検索 - みる会図書館

検索対象: 聖女の召喚 プラパ・ゼータ1⃣

聖女の召喚 プラパ・ゼータ1⃣から 210件ヒットしました。

聖女の召喚 プラパ・ゼータ1⃣


47 聖 女 の 招 喚 「 俺 は 水 が 恋 し い 。 浴 び る ほ ど の 水 の あ る 場 所 へ 行 き た い ー 聖 地 に は 、 腐 っ た 水 に 困 り 、 清 い 水 を 待 っ す べ て の ひ と び と に 分 け 与 え る た め の 、 聖 者 の 泉 か ら 湧 き 出 た 水 を 溜 め た 池 が あ る 。 の ど う る お 何 万 人 の 咽 を 潤 す の に 足 り る 水 は 、 男 一 人 が 浴 び る の に 余 り あ る 。 そ し て 最 後 に デ ィ ー ノ が 言 っ た 。 ま ど う し 「 招 喚 の 儀 式 を 行 っ て い る 祭 事 場 の 近 く へ 。 魔 道 士 も 女 王 も 皆 殺 し に す る 」 し っ と キ ハ ノ が 笑 っ た 。 待 ち に 待 っ た 言 葉 に 、 に い ゝ 「 我 が 王 よ 、 甘 知 な 0 斡 を 存 分 に 楽 し ま れ よ 」

聖女の召喚 プラパ・ゼータ1⃣


117 聖 女 の 招 喚

聖女の召喚 プラパ・ゼータ1⃣


191 聖 女 の 招 喚

聖女の召喚 プラパ・ゼータ1⃣


29 聖 女 の 招 喚

聖女の召喚 プラパ・ゼータ1⃣


聖 女 の 招 喚 プ ラ バ ・ ゼ ー タ ① 流 星 香

聖女の召喚 プラパ・ゼータ1⃣


古 来 よ り 数 々 の 戦 乱 の 引 き 金 と な っ た 美 女 に あ た え ら れ て い た も の 。 と わ れ る 、 至 高 の バ ラ ン ス を 持 っ 肉 体 な の だ 。 男 た ち に 究 極 の 快 楽 を 与 え る こ と を 可 能 と す る 、 世 界 最 高 の 女 。 奪 い 去 ら ず に は い ら れ な い 女 。 愛 さ ず に は い ら れ な い 女 。 愛 さ れ る た め に 生 ま れ て き た 女 。 男 の 本 能 に 突 き 動 か さ れ た よ う に 。 ほ と ん ど 無 意 識 に 。 デ ィ ー ノ は フ ァ ラ ・ ハ ン 求 め て い た 。 力 で 女 の 身 を 服 従 さ せ よ う と す る 卑 劣 な 輩 に 。 喚 招 フ ァ ラ ・ ハ ン の 怒 り は 爆 発 し た 。 女 自 分 さ え 良 け れ ば 、 何 を や っ て も か ま わ な い 。 そ の 利 己 的 な ん の に 激 昂 し た 。 や か ら

聖女の召喚 プラパ・ゼータ1⃣


ル ・ う に な っ て い る の は 自 分 の い る こ の あ た り だ け な の だ と い う こ と を 、 思 い 出 し た 。 女 王 た る 自 分 を 待 っ て い る 多 く の ひ と び と が 、 こ の 聖 地 の 外 に い る こ と を 、 思 い 出 し た 。 自 分 を 捕 ら え た を 恐 れ る こ と な く 、 恥 に 立 ち 向 か お う と す る な 乙 女 を 見 つ め 抵 抗 し て 殺 さ れ る の も 世 界 と 一 緒 に 滅 び る の も 、 本 質 的 な 意 味 に お い て 変 わ ら な い 。 無 に 帰 す る だ け だ 。 誰 を 敵 に 回 そ う と 、 諦 め る に は ま だ 早 い 。 希 望 は 、 存 在 す る も の で は な い 。 捶 き 続 け て ゆ く も の な の だ 。 こ う み よ う 信 じ る 心 の 強 さ 、 自 分 か ら 負 け を 認 め な い こ と が 、 光 明 と な る の だ 。 理 屈 や 理 由 は 裏 付 け に す ぎ な い 。 招 何 に お い て も 。 女 可 能 性 だ け は 常 に 無 限 大 と な り う る の だ 。 聖 諦 め な け れ ば 。 必 ず 道 は 開 か れ る 。

聖女の召喚 プラパ・ゼータ1⃣


飛 竜 の 吐 く 火 炎 は あ ら ゆ る 物 を 焼 き つ く す 。 唯 一 の 例 外 で あ る 、 石 綿 を 除 い て 。 石 綿 の 袋 の 中 で 息 を 殺 し た シ ル ヴ ィ ン を 残 し 、 そ こ に あ っ た も の は 間 近 い 火 炎 放 射 を ま と も に 食 ら い 、 一 瞬 に し て 燃 え あ が っ た 。 選 り 抜 き の 飛 竜 の 吐 く 火 炎 で あ る 。 金 属 も 人 体 も 石 も 仲 間 の 飛 竜 も 、 何 も ひ と た ま り も な か っ た 。 物 と 燃 え 盛 る 炎 の 敲 の 中 、 じ を 炎 で 射 抜 き 、 デ ィ ー ノ は 楽 々 と 飛 竜 を 操 っ て 、 う ず ま 火 炎 渦 巻 く 竜 舎 を 後 に し た 。 シ ル ヴ ィ ン は 、 そ れ を 確 か め 、 あ る 程 度 の 物 が 燃 え 崩 れ る の を 待 っ た 。 待 っ て か ら 。 確 か め て お い た 出 入 り 口 の ほ う に 転 が っ た 。 ほ ん ろ う い も む し 翻 弄 さ れ る 芋 虫 の よ う に 進 ん だ 。 喚 招 あ の 飛 竜 の 火 炎 を 受 け た な ら 、 木 で で き た 単 純 な 作 り の 飼 料 樽 な ん か は 、 簡 単 に 燃 え て 、 聖 跡 形 も 残 さ ず な く な っ て し ま う は ず だ 。 袋 の 中 か ら は 周 囲 が ど う な っ て い る の か 、 ま っ た く 見 え な い 。 音 を 頼 り に 行 動 す る し か な い 。

聖女の召喚 プラパ・ゼータ1⃣


133 聖 女 の 招 喚 そ し て 。 エ ル ・ コ レ ン テ ィ の 張 り 巡 ら せ た 結 界 に 向 か っ て 、 そ れ を 振 り 下 ろ し た 。

聖女の召喚 プラパ・ゼータ1⃣


第 五 章 強 襲 の 身 の 道 師 訪 れ た 。 腕 組 み を し て 彫 像 の よ う に 記 し て い た デ ィ ー ノ が 、 は っ と 顔 を 上 げ た 。 ま っ た く 同 時 に 。 ひ と み め い そ う 瞑 想 し て い た 人 間 の 乾 物 の よ う な 老 人 が 、 か っ と 瞳 を 見 開 く 。 た だ な ん と な く 時 間 を 持 て あ ま し て い た 二 人 は 、 デ ィ ー ノ の 動 き に ぎ く り と し て 首 を 巡 ら 招 す 。 ま が ま が し っ と 唇 の 端 を 吊 り あ げ た 老 魔 道 師 の 禍 々 し い 表 情 を み と め 、 イ グ ネ 女 中 空 を 見 つ め 、 に い ゝ 聖 シ ウ ス と オ ー パ の 背 筋 に 冷 た い も の が 走 っ た 。 ゅ う ゆ う デ ィ ー ノ は 悠 々 と し た 動 作 で 、 キ ハ ノ の 前 、 イ グ ネ シ ウ ス や オ ー パ の 側 に 近 づ い た 。 、 バ リ ル ・ キ ハ ノ の 待 ち に 待 っ た 瞬 間 は 。 ひ も の