検索 - みる会図書館

検索対象: 群狼の牙~池田屋襲撃

群狼の牙~池田屋襲撃から 289件ヒットしました。

群狼の牙~池田屋襲撃


コ バ ル ト 文 庫 く 好 評 発 売 中 〉 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ 莽 当 の 自 分 を 探 し て し い ま 響 野 夏 菜 ◆ イ ラ ス ト / 石 堂 ま ゆ ◆ 優 等 生 の 自 分 に 嫌 気 が ・ 、 ル ′ 、 ウ ン ド さ し 、 暴 走 族 「 獄 狼 」 に ◆ 入 っ た 龍 ニ は 、 ふ と し ◆ た こ と か ら 、 ク ラ ス メ ◆ イ ト の 栄 が 気 に か か り チ ー ム に 誘 う の だ が ! ? く 華 は 藤 夜 叉 〉 シ リ ー ズ ・ 好 評 既 刊 華 は 藤 夜 叉 湾 岸 バ ト ル ア ク シ ョ ン -The Diamond will tide he 「 ove 「 a c 「 isis- 華 は 藤 夜 叉 PURE GOLD ピ ュ ア ゴ ー ル ド ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

群狼の牙~池田屋襲撃


コ バ ル ト 文 庫 く 好 評 発 売 中 〉 名 も な き 本 怪 奇 幻 想 譚 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ の 奇 妙 な 物 語 が ・ ・ ・ う 。 そ の 中 に は 、 3 編 の 本 に 魅 入 ら れ て し ま つ け の 古 書 店 で 、 1 冊 だ っ た 。 そ し て 、 行 き っ て 、 気 分 は 「 ど ん 底 」 恋 人 に 去 ら れ 、 職 も 失 ◆ 活 字 中 毒 の 「 僕 」 は 、 ◆ イ ラ ス ト / 七 瀬 あ と ま ゆ う き り ん ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

群狼の牙~池田屋襲撃


コ バ ル ト 文 庫 く 好 評 発 売 中 〉 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ 美 し き 剣 士 の 愛 と 戦 い の 物 語 ! ◆ く 薔 薇 の 剣 〉 シ リ ー ズ ◆ ◆ ◆ イ ラ ス ト / 珠 黎 皐 タ ◆ ◆ ま 薔 薇 の 剣 ま 薔 薇 は 復 讐 の 印 、 ま 薔 薇 の 結 婚 ま 血 に 染 ま る 薔 薇 ミ ◆ 薔 薇 の 帰 還 ◆ 薔 薇 王 の 時 代 、 , 偽 り の 薔 薇 は 咲 く 不 滅 の 薔 薇 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ イ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ 、 二 バ ト あ , ◆ ◆ ◆

群狼の牙~池田屋襲撃


コ バ ル ト 文 庫 ス ー / ト フ ァ ン タ ジ 文 庫 の 賞 で 開 花 さ せ 、 ベ ス ト セ ラ ー 作 家 の 仲 間 入 り を 目 指 し て み ま せ ん か ! 作 品 で あ れ ば 、 特 に ジ ャ ン ル は 問 い ま せ ん 。 あ な た も 、 自 分 の 才 能 を こ に も む す び つ く 「 ロ マ ン 大 賞 」 。 と も に 、 両 文 庫 の 読 者 を 対 象 と す る 小 説 ま す 。 中 編 部 門 で 新 人 賞 の 性 格 も あ る 「 ノ ベ ル 大 賞 」 、 長 編 部 門 で す ぐ 出 版 ー テ ィ ン メ ン ト 小 説 の 新 し い 書 き 手 の 方 々 の た め に 、 広 く 門 を 開 い て い 集 英 社 コ バ ル ト 文 庫 、 ス ー パ ー フ ァ ン タ ジ ー 文 庫 編 集 部 で は 、 エ ン タ 募 集 中 ! ワ ベ ル 大 賞 」 マ ン 大 賞 」 く 大 賞 入 選 作 〉 正 賞 の 楯 と 副 賞 100 万 円 税 く 佳 作 入 選 作 〉 正 賞 の 楯 と 副 賞 50 万 円 ( 税 込 ) ノ ベ ル 大 賞 【 応 募 原 稿 枚 数 】 400 吉 め 縦 書 き 原 稿 用 細 5 ~ 1 槐 【 締 切 】 毎 年 7 月 10 日 ( 当 日 消 印 有 効 ) 【 応 募 資 格 】 男 女 ・ 年 齢 は 問 い ま せ ん が 、 新 人 に 限 り ま す 。 【 入 選 発 表 】 締 切 後 の 隔 月 Coba は 12 月 号 誌 上 ( お よ 52 月 刊 の 両 文 庫 の チ ラ シ 紙 上 ) 。 大 賞 . ス 、 選 作 も 同 誌 上 に 掲 載 , 【 原 稿 宛 先 】 〒 101-8050 東 京 都 千 代 田 区 ー ツ 橋 2 ー 5 ー 10 ( 株 ) 集 英 ネ 土 コ バ ル ト 部 「 ノ ベ ル 大 賞 」 係 ※ な お 、 ノ ベ ル 大 賞 の 最 終 イ 作 は 、 読 者 審 査 員 の 審 査 に よ っ て 選 ば れ る 「 ノ ベ ル 大 賞 読 者 大 賞 」 伏 賞 入 選 作 は 正 賞 の 楯 と 副 賞 印 万 円 ) の 対 象 に な り ま す 。 ロ マ ン 大 賞 【 応 募 原 稿 枚 数 】 繝 吉 め 縦 書 き 原 稿 用 50 ~ 3 枚 。 【 締 切 】 毎 年 1 月 10 日 ( 当 日 消 印 有 効 ) 【 応 募 資 格 】 男 女 ・ 年 齢 ・ プ ロ 、 ア マ を 問 い ま せ ん 。 【 入 選 発 表 】 締 切 彳 麦 の 隔 月 刊 誌 coba は 8 月 号 誌 上 ( お よ び 8 月 刊 の 両 文 庫 の チ ラ シ 紙 上 ) 。 大 賞 入 選 作 は ス ー バ ー フ ァ ン タ ジ ー 文 庫 も し く は コ バ ル ト 文 庫 で 出 版 ( そ び 凛 に は 、 集 英 ネ 土 の 規 定 に 基 づ き 、 日 財 見 を お 支 払 い い た し ま す ) 。 【 原 稿 宛 先 】 〒 101 ー 8050 東 京 都 千 イ 弋 田 区 ー ツ 橋 2 ー 5 ー 10 ( 株 ) 集 土 コ バ ル ト 部 「 ロ マ ン 大 賞 」 係 ☆ 応 募 に 関 す る く わ し い 要 項 は 隔 月 刊 誌 Coba に ( 1 月 、 3 月 、 5 月 、 9 月 、 11 月 の 18 日 発 売 ) を こ ら ん く だ さ い 。 7 月 、

群狼の牙~池田屋襲撃


の 中 の 都 物 コ バ ル ト 文 庫 く 好 評 発 売 中 〉 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ の 王 力 、 治 め る 謎 の 地 下 朝 者 リ 0 , " も ま ゆ う き り ん ◆ イ ラ ス ト / 松 本 想 子 ◆ 新 聞 の 見 習 記 者 。 で も に を ラ 「 、 ◆ め ざ す の は 一 流 記 者 。 女 優 と 駈 け 落 ち し た 男 の 取 材 に い っ た 彼 女 は 、 ロ ン ド ン の 地 下 に 奇 妙 な 街 が あ る と い う 意 外 な 話 を 聞 い た 。 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

群狼の牙~池田屋襲撃


く 好 評 発 売 中 〉 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ コ バ ル ト 文 庫 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ! 近 0 当 人 均 を 蒸 気 人 形 と ロ ン ド ン の 怪 ロ ン ド ン 蒸 気 奇 譚 ま ゆ う き り ん イ ラ ス ト / 秋 野 こ よ み 《 人 形 、 承 り ま す ・ ・ ・ 生 き て い る よ う な 精 巧 さ 。 ア ル ノ ヾ ー ト 工 房 》 こ の 工 房 に や っ て き た 客 は 人 形 師 ・ ギ ル に 、 死 ん だ 自 分 の 娘 に そ っ く り な 、 し か も 心 を 持 っ た 人 形 を つ く れ と い う が ・ ・ ・ 。 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

群狼の牙~池田屋襲撃


く 好 評 発 売 中 〉 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ コ バ ル ト 文 庫 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ の 美 人 が 狙 わ れ て い 3 ゅ ク レ 朮 ヾ ト ラ ま 日 向 章 一 郎 イ ラ ス ト / 穂 波 ゆ き ね ミ サ コ は あ る 日 、 美 人 で 評 判 の 同 級 生 ・ 加 菜 多 か ら 、 「 事 件 が 起 こ り そ う な の で 助 け て ほ し い 」 と い う 相 談 を 受 け 、 協 力 す る こ と に な る が ! ? く 放 課 後 〉 シ リ ー ス ・ 好 評 既 刊 放 課 後 の ト ム ・ ソ ー ヤ ー 放 課 後 の サ ン タ ク ロ ー ス 放 課 後 の ア ン 放 課 後 の ア ン テ ル セ ン 放 課 後 の コ ロ ン プ ス 他 15 冊 好 評 発 売 中 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

群狼の牙~池田屋襲撃


コ バ ル ト 文 庫 く 好 評 発 売 中 〉 し 0 、 恋 か 始 ま る の た ろ う か . ひ と り じ ゃ な い ~ 鎌 倉 夢 紀 行 ~ 0 倉 本 由 布 イ ラ ス ト / あ い ざ わ 遥 の 」 : ず み 信 澄 と の 恋 が 終 わ っ た の を 感 じ 、 傷 心 の 蒼 生 子 。 だ が な せ か 、 タ イ ム ス リ ッ プ し て 、 鎌 倉 時 代 に 来 て し ま う 。 そ こ で 、 新 た な 出 会 い が ! ? く き っ と 〉 シ リ ー ズ ・ 好 評 既 刊 き っ と め ぐ り 連 え る ~ 濃 姫 夢 紀 行 ~ き っ と は な さ な い ~ 晏 主 夢 紀 行 ~ き っ と 見 つ め て る ~ 晏 主 夢 紀 行 ~ き っ と 迷 わ な い ~ 大 和 夢 紀 行 ~ き っ と 始 ま る ~ 晏 主 夢 紀 行 ~ や ま と 他 6 冊 好 評 発 売 中

群狼の牙~池田屋襲撃


ゆ う き ・ り ん 1967 年 1 月 5 日 、 東 京 都 生 ま れ 。 山 羊 座 、 A B 型 。 「 夜 の 家 の 魔 女 」 で 、 第 19 回 コ バ ル ト ・ ノ ベ ル 大 賞 受 賞 。 著 書 は 、 コ バ ル ト 文 庫 に 「 人 知 ら す の 森 の ル ー ナ 」 「 鉛 姫 」 「 聖 女 ソ レ イ ユ 」 「 氷 の 王 」 「 狩 人 姫 」 ー 青 き 妖 魔 の 玩 具 」 「 蒸 気 人 形 と ロ ン ド ン の 怪 」 一 世 界 の 果 て の 城 」 「 影 の 中 の 都 」 「 名 も な き 本 」 「 薔 薇 の 剣 」 「 薔 薇 は 復 讐 の 印 」 「 薔 薇 の 結 婚 」 「 血 に 染 ま る 薔 薇 」 「 薔 薇 の 帰 還 」 一 薔 薇 王 の 時 代 」 「 偽 り の 薔 薇 は 咲 く 」 「 不 滅 の 薔 薇 」 「 群 狼 の 牙 ~ 天 罰 党 始 末 ~ 」 「 群 狼 の 牙 ~ 禁 門 の 政 変 ~ 」 な ど が あ る 。 好 き な 作 家 は 、 タ ニ ス ・ リ ー 、 ジ ョ イ ン ・ ヨ ー レ ン 、 ジ ュ ー ル ・ ヴ ェ ル ヌ 等 。 最 近 、 ア メ コ ミ に は ま っ て い て 、 フ ィ ギ ュ ア な ど を 集 め ま く っ て い る 。 ~ 池 田 屋 襲 撃 ~ 群 狼 の 牙 COBALT-SERIES 1998 年 12 月 10 日 第 1 刷 発 行 著 者 発 行 者 発 行 所 ☆ 定 価 は カ バ ー に 表 示 し て あ り ま す ゆ う き り ん 小 島 民 雄 新 集 英 社 〒 101 ー 8050 東 京 都 千 代 田 区 ー ツ 橋 2 ー 5 ー 10 ( 3230 ) 6 2 6 8 ( 編 集 ) 電 話 東 京 ( 3230 ) 6 3 9 3 ( 販 売 ) 印 刷 所 ◎ RIN YUKI 1998 ( 3230 ) 6 0 8 0 ( 制 作 ) 株 式 会 社 美 松 堂 中 央 精 版 印 刷 株 式 会 社 Printed in Japan 本 書 の 一 部 あ る い は 全 部 を 無 断 で 複 写 複 製 す る こ と は 、 法 律 で 認 め ら れ た 場 合 を 除 き 、 著 作 権 の 侵 害 と な り ま す 。 落 丁 ・ 乱 丁 の 本 は ご 面 倒 で も 小 社 制 作 部 宛 に お 送 り く だ さ い 。 送 料 は 小 社 負 担 で お 取 り 替 え い た し ま す 。 I S B N 4 - 0 8 - 61 4 5 5 7 - 5 C 01 9 5

群狼の牙~池田屋襲撃


ひ ざ 文 七 は 、 つ 、 と 膝 を 進 め た 。 し ん の す け げ ん べ え 「 殺 さ れ た 侍 は 、 会 津 藩 士 、 有 田 玄 兵 衛 と 兵 藤 辰 之 助 と い う 一 一 人 な の で す が 、 い ず れ も 一 刀 の 元 に 斬 り 殺 さ れ て お り ま し た 。 有 田 の 方 は 刀 を 抜 く こ と も な く 斬 ら れ 、 兵 藤 の 方 は 抜 い て は い た も の の 、 刀 に 打 ち 合 わ せ た 痕 は あ り ま せ ん で し た 。 斬 0 た の は 相 当 な 手 と 思 わ れ ま す , 「 そ の 二 人 の 腕 が な ま く ら だ っ た ん じ ゃ ね え の か い ? こ め ん き よ か い で ん 「 い え 。 有 田 は と も か く 、 兵 藤 の 方 は 一 刀 流 の 免 許 皆 伝 で 、 藩 内 で も 五 本 の 指 に は い る ほ ど の 腕 前 で あ っ た そ う で す ー 「 そ れ を 、 一 撃 で 斬 っ て 倒 し た : : : 親 分 、 ま さ か 俺 を 疑 っ て い る の か い ? 」 「 と ん で も あ り ま せ ん 」 「 そ れ ほ ど の 腕 は 、 俺 に は な い か 」 ~ 鷹 一 朗 は に や り と し た 。 襲 「 坊 っ ち ゃ ん 、 お ふ ざ け に な っ ち ゃ い け ま せ ん 。 神 坂 弥 四 郎 様 が 、 犯 人 ら し き 人 物 と し て 名 を 田 挙 げ ら れ て い る の で す よ ー 「 な 、 な ん だ っ て 卩 」 牙 の 「 五 つ 半 頃 ( 午 後 九 時 ) 、 街 道 の 近 く で 、 ふ ら ふ ら と 道 を 行 く 神 坂 様 を 見 た も の が い る の ん で ち し っ ち ん 「 し か し 、 そ の よ う な 夜 更 け で は 、 は っ き り と 顏 の 区 別 は つ か な い だ ろ う ? 提 灯 を わ ざ わ ざ