検索 - みる会図書館

検索対象: 文學界 平成28年11月号

文學界 平成28年11月号から 225件ヒットしました。

文學界 平成28年11月号


翌 年 に 帰 国 。 一 一 十 一 一 歳 で 次 男 を 出 産 し 、 一 一 十 四 歳 で 離 婚 。 実 家 に 帰 っ て 翻 訳 の 4 仕 事 を 少 し し て 、 二 十 七 歳 で 再 婚 。 し か し 、 こ の 結 婚 も 翌 年 に は 破 綻 す る 。 そ の あ と は 翻 訳 を た ま に し な が ら 遊 ん で い た ら し く 、 母 の 死 後 は 弟 の 類 と 生 活 し て い た 。 類 が 結 婚 す る と 、 ひ と り 暮 ら し を 始 め た よ う だ 。 戦 争 を 経 て 、 五 十 歳 か ら 少 し の 間 、 「 暮 し の 手 帖 社 」 に 客 員 と し て 籍 を 置 き 、 た ま に 随 筆 を 書 く よ う に な る 五 十 四 歳 で 随 筆 集 『 父 の 帽 子 』 を 刊 行 し 、 日 本 エ ッ セ イ ス ト ・ ク ラ ブ 賞 を 森 茉 莉 の 年 表 を 見 た ら 、 ど う や ら 森 今 、 で 、 「 暮 し の 手 帖 」 を モ 受 賞 。 茉 莉 も 「 暮 し の 手 帖 」 に 関 わ っ て い た チ 1 フ に し た 朝 ド ラ が 放 映 さ れ て い て 、 そ の 後 は 、 あ ち ら こ ち ら に エ ッ セ イ 時 期 が あ る よ う だ 。 私 も 面 白 く 視 聴 し て い る 。 そ れ で 先 日 、 や 小 説 を 書 き な が ら 下 北 沢 で ひ と り 暮 書 店 に 並 ん で い た 「 暮 し の 手 帖 」 を 買 ら し を 続 け 、 八 十 四 歳 の と き 心 不 全 で 森 茉 莉 は 一 九 〇 三 年 に 森 鵐 外 の 娘 と っ て み た と こ ろ 、 復 刻 版 と い う ミ ニ 冊 し て こ の 世 に 生 を 受 け た 。 於 菟 、 不 律 、 亡 く な る 。 子 が 付 録 で 付 い て い て 、 第 一 号 の 雑 誌 ル イ の 抜 粋 が 載 っ て い た 。 す る と エ ッ セ イ 杏 奴 、 類 と い う 兄 弟 が い る 生 き 方 だ け で か な り 面 白 い 。 「 暮 し 十 六 歳 で 結 婚 し 、 翌 年 に 子 ど も を 産 の ペ 1 ジ に 、 小 堀 杏 奴 と い う 名 の 執 筆 ん だ 。 十 九 歳 の と き に 渡 欧 し て い た 夫 の 手 帖 」 に 籍 を 置 い た の は お そ ら く 金 者 が い る 。 え 、 こ れ は 森 鵐 外 の 娘 で は の た め で は な い だ ろ う か 。 鵐 外 に 蝶 よ ノ リ で 楽 し く 過 ご し た な い か 、 と 思 っ た ら 、 そ う ら し い 森 の も と へ 行 き 、 。 、 あ と 、 ロ ン ド ン に 渡 り 、 父 の 死 を 知 る 。 花 よ と 育 て ら れ て わ が ま ま な お 姫 様 に 茉 莉 の 妹 だ 。 墓 参 記 第 ニ 十 一 回 森 茉 莉 ( 禅 林 寺 ) 山 崎 ナ オ コ ー ラ ( イ ラ , ト も ) ア ン メ オ ト フ リ ッ

文學界 平成28年11月号


曲 調 そ の も の は 、 そ こ ま で ド ラ マ テ ィ 霊 は 初 め か ら 幽 霊 と し て 登 場 し ま す 。 ッ ク で は な か っ た で す が 、 そ れ で も や 百 年 前 に あ る 因 縁 が あ っ て 幽 霊 に な っ た 、 と か い う 過 去 の 説 明 は あ る に し て は り 愛 の テ ー マ と し か 言 い よ う が な い も 、 物 語 の 最 初 か ら 幽 霊 は す で に 幽 霊 若 い 男 女 の 恋 愛 と 犯 罪 の 映 画 旋 律 が 印 象 的 で し た 。 と い う の が ほ と ん ど た と 思 い ま す 。 に し た い 欲 望 か あ り ま し た 黒 沢 音 楽 は 、 グ レ ゴ ワ ー ル ・ エ ッ ツ ェ ル と い う 、 ア ル ノ ー ・ デ ブ レ シ ャ 『 ダ ゲ レ オ タ イ プ の 女 』 で は 、 こ の 二 つ を 合 わ せ た か っ た 。 最 初 か ら の 幽 霊 ン 監 督 の 作 品 を よ く 担 当 し て い る 方 に と 、 途 中 で 死 ん だ 幽 霊 と が 両 方 出 て く ジ ャ ン が 犯 罪 に 手 を 染 め 、 彼 の 犯 罪 を 頼 み ま し た 。 彼 の 個 性 が 強 烈 で し た 。 る 、 も の す ご く 贅 沢 な 幽 霊 映 画 な ん で 成 功 さ せ る た め の 相 方 と し て マ リ 1 が あ る 時 、 「 こ の 映 画 は ヒ ッ チ コ ッ ク だ い る と い う 構 造 が 、 こ の 奇 妙 な 犯 罪 映 す ( 笑 ) 。 よ ね 」 と 彼 が 言 っ て 、 僕 も 何 と な く 否 ジ ャ ン が 古 風 な 服 を 着 た 女 が 屋 敷 画 の 要 に な っ て い っ た よ う な 気 が し ま 定 は し な か っ た ん だ け ど 、 少 な く と も に い た と 告 げ る と 、 ス テ フ ァ ン の 表 情 す 。 も ろ に ヒ ッ チ コ ッ ク に し て く れ と は 一 が 曇 り ま す 。 そ れ で 、 彼 女 が マ リ ー で 言 も 言 っ て な い ん で す 。 で す が 、 彼 は は な い と わ か る わ け で す ね 。 ど ん ど ん ヒ ッ チ コ ッ ク 、 し か も 『 め ま 黒 沢 一 方 で 、 娘 の マ リ 1 の ほ う は い 』 の 方 向 に 傾 い て い っ た 。 『 め ま い 』 最 初 は 生 き て い る 人 間 と し て ジ ャ ン と の 場 合 、 幽 霊 で は な い で す が 、 生 き て 出 会 い 、 こ の 二 人 の 関 係 が 映 画 の 一 つ い る か ど う か が あ や ふ や な も の と の 狂 の 軸 に な っ て い き ま す 。 た だ 、 お っ し お し い 恋 と い う 点 で は 、 確 か に 似 た と や っ た よ う に 、 僕 は 男 女 の ラ ブ ス ト 1 こ ろ は あ り ま す よ ね 。 相 手 が 生 き て い リ ー を 描 く の か ど う に も 下 手 で 、 犯 罪 る か ど う か 分 か ら な い 、 狂 気 と 紙 一 重 の ラ フ ス ト ー リ 1 と い - フ ィ メ ー ジ か ら 、 を 絡 め な い と 無 理 っ て い う 感 じ は し て ま し た 。 だ か ら 、 ホ ラ 1 映 画 で あ り ラ グ レ ゴ ワ ー ル が 音 楽 を 作 っ て い っ た の プ ス ト 1 リ 1 で も あ る ん で す が 、 途 中 で 、 こ ん な 官 能 的 な 曲 に な っ て い る ん で す 。 か ら ぐ ん ぐ ん 犯 罪 映 画 に な っ て い く 。 ■ ヒ ッ チ コ ッ ク 的 ″ 愛 の テ ー マ ″ 映 画 が 始 ま っ て 十 分 ほ ど 全 く 音 楽 が あ り ま せ ん 。 そ れ も あ っ て 最 初 に 曲 カ か か る 瞬 間 も ハ ッ と し た の で す が 、 一 一 度 目 に 音 楽 が か か る の が 、 露 光 時 間 の 長 い ダ ゲ レ オ タ イ プ で 撮 影 す る た め 、 被 写 体 の マ リ に 固 定 器 を 取 り 付 け る 場 面 で す 。 前 作 の 『 岸 辺 の 旅 』 は 、 田 5 い き っ て す ご く メ ロ ド ラ マ 的 な 音 楽 を 付 け ら れ て い た と 思 い ま す が 、 今 回 、

文學界 平成28年11月号


な ら な い 。 特 に 会 話 す る わ け で も な く 、 わ た し と 佐 枝 子 が 互 い に 黙 っ て 夜 の 街 を 流 れ て 行 き 着 い た の は 、 何 と も い か が わ し い 場 末 の 繁 華 街 ご っ こ , ナ ナ ・ ・ ・ ・ : ズ 、 ハ リ い え ば 風 俗 街 と い う べ き 場 所 だ っ た 。 キ ャ パ レ 1 や ラ プ ホ テ ル だ け で な く 個 室 マ ッ サ 1 ジ 、 ア ダ ル ト ビ デ オ の 販 売 と 鑑 賞 ブ 1 ス な ど が 軒 を 連 ね る 中 、 ア ダ ル ト グ ッ ズ を 専 門 と す る 店 の 明 か り が 放 っ 華 々 し さ に は 特 に 目 を 奪 わ れ た そ の 頃 ク 食 べ ら れ る 大 人 の お も ち や ク と の 触 れ 込 み で 発 売 さ れ た も の が や 週 刊 誌 な ど で 大 変 話 題 を 呼 び 、 飛 ぶ よ う に 売 れ て い る と い う 報 道 を 目 に し た 。 男 女 同 性 愛 問 わ ず 、 性 的 欲 求 を 最 大 限 に 満 た し 、 最 終 的 に は 美 味 し く 食 す こ と が 出 来 る と い う 、 誰 も が 待 っ て い た 未 来 の グ ッ ズ 。 実 際 の と こ ろ 、 購 入 し て 実 際 に 使 用 し な い と ど の よ う な 商 品 な の か 理 解 が で き な い 特 殊 な 代 物 で は あ っ た の で 、 多 く の 人 間 か ら 関 心 は 持 た れ た も の の 、 高 価 と い う の も あ り 、 現 物 を 手 に し た 者 は ご く 僅 か と い う の が 実 情 で あ っ た 。 商 品 の 性 格 上 、 通 常 の 店 舗 で は 扱 え ず 、 通 販 や 訪 問 販 売 な ど を 中 心 に 地 味 に 展 開 す る し か な か っ た 。 定 番 の オ ナ ホ ー ル は も ち ろ ん 、 バ イ プ レ ー タ ー や ロ 1 シ ョ ン な ど 、 あ ら ゆ る 大 人 の お も ち ゃ の 優 れ た 部 分 を す べ て 取 り 入 れ 、 尚 且 っ 食 品 と し て も 優 れ た 栄 養 価 を 誇 る : 使 用 後 、 食 べ て 消 費 で き る と い う 究 極 の エ コ 商 品 。 ど ん な も の で も 、 洗 え ば 口 に で き る 。 勿 論 自 慰 行 為 中 、 誰 か が 不 ヾ 、 、 0 意 に や っ て き て 見 つ か り そ う に な っ た 瞬 間 、 そ れ を 食 べ て 自 慰 の 証 拠 を 巧 妙 に 隠 滅 す る : : : そ れ が 可 能 で あ り 、 最 も 人 気 の 秘 密 だ っ た 。 と に か く 、 お と な の お も ち ゃ の 選 び 方 が 分 か ら な い と い う 人 は 、 こ れ を 購 入 す れ ば 絶 対 に 間 違 い が な く 、 使 い 方 が わ か ら な け れ ば 、 ネ ッ ト で 動 画 や ロ コ ミ を 参 考 に し て 使 え は い い 。 濃 密 な 夜 を も っ と 素 敵 な 時 間 に し て く れ る 要 素 が 満 載 。 初 心 者 の 方 も フ ェ チ な 方 も カ ス タ マ ー の 皆 さ ん が 満 足 し て 楽 し ん で い た だ け る よ う な さ ま ざ ま な ジ ャ ン ル の ア イ テ ム の 要 素 を す べ て 網 羅 。 い つ で も 好 き な 時 間 に 注 文 出 来 る か ら と て も 便 利 ! そ れ が 、 ど ん な に 卑 猥 な 形 で あ っ た と し て も 、 ネ ッ ト で 選 ぶ の で 誰 に も 分 か ら な い か ら 安 心 し て 注 文 出 来 る 。 宅 配 業 者 の 人 に も 、 中 身 が 絶 対 に 分 か ら な い よ う に 注 意 し て 梱 包 し て い る か ら 安 心 。 女 性 の 方 が 初 め て 使 っ て み よ う と 思 っ た 場 合 、 い ち ば ん 使 い や す い の は ロ 1 タ 1 的 な 使 用 法 。 ま ず は バ イ プ と 思 わ れ が ち で す が 、 ロ ー タ ー が 無 難 ス ウ イ ン グ な ど の 機 能 も 搭 載 し て い る が 、 初 め て お と な の お も ち や を 使 う 方 に も 抵 抗 な く 使 用 可 能 。 価 格 も お 手 頃 で 見 た 目 も か わ い い の で 手 を 出 し や す い か と 。 慣 れ て き た ら 挿 入 す る 機 能 や 、 高 機 能 の ロ ー タ ー の 要 素 も カ バ ー し て お り 、 大 は 小 を 兼 ね る と は 、 ま さ に こ の こ と 。 男 性 が 女 性 に 使 う 場 合 は 、 贅 沢 に 高 機 能 の も の を 使 っ て み た が る 傾 向 に あ る が 、 初 め て の 女 性 に 対 し て は 初 め は ソ フ ト な も の を 選 択 す べ き 。 「 ど れ ナ け 派 手 に 性 器 を 刺 激 で き る か に 決 し て こ だ わ っ て は ダ メ

文學界 平成28年11月号


表 的 な 観 光 地 と し て 既 に 有 名 だ が 、 そ れ 以 外 に も 数 え 切 れ な い ほ ど 美 し い 景 色 が あ る 。 夏 は 大 自 然 の 中 で キ ャ ン プ を 楽 し み 、 冬 は 広 大 な ス キ 1 場 で 、 ス キ 1 や ス ノ 1 ポ 1 ド を 楽 し ん だ り す る こ と が で き た 。 わ た し は ど ん な と き で も 先 住 民 や ヨ ッ パ か ら の 入 植 者 た ち が 好 ん で 履 い て い た モ カ シ ン を 、 片 時 も 脱 ぐ こ と が で き な い で い た 。 素 朴 か っ 実 用 的 。 肌 寒 い く い と こ ろ か 、 な ん と 季 節 に な る と 恋 し く な る 。 足 が 疲 れ に も 得 し た 気 分 に 。 柔 ら か く 、 履 き 心 地 が と て も 良 い 。 単 に 履 く だ け で 、 何 だ か お し ゃ れ な 気 分 に な れ る 。 履 き 始 め で も 、 決 し て 靴 擦 れ に な ら な い 。 革 が 柔 ら か く 、 足 に 馴 染 む モ カ シ ン を ス ニ 1 カ 1 感 覚 で 履 き ま く る 毎 日 。 険 し い 山 中 を 歩 く よ う な タ フ な 状 況 に い る の を 想 像 し な が ら 、 馬 と イ ン デ ィ ア ン の 絵 柄 が 足 首 ま で を 覆 う ビ 1 ズ で 飾 ら れ た 袋 状 の 靴 の つ ま 先 を じ っ と 見 つ め た あ と 、 わ た し は 背 後 の 喫 茶 店 に 戻 っ た 。 ま だ 店 に 小 林 と 佐 枝 子 は い た が 、 菅 原 洋 一 の 曲 は も う 流 れ て い な か っ た 。 最 初 か ら 音 楽 が 当 た り 前 の よ う に 流 れ て い る 空 間 が 無 音 に な る と 、 す ぐ さ ま に 別 の 未 知 の 場 所 に 来 た よ う な 錯 宀 見 に 陥 っ こ 。 壁 の 漆 喰 が 解 体 業 者 に よ っ て 、 わ た し が い な い 間 に す べ て 剥 が さ れ て し ま っ た あ と の よ う に 感 じ た 。 無 論 、 そ ん な 感 じ が し た だ け で 、 実 際 に は 何 も 変 わ っ て い な か っ た の だ ろ う 。 だ が 、 再 び 入 店 し た 瞬 間 、 大 量 の ア ス ベ ス ト を 吸 い 込 ん だ よ う な 錯 覚 に 捉 わ れ た の も 事 実 で あ る 。 ア ス ベ ス ト は 、 目 に 見 え な い 大 き さ で 飛 散 し 、 肺 に 吸 入 さ れ て も 石 綿 繊 維 が 分 解 さ れ な い と い う 特 性 が あ る た め 、 工 場 で の 労 働 や ビ ル の 解 体 工 事 な ど 、 あ る 特 定 の 条 件 下 で 長 期 間 ア ス ベ ス ト を 吸 入 し た 場 合 、 人 に じ ん 肺 や 悪 性 中 皮 腫 な ど の 健 康 被 害 を 生 じ さ せ る と 言 わ れ て い る 。 だ が 発 病 す る の は 高 濃 度 の ア ス ベ ス ト を 十 年 以 上 吸 入 し た 場 合 が ほ と ん ど 。 長 期 間 で の 高 濃 度 吸 入 で 健 康 被 害 の リ ス ク が 高 ま る の は 当 然 だ が 、 ど れ だ け の 量 を 吸 っ た ら 発 症 す る か と い う 点 に つ い て は 不 明 。 心 配 な 場 合 は 呼 吸 器 科 を 標 榜 し て い る 医 療 機 関 に 相 談 さ れ る こ と が お 勧 め で あ り 、 今 後 の 研 究 に も 期 待 が 高 ま る 。 定 点 観 測 用 に 天 井 か ら 設 営 さ れ た カ メ ラ が 撮 影 し た 写 真 を 数 点 、 個 人 的 に 参 考 資 料 と し て 警 備 会 社 か ら 入 手 し て 見 せ て も ら っ た 。 小 林 や 佐 枝 子 の 姿 な ど 、 店 内 の 客 の 姿 を 映 し た も の が 多 数 を 占 め た が 、 最 後 の 一 枚 に 店 内 の 空 間 を 自 由 自 在 に 動 き 回 る 判 別 不 可 能 な 「 光 体 」 の 残 像 の よ う な も の が 映 っ て 結 果 的 に は 、 カ メ ラ の 故 障 が 原 因 で あ る と い う 報 告 で 決 着 が つ い た 状 確 か に 再 び 店 に 入 っ て 元 の 席 に 座 る 前 に 、 そ の 急 激 に 慌 た 遺 み だ し い 雰 囲 気 に 飲 み 込 ま れ た 。 そ れ は 光 体 の 激 し い 移 動 と い 悲 う よ り も 、 ミ ラ 1 ポ ー ル 的 な 照 明 演 出 、 派 手 な 衣 装 を つ け た 者 た ち の 闇 の 中 で の 蠢 き 。 ズ ー ム イ ン 、 ズ ー ム ア ウ ト を 反 復 す る 視 線 の 派 手 な 動 き 。

文學界 平成28年11月号


最 近 ク 食 べ ら れ る 大 人 の お も ち ゃ の レ シ ピ 本 を 、 大 手 出 大 人 の お も ち ゃ み と い う い か が わ し い 商 品 名 の せ い で 、 そ の 版 社 が こ ぞ っ て 出 版 し て 、 ど れ も み な ベ ス ト セ ラ ー の 上 位 を 「 多 様 性 」 が 判 り に く く な っ て は い る 。 勿 論 、 食 べ よ う と 思 数 ヶ 月 に 渡 っ て 独 占 し た 。 マ リ ネ に し た り 、 パ ス タ と あ え た え ば 、 ど ん な も の よ り も 美 味 し く 食 べ ら れ る し 、 す べ て の セ り 、 ち ら し 寿 司 に 混 ぜ た り : ・ ・ ・ ・ ジ ュ 1 サ 1 ミ キ サ ー で 液 状 に ク シ ャ リ テ ィ に 最 大 限 の 快 楽 を 提 供 し つ つ 、 そ れ に 留 ま ら な い の が 、 こ の 商 品 の 最 大 の 魅 力 な の だ 。 し て 毎 日 の 健 康 の た め に 飲 ん だ り 。 ど ん な 調 理 法 で も 、 誰 で 1 一 ア ノ ・ 1 に も 美 味 し く 食 べ ら れ る の で 、 多 国 籍 の 人 々 が 集 う パ わ た し は ク 食 べ ら れ る 大 人 の お も ち や ク に 非 常 に 興 味 を 持 っ て い た し 、 実 の と こ ろ 佐 枝 子 も 大 い に 関 心 を 抱 い て い た の は 持 っ て こ い の オ ー ル マ イ テ ィ な 食 材 な の で は な い か 。 で 、 意 見 は 一 致 し た 。 だ が 、 二 人 と も い ま だ に 実 物 を 手 に 取 し か し 、 こ の 商 品 の も っ と も 優 れ た 点 は 、 大 人 の お も ち ゃ っ た こ と も な け れ ば 、 残 念 な が ら パ ッ ケ 1 ジ で す ら 目 に し た と し て 十 分 に 機 能 を 発 揮 し な が ら も 、 実 物 は そ れ だ け に 収 ま こ と も な か っ た 。 ら な い 究 極 の 「 多 様 性 」 に あ る と い う 。 「 み ん な ち が っ て 、 み ん な い い と 、 か っ て 詩 人 の 金 子 み す ゞ が 表 現 し た よ う に 、 以 前 に は 「 コ ス ト コ ー な ど の 量 販 店 で 取 り 扱 っ て い る も の だ と 思 い 込 ん で い た が 、 ア ダ ル ト 商 品 と し て 端 を 発 し て い る 様 々 な 既 発 商 品 が そ れ ぞ れ 持 っ て い る 個 性 が 流 通 さ れ る こ と 以 上 、 ど う も そ う い う わ け に は 行 か な い ら し い 。 だ か ら 風 俗 に よ っ て 、 い ま ま で の 経 済 は 成 り 立 っ て い た の だ が 、 こ の 衝 街 に あ る そ の 手 の 専 門 店 に 行 け ば 、 入 手 困 難 と 思 わ れ て い た 撃 的 な 発 明 品 ク 食 べ ら れ る 大 人 の お も ち や ク の 登 場 に よ っ て 、 こ れ か ら は す べ て が こ れ 一 つ で O に な っ た ! イ ノ ベ 1 シ そ れ が 平 然 と 棚 に 並 べ て 売 っ て い る に 違 い な い 。 ョ ン は ニ ッ チ な と こ ろ か ら 、 ま た 、 既 存 の も の に ほ ん の 少 し 「 ど ん な も の で も 、 そ の 用 途 を 根 気 強 く 探 求 す れ ば 、 き っ と ま ま で の わ た し の 座 右 の 銘 の 新 し い 何 か 、 異 質 な 何 か と 出 会 っ た 際 に 生 ま れ る 。 こ れ ぞ 、 何 か の 役 に 立 っ ー と い う の が 、 い で あ っ た 。 ヨ ー ゼ フ ・ シ ュ ン ペ ー タ ー が 『 経 済 発 展 の 理 論 』 の 中 で 言 う と こ ろ の 「 新 結 合 」 の 賜 物 で あ る 。 だ が 、 恐 ら く こ の ク 食 べ ら れ る 大 人 の お も ち や ク が あ れ ば 、 状 言 き っ と 余 計 な 何 も の を も 必 要 と し な く て 済 む 社 会 が 実 現 す る 遺 「 多 様 性 」 は ク ー ル な も の で あ る と 捉 え ら れ 、 学 校 教 育 で は 、 ひ た す ら 「 多 様 性 」 の 大 切 さ を 学 ば せ ら れ た 。 そ れ が ク 食 べ に 違 い な い 。 世 界 の す べ て の 老 若 男 女 が ク 食 べ ら れ る 大 人 の 」 お も ち ゃ を 平 等 に 手 に し て 、 笑 み の 永 遠 に 絶 え な い 世 界 が 悲 ら れ る 大 人 の お も ち や ク の 登 場 に よ っ て 、 「 多 様 性 」 も 究 極 を 達 成 し た 。 多 機 能 ナ イ フ 以 上 の 発 明 と し て 、 全 世 界 で 賞 賛 実 現 。 災 害 が ま た ど こ か で あ れ ば 、 救 援 物 資 と し て の 需 要 も あ る : : : あ ら ゆ る 物 の 代 用 品 と し て の 活 躍 が 期 待 で き る 。 子 の 嵐 と 共 に 受 け 入 れ ら れ た の は 記 憶 に 新 し い 。 ク 食 べ ら れ る

文學界 平成28年11月号


実 味 が 薄 れ て い っ た 。 あ と は 伏 せ た は 一 人 適 当 な 人 間 が い る 、 と だ け 言 い 、 言 っ た あ と に 、 能 面 顔 の 薄 い 表 情 が 瞼 の 裏 に 浮 か び 上 が る — に 言 わ な か っ た の は 、 万 が 一 ど ち ら か に 何 か あ っ た と き の た め の 担 保 で も あ っ た 。 言 っ た と き こ そ そ う で あ っ た が 、 こ の 町 で 過 ご す 時 間 の 長 さ か 、 あ る い は の 存 在 そ の も の で あ る か 、 と に か く 囮 に す る 、 と い う 目 的 そ れ 以 外 の 理 由 が あ る よ う に も に は 田 5 え て き た 。 に 言 わ な か っ た の は 、 や は り 正 し か っ た と は 考 え た 。 は 、 定 時 に 上 が る と 、 と 帰 路 が 同 じ で あ る こ と も あ り 、 一 緒 に 帰 宅 す る の が 習 慣 と な っ て い た 。 い っ し か 、 と の 会 話 以 外 で 東 京 の こ と を 能 動 的 に 思 い 出 し た り 話 し た り す る こ と は な く な っ て い た 「 な ん で 町 を 出 な い の ? 」 が そ れ と な く 水 を 向 け て み た は し ば ら く 悩 ん で か ら 、 決 心 が っ か な く 「 出 よ う と 田 5 え ば 出 ら れ る ん で し よ う け ど 、 て 。 や つ ば り 知 っ て い る と こ ろ と 知 ら な い と こ ろ じ ゃ 、 ね 」 こ の 町 で は 、 熊 狩 り の こ と は 公 然 の 秘 密 で あ る 。 そ う で あ る が 、 ど こ か 町 民 全 体 が 本 当 は 知 ら な い の で は な い だ ろ う か 、 と 思 う と き が あ る 。 あ る い は 、 見 た い も の 以 外 、 見 る こ と な ど で き な い の か も し れ な い 。 や 課 長 と 話 を し て い る と 思 う 。 翻 っ て 、 は 自 身 に 思 い を は せ て み た 。 自 分 も 、 立 派 な 町 民 で は な い に し て も 、 か っ て い た 場 所 で は そ う で あ っ た か も し れ な い 、 と 段 々 と 俯 瞰 し て 自 身 を 見 ら れ る よ う に な っ て き て 「 ま あ 、 特 に 理 由 が な け れ ば 出 る 必 要 も な い し ね 」 「 必 要 性 の な い こ と っ て 、 や つ ば り し ち ゃ い け な い ん で す か 「 ど う だ ろ う ね 、 よ く は な い ん じ ゃ な い 、 か な 」 彼 女 は 実 家 で 暮 ら し て い る 。 の 宿 舎 と 庁 舎 の ち ょ う ど 中 間 ほ ど に の 実 家 が あ る 。 町 の 最 も 南 端 で 、 す ぐ 裏 手 が 山 間 に な っ て い て 、 家 業 は 林 業 で あ っ た 。 と は 別 れ の 言 葉 を 短 く 交 わ し 、 各 々 の 家 路 へ と つ い た は し ば ら く す る と 、 >-« の も と へ あ ま り 通 わ な く な っ た 。 町 の こ と を 知 れ ば 知 る ほ ど に 、 計 画 が 具 体 性 を 増 せ ば 増 す ほ し つ で も 出 ら れ る 、 と い う よ う な 気 が し て き た か ら だ っ た 。 何 週 か 、 普 段 と 変 わ り 映 え の し な い 日 々 を 過 ご す と 、 町 に 長 い 冬 が 訪 れ た 。 こ の 地 域 は 、 冬 場 は 特 に 気 温 が 低 く 、 し か し 降 雪 は 少 な か っ た 。 た だ 、 一 度 降 り 積 も っ た 雪 は 根 雪 と な っ て 春 ま で 溶 け る こ と は な い 。 が こ の 町 に 来 て か ら 、 二 度 降 雪 が あ っ た 。 町 は ほ と ん ど 雲 一 つ な い 青 空 を 上 空 に 広 げ て い た が 、 一 転 、 雪 は 硬 く 、 町 を 包 み 込 ん で い た 。 再 び 、 あ の 音 楽 が 流 れ た 。 ま た 、 夜 だ っ た 。 は あ の 時 と は 違 い 、 今 は と 二 人 で 静 か に 食 事 を し て い た 。 今 や 自 宅 に あ る 物 も 、 自 分 自 身 も 町 も 、 そ の 全 て が 自 分 の あ ず か り 知 る も の で あ り 、 自 分 自 身 で あ る よ う に 思 え る 。 音 楽 が 遠 く で 流 れ る の を 、 ば ん や り と 聞 く 。 窓 の 外 で は し き り に 雪 が 降 っ て い た 。 夜 降 る 雪 は 、 昼 間 見 る そ れ よ り も 大 粒 に 見 え た 。 今 度 は 、 が 訪 ね て く る こ と は な か っ た 。 は に 出 る 準 備 を し ろ 、 と だ け 言 う と 引 っ 立 て る よ う に し て 彼 女 ね 」

文學界 平成28年11月号


コ ン セ プ ト か ら し て ヒ ヤ ク マ ン べ ン と ま ま 、 そ れ が 「 サ ッ カ ー 」 の 間 違 い で 演 者 は 、 作 ・ 演 出 も 務 め る 童 司 の 他 、 は な い か と い う 疑 念 を 持 ち つ つ 、 ニ ュ は 真 逆 の 「 マ リ コ ウ ジ 」 と い う 企 画 で 同 じ く 茂 山 千 五 郎 家 か ら 、 今 年 九 月 に 1 ス キ ャ ス タ 1 の イ ン タ ビ ュ 1 を 受 け 初 演 さ れ た 新 作 狂 言 だ 。 当 主 ・ 千 五 郎 を 襲 名 し た 正 邦 、 さ ら に 淵 に や っ て き た 二 人 の 男 。 と も に 自 テ レ ビ ド ラ マ な ど で 俳 優 と し て も 活 躍 続 け る の だ 。 す る 逸 平 、 の 三 人 。 そ こ に は 不 条 理 劇 で あ り つ つ 、 現 実 殺 志 願 者 で あ る 。 一 人 は 女 房 に 逃 げ ら れ た 大 店 の 主 人 。 も う 一 人 は 借 金 で 首 か ら 半 音 階 ず れ た 夢 の よ う な 感 覚 が 充 演 技 の 質 は 、 狂 言 の 型 か ら 離 陸 し 、 の 回 ら な く な っ た 若 い 男 。 二 人 し て 境 ち 満 ち て い る 。 マ ク ド ナ ル ド で 男 が 店 ス ピ 1 ド 、 発 声 な ど 現 代 の そ れ で あ る 。 員 に ハ ン バ 1 ガ 1 と サ イ ド メ ニ ュ 1 を 遇 を 打 ち 明 け て み れ ば 、 主 人 は 若 者 に 、 衣 裳 や 舞 台 の 黒 基 調 の シ ン プ ル 金 を 用 立 て て や る と 言 う し 、 若 者 は 主 で ス タ イ リ ッ シ ュ な 誂 え は 、 童 司 が 注 文 す る 一 連 の 流 れ を 能 掛 り で 見 せ る 人 に 女 は 他 に い く ら で も い る と 言 う ネ タ に 至 っ て は 、 時 空 間 が 歪 ん で い く 。 「 影 響 を 受 け た 」 と 公 言 す る ラ 1 メ ン つ ま り 、 ど ち ら も 死 ぬ 必 要 は な い の で ズ ・ マ ナ 1 で あ り つ つ 、 狂 言 の 簡 素 な も ち ろ ん ど れ も 爆 笑 コ ン ト で も あ る は ? と 。 そ こ へ 恋 人 で あ る 若 者 を 追 空 間 設 計 に も 通 じ る も の が あ る 。 の だ が 、 日 常 の 「 あ る あ る 」 や 、 人 な っ て き た 一 人 の 女 。 こ れ が な ん と 、 実 つ つ こ さ を ひ っ ぺ が し た 先 に 、 ふ と 見 何 よ り ュ ニ ー ク な の が 、 コ ン ト に お え 隠 れ す る 不 安 な 相 貌 が あ る 。 そ の 表 は 主 人 の 失 踪 し た 妻 な の で あ っ た け る 演 技 の 質 や キ ャ ラ ク タ 1 以 上 に 、 シ ン プ ル な 構 造 、 台 詞 に 、 型 の 強 さ そ の 圧 倒 的 な 世 界 観 で あ る 。 情 に 宿 る 闇 夜 の 笑 い は 、 例 え ば か も め を 思 い 知 る 。 と 同 時 に 、 金 と 自 由 を も 同 公 演 に は 、 「 ネ グ レ ド の み じ か い ん た る の コ ン ト に 登 場 す る 話 の 通 じ な っ て 自 殺 を 笑 い 飛 ば す と い う 現 代 の 掴 い 奇 妙 な 隣 人 や 、 巨 匠 の コ ン ト を 支 え 一 生 ー と サ ブ タ イ ト ル が つ い て い た る 一 見 普 通 で い て 、 中 身 は ダ 1 ク フ ァ み 方 に 、 喜 劇 作 家 の 技 が あ る 。 ネ グ レ ド と は 、 「 頭 に 自 生 す る 幻 覚 キ 言 う ま で も な く 、 演 劇 と 笑 い の 関 係 ノ コ を 自 ら 食 べ る 生 物 」 な の だ と い う 。 ン タ ジ 1 の 成 分 で 構 成 さ れ て い る 仕 事 ち - は ス リ リ ン グ だ 。 そ し て 、 特 に コ ン ト そ の ア シ ッ ド な 設 定 に 象 徴 さ れ る よ う 先 の 上 司 な ど の 描 写 に も 通 じ る 。 あ わ い に つ い て 考 え る の で あ れ ば 、 現 行 曲 だ 者 通 底 す る の は 現 実 と 夢 の 間 を 漂 う 今 年 八 月 、 国 立 能 楽 堂 の 納 涼 茂 山 狂 能 と い う 謎 の 感 覚 で あ る 。 「 ラ ッ パ 言 祭 で 、 や は り 童 司 作 の こ ち ら は モ ロ け で も 二 〇 〇 番 以 上 あ る 狂 言 の 存 在 を い ま わ 若 無 視 す る わ け に は い か な い だ ろ う 。 茂 に 狂 言 な 新 作 「 今 際 の 淵 」 も 観 た 。 競 技 の 日 本 代 表 選 手 に 間 違 わ れ た 男 が の っ と 山 童 司 の 生 み 出 す コ ン ト や 狂 言 を 観 る 男 ニ ュ 1 ス 番 組 で 取 材 を 受 け る と い う ネ 狂 言 の 型 に 則 り 、 未 来 の 古 典 た る こ と 、 そ う 思 わ ざ る を え な い の だ タ で は 、 男 は 競 技 の 中 身 が わ か ら な い と を 目 指 し た 新 作 を 上 演 す る と い う 、

文學界 平成28年11月号


こ の 女 性 の よ う に 家 族 を 失 っ た 者 、 ま た 友 人 や 知 人 が 目 の 前 で 津 波 に 呑 ま れ 行 く の を た だ 見 て い る だ け し か 出 来 な か っ た 者 な ど 、 そ れ ぞ れ の 悲 嘆 や 痛 恨 の 思 い が 、 こ の 本 に は 記 さ れ て い る 。 読 む だ け で 涙 を 抑 え る こ と が 難 し く な る 文 章 も 多 く あ る 。 だ が そ れ は 、 『 3 ・ Ⅱ 慟 哭 の 記 録 』 に 収 め ら れ た 文 章 に は 被 災 の 現 場 を 知 ら な い わ れ わ れ の 涙 を 誘 う ほ ど の 構 成 力 が あ る と い う こ と で も あ る 。 家 族 の 情 愛 の 深 さ 、 愛 す る 者 と の 別 れ と い っ た 、 人 種 や 国 籍 を 超 え て 人 の 心 を 揺 さ ぶ る 普 遍 的 物 語 へ と 彼 ら の 経 験 が 編 成 さ れ て い る か ら だ 。 少 女 の 作 文 と 『 3 ・ Ⅱ 慟 哭 の 記 録 』 と の 差 異 を も た ら す も の は 何 か 。 そ れ は 、 野 家 啓 一 が 西 郷 信 綱 の 『 神 話 と 国 家 』 を 援 用 し て 指 摘 し た 、 カ タ リ と ハ ナ シ の 違 い に 相 即 す る も の と 考 え ら れ る 。 西 郷 は ハ ナ シ を 以 下 の よ う に 規 定 し て い る 。 で は ハ ナ シ と は 何 か 。 そ れ は 、 や は り 玉 勝 間 に ハ ナ シ は 放 し か し 」 い し ま た 俚 言 集 覧 に ハ ナ シ と い う も 、 も と は 放 の 義 な り と し て い る の に 従 っ て よ か ろ う 。 つ ま り 、 言 葉 を 口 か ら 自 由 に 出 し て 雑 談 す る の が ハ ナ シ で あ っ た 。 だ か ら 図 に 乗 り す ぎ る と そ れ は 「 放 言 」 に な り 、 ハ ナ シ 半 分 に 聞 い て お く と い う こ と に な り か ね な い ナ シ と か 、 ま ア ハ ナ シ だ が な ど と い う 、 ナ シ の も つ 自 由 さ 、 気 楽 さ が う か が え る 。 ( 『 西 郷 信 綱 著 作 集 』 第 三 巻 所 収 「 神 話 と 国 家 」 ) ( 傍 点 原 書 ) 他 方 、 同 書 で 西 郷 は 、 カ タ リ ( カ タ ル ) を ま た 以 下 の よ う に 説 明 し て い る 。 カ タ ル は 、 か な り 多 義 的 で 一 義 化 し に く い が 、 最 近 の 辞 書 に 「 聞 き 手 を 意 識 し て 一 ま と ま り の 内 容 を 話 し か け る 」 ( 時 代 別 国 語 辞 典 ) 、 「 出 来 事 を 模 し て 相 手 に そ の 一 部 始 終 を 聞 か せ る 」 ( 岩 波 古 語 辞 典 ) 、 「 物 事 を 順 序 だ て て 話 業 し て 聞 か せ る 」 ( 日 本 国 語 大 辞 典 ) 等 と あ る の に よ っ て 、 の ほ ば そ の 原 義 を う か か う こ と が で き る 。 そ し て 倭 訓 栞 や 喪 大 言 海 な ど が 、 カ タ ル を 型 ・ 象 と 関 係 づ け て い る の は 、 タ カ た ぶ ん 的 中 し て い る と 思 う 。 カ タ リ は 始 ま り と 終 わ り の あ る 、 方 式 の と と の っ た も の い い で 、 カ タ リ 部 と か カ タ コ ン リ ゴ ト と か い う 神 話 的 ・ 祭 式 的 な カ タ リ が 一 方 の 極 に は 存 し た 。 野 家 は こ の 西 郷 の ハ ナ シ と カ タ リ の 定 義 か ら 「 話 し 」 と っ 合 「 語 り 」 の 差 異 を 自 由 性 と 形 式 性 に あ る と す る 。 向 ハ ナ シ と は 、 「 ロ か ら 自 由 に 出 し て 」 反 省 的 意 識 の 検 閲 を 経 ず 即 興 的 に 言 葉 に さ れ た も の で あ る の に 対 し て 、 カ タ リ は 、 「 一 ま と ま り の 内 容 」 の 「 一 部 始 終 」 を 「 順 序 だ て て 」 言 語 化 し た も の で あ る の だ 。 人 『 3 ・ Ⅱ 慟 哭 の 記 録 』 の 文 章 に は 因 果 律 と い っ た 「 形 式 性 」 が 備 わ っ て い る か ら 、 震 災 の 直 接 的 被 害 を 受 け て い な い わ れ わ れ 第 三 者 も そ の 文 章 を 理 解 で き る し ま た 追 体 験 可 能 で あ り 、 カ タ

文學界 平成28年11月号


死 ん で い た り 、 海 の 近 く で 雑 貨 屋 を し て い た り 、 家 庭 内 暴 力 を 受 け そ れ で あ ん な 匂 い が す る の か と 彼 は 納 得 し た 。 妻 は 満 足 そ う だ っ て い た り し た 。 妻 の 言 う こ と は 話 半 分 に 聞 い て お ナ 、 よ 、 、 ( ( し し の た 彼 た 。 ア パ ー ト の 部 屋 は だ ん だ ん 個 性 を 獲 得 し て い た 。 と い っ て も 反 映 し て い る の は 妻 の 個 性 だ っ た 。 奇 妙 な 装 飾 が 少 し ず つ 増 殖 し て 白 は 飲 み 過 ぎ た 妻 を 冷 や や か に 眺 め た 。 だ が 、 妻 に 身 寄 り が な い の は い 壁 を 覆 っ て い て 、 そ の 美 的 セ ン ス は 彼 に は 不 可 解 な も の だ っ た が 、 事 実 だ っ た し 、 親 戚 の 家 や 施 設 を 転 々 と し て 大 き く な っ た こ と も 事 実 だ っ た の た ( し 、 じ ゃ な い か と 彼 は 思 い 直 し た 。 妻 が そ ん な に 気 妻 が 彼 と 出 会 う ま で 生 き 抜 い て き た 人 生 を 考 え れ ば 、 無 下 に 否 定 す に 入 っ た の な ら あ そ こ に 決 め よ う 。 ア パ ー ト な ん て ど こ も 似 た り 寄 る こ と は で き な か っ た 。 妻 の や り 方 を 受 け 入 れ 、 楽 し む こ と に し ょ っ た り に ち が い な い 。 あ と 一 「 三 軒 は 回 っ て み よ う と 考 え て い た が 、 う と 彼 は 考 え た 。 彼 は ど こ ま で も 前 向 き な 男 だ っ た の だ ア パ ー ト の 飾 り つ け の 合 間 に 妻 は 隣 の 家 の 庭 を 覗 く の も 怠 ら な か そ れ も よ す こ と に し た 。 彼 は 中 華 料 理 屋 か ら ア パ ー ト の 入 居 を 決 め っ た 。 ど こ か ら か 双 眼 鏡 ま で 手 に 入 れ て い た た 旨 を 不 動 産 屋 に 電 話 し た の だ っ た 。 新 し い ア パ 1 ト は な か な か の 住 み 心 地 だ っ た 。 た っ た 一 間 だ っ た 「 こ れ で 見 て ご ら ん な さ い 。 テ ラ コ ッ タ の 鉢 に 植 わ っ た ア ガ バ ン サ 前 の ア パ ー ト と 比 べ る と と か な り 余 裕 が で き 、 彼 の 職 場 も 自 ス の 花 び ら の 一 枚 一 枚 ま で 見 え る の よ 」 転 車 で 通 え る く ら い 近 く な っ た 。 こ れ で 赤 ん 坊 で も 生 ま れ 、 自 家 用 そ し て 彼 の 手 の 中 に 双 眼 鏡 を 押 し こ ん だ 。 双 眼 鏡 は 高 性 能 で 本 物 車 を 手 に 入 れ て 週 末 に 三 人 で 遠 出 で も す れ ば も う 人 並 み の 若 夫 婦 の の ス パ イ の 持 ち 物 の よ う だ っ た 。 暮 ら し と い え る か も し れ な か っ た 。 妻 は パ 1 ト を 探 し て い た カ な 「 大 丈 夫 、 わ た し の 貯 金 で 買 っ た か ら 心 配 し な い で 」 彼 の 、 い 配 を 見 透 か し た よ う に 妻 は い っ た 。 か な か 見 つ か ら な い よ う だ っ た 。 「 家 が 片 付 い て か ら ゆ っ く り 探 せ ば い い じ ゃ な い か 」 と 彼 は 妻 に 言 っ た 。 そ れ ぐ ら い の 余 裕 は あ る の 「 そ れ よ り も ほ ら 」 と 、 妻 は 彼 を つ つ い た だ っ た 。 妻 は 頷 き 、 仕 事 を 探 す の を す っ か り や め て し ま っ た 。 妻 は い つ の ま に か 隣 の 庭 に は 女 が 立 っ て い た 。 あ れ が す て き な 庭 の 主 家 に い て 殺 風 景 な 部 屋 の 壁 に 南 米 風 の 布 を 貼 り つ け た り 、 台 所 の 窓 の 妻 な の だ な 。 彼 は 慌 て て 双 眼 鏡 を 覗 き こ み 、 女 の 頭 の て つ べ ん か に 自 作 の カ フ ェ カ ー テ ン を さ げ た り 、 部 屋 と 部 屋 の 間 に 古 い 段 ボ 1 ら つ ま 先 ま で 何 度 も 視 線 を 往 復 さ せ た 。 女 は 美 人 と は 言 え な か っ た ル 箱 か ら 取 り だ し た 不 思 議 な 柄 の 布 を 垂 ら し た り し た 。 部 屋 か ら 部 が 、 ど こ と な く あ か 抜 け て い た 。 栗 色 の ふ ん わ り カ ー ル し た 髪 が 細 屋 へ 移 動 す る と き 、 そ の 布 は 彼 の 顔 に 絡 み つ い た 。 布 に は お 香 の よ い 首 筋 に か か っ て い た 。 女 が 仕 立 て の 良 さ そ う な 茶 色 の ワ ン ビ ー ス う な 、 年 老 い た 女 の よ う な 匂 い か く つ つ い て い た を 着 て 密 や か な 緑 の 庭 に 立 っ て い る と こ ろ は 何 か の 宣 伝 フ ィ ル ム の よ う だ っ た 。 女 は 双 眼 鏡 で 見 ら れ て い る の を 知 っ て い る み た い に 、 「 こ の 布 は な に ? 」 と 彼 は た ず ね た 「 お ば さ ん が く れ た の よ 。 ほ ら 、 こ の 間 話 し た で し よ 。 あ の お ば さ 気 取 っ た ス ロ ー な 動 き で ア ガ バ ン サ ス の 横 の グ レ 1 の べ ン チ に 腰 掛 ん 。 お ば さ ん の 家 の 台 所 に か か っ て い た の 。 ど こ に 引 っ 越 し し て も け 足 を 組 ん だ 。 失 く さ な い よ う に 気 を つ け て い た の よ 。 お ば さ ん の 家 に は た く さ ん 「 籠 崎 さ ん よ 」 と 妻 が 言 っ た 。 の 布 が あ ち こ ち に か か っ て い た な 」 「 よ く あ の べ ン チ に 腰 か け て コ 1 ヒ ー を 片 手 に 雑 誌 を め く っ て い る リ 6

文學界 平成28年11月号


気 配 を 感 じ た 。 コ 1 ヒ 1 を 飲 み 終 わ る と 、 途 端 に 退 屈 で た ま ら な く な っ た の で 、 本 来 な ら ば 窓 が あ る べ き と こ ろ を 見 つ め て 、 そ こ に 窓 が あ る の を 想 像 し た 。 カ カ い く ら 窓 が あ る べ き と こ ろ を 凝 視 し て も 、 予 想 に 反 し て 大 し た 退 屈 し の ぎ に は な ら な か っ た の は 残 念 だ っ た 。 人 通 り が 少 な か っ た せ い か 、 突 然 酷 く 見 窄 ら し い 六 十 過 ぎ の 女 が 壁 面 の 前 に 現 れ て 、 わ た し を 驚 か せ た が 、 深 く 興 味 を 引 く ま で に は 至 ら な か っ た 。 退 屈 ど こ ろ か 、 視 界 に 入 れ る の も 嫌 で 堪 ら な か っ た の が 偽 ら ざ る と こ ろ 。 グ ロ テ ス ク な ま で に 不 釣 り 合 い な 、 見 事 に 揃 っ た 歯 を 、 ゼ ン マ イ 仕 掛 け の チ ン パ ン ジ 1 の よ う に 剥 き 出 し た 。 女 性 に 暴 力 を 振 る う の は 決 し て 趣 味 で は な い が 、 も し 空 手 の 道 場 に 通 っ て い た ら 間 違 い な く 即 座 に 叩 き の め し て い た で あ ろ う 。 も し 免 許 を 持 っ て い れ ば 猟 銃 で 標 的 に し て 射 撃 を 楽 し ん だ 。 彼 女 の 歩 い て い る 先 に あ る 、 茂 み の そ ば の 浅 い 窪 地 に 東 ね ら れ て 置 か れ た 週 刊 誌 な ど の 資 源 ゴ ミ が 回 収 さ れ ず に い る 。 そ こ が 墓 場 に 相 応 し い 。 布 切 れ 、 紙 く ず 、 空 き 瓶 。 止 ま ず に い つ ま で も 降 り 続 け る 雨 と 、 猛 暑 に よ る 腐 敗 し た 匂 い 。 警 察 の 現 場 捜 査 員 が 六 人 ほ ど 来 て 、 六 十 過 ぎ の 女 の 見 窄 ら し い 死 体 と 一 緒 に あ っ た 古 い 雑 誌 と 布 切 れ 、 紙 く ず 、 空 き 瓶 が 事 件 と 関 係 あ る の か な い の か 判 断 に 苦 し み 、 首 を ひ ね る 。 判 断 不 可 能 で あ れ ば 、 す べ て 採 取 し て 署 に 持 っ て 帰 ら ね ば な ら な い 決 ま り が あ る か ら だ 。 回 収 さ れ た ゴ ミ は 、 大 概 被 害 者 や 犯 人 の も の と 関 係 が な く 、 結 局 は 何 の 殳 に も 立 た な い た だ の ゴ ミ で し か な い 『 お れ は 女 を 殴 る 』 と い う 読 み か け の 犯 罪 も の の ベ ス ト セ ラ 1 小 説 の 影 響 な の か 、 そ ん な 暴 力 的 な 空 想 を し て い る と 、 意 外 に 時 間 が 過 ぎ て い っ た 。 よ く 見 て み れ ば 、 そ の 六 十 過 ぎ の 見 窄 ら し い 女 は 、 さ っ き 路 地 で 見 か け た 険 し い 顔 つ き の 老 婆 と 同 一 人 物 だ っ た の か も し れ な い 。 以 前 よ り は 若 干 若 返 っ た か の よ う に 感 じ た が 、 気 の せ い か 険 し い 表 情 が そ の ま ま 醜 い 顔 に な っ て し ま っ た よ う で 、 腰 を 下 ろ し て い た 段 ボ ー ル 箱 が よ り 薄 汚 い も の に な り 下 が っ た よ う に 感 じ た 。 深 い 皺 に 表 情 が 埋 没 し て い る 。 仕 方 な く 微 笑 み を 向 け て も 、 変 わ ら な い 。 何 か 特 別 に 難 し い こ と を 考 え て い る 最 中 だ っ た の か も し れ な い 。 本 来 な ら ば 柔 和 な 性 格 で 、 声 を か け れ ば 丁 重 に 接 し て く れ る は ず の 老 婆 が 、 数 時 間 前 よ り も 増 し て 、 さ ら に 恐 ろ し い 呪 い の 目 つ き の 表 情 。 そ れ は 以 前 、 バ ン ク ー バ ー の 空 港 に 行 っ た と き に 見 た 先 住 民 の 彫 刻 で あ る 巨 大 な ト 1 テ ム ボ 1 ル に 、 非 常 に 酷 似 し て い た 。 ガ ラ ス 張 り の 回 廊 か ら 見 え た 現 物 は 鳥 や 人 の 顔 が 積 み 重 ね ら れ た ユ ニ 1 ク さ が 際 立 っ て お り 、 恐 ろ し さ よ り も 「 カ ナ ダ 先 住 民 と 西 欧 文 明 の 現 代 カ ナ ダ と の 融 合 」 が 勝 っ て い た 。 世 界 で 面 積 が 二 番 目 に 広 い カ ナ ダ 。 私 た ち が カ ナ ダ の 山 岳 地 帯 に 魅 力 を 感 じ る の は 、 そ こ に 何 も 開 発 さ れ て い な い 純 粋 な 自 然 が あ る た め だ 。 原 生 自 然 は 、 既 に 多 く の 国 々 で は 失 わ れ て し ま っ た が 、 カ ナ ダ に は ま だ ま だ 色 濃 く 残 り 、 本 来 の 姿 で 保 護 さ れ て い る 。 ロ ッ キ 1 山 脈 や ナ イ ア ガ ラ の 滝 は 、 カ ナ ダ の 代