検索 - みる会図書館

検索対象: 舊漢字―書いて、覺えて、樂しめて

舊漢字―書いて、覺えて、樂しめてから 298件ヒットしました。

舊漢字―書いて、覺えて、樂しめて


舊 漢 字 ー ・ ・ ・ ー 書 い て 、 覺 え て 、 樂 し め て ◎ 目 次

舊漢字―書いて、覺えて、樂しめて


舊 漢 字 書 い て 、 覺 え て 、 樂 し め て 萩 野 真 樹 文 春 新 書 579

舊漢字―書いて、覺えて、樂しめて


は じ め に 練 ~ 灰 ・ ↓ ( 練 炭 ) ↓ 煉 炭 さ て 、 今 度 こ そ ど う ぞ 舊 漢 字 の 世 界 へ 。 お 樂 し み を 。

舊漢字―書いて、覺えて、樂しめて


新 字 體 し か 知 ら な い の で は 少 し 前 の も の は 讀 む こ と も で き な い ぢ ゃ な い か 、 と い ふ 、 ま あ 大 袈 裟 に 言 へ ば 「 危 機 感 」 の ご と き も の が 私 な ど に は あ っ て 、 そ れ で こ ん な 本 も 書 く こ と に な っ た の で す が 、 そ れ は そ れ と し て 一 方 、 新 字 體 が 讀 め さ へ す れ ば 讀 む の に は 何 の 問 題 も な い と い ふ 舊 字 體 も た く さ ん あ り ま す 。 は や い 話 が 本 書 の 題 名 は 『 舊 漢 字 ー ー 書 い て 、 覺 え て 、 樂 し め て 』 な の で す が 、 こ の 「 漢 」 の 字 、 こ れ が 讀 め な か っ た 人 は な い と 思 ひ ま す 。 し か し こ れ は 舊 字 體 な ん で す 。 形 が 變 っ て ゐ る 。 今 新 聞 雜 誌 で ふ だ ん 見 て ゐ る 字 は 「 漢 」 で す 。 舊 字 は 「 漢 」 で す 。 違 ひ ま す ね 。 「 惡 」 の 頁 に は 語 の 例 と し て 「 惡 寒 」 と い ふ 語 が 見 え ま す 。 こ の 「 寒 」 は 舊 字 で 、 新 字 で は 「 寒 」 で す 。 い っ た い ど こ が 違 ふ の か よ く 注 意 し て 見 な い と 分 ら な い そ の ほ か 例 へ ば 「 内 」 が 「 内 」 に な っ て ゐ た り 、 「 道 」 が 「 道 ー に な っ て ゐ た り と 、 目 立 た ぬ 改 變 が い つ ば い あ る 。 な ん で こ ん な つ ま ら ぬ 改 變 が ほ ど こ さ れ た も の か 、 考 へ て み れ ば 不 思 議 で す が 、 國 語 問 題 に 詳 し い 評 論 家 土 屋 道 雄 さ ん に よ る と 、 常 用 漢 字 千 九 百 四 十 五 字 の う ち 、 數 へ 方 に も よ る で せ う が 新 舊 字 形 の 違 ふ も の が 五 百 四 十 五 字 あ る と の こ と で す 。 見 た 目 に ほ と ん ど 違 は な い も の は 、 ほ か に は こ ん な も の が あ る 。 か ぞ

舊漢字―書いて、覺えて、樂しめて


萩 野 貞 樹 ( は ぎ の さ だ き ) 昭 和 十 四 年 秋 田 生 れ 。 一 橋 大 學 法 學 部 卒 業 。 元 産 能 大 學 敎 授 ( 國 語 學 ) 。 高 校 時 代 か ら ほ ば 舊 か な 舊 漢 字 に 從 ふ 。 大 學 生 の こ ろ 田 恆 存 「 私 の 國 語 教 室 」 熱 讀 。 直 ち に 「 國 語 問 題 協 議 會 」 に 入 會 し 、 輻 田 恆 存 、 時 枝 誠 記 等 の 謦 咳 に 接 す る 。 昭 和 四 十 五 年 、 「 辻 村 敏 樹 氏 の 敬 語 説 へ の 疑 問 」 で 「 月 刊 文 法 賞 」 受 賞 。 昭 和 四 十 六 年 、 「 人 間 敎 育 論 を め ぐ っ て 」 で 「 自 由 新 人 賞 」 受 賞 。 主 な 著 書 に 、 「 歪 め ら れ た 日 本 神 話 」 「 ほ ん と う の 敬 語 」 (PHP 新 書 ) 「 旧 仮 名 づ か ひ で 書 く 日 本 語 」 ( 幻 冬 舎 新 書 ) ほ か 。 き う か ん じ 舊 漢 字 文 春 新 書 579 書 い て 、 覺 え て 、 樂 し め て お ほ か 2 開 7 年 ( 平 成 19 年 ) 7 月 20 日 第 1 刷 発 行 著 者 発 行 者 萩 野 貞 樹 細 井 秀 雄 発 行 所 文 藝 春 秋 〒 102 ー 888 東 京 都 千 代 田 区 紀 尾 井 町 3 ー 23 電 話 ( 03 ) 3265 ー 1211 ( 代 表 ) 印 刷 所 付 物 印 刷 製 本 所 理 想 社 大 日 本 印 刷 大 口 製 本 定 価 は カ バ ー に 表 示 し て あ り ま す 。 万 一 、 落 丁 ・ 乱 丁 の 場 合 は 小 社 製 作 部 宛 お 送 り 下 さ い 。 送 料 小 社 負 担 で お 取 替 え 致 し ま す 。 ⑥ Hagino Sadaki 2 開 7 Printed ⅲ J apan ISBN978 ー 4 ー 16 ー 660579 ー 8

舊漢字―書いて、覺えて、樂しめて


は 、 り . い ~ 思 ひ 起 す と 昭 和 二 十 年 代 、 私 な ど が 小 學 校 や 中 學 校 の こ ろ は 、 目 に す る 小 説 ・ 物 語 の 類 は ほ と ん ど 全 部 が 舊 字 舊 假 名 で し た 。 新 聞 な ど は 「 新 表 記 」 で し た が あ ま り 讀 ま な か っ た の で 、 讀 む も の は た い て い 舊 字 舊 假 名 だ っ た わ け で す 。 け れ ど も 當 時 の 少 年 少 女 は ほ と ん ど 何 の 抵 抗 も な く 讀 ん で ゐ ま し た 。 そ れ が 今 で は い 、 し 年 を し た 大 人 た ち ま で が す ゐ ぶ ん 難 澁 し て ゐ る や う で す 。 し か し 、 た か が 舊 漢 字 ご と き に ひ け め を 感 じ て 過 す の も つ ま ら な い 話 で 、 ど う せ な ら 一 日 二 日 で 全 部 お ほ え て し ま は う と い ふ の が こ の 本 で す 。 ど う で す か 。 も う 大 丈 夫 な ん ぢ ゃ あ り ま せ ん か 。 例 文 な ぞ り 書 き は 明 日 ま た 續 け る に し て も 、 舊 漢 字 そ の も の の 讀 み 書 き は だ い た い 大 丈 夫 ぢ ゃ な い で せ う か 私 は 、 大 學 入 試 の 時 の 答 案 も 舊 字 舊 假 名 で や っ た と い ふ 武 勇 傳 ( ? ) を 持 っ て ゐ て 、 2 ) 4

舊漢字―書いて、覺えて、樂しめて


か こ ふ こ ふ と あ れ ば 假 名 を 見 た だ け で あ る 程 度 見 當 が っ き ま す 。 そ の 點 で 舊 假 名 の 方 が こ の 場 合 分 り や す い の で す 。 そ ん な こ と で 舊 假 名 で や っ て み ま し た 。 、 、 へ つ に 抵 抗 は な い だ ら う と 思 ひ ま す 。 最 初 の 一 ペ ー ジ ぐ ら ゐ は 少 し 氣 に な る か も し れ ま せ ん が す ぐ 慣 れ ま す 。 ご 安 心 く だ さ い 。 で は ど う ぞ 舊 漢 字 の 世 界 へ 。 ぞ ん ぶ ん に お 樂 し み く だ さ い ち ょ っ と そ の 前 に あ 、 そ の 前 に い は ゆ る 舊 漢 字 の 字 體 、 字 形 と い ふ こ と に つ い て 一 つ 二 つ 、 あ る い は 三 つ ふ ほ ど 、 觸 れ て お き た い こ と が あ り ま す 。 ご ぞ ん じ の や う に 「 新 字 体 」 と い ふ の は 昭 和 二 十 一 年 十 一 月 に 出 さ れ た 「 当 用 漢 字 」 に つ い て 、 昭 和 二 十 四 年 四 月 に な っ て 告 示 さ れ た 「 当 用 漢 字 字 体 表 」 の 字 體 を い ひ ま す 。 私 の こ の 本 で 最 初 の 見 出 し 字 は 「 惡 」 三 二 頁 ) で す ね 。 こ れ を 「 悪 」 の 形 に 變 へ た 。 隨 分 め じ 形 が 變 っ て ゐ ま す 。 次 の 見 出 し 字 「 壓 」 な ど は 「 圧 」 と 、 原 形 を と ど め ぬ ば か り に 變 形 さ せ ら れ て ゐ ま す 。 て ん

舊漢字―書いて、覺えて、樂しめて


に わ ざ わ ざ 新 字 を 作 る ま で も な か っ た ら う に 、 と い ふ 感 想 が ど う し て も 浮 ん で し ま ひ ま す 。 そ れ は そ れ と し て 、 舊 字 、 舊 漢 字 と い っ て も こ の 程 度 の も の だ と 思 へ ば 、 ひ と ま づ 氣 樂 と い ふ も の で は な い で せ う か こ れ ら に つ い て は 、 卷 末 の 索 引 に な る べ く た く さ ん 擧 げ て お き ま す 。 例 へ ば 「 冬 」 と い ふ 字 に は 舊 字 體 が あ る の だ ら う か と 思 っ た ら 索 引 の 「 ふ ゅ 」 の 項 を 見 て く だ さ い 。 「 冬 」 が 出 て ゐ ま す 。 「 ト ウ 」 の 項 で も 見 る こ と が で き ま す 。 こ の 索 引 は 便 利 だ と 思 ひ ま す よ 。 し よ っ ち ゅ う 引 い て み て く だ さ い 。 本 文 で 見 出 し に 立 て た 字 に つ い て は 該 當 頁 を 示 し て あ り ま す 。 デ ザ イ ン な ど の こ と た し か に 字 形 の 違 ふ 二 種 の 文 字 が あ っ て も 實 は 新 舊 の 違 ひ と は 言 へ ず 文 字 デ ザ イ ン 、 文 字 表 現 の 差 に す ぎ な い と い ふ も の に も 觸 れ て お き ま す 。 例 へ ば 「 入 」 と い ふ 字 が あ っ て こ れ に は 新 字 體 と い ふ も の は あ り ま せ ん 。 と こ ろ が 私 た ち は 、 こ の 字 を 手 で 書 く と き 、 け っ し て 「 入 」 の 形 に は 書 き ま せ ん ね 。 ま づ は 必 す 第 一 畫 に 第 二 畫 を か ぶ せ る や う な 形 で 書 き ま す 。 つ ま り 二 つ の 字 形 が あ る わ け で す が 、 こ れ は 字

舊漢字―書いて、覺えて、樂しめて


【 音 】 キ ュ ウ ( キ ウ ) 【 訓 】 ふ る し も と こ の 本 は 舊 假 名 遣 だ 舊 約 聖 書 こ の 地 方 で は 【 語 】 彼 は 二 十 代 續 い た 舊 家 の 出 だ 舊 正 月 を 祝 ふ 舊 暦 と は 明 治 五 年 ま で 使 は れ て ゐ た 太 陰 暦 を 云 ふ ロ ー マ ・ カ ト リ ッ ク 敎 を 舊 敎 と も 云 ふ 【 蘊 蓄 】 新 字 「 旧 ー は 省 略 形 の 俗 字 に よ る も の 。 横 書 で 「 旧 中 山 道 」 と 書 か れ た 原 稿 を 「 い ち に ち じ ゅ う 、 や ま み ち 」 と 讀 ん だ ア ナ ウ ン サ ー が あ っ た と い ふ 。 罪 作 り な 新 字 だ 【 例 文 】 正 宗 白 鳥 「 人 間 嫌 ひ 」 昭 和 二 十 四 年 舊 ( 旧 )

舊漢字―書いて、覺えて、樂しめて


旧 字 ・ 旧 仮 名 の わ け き - つ か ん し さ て こ こ ま で は 、 新 漢 字 と 新 仮 名 遣 で 書 き ま し た が 、 こ こ か ら 後 は 「 舊 漢 字 」 と 「 舊 假 名 」 に な り ま す 。 漢 字 が 狙 ひ な の に 假 名 遣 を 歴 史 的 假 名 遣 、 い は ゆ る 舊 假 名 に し た の に は 少 々 わ け が あ り ま す 。 ひ と つ は 、 本 文 で 擧 げ た 例 文 が ほ と ん ど 舊 假 名 で す か ら 、 ど う せ な ら そ ろ っ て ゐ た 方 が 親 し み や す い だ ら う と 思 っ た か ら で す 。 も う ひ と つ の 理 由 、 こ れ は 大 き な 理 由 で す が 音 訓 、 特 に 〔 訓 〕 の 示 し か た で す 。 漢 字 の 〔 訓 〕 は 當 然 な が ら 假 名 で 示 す し か あ り ま せ ん 。 「 萬 ( 万 ) 」 な ら 「 よ ろ づ 」 、 「 與 ( 与 ) ー な ら 「 あ た へ る 」 と い ふ 具 合 な の で す が 、 例 へ ば 「 圍 ( 囲 ) 」 の 訓 は ど う 書 け ば い い で せ う 。 新 假 名 で 示 す な ら 、 圍 〔 訓 〕 か こ う と な り ま す ね 。 ま た 「 戀 ( 恋 ) 」 な ら 「 こ う 」 と な り ま す 。 こ れ は ち ょ っ と 分 り に く い の で は な い で せ う か き ・ つ カ