検索 - みる会図書館

検索対象: 現代能楽講義ー能と狂言の魅力と歴史についての十講ー

現代能楽講義ー能と狂言の魅力と歴史についての十講ーから 331件ヒットしました。

現代能楽講義ー能と狂言の魅力と歴史についての十講ー


能 苑 日 渉 幻 6 能 楽 48 , 89 , 284 能 楽 海 外 公 演 史 要 23 能 楽 研 究 19 , 23 能 楽 源 流 考 77 , 182 , 184 , 200 , 257 能 楽 史 新 考 41 , 184 能 楽 社 設 立 之 手 続 37 , 38 能 楽 盛 衰 記 38 , 121 , 165 , 167 , 168 193 , 195 , 200 , 205 , 207 , 211 , 幻 6 , 217 269 ~ 2 引 師 守 記 大 和 物 語 83 , 円 1 や 行 58 能 楽 タ イ ム ズ 能 楽 へ の 招 待 能 ・ 狂 言 事 典 能 ・ 狂 言 図 典 能 ・ 狂 言 名 作 集 能 ロ 伝 之 聞 書 能 っ て 、 何 ? 17 4 146 172 134 292 50 コ 33 , 145 , 292 能 と 狂 言 210 能 に 憑 か れ た 権 力 者 93 能 之 訓 蒙 図 彙 に 2 能 の 多 人 数 合 唱 226 能 は 生 き て い る 3 ( よ 彳 テ 八 帖 本 花 伝 書 170 林 望 が 能 を 読 む 145 風 曲 集 201 風 鼓 慶 若 伝 書 173 風 姿 花 伝 引 ~ 33 , 36 , 97 , 184 , 2 田 曲 付 次 第 201 舞 台 之 図 169 不 知 記 190 ~ 192 文 学 128 , 185 , 260 , 263 , 279 平 家 物 語 凵 0 , 146 , 4 ~ 156 , 295 , 296 , 298 , 307 , 308 明 衡 往 来 257 夢 跡 一 紙 209 , 2 Ⅱ 夢 幻 能 47 , 48 妙 佐 本 仕 舞 付 満 済 准 后 日 記 枕 草 子 34 法 華 経 60 蓬 莱 曲 133 平 治 物 語 30 ま 行 240 , 242 , 243 遊 楽 習 道 風 見 202 結 崎 座 規 68 有 福 詩 人 い 3 謡 曲 集 39 , 44 , 48 , 49 , 145 , 153 , 154 , 156 , 235 , 236 , 246 , 248 , 292 , 300 , 302 謡 曲 大 観 40 , 47 , 48 , 55 , 140 , 152 ~ 154 , あ 行 人 名 朝 顔 引 0 , 引 2 , 313 浅 井 林 之 允 123 浅 井 織 之 丞 123 秋 元 但 馬 守 喬 知 36 赤 松 義 則 194 県 の 井 戸 の 先 生 257 葵 上 8 わ ら ん べ 草 272 鹿 苑 院 西 国 下 向 記 198 了 俊 一 子 伝 引 隆 源 僧 正 日 記 185 立 正 史 学 191 六 義 201 落 書 露 顕 引 ら 彳 テ ・ わ 彳 テ 謡 曲 を 読 む 308 , 引 4 謡 曲 百 番 40 , 133 , 236 , 292 156 , 234 , 235 , 303 , 306 , 引 0 明 暦 三 年 能 役 者 付 Ⅱ 3 浅 野 栄 足 浅 見 真 州 足 利 尊 氏 足 利 義 満 足 利 義 持 足 利 義 教 足 利 義 政 芦 屋 の 某 182 21 , 247 83 185 ~ 189 , 191 , 193 ~ 199 , 207 , 189 , 199 ~ 2 田 , 207 207 , 208 , 210, 218 272 135 , 136 , 138 , 139 328

現代能楽講義ー能と狂言の魅力と歴史についての十講ー


る 。 そ の 「 好 意 的 偏 見 ー の 外 側 に 、 そ の 何 百 倍 あ る い は 何 千 倍 の 「 食 わ す 嫌 い , と い う 「 素 朴 な 偏 見 」 が 存 在 し て い る こ と を 思 う と 、 能 楽 と い う 古 典 劇 は ま こ と に 多 く の 偏 見 に 囲 ま れ て い る こ と に な る 。 「 不 変 」 と い う イ メ ( ジ さ て 、 右 の 横 道 氏 の 「 食 わ す 好 き 、 は 観 客 を 念 頭 に お い て の も の だ が 、 そ れ に 類 す る 偏 見 あ る い は 固 定 観 念 は 、 じ つ は 観 客 の 側 だ け で な く 、 演 じ る 側 に も ひ ろ く 存 在 し て い る 。 演 じ る 側 の そ の 種 の 偏 見 あ る い は 固 定 観 念 と い う の は 、 た と え ば 、 現 在 の 能 楽 は 世 阿 弥 以 来 の 演 技 や 演 出 が 変 わ る こ と な く 保 持 さ れ て き た も の 、 と い う 能 楽 に つ い て の 基 本 的 な レ ベ ル で の 理 解 で あ る 。 そ の こ と は 最 近 の 能 の 演 者 に よ る 能 へ の 入 門 書 に 、 「 身 体 表 現 の 歴 史 か ら い う と 、 発 祥 当 時 と 寸 分 た が わ ず 同 じ で は な い に し て も 、 能 楽 は 六 〇 〇 年 前 の 振 付 の 原 理 を 現 在 で も も ち つ づ け な が ら 発 展 し て い ま す 。 で す か ら 、 い く ら 才 能 豊 か な 能 楽 師 で も 、 心 理 描 写 に の っ と っ て 、 ま る で シ ェ イ ク ス ピ ア 劇 の よ う に 振 付 ( 型 ) を 自 由 に 変 更 す る こ と は ひ か え な け れ ば な り ま せ ん 」 ( 梅 若 猶 彦 氏 『 能 楽 へ の 招 待 』 平 成 一 五 年 、 岩 波 新 書 ) な ど と 記 さ れ て い る こ と に も う か が え よ う 。 し か し な が ら 、 , イ 。 , イ を か さ ね て さ き の 横 道 氏 の 一 文 に も あ っ た よ う に 、 歴 史 的 事 実 と し て は 、 能 楽 は い ろ い ろ な 面 で 変 ヒ , き た 演 劇 で あ る 。 た と え ば 、 世 阿 弥 の 芸 談 で あ る 『 申 楽 談 儀 』 に は 、 現 代 の 役 者 が 聞 い た ら 、 そ れ こ そ 目 の 玉 が と び で る く ら い 驚 く と 思 わ れ る 効 果 的 な 「 目 遣 い 」 の 演 技 に つ い て 記 さ れ て い る 。 い う ま で も な く 、 現 在 の 能 の 演 技 に お い て は 、 目 遣 、 」 な ど し - い 一 ナ 写 実 い 鈊 技 は ま ・ 、 ? た ・ ぐ 排 斥 ざ 、 ル ・ マ い る の で あ る が 、 こ の

現代能楽講義ー能と狂言の魅力と歴史についての十講ー


工 代 能 楽 講 義 ー ー 能 と 狂 言 の 魅 力 と 歴 史 に つ い て の 十 講 ー ー 開 講 に あ た っ て 現 代 の 能 楽 事 情 と そ の 問 題 ー 本 書 が め ざ す の ー 現 代 の 巨 大 な プ ラ ッ ク ホ ー ル 2 / 「 食 わ す 好 き 」 と い う 偏 見 「 不 変 」 と い う イ メ ー ジ 4 / 「 思 考 停 止 。 と い う 現 象 5 / 原 作 《 猩 々 》 試 演 で の 体 験 7 / 能 楽 の 「 歴 史 、 と 能 楽 の 「 魅 力 」 9 第 ( 講 能 楽 よ 見 弋 こ 、 、 、 : こ 王 1 ( し 力 に 生 き て い る か ー 役 者 数 ・ ( ム 演 数 ・ 復 曲 ・ 新 作 ・ 海 外 ( ム 演 現 代 に 生 き る 能 楽 に / 能 楽 の 役 者 は ど れ く ら い い る の か い / 東 京 圏 で は 一 日 平 均 二 公 演 、 関 西 で は 一 公 演 ロ / 復 曲 と 新 作 / 海 外 公 演 の 日 常 化 第 ニ 講 「 能 」 と い う 名 称 を め ぐ る 諸 問 題 ー 「 能 楽 」 「 猿 楽 」 「 申 楽 」 「 謡 曲 」 の 意 味 と そ の 相 闢 ー 「 能 」 と い う 名 称 と そ の 周 辺 「 能 」 の 原 義 は 「 才 能 」 「 能 力 」 四 / 能 が 「 能 」 と 呼 ば れ る ま で 「 猿 楽 」 と い う 語 / 「 猿 楽 」 か ら 「 能 楽 」 へ 「 能 ー と 「 謡 曲 」 3 / 「 お 能 」 と い う 言 い 方 と そ の 歴 史 第 三 講 夢 幻 能 と 現 在 能 ー 夢 幻 能 に み る 能 の 演 劇 的 創 造 ー 夢 幻 能 と 現 在 能 囀 / 夢 幻 能 と い う 用 語 の 誕 生 町 / 夢 幻 能 に お け る 演 劇 的 特 色 / 夢 4 幻 能 の 形 成 ー ・ 世 阿 弥 ま で の 道 程 ー ・ / 夢 幻 能 の 展 開 ー ー 世 阿 弥 以 後 の 夢 幻 能 ー ー / 木 下 順 二 の 夢 幻 能 論 硯 第 四 講 能 が 演 じ ら れ た 場 所 ー 「 神 事 能 」 「 勧 進 能 」 「 私 的 催 し 」 「 公 演 」 目 次 次

現代能楽講義ー能と狂言の魅力と歴史についての十講ー


第 モ 講 能 舞 台 の 変 遷 ー 能 楽 堂 の 出 現 ま で ー

現代能楽講義ー能と狂言の魅力と歴史についての十講ー


ひ と え に 猿 楽 が 能 の 源 流 だ っ た か ら に ほ か な る ま い 「 猿 楽 、 か ら 「 能 楽 ー へ 鎌 倉 時 代 か ら 江 戸 時 代 ま で 使 わ れ て い た 「 猿 楽 」 は 、 明 治 維 新 後 も 一 〇 年 あ ま り は な お 用 い ら れ て い た が 、 明 治 一 四 に な っ て 、 そ の 長 い 歴 史 に 終 止 符 が 打 た れ る こ と と な る 。 題 明 治 維 新 後 の 能 楽 は 、 最 大 の 庇 護 者 だ っ た 徳 川 幕 府 を 頂 点 と す る 武 家 社 会 の 崩 壊 で 、 未 曾 有 の 苦 難 に 直 面 し た が 、 維 新 後 一 〇 年 ほ ど を 経 過 し て 、 よ う や く 復 興 の き ざ し が み え て る と も み め き た 。 そ れ を 象 徴 す る で き ご と が 明 治 一 四 年 の 岩 倉 具 視 ら 華 族 に よ る を 「 能 楽 社 ー の 設 立 で あ る が 、 そ れ ま で 用 い ら れ て い た 「 猿 楽 」 は 、 能 楽 名 靖 社 の 設 立 と と も に 、 新 た に 生 ま れ た 「 能 楽 」 に と っ て 代 わ ら れ て 、 以 後 レ 」 ヒ 匕 在 は ま っ た く 用 い ら れ よ よ っ て 現 在 に い た る の で あ る 。 つ ま り 、 現 在 わ 「 能 楽 は 、 明 治 一 四 年 の 能 楽 社 の 設 立 と と も に 生 ◎ 判 れ わ れ が 使 っ て い ヒ し 講 ム 月 ま れ た 新 造 語 だ と い う こ と で あ る 。 第 こ の 「 猿 楽 」 か ら 「 能 楽 」 へ の バ ト ン タ ッ チ に つ い て は 、 能 楽 社 の 設 の 一 い 卒 立 経 過 を 記 し た 『 能 楽 社 設 立 之 手 続 』 に 明 央 に 記 さ れ て い る 。 そ れ に よ る と 、 能 楽 社 の 設 立 が 岩 倉 ら 華 族 の 話 題 に な っ た の は 明 治 一 二 年 の 夏 の

現代能楽講義ー能と狂言の魅力と歴史についての十講ー


る の で 、 そ の よ う な 体 験 は ま れ な の で あ る ) 。 そ の よ う な 体 験 は 能 役 者 に 何 物 に も 代 え が た い 役 者 と し て の 充 実 感 を 与 え る 。 復 曲 や 新 作 に 参 画 で き る 役 者 は 能 楽 界 の ご く 一 部 で は あ る が 、 現 在 の 能 楽 界 が そ の よ う な 潮 流 に あ る の は ま ぎ れ も な い 事 実 で あ り 、 こ れ を も っ て 、 七 〇 〇 年 も の 伝 統 を 有 す る 能 楽 が 、 こ の 二 一 世 紀 の 現 代 に た く ま し く 生 き て い る 証 拠 と す る こ と が で き る だ ろ う 。 海 外 ( ム 演 の 日 常 化 能 楽 が 現 代 に 生 き て い る こ と を 示 す 事 例 と し て 、 さ い ご に 能 楽 の 海 外 公 演 に つ い て 述 べ て お こ う 。 能 楽 の 海 外 公 演 と し て は 、 戦 前 の 昭 和 前 期 に 有 力 な 能 役 者 が し ば し ば 旧 満 州 や 朝 鮮 に 渡 航 し て 公 演 を し た よ う な 例 も あ る が 、 そ れ は 厳 密 に は 「 海 外 」 公 演 と は い え な い も の で 、 現 在 の よ う な 海 外 公 演 は 戦 後 一 〇 年 を 経 過 し た 昭 和 二 九 年 に 、 イ タ リ ア は べ ニ ス で 催 さ れ た 国 際 演 劇 祭 に 喜 多 流 の 能 楽 団 ( 団 長 は 喜 多 流 家 元 の 喜 多 実 ) が 参 加 し た こ と を も っ て 嚆 矢 と す る 。 そ れ 以 降 は 、 昭 和 三 二 年 に 観 世 流 と 喜 多 流 に よ る 東 京 能 楽 団 が ハ リ で 催 さ れ た フ ラ ン ス 文 化 祭 に 参 加 し 、 昭 和 三 八 年 に 野 村 狂 言 団 ( 団 長 は 和 泉 流 の 野 村 万 蔵 ) が ワ シ ン ト ン 大 学 に 招 か れ 、 昭 和 四 〇 年 に は 観 世 流 の 東 京 能 楽 団 が ア テ ネ 公 演 を 行 っ て い る 。 こ の 昭 和 四 〇 年 に は 野 村 狂 言 団 が 西 ベ ル リ ン で 催 さ れ た 西 ベ ル リ ン フ ェ ス テ ィ バ ル に も 参 加 し て お り 、 こ の 年 を さ か い に 、 一 年 に 複 数 の 能 楽 団 が 海 外 公 演 を 行 う と い う こ と が ふ つ う と な り 、 昭 和 五 九 年 に は 九 回 、 昭 和 六 〇 年 に は 八 回 を 数 え て い る 。 最 初 の う ち は ア メ リ カ と ヨ ー ロ ッ パ が 中 心 で 、 ア ジ ア で の 公 演 は 昭 和 五 六 年 に 観 世 流 が 韓 国 や 中 国 に

現代能楽講義ー能と狂言の魅力と歴史についての十講ー


第 ニ 講 「 ヒ 」 ム 月 と い う 名 称 を め ぐ る 諸 問 題 「 能 楽 」 「 猿 楽 」 「 申 楽 」 「 謡 曲 」 の 意 味 と そ の 相 闢

現代能楽講義ー能と狂言の魅力と歴史についての十講ー


本 日 は 「 世 界 の 中 の 能 」 と い う テ ー マ が 設 定 さ れ て い ま す が 、 ま こ と に 現 在 の 能 は そ の よ う な 状 況 に あ る と ム は は じ め て 思 い ま す 。 昨 年 の 秋 、 約 半 月 で し た が 、 禾 ア メ リ カ に 行 っ て き ま し た 。 目 的 は ピ ッ ツ バ ー グ 大 学 で 催 さ れ た 能 《 女 郎 花 》 に つ い て の 国 際 会 議 へ の 出 席 で し た が 、 そ の 前 に プ リ ン ス ト ン 大 学 と ヴ ァ ー ジ ニ ア 大 学 で 、 そ れ ぞ れ 夢 幻 能 と 能 舞 台 に つ い て 簡 単 な 講 演 を し ま し た 。 そ の 二 つ の 講 演 は も ち ろ ん 日 本 語 で 、 プ 丿 ン ス ト ン で は 通 訳 な し で し た が 、 そ の ど ち ら に お い て も 私 に と っ て は た い へ ん 心 地 よ い 反 応 が あ り ま し た 。 そ の あ と の 《 女 郎 花 》 の 国 際 会 議 で は 三 日 に わ た っ て 《 女 郎 花 》 一 曲 を 輪 読 の 形 で 検 討 し ま し た が 、 そ れ は 日 本 語 で 行 わ れ ま し た 。 つ ま り 、 能 に 関 心 を 持 つ 人 々 や 研 究 者 が 海 外 に 少 な か ら す い て 、 能 に つ い て の 国 際 会 議 が 海 外 で 企 画 さ れ 、 そ れ が 日 本 語 で 行 わ れ る 、 と い う 時 代 な の で す 。 ま さ に 「 世 界 の 中 の 能 」 で 、 そ れ は そ れ で た い へ ん け っ こ う な こ と な の で す が 、 そ の 一 方 で 、 現 在 、 能 は そ の 読 み 方 に つ い て 大 き な 混 迷 に 直 面 し て い る よ う に 思 い ま す 。 と 一 言 う の は 、 た い へ ん 不 思 議 な こ と で す が 、 能 と い う 演 劇 は 、 そ の 個 々 の 作 品 の 「 ね ら い 」 と か 「 主 題 」 が あ ま り 問 題 に さ れ な い 傾 向 が あ り ま す 。 こ れ は 他 の 芸 術 ジ ャ ン ル で は い さ さ か 考 え が た い の で は な い か と 思 う の で す が 、 た と え ば 、 能 楽 事 典 や 能 会 の パ ン フ レ ッ ト な ど を み て も 、 そ こ に 記 さ れ て い る の は せ い せ い 粗 筋 ど ま り で 、 そ の 能 の 「 ね ら い 」 や 「 主 題 」 に つ い て は ま す 書 か れ ま せ ん 。 そ し て 、 そ れ が 記 さ れ て い る 場 合 で も 、 そ の 把 握 が か な ら ず し も 的 確 で な い こ と が 少 な く あ り ま せ ん 。 こ う し た 傾 向 は 、 出 典 研 究 な ど 細 部 で は 著 し い 進 展 を 見 せ つ つ も 、 能 を 一 個 の 演 劇 と し て 把 握 し よ う と す る 視 点 を 欠 く 能 楽 研 究 の 正 直 な 反 映 と 思 わ れ ま す 。 一 例 と し て 著 名 な 《 井 筒 》 を と り あ げ て み る と 、 現 在 は 《 井 筒 》 の 主 題 は 、 「 井 筒 の 女 の つ つ ま し い 恋 の 物 語 」 と か 、 「 待 っ 女 」 に 象 徴 さ れ る 「 待 っ ー こ と 、 な ど と 説 明 さ れ て い ま す 。 し か し 、 観 世 な ど 上 掛 り の テ キ ス ト だ け で な く 、 金 春 な ど 下 掛 り の テ キ ス ト を 参 照 し て 、 て い ね い に テ キ ス ト を 読 ん で ゆ く と 、 前 場 で も 後 場 で も 作 者 が 訴 え よ う と し て い る の は 「 恋 慕 」 と 「 懐 旧 」 の 情 で あ る こ と が 明 ら か で す 。 し た が っ て 、 現 在 の 《 井 筒 》 に つ い て の 定 説 的 理 解 は 、 前 者 は 当 た ら す と い え ど も 遠 か ら す 、 補 講 ◎ 能 は い か に 読 ま れ る べ き か 291

現代能楽講義ー能と狂言の魅力と歴史についての十講ー


「 ( ム 演 」 の 特 異 住 こ れ は こ の 第 四 講 の 冒 頭 で も 述 べ た こ と だ が 、 こ れ ま で 紹 介 し て き た 「 神 事 能 」 「 勧 進 育 私 的 催 し 」 は 現 代 に は ほ と ん れ て い な い 。 そ れ に 代 わ っ て 登 場 し た の が 現 代 の 「 公 演 」 で あ る 。 そ の 「 公 演 」 が い か な る 性 格 の 「 場 」 で あ る か は 、 こ れ ま で の 「 神 事 能 」 な ど に つ い て の 記 述 か ら も お の ず か ら 明 ら か で は な い か と 思 う が 、 こ こ に あ ら た め て 現 代 の 「 公 演 」 の 特 色 を 整 理 す れ ば 、 そ れ は 「 平 等 性 、 と 「 純 粋 性 」 と い 、 つ こ と に な る 「 平 等 性 」 と い う の は 、 希 望 す れ ば だ れ で も そ の 催 し に 参 加 で き る と い う こ と で あ る 。 そ こ に は 身 分 や 性 別 や 貧 富 に よ る 制 約 か な い 。 こ れ は 「 神 事 能 」 や 「 勧 進 能 」 も 同 様 で あ る が 、 「 場 」 の 主 流 で あ っ た 「 私 的 催 し ー は そ う で は な か っ た 。 昭 和 一 〇 年 に 野 村 得 庵 が 催 し た 舞 台 披 き 能 に は 四 〇 〇 人 も の 人 が 集 ま っ た が 、 そ れ は す べ て 主 催 者 に よ っ て 招 か れ た 人 々 だ っ た 。 家 康 や 秀 忠 や 家 光 の 御 前 で 《 墨 塗 》 の あ と の 座 興 に 興 じ た 人 々 も 同 様 で あ る 。 「 神 事 能 」 や 「 勧 進 能 」 は 日 常 的 な 催 し で は な い か ら 、 江 戸 時 代 以 前 に は 、 希 望 す れ ば だ れ も が 参 加 で き る 催 し が 日 常 的 に は ほ と ん ど な か っ た こ と に な る が 、 「 公 演 」 だ け に な っ た 現 代 は 、 ほ と ん ど の 催 し が 、 だ れ で も 参 加 で き る 「 場 」 と な っ て い る の で あ る 。 ま た 、 「 純 粋 性 」 と い う の は 、 「 公 演 」 が 能 や 狂 言 の 鑑 賞 だ け を 目 的 と し て い る と い う こ と で あ る 。 人 々 は 能 楽 堂 に 能 や 狂 言 を み に き て い る の で あ っ て 、 そ こ に は そ れ 以 外 の 目 的 や 楽 し み は な い 。 飲 食 を 楽 し み な が

現代能楽講義ー能と狂言の魅力と歴史についての十講ー


不 可 解 な 現 象 が 解 き 明 か さ れ 、 そ の 演 劇 と し て の 魅 力 が わ れ わ れ に 示 さ れ る 、 と い う こ と を 意 味 し て い る わ け で あ る 。 本 書 は 書 名 に 「 現 代 」 を 冠 し 、 副 題 に は 能 楽 の 「 魅 力 ー と 「 歴 史 」 と い う 二 つ の 視 点 を か か げ て い る 。 意 図 す る と こ ろ は 、 「 現 代 」 の 巨 大 な プ ラ ッ ク ホ ー ル で あ る 能 楽 を 、 そ の 長 い 「 歴 史 , を ふ ま え て 理 解 し 、 そ れ に よ っ て 大 き す ぎ て 容 易 に 把 握 し が た く な っ て い る 能 楽 の 全 体 像 に 最 低 限 の 輪 郭 を 与 え 、 そ の 「 魅 力 」 に せ ま ろ う と い う こ と で あ る 。 ま た 、 こ の 場 合 の 「 歴 史 」 は ほ と ん ど 「 変 化 」 と 同 義 で あ り 、 そ の 「 魅 力 」 と は 演 劇 と し て の 能 楽 の 魅 力 と い う こ と で あ る 。 「 現 代 ー を 冠 し た 本 書 の 記 述 の 過 半 が 室 町 時 代 や 江 戸 時 代 に お け る 能 楽 の 状 況 に 費 や さ れ て い る の は 、 そ の 「 変 化 」 を 説 明 す る た め で あ り 、 現 在 わ れ わ れ と と も に あ っ て 生 き て い る 能 楽 を 理 解 す る に は 、 そ れ が 不 可 欠 の 手 順 で あ り 知 識 だ か ら で あ る 。 そ の 結 果 、 筆 者 と し て は 、 そ こ に 演 劇 と し て の 能 楽 の 魅 力 が た ち あ ら わ れ て く る も の と 期 待 し て い る の で あ る が 、 そ の 演 劇 と し て の 能 楽 の 魅 力 と い う の は 、 各 時 代 に お け る 能 楽 の 魅 力 で も あ る と 同 時 に 、 わ れ わ れ と 同 時 代 に あ る 「 現 代 」 の 能 楽 の 魅 力 で も あ る こ と は い う ま で も な い