検索 - みる会図書館

検索対象: 孤独で優しい夜

孤独で優しい夜から 244件ヒットしました。

孤独で優しい夜


集 英 社 文 庫 孤 独 で 優 し い 夜 集 英 社 版

孤独で優しい夜


集 英 社 文 庫 目 録 ( 日 本 文 学 ) 山 村 美 紗 京 都 紅 葉 寺 殺 人 事 件 唯 恵 彼 の 隣 り の 席 夢 枕 獏 絢 爛 た る 鷺 い た だ き 山 村 美 紗 京 都 貴 船 川 殺 人 事 件 唯 恵 た だ そ れ だ け の 片 想 い 夢 枕 獏 神 々 の 山 嶺 山 山 本 文 緒 あ な た に は 帰 る 家 が あ る 唯 恵 孤 独 で 優 し い 夜 夢 枕 獏 ・ 編 著 奇 譚 カ ー ニ バ ル 山 本 文 緒 き ら き ら 星 を あ げ よ う 唯 恵 恋 人 は い つ も 不 在 夢 枕 獏 慶 応 四 年 の ハ ラ キ リ 山 本 文 緒 ほ く の 。 ( ジ ャ マ で お や す み 唯 恵 あ な た へ の 日 々 夢 枕 獏 空 気 枕 ぶ く 先 生 太 平 記 恵 シ ン グ ル ・ プ ル ー 山 本 文 緒 お ひ さ ま の プ ラ ン ケ ッ ト 唯 夢 枕 獏 仰 天 ・ 文 壇 和 歌 集 山 本 文 緒 シ ュ ガ ー レ ス ・ ラ ヴ 唯 恵 愛 し て も 届 か な い 夢 枕 獏 黒 塚 山 本 文 緒 野 菜 ス ー プ に 愛 を こ め て 唯 恵 イ プ の 憂 鬱 由 良 三 郎 網 走 ー 東 京 殺 人 力 ル テ 山 本 文 緒 ま ぶ し く て 見 え な い 唯 恵 め ま 由 良 三 郎 聖 域 の 殺 人 力 ル テ 山 本 文 緒 落 花 流 水 唯 恵 病 む 月 横 尾 忠 則 絵 草 紙 う ろ っ き 夜 太 恵 さ よ な ら を す る た め に 悠 玄 亭 玉 介 幇 間 の 遺 言 横 森 理 香 恋 愛 は 少 女 マ ン ガ で 教 わ 「 た 恵 彼 女 は 恋 を 我 慢 で き な い 夢 枕 獏 怪 男 児 横 森 理 香 横 森 理 香 の 恋 愛 指 南 唯 恵 間 年 や り ま し た 夢 枕 獏 仕 事 師 た ち の 哀 歌 吉 沢 久 子 老 い を た の し ん で 生 き る 方 法 ず 隹 恵 シ フ ォ ン の 風 夢 枕 獏 仰 天 ・ 平 成 元 年 の 空 手 チ , ッ プ 吉 永 小 百 合 夢 せ い ら く ど う す い む た ん 隹 恵 キ ス よ り も せ つ な く 夢 枕 獏 聖 楽 堂 酔 夢 譚 吉 永 み ち 子 気 が つ け ば 騎 手 の 女 房 恵 ロ ン リ 唯 ・ コ ン プ レ ッ ク ス 夢 枕 獏 純 情 漂 流 吉 永 み ち 子 母 と 娘 の 薊 年 戦 争 川 川 川 川 川 川 た い こ も ち エ レ ジ ー

孤独で優しい夜


集 英 社 文 庫 や さ 孤 独 で 優 し い 夜 よ る 1999 年 10 月 25 日 2003 年 12 月 8 日 第 1 刷 第 13 刷 か わ 川 定 価 は カ バ ー に 表 示 し て あ リ ま す 。 け い 著 者 発 行 者 発 行 所 印 刷 製 本 ゆ い 唯 谷 株 式 会 社 山 尚 義 集 英 社 東 京 都 千 代 田 区 ー ツ 橋 2 ー 5 ー 10 〒 101 ー 8050 ( 3230 ) 6095 ( 編 集 ) 電 話 03 ( 3230 ) 6393 ( 販 売 ) ( 3230 ) 6080 ( 制 作 ) 大 日 本 印 刷 株 式 会 社 大 日 本 印 刷 株 式 会 社 本 書 の 一 部 あ る い は 全 部 を 無 断 で 複 写 複 製 す る こ と は 、 法 律 で 認 め ら れ た 場 合 を 除 き 、 著 作 権 の 侵 害 と な り ま す 。 造 本 に は 十 分 注 意 し て お り ま す が 、 乱 丁 ・ 落 丁 ( 本 の ペ ー ジ 順 序 の 間 違 い や 抜 け 落 ち ) の 場 合 は お 取 り 替 え 致 し ま す 。 購 入 さ れ た 書 店 名 を 明 記 し て 小 社 制 作 部 宛 に お 送 り 下 さ い 。 送 料 は 小 社 負 担 で お 取 り 替 え 致 し ま す 。 但 し 、 古 書 店 で 購 入 し た も の に つ い て は お 取 り 替 え 出 来 ま せ ん 。 ⑥ K. Yuikawa 1999 Printed in Japan ISBN4-08-747110-1 C0193

孤独で優しい夜


回 し て 過 ご し て い た 。 注 文 書 の フ ォ ー マ ッ ト 作 り が ど う し て も う ま く い か な い の だ 。 な ぞ と プ ロ グ ラ ミ ン グ は 謎 解 き の 世 界 だ 。 ア イ デ ア が ひ ら め く と 、 面 白 い ほ ど す る す る と 進 む つ ま ず の に 、 い っ た ん 躓 く と な か な か そ こ か ら 脱 せ な い 。 午 後 に 人 っ て も 少 し も は か ど ら ず 、 つ い に 行 き 詰 ま り を 感 じ て 、 粧 子 は 気 分 転 換 を 図 る こ と に し た 。 オ フ ィ ス を 出 て 廊 下 を 歩 い て ゆ く 。 突 き 当 た っ て 右 に 折 れ る と 、 リ フ レ ッ シ ュ コ ー ナ ー と 呼 ば れ て い る 場 所 が あ る 。 ソ フ ア が セ ッ ト し て あ り 、 コ ー ヒ ー や 缶 ジ ュ ー ス の 自 動 販 売 機 な ど も 置 い て あ る 。 そ の 角 を 曲 が ろ う と し た 時 、 声 が 聞 こ え て 来 た 。 自 分 の 名 前 が 聞 こ え た よ う な 気 が し て 、 粧 子 は 足 を 止 め た 。 「 じ ゃ あ 、 あ の 時 、 津 島 さ ん は 根 岸 く ん の 部 屋 に 泊 ま っ た わ け ? 」 「 そ う な ん じ ゃ な い の 」 「 で 、 翌 日 、 遅 れ て 来 た っ て わ け ね 。 風 邪 だ な ん て 言 っ て た け ど 」 だ ま 道 「 ま っ た く 、 う ま く 騙 さ れ ち ゃ っ た わ ね 、 私 た ち 」 に 「 ほ ん と 」 「 ね 、 ふ た り は 今 も っ き 合 っ て る の か し ら 。 そ れ と も 一 夜 の 遊 び か な 」 「 遊 び だ と し た ら 、 な か な か や る じ ゃ な い 」 「 ど っ ち が 」

孤独で優しい夜


「 そ う じ ゃ な く て 」 「 大 切 な の は ふ た り の 気 持 ち だ ろ う 」 「 あ の ね 、 根 岸 く ん 」 「 今 度 ゆ っ く り ご 飯 で も 食 べ に ゆ こ う よ 。 僕 た ち 、 も っ と お 互 い の こ と 知 り 合 わ な く ち ゃ い け な い と 思 う ん だ 。 始 ま り が 始 ま り だ か ら 、 何 か 順 番 が 逆 に な っ て し ま っ た け ど 、 そ ん な の す ぐ 埋 め ら れ る こ と だ ろ う 」 「 あ 、 あ の : : : 」 「 た だ 僕 は 安 月 給 だ か ら 、 あ ん ま り 高 い 所 は 無 理 だ け ど 、 い い 感 じ の 店 は い く つ か 知 っ て る か ら 、 そ れ に 友 達 に も 会 っ て も ら い た い し 。 そ う だ な 、 今 度 の 土 曜 あ た り ど う だ ろ う 」 「 あ の ね 」 「 津 島 さ ん は 中 華 と イ タ リ ア ン 、 ど っ ち が 好 き ? 」 「 い い 加 減 に し て 」 粧 子 は 強 い 言 葉 で 遮 っ た 。 「 え ? 」 宗 吾 が き よ と ん と 顔 を 向 け る 。 「 話 を 勝 手 に 進 め な い で 」 さ か な 今 ま で 、 宗 吾 の 気 持 ち を 逆 撫 で し な い よ う 一 一 一 一 口 葉 を 選 ん で 来 た 。 た と え 年 下 で も 、 男 と し

孤独で優しい夜


才 ー ー 危 う さ の 始 ま り 披 露 。 ハ ー テ イ か ら 流 れ て 、 同 僚 た ち と さ ん ざ ん 騒 い だ 後 、 根 岸 く ん と タ ク シ ー に 乗 っ た 。 よ よ ぎ う え は ら ー ト に 酔 っ て い た 。 そ う 、 す ご く 酔 っ て い た と 思 う 。 先 に 代 々 木 上 原 の 根 岸 く ん の ア 。 ハ つ い て 、 彼 は 降 り よ う と し た 。 で も 、 粧 子 は こ の ま ま ひ と り で 帰 る の が た ま ら な か っ た 。 す そ 今 夜 は ど う し て も 誰 か と 一 緒 に い た か っ た 。 だ か ら つ い 、 降 り る 根 岸 く ん の ス ー ツ の を つ か 掴 ん で い た 。 根 岸 く ん は 驚 い た よ う に 顔 を 向 け た 。 目 と 目 が 合 っ て 、 少 し の 沈 黙 。 そ れ か ら 彼 は 運 転 手 さ ん に 向 か っ て 「 す み ま せ ん 、 ふ た り と も こ こ で 降 り ま す 」 と 言 っ た 。 バ ッ ク ミ 一 フ ー に ニ タ ッ と 笑 っ た 運 転 手 の 顔 、 そ う だ 、 確 か に 笑 っ て い た 。 け れ ど 、 一 緒 に 降 り た か ら と い っ て 、 そ う な る つ も り は な か っ た 。 た だ ひ と り に な り た く な か っ た だ け 。 だ か ら そ の 後 の こ と は : そ の 後 の こ と は 成 り 行 き だ 。 ア ク シ デ ン ト と し か 言 い よ う が な い 。 ど う で も よ か っ た 。 極 端 に 言 っ て し ま え ば 誰 で も よ か っ た 。 昨 夜 は い つ も の 自 分 で は な か っ た 。 そ れ ほ ど 、 粧 子 に と っ て は つ ら い 結 婚 披 露 。 ハ ー テ イ だ っ た の だ 。 い り え の り ひ こ み ほ な ぜ な ら 、 新 郎 の 人 江 則 彦 は 粧 子 の 好 き だ っ た 男 で あ り 、 新 婦 は 一 番 仲 の よ か っ た 美 帆 な の だ か ら 。 粧 子 は 立 ち 上 が る と 、 着 て い る も の を す べ て 脱 い だ 。 そ れ か ら バ ス ル ー ム に 人 り 、 シ ャ ワ ー を 浴 び た 。 い つ も よ り か な り 熱 い シ ャ ワ ー に し た 。

孤独で優しい夜


178 人 江 に 言 わ れ て 、 粧 子 は 肩 を す く め た 。 「 そ う ね 」 入 江 の 腕 が 粧 子 を 抱 き 寄 せ た 。 重 な る 唇 か ら 人 江 の 舌 が す る り と 人 り 込 ん で 来 る 。 粧 子 の 身 体 が 人 江 を 迎 え る 準 備 を 始 め る 。 「 べ ッ ド に 人 ろ う 」 「 カ ー テ ン は ? 」 「 こ の ま ま が い い 」 夜 景 に 彩 ら れ た シ ー ツ の 上 で 、 ふ た り は お 互 い の 身 体 を 隅 々 ま で 触 れ 合 っ た 。 今 夜 の た め に せ つ か く 買 っ た ナ イ ト ウ ェ ア は 、 ほ と ん ど 役 に 立 た な か っ た 。 結 局 、 朝 ま で 裸 の ま ま で 人 江 と 抱 き 合 っ て い た 。 時 間 を 気 に し な く て も い い 。 帰 る 姿 を 見 送 ら な く て も い い 。 そ れ は 粧 子 を 解 放 さ せ た 。 東 京 で の 毎 日 が 、 い か に 自 分 を 追 い 詰 め て い た か を 痛 感 し 、 ま る で そ の 時 間 を 取 り 戻 す か の よ う に 、 粧 子 は 人 江 と 何 度 も 抱 き 合 っ た 。 翌 日 は 神 戸 を 歩 き 回 っ た 。 異 人 館 を め ぐ り 、 中 華 街 を 回 っ て 、 繁 華 街 を ぶ ら っ く 。 観 光 客 に ま ぎ れ て 、 手 を つ な ぎ な が ら 町 並 み を 歩 く と 、 恋 人 同 士 そ の も の だ っ た 。 頬 を な で る 風 に さ え 優 し さ を 感 じ た 。 み や げ も の 店 先 を 覗 い て 土 産 物 を 選 ぶ 。 こ れ ど う ? い い ん じ ゃ な い か 。 こ っ ち は ? そ れ も い い の ぞ

孤独で優しい夜


% 顔 を 出 す こ と は な く 、 長 い 人 は 三 年 以 上 も 行 っ た き り と い う 場 合 も あ っ た 。 今 、 粧 子 が 携 わ っ て い る の は 、 ア 。 ハ レ ル 会 社 の 在 庫 管 理 で あ る 。 仕 事 そ の も の は ト 一 フ プ ー の 中 に は 、 人 江 も 宗 吾 も い る 。 ル も な く 、 順 調 に 進 ん で い る 。 た だ メ ン バ そ の 入 江 は 今 日 か ら 美 帆 と 新 婚 旅 行 に 出 掛 け て い る 。 一 週 間 は 出 て 来 な い 。 そ の 間 に 気 持 ち を き ち ん と 元 の 通 り に し て お か な け れ ば 。 粧 子 は 自 分 に 何 度 も 言 い き か せ て い た 。 「 具 合 は ど う ? 」 背 後 か ら 声 を か け ら れ 、 振 り 返 る と 宗 吾 が 立 っ て い た 。 粧 子 は 一 瞬 身 を 引 い た 。 「 え つ 、 何 ? 」 「 課 長 か ら 風 邪 っ て 聞 い た け ど 」 「 え つ 、 え え 、 大 丈 夫 」 に ら 粧 子 は 宗 吾 を 睨 み つ け た 。 け れ ど も 、 宗 吾 は あ っ け ら か ん と 言 っ た 。 「 あ あ 、 よ か っ た 。 ゅ う べ 、 あ ん な 格 好 で 寝 て た か ら 、 や つ ば り 風 邪 を ひ い ち ゃ っ た か な な ん て 」 思 わ ず 頬 が 引 き つ っ た 。 向 か い に は 新 人 社 員 の 真 由 子 が 座 っ て い る 。 彼 女 は き よ と ん と し た 顔 つ き で こ ち ら を 見 て い る 。 ま ゆ こ

孤独で優しい夜


「 そ う か 、 な ら い い け ど 」 粧 子 は い く ら か 救 わ れ た 気 持 ち に な っ て い た 。 人 に 気 を 遣 わ れ る と は 何 て 心 地 よ い の だ ろ う 。 昨 夜 か ら 心 に 張 り つ い た あ の ざ ら ざ ら と し た 感 触 が 、 少 し ず つ 薄 ら い で ゆ く 。 。 宗 吾 が 自 分 に 好 感 を 抱 い て い る そ れ は も し か し た ら 、 身 勝 手 な の か も し れ な い と 思 う こ と を 知 っ て い て 、 そ れ で 甘 え て い る の だ 。 優 越 感 そ れ と も 安 心 感 。 で も 粧 子 は も っ と 自 分 の 傷 を 宗 吾 に 癒 し て 欲 し か っ た 。 「 私 、 そ ん な に 元 気 が な か っ た ? 」 「 プ ロ グ ラ ミ ン グ 、 一 。 ヘ ー ジ も 進 ん で な い だ ろ う 」 「 知 っ て た の ? 」 「 ま あ ね 」 「 ね 、 私 の 元 気 を 回 復 す る の 手 伝 っ て く れ な い ? 」 「 え ? 」 宗 吾 が 目 を し ば た た い た 。 ち そ う 「 今 夜 、 飲 み に 行 か な い ? 私 が 奢 る か ら 。 根 岸 く ん に は い つ も ご 馳 走 に な っ て ば か り だ っ た し 、 そ の お 返 し も あ る か ら 」 「 だ っ て 友 達 な ん で し よ う 、 私 た ち 」 お ご

孤独で優しい夜


よ 。 そ う し た の は 津 島 さ ん の 方 だ ろ う 」 宗 吾 の 後 ろ 姿 が 消 え る と 、 粧 子 は し ば ら く ち ん で い た 。 宗 吾 の 言 う 通 り だ っ た 。 被 害 者 に な っ て は い け な い 。 そ れ は 宗 吾 の 方 な の だ 。 少 な く と も 、 宗 吾 は 誠 実 に つ き 合 い た い と ま で 言 っ て く れ た の だ 。 な の に そ れ に 目 を つ む り 、 宗 吾 を 責 め る な ん て お 門 違 い も い い と こ だ 。 三 歳 年 下 と い う こ と だ け で 、 宗 吾 を 子 供 っ ぽ い と 決 め つ け て い た 。 け れ ど 、 そ れ は 逆 な の で は な い か と い う 気 が し た 。 子 供 な の は 自 分 の 方 。 ち ょ っ と 噂 を 耳 に し た だ け で す っ か り 慌 て ふ た め い て い る 。 宗 吾 の 方 が よ ほ ど 落 ち 着 い て い た 。 怒 り も せ ず 、 ふ ざ け も せ ず 、 ち ゃ ん と 受 け と め て く れ た の だ 。 取 引 先 の 在 庫 の 品 目 が ま だ 決 定 せ ず 、 粧 子 は 夕 方 に 顧 客 先 ま で 打 ち 合 せ に 出 掛 け る こ と に な っ て い た 。 に 「 じ ゃ あ 、 そ の ま ま 帰 る こ と に な る と 思 い ま す の で 、 よ ろ し く 」 闇 チ ー フ の 入 江 に 報 告 す る と 、 彼 は 顔 を 上 げ た 。 「 あ 、 そ れ 、 僕 も 行 く よ 。 相 手 側 に い く つ か 聞 い て お き た い こ と が あ る ん だ 。 ち ょ っ と 待 っ て く れ な い か 」