検索 - みる会図書館

検索対象: 花残月

花残月から 10000件見つかりました。
1. 漢語林 改定版

【残冬】冬の末。また、冬のなこり。 文 ADD 形声。歹 ( 自 + 台。肖経死の象形。音【残簡】わずか ( 一部 ) 残っている書き物。断簡。 【残灯 ( 燈 ) 】Ⅱ残燭ク。 点符の台は、始・胎に通じ、亠をしの意味。死の【残《雁】おくれてやってくるかり。時節おくれのかり。 篆 きぎしの意味から転じて、「あやうく・ : だ」の意味に用いる。【残△暉ンタ日の光。また、入り日の余光。残照。 【残党 ( 黨 ) 】討ちも (J れて残った仲間。 ①つきる買尽 ) 。【残△毀】弩そこないこわす。傷つきこわれる。 【残忍】むこい。むこた ) い。 3 ①テン tiän デン また、つくす。たやす【残菊】①初冬、また、晩秋まで咲き残っている菊。②【残年】劈残り少ないいのち。余命。余生。〔唐、韓愈、左 。【殄ア ( 絶 ) 。ほろほす。「殄滅」 2 しぬ ( 死 ) 。 3 ことことく。残らす。霜にいためられた菊。いたんだ菊。③九月九日 ( 重陽 ) を遷至一一藍関一示二姪孫湘一詩〕肯将一一衰朽一惜二残年一 てスイキュウをもって 0 過た菊。 「い。」い。 ザンネンをおしまんや すべて。よい。Ⅱ腆 形声。歹 ( 肖 ) + 奓。音符の奓帑は、盡ル【残虐】クそこないしい ~ 鬱る。苦しめいじ Q 。また、むこ【残破】そこない破る。こわす。また、欠けいたむ。 文 「月。【残兵】霧 ( 敗れた ) 戦いに生き残った兵士。 に通じ、つ考つの意味。肖は、死体の象形。死【残欠 ( 缺 ) 】ゃぶれかける。損じ欠ける。 んで骨となってつきるの意味を表す。 【残月】ありあけの月。夜明けの月。また、沈みかけている【残片】①こわれたもののかけら。②枝に散り残っている 花びら。 【殄《夷ンことこ A て殺す。ころしつくす。夷は、殺す意。【残更】夜のあけがた。五更。午前四時前後のころ。 【殄△瘁】ことこ A てつかれ苦しむ。また、病みつかれてほろ【残△肴・残△骰】べ残しのさかな。酒宴のあとの食べ【残編】散佚した残りの書冊。「残編断簡」 「けてにける。 冖びる。【残香】あとに残っているかおり。余香。冖残しの料理。【残芳】散り残った花。残花。 【殄絶】たえる。たやす。っる。ほろほす。 【残亡】①ゃぶれは Qöる。また、そこないほろほす。②負 【殄《殲】舅ほろびつきる。また、ほろほしつくす。みなころしに【残紅】諺散り残りの赤い花。また、落花。 する。殲も、つきる・ほろびる。 【残酷】むこい。そこないしいたける。残虐。 【残△氓】生き残った民。遺民。氓は、民。 【残魂】①つやく生きながらんている命。②今も残っ【残暴】むこく荒々しい。 【殄滅】ほろほしたやす。また、ほろびたえる。 ているたましい。 【残夢】弩見はてぬ夢。見のこした夢。明けがたになってマ」 【殄△戮】ころしつくす。戮は、。 , マじながらも見続けている夢。また、目が覚めてからもなお 4 ザンのこる・ 【残殺】そこない殺す。むこたらしく殺す。 歹 3 教のこす名残歹 ザ ) イ山や川の一小部分のつまらぬな続いている夢心地。〔唐、杜牧、早行詩〕林下帯二残夢一 【残山剰 ( 剩 ) 水】ジ ①サン・〇ザン cän 冖刊ムをおふ がめ。戦いに敗れたりした後の荒れ果てた景色。 【残夜】 ) ン夜明け。しののめ。 【残滓】シ △ザン・残りかす。また、水底に残っている不純物。【残余 ( 餘 ) ン①のこり。あまり。②災害をまぬがれて生き 殊筆類歹 .. 々 , 歹・ . 歹 . ていること。 【残日】①夕日。タ陽。②残りの日数。 【残陽】①夕日。入り日。残照。斜陽。②夏の末にな 残①そこなう。⑦一」ろす。④ほろほす。⑦きずつける。ま【残秋】ウ秋の末。また、秋のなこり。 っておとうんかけた陽気。 た、切る。〇こわす。破る。また、こわれる。破れる。「残破」 2 【残春】諺ン春の末。また、春のなこり。 殄 きす。痛み。 3 むこい。 J い。思いやりがない。む、扱う。「残【残暑】立秋の後の暑さ。秋になってからの暑さ。 【残△掠】ク人を殺傷して金品を奪い取る。残略。 酷」わるい。荒つばい。また、悪人。 6 のこる。のこす。【残照】ウタ日の光。また、入り日の余光。 【残略】ク①そこなわれかける。残欠。また、不完全と粗 略。②Ⅱ残掠。 また、のこり。「残余」 6 煮た肉。 【残傷】ウ①そこないきずつける。残害。②けが。 「 ) ゑÅ形声。歹 ( 肖 ) 、曵 ( 戔 ) 。肖は、肉をそ〔【残。燭】一 ~ , 消えかか「 = いゑ」もしび。また、夜ふけ・明け【残留】膨。あとに残り ~ る。〔残る。 3 切るの意味。そこなうの意味を表し、転じて、のこりかすの【残生】①残りの ( ながくもない ) 命。余生。②災難をま【残涙】なみ ~ ああと。涙痕。 ぬかれて幸いに生きながらんている命。 意味を表す。 【残△瀝】残りのしずく。余瀝。残滴。 画マ摧残身・焼残・衰残・凋残第ウ・敗残・廃残・無残・名残【残星】夜明け ( 明け方 ) の空に残っている星。 【勝レ残去レ殺人情・義理をわきまえぬ乱暴者を 【残△鶯】膨晩春に鳴くうぐいす。 ご・老残【残△喘】①死にかかっている命。余喘。②自分の年齢教化して、死刑などのいらない世の中にする。〔論語、子 路〕 一残花・残華】散り残 0 た花。色香のうせた花。残英。をいう場合の謙称。余命。「留一一残喘一き 【残夏デ一夏の末。また、夏のなこり。 【残△蠏】季節を過きて鳴いているせみ。秋のせみ。 ①シュ き shü ジュ 【残礎】残っている古い土台石。 【殊 = こと 部【残。霞】夕日の沈んだ後のタばえ。タばえのなこり。 【残賊】①そこない殺す。②仁義をそこないやぶる、また、 歹【残害】いためそこなっ。そこない殺す。 【残《骸】国① ( 殺されてすておかれている ) なきがら。死その者。③討ちも月ている賊。残っている賊。 ① 一」ろす。死罪にする。誅殺ウする。 2 たつ。断ち尽くす。 7 体。②こわされたまま残っているから。 【残存】① ( 蔘 7 ならずに ) 残っている。②生き残る。 3 しぬ。命が蔘、なる。きめる。決定する。 6 ことなる 【残寒】春になってから ( 立春以後 ) の寒さ。余寒。 【残徒】 1 ンⅡ残党。 歹

2. 完訳 日本の古典 第三十五巻 新古今和歌集 ㈠

ころもが 前大僧正慈円 衣更えを詠みました歌 桜の花は、散ってしまってまったく残っていず、陰もな い木の下で、立ち去ることもたやすいが、仕立てて着る 集 こともたやすい夏衣であることだ。 歌 和本歌の心を反転させ、花の散ったあとの心と夏衣への 古衣更えの心との軽快さを強調した、巧妙な作。 新 源道済 「春を送りて昨日のごとし」という題を 夏衣を着て幾日にな 0 てしま 0 ているのであろうか。残 っている桜の花は今日も散りつづけているよ。 夏衣を着て幾日たったかという上句の感懐と、残花が 今日も散りつづけるという下句の眼前の情景との照応 が自然で、春に引かれる心の響きが美しい 夏のはじめの歌として詠みました歌 皇太后宮大夫俊成女 時節も移 0 たので、夏衣に替えた。世の中の人の心は花 染めのように変りやすいという、その花染めの春の衣を。 春の思いが深くこもるはずの花染めの衣をも夏衣にさ らりと替えた、移りやすい人々の心の世界に、本歌の ようえい 恋心の世界が揺曳し、微妙な余韻がある。 「卯の花月の如し」といった趣をお詠みになったお 歌 白河院御歌 。卯の花が所々に群がって咲いている垣根を、雲の切れ間 からさしている月の光かと見ることだ。 題意を、所々に群がり咲く卯の花と雲間からさす月の 光とで満たしたところが、新鮮である。 大宰大弐重家 題知らす 1 垣本に卯の花の咲いた時は、その垣根を、まっ白な波で 結び作った垣根と見ることだ。 本歌「卯の花の」の歌の第三・四句を、本歌「わたっ みの」の歌の第三・四句に置き換えたところに新しさ が見られる。

3. 完訳 日本の古典 第五十四巻 芭蕉句集

芭蕉句集 36 早く、それはばくりと馬に食われたのであった。この句については、槿花一日白・淡紅色・淡紫色のに似た花 ふうかい の栄のはかなさの意を寓するとか、「出る杭は打たれるー式の諷戒の意を寓すをつける。もともと中国種の季題 で、和歌・連歌で詠まれることは るとかいう説もあったが、「馬上吟」「眼前」という前書がある以上、賛成でき 少なかった。 ない。文人的風趣に富む典雅な花むくげを、駄馬がばくりと食ったところに、 芭蕉は俳諧の味を見つけているのであろう。季語は「木槿」で秋。 一句文ともに杜牧の「早行」、 まかせ 「鞭ヲ垂レテ馬ニ信テ行ク、 はつかあまり 数里末ダ鶏鳴ナラズ。林下残夢ヲ 二十日余の月、かすかに見えて、山の根 ぎは 帯ビ、葉飛ンデ時ニ忽チ驚ク。霜 はるか 際いとくらきに、馬上に鞭をたれて、数 凝ッテ孤鶴迥ニ、月暁ニシテ遠山 けいめ、 とばくさうかうぎんむ 里いまだ鶏鳴ならず。杜牧が早行の残夢、 横ハル。僮僕険ヲ辞スルヲ休メョ、 さよなかやま たちまち たひらか 何ノ時カ世路平ナラン」を踏まえ 小夜の中山に至りて忽驚く る。「早行」は日本中世の禅林や近 ぎんむ 野ざらし紀行 ( 笈 日記・三冊子・真世儒林では愛唱された作品。 ”馬に寐て残夢月遠し茶のけぶり 蹟懐紙 ) ニ中国詩人たちの騎驢図を俤にし て、自分の乗馬姿をそれになぞら 三冊子 ( 蕉翁句集えている。三炊煙を「茶の烟」と ねぎめ 馬に寝て残夢残月茶の烟 草稿 ) 言いなしたのは、「寝覚ー茶」の縁 によるあしらい。「寝覚ー茶」の連 三冊子 馬上眠からんとして残夢残月茶の烟 想は宋代の漢詩に多く、俳諧でも よぶか けふきぐさ 『毛吹草』で付合とされている。 夜深に宿を出て明んとせし程に、杜牧が ばあん 0 『蕉翁句集草稿』に「句はじめは、 馬鞍の吟をおもふ 馬上落人として残夢残月茶の烟と おち のち 真蹟草稿 ( 蕉翁句云り。後馬に寐てと初少直りて、 馬上落ンとして残夢残月茶の烟 集草稿 ) なほのち 猶後残夢月遠しと直りたる句也。 夜深に宿をたって、しばらく馬上にまだ醒めやらぬ夢の名残を追っているうち、残夢残月は句に拍子過たりと也」 と注記。 何かのはずみに、はっとわれにかえった。一瞬あたりを確かめるように見ると、 けぶり な′一り や

4. 現代日本の文学 Ⅱ―1 泉 鏡花 集

右逗子・岩殿寺 ( 「春昼」等に描かれて いる ) 上「起誓文」に描かれている逗 わら 子・観蔵院左藁ぶきの家が残る田越 一帯。右手手前二階屋が鏡花の旧居跡 「明治四十三年五月泉鏡花ここに移り昭和十四年九月 うんぬん 六十七才で逝去するまで居住し」云々の「泉鏡花居住 地」の立札が立っているが、当時の面影は全くないの が残念である。 しゃてい しかし鏡花の弟で、泉斜汀という筆名で大衆小説を 書いた豊春の娘で、鏡花、すす夫妻の養女になった泉 名月さんが「鏡花のことども」 ( 「鏡花研究」創刊号 ) 麭町下六番町の家のありさまを、風格のある名文でこ まかく書かれている向いーー ( 則こよ有島武郎や里見弴の 大きな屋敷のある界隈に、門がなく、ガラスのはまっ ていない格子戸の玄関の二階屋で一、二階あわせて三 十五坪ぐらい、二坪ほどの庭のある純日本式の借家で あったという文章で、鏡花が死ぬまで、江戸下町、もし くは金沢の生家の町家のような家と生活から離れなか かみなりよ ったことかよくわかる。雷除けのため天井にたくさん のとうもろこしをつるしていたのだというような鏡花 の奇癖も多く語られていてたのしい すし それ故鏡花名作の旅に出る前に、逗子の泉名月さん のお宅を訪ねた。それに逗子は明治三十五年、そして 三十九年から三ケ年と鏡花が転地療養した土地でもあ り、さらには神楽坂の芸者桃太郎、後のすす夫人を紅 葉の目から逃れるため、ひそかに隠し住まわせた地で もある。そろそろ入梅の近い夏の一日、逗子駅の近く なっき せいきょ とん

5. 完訳 日本の古典 第三十六巻 新古今和歌集 ㈡

四月、賀茂祭の日まで桜の花が散り残っていました かざし みかど 年、その花を祭の使いの少将の挿頭として帝から賜 紫式部 ったその葉に書きつけました歌 集神代にはありもしたことであろうか。桜の花を、今日の 和挿頭として折った例は。 今 古夏の陰暦四月、桜の花が賀茂の祭の日まで散り残って 新 いたことの驚きを詠んだ作。神代にはあったかもしれ ないとして、神事の幽久感を強調した。 さいいん 式子内親王 賀茂の斎院であった昔を思い出して かみやまかんだち ほととぎすよ。その昔、神山の神館での旅寝の時、ほの かに鳴きつづけた空を忘れないことだ。 「ほの語らひし」は、『源氏物語』の歌から得たもの。 おごそかで静かに更ける神域の夜の空から、ほととぎ すがほのかに投げかけつづける声に耳を傾けた作者が あいえん ほうふつ 髣髴とする。感味の哀艶な懐旧。 左衛門督家通が中将でありました時、祭の使いとし 1483 て神館に泊っていました暁に、斎院の女房の中から 詠み贈りました歌 読人しらず 5 あなたが立ち出ていかれるお別れの名残惜しさのある有 1 明の月の光のもとで、いよいよ鳴きつづけるほととぎす であることですよ。 神館で潔斎し、有明の月の光のもと、祭の使いとして りりしく出かけた家通を、名残惜しく見送った作者の 心を、折から、しきりに鳴いたほととぎすに託して詠 せいえん み贈った作。清艶な感味がある。 左衛門督家通 幾千年と限らずつづく斎院の君のお年であるけれど、や あけばの はり、名残の惜しまれる今朝の曙よ。 贈歌は、家通との別れを詠んでいるが、この返歌は、 同じ神館で潔斎した斎院との別れの惜しさで応じてい る。斎院の永遠を詠み込んでいるところが奥ゆかしい 1486 けっキ」い

6. るるぶ富山 立山 黒部 五箇山 白川郷'14~'15 (国内シリーズ)

ラゆ 、美残 富山県入善町 谷 0765-72- Ⅱ 00 。 . 圧巻 ! 国内最大級 220 万本の花々 2014 鋳 ( 入善町農水商工課 ) い の ノレ ウ ~ ↓ : 、・・のス メイン会場の広さは東京ドーム約 1.3 個分 ( 約 6 クタール ) 。 220 万本にもおよぶチ、一リプなど の花が咲き揃い、面積・本数とも国内最大級です。 交通 = 北陸道入善スマー c から 3 分。宇奈月温泉から車で 30 分。 入善町 PR マスコットキャラクター 「ジャンボ ~ ル三世」 、、ツ第 2014 年 4 月 12 日 ( 土 ) / ~ 29 日 ( 火・祝 ) 開催 にゆうせんノラワーロード 日本有数のチューリップ産地で知られる 富山県の中でも、球根出荷数が多い人善 町。 4 月中旬に下旬にがけては、扇状地 の各所で極彩色が広がり見事。カラフル なチューリップとその向こうに見渡す残 雪の北アルプスなどダイナミックな景観 が広がります。メイン会場は、駐車場も 整備され、チューリップの切り花や球根 販売のほか、地元名産品も並びます。 最新情報は flowerroad ・ jp

7. 花 (学研の図鑑)

0 = = 球根植物の花こ = を一はな きゅう、こん・しよぐ、ぶつ きルうこん は おお しよくぶつ らゆうおう チューリップ ( ュリ ) くらんているものをいいます。 き , 葉などに養分カヾたくわえられて , 大きく ようぶん 王求根どいうのは , 多年草の地下にある根やく アからヨーロッノヾに力、けてはえています。かけ チューリップのもどになった植物は中央アジ はる ・チューリップの育ち方 そだ はふつう 30 ~ 50cm てす。 根から春に花か、さきます。花は 4 ~ 5 月。高さ はな はな ました。チューリップは前の年の秋に植えた球 まえ としあき あわせていまのようなチューリップか、つくられ がっ きゅう はな ・花のつくり はな 花びら ( 内がわの はな 花ひら ) おしべ めしべ うら 1 1 月ごろ 10 月ごろ 3 月ごろ 4 月ごろ 2 月ごろ そと ( 外かわの はな 花びら ) がっ 5 月ごろ 6 月ごろ きルうこん 球根を植 える。 16 根と芽が ではじめる。 土から芽が ではしめる。 そだ は 葉が育ち , っ は、みがでる。 花がさく。 はな あたら そだ きうこん 新しい球根が 育つ。 は 葉がかれ , きゅうこんのこ 球根が残る。

8. るるぶ福島’12 (国内シリーズ)

花見山 はなみやま オススメルート 、 024-522 ・ 3265 花見山山頂・展望台ー ( 福島市観光案内所 ( JR 福島駅東ロ ) ー 谷 024 ・ 53 ト 6428 所要 : 細時間 40 分 ( 福島市観光案内所 ( JR 福島駅西口 ) : ッ 谷 024 ・ 526 ・ 087 ー 臨時バス ( 花見山情報コールセンター ) 花見山号停留所 ※ 3 月 1 日 ~ 4 月 30 日 MAP 付録 P902 0 福島市渡利・ J 日福島駅から福 ~ 卩と見山公園人Ⅱ 島交通バス渡利南回りで 15 分、花見 山入口下車、徒歩 25 分朝のの入 園自由 0 なし ( 桜開花期間中は無 料臨時駐車場あり、要閲合せ ) ①花見山山頂・ 展台 桜開花期間中のアクセス ・ JR 福島駅東口から臨時バス「花見 山号」が、 20 ~ 30 分問隔で運行さ れ、所要時間約 15 分、片道 250 円。 ②桜のトンネル 臨時バス停から花見山公園入口まで は徒歩約 15 分。 ・車の場合は交通規制により、花見 山周辺へのマイカ乗り入れ禁止 3 桜と吾妻小富十 JR 福島駅周辺の有料駐車場に車を 停めて花見山号を利用するか、もしく一 は花見山の北約 4km にある「あぶく 3 ' 朝とと緑の郵便局 ま親水公園」の無料臨時駐車場に停、を めて、シャトルバス ( 所要時間 1 5 分、 環境整備協力金として 1 。人往復 300 物産ひろば 円 ) に乗り換えよう。 服装アドバイ 山頂までぐるりと一周すると約 1 時間 低めの木が多い かかるので、動きやすい服装がベス ので、見上げると ト。また、途中には砂利道や傾斜の急第” 一目の前に桜の花が な所などがあるので、スニーカーなど 鬱 ` 降り注ぐ の歩きやすい靴を履いていこう。 いをで。ま 4 月中旬こ・ろに見られるヒガンサ クラ、ハクモクレス梅の競演 両側からヒガンサクラやトウカイサクラの枝が覆いかぶさった小道 は、まさに桜のトンネル。ピンク色のアーチをくぐり抜けてみて。 桜のピンク色と ハナモモの赤色、 残雪の白色の サ 0 」記 - 吾妻小富士 気 : こ・三準 吾妻小富士に積もる雪が耳の長いうさ 4 月 ~ 5 筍に、色と りどリの花々と「雪う ぎの形をしていることから「雪うさぎ」と ぎ」か眺められる 呼はれている。この残 雪と桜が一緒に望 めるスポット。 を . ・も尹イ 「ブラッとショップ」で販売 見コ と策 見光 き い編・ 頂周ー . の局 録便 一通 O と郵 : ・を約 る分 花見山散策 M A P ウメ ( 3 月上旬 ~ 4 月上旬 ) ( 4 月上 ~ 下旬 ) ポケ ( 4 月上 ~ 下旬 ) ハクモクレン を ( 4 月上 ~ 下旬 ) レンギョウ ( 4 月上 ~ 下旬 ) ハナモモ ( 4 月中旬 ~ 5 月上旬 ) ツッジ を ( 4 月中旬 ~ 5 月下旬 ) ( 7 月上旬 ~ 8 月下旬 ) キンモクセイ ( 9 月上旬 ~ 10 月下旬 ) ナンテン ( 10 月上旬 ~ 12 月下旬 ) モミジ ( 10 月下旬 ~ 1 1 月中旬 ) サザンカ ( 1 1 月上旬 ~ 4 月下旬 ) ロウバイ ( 12 月上旬 ~ 3 月下旬 ) ツバキ ( 2 月上旬 ~ 3 月下旬 ) サンシュユ ー、・ ( 3 月上旬 ~ 4 月上旬 ) 物、花の見どころや・ 魅力の解説は 「ふくしま花案内人」に おまかせ 四季び 徒歩約 15 分 徒歩約 30 分 徒歩約 10 分 徒歩約 20 分 徒歩約 20 分 東町集会 " ぎ第満喫術 名物桜満開ウォーク へ絶 見ド 花】 . の 収 ~ 桜 事バス専用駐車場へ 花見山を加 % 楽しむ ! 桜の開花期間中、無料で花見山を 案内してくれるボランティアガイ ド。一緒に歩きながら花の名前や 花見山の歴史を教えてくれる。 黄色いシャン 信を当パーか目印。 山のあちこ ちに立ってい るので気軽 に声をかけ てみて 丁花と緑の郵便局」が 期間限定でオープン ! 公園内に期間限定で登場する郵便 局では、さまさまな切手やはがきな・ どを販売。 ' 1 1 年は 3 月 26 日 ~ 4 月・ 30 日オープン予定。 年※さロ の写なグ 様真郵ハ 子は便ウ で 2 局ス す 0 風 0 小 のて これ 満喫術 展望台には東屋が。歩き疲 れたら休憩してもよい 、 : 地元 SHOP の おいしいものが揃う 「物産ひろば」をチェック 和雑貨から食料品まで福島県の物 産品を販売するショップがスラリ。 花見山をモチーフにしたものもあ るので、土産探しにせひ。 店ば登桜 がに場の 立はすシ まち 40 る一 陣軒物ズ ぶ以産ン 上ひた のろけ 左 / 花見山吟醸 720m 凵 200 円 右 / 花見山そば焼酎 720m 凵 400 円 満喫術 桃の園芸品種であるハ ナモモは、 4 月中旬 ~ 5 月上旬が見ころ 17 33 ぶ福島 ' 12

9. 子どものしあわせ 2016年9月号(第787号)2016年9月1日発行

百日紅 ( サルスペリ ) 一夏の間、散らずに咲き続ける花は、めった が咲いて、最後の花が散るまでの期間は、サク にありませんね。勿論咲いた花が何十日も、そ ラでも二週間以上はあります。 の姿をとどめるわけではありません。 なぜ、一本の木で、早い遅いがあるのでしょ 緑色の固いつばみが、ほころぶと、中から想 うか。これは植物が種を残す働きによるものな 像もっかない程の大きい冠状の花びらが拡が のです。 り、先の曲がった雄しべが伸びます。樹の下に 早く咲いた花が、霜でやられて、種子を残す は、花びらが散っているのが見られますから、 ことができなくなっても、遅く咲いた花が受精 何日かは咲いているのでしよう。 して、種子を残す。このようなしくみが種の保 しかし、サクラなどと違って、その固いつば存を可能にしているのです。 みが、次つぎと花を開き、絶えることなく咲く サルスペリの花は、早い花と遅い花の咲く期 のです。それで、百日紅 ( サルスペリ ) と呼ば 間が、満遍なく、少しずつ、ずれるものですか れているのです。もちろん、サクラの花でも、 ら、見た眼では百日も咲いているように見える 全部が一度に咲いて一度に散るわけではありま のです。昔の人たちの智恵がク百日紅と書か せん。少し遅く咲き始める花もあり、最初の花しめたのでしようね。 四季の花ごよみ 九月の花 増田勉

10. 日本の天然記念物 5 植物 Ⅲ

おぎ 小木の御所ザクラ 指昭和 3 年Ⅱ月 30 日 所新潟県佐渡郡小木町小木 闇海潮寺 * 大正 11 年 ( 1922 ) 、新潟市居住の阿部儀 作翁がこのサクラのことを知って、調査 に来寺し、時の住職樋口直道と書信を 以って調査の歩を進めた。さらに昭和 3 年 ( 1928 ) 5 月には三好学博士が調査の ため来寺された。古来、順徳上皇の御手 植えと言い伝えられ、目下 3 代目の老幹 は枯死 - 寸前にあるが、ひこばえが生育し つつある。御所ザクラの花は黄芽て、白色 一重または八重の匂い桜て、花径 4 セン チ、花びらの先端カ坏規則に細裂するサ トザクラの珍しい品種て、ある。現在植抃艮 の活性化を図るため周囲に溝を掘り、施 肥を入れ、新土と入れ替え工事が予定さ れている。民謡の佐渡おけさに「小木の 三崎の四所御所桜ョ枝は越後に葉は 佐渡に」と歌われ、親しまれている。 ひとえ おおしま 大島のサクラ株 指昭和田年に月 24 日 昭和 27 年 3 月 29 日 所東京都大島町 置東京都 ( 野田光蔵 ) ( 天 ) ( 特天 ) 特別天然記念物 伊豆大島東北部の泉津にある都立大島 公園から、三原山に登る途中 ( 海抜約 230 メートル地点 ) の道の左側にあるオオシ マザクラの老樹の大株て、ある。巨幹の基 部 ( 地ー絲勺 1.5 メートル ) だけ残し、主幹 は枯れて存在せず、多数の枝だけが四方 に広がっている。 オオシマザクラは房総半島・伊豆半島 南部・伊豆諸島などに分布し、とくに伊 豆諸島て、は大島をはじめとした島々を広 くおおう二冫木 ( 薪炭相群落 ( オオシ マザクラーシロダモ群落 ) の最も主要な構 成種となっている。しかし薪炭林て、ある ため伐期が短く、そのため大径木はほと 26 ・落葉広葉樹 んど残っていない。この大島のサクラ株 の周辺一帯も、若いオオシマザクラなど から成る二次林によって占められてい る。このような森オリ用の中て、この巨大 なサクラ株が残ったのは、古来の伝説に よって長い間イされてきたことによる ものと考えられている。 ( 奥富清 ) ごくらくじ 極楽寺の野中ザクラ 指昭和 2 年 4 月 8 日 所新潟県東蒲原郡上川村両郷 闇上川村 津川駅からバスて、約 20 分、村内野中の 極楽寺境内の入り口にある紅山桜 ( オオ ヤマザクラ ) の老樹て、ある。主幹はすて、 に枯れているが、剰則の最大支幹と西側 の支幹と北側の 6 本の小支幹が生きてい る。 4 月の初めご工色の大輪の美し い花を咲かせるオオヤマザクラの珍しい のなか 小松城内にあったが、隠居して小松城に は白地に紅色を帯びる。この樹は、もと 芽、花は直径 4 ~ 5 センチと大きく、花弁 る。ヤマザクラの 1 品種て、、葉は広く赤 寺町通りの土塀に接して植えられてい 闇松月寺 * 所石川県金沢市寺町 5 丁目 指昭和田年 8 月 24 日 松月寺のサクラ しようげつじ ( 野田光蔵 ) 種として植物学上貴重なものて、ある。 しい。野生のオオヤマザクラの珍奇な品 うに花形が大きく 0 工色になるのは珍 変異するものがあるが、野中ザクラのよ のオオヤマザクラには花部のさまざまに あって花弁は円く 0 工色て、ある。野生 が、野中ザクラの花は径 4 ~ 6 センチ の花は径 3 ~ 4 センチて、淡紅色て、ある 一変形のサクラて、ある。オオヤマザクラ