検索 - みる会図書館

検索対象: 完訳 日本の古典 第二十四巻 和泉式部日記 紫式部日記 更級日記

完訳 日本の古典 第二十四巻 和泉式部日記 紫式部日記 更級日記から 201件ヒットしました。

完訳 日本の古典 第二十四巻 和泉式部日記 紫式部日記 更級日記


( 現 代 語 訳 一 一 五 四 ) 一 三 く し は こ よ べ の 御 お く り も の 、 け さ ぞ こ ま か に 御 覧 ず る 。 御 櫛 の 筥 一 六 三 部 の 勅 撰 集 を 一 帖 に 四 巻 ず と の 〔 三 六 〕 殿 か ら 宮 へ の 贈 物 っ 書 い て 、 各 五 帖 に 仕 立 て た 。 の う ち の 具 ど も 、 い ひ っ く し 見 や ら む か た も な し 。 手 筥 一 宅 藤 原 行 成 。 能 書 家 で 三 蹟 の 一 人 と し て 著 名 。 底 本 に は 「 行 成 そ み さ う し よ ろ ひ 、 か た っ か た に は 、 白 き 色 紙 つ く り た る 御 冊 子 ど も 、 古 今 、 後 撰 集 、 拾 の 時 大 弁 」 と 傍 注 が あ る 。 穴 大 納 言 源 清 蔭 の 孫 。 能 書 の 僧 。 え ん か ん う す ぎ め く み ひ も 遺 抄 、 そ の 部 ど も は 五 帖 に つ く り つ つ 、 侍 従 の 中 納 言 、 延 幹 と 、 お の お の 冊 子 一 九 「 羅 」 は 薄 絹 。 「 組 」 は 組 紐 。 一 九 ニ 0 外 箱 の 縁 に か け て そ の 中 に は よ く わ ん ひ も か ら く み ニ 0 ひ と つ に 四 巻 を あ て つ つ 、 書 か せ た ま へ り 。 表 紙 は 羅 、 紐 お な じ 唐 の 組 、 か け ま る よ う に 作 っ た 箱 。 ニ 一 大 中 臣 能 宣 。 『 後 撰 集 』 の 撰 者 よ し の ぶ も と す け ご の 上 に 人 れ た り 。 下 に は 能 宣 、 元 輔 ゃ う の 、 い に し へ い ま の 歌 よ み ど も の 家 で 梨 壺 の 五 人 の 一 人 。 一 三 清 原 元 輔 。 清 少 納 言 の 父 。 ち か ず み 『 後 撰 集 』 の 撰 者 で 梨 壺 の 五 人 の 一 家 の 集 書 き た り 。 延 幹 と 近 澄 の 君 と 書 き た る は 、 さ る も の に て 、 こ れ は た だ 、 ぢ か け 近 う も て つ か は せ た ま ふ べ き 、 見 知 ら ぬ も の ど も に し な さ せ た ま へ る 、 い ま = = 清 原 近 澄 か 。 素 姓 末 詳 。 だ い し よ う え し ん し よ う え 品 「 五 節 」 は 大 嘗 会 ・ 新 嘗 会 に 催 く ぎ よ う お ん な が く め か し う さ ま こ と な り 。 す 女 楽 。 舞 姫 は 公 卿 か ら 二 人 ( 大 じ よ う え ず り よ う 嘗 会 は 三 人 ) 、 受 領 か ら 二 人 選 ば ご せ ち は つ か う し と ら う 五 節 は 廿 日 に ま ゐ る 。 侍 従 の 宰 相 に 、 舞 姫 の 装 束 な ど っ か れ る 。 + 一 月 中 の 丑 ・ 寅 ・ 卯 ・ 辰 〔 三 を 五 節 の 舞 姫 ー ー 十 の 四 日 間 に わ た る 行 事 。 ニ 七 一 月 ニ 十 日 ニ 五 丑 の 日 の 「 帳 台 の 試 み 」 の 日 。 は す 。 右 の 宰 相 の 中 将 の 、 五 節 に か づ ら 申 さ れ た る 、 つ か 日 ニ 六 こ の 年 の 舞 姫 は 、 侍 従 宰 相 藤 こ こ ろ ば た き も の 蝨 は す つ い で に 、 筥 一 よ ろ ひ に 薫 物 人 れ て 、 心 葉 、 梅 の 枝 を し て 、 い ど み き こ え 原 実 成 の 娘 、 宰 相 中 将 藤 原 兼 隆 の 紫 娘 、 丹 波 守 高 階 業 遠 の 娘 、 尾 張 守 藤 原 中 清 の 娘 の 四 人 が 選 ば れ た 。 ひ か げ か ず ら 毛 日 蔭 の 鬘 。 舞 姫 の 冠 の 飾 り 物 。 に は か に い と な む つ ね の 年 よ り も 、 い ど み ま し た る 聞 こ え あ れ ば 、 東 の 、 御 夭 贈 物 の 箱 に 付 け る 造 花 。 は こ ニ 四 一 四 ら さ う ぞ く ひ む が し て ば こ お 人 。

完訳 日本の古典 第二十四巻 和泉式部日記 紫式部日記 更級日記


遺 抄 な ど で 、 そ の 歌 集 一 部 は そ れ ぞ れ 五 帖 に 作 っ て 、 侍 従 人 場 し て く る 様 子 な ど も 、 よ く も ま あ 平 気 で と り す ま し て え ん か ん い る こ と よ と し き り に 思 う け れ ど 、 そ れ は 他 人 ご と と ば か の 中 納 言 と 延 幹 と に 、 お の お の 冊 子 一 帖 に 四 巻 を あ て て お て ん じ よ う び と ひ も か ら り は 思 わ れ な い 。 た だ こ の よ う に 、 殿 上 人 が 面 と 向 っ て 顔 書 か せ に な っ て い る 。 表 紙 は う す 絹 、 紐 も 同 じ う す 絹 の 唐 し そ く か け ご お お な か と み の よ し よ う く み ひ も を つ き あ わ せ 、 脂 燭 を 照 ら し て い な い と い う だ け の こ と な 様 の 組 紐 で 、 懸 子 の 上 段 に 人 れ て あ る 。 下 段 に は 大 中 臣 能 ま ん ま く の ぶ き ょ は ら の も と す け 曼 幕 を ひ き め ぐ ら し て さ え ぎ っ て あ る と し て も 、 中 の だ 。 申 宣 や 清 原 元 輔 の よ う な 昔 や 今 の 歌 人 た ち の 家 集 を 書 き 写 し ち か ず み の だ い た い の 様 子 は さ ぞ 同 じ よ う に あ ら わ に 見 る こ と だ ろ て 人 れ て あ る 。 延 幹 と 近 澄 の 君 と が 書 い た も の は も と よ り う と 、 わ が 身 に つ い て 思 い 出 す に つ け て も 、 ま ず 胸 の ふ さ り つ ば な も の で 、 こ れ ら は も つ ば ら 身 近 に お い て お 使 い に が る 思 い が す る な る べ き も の と し て 、 見 た こ と も な い み ご と な 装 丁 に お 作 や み に し き か ら ぎ ぬ な り と お あ そ ん 業 遠 の 朝 臣 の 舞 姫 の 介 添 役 は 、 錦 の 唐 衣 を 着 て 、 闇 の 夜 り に な ら れ た の は 、 ま た 現 代 ふ う で 様 子 が 変 っ て い る 。 ど せ ち だ い り 〔 一 宅 〕 五 節 の 舞 姫 ー ー 十 五 節 の 舞 姫 は 二 十 日 に 内 裏 に 参 入 す に も 他 に ま ぎ れ ず 、 ひ と き わ 珍 し く 見 え る 。 衣 装 を 幾 重 に 一 月 ニ 十 日 も 着 重 ね て 身 動 き も し な や か で な い よ う に 見 え る 。 そ れ を る 。 中 宮 さ ま は 侍 従 の 宰 相 に 舞 姫 の 装 束 な ど を お っ か わ し に な る 。 右 の 宰 相 の 中 将 が 舞 姫 に 日 殿 上 人 が 格 別 ね ん ご ろ に 世 話 を し て い る 。 こ ち ら の 中 宮 さ か げ か ず ら ま の ご 座 所 に 主 上 も お 渡 り に な っ て 舞 姫 を ご 覧 に な る 。 殿 蔭 の 鬘 の 御 下 賜 を お 願 い 申 し あ げ た の を お っ か わ し に な る 、 や り ど そ の つ い で に 箱 一 対 に お 香 を 人 れ 、 飾 り の 造 花 に は 梅 の 花 も そ っ と 、 遣 戸 の 北 側 の 方 に い ら っ し や っ て い る の で 、 気 け ん ま ま に も で き ず 煩 わ し い 。 を つ け て 、 妍 を 競 う よ う に し て お 贈 り に な ら れ た 。 な か き ょ 一 イ ロ 中 清 の 舞 姫 の 介 添 役 は 、 背 丈 が み ん な 同 じ く ら い に そ ろ さ し せ ま っ て 急 に 用 意 さ れ る 例 年 よ り も 、 今 年 は 一 段 と 日 式 競 い に 競 い あ っ て り つ ば だ と の 評 判 で あ っ た が 、 当 日 は 東 っ て い て 、 と て も 優 雅 で 奥 ゆ か し い 様 子 は 、 ほ か の に ま さ す き ま た て じ と み る と も 劣 ら な い と 評 定 さ れ る 。 右 の 宰 相 の 中 将 の 介 添 役 は 、 の ご 座 所 の 向 い に あ る 立 蔀 の 所 に 、 隙 間 も な く ず っ と 続 け ひ な す べ き こ と は 十 二 分 に 手 を 尽 し て あ っ た 。 そ の 中 の 下 仕 て と も し た 灯 の 光 が 、 昼 間 よ り も き ま り が 悪 い ほ ど あ か あ え の 女 二 人 の き ち ん と し た 身 づ く ろ い が 、 ど こ か ひ な び て か と 照 ら し て い る 、 そ の 所 へ 舞 姫 た ち が し ず し ず と 歩 い て せ た け

完訳 日本の古典 第二十四巻 和泉式部日記 紫式部日記 更級日記


更 級 日 記 366 一 物 語 に う つ つ を 抜 か し 、 他 愛 も な く 浮 つ い て い た 心 。 一 一 「 物 」 は 漠 然 と 社 寺 を さ す 。 も の ま う 三 非 難 が ま し く 。 四 物 一 三 ロ て の 一 一 = ロ 四 「 勢 ひ 」 は 財 力 を い う 。 五 草 木 の 双 葉 の よ う な 幼 児 。 い な ば 今 は 、 昔 の よ し な し 心 も く や し か り け り と の み 思 ひ 知 り は 六 因 幡 の 歌 枕 。 「 わ が 恋 は 三 倉 〔 ニ 六 〕 家 庭 に 安 住 、 物 詣 の 山 に 移 し て む 程 な き 身 に は 置 き そ 、 ま す 石 山 に 籠 る て 、 親 の 物 へ ゐ て 参 り な ど せ で や み に し も 、 も ど か し く 思 所 な し 」 ( 古 今 六 帖 一 l) な ど 。 こ こ は 倉 に 積 み 余 る 程 の 財 を 蓄 え て 。 ひ 出 で ら る れ ば 、 今 は ひ と へ に 豊 か な る 勢 ひ に な り て 、 ふ た ば の 人 を も 、 思 ふ 七 来 世 の 極 楽 往 生 。 ハ 寛 徳 二 年 ( 一 0 四 五 ) 十 一 月 。 さ ま に か し づ き お ほ し た て 、 わ が 身 も み く ら の 山 に つ み 余 る ば か り に て 、 後 の 九 滋 賀 県 大 津 市 の 石 山 寺 。 一 0 作 者 が 上 京 の 途 次 、 こ こ を 通 し も っ き っ た の は 寛 仁 四 年 ( 一 0 一 一 0 ) 十 二 月 一 一 世 ま で の こ と を も 思 は む と 思 ひ は げ み て 、 霜 月 の 二 十 余 日 、 石 山 に 参 る 。 雪 う 日 で あ っ た 。 ↓ 三 二 九 ハ ー 。 あ ふ さ か ち 降 り つ つ 、 道 の ほ ど さ へ を か し き に 、 逢 坂 の 関 を 見 る に も 、 昔 越 え し も 冬 ぞ = 逢 坂 の 関 の ほ と り に あ っ た 名 刹 。 作 者 の 上 京 時 は 再 建 中 で 、 万 寿 年 間 ( 一 0 一 一 四 、 一 一 0 に は 完 成 し て い か し と 思 ひ 出 で ら る る に 、 そ の ほ ど し も 、 い と あ ら う 吹 い た り 。 た ら し い 。 一 ニ ↓ 三 二 九 ハ ー 。 逢 坂 の 関 の せ き 風 ふ く こ ゑ は む か し 聞 き し に か は ら ざ り け り 一 三 大 津 市 松 本 石 場 付 近 の 古 名 。 声 - い か い も ′ 、 ト 4 ′ 、 関 寺 の い か め し う 造 ら れ た る を 見 る に も 、 そ の を り 荒 造 り の 御 顔 ば か り 見 ら れ 一 四 斎 戒 沐 浴 す る た め の 家 。 一 五 中 央 に あ る 堂 。 比 叡 山 の 根 本 と し つ き う ち い ぞ し を り 思 ひ 出 で ら れ て 、 年 月 の 過 ぎ に け る も い と あ は れ な り 。 打 出 の 浜 の ほ ど 中 堂 を い う も の で あ ろ う 。 じ ゃ こ う じ か 一 六 麝 香 鹿 の 牡 の 腹 部 に あ る 袋 か ま う み だ う の な ど 、 見 し に も 変 ら ず 。 暮 れ か か る ほ ど に 詣 で 着 き て 、 斎 屋 に 下 り て 御 堂 に 上 ら 製 し た 香 料 。 芳 香 が 珍 重 さ れ た 。 ( 現 代 語 訳 四 一 八 ハ ー ) い

完訳 日本の古典 第二十四巻 和泉式部日記 紫式部日記 更級日記


い た 語 を 全 部 通 読 す る つ も り で 意 気 ご ん で は い た け れ ど 、 そ う う お 傷 わ し い こ と と 思 っ て 耳 に し た 。 上 京 し て す ぐ 、 父 が 簡 単 に 見 る こ と は で き な か っ た 。 た い そ う 残 念 に 思 い 嘆 い 「 こ れ を 手 本 に な さ い 」 と 言 っ て 、 こ の 姫 君 の 御 手 跡 を く て い た と こ ろ 、 あ る 日 の こ と 母 が 、 お ば に 当 る 人 で 地 方 か だ さ っ た の だ が 、 そ れ に は 「 さ よ ふ け て ね ざ め ざ り せ ば 」 け ぶ り ら 上 京 し て 来 た 人 の 家 に 私 を 連 れ て い っ て く れ た 。 す る と な ど と 古 歌 が 書 い て あ っ て 、 ま た 「 と り べ 山 た に に 煙 の も え 立 た ば は か な く 見 え し わ れ と 知 ら な む 」 と い う 、 い さ さ そ の お ば が 、 「 た い そ う 可 愛 ら し く 成 人 さ れ た こ と 」 な ど か 不 吉 な 歌 が 、 な ん と も い え な い ほ ど 美 し く 書 い て お あ り と 、 な っ か し が り 珍 し が っ て 、 帰 り し な に 、 「 何 を 差 し 上 に な る 。 そ れ を 取 り 出 し て 見 て は 、 い よ い よ 涙 を そ そ ら れ げ ま し よ う 。 実 用 む き の 物 は つ ま ら な い で し よ う 。 欲 し が る の だ っ た 。 っ て お い で と か 伺 っ た 物 を 差 し 上 げ ま し よ う と 言 っ て 、 ひ っ こ ん な ふ う に ふ さ ぎ 込 ん で ば か り い る 私 を 、 な ん と か な 『 源 氏 物 語 』 の 五 十 余 帖 を 櫃 に は い っ た ま ま そ っ く り 、 そ ざ い ち ゅ う じ よ う れ に 『 在 中 将 』 『 と ほ ぎ み 』 『 せ り 河 』 『 し ら ら 』 『 あ さ う ぐ さ め て も や ろ う と 心 配 し て 、 母 が 物 語 な ど を 捜 し 求 め て づ 』 な ど と い う 物 語 を ひ と 袋 に 納 め て く だ さ っ た 。 そ れ を 見 せ て く だ さ る の で 、 こ れ に 親 し む う ち に な る ほ ど 、 心 も し ぜ ん に ほ ぐ れ て い っ た 。 『 源 氏 物 語 』 の 紫 の 上 に ま つ わ 戴 い て 帰 る と き の う れ し さ は 天 に も 昇 る 心 地 だ っ た 。 今 ま で と び と び に 読 み か じ っ て 、 話 の 筋 も 納 得 が ゆ か ず 、 じ れ る 巻 を 読 ん で 、 そ の 続 き が 見 た く て な ら な か っ た が 、 人 に な じ み 頼 む こ と な ど も で き な か っ た 。 家 の 者 は 皆 ま だ 都 に 馴 染 が っ た く 思 っ て い た 『 源 氏 物 語 』 を 一 の 巻 か ら 読 み 始 め て 、 き ち ょ う 浅 く て 、 そ ん な も の を 捜 す こ と な ど 、 と て も で き は し な い 。 邪 魔 も は い ら ず た っ た 一 人 で 儿 帳 の 内 に 伏 せ っ て 、 牘 か ら き さ き た い そ う も ど か し く 、 た だ も う 見 た く て た ま ら な い の で 、 一 冊 ず っ 取 り 出 し て は 読 む 気 持 、 こ の 幸 福 感 の 前 に は 后 の 日 位 も 何 に な ろ う 。 昼 は ひ ね も す 、 夜 は 目 の さ め て い る 限 り 、 級 「 こ の 『 源 氏 物 語 』 を 、 一 の 巻 か ら 終 り ま で 全 部 お 見 せ く と も し び う ず ま さ 更 だ さ い 」 と 心 の 中 で 祈 っ て い た 。 親 が 太 秦 に お 籠 り な さ る 灯 火 を 近 く に と も し て 、 こ の 『 源 氏 物 語 』 を 読 む こ と の ほ か は 、 何 も し な い の で 、 し ぜ ん と そ の 文 章 が そ ら で も 浮 ん と き に も お 伴 を し て 、 他 の こ と は 何 も 願 わ ず 、 こ の こ と ば か り を お 願 い し て 、 お 寺 か ら 下 が る と 、 す ぐ に で も こ の 物 で く る の を 、 わ れ な が ら ま こ と に す ば ら し い こ と と 悦 に 人

完訳 日本の古典 第二十四巻 和泉式部日記 紫式部日記 更級日記


一 冒 頭 は 「 あ づ ま 路 の 道 の は て ひ た ち お び な る 常 陸 帯 の か ご と ば か り も あ ひ 見 て し が な 」 ( 古 今 六 帖 紀 友 則 ) を ふ ま え た も の ( ↓ 解 説 四 四 二 ハ ー ) 。 た か す え 作 者 が 育 っ た の は 父 菅 原 孝 標 の 任 か ず さ 国 上 総 で あ り 、 「 あ づ ま 路 の 道 の は て 」 ( 常 陸 ) よ り さ ら に 奥 地 と す る の は 、 一 種 の 虚 構 で あ る 。 か た お い た あ づ ま 路 の 道 の は て よ り も 、 な ほ 奥 っ 方 に 生 ひ 出 で た る 人 、 = し く 教 養 の な い こ と 。 〔 一 〕 東 国 の 生 立 ち 、 あ 三 「 あ る な る 」 の 立 日 便 。 「 な る 」 は こ が れ の 門 出 い か ば か り か は あ や し か り け む を 、 い か に 思 ひ は じ め け る 伝 聞 の 助 動 詞 。 四 夕 食 後 な ど の 、 家 族 の 団 欒 五 作 者 の 実 姉 。 こ と に か 、 世 の 中 に 物 語 と い ふ も の の あ ん な る を 、 い か で 見 ば や と 思 ひ つ つ 、 六 東 宮 大 進 高 階 成 行 の 娘 。 後 出 。 四 ま ま は は セ 「 ゆ か し 」 は 、 な ん と な く 見 た つ れ づ れ な る ひ る ま 、 よ ひ ゐ な ど に 、 姉 、 継 母 な ど や う の 人 々 の 、 そ の 物 語 、 い 、 聞 き た い 。 未 知 の も の に あ こ が れ る こ と 。 か の 物 語 、 光 源 氏 の あ る や う な ど 、 と こ ろ ど こ ろ 語 る を 聞 く に 、 い と ど ゆ か し 八 願 主 の 身 長 に 同 じ 。 や ( し る り こ う に よ ら い し ゅ じ よ う さ ま さ れ ど 、 わ が 思 ふ ま ま に 、 そ ら に い か で か お ぼ え 語 ら む 。 い み じ く 心 も と 九 薬 師 瑠 璃 光 如 来 。 衆 生 の 病 を り や く 九 救 い 、 現 世 利 益 に 効 験 が あ る 。 と う し ん や く し と け 一 0 一 0 人 目 の 絶 え 間 に 。 己 な き ま ま に 、 等 身 に 薬 師 仏 を 造 り て 、 手 洗 ひ な ど し て 、 人 ま に み そ か に 人 り つ 一 三 ロ 日 = 寛 仁 四 年 ( 一 0 一 一 0) 、 孝 標 は 上 総 き ゃ う 級 つ 、 「 京 に と く 上 げ た ま ひ て 、 物 語 の 多 く さ ぶ ら ふ な る 、 あ る か ぎ り 見 せ た ま の 任 期 を 終 え た 。 更 一 ニ 出 発 に 先 立 ち 、 日 の 吉 凶 、 方 ぬ か の へ 」 と 、 身 を 捨 て て 額 を つ き 祈 り 申 す ほ ど に 、 十 三 に な る 年 、 上 ら む と て 、 九 位 を 考 慮 、 ひ と ま ず 居 を 移 す こ と 。 う ま た て 一 三 地 名 。 千 葉 県 市 原 市 馬 立 ( 旧 う ま た ち ) の 古 名 か と い う が 不 明 。 月 三 日 門 出 し て 、 い ま た ち と い ふ 所 に う つ る 。 カ ど ぞ 一 上 洛 の 旅 あ 五 だ ん ら ん 0

完訳 日本の古典 第二十四巻 和泉式部日記 紫式部日記 更級日記


い 人 と し て 懐 か し む か に 見 え る 。 か く 見 て く る と 、 『 源 氏 物 語 』 の 数 多 い 登 場 女 性 の う ち 浮 舟 一 人 に 絞 っ た こ の 思 慕 の 軌 跡 は 、 散 文 章 段 の 中 に あ っ て 、 一 編 の 自 叙 構 成 に 重 要 な 軸 と な っ て い る よ う で あ る 。 こ の こ と は 、 本 日 記 の 冒 頭 部 分 と も 深 く 関 わ っ て い よ う 。 級 『 更 級 日 記 』 は 、 「 あ づ ま 路 の 道 の は て ( 常 陸 ) よ り も な ほ 奥 っ 方 に 生 ひ 出 で た る 人 : : : 」 と 書 き 起 さ れ る 。 更 こ こ に 内 在 す る 問 題 は 舞 台 設 定 の 虚 構 で あ る 。 作 者 が 現 実 に 過 し た の は 上 総 で あ っ て 、 常 陸 よ り 「 な ほ 奥 っ 方 」 で は な い 。 こ の 冒 頭 は 、 あ づ ま 路 の 道 の は て な る 常 陸 帯 の か ご と ば か り も あ ひ 見 て し が な ( 『 古 今 和 歌 六 帖 』 ) を 引 歌 と す る 。 冒 頭 の 虚 構 を 引 歌 に つ ら れ た 単 な る 文 飾 と す る 考 え も あ る 。 だ が 、 こ の 歌 は 上 三 句 が 「 か ご ひ ょ う は く と 」 ( か こ Ⅱ 帯 の 留 め 金 、 か ご と Ⅱ 申 し わ け ) の 序 と な り 、 下 二 句 が せ つ な い 恋 の 表 白 と な っ て い る 。 「 常 陸 帯 」 と し よ り ず い の う の り は 『 俊 頼 髄 脳 』 そ の 他 に 見 え る 常 陸 の 民 俗 で 、 男 女 が 思 う 相 手 の 名 を 記 し た 帯 を 鹿 島 明 神 に 献 じ 、 神 官 が 祝 詞 の 後 に こ れ を 結 び 、 相 結 ば れ た 者 の み 結 婚 が か な う と い う 。 引 歌 表 現 は 、 引 か れ た 部 分 よ り 、 引 か れ な い 部 分 に 暗 示 的 な 意 味 を 託 す の が 常 で あ る 。 と す る と 、 こ の 冒 頭 で は 、 「 常 陸 帯 」 の 男 女 の 奇 し き 結 び つ き と 、 下 二 句 の 「 か ご と ば か り も あ ひ 見 て し が な 」 が 含 み と し て 浮 び 上 が っ て こ よ う 。 光 源 氏 ・ 薫 大 将 の よ う な 貴 公 子 に 、 た と え 「 か ご と ば か り 」 で も 巡 り 会 う の が 、 作 者 の 少 女 時 代 か ら の 夢 で あ っ た 。 に も か か わ ら ず 、 婚 期 を 逸 し た 作 者 が 現 実 に 巡 り 会 っ た の は 、 風 雅 に は い さ さ か 遠 い 一 介 の 受 領 橘 俊 通 で あ っ た 。 し か も そ の 結 び つ き は 常 陸 帯 の 神 事 よ り も 、 な お い わ れ の な い も の で は な か っ た か 。 「 あ づ ま 路 の 道 の は て よ り も : さ た ん と 語 り 起 し た 冒 頭 に 潜 む 思 い が 、 散 文 的 章 段 の 前 述 曰 を 経 由 し て 、 国 の 嗟 嘆 に 受 け 継 が れ 、 の 淡 々 た る 諦 念 に 至 る 、 そ こ に 回 想 の 水 脈 を 見 定 め る こ と は 、 考 え 過 ぎ で あ ろ う か 。 だ が 、 作 者 が 自 己 人 生 の 岐 路 を 夫 442 か た

完訳 日本の古典 第二十四巻 和泉式部日記 紫式部日記 更級日記


一 宮 仕 え を 決 心 し た こ と 。 ま は せ た れ ば 、 「 思 ひ 立 っ こ と さ へ ほ の 聞 き つ る 人 も あ べ か め り つ る を 、 を こ ニ ( 宮 に 捨 て ら れ 、 人 に 笑 わ れ な る め を も 見 る べ か め る か な 」 と 思 ふ に か な し く 、 御 返 聞 こ え む も の と も お ぼ る よ う な ) ば か な 目 を み そ う だ 。 う わ さ 1 三 ロ 三 女 の 噂 を 書 い た 先 刻 の 宮 の 文 。 四 や は り 噂 ど お り だ っ た と 。 部 え ず 。 ま た い か な る こ と 聞 こ し め し た る に か と 思 ふ に は づ か し う て 、 御 返 り も 式 五 人 が あ な た の と か く の 噂 を す る こ と が あ っ た の を 。 和 聞 こ え さ せ ね ば 、 「 あ り つ る こ と を は づ か し と 思 ひ つ る な め り 」 と お ぼ し て 、 ひ と ご と 六 「 人 言 は あ ま の 刈 る 藻 に 繁 く と も 思 は ま し か ば よ し や 世 の 中 」 宮 「 な ど か 御 返 も は べ ら ぬ 。 さ れ ば よ と こ そ お ぼ ゆ れ 。 い と と く も 変 る 御 心 か ( 古 今 六 帖 四 伊 勢 ) 。 人 の 噂 が ひ ど く と も 二 人 の 間 に 愛 情 が あ れ ば な 。 人 の 言 ふ こ と あ り し を 、 よ も と は 思 ひ な が ら 、 『 思 は ま し か ば 』 と ば か り 九 よ い の だ と い う 歌 意 を 引 い た も の 。 み け し き 聞 こ え し ぞ 」 と あ る に 、 胸 す こ し 開 き て 、 御 気 色 も ゆ か し く 、 聞 か ま ほ し く て 、 七 と い う 気 持 だ け で 。 ^ 胸 が い く ら か 軽 く な っ て 。 九 宮 様 の 御 機 嫌 も 知 り た く 。 女 「 ま こ と に か く も お ぼ さ れ ば 、 一 0 噂 よ り 愛 情 の 方 が 大 切 だ と 。 = た っ た 今 宮 様 が お 越 し に な っ 今 の 間 に 君 来 ま さ な む 恋 し と て 名 も あ る も の を わ れ 行 か む や は 」 あ つ ら て く だ さ い 。 「 な む 」 は 誂 え の 助 詞 。 一 ニ 宮 の 引 歌 「 い さ 知 ら ず 」 中 の と 聞 こ え た れ ば 、 「 な き 名 」 に 対 応 す る 。 ( 宮 様 も 浮 名 を 避 け る が ) 私 に も 外 聞 が あ る 。 宮 「 君 は さ は 名 の た っ こ と を 思 ひ け り 人 か ら か か る 心 と ぞ 見 る 一 三 浮 名 の た っ こ と を 。 こ れ に ぞ 腹 さ へ 立 ち ぬ る 」 と ぞ あ る 。 「 か く わ ぶ る 気 色 を 御 覧 じ て 、 た は ぶ れ 一 四 相 手 次 第 で 。 ( 私 の 場 合 は 特 に ) 浮 名 を 恐 れ る の で す ね 。 一 五 「 名 が た っ 」 だ け で な く 「 腹 ま を せ さ せ た ま ふ な め り 」 と は 見 れ ど 、 な ほ 苦 し う て 、 女 「 な ほ い と 苦 し う こ そ 。 で た っ 」 の 気 持 。 「 さ へ 」 に 注 意 。 一 六 ( 私 の 心 を ) お 目 に か け た い 。 い か に も あ り て 御 覧 ぜ さ せ ま ほ し う こ そ ー と 聞 こ え さ せ た れ ば 、 戸 0 一 五 四 あ 一 四

完訳 日本の古典 第二十四巻 和泉式部日記 紫式部日記 更級日記


な り と も お ぼ ゆ れ ど 、 ひ た ぶ る に 仏 を 念 じ た て ま つ り て 、 宇 治 の 渡 り に 行 き 着 一 九 得 意 で 増 長 し て い る さ ま 。 ニ 0 「 か き ま く り て 」 の 音 便 。 「 か カ ち き ぬ 。 そ こ に も な ほ し も こ な た ざ ま に 渡 り す る 者 ど も 立 ち こ み た れ ば 、 舟 の 楫 き 」 は 接 頭 語 。 ニ 一 舟 唄 な ど を 口 ず さ ん で 、 の 意 。 一 九 ニ ニ 涼 し い 顔 を し て い る 。 と り た る を の こ ど も 、 舟 を 待 つ 人 の 数 も 知 ら ぬ に 心 お ご り し た る け し き に て 、 ニ 三 「 む ご 」 は 無 期 。 際 限 も な く 。 さ を ニ 0 袖 を か い ま く り て 、 顔 に あ て て 、 棹 に お し か か り て 、 と み に 舟 も 寄 せ ず 、 う そ = 四 「 宇 治 十 帖 」 を も 含 む 『 源 氏 物 語 』 の 別 名 で あ ろ う 。 ニ 五 光 源 氏 の 異 母 弟 八 の 宮 。 零 落 ぶ い て 見 ま は し 、 い と い み じ う す み た る さ ま な り 。 む ご に え 渡 ら で 、 つ く づ く の 果 て 、 二 人 の 姫 君 を 伴 っ て 宇 治 と 見 る に 、 紫 の 物 語 に 宇 治 の 宮 の む す め ど も の こ と あ る を 、 い か な る 所 な れ ば 、 に 隠 棲 し て い た 。 実 「 せ 」 は 使 伎 の 助 動 詞 。 主 語 は そ こ に し も 住 ま せ た る な ら む と ゆ か し く 思 ひ し 所 ぞ か し 。 げ に を か し き 所 か な 『 源 氏 物 語 』 の 作 者 紫 式 部 と 見 た い 。 毛 「 殿 」 は 関 白 藤 原 頼 通 。 ニ 七 ご ら う し ょ ニ 八 う き ふ ね と 思 ひ つ つ 、 か ら う じ て 渡 り て 、 殿 の 御 領 所 の 宇 治 殿 を 人 り て 見 る に も 、 浮 舟 ll< 頼 通 の 山 荘 。 の ち 永 承 七 年 ( 一 9 一 l) に 寺 と さ れ た 。 い わ ゆ る 平 等 を ん な ぎ み 院 で あ る 。 の 女 君 の 、 か か る 所 に ゃ あ り け む な ど 、 ま づ 思 ひ 出 で ら る 。 ニ 九 京 都 府 城 陽 市 富 野 の 野 路 地 か ニ 九 夜 深 く 出 で し か ば 、 人 々 こ う じ て や ひ ろ う ぢ と い ふ 所 に と ど ま り て 、 物 食 ひ と い う 。 三 0 三 0 宇 治 市 大 久 保 町 周 辺 の 丘 陵 。 か う み や う く り こ ま や ま 己 な ど す る ほ ど に し も 、 供 な る 者 ど も 、 「 高 名 の 栗 駒 山 に は あ ら ず や 。 日 も 暮 れ 盗 賊 が し き り に 出 没 し た と い う 。 日 三 一 「 お は さ う ず 」 の 命 令 形 。 「 お 級 が た に な り ぬ め り 。 ぬ し た ち 調 度 と り お は さ う ぜ よ や 」 と い ふ を 、 い と も の お は さ う ず 」 は 「 お は さ ひ す 」 の 音 便 。 更 「 お は さ ひ ( お は し 合 ひ ) 」 に サ 変 動 そ ろ し う 聞 く 。 そ の 山 越 え は て て 、 贄 野 の 池 の ほ と り へ い き っ き た る ほ ど 、 日 詞 の 付 属 し た も の 。 複 数 の 主 語 を 受 け て 、 皆 ・ : な さ る の 意 。 三 ニ 京 都 府 綴 喜 郡 井 手 町 付 近 。 は 山 の 端 に か か り に た り 。 「 今 は 宿 と れ 」 と て 、 人 々 分 か れ て 、 宿 も と む る 、 よ ぶ か て う ど に へ の あ い う ぢ ゃ い ろ じ

完訳 日本の古典 第二十四巻 和泉式部日記 紫式部日記 更級日記


和 泉 式 部 像 / 百 人 一 首 画 帖 狩 野 探 幽 筆 和 泉 式 部 は 華 や か な 恋 愛 に よ っ て 藤 原 道 長 か ら 「 浮 か れ 女 」 と か ら か わ れ た く ら い た か ら 、 容 貌 も 美 し か っ た に ち か い な い 恋 人 や 親 や 姉 妹 に よ せ る 心 く ば り の 深 さ も 、 情 愛 の 人 で あ る こ と を 物 語 る 。 「 黒 髪 の 乱 れ も し ら ず う ち 臥 せ ば ま づ 掻 き や り し 人 ぞ は う ふ つ 恋 し き 」 の 一 首 が 、 彼 女 の イ メ ー ジ を 髣 髴 と さ せ る 。 同 輩 で あ っ た 紫 式 部 は 、 『 紫 式 部 日 = = ロ 』 の , 甲 で 、 和 泉 式 部 の 文 に は ち ょ っ と い ろ つ や し た 言 葉 に 色 艶 が 見 え 、 即 興 的 な 不 。 ロ ー ー 目 に と 士 る 一 占 ~ が ↓ め る と ) 計 ー ) て い る

完訳 日本の古典 第二十四巻 和泉式部日記 紫式部日記 更級日記


189 紫 式 部 日 記 五 ご も 過 て ( 現 代 語 訳 二 五 九 ハ ー ) こ う こ う じ ゃ こ う く ん ろ く 甲 香 ・ 麝 香 ・ 薫 陸 を 調 合 し て 作 る 。 も と し て 書 き つ け さ す 。 ら い し 毛 正 式 の 書 状 の 形 。 手 紙 を 礼 紙 と よ 一 九 で 巻 き 、 そ の 上 を 白 紙 で 縦 に 細 長 お ほ か り し 豊 の 宮 人 さ し わ き て し る き 日 か げ を あ は れ と ぞ 見 し ひ わ く 包 み 、 上 下 を 捻 り 封 、 折 り 封 、 の り 糊 封 な ど に す る 。 御 前 に は 、 「 お な じ く は を か し き さ ま に し な し て 、 扇 な ど も あ ま た こ そ 」 と 、 入 中 宮 女 房 。 大 輔 の 命 婦 。 の た ま は す れ ど 、 「 お ど ろ お ど ろ し か ら む も 、 事 の さ ま に あ は ざ る べ し 。 わ ざ 一 九 「 さ し 」 に 「 射 す 」 、 「 日 か げ 」 に 「 日 影 」 を か け 、 「 射 す 」 「 日 影 」 は と っ か は す に て は 、 し の び や か に け し き ば ま せ た ま ふ べ き に も は べ ら ず 。 こ れ 縁 語 。 「 豊 の 宮 人 」 は 畊 が ~ = に 奉 仕 す る 宮 人 の 意 。 つ ね は か か る わ た く し ご と に こ そ 」 と 聞 こ え さ せ て 、 顔 し る か る ま じ き 局 の 人 し て 、 = 0 中 宮 の 思 い や り あ る こ と ば 。 一 = 「 し る か る 」 は 形 容 詞 「 著 し 」 の ニ 四 「 こ れ 中 納 言 の 君 の 御 文 、 女 御 ど の よ り 。 左 京 の 君 に た て ま つ ら む 」 と 、 高 や 連 体 形 。 顔 の は っ き り 知 ら れ て い な い は ず の 部 屋 の 召 使 。 か に さ し お き つ 。 ひ き と ど め ら れ た ら む こ そ 見 苦 し け れ と 思 ふ に 、 走 り 来 た り 。 = = 弘 黴 殿 女 御 付 の 女 房 の 名 。 ニ 三 中 納 言 の 君 が 弘 黴 殿 女 御 の 手 女 の 声 に て 、 「 い づ こ よ り 人 り 来 つ る 」 と 問 ふ な り つ る は 、 女 御 ど の の と 、 う 紙 を 使 い に 持 た せ て 左 京 に 届 け る と い う 筋 書 で あ る 。 品 声 高 に 口 上 を 言 っ て 。 た が ひ な く 思 ふ な る べ し 。 ニ 五 使 い の 者 が 。 何 ば か り の 耳 と ど む る こ と も な か り つ る 日 ご ろ な れ ど 、 五 = 六 女 御 さ ま か ら の お 手 紙 と 。 毛 「 寂 々 し 」 の 音 便 。 も の 足 り な せ ち い 、 も の 寂 し い 、 の 意 。 節 過 ぎ ぬ と 思 ふ 内 裏 わ た り の け は ひ 、 う ち つ け に さ う ざ う ll< 巳 の 日 の 夜 に 行 わ れ た 調 楽 。 み て ん じ ゃ う び と 記 録 に よ れ ば 実 際 に ・ 調 楽 が あ っ た し き を 、 巳 の 日 の 夜 の 調 楽 は 、 げ に を か し か り け り 。 若 や か な る 殿 上 人 な ど 、 の は 二 十 六 日 の 未 の 日 で あ っ た 。 え 臨 時 祭 の 雅 楽 の 練 習 。 。 い か に な ご り つ れ づ れ な ら む 。 ニ 九 て う か く い ニ 七 ひ っ し