検索 - みる会図書館

検索対象: 抽象絵画への招待

抽象絵画への招待から 194件ヒットしました。

抽象絵画への招待


euruS 大 岡 信 著 抽 象 絵 画 へ の 招 待 岩 波 新 書 301 れ 0 u ー

抽象絵画への招待


大 岡 信 著 抽 象 絵 画 へ の 招 待 リ サ イ ク ル 資 料 ( 再 活 用 図 書 ) 除 籍 済

抽象絵画への招待


抽 象 絵 画 へ の 招 待 世 紀 の 美 術 ば 、 な せ 「 抽 象 」 を 生 ん だ の か 。 新 し い 手 法 と 様 式 を 通 し て 、 画 家 た ち は 何 を 語 ろ う と し て い る の か 若 い 日 に 抽 象 絵 画 と 出 会 い 、 そ の 魅 力 を 堪 能 し て き た 詩 人 が 、 自 ら の 楽 し み 方 を 縦 横 に 語 る 。 難 解 と さ れ が ち な 領 域 へ 読 者 を ひ き 入 れ 、 躍 動 す る 美 の 世 界 を 案 内 す る 待 望 の 書 。 カ ラ ー 頁 を 含 む ス ペ シ ャ ル ・ エ デ ィ シ ョ ン の 第 一 弾 。

抽象絵画への招待


大 岡 信 1931 年 静 岡 県 三 島 市 に 生 ま れ る 1953 年 東 京 大 学 文 学 部 卒 業 詩 人 , 明 治 大 学 教 授 集 」 な ど . 他 に 「 大 岡 信 著 作 集 」 全 た げ と 孤 心 」 「 詩 の 日 本 語 」 「 万 葉 歌 紀 行 」 「 表 現 に お け る 近 代 」 「 う 之 」 「 彩 耳 記 」 「 岡 倉 天 心 」 「 日 本 詩 代 詩 試 論 」 「 超 現 実 と 抒 情 」 「 紀 貫 続 , 第 三 , 第 四 ) ( 以 上 , 岩 波 新 書 ) 「 現 著 書 ー 「 詩 へ の 架 橋 」 「 折 々 の う た 」 ( 正 , 「 水 府 」 「 大 岡 信 詩 集 」 な ど 「 悲 歌 と 祝 」 「 春 少 女 に 」 「 遊 星 の 寝 返 り の 下 で 」 詩 集 ー 「 記 憶 と 現 在 」 15 巻 抽 象 絵 画 へ の 招 待 1985 年 5 月 20 日 第 1 刷 発 行 ◎ 59943 新 市 立 、 行 者 者 岩 波 新 書 ( 黄 版 ) 301 定 価 580 円 大 緑 お お 岡 川 お か 信 〒 101 東 京 都 千 代 田 区 ー ツ 橋 2 ー 5 ー 5 簷 0 、 オ 0 煢 岩 波 書 店 振 替 東 京 6 ー 26240 印 刷 ・ 精 興 社 , 半 七 写 真 印 刷 ( ロ 絵 ) 製 本 ・ 田 中 製 本 お 年 月 落 丁 本 ・ 乱 丁 本 は 取 替 い た し ま す Printed in J apan

抽象絵画への招待


け る の で あ る 。 言 葉 は カ メ レ オ ン で あ る 音 楽 は 抽 象 の 権 利 を も っ 何 も の も 説 明 し え な い 体 験 は 夢 に 導 く 見 る と は 眼 を 閉 じ る こ と だ あ の 大 い な る 神 秘 を 理 解 す る の は 不 可 能 だ 月 を 見 る こ れ は 可 能 だ

抽象絵画への招待


追 い か け る ほ か 手 が な く な っ て し ま う 。 絵 画 に お け る 商 業 主 義 の 問 題 は 、 お そ ら く こ の よ う な と こ ろ か ら 発 し て 、 広 範 な 領 域 に ま で 及 ん で い る よ う に 思 わ れ る 。 3 芸 術 と 時 代 芸 術 作 品 と そ れ が 産 み 出 さ れ て く る 社 会 と の 関 係 は 、 い う ま で も な く き わ め て 密 接 で あ る 。 自 分 が 生 き て い る 時 代 と 社 会 か ら 完 全 に 絶 縁 し た 孤 立 状 態 で 作 品 を 作 っ た 芸 術 家 は 、 人 類 史 の ど の 時 点 を と っ て み て も 一 人 も 存 在 し な い 。 そ の よ う な 状 態 を 自 ら 意 志 的 に 選 び と り た い と 願 う 芸 術 家 は 少 な く な い だ ろ う が 、 彼 ら の そ の よ う な 願 望 自 体 は 、 い ず れ に せ よ 時 代 と 社 会 に 対 す る 強 い 拒 絶 の 意 思 の あ ら わ れ で あ る わ け だ か ら 、 そ こ に は 裏 返 し の 形 で 時 代 ・ 社 会 へ の 強 い か か わ り 方 が あ る 。 代 文 芸 ・ 音 楽 ・ 舞 踏 そ の 他 の 世 界 で も 共 通 に い え る こ と だ が 、 芸 術 的 行 為 と い う も の は 、 と い っ た ん そ れ が 成 立 し た 時 に は 、 す で に そ の 内 部 に 、 個 人 的 才 能 の 達 成 を は る か に 超 え た 芸 体 系 、 長 い 過 去 の 時 を 通 じ て 貯 え ら れ 、 築 き あ げ ら れ て き た と こ ろ の 独 自 な 芸 術 体 系 を 包 み こ ん で い る の で あ る 。 芸 術 諸 ジ ャ ン ル そ れ ぞ れ に 固 有 の 、 文 法 や 修 辞 法 や 慣 用 語 法 、 流 133

抽象絵画への招待


な 対 立 者 と な っ た こ と に は 、 こ う い う わ け で 必 然 的 な 理 由 が あ っ た わ け だ が 、 そ れ は ま た 、 ア ク シ ョ ン ・ ペ イ ン テ ィ ン グ が そ れ に 対 抗 し て 現 れ る 次 の 芸 術 世 代 に 対 し て 、 明 確 な 芸 術 的 メ ッ セ 1 ジ を 発 信 し た か ら こ そ 生 じ え た 世 代 交 代 劇 だ っ た と い え る の で あ る 。 こ の こ と は 、 一 九 七 〇 年 代 以 降 の 世 界 の 美 術 界 に 、 五 〇 ー 六 〇 年 代 に 生 じ た こ の よ う な 芸 術 思 想 上 の 鮮 明 な 対 決 と い う も の が ほ と ん ど 見 ら れ な く な り 、 そ れ に と も な っ て 、 強 力 な 運 動 の 出 現 も あ ま り 見 ら れ な く な っ て し ま っ た と い う 事 態 を 考 え れ ば 、 一 層 深 い 意 味 を 帯 び て く る こ と の よ う に 思 わ れ る 。 そ し て そ の よ う な 事 態 を 招 来 し た 一 因 は 、 ほ か な ら ぬ ポ ッ プ ・ ア ー ト そ の も の の 中 に も 潜 ん で い た だ ろ う 。 と い う の も 、 こ の き わ め て 「 ア メ リ カ 的 」 な 絵 画 思 想 は 、 そ の 成 立 と 発 展 自 体 の う ち に 、 商 業 主 義 と い う 恐 る べ き 陥 し 穴 に み ち た 現 代 的 条 件 と 密 接 に 結 び つ い 代 た 諸 要 素 を 持 っ て い た か ら で あ る 。 シ ル ク ・ ス ク リ 1 ン 的 な 複 製 技 法 を 用 い て 何 点 で も 生 時 産 さ れ う る 同 一 の イ メ ー ジ に 、 多 少 の 変 化 と 綾 を つ け た だ け で 、 仰 天 す る ほ ど 高 額 の 「 作 術 品 」 が 誕 生 し て し ま う よ う な ば か ば か し い 事 態 が そ こ か ら 生 ま れ た 。 た だ し そ の よ う な こ と が 可 能 で あ る の は 、 、 う ま で も な く そ の 作 者 が 社 交 界 に お い て も 161

抽象絵画への招待


い わ ば 様 式 と し て の 抽 象 の 中 の 一 群 に つ い て 与 え ら れ た 符 牒 が あ り 、 幾 何 学 抽 象 と か 構 成 抽 象 と か よ ば れ る 別 の 抽 象 様 式 と 区 別 さ れ て 用 い ら れ る 。 今 か ら 私 が ふ れ よ う と す る 作 品 の か な り の 部 分 は 、 そ う い う 呼 び 名 で よ ば れ る こ と が 多 い も の で あ る 。 こ れ も ま た 、 歴 史 的 な 事 実 で あ っ て 、 大 き な 不 都 合 が 生 じ な い か ぎ り 、 こ う い う 呼 び 名 に も そ れ な り の 有 効 分 類 は い ず れ に せ よ 便 宜 的 な 分 類 的 美 徳 も あ る と し な け れ ば な ら な い 。 し か し 、 そ う い う な も の と し て の 制 約 を 負 っ て い る こ と も 事 実 で あ る 。 抽 象 と い う 、 人 間 精 神 の 根 源 的 な 能 力 は 、 一 方 で は 現 実 世 界 を 見 る 眼 を 顕 微 鏡 的 に し 、 他 方 で は 望 遠 鏡 的 に す る 。 描 く と い う 最 も 単 純 で 普 遍 的 な 行 為 が 、 画 家 自 身 に よ っ て 微 分 さ れ 、 積 分 さ れ る 。 そ れ は 当 然 、 空 間 と 彼 自 身 と の か か わ り 方 を 変 え る だ ろ う 。 人 間 と 自 然 と の 接 触 は 、 一 方 で は 地 、 水 、 火 、 風 、 空 の 元 素 的 世 界 へ 画 家 を 導 き 、 他 方 で は 都 市 の あ ら ゆ る 塵 埃 、 疾 病 、 運 動 、 歓 楽 、 密 集 と 孤 独 の 世 界 へ 彼 を 駆 り た て る だ ろ う 。 私 た ち は 一 枚 の 絵 を 見 る 時 、 絵 の 中 に こ の よ う な 諸 要 素 を じ か に そ の ま ま 見 る こ と は で き な く て も 、 絵 が こ れ ら の も の の 中 に 包 ま れ 、 ま た 絵 の 中 に そ れ ら を 包 み こ ん で い る こ と を 考 え て お く 必 要 が あ る 。

抽象絵画への招待


富 ん だ 画 家 だ っ た 。 そ の 彼 が 、 絵 画 に お け る 精 神 的 な も の の 強 調 は 、 か え っ て 絵 画 を 堕 落 さ せ る 結 果 を 招 く 危 険 が あ る と 指 摘 し て い る の は 意 味 深 い 。 た し か に シ ュ ル レ ア リ ス ム の 絵 画 は 、 そ の 低 い 側 面 に お い て は 平 板 な 文 学 的 絵 と き に 堕 す る 危 険 を も っ て い た 。 無 意 識 に 関 す る 通 俗 的 な お 喋 り を 絵 に し て み せ 蔵 る だ け と い っ て い い よ う 陋 な 作 品 も 描 か れ た 。 マ ザ 1 ウ エ ル の 拒 絶 的 な 姿 勢 は 、 お そ ら く そ う い う 現 象 か ら 触 発 さ れ た も の で あ っ た ろ う 。 画 家 は 文 学 を 語 ら な い テ の だ 、 「 黙 考 」 す る だ け ス な の だ と す る 思 想 は 、 少

抽象絵画への招待


彼 は 、 あ ら ゆ る 人 々 に 精 神 的 な 覚 醒 を も た ら そ う と す る シ ル レ ア リ ス ト の 目 的 は 賞 獄 賛 す べ き も の で あ っ た と い い 牢 の つ つ 、 し か し 現 代 の よ う に 頽 ン イ 廃 し た 時 代 に あ っ て は 、 こ の ス 讃 え る べ き 目 的 も 、 か え っ て レ 美 術 を 堕 落 さ せ る 結 果 を 招 く だ け だ ろ う と し て 、 上 の よ う 第 ナ な こ と を い っ た の で あ る 。 マ マ ザ ー ウ エ ル は 、 ク リ フ ォ プ 、 ド ・ ス テ ィ ル 、 ジ ャ ク ス ン ・ ポ ロ ッ ク 、 ア ー シ ル ・ ゴ ー キ ア ド ル フ ・ ゴ ッ ト リ ー マ ー ク ・ ロ ス コ そ の 他 と 同 様 、 第 二 次 大 戦 中 に ア メ リ カ に ど っ と 流 れ こ ん だ シ ュ ル レ ア リ ス ム の 影 響 を 深 く 受 け た 画 家 た ち の 一 人 で あ り 、 中 で も お そ ら く 最 も 知 的 包 括 力 と 学 識 に ワ 】