そ れ は 、 八 世 紀 に 国 家 に よ っ て 編 纂 さ れ た 歴 史 書 『 日 本 書 紀 』 に お い て 、 聖 徳 太 子 即 位 の い ん べ い 事 実 が ど う し て 隠 蔽 さ れ た の か と い う こ と で あ る 。 『 日 本 書 紀 』 は 中 国 ( 当 時 は 唐 王 朝 ) を 強 烈 に 意 識 し て 作 ら れ た 歴 史 書 だ っ た 。 中 国 は 伝 統 的 に 女 王 や 女 帝 に 否 定 的 な 考 え を も っ て い た 。 女 王 を い た だ く の は 野 蛮 ・ 未 開 の 象 徴 で あ り 、 女 性 が 政 治 に 介 入 す る の は 亡 国 の 原 因 で あ る と 見 な さ れ て い た の で あ る 。 聖 徳 太 子 が 即 位 し た 事 実 が あ っ た の な ら ば 、 『 日 本 書 紀 』 は そ れ を あ え て 隠 し 、 推 古 女 帝 の 巻 を 一 巻 立 て る 必 要 な ど な か っ た は ず で あ る 。 そ れ で も 『 日 本 書 紀 』 巻 第 一 一 十 二 は 推 古 天 皇 紀 と さ れ た 。 聖 徳 太 子 紀 ( ? ) 一 巻 が 立 て ら れ な か っ た 理 由 を 、 『 日 本 書 紀 』 の 編 纂 過 程 上 の 問 題 、 あ る い は 『 日 本 書 紀 』 全 体 の 構 想 の 問 題 に 即 し て 明 快 に 説 明 で き な い 以 上 、 聖 徳 太 子 即 位 説 を 安 直 に 説 く こ と は 絶 対 ゆ る さ れ な い と 思 う の で あ る 。 若 す ぎ た 聖 徳 太 子 聖 徳 太 子 が 即 位 し な か っ た と い う の は 古 代 史 の 常 識 だ と 前 に 述 べ た 。 し か し 、 『 日 本 書 紀 』 な ど に そ う 書 い て あ る か ら と い っ て 、 そ れ で 問 題 が 終 わ る わ け で は な い 。 聖 徳 太 子 が 即 位 し な か っ た ( 即 位 で き な か っ た ) 理 由 や 事 情 に つ い て 、 前 後 の 状 況 を ふ ま え 明 確 な 説 明 を 試 み る 必 要 が あ る 。