検索 - みる会図書館

検索対象: 聖徳太子Ⅰ 仏教の勝利

聖徳太子Ⅰ 仏教の勝利から 358件ヒットしました。

聖徳太子Ⅰ 仏教の勝利


聖 徳 太 子 - 仏 教 の 勝 利 梅 原 猛 小 学 館

聖徳太子Ⅰ 仏教の勝利


仏 教 の 勝 利

聖徳太子Ⅰ 仏教の勝利


序 章 聖 徳 太 子 の 実 像 を 求 め て

聖徳太子Ⅰ 仏教の勝利


目 次 序 章 聖 徳 太 子 の 実 像 を 求 め て 「 隠 さ れ た 十 字 架 」 の 方 法 太 子 の 実 像 が 姿 を 現 す 予 感 過 度 の 尊 敬 と 嘲 笑 太 子 に 関 す る 最 初 の 文 献 批 判 光 と 闇 の 矛 盾 の 中 に こ そ 太 子 の 実 像 が 東 ア ジ ア 世 界 と 太 子 の 位 置 必 要 な 政 治 、 経 済 、 文 化 の 総 合 的 考 察 第 一 章 仏 教 伝 来 の 意 味 す る も の つ く ら れ た 血 の 配 合 ー ー 聖 徳 太 子 仏 教 伝 来 は 五 五 二 年 政 治 的 事 件 と し て の 仏 教 伝 来 仏 教 の 誕 生 と 中 国 に お け る 展 開

聖徳太子Ⅰ 仏教の勝利


間 の 協 力 に よ っ て で あ る 場 合 が 多 い 。 わ れ わ れ は 、 こ の 長 い 論 文 で 聖 徳 太 子 の 政 治 を く わ し く 考 察 し よ う と し て い る 。 こ の 場 合 、 私 は そ が の う ま か げ 太 子 の 陰 に い る 一 人 の 現 実 政 治 家 の 存 在 を 無 視 す る こ と は で き な い と 思 う 。 そ れ は も ち ろ ん 蘇 我 馬 す い こ て ん の う 子 で あ る 。 太 子 と 馬 子 の ・ コ ン ビ 、 そ れ に 推 古 天 皇 を 加 え た 三 者 で 推 古 時 代 の 政 治 は 行 わ れ て い る 。 私 は 日 本 書 紀 の こ の 記 事 に 、 い わ ば 太 子 と 馬 子 の 関 係 、 理 想 的 な 皇 帝 と 理 想 的 な 大 臣 と の 協 力 関 係 の 原 型 を 見 る の で あ る 。 よ う め い て い よ う め い て い き ん め い て い 太 子 は 、 仏 教 を 日 本 に と り 人 れ た 欽 明 帝 の 孫 で 、 用 明 帝 の 子 で あ る 。 用 明 帝 は 日 本 で は じ め て 仏 て ん の う そ が す う は い 教 崇 拝 を 公 言 し た 天 皇 で あ る 。 そ し て 太 子 の 出 生 は 、 蘇 我 氏 の 血 を 多 分 に 受 け た 皇 子 を 天 皇 に し ょ そ が う と す る 蘇 我 氏 の 意 志 を 起 因 と し て い る 。 蘇 我 氏 は 仏 教 の 推 進 者 で あ る 。 こ う い う 太 子 は 、 幼 い こ し ん こ う し ん こ う ろ か ら 仏 教 に た い す る 信 仰 を 深 く う え つ け ら れ た に ち が い な い 。 も う 仏 教 信 仰 も 太 子 で 三 代 目 で あ る 。 三 代 目 は 、 一 代 目 、 二 代 目 と ち が っ て 、 根 っ か ら の 仏 教 信 者 な の で あ る 。 ふ 十 四 歳 の 太 子 に と っ て 、 仏 教 は あ く ま で 真 理 に 満 ち た 文 明 国 の 宗 教 で あ る 。 こ の 仏 教 を 日 本 に 普 か れ じ ゅ ん す い し ん こ う き ゅ う 及 す る こ と は 、 皇 子 と し て の 義 務 と 思 わ れ た に ち が い な い 。 そ し て 彼 が 純 粋 な 信 仰 を も っ か ぎ ぬ り ゼ れ い く り 、 仏 の 加 護 は 疑 い え な い も の で あ っ た 。 味 方 の 敗 戦 を 見 て 、 霊 木 と さ れ て い る 白 膠 木 を 切 っ て 、 こ う い し て ん の う ぞ う と っ さ に 四 天 王 像 を つ く る と い う の は 、 子 供 じ み た 行 為 で あ る 。 ど こ か で そ れ は 子 供 の 遊 び に 似 て し ん け ん い る 。 し か し 太 子 は 真 剣 な の で あ る 。 私 が 心 を こ め て 祈 れ ば 、 き っ と 仏 は わ が 軍 に 勝 利 を も た ら す ち か に ち が い な い 。 そ し て 太 子 は 仏 に 誓 う 。 「 私 を 勝 た せ て 下 さ い 。 そ う す れ ば あ な た の 寺 を 建 て ま し み の が そ が の う ま こ こ う い よ う 」 。 こ の 子 供 じ み た 行 為 を ク ー ル な 現 実 政 治 家 ・ 蘇 我 馬 子 は 見 逃 さ な い 。 今 必 要 な の は 太 子 の さ い て ん の う そ が い の こ う て い

聖徳太子Ⅰ 仏教の勝利


任 那 滅 亡 を 招 い た 日 本 の な り ゆ き 外 交 謎 に つ つ ま れ た 任 那 陥 落 仏 教 を 興 国 の 教 え に し た 羅 の 真 興 王 稲 目 の 死 と 仏 教 弾 圧 第 三 章 蘇 我 と 物 部 の 宗 教 戦 争 聖 徳 太 子 の 生 年 と 血 筋 一 七 0 敏 達 帝 の 誕 生 朝 鮮 半 島 の 状 況 ー ー 高 句 麗 の あ せ り 日 本 海 を 渡 っ て き た 高 句 麗 の 使 太 子 誕 生 の こ ろ の 国 際 情 勢 と あ や ふ や な 太 子 伝 説 一 八 六 天 皇 家 に 根 を お ろ し て い っ た 蘇 我 氏 の 血 統 一 九 四 敏 達 帝 の 新 羅 寄 り 外 交 一 究 複 雑 な 気 持 ち で 帰 朝 し た 日 系 百 済 人 ・ 日 羅 一 一 0 四 日 羅 の 提 案 と 悲 劇 馬 子 の 崇 仏 宣 言 ー ー 寺 院 と 塔 の 建 立 疫 病 の 流 行 と 一 一 度 目 の 仏 教 弾 圧 登 場 人 物 の 年 齢 考

聖徳太子Ⅰ 仏教の勝利


に 明 ら か で な か っ た よ う に 思 わ れ る 。 く る 逆 説 的 に い え ば 、 太 子 に た い す る 日 本 人 の あ ま り に 大 き な 尊 敬 が 、 太 子 に 関 す る 正 確 な 認 識 を 狂 わ し め た と 思 う 。 こ の 太 子 に た い す る 、 い さ さ か 異 常 す ぎ る と 思 わ れ る 尊 敬 の 態 度 は 、 す で に 日 本 書 じ ん し ん ら ん た い か の か い し ん 紀 に お い て も 、 は っ き り 現 れ て い る 。 た と え ば 大 化 改 新 に つ い て も 、 壬 申 の 乱 に つ い て も 、 ど ち ら じ よ じ ゅ っ か と い え ば 、 冷 た す ぎ る 客 観 的 な 叙 述 の 態 度 を 崩 さ な か っ た 日 本 書 紀 が 、 な ぜ か 聖 徳 太 子 に 関 し て ら い さ ん き か い は 、 あ た か も 仏 書 や 聖 書 の 聖 者 伝 の よ う な 、 信 ず べ か ら ざ る 奇 怪 な 話 に 満 ち た 礼 讃 の 態 度 を と る の し や か ぞ ん か た お か や ま で あ る 。 こ の 太 子 の 生 と 死 の 話 お よ び 片 岡 山 の 話 に 、 仏 教 の 釈 迦 伝 の み か 、 聖 書 に 語 ら れ る キ リ ス し て き く め く に た け ト 伝 が 用 い ら れ て い る の で は な い か と い う の は 、 す で に 久 米 邦 武 氏 の 指 摘 し た と こ ろ で あ る ( 久 米 く に た け 邦 武 「 上 宮 太 子 実 録 し 。 じ よ う ぐ う こ う た い し ぼ さ っ ぞ ん じ よ う ぐ う し よ う と く た い し ぞ ん け つ き 太 子 伝 は 、 そ の 後 も 多 く 書 か れ 、 上 宮 皇 太 子 菩 薩 伝 、 上 宮 聖 徳 太 子 伝 補 闕 記 な ど の 書 も で き た ら い さ ん が 、 そ れ ら は と も に 僧 侶 の 筆 に な り 、 わ が 国 仏 教 の 生 み の 親 と し て 、 太 子 を 礼 讃 し 、 仏 教 と 国 家 と そ う の 結 合 を 強 調 し 、 そ れ ぞ れ そ の 僧 の 属 す る 寺 院 の 立 場 を 有 利 に し よ う と す る た め の も の で あ っ た 。 も と よ り 、 そ れ ら の 書 物 に は 他 の 書 物 に な い 史 料 が 含 ま れ て い て 、 隠 さ れ た 歴 史 の 一 面 を わ れ ら に 暗 示 す る が 、 そ れ ら の 書 物 は 二 点 に お い て 、 歴 史 的 実 在 と し て の 太 子 の 姿 を 大 き く 歪 め る こ と に 役 か れ だ っ た の で あ る 。 そ れ は 一 つ に は 、 彼 ら は い ず れ も 僧 で あ り 、 仏 教 以 外 の こ と に は あ ま り 関 心 を も こ う り ゅ う た な か っ た の で 、 太 子 の 像 が 仏 教 興 隆 と い う 面 の み で と ら え ら れ 、 あ る い は 、 そ の 面 が 不 当 に 拡 大 さ れ る こ と に な っ た こ と で あ り 、 も う 一 つ は 太 子 を 尊 敬 す る あ ま り 、 あ る い は 、 太 子 を わ が 国 仏 教 て っ て い ち ょ う じ ん か の 父 と し て 偶 像 に せ ん が た め に 、 日 本 書 紀 に お い て 現 れ た 太 子 の 超 人 化 を さ ら に 徹 底 し て 、 太 子 の そ う ゆ が -8

聖徳太子Ⅰ 仏教の勝利


聖 徳 太 子 1 仏 教 の 勝 利 昭 和 五 五 年 三 月 一 一 〇 日 初 版 第 一 刷 発 行 定 価 Ⅱ 一 、 二 00 円 著 者 Ⅱ 梅 原 猛 発 行 者 Ⅱ 相 賀 徹 夫 発 行 所 ⅱ 小 学 館 東 京 都 千 代 田 区 一 ッ 橋 二 ノ 三 ノ 一 郵 使 番 号 一 0 一 電 語 編 集 0 ・ 二 ー 一 一 三 0 ー 五 六 二 0 製 作 0 三 ー 二 三 0 ー 五 三 三 ・ 二 販 売 0 三 ー 一 一 三 0 ー 五 七 六 三 ー 二 00 番 振 替 東 京 八 印 刷 所 日 大 日 本 印 刷 株 式 会 社 0 * 製 本 に は じ ゅ う ぶ ん 注 意 し て お り ま す が 、 万 一 、 落 丁 ・ 乱 丁 な ど の 不 良 品 が ご ざ い ま し た ら 、 お と り か え い た し ま す 。 * 本 書 の 内 容 の 一 部 ま た は 全 部 を 、 無 断 で 複 写 複 製 ( コ ピ ー ) す る こ と は 、 法 律 で 認 め ら れ た 場 合 を 除 き 、 一 8 著 作 者 お よ び 出 版 社 の 権 利 の 害 と な り ま す の で 、 そ の ヨ っ 0 場 合 は あ ら か じ め 小 社 あ て 許 諾 を 求 め て く だ さ い 。 0-

聖徳太子Ⅰ 仏教の勝利


か ざ 伝 記 を 、 一 人 の 実 在 の 人 間 と し て は と う て い 考 え ら れ な い さ ま ざ ま な 神 秘 の 話 で 飾 っ た こ と で あ さ っ ゼ ん ち ん な ん が く え し け つ き る 。 た と え ば 菩 薩 伝 に お い て 、 太 子 を 陳 の 南 岳 慧 思 の 生 ま れ 変 わ り と し 、 補 闕 記 に お い て 、 太 子 を ぜ か ん の ん ひ か く て き 救 世 観 音 で あ る と す る よ う な 点 で あ る 。 こ う い う こ と を 比 較 的 ま ぬ が れ て い る の は 、 上 宮 聖 徳 法 お う て い せ つ 王 帝 説 の み で あ ろ う が 、 こ れ は や は り 日 本 書 紀 よ り 古 い 時 代 に 書 か れ た た め で あ ろ う と 思 わ れ る 。 け い こ う し よ う と く た い し ゼ ん り や く そ し て こ の よ う な 傾 向 は 、 十 世 紀 に い た っ て 聖 徳 太 子 伝 暦 を う ん だ 。 こ の 著 書 は 、 や は り こ の こ ろ し い ん つ く ら れ る 太 子 絵 伝 と と も に 日 本 各 地 の 寺 院 に 伝 え ら れ 、 長 く 日 本 人 の 太 子 像 を 支 配 す る に い た っ か ま く ら し ん ら ん し よ う に ん 。 太 子 は 鎌 倉 時 代 の 宗 教 改 革 者 た ち 、 と く に 親 鸞 上 人 に は 厚 く 尊 敬 さ れ た が 、 親 鸞 上 人 の 太 子 理 た い し ぞ ん り や く 解 も 、 こ の 太 子 伝 暦 の 線 に そ っ た も の で あ っ た 。 じ ゅ き よ う 、 か じ ゅ し ゃ 徳 川 時 代 に な っ て 、 仏 教 に 代 わ り 儒 教 が 盛 ん に な っ た 時 、 儒 者 た ち は 仏 教 に た い す る 攻 撃 の 目 標 と し て 太 子 を 選 ん だ 。 な ぜ な ら 、 太 子 は 日 本 の 仏 教 の 父 で あ り 、 太 子 に よ っ て 仏 教 が 日 本 に 定 着 し じ や き よ う じ ゅ し ゃ じ や き よ う ひ ろ げ ん き よ う た か ら で あ る 。 仏 教 を 邪 教 と 考 え る 儒 者 に と っ て は 、 太 子 こ そ 邪 教 を 日 本 に 弘 め た 第 一 の 元 凶 で あ こ う と う む け い た い し ゼ ん り や く じ ゅ し ゃ め っ た 。 こ の 際 、 荒 唐 無 稽 な 話 で つ つ ま れ た 太 子 伝 暦 は 、 儒 者 に と っ て 仏 教 の 非 合 理 的 精 神 を 示 す も の を と し て 、 格 好 の 批 判 の 対 象 と な っ た 。 そ し て こ の よ う な 批 判 の 態 度 は 、 仏 教 に た い し て 儒 者 と 同 じ じ ゅ し ゃ た い し ゼ ん り や く こ う と う む け い ち ょ う し よ う 実 よ う に 敵 意 を も つ 国 学 者 に も 受 け 継 が れ 、 儒 者 、 国 学 者 は 、 太 子 伝 暦 の 荒 唐 無 稽 な 話 を 嘲 笑 す る と す し ゅ ん て い 子 同 時 に 、 日 本 書 紀 に 書 か れ て い る 馬 子 の 崇 峻 帝 殺 害 の 事 件 に お け る 太 子 の 責 任 を 責 め て 、 太 子 を 不 ~ 偲 聖 忠 の 臣 と し て の の し る に さ え い た っ た の で あ る 。 こ れ に た い し て 、 当 然 、 仏 教 側 か ら の 反 論 が 予 測 じ ゅ き よ う し よ う と く た い し ゼ ん り や く 章 さ れ る が 、 仏 教 側 の 反 論 は 、 い ち お う 儒 教 側 あ る い は 国 学 側 の 聖 徳 太 子 伝 暦 を 中 心 と し て の 荒 唐 無 け い 稽 な 太 子 伝 ( の 批 判 を 認 め 、 後 世 の 史 料 を 捨 て て 、 専 ら 日 本 書 紀 な ど の 古 い 史 料 を も と と し て 、 太

聖徳太子Ⅰ 仏教の勝利


な か と み の か つ み は い ぶ つ る 。 本 来 血 筋 か ら い え ば 排 仏 派 で あ る 。 お そ ら く か ね て か ら 中 臣 勝 海 と 親 交 が あ っ た の で あ ろ う 。 ひ こ ひ と の お う じ の ろ か つ み 勝 海 は 、 今 の 今 ま で 彦 人 皇 子 を 呪 い 殺 そ う と し て い た こ と を 隠 し て 、 皇 子 の と こ ろ ( 保 護 を 求 め に 行 っ た の で あ ろ う 。 ひ こ ひ と の お う じ な か と み の か つ み し か し 今 、 中 臣 勝 海 を か く ま う こ と は 、 明 ら か に 彦 人 皇 子 に と っ て 不 利 で あ る 。 そ う で な く と き ゅ う て い か れ す う ぶ つ ひ こ ひ と の お う じ び み よ う も 、 彦 人 皇 子 は 徴 妙 な 立 場 に た た さ れ て い る 。 彼 は 本 来 、 崇 仏 派 に 好 意 を も っ て い な い 。 宮 廷 の 意 か れ か つ み か れ す う ぶ つ 見 が 崇 仏 一 色 に な ろ う と し て い る 時 、 彼 の 立 場 は 悪 く な ろ う 、 が も し も 彼 が 勝 海 と つ な が っ て い る て ん の う こ と に な っ た ら 、 ま す ま す 立 場 は な く な る 。 次 期 天 皇 は お ろ か 皇 太 子 の 座 も 危 な い 。 か つ み か つ み と ね り と み の い ち い そ れ で 皇 子 の た め に 、 皇 子 の 忠 臣 ・ 舎 人 迹 見 赤 檮 は 、 退 こ う と す る 勝 海 の す き を ね ら っ て 、 勝 海 す う ぶ つ を 斬 っ た 。 も ち ろ ん そ れ で も っ て 皇 子 も ま た 崇 仏 派 で あ る こ と の 証 と し よ う と し た た め で あ る 。 と ね り ぞ ん り や く だ れ と ね り と み の い ち い こ の 迹 見 赤 檮 と い う も の が 、 誰 の 舎 人 か 、 い ろ い ろ 解 釈 が あ る 。 伝 暦 な ど は 聖 徳 太 子 の 舎 人 と し と ね り ひ こ ひ と の お う じ あ り さ ま と み の い ち い き ん ば く て い る が 、 そ れ で は こ の 場 面 の 緊 迫 し た 有 様 が 、 理 解 で き な い 。 迹 見 赤 檮 は や は り 彦 人 皇 子 の 舎 人 戦 と 解 す べ き で あ ろ う 。 あ な に べ の お う ひ こ ひ と の お う じ す う ぶ つ と み の い ち い か つ み き 教 こ の 迹 見 赤 檮 が 勝 海 を 斬 っ て 、 崇 仏 派 に た い す る 彦 人 皇 子 の 忠 誠 心 を 示 し た の は 、 あ の 穴 穂 部 皇 と よ く に の う し 部 子 が 豊 国 法 師 を 連 れ て 内 裏 に 人 っ た の と 同 じ 日 の 出 来 事 で あ る 。 そ が お そ ら く 、 か っ て 排 仏 派 に 属 し 、 蘇 我 氏 に 恨 み を 買 っ た 人 た ち ほ ど 、 目 だ っ た 動 き を す る も の で 我 蘇 あ ろ う 。 う ま こ の お ほ お み か た も の の ・ ヘ の や さ か お ほ ち の み や っ こ を さ か ぬ り ・ ヘ の み や っ こ あ に つ か は お ほ む ら じ あ と 章 大 連 、 阿 都 の 家 よ り 、 物 部 八 坂 ・ 大 市 造 小 坂 ・ 漆 部 造 兄 を 使 し て 、 馬 子 大 臣 に 謂 ら し め き わ れ こ の ゆ ゑ し り ぞ や っ か れ ま へ つ き み た ち お の れ は か 第 て 曰 は く 、 「 吾 、 群 臣 我 を 謀 る と 聞 け り 。 我 、 故 に 退 く 」 と い ふ 。 だ い り は い ぶ つ う ら あ か し 247