検索 - みる会図書館

全データから 211102件ヒットしました。

新落語的学問のすすめ


新 落 語 的 学 問 の す す め

落語的学問のすすめ


落 語 的 学 間 の す す め 桂 文 珍 4 12545 678904 k 、 物 ト ト ⅲ

落語的学問のすすめ


落 語 的 学 間 の す す め 4 桂 文 珍 12545 678904 katsura bunchin 潮 出 版 社

新落語的学問のすすめ


落 語 的 学 間 の す す め 桂 文 珍 Ka な 〃 お ″ 〃 易 剏 潮 出 版 社

新落語的学問のすすめ


新 落 語 的 学 問 の す す め 発 行 所 / 潮 出 版 社 発 行 人 / 西 原 賢 太 郎 付 物 / 栗 田 印 刷 印 刷 ・ 製 本 / 明 和 印 刷 ・ 東 京 美 術 紙 工 装 丁 / 菊 地 信 義 ◎ 20 Ⅸ ) Bunchin Katsura 著 者 / 桂 文 珍 2g0 年 3 月 5 日 初 版 発 行 http://www. usio. co. jp Printed in Japan 落 丁 ・ 乱 丁 本 は お 取 り 替 え い た し ま す ISBN4-267-01550-3 C 開 95 ☆ 電 話 / 03 ・ 3230 ・ 0781 ( 編 集 ) 03 ・ 3230 ・ 0741 ( 販 売 ) 振 替 口 座 / 81 5-610g 〒 102-8110 東 京 都 千 代 田 区 飯 田 橋 3 - 1 - 3

新落語的学問のすすめ


あ っ と い う 間 の 半 年 間 、 慶 應 義 塾 大 学 で の 講 義 は 落 語 家 桂 文 珍 に と っ て 誠 に ス リ ル の あ る 刺 激 的 な 時 間 で あ り ま し た 。 関 西 大 学 で の 講 義 は 毎 週 あ っ て 十 二 年 も 行 っ て し ま い ま し た が 、 何 し ろ 、 関 東 、 そ れ も 慶 応 で す か ら 。 よ く 聞 か れ る の は 関 東 と 関 西 の 学 生 君 は 、 違 い ま す か ? と い う 質 問 で し た 。 終 わ っ て み れ ば 、 世 代 が 同 じ な わ け で す か ら そ れ 程 の 違 い は な か っ た の で す が 、 両 方 に 言 え る こ と は 、 効 率 的 な 受 験 戦 争 の た め の 勉 強 に は 慣 れ て い る も の の 、 人 間 と し て の ぬ く も り や 、 知 識 、 深 い 思 慮 、 な ど が 少 し 、 足 り な い 、 効 率 性 を 重 ん じ た が 故 に 失 っ た 部 分 が あ る 。 つ ま り 本 来 の 教 育 の 基 本 た る リ べ ラ ル ア ー ツ の 部 分 が 充 た さ れ て い な い ま ま に こ こ ま で な っ ち ゃ っ た 、 と い う 学 生 君 が 東 も 西 も 多 い の で す 。 そ ん な 中 、 落 語 と い : ど 、 つ か は 、 、 い 、 も と な い 限 り , で 亠 の り ・ ま は た し て 、 お 役 に た て た か : が う 世 界 に 身 を 置 く 私 が 、 あ す が 、 学 生 諸 君 の 質 問 に 、 「 落 語 家 は 上 着 を ベ ロ ッ と 脱 ぎ ま す が 、 な ぜ 、 脱 ぐ の か 、 最 初 か ら

贅沢入門


層 を 超 え て 広 が り だ し た と い う こ と な の だ と 思 い ま す 。 た だ 、 今 回 は や や 離 れ た 観 点 か ら 、 落 語 プ ー ム の 背 景 に つ い て 、 考 え た い と 思 い ま す 。 こ こ 数 年 で 若 い 人 が 落 語 に 興 味 を も っ 要 因 の 大 き な も の と し て 、 作 家 町 田 康 氏 の 登 場 が あ り ま す 。 町 田 さ ん は 、 今 若 い 人 た ち か ら 、 も っ と も 強 く 支 持 さ れ て い る 作 家 で あ り 、 そ の 作 品 の み な ら ず 、 人 物 像 や ラ イ フ ス タ イ ル ま で も 含 め て 、 熱 狂 的 な 支 持 者 を も っ て い ま す 。 町 田 さ ん は 、 き わ め て 熱 心 な 落 語 フ ァ ン で あ る だ け で な く 、 そ の 作 品 の エ ッ セ ン ス に も 落 語 的 な も の が 多 く 見 受 け ら れ ま す 。 例 え ば 処 女 作 の 『 く っ す ん 大 黒 』 は 題 名 か ら し て 古 典 落 語 の 「 黄 金 の 大 黒 ー に 似 て い ま す し 、 そ の 結 末 で ど う し よ う も な く な っ た 主 人 公 が 豆 屋 に な る と い う 結 末 は 、 そ の ま ま 「 豆 屋 ー の も の で す 。 さ ら に よ り 本 質 的 に は 、 町 田 氏 の 文 体 そ れ 自 体 の 裡 に 、 落 語 的 な も の が あ る の で す 。 町 田 さ ん は 、 日 本 文 学 の 文 章 に 、 ロ 語 演 芸 の 富 を 再 び 注 入 し な お し た 作 家 だ と 云 っ て い い と 思 い ま す が 、 そ の 言 葉 の ダ イ ナ ミ ズ ム の 根 本 は 、 や は り 落 語 か ら 来 た も の の よ う で す 。 ち な み に 町 田 さ ん は 六 代 目 三 遊 亭 円 生 が お 好 き だ と い う こ と で す が 、 こ れ は な か な か 面

新潮【第百十三巻第十一号】


臘 の EVKVKXIOS 冐 日 58 ミ な る 語 よ り 來 り ど の encycl 名 ed 一 a の 例 か ら も 分 か る よ う 八 倒 を し た の を 思 い 出 す 。 古 典 ギ リ シ ア 語 て 、 其 辭 義 は 童 子 を 輪 の 中 に 人 れ て 敎 に 、 英 語 を そ の 起 源 で あ る 古 典 ギ リ シ ア 語 を 習 い に 行 っ て い た と き の こ と 。 古 典 ギ リ 育 な す と の 意 な り 。 故 に 今 之 を 譯 し て 百 に 遡 っ て 意 味 を 確 認 し た 上 で 「 百 学 連 環 」 シ ア 語 は 、 ひ と つ の 単 語 が 多 様 に 変 化 す る 學 連 環 と 額 す 。 と い う 漢 語 ( 中 国 語 ) に よ っ て 受 け 止 め て 言 語 で 、 例 え ば 名 詞 な ら 性 ・ 数 ・ 格 に よ っ い る 。 つ ま り 、 こ の 語 は 少 々 お お げ さ に な て 何 通 り に も 形 を 変 え る 。 初 学 者 の う ち ご 覧 の よ う に encycl 名 edia の 語 源 で あ る る の を お 許 し い た だ け る な ら 、 古 典 ギ リ シ は 、 辞 書 に 載 っ て い る 形 を 特 定 し て 調 べ る 古 典 ギ リ シ ア 語 に 遡 っ て 、 そ の 原 義 を 確 認 ア 語 を 中 国 語 で 訳 す と い う 知 の 総 合 、 超 絶 だ け で 一 苦 労 。 ち ょ っ と 込 み 人 っ た 語 を 調 べ た か っ た ら 、 英 仏 独 の 辞 書 に 当 た る こ と し て い る 。 童 子 ( 。 ハ イ ス ) を 輪 の 中 に 人 れ 技 巧 に よ っ て 造 ら れ た 日 本 語 な の で あ る 。 る ( エ ン キ ュ ク リ オ ス ) 。 子 ど も に 施 す べ 明 治 の 知 識 人 た ち に こ う し た 造 語 が で き た に な る 。 そ の 上 、 そ う は い っ て も 相 手 は 二 き 教 育 、 言 い 換 え れ ば 学 ん で お く べ き 学 術 の は 、 儒 学 を 典 型 と す る 漢 文 の 素 養 が あ っ 〇 〇 〇 年 以 上 前 の 文 物 だ け に 、 辞 書 で 語 義 の セ ッ ト 、 当 世 風 に い え ば 教 養 と い っ て よ た れ ば こ そ 。 そ の 妻 さ を 感 じ て み よ う と 思 を 見 た だ け で は 想 像 の つ か な い も の も 少 な い だ ろ う 。 幕 末 か ら 明 治 に か け て 、 ヨ ー ロ く な い 。 各 種 古 典 文 化 に か か わ る 事 典 を 繙 っ た ら 、 例 え ば 試 み に computer や program ツ 。 ハ の 文 物 を 本 格 的 に 移 人 す る 際 、 そ の 学 や design と い っ た 英 語 を 自 分 で 日 本 語 に 訳 き 、 神 話 を 調 べ 、 哲 学 書 や 悲 劇 を 調 べ る 。 術 の 全 域 を 見 渡 し 、 諸 学 術 相 互 の 連 環 を 見 し て み よ う と す れ ば よ い 。 こ れ は な か な か 机 上 と そ の 周 囲 に 本 の 山 が 築 か れ 、 た っ た 一 文 を 読 み 解 く の に 数 時 間 と い う こ と も ざ よ う と し た の が 、 こ の 「 百 学 連 環 」 だ っ た 厄 介 で 途 方 に 暮 れ る 。 第 一 、 翻 訳 以 前 に 、 の で あ る 。 こ れ ら が な ん で あ る の か と い う 理 解 が 問 わ ら に あ る 。 れ る か ら だ 。 と 、 こ れ は 母 語 な ら ぬ 言 語 の 場 合 だ け れ 歴 史 、 地 理 学 、 文 章 学 (Literature) 、 ど 、 「 百 学 連 環 」 を 読 む 際 に も ほ と ん ど 同 数 学 、 神 理 学 (Theology) 、 政 事 学 、 法 と ま あ 、 そ の ご く 一 端 を お 示 し し た の だ 学 、 制 産 学 (political Economy) 、 計 誌 学 け れ ど 、 「 百 学 連 環 」 の 「 総 論 」 は 、 「 学 じ よ う な 作 業 を 行 っ た 。 そ れ は も つ ば ら 私 る (statistics) 、 格 物 学 (Physics) 、 天 文 学 、 術 」 っ ま り は 「 学 と 術 」 (science and の 無 知 無 学 の せ い で あ る 。 だ が 、 そ の お か な : こ Arts) の 区 別 を 皮 切 り と し て 、 学 問 と は な げ で 、 日 本 語 を あ た か も 母 語 で は な い 言 葉 に 化 学 、 造 化 史 (Natural History) う し た 諸 学 術 受 容 と 咀 嚼 の 過 程 で 、 西 先 生 に か 、 技 芸 術 と は な に か と い う 基 礎 か ら 、 の よ う に 読 む こ と が で き た と も 思 う 。 そ れ 邦 は た く さ ん の 翻 訳 語 を 造 っ て い る 。 よ く 知 諸 学 を ど う 体 系 化 し て と ら え る こ と が で き も そ の は ず 、 「 百 学 連 環 」 と は 、 そ も そ も で 、 刀 ら れ て い る 「 哲 学 」 を は じ め と し て 、 「 演 る か と い う 大 き な 図 を 示 し て 見 せ る ま で に 古 今 東 西 に 根 を 持 っ 諸 学 術 や 概 念 を め ぐ る な の 繹 」 「 帰 納 」 「 主 観 」 「 客 観 」 な ど 、 現 在 私 至 る 。 そ ん な 文 書 を 浅 学 非 才 の 身 で 読 も う 旅 の よ う な も の 、 「 母 語 の 外 へ 出 る 旅 」 ( 多 語 た ち が 使 っ て い る 言 葉 も 少 な く な い 。 言 う と い う の だ か ら 、 七 転 八 倒 は 必 至 。 畢 竟 読 和 田 葉 子 ) な の だ か ら 。 あ な た に も お 楽 し 母 み い た だ け れ ば こ れ 幸 い 。 む 速 度 も 落 ち る と い う も の だ 。 な れ ば 現 代 日 本 語 の 恩 人 で も あ る 。 興 味 深 い の は 、 そ の 造 語 の 手 法 だ 。 先 ほ 「 百 学 連 環 」 を 読 む 前 に も こ れ と 似 た 七 転

Voice 平成28年10月号


は 、 夫 婦 連 れ だ け で な く 、 奥 さ ま 方 が 娘 さ ん と 一 緒 に 落 語 を 聴 き に 来 る こ と 。 こ れ ま で は ご 主 人 や 彼 氏 に 誘 わ れ て 寄 席 に 足 を 運 ん で い た 女 性 が 、 自 発 的 に 落 語 を 楽 し む よ う に な っ た 。 お か げ で 、 以 前 は 閑 散 期 だ っ た 八 月 中 席 ( 十 一 — 二 十 日 ) が 連 日 満 員 。 私 が 前 座 を 務 め て い た こ ろ は 、 考 え ら れ な か っ た 光 景 で す 。 落 語 に 馴 染 み の な か っ た 女 性 や 子 供 の お 客 さ ん を 取 り 込 め た こ と が 、 寄 席 の 動 員 増 に 繋 が っ た の で は な い で し よ う か 。 実 際 、 テ レ ビ 番 組 に 加 え て ど ん な 努 力 を さ れ て き た の で し よ う か 。 小 遊 三 昭 和 四 十 年 あ た り ( 一 九 六 〇 年 代 ) に 、 二 代 こ な ん 目 桂 小 南 師 匠 ( 故 人 ) を 中 心 に 行 な っ て き た 「 学 校 寄 席 」 の 効 果 が 、 徐 々 に 表 れ て き た の か も し れ ま せ ん 。 噺 家 が 学 校 を 訪 問 し 、 生 の 落 語 を 聴 い て も ら う こ と で 、 子 供 た ち に 落 語 の 面 白 さ だ け で な く 、 人 情 の 機 微 や 社 会 モ ラ ル を 学 ん で も ら う 活 動 で す 。 学 校 側 と し て は 、 人 の 話 を 黙 っ て 聞 け な い 子 供 の 訓 練 と し て 期 待 す る 面 も あ っ た よ う で す 。 学 校 寄 席 を 始 め た 轆 」 2 ・ 0 当 初 は 、 い ろ い ろ 苦 労 が あ っ て 、 あ る 学 校 に 出 向 い た 紙 切 り の 師 匠 は 、 「 何 で も 切 り ま す 」 と い っ た ら 、 生 徒 か ら 「 こ れ で も 切 れ 」 と い っ て 上 履 き を 放 り 投 げ ら れ た 。 3 。 髟 聶 私 も 以 前 、 中 学 生 を 市 民 会 館 に 集 め て 落 語 を 披 露 し た

知的生活習慣


と 頭 か ら き め て し ま う 。 ク 文 学 の わ か ら な 人 間 は 二 流 で 、 文 法 や 語 学 は そ の 二 流 の 人 間 が す る も の と し て 疑 わ な い 。 私 自 身 、 そ う い う 文 学 教 育 を 受 け て 、 文 学 研 究 や 語 学 は 、 文 学 の わ か ら な い の が す る も の だ と 思 っ て い た 。 学 生 だ っ た あ る と き 、 英 語 学 者 の 大 塚 高 信 博 士 が 、 こ ん な こ と を 言 わ れ た 。 若 い う ち は 文 学 が お も し ろ い が 、 年 を と る と 、 語 学 の 方 が お も し ろ く な る 。 私 は こ の こ と ば に 強 い 感 銘 を 受 け た が 、 私 自 身 、 文 学 青 年 的 で あ る こ と に 満 足 で き な く な っ て い た か ら で あ ろ う 。 文 学 の 勉 強 は 学 間 に な ら な い 。 言 語 学 の 勉 強 の 方 が 学 問 に 近 い 、 と 思 っ た 。 文 学 青 年 は 中 途 退 学 し た よ う な も の で あ る 。 文 学 青 年 は ま た 、 詩 と 小 説 で は ど ち ら が す ぐ れ た ジ ャ ン ル か と 問 わ れ る と 、 よ く も 考 え た こ と も な い く せ に 、 詩 の 方 が 小 説 よ り 芸 術 的 に 価 値 が あ る よ う な こ と を 言 う 。 歴 史 的 知 識 に 目 が く ら ん で い る の だ 。 同 じ よ う に 、 韻 文 と 散 文 と ど ち ら が す ぐ れ て い る か と 問 わ れ る と 、 き ま っ て 、 詩 、 韻 文 だ と 答 え る だ ろ う 。 こ れ も 、 韻 文 の 方 が さ き に 発 達 し た と い う 歴 史 的 知 識 に ひ き ず ら れ 、 古 い も の の 方 が 新 し い も の よ り す ぐ れ て い る よ う に 考 え て い る に す ぎ な い 。 2 0 2