検索 - みる会図書館

検索対象: 新潮【第百十四巻第一号】

新潮【第百十四巻第一号】から 253件ヒットしました。

新潮【第百十四巻第一号】


手 帖 抄 幻 の 自 筆 ェ ッ セ イ 発 掘 ( 一 九 四 六 年 ) 協 力 ・ 石 川 巧 ( 立 教 大 学 教 授 ) 写 真 提 供 ・ 松 田 集

新潮【第百十四巻第一号】


抄 」 の 第 一 二 シ ー ン に は 忍 従 を 強 い ら れ る 女 性 た ち に 向 け た 励 ま し の 視 線 が 織 り 込 ま れ て い る の だ ろ う 。 だ が 、 第 五 シ ー ン に お け る 原 節 子 は 、 女 性 や 婦 人 と い っ た 表 現 を い っ さ い 用 い ず 、 日 本 人 と い う 言 葉 を 連 呼 す る 。 物 質 的 な 豊 か さ で は な く 精 神 の 復 興 を 唱 え る 。 ア ジ テ ー シ ョ ン の よ う に 読 者 を 鼓 舞 す る そ の 文 体 は 力 強 く 、 迷 い や 躊 躇 は ど こ に も な い 。 の ち に 彼 女 は 当 時 の 自 分 を 「 八 月 十 六 日 か 十 七 日 に 、 横 浜 か ら 電 車 で 撮 影 所 へ 行 く の に 、 丸 腰 の 兵 隊 さ ん の 姿 を 見 て 、 泣 け て 泣 け て 仕 方 が あ り ま せ ん 」 ( 「 私 の 歴 史 4 」 前 出 ) と 語 り 、 つ い 涙 も ろ く な っ て し ま う 自 分 の 弱 さ を 恥 じ た り し て い る が 、 少 な く と も 「 手 帖 抄 」 の 第 五 シ ー ン を 書 い た 原 節 子 と 、 丸 腰 の 兵 隊 を 見 て 涙 を 流 し て い る 原 節 子 と の あ い だ に は 、 同 一 人 物 と は 思 え な い ほ ど の 隔 た り が あ る 。 そ の 意 味 で 「 手 帖 抄 」 に は 、 他 の イ ン タ ビ ュ 1 記 事 や 自 伝 的 ェ ッ セ イ と は 根 本 的 に 異 な る 次 元 で 、 原 節 子 と い う 人 間 が も っ て い る 素 顔 の ひ と つ が 提 示 さ れ て い る の で あ る 。 4 原 節 子 を 貫 く 心 棒 以 上 、 「 手 帖 抄 」 の 特 異 性 に 注 目 し 、 映 画 女 優 と し て の 原 節 子 が 見 せ た こ と の な い 信 念 の よ う な も の を 浮 き 彫 り に し て き た が 、 戦 前 か ら 戦 後 に か け て 彼 女 が 残 し た 言 説 を あ ら た め て 読 み 直 す と 、 「 手 帖 抄 」 と 似 た 雰 囲 気 を も っ 文 章 が も う ひ と つ あ る こ と に 気 づ く 。 そ れ は 、 戦 時 中 に 海 軍 の 全 面 協 力 で 製 作 さ れ た 『 上 海 陸 戦 隊 』 ( 監 督 ・ 熊 谷 久 虎 、 一 九 三 九 年 五 月 封 切 ) を 撮 影 し た と き の 印 象 を 語 っ た 「 上 海 の 旅 」 ( 『 東 宝 映 画 』 一 九 三 九 年 二 月 上 旬 号 ) の 一 節 で あ る 。 こ の と き 、 上 海 の 荒 廃 を 目 に し た 原 節 子 は 、 「 戦 争 前 の 上 海 の 街 は 、 国 際 都 市 と し て 、 享 楽 の 都 と し て 、 う た は れ て ゐ た と こ ろ 、 そ れ が 、 こ ん な に も 、 無 惨 な 、 荒 れ 果 て た 街 と な っ て し ま っ た 。 こ れ も み な 、 自 業 自 得 と 云 っ て し ま へ ば そ れ ま で の こ と で す が 私 は 、 戦 争 に は 、 ど ん な こ と を し て も 勝 た な け れ ば い け な い 、 と か た く 思 ひ ま し た 。 東 洋 の 永 遠 の 平 和 の た め に は 、 こ れ は 一 つ の 犠 牲 に す ぎ な い の だ と 思 ひ ま し た 」 と 呟 い て い る 。 い う ま で も な い こ と だ が 、 こ こ で 国 策 映 画 に 主 演 し た 際 の 言 説 を 引 用 し た か ら と い っ て 、 彼 女 の 思 想 の 背 景 に 国 粋 主 義 と の 結 び つ き が あ る こ と を 証 明 し た い わ け で は な い 。 重 要 な の は 、 彼 女 の な か に ひ と つ の 強 固 な 意 志 が あ り 、 そ れ が 戦 中 戦 後 を 通 じ て 変 わ ら な か っ た と い う こ と で あ る 。 彼 女 に と っ て の 「 わ た し た ち 」 が 国 民 国 家 と 。 ハ ラ レ ル な 関 係 に あ る と い う こ と で あ る 。 思 え ば 、 戦 後 日 本 を 語 る 原 節 子 の 言 葉 に は 、 世 の 中 の 価 値 観 や も の の 考 え 方 が 急 激 に 変 わ っ て し ま っ た こ と へ の 戸 惑 い が あ っ た 。 戦 時 中 、 「 英 米 を や つ つ け る 」 内 容 の 映 画 を 撮 っ て い た は ず が 、 敗 戦 と と も に 「 英 米 を 崇 拝 す る 」 ス ト ー リ ー に 変 更 さ ケ ン プ リ ッ ジ 帰 り の 文 士 吉 田 健 角 地 幸 男 独 自 の 言 葉 を 探 り 当 て た 比 類 な き 軌 跡 を 多 角 的 に 辿 る 、 ◎ 定 価 ( 本 体 円 + 税 ) 批 評 に よ る オ マ ー ジ ュ 。 新 潮 社 235 解 説

新潮【第百十四巻第一号】


夏 の 終 わ り 。 『 新 潮 』 編 集 部 か ら 、 思 い が け ぬ 連 絡 が 人 っ ( 。 昨 年 秋 に 亡 く な っ た 原 節 子 が 、 若 い 時 分 に 書 い た エ ッ セ イ が 、 こ の 度 、 発 見 さ れ た と い う 。 タ イ ト ル は 「 手 帖 抄 」 。 「 読 ん だ こ と は あ る か 」 と い う 編 集 者 の 問 い か け に 、 思 わ ず 私 は 電 話 ロ で 大 き く か ぶ り を 振 っ た 。 「 い い え 、 記 憶 に あ り ま せ ん 。 ど ん な 内 容 な ん で し よ う か 。 私 に も 読 ま せ て く だ さ い 」 評 伝 『 原 節 子 の 真 実 』 を 私 が 書 き 上 げ 出 版 し た の は 今 春 、 三 月 の こ と 。 そ れ か ら 、 お よ そ 半 年 後 の 出 来 事 だ っ た 。 気 持 ち を 人 れ た 作 品 を 出 版 し た 後 は 、 い つ も 、 い い よ う も な く 、 さ び し い 。 本 と い う 形 に す る こ と と 引 き 換 え に 、 書 き 上 げ る ま で の 数 年 間 を 、 と も に 過 ご し た 対 象 が 、 自 分 の 身 体 の な か か ら 抜 け 落 ち 、 失 わ れ て し ま う か ら か 。 特 に 今 回 は 、 ま だ 原 稿 を 執 筆 中 だ っ た 昨 年 秋 に 、 原 節 子 本 人 の 計 報 に 接 し た こ と も あ り 、 余 計 に そ の 思 い が 強 か っ た の だ ろ 躍 動 す る 原 節 子 の 魂 そ ん な な か で の 「 手 帖 抄 」 発 見 の 知 ら せ 、 私 は す が り つ く よ う に 、 メ ー ル で 送 ら れ て き た そ の 小 文 を 読 ん だ 。 一 読 し 、 そ の 後 、 二 度 、 三 度 と 読 み 返 し 、 胸 が つ ま っ た 。 懐 か し い 人 の 面 影 に 出 会 え た と い う 、 喜 び と 切 な さ 。 こ こ に 彼 女 が い る 、 明 ら か に 彼 女 が い る 、 そ う 叫 び た い よ う に 思 っ 評 伝 執 筆 の 際 、 私 は 可 能 な 限 り 資 料 を 集 め る よ う 努 力 し た が 、 こ の 作 品 に は 出 会 え な か っ た 。 地 道 な 研 究 作 業 の な か で 、 こ の エ ッ セ イ を 発 見 し て 下 さ っ た 立 教 大 学 の 石 川 巧 教 授 に 、 何 よ り も お 礼 と 感 謝 を 申 し 上 げ た い 。 読 み 始 め て 数 行 、 私 は あ る こ と を 確 信 し た 。 こ れ は 紛 れ よ う の 子 も な く 、 彼 女 自 身 の 手 に よ っ て 書 か れ た エ ッ セ イ で あ る 、 と 。 節 彼 女 の 名 前 で 発 表 さ れ た 文 章 で も 、 新 聞 記 者 や 編 集 者 が ロ 述 原 筆 記 し た も の 、 あ る い は 映 画 会 社 の 宣 伝 部 員 が 勝 手 に 書 い た も す 躍 の と 、 い ろ い ろ で あ る 。 だ が 、 こ の 「 手 帖 抄 」 は 、 言 葉 づ か い 、 文 体 、 表 現 方 法 か ら 考 え て み て も 、 彼 女 自 身 が 書 い た と し か 、 私 に は 思 え な か っ 石 井 妙 子

新潮【第百十四巻第一号】


て 新 し い 形 式 は 、 幸 い イ ン タ ー ネ ッ ト と の 相 性 も 良 さ そ う 島 』 、 そ し て 谷 川 俊 太 郎 の 『 タ ラ マ イ カ 偽 書 残 闕 』 。 こ れ は 一 だ 。 ツ ィ ッ タ ー や ラ イ ン を 打 ち 慣 れ た 人 々 の 中 に は 、 詩 を 読 九 七 八 年 に ま ず 単 行 本 で 出 て 、 後 に 『 コ カ コ ー ラ ・ レ ッ ス み 、 書 き た い と 感 じ て い る 新 し い 野 が 広 が り つ つ あ る の で ン 』 に 収 録 さ れ た 長 篇 詩 で 、 子 細 な 註 釈 の 付 い た 偽 の 民 族 叙 は な い か 。 谷 川 が 一 〇 年 か ら し ば ら く 続 け て い た け れ ど 、 事 詩 、 多 層 の 物 語 詩 で あ る 。 池 澤 は 『 古 事 記 』 に つ な が る カ 「 長 す ぎ る 」 と い っ て 飽 き た ツ ィ ッ タ ー の フ ォ ロ ワ ー 数 は 、 強 さ か ら 、 こ の 三 作 を 選 ん だ と 思 わ れ る 。 一 九 五 六 年 、 二 十 四 歳 の 谷 川 は 「 世 界 へ ! 」 の 中 で 〈 人 生 一 時 、 十 八 万 人 に 上 っ て い た 。 は 日 々 の も の で あ る 。 そ し て 人 生 が 日 々 の も の で あ る 限 り 、 か っ て 文 芸 誌 は 多 く の 詩 を 掲 載 し て い た し 、 す で に ジ ャ ン ル 分 け が 無 効 に 向 か っ て い る な ら ば 、 ク オ リ テ ィ を 認 め 合 い 詩 も ま た 、 日 々 の も の で あ る 。 日 々 使 い 捨 て ら れ る こ と に よ な が ら こ の 際 、 詩 も 小 説 も 戯 曲 も 横 に つ な が り 、 同 じ テ ー マ っ て の み 、 詩 は 自 ら を 完 成 し 得 る 〉 〈 私 は あ え て 詩 人 の 怠 惰 を 誌 面 で 追 求 し て み て も 新 鮮 だ ろ う 。 ポ プ ・ デ イ ラ ン が ノ ー を 責 め た い 。 実 際 に 、 一 九 五 六 年 の 日 本 で 詩 を 書 い て 食 っ て ベ ル 文 学 賞 を 受 賞 す る 時 代 に 突 人 し た の だ 。 さ ま ざ ま な 扉 を い る 詩 人 は い な い 。 し か し 、 だ か ら と い っ て 、 そ れ が 詩 を 孤 訪 問 し 合 い 、 道 草 を 喰 い な が ら 、 そ の う ち 一 人 一 人 が 突 き 抜 立 さ せ て い い 理 由 に は な ら な い 。 我 々 は 詩 が 売 れ る よ う に 努 力 す べ き で あ る 〉 と 書 い て 顰 蹙 を 買 っ た 。 そ れ か ら 六 十 年 。 け た 場 所 へ 到 達 で き れ ば い い 。 時 に は ゆ る く 歩 く こ と 自 体 を 二 〇 一 六 年 の 日 本 で 〈 詩 を 書 い て 食 っ て い る 詩 人 〉 は 、 や は 楽 し め ば い い 。 詩 壇 が 事 実 上 、 「 現 代 詩 手 帖 」 一 誌 に 集 約 さ れ た 現 状 は 、 活 動 の 場 と し て や は り 狭 す ぎ る だ ろ う 。 り 谷 川 俊 太 郎 し か い な い 。 そ れ を 実 現 す る た め に 、 言 語 上 の 戦 後 詩 、 現 代 詩 を 書 い て き た 詩 人 に 対 す る 評 価 も 、 従 来 、 実 験 、 才 能 の 酷 使 だ け で な く 、 実 生 活 の あ ら ゆ る 日 常 の 瞬 間 を 懸 け て 詩 人 で あ り 続 け て き た 。 他 の 詩 人 が や っ て み よ う と 詩 壇 が 独 自 に 評 定 し 、 私 達 が 既 成 の 事 実 と し て 受 け 取 っ て き し な い 行 動 を 本 能 と 蛮 勇 を も っ て 谷 川 俊 太 郎 が 独 力 で 抗 い 、 た 文 学 史 か ら 、 か な り 変 わ っ て き て い る 。 二 〇 . 一 六 年 九 月 に 出 た 『 池 澤 夏 樹 Ⅱ 個 人 編 集 日 本 文 学 全 集 四 』 ( 河 出 書 房 新 試 し 続 け た こ と の 一 端 は 、 わ か っ て い た だ け た だ ろ う か 。 詩 人 は や が て 宇 宙 に 還 る だ ろ う 。 そ の 時 ま で 、 私 た ち は も 社 ) の 「 近 現 代 詩 歌 」 の 巻 に は 四 十 一 人 の 詩 人 の 作 品 が 並 ん っ と こ の 詩 人 の 声 に 耳 を 澄 ま し た 方 が い い 。 詩 が 、 小 説 が 、 で い る が 、 驚 い た こ と に 鮎 川 信 夫 が 人 っ て い な い 。 叫 脇 順 三 郎 は 別 格 と し て 、 「 荒 地 」 か ら 選 ば れ て い る の は 北 村 太 郎 の 批 評 が 、 文 学 が 、 「 滑 稽 」 な も の に 堕 さ な い よ う に 。 「 ヨ コ ハ マ 」 や 田 村 隆 一 の 「 幻 を 見 る 人 」 な ど だ け 。 黒 田 三 郎 も 中 桐 雅 夫 の 名 も な い 。 関 根 弘 、 長 谷 川 龍 生 、 安 東 次 男 ら 「 列 島 」 の 詩 人 は 誰 も い な い 。 目 立 っ て ペ 1 ジ を 割 か れ て い る の は 、 人 沢 康 夫 『 わ が 出 雲 ・ わ が 鎮 魂 』 、 高 橋 睦 郎 『 姉 の ざ ん け っ ( 了 ) 224

新潮【第百十四巻第一号】


を 撮 っ た あ と 、 国 策 へ の 協 力 を 表 明 し て 映 画 界 を 退 い て い た 熊 谷 久 虎 は 、 一 九 四 四 年 七 月 、 ス メ ラ 学 塾 の 活 動 に 関 心 を も っ て い た 町 田 敬 二 大 佐 の 訪 問 を 受 け て 意 気 投 合 す る 。 一 九 四 五 年 七 月 に は 、 そ の 町 田 敬 一 一 が 報 道 部 長 に 就 任 し て い た 西 部 軍 管 区 報 道 部 に 徴 用 さ れ 、 さ き に 名 前 が 挙 が っ た 古 海 卓 二 、 原 田 種 夫 、 東 潤 、 火 野 葦 平 ら と と も に 「 九 州 独 立 運 動 」 を 構 想 す る 。 の ち に 、 熊 谷 久 虎 自 身 が 「 太 平 洋 戦 争 と 九 州 独 立 運 動 の 真 相 」 ( 『 私 は 知 り た い 』 一 九 五 七 年 一 一 月 、 自 由 国 民 社 ) で 明 ら か に し た と こ ろ に よ れ ば 、 こ の 企 て は 「 今 の 大 本 営 に い ち い ち 指 令 を 仰 い で や っ て い て は 、 時 間 的 に も 間 に あ わ ぬ と 思 い ま す 。 す べ て 即 戦 即 決 主 義 で な け れ ば い け ま せ ん 。 そ れ に は 九 州 に 単 独 の 軍 政 を し く こ と で す 」 と い う 熊 谷 久 虎 の 主 張 に 町 田 敬 二 が 賛 同 し た も の で あ り 、 当 初 は 、 ス メ ラ 学 塾 の 塾 頭 で あ る 「 末 次 大 将 を 担 ぎ 出 し て 、 同 大 将 の 息 の か か る 横 山 西 部 軍 司 令 官 を 首 班 と す る 九 廾 内 閣 を つ く ろ う 」 と い う と こ ろ ま で 話 が ま と ま っ て い た よ う で あ る 。 大 分 県 中 津 市 出 身 の 熊 谷 久 虎 は 、 そ れ を 忠 実 に 実 践 す る た め 閣 僚 名 簿 ま で 作 っ て い る 。 ま た 、 敗 戦 後 も 九 州 独 立 運 動 に 固 執 し 、 俳 優 ・ 池 部 良 に そ の 構 想 を 熱 く 語 っ て い る 。 の ち に こ の 件 に 関 し て イ ン タ ビ ュ ー を 受 け た 池 部 良 は 、 熊 谷 久 虎 か ら 聞 か さ れ た 構 想 に つ い て 、 「 日 本 は こ の ま ま い っ た ら 、 遠 か ら ず 共 産 化 さ れ て し ま う 。 だ か ら 、 い ま の う ち に し か る べ き 人 物 が 集 ま っ て 、 (.5ttO の 援 助 で 九 州 に 帝 国 を つ く る 必 要 が あ る 。 つ い て は 、 池 部 君 に 大 臣 と ま で は い , か な い け れ ど も 、 官 房 長 官 の 要 職 を 引 き 受 け て ほ し い 、 と い う こ と だ っ た 」 ( 『 潮 』 一 九 八 一 年 一 〇 月 号 ) と 説 明 し て い る 。 戦 争 末 期 、 仕 事 の 関 係 で 熊 谷 久 虎 と 暮 ら し 、 敗 戦 後 も 同 居 し て い た 原 節 子 は 、 こ う し た 義 兄 の 計 略 を 知 り 得 る 立 場 に あ っ た と 考 え ら れ る 。 熊 谷 久 虎 が 火 野 葦 平 を は じ め と す る 西 部 軍 管 区 報 道 部 の 面 々 と と も に 活 動 し て い た こ と も 知 っ て い た だ ろ う し 、 彼 が 企 て た 「 九 州 独 立 運 動 」 の 根 底 に ス メ ラ 学 塾 の 思 想 が 関 わ っ て い た こ と も 聞 か さ れ て い た だ ろ う 。 ま た 、 雑 誌 『 想 苑 』 に 携 わ っ て い た 『 九 州 文 学 』 の メ ン バ ー に 原 節 子 を 紹 介 で き る の は 熊 谷 久 虎 し か 考 え ら れ な い た め 、 「 手 帖 抄 」 の 寄 稿 に は 彼 の 仲 介 が あ っ た と 推 察 さ れ る 。 原 節 子 自 身 が 「 九 州 独 立 運 動 」 に 対 し て ど の よ う な 認 識 を も っ て い た か は 不 明 だ が 、 少 な く と も 、 『 わ が 青 春 に 悔 な し 』 ( 監 督 ・ 黒 澤 明 、 一 九 四 六 年 一 〇 月 公 開 ) の 主 演 に よ っ て 戦 後 民 主 主 義 映 画 の ス タ ー を 期 待 さ れ て い た 彼 女 に と っ て 、 「 九 州 独 立 運 動 」 に 関 わ っ た メ ン バ ー と 同 じ 雑 誌 に 文 章 を 書 く こ と は 、 か な り 勇 気 の い る こ と だ っ た は ず で あ る 。 そ の 意 味 で 、 「 手 帖 抄 」 は 敗 戦 後 の 原 節 子 が 率 直 に 自 己 を 語 っ た 数 少 な い 記 録 で あ る と 同 時 に 、 義 兄 ・ 熊 谷 久 虎 の 期 待 に 応 え よ う と す る 精 一 杯 の メ ッ セ ー ジ だ っ た と も い え る の で は な い だ ろ う か 。 3 「 手 帖 抄 」 を 読 む 「 手 帖 抄 」 は 、 電 車 の な か で 遭 遇 し た い く つ か の 出 来 事 を 通 し て 、 敗 戦 後 の 荒 ん だ 世 相 を 浮 き 彫 り に す る 原 稿 用 紙 五 、 六 枚 の 随 筆 で あ る 。 「 手 帖 抄 」 と い う タ イ ト ル が 付 い て い る が 、 実 際 に 手 帖 か ら 書 き 写 し た よ う な 形 跡 は 感 じ ら れ ず 、 そ の 構 成 や 文 体 は 事 前 に よ く 計 算 さ れ て い る 。 短 い カ ッ ト を 繋 ぎ な が ら 車 内 の 殺 伐 と し た 状 況 を 浮 か び あ が ら せ る そ の 文 体 は 映 画 の モ ン タ

新潮【第百十四巻第一号】


あ な た が 彼 女 に し て あ げ ら れ る こ と は 何 も な い 岡 田 利 規 161 カ フ ェ で 女 が 一 人 呟 く の は 天 地 創 造 の 物 語 。 保 坂 和 志 ■ ■ 世 界 を 変 え る た め に 日 山 下 澄 人 「 本 当 の 事 を 言 お う か 」 「 詩 は 滑 稽 た 」 国 民 的 尾 崎 真 理 子 179 ス タ 1 詩 人 の 軌 跡 と 十 年 間 の 沈 黙 の 謎 を 追 う 。 加 賀 乙 彦 242 一 見 え な い 音 、 聴 こ え な い 絵 ( 一 第 一 四 七 回 ・ 居 場 所 岬 木 村 友 祐 『 野 良 ビ ト た ち の 燃 え 上 か る 肖 像 坂 口 恭 平 『 現 実 宿 り 黎 明 期 の 母 ( 十 二 ) 野 の 春 ( 四 ) ミ ラ イ ミ ラ イ ( 八 ) 光 の 大 ( 十 七 ) ペ イ ン レ ス ( 十 九 ) 第 回 《 新 潮 新 人 賞 》 応 募 規 定 幻 の 自 筆 ェ ッ セ イ 発 掘 手 帖 抄 ( 一 九 四 六 年 ) 原 節 子 、 つ ~ っ 00 解 説 ・ 「 手 帖 抄 」 ー ー 日 本 人 を 叱 る 原 節 子 石 っ 〕 っ 0 冖 / 躍 動 す る 原 節 子 の 魂 石 井 妙 子 「 日 本 再 建 は そ こ か ら だ と わ た し は 云 ひ た い 」 没 後 一 年 、 戦 後 へ の 想 い が 今 、 開 封 さ れ る 。 高 井 有 一 さ ん を 悼 む 連 載 完 結 大 竹 伸 朗 杉 田 俊 介 246 日 和 聡 子 248 島 田 雅 彦 252 っ 61 輝 宮 本 古 日 出 男 272 松 家 仁 之 284 つ 9 ノ / 6 天 童 荒 太 っ ) 0 誌 名 + 数 字 ロ ゴ タ イ プ / 大 竹 伸 朗 カ ッ ト / 大 竹 伸 朗 表 紙 デ ザ イ ン / 望 月 玲 子 ( 新 潮 社 装 幀 室 ) 目 次 デ ザ イ ン / 山 下 武 夫 ( ク ラ ッ プ ス ) 本 文 デ ザ イ ン 協 力 / 中 島 浩 戯 曲 評 論 一 五 〇 枚 2 / 4 ・ 4

新潮【第百十四巻第一号】


は じ め に 原 節 子 は 現 役 時 代 を 通 じ て 数 々 の イ ン タ ビ ュ ー を 受 け 、 座 談 会 や 対 談 に も 出 席 し た 。 仕 事 を と も に し た 映 画 監 督 や 俳 優 仲 間 も 多 く の 証 言 を 残 し て い る 。 新 聞 や 映 画 雑 誌 の 記 事 に 至 っ て は 、 信 憑 性 の 高 い も の か ら 悪 意 の あ る ゴ シ ッ プ ま で 玉 石 混 淆 の 情 報 が 飛 び 交 い 、 引 退 後 の 私 生 活 に 関 す る 噂 や 憶 測 も 多 い 。 一 方 、 原 節 子 が 自 ら の 意 志 で 書 い た 文 章 は 極 め て 少 な い 。 そ の 美 し く も 憂 い を 帯 び た 表 情 を 捉 え た グ ラ ビ ア が 女 優 と し て の 軌 跡 や 存 在 感 を 雄 弁 に 語 る た め 、 私 た ち は つ い 原 節 子 を 神 話 化 し て し ま い が ち だ が 、 い ざ 彼 女 の 実 像 に 迫 ろ う と す る と 手 が か り が そ れ ほ ど な い こ と に 気 づ く 。 か っ て 、 『 東 京 新 聞 』 夕 刊 が 「 早 春 夜 話 ① 、 ⑥ 」 ( 一 九 五 九 年 二 月 二 〇 日 、 同 二 七 日 、 三 月 六 日 、 同 一 三 日 、 同 二 〇 日 、 同 二 七 日 ) と い う イ ン タ ビ ュ ー 記 事 を 連 載 し た 際 、 彼 女 は 第 一 回 「 生 れ つ き な ま け 者 」 に お い て 、 「 ″ 永 遠 の 処 女 〃 と か ″ 神 秘 の 女 優 〃 な 解 説 ・ 「 手 帖 抄 」 ー 日 本 人 を 叱 る 原 節 子 ん て 、 名 前 は ジ ャ ー ナ リ ズ ム が 勝 手 に つ け て く れ た も の で す か ら 責 任 は 負 わ な い け ど 、 私 だ っ て カ ゼ を 引 け ば ハ ナ も 出 る し 、 寝 不 足 な ら 目 ャ ニ も 出 る し 、 別 に カ ス ミ を 食 べ て 生 き て る わ け じ ゃ な い ん で す よ 。 ( 中 略 ) た だ 私 生 活 の 上 で フ ァ ン の 方 の 夢 を こ わ す よ う な こ と だ け は し た く な い と 、 そ れ だ け は き び し く 自 戒 し て き た つ も り で す 」 と 発 言 し て い る が 、 こ の コ メ ン ト に は 、 興 味 本 位 の 偶 像 を 作 り た が る ジ ャ ー ナ リ ズ ム へ の 批 判 と と も に 、 彼 女 の 尋 常 な ら ざ る 信 念 が 垣 間 見 え て い る 。 一 九 六 二 年 に 東 宝 創 立 三 〇 周 年 記 念 作 品 『 忠 臣 蔵 花 の 巻 ・ 雪 の 巻 』 ( 監 督 ・ 稲 垣 浩 ) に 出 演 し た あ と 何 の 予 告 も な く 映 画 界 を 去 り 、 公 の 場 か ら 姿 を 消 し た 原 節 子 の 生 き ざ ま は 、 こ の 「 自 戒 」 を 前 提 と す る こ と で は じ め て 理 解 可 能 に な る 。 そ こ に は 、 終 生 に わ た っ て 自 分 を 支 え て く れ た フ ァ ン が 抱 く イ メ ー ジ 通 り の 存 在 で あ り 続 け た い 、 と い う 強 固 な 意 志 が あ る 。 そ ん な 女 優 ・ 原 節 子 の 足 跡 に 迫 ろ う と す る と き 、 彼 女 の 私 生 活 に 関 す る 情 報 が と り わ け 不 足 し て い る よ う に 感 じ ら れ る の 石 川 巧 230

新潮【第百十四巻第一号】


と は た び た び で あ る 。 け れ ど も 、 欠 陥 の 多 い 日 本 そ し て 日 本 人 で は あ る が 、 自 卑 し て は い け な い と 思 ふ 。 日 本 人 は あ く ま で 日 本 人 で あ る 。 日 本 人 に あ い そ が っ き た と い っ て も 、 自 分 も 日 本 人 で あ る 以 上 、 め い め い が 何 と か し て 一 日 も 早 く お 互 に 愉 し く 生 き て ゆ け る や う に 仕 向 け よ う で は な い か と い ふ こ こ ろ に な っ て 、 手 近 か な 自 分 の 周 囲 か ら そ の 実 現 に つ と め な く て は い け な い と 思 ふ 。 そ れ は 結 局 自 分 の た め だ し 、 そ れ が 大 き く 結 集 し て は じ め て 日 本 全 体 が 住 み よ く 明 る い 国 と し て 育 っ て 行 く の だ と 思 ふ 。 わ た し は け っ し て 教 育 家 で も 宗 教 家 で も な い 。 た だ 、 敗 戦 後 わ た し は い つ も そ ん な こ と を 考 ( ず に ゐ ら れ な い 嶮 し い 世 相 の 中 に 生 き な が ら 、 日 本 人 の 誰 も が 自 分 と こ の 祖 国 を 正 当 に 再 認 識 し て ほ し い と 念 ふ の で あ る 。 日 本 再 建 は そ こ か ら だ と わ た し は 云 ひ た い 。 229 手 帖 抄

新潮【第百十四巻第一号】


は 、 戦 争 末 期 の 一 九 四 四 年 か ら 敗 戦 後 の 一 九 四 八 年 頃 ま で の 混 乱 期 で あ る 。 四 方 田 大 彦 が 、 「 彼 女 は 「 永 遠 の 処 女 」 と い う ニ ッ ク ネ ー ム を 与 え ら れ 、 が 提 唱 す る 民 主 主 義 啓 蒙 映 画 、 す な わ ち 「 ア イ デ ア 映 画 」 の 女 神 に 近 い 存 在 と な っ た 。 そ の 美 し さ は 正 義 の 美 し さ で あ り 、 個 人 主 義 と 自 由 の 美 し さ で あ っ た 。 ス タ 1 と し て の 原 節 子 の 神 話 化 が 完 璧 な も の と な っ た の は 一 九 四 九 年 で あ る 」 ( 『 日 本 の 女 優 』 二 〇 〇 〇 年 六 月 、 岩 波 書 店 ) と 指 摘 す る よ う に 、 敗 戦 後 の 原 節 子 は の 占 領 政 策 を 体 現 す る 存 在 だ っ た 。 だ が 、 彼 女 自 身 は 「 『 わ が 青 春 に 悔 い な し 』 の 撮 影 が 終 っ て 、 『 か け 出 し 時 代 』 ま で 十 カ 月 間 遊 び ま し た 。 こ の 時 期 が 私 に と っ て 経 済 的 に も 精 神 的 に も 苦 し ん だ 頂 点 で す 」 ( 「 私 の 歴 史 4 い つ ま で た っ て も ラ ブ シ ー ン は 苦 手 の 私 」 、 『 映 画 フ ァ ン 』 一 九 五 三 年 二 月 号 ) な ど と 回 顧 し 、 当 時 の 私 生 活 に つ い て 多 く を 語 ろ う と は し て い な い 。 こ こ に 紹 介 す る 「 手 帖 抄 」 は 、 そ ん な 彼 女 が 『 想 苑 』 ( 一 九 四 六 年 一 一 月 号 ) と い う 雑 誌 に 発 表 し た 随 筆 で あ る 。 こ れ ま で の 原 節 子 研 究 に お い て 一 度 も 紹 介 さ れ た こ と が な い こ と か ら 、 新 資 料 と 考 え ら れ る 。 当 時 の 原 節 子 は 東 宝 に 所 属 し て い た が 、 従 業 員 組 合 が 烈 し い 政 治 闘 争 に 突 人 し た こ と で 、 そ れ に 反 対 す る 俳 優 陣 が 「 十 人 の 旗 の 会 」 を 結 成 し て ゼ ネ ス ト へ の 反 対 声 明 ( 一 九 四 六 年 一 一 月 一 三 日 ) を 出 し 、 東 宝 を 離 れ る 事 態 に な っ て い る 。 自 分 ひ と り の 仕 事 で 多 く の 親 族 を 養 い 、 買 い 出 し に も 出 か け て 戦 後 の 食 糧 難 を 凌 い で い た 原 節 子 に と っ て 、 そ れ は 身 を 切 る よ う な 決 断 だ っ た は ず で あ る 。 「 手 帖 抄 」 は 、 そ う し た 状 況 に あ っ た 彼 女 が 新 聞 社 や 出 版 社 の 思 惑 と は 無 関 係 に 、 自 分 の 思 い だ け を 綴 っ た 貴 重 な 記 録 で あ る 。 2 雑 誌 『 想 苑 』 に つ い て 「 手 帖 抄 」 が 掲 載 さ れ た 『 想 苑 』 は 、 一 九 四 六 年 に 福 岡 県 久 留 米 市 の 金 文 堂 出 版 部 ( 戦 前 、 九 州 は も と よ り 中 国 ・ 四 国 地 方 、 朝 鮮 半 島 、 満 洲 に 幅 広 い ネ ッ ト ワ ー ク を 広 げ 、 一 九 三 六 年 六 月 に は 東 京 の 神 田 錦 町 に 東 京 出 張 所 を 構 え る ほ ど の 勢 力 を 誇 っ て い た ) が 発 行 し た 季 刊 雑 誌 で あ る 。 原 節 子 の 随 筆 「 手 帖 抄 」 が 所 収 さ れ た 第 一 一 輯 の 執 筆 陣 を み る と 、 武 者 小 路 実 篤 「 二 人 の 男 」 、 中 川 一 政 「 大 人 の 内 容 」 、 花 柳 章 太 郎 「 田 之 助 一 枚 絵 」 、 羽 仁 説 子 「 人 民 戦 線 世 話 人 会 の こ と 」 、 吉 田 絃 二 郎 「 武 蔵 野 に て 」 、 村 岡 花 子 「 人 生 競 技 」 、 丸 山 豊 「 地 球 」 な ど 、 各 界 で 活 躍 す る 著 名 人 へ の 依 頼 原 稿 が 数 多 く 掲 載 さ れ て い る 。 だ が 、 そ れ 以 上 に 注 目 し た い の は 、 原 節 子 の 文 章 を 挟 み 込 む よ う に し て 古 海 卓 一 一 、 原 田 種 夫 、 東 潤 、 火 野 葦 平 が 随 筆 や 小 説 を 書 い て い る こ と で あ る 。 彼 ら は 第 一 一 期 『 九 州 文 学 』 同 人 で あ る と 同 時 に 、 戦 争 末 期 に 結 成 さ れ た 西 部 軍 管 区 報 道 部 の 中 心 メ ン バ ー と し て 戦 意 高 揚 を 促 す た め の 宣 伝 活 動 を 行 っ た 人 々 で あ る 。 そ し て 、 こ の 報 道 部 に 劇 作 家 の 高 田 保 と と も に 東 京 組 と し て 加 わ っ て い た の が 、 原 節 子 を 映 画 界 に 導 き 、 と き に は 映 画 監 督 と し て 、 と き に は プ ロ デ ュ ー サ ー と し て 絶 大 な 影 響 力 を 持 ち 続 け た 義 兄 ・ 熊 谷 久 虎 な の で あ る 。 熊 谷 久 虎 は 、 一 九 四 〇 年 に 予 備 役 海 軍 大 将 ・ 末 次 信 正 を 塾 頭 と し て 創 設 さ れ た 思 想 団 体 ・ ス メ ラ 学 塾 に 加 わ っ て 国 粋 的 な 思 想 を 強 め 、 ユ ダ ヤ 人 謀 略 説 を 唱 え る と と も に 、 ス メ ラ 学 塾 の 芸 説 術 部 門 で 活 動 し た 人 物 で あ る 。 一 九 四 一 年 一 〇 月 、 原 節 子 を キ ャ ス ト に 加 え て 『 指 導 物 語 』

新潮【第百十四巻第一号】


も 、 考 え よ う に よ っ て は 安 売 り な の だ と 思 い ま す 。 「 芸 術 」 ま け に 僕 は と に か く こ の 人 の お か げ で 非 常 に 人 間 改 造 を さ れ を 「 資 本 」 の 側 に 売 り 渡 し た な ど と 言 い た が る 人 だ っ て 、 き て し ま っ た ん だ け れ ど も 、 僕 は 前 は 自 分 一 人 で 静 か に 本 を 読 っ と い た よ う に 思 う の で す 。 / で も 、 谷 川 さ ん は 、 平 っ ち ゃ ん で い る と か ね 、 静 か に 思 索 に 耽 る 、 あ る い は モ ー ツ ア ル ト ら み た い に 見 え ま す 。 ( 中 略 ) 私 の 知 っ て る 安 売 り 王 と い う を 聴 く と い う の が 僕 の 生 活 の 基 本 で 、 そ れ を 楽 し ん で い た わ の は 、 ひ と り は 橋 本 治 く ん で 、 も う ひ と り は 吉 本 隆 明 さ ん で け 。 そ れ が 今 、 う ち に は 熊 の よ う な ロ シ ア 人 が 一 人 い て 」 、 す 〉 そ の 母 親 と 八 畳 間 で 同 居 を 始 め 、 佐 野 の 息 子 の 友 達 、 そ の イ 佐 野 洋 子 と 佐 々 木 幹 郎 の 対 談 で は 「 サ ノ ・ ヨ ー コ と 谷 川 レ タ リ ア 人 の フ ィ ア ン セ ま で 常 に 出 人 り し て い て 、 「 だ か ら も ノ ン 」 の 日 常 が 俎 上 に 上 っ て い る 。 佐 野 の 友 人 と せ い ぜ い 一 う 雰 囲 気 が 全 然 変 わ っ て し ま い ま し た ね 」 と 谷 川 が ユ ー モ ア 時 間 し か 一 緒 に 過 ご せ な い で 「 石 み た い に な っ て 気 分 が 落 ち ま じ り に 嘆 い て み せ て い る 。 佐 野 は 「 そ れ が 人 の 暮 ら し っ て 込 ん で ゆ く 」 谷 川 を い か に 「 真 人 間 」 に し よ う と し て き た い う も の で す よ ( 笑 ) 」 。 さ ら に 、 「 こ の 人 に は モ 一 フ ル っ て も か 。 谷 川 も ど れ だ け 健 気 に 努 力 し て そ れ に 応 え た か 。 佐 野 の の が な い と 思 う ん で す よ ね 。 「 非 常 識 」 っ て い う の は 「 常 識 」 話 は 本 当 に 面 白 い 。 佐 々 木 は 、 「 父 の 威 厳 と か あ る い は 葬 式 が あ っ て 「 非 」 な ん で す よ ね 、 だ け ど こ の 人 は 「 無 常 識 」 」 。 ま で 全 部 を 足 で 踏 み 潰 し て か ら 、 父 あ る い は 父 の 死 そ の も の 「 子 供 の と き に 親 か ら 甘 や か さ れ て 保 護 さ れ て き て 、 あ と は を 突 き 放 す 距 離 の 取 り 方 で 、 情 を 見 せ る 、 も の す ご い 人 間 く 世 間 が こ の 人 を 甘 や か し た 」 と 手 厳 し い 。 そ れ で も 谷 川 は 最 さ さ 。 あ の 詩 の 、 あ あ い う 踏 み 潰 し 方 を 、 谷 川 さ ん は い ま ま 後 に 、 「 こ ん な に つ ま り 俺 の 本 質 を 突 い て 批 評 し て く れ た 人 で 詩 の 中 で や っ た こ と が な か っ た 」 。 佐 野 と の 「 戦 争 」 は 大 は い な い 」 。 「 そ れ だ け の 批 評 家 を 身 近 に 置 い て い る っ て い う 変 だ が 谷 川 の 作 品 は 力 強 く な り 、 「 底 が で き て き た 感 じ が す の は 大 変 な 贅 沢 で す よ ね 、 本 当 に 」 ( 『 ほ ん と の こ と 言 え ば ? 』 ) る 」 。 「 読 者 を ど ん ど ん 裏 切 っ て い る で し よ う 。 も の 書 き で 、 佐 野 は 九 六 年 の 離 婚 後 、 『 女 に 』 の 増 刷 を 許 さ ず ( 佐 野 が 一 一 こ ん な 老 い 方 を す る 人 は 珍 し い と 思 う 」 と 評 価 し て い る 。 洋 〇 一 〇 年 に 没 し た 後 、 復 刊 ) 、 自 身 の 著 作 物 か ら 谷 川 の 痕 跡 を 子 夫 人 の 胸 元 に は 全 長 十 セ ン チ を 超 え る ほ ど 巨 大 な ト カ ゲ の か な り 消 し て い る か ら 、 そ ん な 一 時 期 が あ っ た こ と を す で に プ ロ ー チ 。 「 五 月 の ト カ ゲ 」 の イ メ ー ジ の 元 は 、 も し か す る 人 々 は 忘 れ て い る か も し れ な い 。 そ れ で も 、 佐 野 と 人 籍 し た と こ れ だ っ た の か 。 の と ほ ぼ 同 じ 九 〇 年 六 月 号 の 「 現 代 詩 手 帖 」 に 発 表 さ れ た 先 に 挙 げ た 、 佐 野 と 谷 川 に よ る 公 開 対 談 の 記 録 か ら も 、 夫 「 世 間 知 ラ ズ 」 を な か っ た こ と に す る わ け に は い か な い 。 妻 の に ぎ や か な 生 活 が リ ア ル に 伝 わ る 。 徹 三 亡 き 後 、 「 ひ ど い と き に は う ち の 回 り に 五 台 外 車 が ガ ガ ガ ッ と 駐 車 し て い 自 分 の つ ま さ き が い や に 遠 く に 見 え る て 、 み た い な そ う い う 生 活 に な っ ち ゃ っ た わ け で す よ ね 。 お 五 本 の 指 が 五 人 の 見 ず 知 ら ず の 他 人 の よ う に