検索 - みる会図書館

検索対象: イズミ幻戦記〈5〉 (集英社スーパーファンタジー文庫)

イズミ幻戦記〈5〉 (集英社スーパーファンタジー文庫)から 204件ヒットしました。

イズミ幻戦記〈5〉 (集英社スーパーファンタジー文庫)


編 集 部 で は 、 こ の 作 品 或 い は 当 文 庫 へ の ご 感 想 ・ ご 意 見 ・ ご 要 望 な ど お 待 ち し て い ま す 。 あ わ せ て 、 作 者 へ の お 便 り も 大 歓 迎 で す 。 ど う そ 左 記 ま で お 送 り く だ さ い 。 で き 得 る 限 り お 応 え し た い と 考 え て お り ま す 。 〔 宛 先 〕 皿 ー 東 京 都 千 代 田 区 一 ッ 橋 一 一 ー 五 ー 一 〇 0 、 集 英 社 ス ー ー フ ァ ン タ ジ ー 文 庫 編 集 部 ( 或 い は 編 集 部 気 付 作 者 ま で )

イズミ幻戦記〈5〉 (集英社スーパーファンタジー文庫)


若 木 未 生 イ ズ ミ 幻 戦 記 5 烙 都 紅 蓮 編 ー 集 英 社 ス ー バ ー フ ァ ン タ ジ ー 文 庫 ☆ 定 価 は カ バ ー に 表 示 し て あ り ま す 円 97 年 4 月 田 日 第 一 刷 発 行 発 行 者 発 行 所 印 刷 所 小 島 民 雄 会 社 集 英 社 〒 10 ト 東 京 都 千 代 田 区 ー ツ 橋 2 ー 5 ー 10 ( 3239 ) 5 2 6 3 ( 編 集 ) 電 話 東 京 ( 32 ) 6 3 9 3 ( 販 売 ( 32 ) 6 0 8 0 H 乍 ) 中 央 精 版 印 刷 株 式 会 社 本 書 の 一 あ る い は 全 部 を 無 断 て 、 複 写 複 製 す る こ と は 、 落 丁 ・ 乱 丁 の 本 は ご 面 倒 て 、 も 小 社 制 作 部 宛 に お 送 り く だ さ い 。 法 律 て 、 認 め ら れ た 場 合 を 除 き 、 著 イ 料 莅 の 侵 害 と な り ま す 。 ⑥ MIO WAKAGI 1997 / ア 0. / イ ・ ISBN4 ー 08-613257 ー 5 C0193 送 科 は 小 社 負 担 て 、 お 取 り 替 え い た し ま す 。 Printed in Japan

イズミ幻戦記〈5〉 (集英社スーパーファンタジー文庫)


若 木 未 生 イ ズ ミ 幻 戦 記 5 烙 都 紅 蓮 編 ー 集 英 社 ス ー バ ー フ ァ ン タ ジ ー 文 庫

イズミ幻戦記〈5〉 (集英社スーパーファンタジー文庫)


130 「 で き な か っ た ら で き な い と 最 初 に 言 え ば い い ん だ 、 何 を 意 地 に な っ て 延 々 と 無 駄 な こ と を や っ て る ん だ ? す シ ョ ウ ゴ 鉄 壁 の 冷 た さ で ざ っ く り と 省 吾 が 言 い は な っ 。 日 が 暮 れ て 室 内 で も 少 し 寒 い 。 窓 際 の 椅 子 に は お か か っ て い た 上 着 を 無 造 作 に 自 分 の 肩 に 羽 織 っ て 、 そ の ま ま そ の 椅 子 に 腰 か け 、 脚 を 組 む 。 だ っ た ら で き る も の 「 だ っ て だ っ て だ っ て 、 か ん た ん な こ と な ん で し ょ 卩 に お う だ 追 い つ め ら れ た よ う に 部 屋 の す み で 仁 王 立 ち に な り 、 果 実 と ナ イ フ を 両 手 に 握 っ た 少 女 が 、 ふ く れ つ つ ら で 言 い か え す 。 「 あ の ね え 。 お い し い よ こ れ 」 省 吾 の 右 隣 、 料 理 満 載 の 三 段 ワ ゴ ン に ひ じ を つ き 、 近 く に 寄 せ た 椅 子 に 座 り こ ん で 、 注 文 し タ ク ミ に ら す ぎ た 食 事 の 処 理 係 と 化 し て い る 拓 己 が ・ ほ そ ・ ほ そ と 口 を は さ ん だ 。 が 、 睨 み あ う 両 者 に そ れ が 有 効 に 届 い た 気 配 は な か っ た 。 え ん え ん む だ

イズミ幻戦記〈5〉 (集英社スーパーファンタジー文庫)


三 倍 以 上 に 増 え る の だ 。 「 す み ま せ ん 、 隊 長 。 や は り だ め で す 」 回 線 を つ な け な い 中 川 が 、 助 け て く れ と 松 島 に 目 で 訴 え つ つ 、 師 の 背 に 向 け て ギ ブ ア ッ プ を 宣 言 し た 。 荷 台 を と び お り る 寸 前 で 、 松 島 が な に ご と か と 急 停 止 す る 。 「 こ れ は き っ と 、 音 声 受 信 す る 気 が 、 な い ん で す よ : : : 如 月 さ ん の ほ う が : : : 。 文 書 な ら ノ ー マ ル に 届 く ん で す 。 他 に 調 べ て も 、 何 も シ ス テ ム 的 な 問 題 は み つ か ら な い で す か ら 。 た め し に コ ー ル 先 を 、 別 の 、 誰 か に : ・ : ・ 変 え て み た り 、 し ま す か : ・ ・ : ? そ り や ャ パ イ よ と 松 島 が 顔 を し か め た 。 師 英 介 に 対 し て 最 悪 の 報 告 で あ る 。 中 川 で な く て も 、 助 け て 神 様 仏 様 と 思 う だ ろ う 。 「 了 解 。 中 川 君 も 食 事 を と っ て く れ ー 変 化 の な い 隊 長 の 後 ろ 姿 か ら 、 よ り に よ っ て 平 然 と そ ん な 指 一 小 が 返 り 、 松 島 と 中 川 は 何 で す こ わ っ て と 絶 叫 し た い 衝 動 を こ ら え て 青 い 顔 を 見 合 わ せ た 。 : : : 怖 す ぎ る 。 「 あ あ ち ょ っ と 訂 正 。 文 書 が 着 く な ら 伝 言 だ け 送 っ て く れ 」 「 了 解 で す 時 差 を お い て 師 が 言 い 加 え 、 す ば や い 反 応 で 中 川 が 文 字 入 力 の キ ー を お さ え た 。 き わ め て 冷

イズミ幻戦記〈5〉 (集英社スーパーファンタジー文庫)


108 な わ ば リ べ ー ト 特 に 京 都 城 下 を 好 む 。 白 十 字 へ の 礼 節 さ え 怠 ら ず に お け ば 、 よ け い な 縄 張 り 争 い も 減 り 、 大 手 を ふ っ て 儲 け ら れ る た め だ 。 一 方 で 、 道 端 を い つ ば い に 埋 め る 露 店 商 は 、 各 種 の 食 糧 を あ っ か っ て い る も の が 多 い よ う だ っ た 。 他 に も 衣 類 、 医 療 品 、 雑 貨 、 家 畜 な ど ・ : 街 路 の 両 脇 に は 仕 切 り の 塀 が 立 ち 、 そ の 内 側 に は 、 人 工 木 造 に よ る 集 合 住 居 プ ロ ッ ク が 建 て ら れ て い る 。 そ し て 城 下 街 中 央 を ま っ す ぐ 南 か ら 北 へ の び る 大 通 り の 先 に 、 に よ き り と 天 へ む け て 高 く 、 ば く だ い 莫 大 な 影 が 視 界 を 支 配 す る 。 き つ り つ 屹 立 す る 積 み 木 細 工 の ご と く 。 ( 十 字 城 ー ー ) 基 底 部 に は 旧 社 会 の 施 設 を そ の ま ま 流 用 し た の だ ろ う 。 そ れ に 重 ね る か た ち で 、 い く つ も の 階 層 を 下 か ら 追 加 し て 積 み あ げ て い っ た 工 程 が 、 外 観 か ら も 見 て と れ る 。 、 バ ル コ ニ ー が 張 り だ し て い る 。 展 望 室 城 の 頂 点 で は 、 四 方 の 壁 に 大 き く 窓 が ひ ら い て お り は る で あ る 。 遙 か 上 空 よ り 城 下 街 を 一 望 し 、 支 配 す る 象 徴 だ 。 「 焼 き た て だ よ 、 手 焼 き の パ ン だ よ " も 、 つ お こ た 0

イズミ幻戦記〈5〉 (集英社スーパーファンタジー文庫)


ど ば た ク ル ミ ガ ワ ミ ド リ 無 責 任 に 論 評 し た の は 、 来 見 川 翠 で あ る 。 井 戸 端 に は り つ い て い る 拓 己 に は 関 知 し な い 態 度 で 、 わ き に 停 め た ジ ー 。 フ の オ ー プ ン 座 席 に ど っ か り 腰 を 据 え た ま ま 両 手 の 恥 を 磨 い て い る 。 あ に 「 ん で ー : : : 何 し て ん の 翠 は ? こ 「 女 の 道 」 「 な ん か そ の 、 あ の さ あ : : : ア ド バ イ ス と か 協 力 と か 名 案 と か 、 な ん か 前 向 き の ー 、 イ イ 感 じ な 話 っ て な い の ? あ る よ ね ? 普 通 ち ょ っ と あ ん よ ね ? こ う ゆ う と ぎ っ て 」 「 ア ド バ イ ス ね 。 女 性 の 美 を 邪 魔 す る 奴 は に 蹴 ら れ て 死 ぬ が い い わ と か 、 そ う い う の ? う そ 「 嘘 お な が 深 く 絶 望 的 に 顔 を し か め て 、 拓 己 は 足 下 に な げ だ し た 縄 の 現 物 を 再 び 眺 め お ろ し た 。 編 蓮 「 肩 折 れ て 死 ぬ よ 俺 ー 都 「 井 戸 掘 り で 肩 折 っ て 何 か お 得 な の ? 「 じ ゃ な く て 。 俺 の 肩 こ わ れ た ら か わ い そ う じ ゃ ん え 痛 そ う じ ゃ ん 大 変 じ ゃ ん そ し た ら 」 「 な に 言 っ て ん の よ 、 誰 だ か 知 ん な い け ど 人 間 が 降 ろ し た 蓋 な ん だ か ら 、 持 ち あ げ ん の だ っ て 人 間 の カ で で き る に 決 ま っ て ん で し よ 」 イ 「 ほ ん と に ? ・ : ・ ど っ か そ れ 違 わ な い ? あ の う 、 重 力 の 向 き と か そ の へ ん 、 カ ン ケ イ し て ふ た

イズミ幻戦記〈5〉 (集英社スーパーファンタジー文庫)


編 蓮 ゲ リ ラ ユ ナ イ ツ 都 ア オ タ ケ マ サ ト ′ 規 模 戦 闘 組 織 『 蒼 竹 組 』 の 筆 頭 と し て 、 京 都 〈 警 護 組 合 〉 に 加 盟 し た ば か り 烙 蒼 竹 将 人 は 、 で あ る 。 京 都 中 央 に 屹 立 す る 〈 十 字 城 〉 内 で 『 整 備 主 任 』 の 肩 書 き を も つ 。 り つ ば 戦 整 備 主 任 、 と 立 派 な 呼 ば れ 方 は し て も 、 し よ せ ん は 新 参 者 だ 。 魅 力 的 な 勧 誘 と 、 ご 時 世 の 流 ユ ナ イ ツ れ に し た が っ て 、 部 下 十 一 人 を ひ き つ れ 『 組 合 』 に 加 わ る み ち を 選 ん だ の だ が 。 城 内 に 入 っ て ズ フ ァ ミ リ ー イ 判 明 し た こ と は 、 ど の 組 織 の 長 も そ れ な り に 豪 勢 な 呼 び 名 を 与 え ら れ る と い う タ テ マ エ と 、 し お か し 美 味 し い ポ ス ト は 早 い 者 勝 ち だ と い う 実 態 で あ る 。 ま な ざ さ め た 眼 差 し で 、 ユ キ は 管 の な か の 無 防 備 な 裸 体 を み る 。 し ぎ や く て き 嗜 虐 的 で す ら あ る 冷 た さ は 、 カ ス ミ の 濁 っ た 瞳 に は 捉 え ら れ な か っ た だ ろ う 。 「 私 は 風 間 の 役 に 立 ち ま す 。 お ま え は ? 」 か ん し や く 癇 癪 の 頂 点 を あ ら わ す 、 ゆ が ん だ 奇 声 を カ ス ミ が 発 す る 。 「 キ は 意 に 介 さ な か っ た 。 「 ま ち が え る な 。 イ ズ ミ を 斃 さ ぬ か ぎ り 、 お ま え が 無 能 で す ー ぞ う お で な け れ ば 使 い 捨 て に な る の だ 、 と ま で は ユ キ は 告 げ な か っ た 。 カ ス ミ の 狂 的 な 憎 悪 は 、 敵 に だ け 向 か え ば 、 、 。 き つ り つ た お ア オ タ ケ グ ミ に ・ 」 ひ っ と う と ら ・ 4 〈 ミ

イズミ幻戦記〈5〉 (集英社スーパーファンタジー文庫)


ご 1 ロ し き べ っ そ れ ら す べ て を 識 別 す る 以 前 に 、 淵 見 の 額 の 中 央 に 〈 カ ス ミ 〉 は 片 手 の 人 差 し 指 を つ き つ け て い た 。 し た 、 つ は あ り 舌 打 ち を し た 。 手 ご た え が な い の で カ ス ミ は す ぐ に 飽 き は じ め て い た 。 地 を 這 う 蟻 の 列 の 一 つ ぶ だ せ い 匹 一 匹 を 、 惰 性 で 踏 み 潰 し つ づ け る の と 同 じ だ 。 達 成 感 は な い 。 ブ ン 、 と 気 圧 が 急 変 す る よ う な 力 が 働 い た 。 淵 見 一 生 の 、 叫 ぶ か た ち に 開 い た 喉 か ら 上 が 、 た や す く ち ぎ れ 飛 ん で テ ン ト の ぼ ろ 布 に ば さ り と 打 ち あ た っ た 。 不 恰 好 な 鞠 と な っ て 、 地 表 に は ず み 、 こ ろ が っ た 。 編 「 ー ー ー の つ : 紅 仲 間 の 首 が 分 断 さ れ た の を 目 の 当 た り に し て 、 岩 間 組 の 残 り 全 員 が 、 持 て る 武 器 を み な 女 ひ と り へ 向 か わ せ た 。 凄 ま じ い 銃 弾 の 斉 射 が カ ス ミ の 身 に 集 中 し た 。 「 拓 己 ち ゃ ん 、 こ っ ち : ・ 戦 静 の 判 断 も 恐 ろ し く 早 か っ た 。 反 射 的 に 応 戦 の 体 勢 で 自 分 も 背 負 っ た ラ イ フ ル を つ か も う と し て い た 拓 己 の こ と を 、 そ の 巨 イ 大 な 逞 し い 腕 で 後 ろ か ら 抱 え あ げ た と 思 う と 静 は カ ス ミ が い る の と 正 反 対 の 方 角 へ 走 っ た 。 抵 抗 す る 余 地 の な い 、 人 間 ば な れ し た 怪 カ た っ た 。 す さ ま り ・

イズミ幻戦記〈5〉 (集英社スーパーファンタジー文庫)


す き ま い ふ う ど う ど う を こ す 威 風 堂 々 た る 大 男 か ら と び だ す 一 一 = ロ 動 の か わ ゆ さ に 、 常 識 と 異 世 界 と の 隙 間 を か い ま み る 心 地 に な る の で あ る 。 エ ン ジ ニ ア と し て の 腕 は 確 か だ し 、 静 と い う 一 個 人 の 人 格 や 性 癖 に 対 す る 偏 見 は も た ぬ よ う に し て い る 。 な に ご と も 個 性 で あ る 。 進 歩 的 な こ と は 、 よ い こ と だ 。 「 イ ズ ミ は ど う な ん だ 、 ま だ 全 然 、 出 て こ ら れ そ う に な い ん か 」 「 え 、 え え 」 ぎ こ ち な く 静 が う な ず い た 。 ふ か で ・ : あ な イ ズ ミ の 現 状 は 、 深 傷 を 癒 す た め に 近 辺 の 某 所 に 潜 伏 中 、 と い う こ と に し て あ る 。 う そ 編 が ち 嘘 ば か り で も な い 。 紅 「 う む 。 そ う か 。 経 過 が 、 気 に な る な 」 な お け が 僻 「 : : : イ ズ ミ ち ゃ ん は と っ て も 強 い か ら 、 大 丈 夫 よ 。 怪 我 だ っ て 、 自 分 の カ で 治 す こ と が で き る も の : 記 幻 「 ま ア 、 な ん ち ゅ う か 、 過 信 す る ん は よ く な い と 思 う の だ 。 我 々 の 仕 事 を な 、 ぜ ん ぶ あ の 小 僧 し レ っ に 肩 代 わ り さ せ る わ け に も い か ん 。 ど う も 俺 は 性 に 合 わ ん の で な 、 苦 し い と き だ け の 神 頼 み つ イ て の は な 」 く そ ま じ め に 伝 次 が 言 う 。 せ ん ぶ く ち ゅ う へ ん け ん