腎臓 - みる会図書館


検索対象: 全ての本
14364件見つかりました。

1. 日本語検定公式4級過去・模擬問題集 平成19年度版

つわもの たもの。「一騎当千の兵」 ・三三五五・ : 同じようなことをする人たちが、三人、五人とかたまっている様子。「スポーツ大会終了後、 0 三三五五、帰宅した」 ・七転八起 : ・四字熟語としては「しちてんはっき」。「七転び八起き」と同じ。 ・千客万来・ : かわるがわる多くの客が来て、絶え間のないこと。「この店は、千客万来という評判だ」 ・一日千秋 : ・待ち遠しいことや、非常に思い慕うこと。「一日千秋の思い」 定 ・二転三転 : ・内容や成り行きなどが二度、三度と変わること。「会議が紛糾し、方針案が二転三転した」 ほ′ー、そ・つ 」しよく ・一刻千金 : ・楽しい時や大切な時が過ぎ去るのを惜しんでいう。北宋の詩人、蘇軾の詩「春宵一刻値千金」によ ・万有引力・ : 質量を有するすべての物体間に作用する引力。 ・八方美人・ : だれに対してもいい顔をする人のこと。また、どの方向から見ても美人な人のこともいう。「彼は 八方美人で、だれとでも調子よく付き合っている」 ごぞうろつぶ さんしよう、よ - っこ・つ ・五臓六腑・ : 五臓は、肺臓・心臓・脾臓・肝臓・腎臓。六腑は、大腸・小腸・胆・胃・三焦・胱。「五臓六腑 にしみわたる」 ひぞう しゅんしよう

2. 日本大百科全書 12

胸腔・腹腔に 位置する内臓 ( 2 ) 心臓 , 肝臟 , 胃および大部 分の小腸と横行結腸は除去 してある。本図では , おも に十二指腸 , 膵臓 , 脾臓の 関係を示した 胸腔・腹腔に 位置する内臓 ( 3 ) 肺 , 腹腔の大部分の消化管 は除去してある。本図では , おもに副腎 , 腎臓および尿 管の形状 , 位置 , 走行を示 総頸静脈 鎖骨下動脈 気管 気管 食道 鎖骨 腕頭動脈 気管と食道の断面図 肋骨 上大静脈 右気管支 肋間動・静脈 大動脈弓 左気管支 胸大動脈 食道 食道 上葉 上葉 右肺中葉 下葉 左肺 奇静脈 下葉 噴門 大動脈裂孔 左副腎 腹腔動脈 膵臓尾部 脾動脈 脾臓 左腎臓 腹大動脈 左精巣 ( 卵巣 ) 動・静脈 下行結腸 下腸問膜動脈 食道裂孔 ( 横隔膜 ) 噴門 左副腎 大動脈裂孔 ( 横隔膜 ) 腹腔動脈 上腸問膜動脈 左腎臓 肝静脈 下大静脈 横隔膜 右副腎 右腎臓 十ニ指腸 膵臓頭部 肝静脈 横隔膜 右副腎 総肝動脈 右腎臓 気管支の構造 肺胞の構造 下大静脈 腹大動脈 下腸問膜動脈 左精巣 ( 卵巣 ) 動・静脈 左尿管 大腰筋 左総腸骨静脈 尿管 大腰筋 上行結腸 右精巣 ( 卵巣 ) 動・静脈 右尿管 右総腸骨動脈 盲腸 直腸 虫垂 右外腸骨動脈 右外腸骨静脈 膀胱 左総腸骨静脈 回腸 ( 回盲部 ) S 状結腸 右総腸骨動脈 腸骨筋 右外腸骨動脈 右外腸骨静脈 膀胱 左内腸問動脈 直腸 624 623

3. 話すための英語 日常会話編 下

①心臓 ②肺 ③胃 ④小腸 ⑤大腸 ⑥十ニ指腸 ⑦直腸 ⑧結腸 ⑨腎臓 ⑩脾臓 ⑩膵臓 ⑩胆のう ⑩肝臓 ⑩脳 ⑩大脳 ⑩小脳 ⑩前頭葉 ⑩脊髄 a て亡 5 からだの各器官 (organs of the body) heart lung stomach small intestines CboweIs] large intestines [bowels] duodenum 【 d ノⅱ : adf:nam 】 rectum COlon kidney spleen pancreas gall (bladder) , cholecyst liver brain cerebrum 【 sorf:bram 】 cerebellum 【記 rabélam 】 frontallob e spinal cord 13 9

4. ニューワイド学研の図鑑 12

からだのつくり ないそう 0 内臓のならび方 どうたいなかおうかくまく きんにくまく 胴体の中は横隔膜という筋肉の膜で上下ふたつの へやきようこう 部屋にしきられています。上の部屋 ( 胸腔 ) には肺と ちょうすいぞう しんぞう 心臓が、下の部屋には肝臓をはじめ胃や腸、膵臓、 じんそう 腎臓などがおさまっています。からだの表面とはち なかさゆうたいしよう がい、からだの中は左右対称ではありません。 じようげ 頭には脳をはじめとして目、耳、鼻などの感覚器がありますが、そ ぶぶん とうたい れ以外の重要な臓器はすべて胴体 ( 頭と手足をのぞいた部分 ) におさ ろっこっ められています。胴体の上の部分、つまり胸にある肺や心臓は肋骨と しようかきかん ほねまも ぶぶん じよう いうかご状の骨で守られています。腹の部分にはおもに消化器官であ ちょうすいぞうかんぞう る胃や腸、膵臓、肝臓などが入っています。 てあし いがい あたま じようよう うえ かんぞう ぶぶん うえ ひょうめん はら はい しよせい なか 0 からだの中のようす ( 女性 ) こうとう 喉頭 こうじようせん 甲状腺 みぎはい 右肺 ひだリはい 左肺 しんぞう 心臓 ろっこつだんめん 肋骨の断面 横隔膜 肝い胃 ひ脾腎 おうかくまく 皮下脂肪 だいちょう 大腸 せきつい 脊椎 ( 背骨 ) 骨盤 せはね だいちょう 大腸 しようちょう 小腸 こつばん らんそう 卵巣 しようちょう 小腸 虫垂 たいもう 大網 らんかん 卵管 子宮 ちゅうすい しきゅう ーまうこっ 膀胱 ちよくちょう 直腸 いちかんけい ないぞう ないぞうせん 横から見た内臓内臓の前後の位置関係がよくわ ちょうかんまく かります。腸ははらはらにならないように腸間膜 という膜で後ろからつり下けられています。 ろっこっ ないそう 正面から見た内臓胸の部分をおおっている肋骨 しようちょうだいちょう はいしんぞう を取りのぞくと肺や心臓が見えます。小腸や大腸 たいもう は大網という膜でおおわれています。 しようめん ちょう せなか だいちょう しようちょうちょうかんまく 大腸や小腸は腸間膜によって背中のほうからつり下げられているだけのひかく的自由に動く臓器です。

5. 日本大百科全書 4

かいるい 頭足綱 膵臓 掘足綱 側神経節 脳神経節 ロ腔 前ロ 足部神経節 平衡胞 ロ球神経節 腹足綱 腎臓 貝殻 生殖腺 外套膜 外套腔 中腸腺 排出孔 肛門 内臓神経節 肝臓 唾液腺 頭軟骨 脳 ロ球 顎板 「一一 - 触腕 歯舌 漏斗弁 漏斗 頭部静脈 肛門 貝殻 生殖巣 0 0 0 0 墨汁嚢 胃盲嚢 えら心、臓 . 心臓 腎臓 歯舌 殻径 ( 殻幅 ) 外套膜 んら F. W. Lane(1957) よリ 生殖腺 後大動脈 内臓神経節 - 卵管 んら 鰓下腺 嗅検器 上方 ( 後 ) 腎臓 胎殻 ( 原殻 ) 螺塔 し , 受精嚢 次体層 縫合 縦張肋 成長線 後溝 内唇 殻ロ 軸唇 軸襞 外唇 臍孔 月冓 ( 水管溝 ) 中腸腺 周縁 売高 ( 殻長 ) 殻軸筋 肋溝部 螺螺頸 水管 外套膜縁 肛門 生殖孔 脳神経節 平衡胞 体層 殻底 縫帯 側神経節 足部神経節 J. Lever(1979) よリ 下方 ( 前 ) ⑤掘足綱 ⑥ニ枚貝綱 ⑦頭足綱 748

6. 中国語

清用手指遂里。 60 0 0 0 0 0 4 の 6- SHiYö 出血しています チュシュエラ 出血了。 ロ l'm bleeding. 寒気がします ヨーディエンファレン 有点冷。 ロー have a chill. かゆみがあります ヨーティエンヤン 有点痒。 ロー feelitchy. ) 下痢をしています ヨーティエンフシェ 有点腹汚。 ロー have diarrhea. 症状 トン ~ が痛いです 清用手指里。 ・肺 肺 フェ ウェ ・腸 肪ー・扁桃腺 扁桃腺 チャン : ヒ工ントウシェンい ・肛門 肛冂 ガンメン Picture dictionary 内臓 ・気管 气管 チグアン ・心臓 心賍 シンサ、ン 1 ・肝臓 ・盲腸 肝賍 盲肪 ガンザン マンチャン : ・膵臓 ・腎臓 胥賍 胆 ダン ンエンサ、ン トラブル 病気・けが 177

7. 日本大百科全書 12

胸腔・腹腔に 位置する内臓 ( 1 ) 本図では大網 ( 膜 ) は除去し てある。心臓の部分は左右 の肺の中隔部にあり , 透視 した図として示した ロ腔 呼吸器系 , 消化器系 , 泌尿器系と生殖器系 ( 一部 の内分泌系 ) を総称して内臓という。脳 , 心臟 , 脾臓なども内臓器官であるが , それぞれ神経系 , 鼻腔 循環器系に含めて考えられる。 内臟には , 細胞充実性の実質性臓器と , 内部に中 耳管咽頭ロ 腔 , あるいは嚢をもつ中腔性臓器とがある。前者 の例は肝臓 , 腎臓などで , 後者の例は鼻腔から気 道を構成する諸器官 , ロ腔から肛門に至る消化管 , 膀胱 , 精管 , 卵管 , 子宮などである 。構成 , 監修 : 嶋井和世 , 上見幸司 イラスト : ・ワイ・ディー 森計哉 人 体 咽頭 喉頭 食道 腕頭動脈 大動脈弓 肺動脈 気管 上大静脈 心臓における血液の流れ 上葉 右肺 中葉 下葉 斜裂 ( 葉問切痕 ) 心尖 上葉 食道 左肺 膵臓 肝臓 下葉 胆嚢 肝鎌状問膜 肝臓 ( 右葉 ) 横隔膜 脾臓 肝臓 ( 左葉 ) 横行結腸 大腸 胆嚢 結腸ヒモ 小腸 消化器系の臓器 空腸 上行結腸 本図はルネ 、ス期に正確な解剖図譜 礎的学問の揺籃期を象徴している。その を残したレオルド・ダ・ビンチの「人 後 , 人体に関する生物科学の基礎をなす 体比例図」模写である。 1485 ~ 90 年こ 解剖学と生理学 ( 人体の構造とその構造 ろの作と仁えられるが , この図に見入っ 物の機能を研究する学問 ) が成長し , そ た人は , がて指極 ( 左上肢の指先から して花開き , 実を結んできた。 , を肢旨先まで ) が身長と等しく , 全 人体の大部分は , 4 種類のより小さな 面の長さ ) が身長の 8 分の 1 , 単位から構成されている。すなわち , 細 肩峰幅、 ( 肩幅 ) が身長の 4 分の 1 に相当 胞 , 組織 , 器官 , 系である。細胞は人体 するとし , 体の中心を恥骨結合部に求め が生命を維持するうえでの最小単位であ た彼の手法に気づくであろう。美しく均 り , 成人の場合 , その数はおよそ 100 兆 整のとれた男子をモデルにした本図は , 個であるといわれている。組織は同種の 人体の複雑な仕組みを解明するための基 細胞が多数集合したものであり , これら がさらに複雑な単位をなして , 器官をつ くっている。系はさまざまな種類の器官 がいくつか集まって一定の配列をなした もので , 人体の複雑な機能を遂行してい 人体にお、けるおもな系は次のようにな る。すなわち , 骨格系 , 筋系 , 神経系 , 内分泌系 , 循環器系 , 呼吸器系 , ・消化器 系 , 、泌尿器系 , 感覚器系 , および生殖器 系である。 こでは , その主要なものを 示した。 く嶋井和世 , 上見幸司 > 小腸の横断面 回腸 膀胱 大腸 ( 結腸 ) の横断面 617 618

8. SFマガジン 1985年5月号

エーション・タイ。フがあるらしいが、人工心臓に加え 様々なパリ というべきだった。 蒸気のなかをナース・ロポットが急いで走 0 ていった。病室 = = て、人工腎臓システム、人工膵臓システムがセットされている機種 ー。フロフェが普及型のようだった。 ットが通路を避け、電話ポックスが壁に引っ込んだ。 濾過透析装置を備え、血糖値を測定する装置や、様々な ( たとえ ッショナルな泣き女たちの声も聞こえなくなっていた。 ばインシ、リンとか、グリコーゲンだ ) 溶液を注入するポン。フなど それまでの喧噪が嘘のように、通路はしんと静まりかえった。だ ・、完備していて、それがすべてコン。ヒ、ータに制御されているのた れかが喋ろうとするのを、べつのだれかがシッと黙らせた。 ポンヤリと影が浮かびあがり、それがしだいに迫り出してきた。 ステ•—ジ ここで大急ぎで断っておくのだが、もちろん医療ロポット・チ = 蒸気が流れた。霧の夜のヘッドライトを想いだした。 アを見たのは、これがはじめてではない。街で何度も見かけたこと が通路をいつばいにしめて、ゆっくりと前進してくるのだった。 ステージは磁気浮上型で、床から三十センチほど浮かびあがってがあった。 ただ、いま救急情報センターの通路を進んでくるロポット・チェ いた。やや青みをおびた徴光を放っているのが、なにか霧がただよ アには、なにか異様な気配のようなものを感じたのだ。その異様な っているようだった。 チェア ステージのうえには、やはり磁気浮上型の医療ロポット・ 気配が、・ほくをたじろがせたのではなかったか。違うだろうか ? 少なくとも、・ほくがこれまで見た医療ロポット・チェアには、エ が浮かんでいた。 ・ほくにはそのロポット・チ = アが非常に印象的なものに感じられレクトロ = クスとプラスチック血管がこうまで複雑に錯綜している ものはなかったのではないか。 たのだ。強烈なインパクトを受けたといってもいい。何故か ? さて、ここでまた ( 精神障害のために警察官を辞めざるを得なか医療エレクトロニクスがここではほとんど超現実的なガジェット った・ほくの ) 社会復帰に努めるリ ( ビリテーションを、自分自身にと化していた。そうしたものに繭のように包まれ、まったく人間の 課さなければならないのだ。すなわち、すべてを描写しなければな姿が見えないのだ。 らない。 心臓、肝臓、膵臓、腎臓 : : : そうした内臓器官ばかりではな く、眼、耳、鼻などの感覚器官もすべてエレクトロニクス化されて そのロポット・チェアをできるかぎり緻密に描写したいと思う。 とはいっても、・ほくには医療エレクトロニクスの知識はほとんど装着されている。ホルモン、リン。 ( 液などの内分泌系、。フラスチッ クの血管までが完璧に装備されているのだった。 ない。結局は、— 0-4 が発行している説明。ハンフレットのカタロ ロ・ホット グ・データをそのまま書き写すことになるかもしれないのだが。 もちろん、これがロポットであれば何のふしぎもない。 ロいット・ チェアは基本的には人工心臓駆動装置を内臓した ・チェアに収まっているにしても、それはやはり人間に違いなく、 医療エレクトロニクスである。 そのために違和感を覚えるのだ。 7 7

9. ニューワイド学研の図鑑 12

からだのつくり ひと あしつまさき 人のからだは、頭から足の爪先まで、たいせつな器 官でみたされています。頭にはからだのすべてをつかさ しんぞうはい ぶぶん どる脳、胸には心臓や肺、腹の部分には肝臓をはしめ しよくもっしようか かんけい とするおもに食物の消化に関係した臓器がつまってい うであし きんにく ます。腕や脚には筋肉がめだち、からだの中央はじよ うぶな骨がささえています。 かんぞう むね ちゅうおう ほね だんせい よこほうこうだんめんうで ↓男性のからたの横方向断面腕 きんにくあか や脚の筋肉が赤つばく、皮下脂肪 ひょうめんちか が表面近くに白く見えています。 むなはら 胸と腹に、肺、腎臓などの臓器が 見えます。 脾臓 腎臓 だいのう 大脳 皮下脂肪 かんぞう せきついだんめん 肝臓 脊椎の断面 肺 だんめん 頭部の断面 はな たんめん きようふ しんぞう 心臓 胸部の断面 だいのう ←頭部を横に切ったところ大脳 と目と鼻の断面が見えています。 目からの神経のたはが、脳につな がっているのが見えます。 だんめん とうぶ はな しんけい しよくどう だいのう 大脳 食道

10. ニューワイド学研の図鑑 12

しよせい 0 からだのおくのようす ( 女性 ) ちょう ・胃や腸を取リさったところ たんめん 肺や心臓は断面です。胃の下には 膵臓、そのおくに腎臓が見えます。 ないけいしようみやく しよくとう 食道 内頸静脈 総頸動脈 気管 そうけいとうみやく みぎはいだんめん さいきかんし 右肺の断面 細気管支 肺静脈 はいしようみやく 脂肪組織 肺動脈 はいどうみやく しんぞうだんめん 心臓の断面 だいとうみやく 大動脈 おうかくまく 横隔膜 しよくとう 食道 脾臓 ふくしん 副腎 すいぞう 膵臓 しんぞう 腎臓 しゅうにしちょう 十ニ指腸 かだいしようみやく にようかん 下大静脈 尿管 そうちょうこつどうみやく ふくだいどうみやく 総腸骨動脈 総腸骨静脈 腹大動脈 そうちょうこつじようみやく らんそう 卵巣 らんかん しきう 卵管 子宮 膀胱 ちよくちょう 直腸 むわろっこつまも おな 胸は肋骨で守られていますが、腹部に同じような骨はありません。そのおかげで、からだを前後に曲げたり、左右にねじったりできるのです。