検索 - みる会図書館

検索対象: 能楽への招待

能楽への招待から 169件ヒットしました。

能楽への招待


り 世 界 中 に 公 開 さ れ て し ま っ た 秘 伝 書 と い え ま す 。 と こ ろ が 、 世 阿 弥 自 身 は 他 の 人 に 見 せ て は な ら な い こ と を つ ぎ の よ う に 強 調 し て い る の で す 。 家 ノ 大 事 、 一 代 一 人 ノ 相 伝 ナ リ ( 『 風 姿 花 伝 』 よ り ) か き よ う 此 道 を 顕 花 智 秘 伝 也 ( 『 花 鏡 』 よ り ) 此 一 帖 、 当 芸 習 道 之 秘 伝 也 。 爰 、 金 春 大 夫 、 芸 能 見 所 有 依 、 為 相 伝 所 如 此 。 正 長 元 年 六 月 一 日 も し ほ 草 か き 置 く 露 の 玉 を 見 ば 磨 く こ と 葉 の 花 は 尽 き せ じ ( 『 拾 玉 得 花 』 よ り ) 現 在 ま で に 発 見 さ れ て い る 世 阿 弥 の 芸 術 論 は つ ぎ の よ う な も の で す 。 そ れ ら の な か に は 手 紙 も あ り ま す 。 り く ぎ ふ う し か で ん か き よ う し か ど う ご き ゅ う い さ ん ど う の う さ く し ょ ふ し づ け し だ い ふ う き よ く し ゅ ・ つ ゆ う が く し ゅ 求 風 姿 花 伝 、 花 鏡 、 至 花 道 、 五 修 、 九 位 、 六 義 、 三 道 ( 能 作 書 ) 、 曲 付 次 第 、 風 曲 集 、 遊 楽 習 ど う ふ う け ん さ る が く だ ん ぎ き ん と う し よ し ゅ う き よ く と く か か し ゅ の う ち ぬ き か き お ん ぎ よ く く で ん ご お ん ぎ よ く の 道 風 見 、 申 楽 談 儀 、 金 島 書 、 拾 玉 得 花 、 一 一 曲 三 体 人 形 図 、 花 習 内 抜 書 、 音 曲 ロ 伝 、 五 音 曲 へ し よ う し よ う し ゅ ど う し ょ む せ き い っ し き や く ら い か 無 条 々 、 五 音 、 習 道 書 、 夢 跡 一 紙 、 却 来 華 、 金 春 大 夫 宛 書 状 147

能楽への招待


能 楽 へ の 招 待

能楽への招待


日 本 の 近 代 建 築 上 ・ 下 藤 森 照 信 宗 教 芸 術 フ ァ ッ シ ョ ン 森 英 恵 田 中 充 子 日 本 の 舞 踊 菅 野 博 史 渡 辺 保 法 華 経 入 門 フ ラ ハ を 歩 く エ ノ ケ ン ・ ロ ツ 。 ハ の 時 代 矢 野 誠 一 千 利 休 無 言 の 前 衛 赤 瀬 川 原 平 イ ス ラ ー ム 巡 礼 坂 本 勉 中 世 神 話 山 本 ひ ろ 子 日 本 の 近 代 化 遺 産 伊 東 孝 ひ ね く れ 中 村 廣 治 郎 東 京 再 発 見 茂 山 千 之 丞 イ ス ラ ム 教 入 門 伊 東 孝 狂 言 役 者 ー 半 代 記 新 宗 教 の 風 土 沢 浩 カ ラ ー 版 似 顔 絵 山 藤 章 二 マ リ リ ン ・ モ ン ロ ー 亀 井 俊 介 今 尾 哲 也 歌 舞 伎 の 歴 史 宣 教 師 ニ コ ラ イ と 中 村 健 之 介 岩 城 宏 之 楽 譜 の 風 景 明 治 日 本 ポ ビ ご フ ー 音 楽 の 世 紀 中 村 と う よ う ジ ャ ン メ ・ ダ ル ク と 蓮 如 大 谷 暢 順 服 部 幸 雄 書 歌 舞 伎 こ と ば 帖 あ る 映 画 監 督 新 藤 兼 人 蓮 五 木 寛 之 新 関 屋 晋 コ ー ラ ス は 楽 し い 波 日 本 人 と す ま い 上 田 篤 密 松 長 有 慶 教 岩 日 本 絵 画 の あ そ び 榊 原 悟 陶 磁 の 道 三 上 次 男 仏 教 入 三 枝 充 悳 高 橋 裕 子 イ ギ リ ス 美 術 水 墨 画 矢 代 幸 雄 嵐 芳 三 郎 役 者 の 書 置 き 」 ヨ ー ノ 絵 を 描 く 子 供 た ち 渡 辺 照 宏 民 次 お 経 の 話 ほ く の マ ン ガ 人 生 手 塚 治 虫 渡 辺 照 宏 名 画 を 見 る 眼 正 ・ 続 高 階 秀 爾 日 本 の 仏 教 穐 吉 敏 子 ジ ャ ズ と 生 き る 秘 境 の キ リ ス ト 教 美 術 柳 宗 玄 仏 教 〔 第 二 版 〕 渡 辺 照 宏 カ ラ ー 版 妖 精 画 談 水 木 し げ る ギ リ シ ア の 美 術 澤 柳 大 五 郎 カ ラ ー 版 幽 霊 画 談 水 木 し げ る 芥 川 也 寸 志 音 楽 の 基 礎 鈴 木 大 拙 禅 と 日 本 文 化 」 川 桃 雄 訳 ア メ リ カ の 心 の 歌 長 田 弘 ロ シ ア ・ ア ヴ ァ ン ギ ャ ル ド 亀 山 郁 夫 ( 2002.8 )

能楽への招待


士 の 説 を 要 約 し て み ま し よ う 。 小 中 村 清 矩 博 士 に よ れ ば 、 散 の 字 は 舌 内 音 に て 「 サ ヌ 」 と 言 う の が 正 音 で あ り 、 ヌ と ル は 同 じ 舌 音 に 通 じ る た め 、 散 楽 が 「 サ ヌ ガ ク ー か ら 「 サ ル ガ ク 」 に な ま っ た も の で あ る と い い ま す 。 以 降 、 多 く の 能 楽 の 研 究 者 が こ の 説 を 支 持 す る こ と に な り ま す 。 能 楽 研 究 の 草 分 け で あ る 能 勢 朝 次 博 士 も そ の ひ と り で し た 。 一 般 に 散 楽 は 、 奈 良 時 代 に 中 国 か ら 到 来 し た 曲 芸 的 な も の 、 あ る い は 雑 伎 で あ っ た と さ れ て い ま す 。 そ の 証 拠 と し て 、 正 倉 院 の 宝 物 に 「 弾 弓 散 楽 図 」 と い う も の が あ り ま す 。 弾 弓 の 柄 に 描 か れ た 大 道 芸 の 図 な の で す が 、 そ こ に は 太 鼓 を た た く 人 、 琵 琶 、 笛 、 お 手 玉 ( な ん と 六 つ 玉 で す ) 、 ハ シ ゴ の よ う な も の に 乗 る 軽 業 師 た ち が 描 か れ て い ま す 。 そ れ を 見 て も 大 変 な 技 能 集 団 で あ っ た こ と が わ か り ま す 。 散 楽 は 曲 芸 的 な 要 素 の み な ら ず 、 ま た 妖 術 的 な 要 素 も あ っ た の だ と い わ れ て い ま す 。 平 安 時 代 に な る と 、 散 楽 は い ろ い ろ に 分 化 さ れ て い き ま す 。 史 近 衛 官 人 の 演 じ る 相 撲 節 会 の 際 の 散 楽 の 近 衛 官 人 の 演 じ る 神 楽 の 際 の 陪 従 散 楽 楽 て ん じ よ う の え ん す い ヒ ヒ 貴 族 の 演 じ る 殿 上 淵 酔 の 散 楽 遊 宴 の 際 の 散 楽

能楽への招待


euruS 梅 若 猶 彦 著 能 楽 へ の 招 待 岩 波 新 書 823

能楽への招待


能 の 不 条 理 能 楽 の 演 目 に は 一 種 の 「 不 条 理 」 が っ き ま と い ま す 。 た と え ば 、 能 楽 が 『 平 家 物 語 』 と 同 じ く 「 語 り 」 の 芸 術 で あ る に も か か わ ら ず 、 そ れ と は ま っ た く 異 な る の は 、 語 っ て い る 本 人 が す で に 「 死 者 」 で あ る と い う こ と で す 。 こ れ が 能 楽 の 特 殊 な 抽 象 性 の は じ ま り で あ り 、 不 条 理 の は じ ま り で も あ る の で す 。 『 屋 島 』 と い う 曲 を み て み ま し よ う 。 義 経 の 亡 霊 が あ ら わ れ て 、 屋 島 の 合 戦 の よ う す を 語 り ま す 。 こ の 場 合 、 義 経 は 過 去 に お こ っ た 現 実 を 「 語 る 」 の で す が 、 そ れ に 対 し て ど こ ま で 振 付 す れ ば い い の か と い う 演 出 上 の 問 題 が 発 生 し ま す 。 な ぜ な ら 、 い ま お 話 し た よ う に 、 語 り 手 自 身 が こ の 世 に す で に 存 在 し な い 人 だ か ら で す 。 こ れ は 能 楽 が 内 包 す る 芸 術 的 な 問 題 点 、 つ ま り や っ か い な 部 分 で あ る と 同 時 に 、 深 淵 へ の 入 り 口 で も あ り ま す 。 能 楽 以 外 の 芸 事 で は 、 こ の 問 題 は あ ま り 深 刻 で は あ り ま せ ん 。 語 る 人 は 語 る 人 で あ り 、 そ れ に 振 付 が あ っ て も よ し 、 な く て も よ し 、 演 じ る 人 は 演 じ る 人 で 、 観 客 は そ の こ と を こ こ ろ え て い て く れ ま す 。 し か し 能 の 世 界 で は 、 語 り 手 本 人 が 死 者 で あ り 、 そ の 死 者 が 自 ら の 昔 話 を 追 体 験 し ま す 。 主

能楽への招待


目 次 ヒ ヒ く 育 楽 の 歴 史 芸 能 と は / 芸 能 と 芸 術 / 古 代 芸 能 か ら 猿 楽 、 田 楽 へ / 散 楽 / 田 楽 / 能 以 前 の 猿 楽 ー ー 咒 師 猿 楽 / 翁 猿 楽 / 世 阿 弥 が 語 っ た 田 楽 師 / 信 長 の 時 代 の 能 / 秀 吉 の 時 代 の 能 / 徳 川 三 代 時 代 の 能 / 明 治 維 新 の 能 4 表 現 体 ど し て の 身 体 「 型 」 と は 何 か / 型 の 信 仰 / 型 の 文 化 論 の 発 展 / 『 リ ア 』 で わ か っ た こ と / コ ー ヒ ー カ ッ プ の 身 体 性 / 身 体 の 負 荷 5 秘 云 を 伝 え る 「 型 附 」 と い う 秘 伝 書 / 『 融 』 の 型 / 身 体 性 の 伝 承 / 伝 承 の メ タ フ ァ ー の 例 . 一 / 齔 眤 の メ タ フ ァ 装 置 と し て の メ タ フ ァ ー / 伝 統 的 身 体 観 と オ リ ジ ナ リ テ ィ ロ 9 V11

能楽への招待


っ て は か ろ う と す れ ば 、 量 に は 余 る こ と に 気 づ く の だ 。 量 に は 余 る お こ な い で あ る か ら 、 け っ し て あ た る も の で は な い 。 量 で は 駄 目 で あ る 、 は か る こ と の 手 に お え な い の で あ る 」 。 こ れ は 『 正 法 眼 蔵 第 六 』 の 「 行 仏 威 儀 」 か ら の 引 用 ( 現 代 語 訳 Ⅱ 石 井 恭 一 一 、 河 出 書 房 新 社 ) で す が 、 こ の 公 案 そ の も の の よ う な 質 問 と 、 そ れ に 対 す る 答 え が 、 禅 師 と 能 楽 師 の あ い だ で 無 限 に く り か え さ れ る と き 、 ま た そ れ が 能 楽 の 芸 術 と し て の 形 成 期 で あ っ た な ら ば 、 こ の や り と り 自 イ か 、 能 の 根 幹 の 部 分 に 決 定 的 な 影 響 を 与 え る こ と は ま ち が い あ り ま せ ん 。 禅 師 も 身 体 の 修 業 者 で あ り 、 能 楽 師 も そ れ に 準 ず る 修 業 者 な の で す 。 舞 台 で の 立 居 振 舞 に つ い て の 質 問 に 対 す る 答 え は 抽 象 的 で あ り な が ら 、 か と い っ て 純 粋 な 精 神 論 で も な く 、 そ の 答 え は 質 問 者 に 返 っ て き た 後 、 能 楽 師 の 内 部 の 未 成 熟 な 技 法 と 接 合 す る よ う に で き て い る の で す 。 こ れ こ そ が 日 本 文 化 の 决 定 的 な 独 自 生 で あ り 、 能 楽 に も そ の こ と は 顕 著 に 見 ら れ ま す 。 こ の 接 ヘ ロ は あ る 意 味 で 能 楽 師 の 「 悟 り 」 と い え る か も し れ ま せ ん 。 禅 師 と の 抽 象 的 な 問 答 は こ う し て 、 能 楽 の 「 立 ち 合 い 能 」 に も 大 き く 貢 献 し た の に ち が い あ 求 り ま せ ん 。 「 立 ち 合 い 能 」 と は 室 町 時 代 、 そ れ ぞ れ の 猿 楽 の 座 が 将 軍 の 前 な ど で そ の 芸 を 競 い の あ っ た 、 一 種 の 芸 術 の 競 技 で あ り 、 つ い に 世 阿 弥 は 抽 象 的 な 観 念 か ら 勝 利 を 得 る ま で に い た っ 無 た の で す 。 そ れ が つ ぎ に 引 用 す る も の で す 。 141

能楽への招待


自 宅 で 毎 朝 飲 む コ ー ヒ ー と い う よ う な 日 常 性 も 認 め な い 」 。 こ の よ う な 状 况 下 で は 、 心 理 描 写 を も と に し た 演 技 で は 、 物 語 の な い こ と か ら 「 や り に く い 」 所 作 と な る で あ ろ う し 、 か と い っ て 安 易 に コ ー ヒ ー を 飮 ん で し ま え ば 日 常 性 と い う 凡 庸 さ が 顔 を 出 す こ と に な り ま す 。 「 単 純 な も の が も っ と も 難 し い 」 と い う 黄 金 律 が 、 こ の ゲ ー ム の 形 式 な の で す 。 「 二 人 は そ れ ぞ れ 左 手 に コ ー ヒ ー カ ッ プ の ソ ー サ ー 、 右 手 で カ ッ プ の 取 っ 手 を も ち 、 こ れ か ら コ ー ヒ ー 飲 み の ゲ ー ム を は じ め る 」 。 こ ん な 状 況 を 設 定 し て み ま し た 。 そ の う え で 、 能 楽 の 達 人 と 。 ハ ン ト マ イ ム の 達 人 の し ぐ さ に 、 ど れ だ け の ち が い が あ る で し ょ 能 楽 師 が 芸 術 的 に コ ー ヒ ー を 飲 む と し た ら 不 カ ( し た い こ と は 、 能 楽 師 が 舞 台 の 上 で コ ー ヒ ー を 飮 む と し た ら ど ん な ふ う に な る の か と い う 、 能 楽 の 役 を 通 し て の 表 現 の 話 を し て い る の で は あ り ま せ ん 。 能 装 束 を 着 て 、 能 面 を か け て 、 役 柄 に 沿 っ て お こ な う 演 技 と は 無 関 係 の 話 で す 。 同 様 に 、 も う ひ と り の プ レ ー ヤ ー で あ る 。 ハ ン ト マ イ ム の 達 人 が 、 観 客 に 「 私 は い ま コ ー ヒ ー

能楽への招待


い ま す 。 能 舞 台 に 身 体 が 向 き あ っ た と き 、 融 合 す る と い う よ り 、 身 体 が 何 も な い 空 間 を 独 占 す る 必 要 が あ り ま す 。 で す か ら 能 楽 師 は 自 分 の 肉 体 よ り も 寿 命 の 長 い 文 化 財 で あ る 能 舞 台 に 対 し て 、 身 体 の 優 位 性 を 意 識 し な け れ ば な ら な い の か も し れ ま せ ん 。 こ の と き 能 楽 は 驚 く べ き 芸 術 と な る の で す 。 能 舞 台 に 乗 る の が た だ う れ し く て し か た が な い の は 能 楽 オ タ ク で し か な く 、 か と い っ て 能 舞 台 を 軽 視 す る の は 歴 史 を 否 定 す る 行 為 で あ り 、 こ れ も 鼻 持 ち な り ま せ ん 。 こ の よ う に 身 体 と 能 舞 台 と の 関 係 は 不 思 議 な も の で す 。 そ れ に く ら べ て 作 物 は ど う で し よ う か 。 そ の 軽 す ぎ る 存 在 は 身 体 と ど う か か わ っ て い る の で ー し ょ , っ 0 身 体 と 作 物 と で は 優 位 性 も な に も な い で し よ う 。 身 体 の 優 位 性 は 誰 の 目 に も 明 ら か で す 。 能 楽 師 は 、 荘 厳 な 舞 台 上 で 、 蹴 飛 ば し た ら 飛 ん で い っ て し ま う 作 物 の か た わ ら で 舞 う わ け で す 。 こ れ は ま る で 人 間 の 手 で は 割 る こ と の で き な い ヤ シ の 実 ( 能 舞 台 ) と 、 ひ び の 入 っ た 卵 ( 作 物 ) を 同 時 に あ っ か う よ う な も の で す 。 作 物 に 対 す る 配 慮 は 、 貴 重 な 物 を こ わ さ な い よ う に す る 配 慮 と は 異 な り 、 安 物 を こ わ れ 物 の よ う に 大 切 に あ っ か う こ と で あ り 、 こ れ は 何 と な く 奇 妙 な も の で は な い で し よ う か 。 こ の 身 体 と 作 物 と の 関 係 は 、 能 楽 以 外 で は 見 ら れ な い 不 田 」 議 な 関 係 の よ う に も 思 え ま す 。