検索 - みる会図書館

検索対象: イズミ幻戦記〈3〉竜淵煉獄編 (集英社スーパーファンタジー文庫)

イズミ幻戦記〈3〉竜淵煉獄編 (集英社スーパーファンタジー文庫)から 258件ヒットしました。

イズミ幻戦記〈3〉竜淵煉獄編 (集英社スーパーファンタジー文庫)


編 集 部 で は 、 こ の 作 品 或 い は 当 文 庫 へ の ご 感 想 ・ ご 意 見 ・ ご 要 望 な ど お 待 ち し て い ま す 。 あ わ せ て 、 作 者 へ の お 便 り も 大 歓 迎 で す 。 ど う そ 左 記 ま で お 送 り く だ さ い 。 で き 得 る 限 り お 応 え し た い と 考 え て お り ま す 。 〔 宛 先 〕 川 ー 東 京 都 千 代 田 区 一 ッ 橋 二 ー 五 ー 一 〇 集 英 社 ス ー ー フ ァ ン タ ジ ー 文 庫 編 集 部 ( 或 い は 編 集 部 気 付 作 者 ま で )

イズミ幻戦記〈3〉竜淵煉獄編 (集英社スーパーファンタジー文庫)


若 木 未 生 イ ズ ミ 幻 戦 記 3 竜 淵 煉 獄 編 集 英 社 ス ー バ ー フ ァ ン タ ジ ー 文 庫 印 刷 所 ー 5 ー 10 発 行 所 発 行 者 ☆ 定 価 は カ バ ー に 表 示 し て あ り ま す 四 94 年 Ⅱ 月 20 日 円 92 年 4 月 20 日 中 央 精 版 印 刷 株 式 会 社 ( 323 の 6 0 8 0 ( 制 作 ) 電 話 東 京 ( 3230 ) 6 3 9 3 ( 販 売 ) ( 3239 ) 5 2 6 3 ( 編 集 ) 〒 101 ー 50 東 京 都 千 代 田 区 ー ツ 橋 2 株 式 会 社 集 英 社 - ー ー 若 菜 正 第 8 刷 発 行 第 一 刷 発 行 本 書 の 一 部 あ る い は 全 部 を 無 断 て 複 写 複 製 す る こ と は 、 落 丁 ・ 乱 丁 の 本 は ご 面 倒 て も 小 ネ T. 制 作 部 宛 に お 送 り く だ さ い 。 法 律 て 認 め ら れ た 場 合 を 除 き 、 著 イ 料 の 侵 害 と な り ま す 。 送 料 は 小 社 負 担 て お 取 り 替 え い た し ま す 。 ISBN4-08-613055-6 C0193 ◎ MIO WAKAGI 1992 ア / 亠 ) / ル 。 2 イ の ー ク Printed in Japan

イズミ幻戦記〈3〉竜淵煉獄編 (集英社スーパーファンタジー文庫)


若 木 未 生 イ ズ ミ 幻 戦 記 3 竜 淵 煉 獄 編 集 英 社 ス ー バ ー フ ァ ン タ ジ ー 文 庫

イズミ幻戦記〈3〉竜淵煉獄編 (集英社スーパーファンタジー文庫)


269 あ と が き く り と : : : っ て 、 駄 目 ? ・ え ー と : : : 頑 張 り ま す 。 じ っ く り 待 っ て て い た だ け る と 、 幸 い で す 。 お 手 紙 、 歓 迎 し て ま す 。 そ れ か ら 実 は 現 在 、 『 若 木 未 生 黙 認 』 な る も の が 活 動 し て る ん ー フ ァ ン で す が 、 案 内 書 の ほ し い 人 は 返 信 用 封 筒 同 封 で 、 若 木 あ て に お 便 り く だ さ い 。 ス ー タ ジ ー 文 庫 編 集 部 気 付 で ね 。 ( た だ し 、 編 集 部 と は 無 関 係 の だ か ら 、 電 話 な ど で 問 い 合 わ せ な い よ う に お 願 い し ま す ! ) そ し て 若 木 未 生 は こ れ か ら も 、 雨 に も 負 け ず 、 雪 に も 負 け ず 、 雷 に も 負 け ず 、 地 震 に も 負 け ー を 増 や し て い る 。 う つ か り 家 も 出 ら れ や し な い ず ( と 、 か く の ご と く イ ズ 、 、 様 は レ バ っ て ) 、 し こ し こ と イ ズ ミ ち ゃ ん を 書 い て ゆ く 所 存 で ご ざ い ま す 。 我 は 行 く 。 心 の 命 ず る ま ま に 。 お お . か み す ば る さ ら ば 昴 よ 。 さ ら ば 狼 よ 。 さ ら ば 原 稿 地 獄 : : : は 、 無 理 か 。 一 九 九 一 一 年 二 月 若 木 未 生

イズミ幻戦記〈3〉竜淵煉獄編 (集英社スーパーファンタジー文庫)


如 月 に 肩 を 貸 し ー ー ほ と ん ど ひ き ず り な が ら ー ー 基 地 の 外 へ 脱 出 し た 翠 は 、 そ こ で 問 題 の 大 か ん こ う 攻 撃 を 敢 行 し た 張 本 人 に 出 く わ し た 。 ジ ー プ の ス モ ー ル ラ イ ト が 、 ぼ ん や り と 彼 の 姿 を 浮 き あ が ら せ て い る 。 や わ ら か い 髯 か 砂 ま あ お む み れ に な る の も か ま わ ず 、 彼 は 車 の 前 で 、 ご ろ り と 仰 向 け に 倒 れ て い た 。 獄 「 な ん だ か 陸 に あ が っ た ク ジ ラ み た い だ わ ね ー つ ぶ や 淵 翠 が 呟 く 。 ひ ゅ 「 も う 少 し 芸 術 的 な 比 喩 は な い の か ? こ 轆 不 機 嫌 に 注 文 を つ け た の は 、 や は り と い う べ ぎ か 当 然 と い う べ き か 、 美 貌 の 超 能 力 少 年 で あ イ 「 陸 に あ が っ た 人 魚 姫 か ? 」 ど な ・ ほ そ り と 如 月 が 言 う 。 王 子 だ ろ 、 王 子 っ ! と イ ズ ミ が 怒 鳴 り つ け た 。 ひ ん し 「 せ め て 瀕 死 の ロ ミ オ と か 白 鳥 の 王 子 と か 勇 者 と か 騎 士 と か 、 そ う い う セ ン ス を 期 待 し た か っ 221 キ サ ラ ギ び ぼ う

イズミ幻戦記〈3〉竜淵煉獄編 (集英社スーパーファンタジー文庫)


182 「 妙 な 通 信 が : : : 流 れ て ま す っ 」 オ ダ ミ シ オ 織 田 美 潮 は 、 煤 け た 毛 布 を 肩 に か け 、 ト ラ ッ ク の 荷 台 で 重 苦 し い 疲 労 感 に 身 を 任 せ て い た 。 カ ズ ャ 書 き と っ た 通 信 文 を 片 手 に 、 よ い し よ っ と 呟 き な が ら 一 也 が 荷 台 へ 駆 け の ・ ほ っ て き た 。 生 き 残 っ た ひ と り で あ る 。 「 妙 な 通 信 ? 」 「 発 信 者 が わ か ら な い ん で す け ど ー 「 そ れ の ど こ が 妙 な ん た ? 」 名 を 伏 せ た 通 信 ご と き 、 珍 し く も な ん と も な い 。 顔 を し か め な が ら 美 潮 は メ モ を 受 け 取 る 。 て ん り ゅ う 「 指 定 し て る 場 所 が 、 天 竜 基 地 っ て と ぎ な か 言 い か け た 一 也 の 声 は 、 半 ば で 跡 切 れ た 。 毛 布 を は ね の け 、 す っ く と 織 田 美 潮 が 立 ち 上 が っ た の だ 。 「 0 時 : : : 天 竜 」 つ ぶ や

イズミ幻戦記〈3〉竜淵煉獄編 (集英社スーパーファンタジー文庫)


こ り つ ら れ ぬ ま ま 孤 立 す る こ と に な っ た 。 第 十 一 地 区 を 閉 鎖 し た の が 〈 ジ ュ リ ア 〉 で あ る の か 、 そ れ と も 南 極 に あ る グ ラ ン ド コ ン 。 ヒ ュ ー タ の 判 断 に よ る の か 、 七 年 経 過 し た 現 在 と な っ て も 真 相 は 知 れ な い 。 中 央 統 一 政 府 の 支 配 を 離 れ た マ ザ ー コ ン ビ ュ ー タ が 大 破 壊 の 次 に と っ た 行 動 は 、 生 き の び た 者 た ち に 対 す る 「 人 間 狩 り 』 だ っ た 。 そ う く 前 機 械 化 社 会 に お い て 労 働 力 と し て 使 わ れ て い た ア ン ド ロ イ ド が 、 〈 ジ リ ア 〉 の 走 狗 と 化 し た 。 武 装 し た ア ン ド ロ イ ド ー ー ー 通 称 ド ー ル た ち が 人 々 の つ く り あ げ た 集 落 を 襲 撃 し 、 老 こ う そ く 若 男 女 を 問 わ ず 住 民 を 拘 束 し て い ず こ か へ と 連 れ 去 る 。 そ の 行 き 先 も 目 的 も 不 明 だ が 、 た だ ひ と っ 確 か な の は 、 そ う や っ て 拉 致 さ れ た 人 間 が 戻 っ て く る こ と は 決 し て な い と い う 事 実 だ っ 人 々 は 自 衛 手 段 と し て さ ま ざ ま な 方 策 を 生 み だ し た 。 そ の な か で も 一 般 的 な も の が 、 ゲ リ ラ 的 戦 法 で ア ン ド ロ イ ド に 対 抗 す る 武 装 組 織 で あ る 。 今 年 七 月 に 〈 横 浜 〉 の 中 継 支 部 を 占 拠 し 、 史 上 初 の 「 人 質 解 放 作 戦 ー を 成 功 さ せ た 組 織 も 、 そ の よ う な 戦 闘 集 団 の ひ と つ だ 。 地 区 全 域 で 三 本 の 指 に 入 る で あ ろ う と 評 さ れ る こ の ゲ リ ラ 組 ェ イ ス ケ 織 を 率 い る 人 物 の 名 を 、 師 英 介 と い う 。 友 人 と し て 、 ま た 戦 争 屋 の は し く れ と し て 、 如 月 も 横 浜 基 地 攻 略 戦 に 参 加 し た 。 そ し て 、 確 か に 目 撃 し た 。 謎 の ス ー ー ヒ ー ロ ー の 活 躍 を : ・ に や く な ん に よ ひ き よ こ は ま せ ん き ょ 0 フ ァ ミ リ ー

イズミ幻戦記〈3〉竜淵煉獄編 (集英社スーパーファンタジー文庫)


レ ・ ハ ー の 警 報 装 置 は セ ッ ト さ れ て い な い 。 錆 び か け た レ 。 ハ ー を 、 彼 は 苦 も な く 引 き お ろ す 。 か く ん 、 と 軽 い 音 と と も に 振 動 が 伝 わ っ カ タ バ ル ト が 如 月 の 足 元 に 滑 り 出 て く る 。 ゆ っ く り と 。 一 メ ー ト ル ば か り の 、 一 一 重 レ ー ル 。 そ れ は 真 っ 暗 な セ ン サ ー 射 出 口 か ら 伸 ば さ れ た 渡 り 板 で あ る 。 や み 落 ち れ ば 闇 の 底 、 進 ん で も 闇 の 中 だ 。 ふ ぜ い 綱 渡 り を 演 じ る 風 情 で 、 彼 は カ タ バ ル ト に 足 を の せ る 。 膝 を つ き 、 射 出 口 の 内 部 へ と 身 を も ぐ り こ ま せ る 。 そ し て 皿 無 人 の 管 制 室 に 、 彼 は た ど り つ い た 。 淵 格 納 庫 も 、 コ ン ビ ュ ー タ ル ー ム も 、 管 制 室 へ つ づ く 通 路 も 、 も ぬ け の 空 だ 。 パ イ ロ ッ ト ラ ン プ が 数 か 所 で 点 灯 し て い る 。 基 地 の 機 能 そ の も の は 死 ん で い な い 。 戦 単 に 、 そ れ を 使 っ て い る 者 が い な い と い う だ け で あ る 。 幻 如 月 は 肩 に か け た ラ イ フ ル の 銃 身 を 回 転 さ せ 、 右 腕 に 構 え な お し た 。 オ ダ 、 こ シ オ イ 余 計 な 予 測 が 当 た っ て し ま っ た ら し い 。 ま さ か 、 こ の 基 地 が ・ : : ・ 織 田 美 潮 が あ れ ほ ど 消 減 を 望 ん だ 、 こ の 天 竜 基 地 が : ・ レ イ ヤ ー メ イ ン コ ン ソ ー ル に 歩 み 寄 り 、 如 月 は こ の 基 地 全 体 の 配 置 図 を 呼 び 出 す 。 中 継 装 置 は : : : も ひ ざ

イズミ幻戦記〈3〉竜淵煉獄編 (集英社スーパーファンタジー文庫)


230 集 中 し た 。 「 死 ん じ ま え っ " サ ク ラ が 叫 ぶ 。 カ 場 を 保 ち つ つ 、 イ ズ ミ の 表 情 に 隠 し き れ な い 苦 痛 が 浮 か ん だ 。 そ の 身 の あ ひ ざ ち こ ち で ー ー 肩 で 、 膝 で 、 指 で 、 音 も な く 血 煙 が 舞 っ た 。 荷 だ 、 こ い っ 卩 ) こ う よ う 昂 揚 と 敵 意 の 内 側 で 、 サ ク ラ は 思 う 。 前 に 戦 っ た と き と 、 何 も 変 わ り は な い 。 何 も 新 し い 戦 法 を 用 意 し て き た わ け で は な い の だ 。 こ れ な ら 勝 て る 。 簡 単 に 、 勝 て る 。 「 馬 鹿 じ ゃ ん 、 お ま え ! 余 裕 が 戻 っ た 。 サ ク ラ は 笑 い だ し た 。 「 き れ い に 、 死 ん じ ゃ え っ リ 」 「 如 月 、 そ こ か ら 撃 て ! 僕 ご と 撃 っ ち ま え ! 高 熱 と 圧 力 に 耐 え な が ら 、 イ ズ ミ が 声 を は り あ げ た の は そ の 時 で あ る 。 イ ズ ミ の 真 後 ろ か ら 、 突 如 、 砲 撃 が 来 た 。 サ ク ラ は 目 を 瞠 っ た 。 膝 を つ い て 砲 身 を 固 定 し つ つ 、 如 月 は 攻 撃 を 続 行 す る 。 イ ズ ミ と サ ク ラ の 両 者 に 対 し て 。 爆 発 か い く つ も 起 こ り 、 サ ク ラ は 舌 打 ち を し な が ら そ れ を 防 い だ 。 子 供 だ ま し だ 。 こ ん な 邪 魔 を し て も 、 イ ズ ミ へ の 攻 撃 が 甘 く な る こ と は な い 。 み は

イズミ幻戦記〈3〉竜淵煉獄編 (集英社スーパーファンタジー文庫)


や っ て 、 ね え ・ : ・ : 」 お や じ う れ 「 ち ょ っ と 待 っ て く れ 、 親 父 に 色 男 呼 ば わ り さ れ て も 俺 は 嬉 し く な い そ 」 「 あ た し ゃ 別 に か ら か っ ち ゃ い ま せ ん よ 。 た だ 、 兄 さ ん み た い な 好 青 年 は 早 死 に し や す い か ら 心 配 し て る だ け じ ゃ な い す か 。 人 間 、 も う ち ょ っ と 、 汚 く 、 ず る く な っ て い か に や 、 世 の 中 く ぐ り ぬ け て い か れ ん っ て も ん で し よ う 、 ね え ? こ 如 月 は 我 慢 す る の を や め て 、 気 が す む ま で 笑 う こ と に し た 。 ま っ た く 、 た い し た 人 間 観 察 ッ カ サ ( 師 に 聞 か せ て や り た い な ) お お ま じ め あ の ひ ね く れ た 親 友 な ら 、 大 真 面 目 に 親 父 の 肩 を 持 つ だ ろ う 。 い や 、 も し か し た ら や つ ば り こ う が ん 大 笑 い す る か も し れ な い 。 『 お ま え が 好 青 年 だ っ た ら 、 俺 な ん て 紅 顔 の 美 少 年 で 通 る な 』 と で も 皮 肉 を ま じ え て 。 残 念 な が ら 、 厚 顔 の 師 隊 長 は 現 在 遠 い 空 の 下 で あ る 。 「 兄 さ ん 兄 さ ん 、 そ こ で 笑 わ れ て る と 注 文 取 り が で き ん の で す が 」 「 あ あ 、 そ い つ は 失 礼 ー つ く ろ 背 中 の 大 型 ラ イ フ ル を 隣 の 席 へ お ろ し 、 如 月 は よ う や く 真 顔 を 繕 う こ と に 成 功 し た 。 「 水 を く れ 「 へ い 毎 度 」 き た な