検索 - みる会図書館

検索対象: 聖徳太子と法隆寺の謎ー交差する飛鳥時代と奈良時代

聖徳太子と法隆寺の謎ー交差する飛鳥時代と奈良時代から 275件ヒットしました。

聖徳太子と法隆寺の謎ー交差する飛鳥時代と奈良時代


聖 徳 太 子 と 法 隆 寺 の 謎 ー ー 交 差 す る 飛 鳥 時 代 と 奈 良 時 代 目 次

聖徳太子と法隆寺の謎ー交差する飛鳥時代と奈良時代


聖 太 子 と 法 隆 寺 の 謎 倉 西 裕 子 交 差 す る 飛 鳥 時 代 と 奈 良 時 代 平 凡 社

聖徳太子と法隆寺の謎ー交差する飛鳥時代と奈良時代


れ て い る と 言 え ま す 。 こ の よ う な 推 古 紀 や 舒 明 紀 へ の 加 筆 は 、 「 長 屋 王 の 変 」 が 「 乙 巳 の 変 」 と 同 様 の 意 味 を も っ と い う こ と を 示 す こ と に あ っ た と す る 推 論 は 成 り 立 っ 余 地 が あ り ま す 。 『 書 紀 』 は 、 奈 良 時 代 の 聖 武 天 皇 と 長 屋 王 と の 対 抗 関 係 を 、 推 古 紀 や 舒 明 紀 の 記 述 内 容 に 投 影 さ せ て い る と 考 え ら れ る の で す 。 4 ー ー 東 院 伽 藍 の 造 営 ー 光 明 子 と 法 隆 寺 東 院 「 法 隆 寺 東 院 縁 起 前 節 ま で の 考 察 を と お し て 、 『 書 紀 』 の 聖 徳 太 子 を め ぐ っ て は 、 奈 良 時 代 の 政 治 的 状 況 の 反 映 と し て 聖 武 天 皇 の 事 績 を 飛 鳥 時 代 に 投 影 さ せ る た め 、 「 聖 徳 太 子 ( 奈 ) 」 が 考 案 さ れ 、 『 書 紀 』 の 推 古 謎 建 紀 や 舒 明 紀 の 編 年 や 記 述 内 容 に 多 少 の 加 筆 や 改 編 が ほ ど こ さ れ て い る 可 能 性 を 明 ら か に し て ま い り 再 寺 ま し た 。 隆 法 そ れ で は 、 「 聖 徳 太 子 ( 奈 ) 」 に は 、 『 書 紀 』 や 『 薬 師 如 来 像 光 背 銘 文 』 に 対 す る 考 証 結 果 に 示 さ 章 れ る よ う に 、 本 当 に 聖 武 天 皇 の み が 投 影 さ れ て い る の で し よ う か 。 こ こ で 法 隆 寺 東 院 伽 藍 の 建 立 の 六 経 緯 を 見 て み ま し よ う 。 法 隆 寺 の 東 院 伽 藍 は 、 西 院 伽 藍 と は 異 な り 奈 良 時 代 の 創 建 で あ る こ と が は つ き り し て い ま す 。

聖徳太子と法隆寺の謎ー交差する飛鳥時代と奈良時代


建 立 時 期 を め ぐ っ て 飛 鳥 時 代 説 と 奈 良 時 代 説 が あ る こ と と の 間 に は 、 な ん ら か の 相 関 関 係 が あ る の か も し れ ま せ ん 。 そ し て 、 法 隆 寺 を 建 立 し た と 伝 え ら れ る 聖 徳 太 子 を め ぐ る 数 々 の 謎 に 対 し て も 、 現 存 法 隆 寺 は い っ 建 立 さ れ た の か 、 聖 徳 太 子 は 実 在 し た の か 、 な ど 研 究 史 上 未 解 明 と な っ て い る 困 難 な 課 題 に 対 し て 、 本 書 に お い て は 、 書 紀 紀 年 法 と い う 研 究 ア プ ロ ー チ を と お し て 、 あ り う る べ き 答 え を 探 し て ゆ く こ と に な り ま す 。 と も 法 隆 寺 は 、 今 日 ま で 、 人 々 の 心 の な か に 、 〃 謎 の 探 求 〃 と い う 、 消 え る こ と な き 残 り 火 を 灯 し 続 け て き た と 言 う こ と が で き ま す 。 透 き と お る よ う な 秋 空 の も と 、 法 隆 寺 に 立 ち 、 耳 を 澄 ま せ て み れ ば 、 そ こ に 聞 こ え て く る の は 、 飛 鳥 人 の さ さ や き で し よ う か 、 天 平 人 の さ さ や き で し よ う か 。 『 日 本 書 紀 』 の 編 年 問 題 は 光 を 与 え て く れ る か も し れ ま せ ん 。

聖徳太子と法隆寺の謎ー交差する飛鳥時代と奈良時代


想 が 生 じ た の だ と 考 え ら れ ま す 。 し た が っ て 、 東 院 伽 藍 に は 、 「 聖 徳 太 子 ( 飛 ) Ⅱ 厩 戸 皇 子 」 と 長 屋 王 が 祭 ら れ て い る と 結 論 づ け る こ と が で き る で し よ う 。 こ の よ う に 想 定 す れ ば 、 第 五 章 に お い て 論 じ ま し た 橘 夫 人 の 『 天 寿 国 繍 帳 』 は 、 子 聖 武 天 皇 の た め で は な く 、 「 聖 徳 太 子 ( 飛 ) Ⅱ 厩 戸 皇 子 」 に 投 影 さ れ る 長 屋 王 の 皇 屋 鎮 魂 の た め に 作 ら れ た 、 と 理 解 す る こ と が で き る の で は な い で し よ う か 。 の 太 武 藍 徳 聖 院 東 本 章 に お い て は 、 法 隆 寺 再 建 の 謎 を 検 証 し て ま い り ま し た が 、 法 隆 寺 西 院 伽 藍 と 子 と 東 院 伽 藍 と い う よ う に 、 あ え て 二 つ の 伽 藍 が 建 立 さ れ た こ と に は 意 味 が あ る よ 聖 う で す 。 西 院 伽 藍 と 東 院 伽 藍 と が 建 立 さ れ た 理 由 を 、 両 伽 藍 と も 飛 鳥 時 代 の 「 聖 の 藍 徳 太 子 ( 飛 ) Ⅱ 厩 戸 皇 子 , を 祭 っ て は い る も の の 、 一 二 〇 年 後 の 奈 良 時 代 に お い 飛 子 子 院 子 皇 皇 て 対 抗 関 係 に あ っ た 聖 武 天 皇 と 長 屋 王 の 姿 を も 、 そ れ ぞ れ 別 の 意 味 そ し て 経 緯 に 寺 太 戸 戸 隆 徳 厩 厩 お い て 「 聖 徳 太 子 ( 飛 ) Ⅱ 厩 戸 皇 子 」 に 重 ね て 、 祭 っ て い る こ と に 求 め る こ と が で き る で し よ う 。 Ⅵ 藍 寺 隆 法 西 院 伽 藍 東 院 伽 藍 2 ラ 4

聖徳太子と法隆寺の謎ー交差する飛鳥時代と奈良時代


結 果 と も な る の で す 。 こ れ も ま た 真 実 で す の で 、 日 本 書 紀 成 立 論 な ど と 関 連 し た こ の よ う な 虚 構 論 も 、 聖 徳 太 子 研 究 と し て 一 つ の 研 究 領 域 を 形 成 し て い る と 言 っ て よ い か も し れ ま せ ん 。 す な わ ち 、 『 書 紀 』 の 聖 徳 太 子 を 研 究 す る こ と に よ っ て 、 『 書 紀 』 の 編 纂 方 針 、 奈 良 時 代 の 政 治 ・ 宗 教 思 想 や 政 治 的 状 況 な ど の 時 代 背 景 、 書 紀 編 年 に 影 響 を 与 え て い る 讖 緯 暦 運 説 、 そ し て 書 紀 編 年 の 構 造 問 題 な ど 、 『 書 紀 』 を め ぐ る さ ま ざ ま な 課 題 の 解 決 の 糸 口 も ま た 、 見 え て く る こ と に な る か ら で す 。 さ ら に 、 聖 徳 太 子 と 法 隆 寺 を め ぐ る 謎 は 、 長 屋 王 の 存 在 に よ っ て 、 さ ら な る 局 面 が 形 作 ら れ る こ と に な っ た と 言 う こ と が で き ま す 。 法 隆 寺 は 西 院 伽 藍 と 東 院 伽 藍 と い う 二 つ の 伽 藍 か ら な っ て い ま す 。 な ぜ 、 天 平 時 代 と な っ て 斑 鳩 宮 址 に 東 院 伽 藍 と い う 趣 を 異 に す る 伽 藍 が 建 立 さ れ た の か と い う 謎 は 、 長 屋 王 の 変 と 東 院 伽 藍 建 立 の 経 緯 と の 関 連 を 考 察 す る こ と に よ っ て 解 か れ て く る こ と に な り ま す 。 法 隆 寺 に は 、 西 院 伽 藍 と 東 院 伽 藍 を と お し て 、 仏 の ご 加 護 、 救 世 、 疫 病 退 散 、 延 命 長 寿 、 鎮 魂 な ど 、 法 隆 寺 の 西 院 伽 藍 再 建 と 東 院 伽 藍 の 建 立 に か か わ っ た 人 々 の さ ま ざ ま な 願 い が 込 め ら れ て い る と 一 一 一 一 口 一 つ こ と が で き ま す 。 グ 一 二 〇 年 を 隔 て て 交 差 す る 飛 鳥 時 代 と 奈 良 時 代 。 こ の よ う な 複 雑 な 状 況 が 、 歴 史 上 、 信 仰 の 対 象 一 ロ と な り な が ら も 聖 徳 太 子 を 謎 と 混 迷 の 象 徴 た る 存 在 へ と 押 し 上 げ る 結 果 と な っ た の で は な い で し ょ ピ ゝ 0 , っ カ し ん い

聖徳太子と法隆寺の謎ー交差する飛鳥時代と奈良時代


第 五 章 聖 徳 太 子 実 在 ・ 非 実 在 論 ー ー 聖 徳 太 子 複 数 説 聖 徳 太 子 を め ぐ る 研 究 史 2 聖 徳 太 子 複 数 説 ろ 『 日 本 書 紀 』 と 「 推 古 朝 遺 文 , 4 「 憲 法 十 七 条 , の 制 定 と 列 ・ 列 5 斑 鳩 宮 造 営 と 列 ・ 列 6 聖 武 天 皇 の 事 績 叫 7 列 上 の 推 古 末 年 と 列 上 の 元 正 太 上 天 皇 の 崩 年 の 一 致 8 『 天 寿 国 曼 荼 羅 繍 帳 』 9 4 ま し 」 め 第 六 章 法 隆 寺 再 建 の 謎 ー ー 奈 良 時 代 の 政 治 史 の な か の 聖 徳 太 子 法 隆 寺 の 西 院 伽 藍 と 東 院 伽 藍 ー ・ ー 法 隆 寺 再 建 ・ 非 再 建 論 争 2 元 明 天 皇 ・ 元 正 天 皇 と 蘇 我 氏 蘇 我 氏 と 長 屋 王 180 2 1 1 196 233 191 175 2 2 2 2 21 207

聖徳太子と法隆寺の謎ー交差する飛鳥時代と奈良時代


紀 』 の 編 年 に お い て << 列 が 設 定 さ れ て い る こ と を 説 明 す る 有 力 な 理 由 と な る で し よ う 。 す な わ ち 、 奈 良 時 代 の 出 来 事 を 飛 鳥 時 代 と 関 連 づ け て 伝 承 さ せ る こ と を 目 的 と し て 、 『 書 紀 』 に お い て 列 は 設 定 さ れ た と 考 え ら れ る の で す 。 ま た 、 『 書 紀 』 の 推 古 天 皇 と 聖 徳 太 子 と の 叔 母 と 甥 と い う 系 譜 的 関 係 は 、 飛 鳥 時 代 の 斎 宮 酢 香 手 姫 皇 女 Ⅱ 穴 穂 部 間 人 皇 女 と 「 聖 徳 太 子 ( 飛 )- Ⅱ 厩 戸 皇 子 と の 親 子 関 係 で は な く 、 奈 良 時 代 の 元 正 太 上 天 皇 と 「 聖 徳 太 子 ( 奈 ) ー Ⅱ 聖 武 天 皇 と の 伯 母 と 甥 の 関 係 に も と づ い て 記 述 さ れ て い る と 推 論 す る こ と が で き ま す 。 さ ら に 、 「 推 古 朝 遺 文 」 を め ぐ っ て は 、 『 釈 迦 三 尊 像 光 背 銘 文 』 は 飛 鳥 時 代 、 『 薬 師 如 来 像 光 背 銘 文 』 と 『 天 寿 国 繍 帳 』 と は 、 い ず れ も 奈 良 時 代 に 作 ら れ た と 考 え ら れ ま す 。 ま た 、 『 薬 師 如 来 像 光 背 銘 文 』 と 『 天 寿 国 繍 帳 』 は 奈 良 時 代 に 作 ら れ な が ら も 、 両 銘 文 の 間 に は ス タ ン ス の 相 違 が あ り 、 こ の よ う な ス タ ン ス の 相 違 に は 、 な ん ら か の 理 由 が あ る よ う で す 。 さ て 、 い よ い よ 次 章 に お い て は 、 プ ロ ロ ー グ で も 紹 介 い た し ま し た 法 隆 寺 再 建 問 題 を 検 証 し 、 『 書 紀 』 は 、 な ぜ 聖 武 天 皇 を 「 聖 徳 太 子 ( 奈 ) 」 に 擬 し た の か 、 そ し て 、 「 聖 徳 太 子 ( 奈 ) ー は 、 果 た し て 聖 武 天 皇 だ け で あ る の か 、 残 さ れ た 謎 を 探 究 し て ゆ く こ と に し ま し よ う 。 2 2 0

聖徳太子と法隆寺の謎ー交差する飛鳥時代と奈良時代


本 章 に お い て は 、 聖 徳 太 子 実 在 ・ 非 実 在 論 争 を ア プ ロ ー チ と し て 、 聖 徳 太 子 の 謎 に つ い て 検 証 を 加 え 、 『 書 紀 』 推 古 紀 に 登 場 す る 聖 徳 太 子 は 複 数 の 人 物 像 を 投 影 さ せ て お り 、 飛 鳥 時 代 の 「 聖 徳 太 子 ( 飛 ) 」 と 奈 良 時 代 の 「 聖 徳 太 子 ( 奈 ) 」 と に 分 け る こ と が 可 能 で あ る こ と を 論 じ ま し た 。 そ し て 、 『 書 紀 』 に お い て 「 聖 徳 太 子 の 事 績 」 と さ れ る 記 述 や 「 推 古 朝 遺 文 」 の い く つ か を 取 り 論 上 げ て 考 察 を 加 え て ま い り ま し た 。 結 論 と し て 、 『 書 紀 』 に お い て 「 聖 徳 太 子 の 事 績 」 と し て 記 さ れ て い る 記 述 を め ぐ っ て は 、 冠 位 十 二 階 や 遣 隋 使 の 派 遣 な ど に つ い て は 「 聖 徳 太 子 ( 飛 ) ー Ⅱ 多 利 思 比 孤 Ⅱ 厩 戸 皇 子 の 事 績 と 考 え ら れ ま す が 、 「 憲 法 十 七 条 」 の 制 定 や 斑 鳩 宮 の 造 立 な ど に つ い て の 記 述 に 関 し て は 、 「 聖 徳 太 子 ( 奈 )- 子 Ⅱ 聖 武 天 皇 の 事 績 を も 投 影 さ せ て い る と 推 察 さ れ ま す 。 特 に 、 推 古 紀 の 紀 年 と 奈 良 時 代 の 政 治 的 事 徳 象 の 発 生 年 代 と の 相 関 関 係 は 重 要 で あ り 、 「 聖 徳 太 子 ( 奈 ) 、 Ⅱ 聖 武 天 皇 に 関 連 し た 歴 史 的 事 象 が 起 こ っ た 年 代 か ら 一 二 〇 年 年 代 を 繰 り 上 げ た 推 古 紀 年 に 関 連 記 述 が 記 載 さ れ て い る と 考 え ら れ ま す 。 五 『 書 紀 』 の 聖 徳 太 子 を め ぐ っ て は 、 飛 鳥 時 代 の 「 聖 徳 太 子 ( 飛 ) ー Ⅱ 厩 戸 皇 子 に 奈 良 時 代 の 「 聖 徳 太 子 ( 奈 ) 」 Ⅱ 聖 武 天 皇 の 事 績 が 重 ね ら れ て い る と い う こ と が で き ま す 。 逆 説 的 に こ の こ と は 、 『 書 ま と め

聖徳太子と法隆寺の謎ー交差する飛鳥時代と奈良時代


長 屋 王 を も 投 影 す る 「 聖 徳 太 子 ( 奈 ) 」 し か し な が ら 、 仮 に 、 「 聖 徳 太 子 ( 奈 ) 」 が 聖 武 天 皇 を 意 味 す る の で あ る の な ら ば 、 長 屋 王 の 鎮 魂 の た め に 、 な ぜ に 東 院 伽 藍 に 当 時 在 世 中 で あ っ た 聖 武 天 皇 が 祭 ら れ ね ば な ら な い の で し よ う か 。 聖 武 天 皇 は 、 藤 原 不 比 等 、 光 明 皇 后 ( 光 明 子 ) 、 な ら び に 藤 原 武 智 麻 呂 な ど 藤 原 氏 に よ っ て 支 え ら れ て い る わ け で す の で 、 長 屋 王 の 鎮 魂 の た め に 聖 武 天 皇 を 祭 る と い う こ と は 不 可 思 議 で あ る と 言 え ま す 。 長 屋 王 の 鎮 魂 の た め で あ る の な ら ば 、 む し ろ 長 屋 王 自 身 を 祭 っ た ほ う が よ い と い う こ と に な り ま す 。 「 聖 徳 太 子 ( 奈 ) ー に は 、 長 屋 王 の 姿 も 投 影 さ れ て い る と 考 え た ほ う が 、 蓋 然 性 が 高 い と い う こ と に な る で し ょ 一 つ 。 そ れ で は 、 こ の よ う な 、 聖 武 天 皇 と 長 屋 王 と い う 対 立 す る 両 者 が 「 聖 徳 太 子 ( 奈 ) 、 に 擬 さ れ て し ま う と い う 複 雑 怪 奇 な 状 況 は 、 ど の よ う に 説 明 さ れ う る で し よ う か 。 す な わ ち 、 法 隆 寺 西 院 伽 藍 謎 の 金 堂 に 安 置 さ れ る 薬 師 如 来 像 の 『 薬 師 如 来 像 光 背 銘 文 』 か ら は 、 「 聖 徳 太 子 ( 奈 ) 」 は 蘇 我 氏 系 勢 力 を 代 表 す る 長 屋 王 に よ っ て 圧 迫 を 受 け て い た 聖 武 天 皇 ・ 藤 原 氏 の ラ イ ン に お い て 作 ら れ た と 理 解 隆 法 さ れ う る の で す が 、 東 院 伽 藍 を め ぐ る 考 証 か ら は 、 長 屋 王 も ま た 「 聖 徳 太 子 ( 奈 ) ー の モ デ ル と し 章 て 想 定 さ れ て く る の で す 。 「 聖 徳 太 子 ( 奈 ) 」 は 複 雑 で す 。 第 こ こ に 本 章 の 結 論 と し て 、 法 隆 寺 に お い て は 、 西 院 伽 藍 と 東 院 伽 藍 と が 異 な る 人 物 を 聖 徳 太 子 と し て 祭 っ て い る 可 能 性 を 提 起 す る も の と し た い と 思 い ま す 。 具 体 的 に は 、 西 院 伽 藍 が 飛 鳥 時 代 の 厩