検索 - みる会図書館

検索対象: 新潮【第百十三巻第十一号】

新潮【第百十三巻第十一号】から 405件ヒットしました。

新潮【第百十三巻第十一号】


臘 の EVKVKXIOS 冐 日 58 ミ な る 語 よ り 來 り ど の encycl 名 ed 一 a の 例 か ら も 分 か る よ う 八 倒 を し た の を 思 い 出 す 。 古 典 ギ リ シ ア 語 て 、 其 辭 義 は 童 子 を 輪 の 中 に 人 れ て 敎 に 、 英 語 を そ の 起 源 で あ る 古 典 ギ リ シ ア 語 を 習 い に 行 っ て い た と き の こ と 。 古 典 ギ リ 育 な す と の 意 な り 。 故 に 今 之 を 譯 し て 百 に 遡 っ て 意 味 を 確 認 し た 上 で 「 百 学 連 環 」 シ ア 語 は 、 ひ と つ の 単 語 が 多 様 に 変 化 す る 學 連 環 と 額 す 。 と い う 漢 語 ( 中 国 語 ) に よ っ て 受 け 止 め て 言 語 で 、 例 え ば 名 詞 な ら 性 ・ 数 ・ 格 に よ っ い る 。 つ ま り 、 こ の 語 は 少 々 お お げ さ に な て 何 通 り に も 形 を 変 え る 。 初 学 者 の う ち ご 覧 の よ う に encycl 名 edia の 語 源 で あ る る の を お 許 し い た だ け る な ら 、 古 典 ギ リ シ は 、 辞 書 に 載 っ て い る 形 を 特 定 し て 調 べ る 古 典 ギ リ シ ア 語 に 遡 っ て 、 そ の 原 義 を 確 認 ア 語 を 中 国 語 で 訳 す と い う 知 の 総 合 、 超 絶 だ け で 一 苦 労 。 ち ょ っ と 込 み 人 っ た 語 を 調 べ た か っ た ら 、 英 仏 独 の 辞 書 に 当 た る こ と し て い る 。 童 子 ( 。 ハ イ ス ) を 輪 の 中 に 人 れ 技 巧 に よ っ て 造 ら れ た 日 本 語 な の で あ る 。 る ( エ ン キ ュ ク リ オ ス ) 。 子 ど も に 施 す べ 明 治 の 知 識 人 た ち に こ う し た 造 語 が で き た に な る 。 そ の 上 、 そ う は い っ て も 相 手 は 二 き 教 育 、 言 い 換 え れ ば 学 ん で お く べ き 学 術 の は 、 儒 学 を 典 型 と す る 漢 文 の 素 養 が あ っ 〇 〇 〇 年 以 上 前 の 文 物 だ け に 、 辞 書 で 語 義 の セ ッ ト 、 当 世 風 に い え ば 教 養 と い っ て よ た れ ば こ そ 。 そ の 妻 さ を 感 じ て み よ う と 思 を 見 た だ け で は 想 像 の つ か な い も の も 少 な い だ ろ う 。 幕 末 か ら 明 治 に か け て 、 ヨ ー ロ く な い 。 各 種 古 典 文 化 に か か わ る 事 典 を 繙 っ た ら 、 例 え ば 試 み に computer や program ツ 。 ハ の 文 物 を 本 格 的 に 移 人 す る 際 、 そ の 学 や design と い っ た 英 語 を 自 分 で 日 本 語 に 訳 き 、 神 話 を 調 べ 、 哲 学 書 や 悲 劇 を 調 べ る 。 術 の 全 域 を 見 渡 し 、 諸 学 術 相 互 の 連 環 を 見 し て み よ う と す れ ば よ い 。 こ れ は な か な か 机 上 と そ の 周 囲 に 本 の 山 が 築 か れ 、 た っ た 一 文 を 読 み 解 く の に 数 時 間 と い う こ と も ざ よ う と し た の が 、 こ の 「 百 学 連 環 」 だ っ た 厄 介 で 途 方 に 暮 れ る 。 第 一 、 翻 訳 以 前 に 、 の で あ る 。 こ れ ら が な ん で あ る の か と い う 理 解 が 問 わ ら に あ る 。 れ る か ら だ 。 と 、 こ れ は 母 語 な ら ぬ 言 語 の 場 合 だ け れ 歴 史 、 地 理 学 、 文 章 学 (Literature) 、 ど 、 「 百 学 連 環 」 を 読 む 際 に も ほ と ん ど 同 数 学 、 神 理 学 (Theology) 、 政 事 学 、 法 と ま あ 、 そ の ご く 一 端 を お 示 し し た の だ 学 、 制 産 学 (political Economy) 、 計 誌 学 け れ ど 、 「 百 学 連 環 」 の 「 総 論 」 は 、 「 学 じ よ う な 作 業 を 行 っ た 。 そ れ は も つ ば ら 私 る (statistics) 、 格 物 学 (Physics) 、 天 文 学 、 術 」 っ ま り は 「 学 と 術 」 (science and の 無 知 無 学 の せ い で あ る 。 だ が 、 そ の お か な : こ Arts) の 区 別 を 皮 切 り と し て 、 学 問 と は な げ で 、 日 本 語 を あ た か も 母 語 で は な い 言 葉 に 化 学 、 造 化 史 (Natural History) う し た 諸 学 術 受 容 と 咀 嚼 の 過 程 で 、 西 先 生 に か 、 技 芸 術 と は な に か と い う 基 礎 か ら 、 の よ う に 読 む こ と が で き た と も 思 う 。 そ れ 邦 は た く さ ん の 翻 訳 語 を 造 っ て い る 。 よ く 知 諸 学 を ど う 体 系 化 し て と ら え る こ と が で き も そ の は ず 、 「 百 学 連 環 」 と は 、 そ も そ も で 、 刀 ら れ て い る 「 哲 学 」 を は じ め と し て 、 「 演 る か と い う 大 き な 図 を 示 し て 見 せ る ま で に 古 今 東 西 に 根 を 持 っ 諸 学 術 や 概 念 を め ぐ る な の 繹 」 「 帰 納 」 「 主 観 」 「 客 観 」 な ど 、 現 在 私 至 る 。 そ ん な 文 書 を 浅 学 非 才 の 身 で 読 も う 旅 の よ う な も の 、 「 母 語 の 外 へ 出 る 旅 」 ( 多 語 た ち が 使 っ て い る 言 葉 も 少 な く な い 。 言 う と い う の だ か ら 、 七 転 八 倒 は 必 至 。 畢 竟 読 和 田 葉 子 ) な の だ か ら 。 あ な た に も お 楽 し 母 み い た だ け れ ば こ れ 幸 い 。 む 速 度 も 落 ち る と い う も の だ 。 な れ ば 現 代 日 本 語 の 恩 人 で も あ る 。 興 味 深 い の は 、 そ の 造 語 の 手 法 だ 。 先 ほ 「 百 学 連 環 」 を 読 む 前 に も こ れ と 似 た 七 転

新潮【第百十三巻第十一号】


厭 で あ る 。 な ぜ か と い え ば 高 み か ら 人 を 教 え る よ う で : 実 感 だ っ た 。 分 ら せ る と い う 努 力 は 堕 落 だ と 思 う 。 真 剣 に 行 っ た 時 に 、 ギ 初 日 の 小 林 は 、 菊 池 に 、 神 を 信 じ て い た 十 六 世 紀 の ケ プ ラ リ ギ リ の 一 生 懸 命 の 所 が 、 分 る よ う な 日 本 語 に な る と い う 風 ー を ど う 思 う か と 尋 ね た り 、 諸 井 に 、 西 洋 音 楽 と 日 本 音 楽 に に な ら な け れ ば な ら ん と 思 う 〉 。 だ が 小 林 は 納 得 せ ず 、 追 い つ い て い く つ か 質 問 し た ほ か は 、 他 人 の 発 言 に 相 槌 を 打 っ 程 打 ち を か け る 。 〈 平 易 に つ と め 書 く と い う 事 に 賛 成 す る わ け 度 だ っ た 。 積 極 的 に 発 一 一 一 口 を 始 め る の は 二 日 目 か ら で あ る 。 そ で は な い 。 例 え ば ベ ル グ ソ ン は 平 易 だ が 、 そ う 努 め て い る わ れ は 一 日 目 の 議 論 に 対 す る 批 評 と し て 始 ま る 。 小 林 は ま ず 、 け で は な い 。 つ ま り 、 通 俗 的 で は な い 。 従 っ て 明 晰 だ が 理 解 こ の 座 談 会 が 、 日 米 開 戦 と い う 政 治 的 危 機 を 受 け て 、 〈 な ん に 容 易 と い う わ け で は な い 〉 。 小 林 は た ん に 嫌 味 を 言 っ て い と か 日 本 的 原 理 と い う も の を 発 見 し な け れ ば な ら ん 〉 と い う る わ け で は な い 。 近 代 を 超 え る と い う 議 論 を し て い る 言 葉 自 目 的 か ら 行 わ れ て い る こ と を 確 認 す る 。 小 林 が 論 文 を 寄 せ な 体 が 、 〈 的 〉 や 〈 性 〉 の 異 常 な 多 用 と い う 、 近 代 日 本 の 混 乱 か っ た の は 、 い か に も 緊 急 に 「 日 本 」 を 発 見 し よ う と す る こ そ の も の を 体 現 し て い る 、 そ の 根 本 的 な 問 題 を 問 う て い る の の 討 議 に 対 し て 、 最 初 か ら 違 和 感 が あ っ た か ら だ ろ う か 。 こ だ 。 す で に 小 林 は 「 学 者 と 官 僚 」 ( 一 九 三 九 ) で 、 西 田 幾 多 郎 こ で 小 林 は 、 社 会 や 政 治 に つ い て 何 一 つ 言 及 す る こ と な く 、 の 文 章 に つ い て 書 い て い た 。 〈 西 田 氏 は 、 た だ 自 分 の 誠 実 と 自 分 の こ と だ け を 述 べ る 。 明 治 以 来 続 い て い た 有 無 を 言 わ さ い う も の だ け に 頼 っ て 自 問 自 答 せ ざ る を 得 な か っ た 。 自 問 自 ぬ 西 洋 近 代 の 輸 人 が 落 ち 着 い た と こ ろ で 、 自 ら を 形 成 し て き 答 ば か り し て い る 誠 実 と い う も の が 、 ど の 位 惑 わ し に 充 ち た た 西 洋 の 本 質 を 見 極 め よ う と 思 っ た と 。 〈 僕 は 、 西 洋 の 近 代 も の か は 、 神 様 だ け が 知 っ て い る 。 こ の 他 人 と い う も の の 抵 文 学 者 の 中 で 、 一 番 問 題 に 豊 富 な 大 き な 作 家 を 見 付 け て 、 そ れ を 徹 底 的 に 調 べ る こ と の 必 要 を 考 え ド ス ト エ フ ス キ イ を 見 抗 を 全 く 感 じ 得 な い 西 田 氏 の 孤 独 が 、 氏 の 奇 怪 な シ ス テ ム 、 日 本 語 で は 書 か れ て 居 ら ず 、 勿 論 外 国 語 で も 書 か れ て は い な 付 け た の で す 〉 。 〈 僕 は 、 日 本 人 ら し い ド ス ト エ フ ス キ イ 観 を い と い う 奇 怪 な シ ス テ ム を 創 り 上 げ て 了 っ た 〉 。 西 谷 も 吉 満 持 ち た い な ど と い う 考 え は 少 し も な か っ た 。 今 も な い 。 い か も こ の 〈 奇 怪 な シ ス テ ム 〉 を 克 服 し て い な い 。 だ が 真 の 問 題 に も 日 本 の 近 代 文 学 者 流 に 曲 解 さ れ た 彼 の 姿 を 正 し い 姿 に 返 は そ こ な の だ 。 技 術 も 政 治 も 文 化 も 言 葉 も 何 も か も を 、 西 洋 ら そ う と 努 力 し て い る だ け で す 〉 。 か ら 輸 人 せ ざ る を 得 な か っ た と こ ろ に 近 代 日 本 の 混 乱 が あ る こ の と き 、 当 時 の 社 会 情 勢 や 流 行 文 化 や 生 活 環 境 か ら 説 明 な ら ば 、 そ の 混 乱 は 、 日 本 人 と し て の 自 ら の 生 み 出 す 言 葉 に し よ う と し て も 、 何 の 意 味 も な い 。 な ぜ か 。 そ れ ら と 戦 っ て お い て 、 今 こ の 瞬 間 に 正 さ れ ね ば な ら な い 。 そ の 実 行 の な か 勝 っ た か ら こ そ 、 ド ス ト エ フ ス キ ー が 存 在 す る か ら だ 。 〈 文 に し か 「 日 本 」 は あ り 得 な い 。 こ れ が 文 学 者 と し て の 小 林 の 学 は 社 会 の 表 現 だ と か 、 時 代 の 表 現 だ と か い う 、 あ あ い う 考 304

新潮【第百十三巻第十一号】


2001 年 に カ ビ ラ 大 統 領 が 暗 殺 さ れ る と 、 息 子 の ジ ョ ゼ 地 区 に 暮 ら す 叔 父 の 小 さ な 家 に 下 宿 す る 。 セ レ ン バ オ は キ ン 刀 フ ・ カ ビ ラ が 大 統 領 に 就 任 す る 。 彼 は 反 政 府 勢 力 と の 和 平 合 シ ャ サ 南 部 の 丘 の 多 い 土 地 に あ っ て 、 大 雨 が 降 る と 地 滑 り が 意 に 調 印 し 、 大 統 領 選 挙 と 国 民 議 会 選 挙 の 実 施 の た め 、 20 よ く 起 こ り 、 そ の た び に 交 通 が 遮 断 さ れ た 。 05 年 の 肥 月 、 新 た な 憲 法 案 に 関 し て 、 そ の 信 を 問 う 国 民 投 リ ヴ ィ エ ー ル 学 院 は 6 年 制 の 公 立 の 共 学 校 で 、 歳 か ら 票 を 行 な う 。 こ の 国 民 投 票 が マ ッ サ ン バ の 人 生 の 大 き な 転 機 歳 ま で の 生 徒 た ち が 通 っ て い た ( 日 本 で い う と 中 学 と 高 校 に と な る だ ろ う 。 当 た る ) 。 歳 で 人 学 し た マ ッ サ ン バ は 2 年 分 の 遅 れ が あ っ た た め 、 幻 歳 の 年 に 卒 業 す る 。 非 常 に 数 学 の 成 績 が よ く 、 彼 マ ッ サ ン バ ・ マ ン ガ ラ は 、 1975 年 生 ま れ 。 コ ン ゴ 民 主 が ク ラ ス メ イ ト た ち に 問 題 の 解 き 方 を 教 え て い る の を 見 て い 共 和 国 の 西 部 、 大 西 洋 に 接 す る バ コ ン ゴ 州 の ム バ ン ザ ・ ヌ グ た 教 師 か ら 、 卒 業 後 は そ の ま ま 学 院 に 残 り 、 数 学 の 教 師 に な ン グ で 育 つ 。 父 親 は 鉄 道 会 社 の 倉 庫 で 働 き 、 転 勤 で こ の 町 に ら な い か と 誘 わ れ る 。 家 族 を つ れ て や っ て 来 た 。 兄 弟 姉 妹 は 全 部 で 肥 人 ( ! ) 。 町 「 教 え る こ と は 好 き だ っ た か ら ね 。 喜 ん で 引 き 受 け た よ 」 と に 電 気 は ま だ 通 っ て い な か っ た が 、 貧 し い な が ら も 人 々 は 平 マ ッ サ ン 。 ハ は 言 う 。 「 教 師 は 自 分 の 天 職 だ と 確 信 し た 。 教 え 和 で 穏 や か な 日 々 を 送 っ て い た 。 ム バ ン ザ ・ ヌ グ ン グ も ま て い る と 落 ち 着 く ん だ 」 た 、 多 く の コ ン ゴ の 町 が そ う で あ る よ う に 、 キ コ ン ゴ 語 、 リ た し か に マ ッ サ ン バ の 話 は い つ も 理 路 整 然 と し て い る 。 自 ン ガ ラ 語 、 チ ル バ 語 、 そ し て 学 校 で 教 え ら れ る フ ラ ン ス 語 然 科 学 的 な 思 考 の 持 ち 主 な の だ ろ う な と 感 じ さ せ る 話 し ぶ り と 、 い く つ も の 一 一 一 口 語 が 飛 び 交 う 多 言 語 空 間 で あ っ た 。 そ の た め 、 マ ッ サ ン バ は キ コ ン ゴ 語 、 リ ン ガ ラ 衄 、 フ ラ ン ス を 自 そ の う ち マ ッ サ ン 、 ハ は 数 学 だ け で な く 地 理 も 教 え る よ う に 在 に 使 い こ な せ る 。 な る 。 当 時 、 コ ン ゴ は 大 き な 動 乱 の 最 中 に あ っ た 。 1997 ム バ ン ザ ・ ヌ グ ン グ に は 軍 の 駐 屯 地 が あ っ て 、 マ ッ サ ン 。 ハ 年 に は 、 ロ ー ラ ン ・ カ ビ ラ が 率 い る 反 政 府 軍 が キ ン シ ャ サ に は そ の 巨 大 な 運 動 場 に 行 っ て は 仲 間 た ち と サ ッ カ ー を し て 遊 人 り 、 モ ブ ツ は モ ロ ッ コ に 亡 命 す る 。 し か し マ ッ サ ン バ に よ ん だ 。 小 学 生 の こ ろ 、 労 働 の 大 切 さ を 訴 え る 先 生 に 引 率 さ れ れ ば 、 各 地 で 激 し い 戦 闘 が 起 こ っ て い る と い う 情 報 は た え ず て 、 町 の 近 隣 に 広 が る 林 に 出 か け て 、 木 々 を 伐 採 し た り 屋 根 人 っ て き て は い た が 、 キ ン シ ャ サ 市 内 は 比 較 的 平 穏 で 、 身 の を 葺 く た め の 草 を 刈 っ た り し た の は 懐 か し い 思 い 出 だ 。 危 険 を 感 じ る こ と は 特 に な か っ た と い う 。 彼 は こ の こ ろ 、 年 、 歳 の と き に 首 都 キ ン シ ャ サ に あ る リ ヴ ィ エ ー ト ナ ー と の あ い だ に 3 人 の 子 供 を も う け て い る 。 そ の 後 、 ー ル 学 院 に 進 学 す る 。 親 元 を 離 れ 、 キ ン シ ャ サ の セ レ ン 。 ハ オ 子 供 た ち の 母 親 と 別 れ た あ と 、 別 の 女 性 と 結 婚 す る 。 そ の 妻

新潮【第百十三巻第十一号】


ド ・ ジ マ ー ン だ け が 、 こ う し た 議 論 の 流 れ に 異 を 唱 え て い 『 西 洋 の 没 落 』 ( 第 一 巻 「 形 態 と 現 実 」 ( 一 九 一 八 ) 、 第 二 巻 る 。 〈 諸 君 は 先 ず 、 ヨ ー ロ ツ 。 ハ の 神 話 を 持 た れ る 。 こ の ヨ ー 「 世 界 史 的 展 望 」 ( 一 九 二 一 l)) で 、 西 洋 文 明 そ の も の を 根 幹 か ロ ツ 。 ハ の 神 話 は こ こ 数 年 来 非 常 な 害 を し ま し た 。 日 本 を 国 際 ら 疑 い 、 世 界 的 に 評 判 を 得 て い た 。 日 本 で も 、 こ の 本 に 影 響 聯 盟 か ら 追 い 出 し た の は 之 で す 。 ジ ュ ネ ー ヴ で ヨ ー ロ ツ 。 ハ の を 受 け た 室 伏 高 信 の 『 文 明 の 没 落 』 ( 一 九 二 一 一 l) が 、 翌 年 の 神 話 を 創 り 出 さ な け れ ば な ら ぬ と 云 い 出 し た 時 か ら 、 そ こ に 『 土 に 還 る ー ー 文 明 の 没 落 第 二 巻 』 と 合 わ せ て 十 万 部 近 く 売 れ た と い う 。 い る す べ て の 非 ヨ ー ロ ツ 。 ハ 人 は 外 国 人 と い う 感 じ を 懐 い た の で あ り 、 か く て ヨ ー ロ ツ 。 ハ の 聯 合 の 宣 伝 は 歴 史 に 於 い て 、 一 明 治 以 降 、 日 本 が 躍 起 に な っ て 取 り 人 れ て き た 西 洋 近 代 文 九 三 一 年 の 極 東 危 機 の 序 曲 と 看 做 さ れ る で あ り ま し よ う 〉 。 明 に は 、 西 洋 自 身 が 疑 わ ざ る を 得 な い 根 本 的 な 問 題 が あ る よ し か し 、 そ の ジ マ ー ン に し て も 結 局 、 〈 わ れ わ れ の 為 す べ き う だ 。 西 洋 だ け で は な い 。 そ れ を ひ た す ら 模 倣 し て き た 日 本 こ と は 、 わ れ わ れ が 継 承 す る 高 貴 な る ギ リ シ ャ 文 明 に 嘗 て 与 も ま た 、 宣 戦 布 告 す ら な い 奇 妙 な 戦 争 を 十 年 来 続 け て い る 。 か ら な か っ た あ ら ゆ る 民 族 を 、 人 類 の 文 明 の 中 に 合 体 さ せ る 日 中 戦 争 ( 支 那 事 変 ) が 侵 略 戦 争 で あ る こ と は 、 当 時 の 知 識 こ と で あ り ま す 〉 と い う 結 論 に 至 る 。 人 の 誰 も が わ か っ て い た 。 だ が ど う し よ う も な か っ た 。 日 米 河 上 は こ う し た 議 論 を 〈 知 的 礼 節 に 装 わ れ 、 一 見 豊 か だ け 開 戦 は こ の う し ろ め た き を 払 拭 し た 。 日 本 は 中 国 と 戦 っ て い ど 決 定 的 な 声 部 を 骨 抜 き に さ れ た 華 麗 な 諧 音 の う ち に 、 全 員 る の で は な い 。 日 本 の 敵 は 西 洋 近 代 の 原 理 で あ る と 。 そ こ か の 合 唱 が 虚 ろ に 響 い て い る 〉 と 切 り 捨 て た ( 「 「 近 代 の 超 克 」 結 ら 生 じ た 、 「 近 代 を い か に 克 服 す る か 」 と い う 問 い は 、 座 談 語 」 ) 。 彼 ら に は 否 応 な く 自 己 を 問 わ さ れ る 者 の 切 実 さ が な 会 「 近 代 の 超 克 」 の 全 出 席 者 に 共 有 さ れ て い る 。 問 題 は 、 そ い 。 た だ し 、 ト ー マ ス ・ マ ン の 書 簡 中 の 、 〈 人 々 は 私 を 悲 観 の 「 近 代 」 の 解 釈 が 参 加 者 そ れ ぞ れ 違 う こ と 、 さ ら に 、 そ の 説 と 難 じ 、 私 の 苛 酷 と 否 定 論 を 批 難 す る で あ ろ う こ と が 目 に 克 服 の 仕 方 も ま る で 異 な る と い う こ と で あ る 。 そ れ を 見 る た 見 え て い る 〉 〈 ヨ ー ロ ツ 。 ハ 文 明 の 貧 困 化 は 戦 争 を も っ て 第 一 め に 、 以 下 で は し ば ら く 、 彼 ら の 提 出 し た 論 文 を 引 用 し つ の 原 因 と し た の で は な い 。 戦 争 は た だ そ れ に 拍 車 を か け 、 強 つ 、 討 議 の 輪 郭 を 確 認 し て い こ う 。 調 し た だ け の こ と で あ る 〉 と い う 一 一 一 口 葉 だ け に は 、 切 迫 し た 緊 討 議 の 掲 載 に 先 立 ち 、 「 文 學 界 」 一 九 四 二 年 九 月 号 に 、 ま 張 が あ る 。 そ れ は マ ン が 、 第 一 次 世 界 大 戦 の 敗 戦 国 で あ る ド ず 、 西 谷 啓 治 「 「 近 代 の 超 克 」 私 論 」 、 諸 井 三 郎 「 吾 々 の 立 場 雄 ィ ッ の 知 識 人 で あ り 、 そ の 余 波 の な か で 台 頭 し て き た ナ チ か ら 」 、 吉 満 義 彦 「 近 代 超 克 の 近 代 的 根 拠 」 ( の ち に 「 神 学 的 林 ス ・ ド イ ツ を 目 の 当 た り に し て い た か ら だ ろ う 。 あ る い は 、 根 拠 」 に 改 題 ) 、 津 村 秀 夫 「 何 を 破 る べ き か 」 の 四 篇 の 基 調 同 じ ド イ ツ の 歴 史 学 者 オ ズ ヴ ァ ル ト ・ シ ュ ペ ン グ ラ ー は 、 論 文 が 掲 載 さ れ た 。 続 い て 十 月 号 に 、 討 議 の 全 文 と と も に 、

新潮【第百十三巻第十一号】


込 み と 呼 ぶ こ と は で き な い 。 た だ し 、 扱 わ れ た テ ー マ が が 、 こ れ は 言 う ま で も な く 、 秋 葉 原 で 連 続 通 り 魔 事 件 が 起 「 任 侠 」 に 通 じ て い る こ と は ま ぎ れ も な い 事 実 で あ り 、 そ こ っ た 日 付 で あ る 。 こ に 新 境 地 を 拓 こ う と す る 作 家 の 並 々 な ら ぬ 「 野 心 」 も 無 で は 、 『 籠 の 鸚 鵡 』 で 辻 原 が 設 定 し た 一 九 八 四 年 へ の 関 視 で き な い 。 心 は ど こ に 由 来 し て い た の か 。 も ろ も ろ の 意 味 で 戦 後 日 本 の 転 換 点 と な っ た 一 九 八 〇 年 代 へ の 漠 た る ノ ス タ ル ジ ー で は 、 辻 原 は 、 な ぜ こ の 「 希 少 な 」 ジ ャ ン ル に 手 を 染 め る に い た っ た の か ? 少 し 遠 回 り し て 答 え を 探 ろ う 。 か 。 そ れ と も 、 よ り 直 接 的 に 、 山 一 抗 争 が 帯 び た 熾 烈 な ド 第 一 に 思 い 出 さ れ る の は 、 『 籠 の 鸚 鵡 』 で 設 定 さ れ た 一 一 フ マ 性 、 す な わ ち 、 闇 の 世 界 に 繋 が る 人 々 の 死 生 観 な い し 九 八 四 年 と い う 年 号 で あ る 。 こ の 年 、 日 本 の 戦 後 史 を 画 す 彼 ら が 恒 常 的 に 経 験 す る 実 存 的 状 況 へ の 関 心 だ っ た ろ う る 事 件 が い く つ か 起 き て い る 。 第 一 に 、 「 ジ ャ 。 ハ ン ・ ア か 。 も し 後 者 で あ る な ら 、 こ の 小 説 は 、 世 界 各 地 で テ ロ が ズ ・ ナ ン バ ー ワ ン 」 の 指 標 と も い う べ き 日 経 ダ ウ 平 均 株 価 頻 発 す る 現 代 と も は や 無 視 で き な い 根 源 的 な 絆 で 結 び あ っ が 初 め て 一 万 円 を 突 破 し た 。 男 女 と も に 平 均 寿 命 で 世 界 一 て い る こ と に な る 。 そ し て こ の 「 実 存 的 」 関 心 と の 繋 が り と な っ た 。 ま た 、 警 察 庁 広 域 重 要 指 定 事 件 の グ リ コ ・ 森 永 か ら 新 た に 浮 上 し て く る の が 、 こ の 小 説 で 「 任 侠 」 は 、 文 事 件 が や は り こ の 年 に 起 き た 。 こ の 年 日 本 は 、 戦 後 四 十 年 学 の テ ー マ と し て ど う 扱 わ れ た か と い う 問 い で あ る 。 の 節 目 を 前 に 、 ま さ に 戦 後 復 興 の 総 仕 上 げ と も い う べ き 段 ジ ャ ン ル は 異 な る が 、 暴 力 団 の 抗 争 と い う テ ー マ で 圧 倒 階 を 迎 え つ つ あ っ た の だ 。 こ の 状 況 は 、 任 侠 の 世 界 に も 影 的 な 印 象 を 残 し た の が 、 先 ほ ど も 触 れ た 『 ゴ ッ ド フ ァ ー ザ を 落 と し 、 闇 社 会 の に わ か な 活 況 と 、 活 況 が 必 然 的 に も た ー 』 だ っ た 。 こ の 映 画 で は 、 イ タ リ ア 系 ア メ リ カ 人 の 一 族 ら す 抗 争 、 壊 滅 と い う 宿 命 の サ イ ク ル が 始 動 し は じ め た 。 コ ル レ オ ー ネ 家 の 時 代 錯 誤 的 と も 思 え る 家 族 愛 の 光 景 と 、 山 一 抗 争 の 勃 発 で あ る 。 マ フ ィ ア 間 の 妻 惨 な 報 復 シ ー ン が 繰 り 返 し 描 か れ た 。 マ フ 思 う に 、 辻 原 の 小 説 に は 、 そ こ で 扱 わ れ る ト ピ ッ ク を よ ィ ア 世 界 で は 、 そ こ に 生 じ る 問 題 の 解 決 は す べ て 、 相 手 の り 普 遍 的 な 物 語 ( 歴 史 的 事 件 ) の 枠 で 囲 い こ も う と い う 強 抹 殺 す な わ ち 暴 力 的 な 死 と い う 形 態 を と る 。 そ の 驚 く ば か 烈 な 衝 動 が 潜 む 。 そ の 衝 動 が ど こ に 由 来 す る か は 明 ら か で り の 短 絡 性 が 、 映 像 の ジ ャ ン ル と の 親 和 性 を 生 み 、 数 多 く は な い が 、 よ り 普 遍 的 な 物 語 と の 接 点 な い し 連 続 性 が つ ね マ フ ィ ア 映 画 、 任 侠 映 画 の 傑 作 を 生 ん だ 。 他 方 、 世 界 的 な に 意 識 さ れ て い る 点 に 、 彼 の 小 説 が 特 色 と す る 一 種 独 自 の レ ベ ル で 見 て 日 本 が も っ と も 輝 い て い た 時 代 、 そ の 影 の 部 共 同 体 感 覚 と 高 度 に ス ペ ク タ ク ル 的 な 快 感 の 秘 密 が 潜 ん で 分 に 自 閉 的 に 息 を 潜 め る 人 々 の 世 界 が あ っ た 。 戦 後 日 本 の い る 。 例 え ば 、 『 冬 の 旅 』 の 冒 頭 で 描 か れ る 三 十 八 歳 の 緒 復 興 と 近 代 化 に 背 を 向 け て 生 き る 「 任 侠 」 の 人 々 で あ る 。 方 の 出 所 シ ー ン は 、 二 〇 〇 八 年 六 月 八 日 と 明 示 さ れ て い る そ の 世 界 で は 、 幸 福 の 幻 影 に ま ど わ さ れ た 平 凡 な 市 民 た ち

新潮【第百十三巻第十一号】


の 無 償 の 活 動 で あ る 筈 で あ る 〉 。 つ ま り 、 近 代 は 西 洋 の 歴 史 メ リ カ や フ ラ ン ス の 映 画 に 対 立 さ せ る 。 や 伝 統 と 切 り 離 せ な い の で あ り 、 そ の 精 神 性 を 理 解 す る 必 要 他 方 で 、 「 科 学 」 を め ぐ る 中 村 の 議 論 は 、 菊 池 論 文 に 関 わ が あ る の だ と 。 っ て く る 。 菊 池 は 、 理 化 学 研 究 所 に 勤 務 し て い た 二 十 六 歳 の こ れ は 説 得 力 の あ る 問 い か け だ が 、 中 村 や 保 田 與 重 郎 と 同 と き に 、 雲 母 の 結 晶 を 用 い て 電 子 線 回 折 の 実 験 に 成 功 。 光 の じ く 池 谷 信 三 郎 賞 を 受 賞 し た 映 画 評 論 家 の 津 村 は 、 異 な る 視 粒 子 性 と 波 動 性 に 関 わ る こ の 実 験 は 、 ル イ ・ ド ・ プ ロ イ か ら 点 か ら 歴 史 性 に つ い て 語 る 。 津 村 論 文 は 四 人 の 語 り 手 が 議 論 エ ル ヴ ィ ン ・ シ ュ レ ー デ ィ ン ガ ー に 到 る 量 子 力 学 の 基 礎 を 実 す る と い う 構 成 に な っ て お り 、 ど れ が 津 村 の 主 張 と も 言 い 難 証 す る も の で 、 世 界 的 に 注 目 さ れ た 。 座 談 会 当 時 は 、 大 阪 帝 い の だ が 、 一 貫 し て 注 目 さ れ る の が 、 西 洋 近 代 の 壮 大 な 実 験 大 で 中 性 子 や 原 子 核 に つ い て の 実 験 を 進 め て お り 、 の ち に 場 と し て 強 大 な 力 を 持 っ た 、 映 画 大 国 ア メ リ カ で あ る 。 〈 ソ は 、 日 本 の 原 子 核 研 究 ・ 原 子 力 開 発 の 指 導 者 と し て 核 燃 料 開 聯 の 共 産 主 義 映 画 と 違 っ て 、 ア メ リ カ 映 画 は 善 良 な 他 愛 な い 発 を 推 進 し 、 日 本 の 原 子 物 理 学 の 第 一 人 者 と な る 。 つ ま り 菊 顔 を し て い る か ら な お さ ら 曲 者 で あ る 。 伝 統 的 文 化 を 背 景 と 池 は 、 日 本 の 科 学 は 海 外 の 先 端 技 術 の 輸 人 で し か な く 、 歴 史 し な い の で 却 て わ か り 易 く 普 遍 性 が あ る 〉 。 つ ま り 、 中 村 の 的 な 精 神 性 が 欠 け て い る と い う 中 村 の 主 張 に 、 存 在 そ の も の 問 い か け と は 逆 に 、 近 代 の 本 質 的 な 力 は む し ろ 、 歴 史 や 伝 統 に よ っ て 反 証 す る よ う な 人 物 で あ る 。 た だ し 菊 池 は 科 学 の 歴 の な い 場 所 で こ そ 、 全 面 的 に 発 揮 さ れ る と 津 村 は 言 う 。 ま 史 性 を 無 視 し て い た わ け で は な い 。 む し ろ 中 村 の 言 う 以 上 た 、 亀 井 の 〈 映 画 と 写 真 と い う 近 代 文 明 の 利 器 が 、 人 間 の 精 に 、 あ る い は 中 村 の 主 張 と は 異 な る 意 味 で 、 日 本 の 科 学 の 歴 神 に 及 ぼ し た 功 罪 〉 と い う 映 画 へ の 弾 劾 に 期 せ ず し て 抗 す る 史 性 を 意 識 し て い た 。 た と え ば 、 湯 川 秀 樹 ・ 仁 田 勇 ・ 香 坂 要 よ う に 、 こ う 書 い て い る 。 〈 映 画 は い う ま で も な く 近 代 の 終 三 郎 ら と の 座 談 会 「 時 局 と 科 学 」 ( 「 改 造 」 一 九 四 一 年 九 月 ) で 焉 と 共 に 始 っ た 芸 術 形 式 で あ る 。 そ の 形 式 の 本 質 に お い て は 、 「 科 学 と は 真 理 や 抽 象 的 な 深 さ を 純 粋 に 求 め る も の で は は 、 そ れ 故 に 近 代 精 神 に 反 抗 す る も の を 持 っ て い る 〉 。 こ の な い の か 」 と い う 記 者 の 問 い に 対 し て 、 菊 池 は こ う 答 え て い 視 線 も 意 表 を 突 か れ る 。 近 代 的 な 機 械 技 術 の 産 物 で あ る 映 画 る 。 〈 そ れ じ ゃ い け な い の で す 。 研 究 目 的 は 国 防 国 家 建 設 で は 、 普 通 、 も っ と も 近 代 的 な 芸 術 と 考 え ら れ て い る 。 だ が 津 な け れ ば な ら ん の で す 〉 〈 応 用 科 学 な ら ば 自 然 現 象 の 研 究 で 村 は む し ろ 映 画 に 近 代 を 超 え る 可 能 性 を 見 る 。 そ の 具 体 例 と な く て 例 え ば 技 術 的 な 目 的 を 置 い て 、 ど れ だ け の 強 い 合 金 を し て 挙 げ ら れ る の は 、 レ ニ ・ リ ー フ ェ ン シ ュ タ ー ル の 『 民 族 造 る と か 、 は っ き り し た 目 標 を 置 い て 、 そ れ に 向 っ て 研 究 す の 祭 典 』 や 『 意 志 の 勝 利 』 と い っ た 、 ナ チ ス ・ ド イ ツ を 題 材 る 。 そ れ は は っ き り と 純 粋 科 学 と 差 が あ り ま す 〉 〈 日 本 人 と と し た 〈 記 録 映 画 〉 で あ る 。 津 村 は そ れ を 物 語 に 依 存 す る ア か 、 支 那 人 と か 、 ド イ ツ 人 と い う も の が あ る よ う に 、 抽 象 的 298

新潮【第百十三巻第十一号】


に お い て は 、 宗 教 性 ( プ ロ テ ス タ ン ト ) 、 主 体 性 ( ル ネ サ ン 学 と い う 「 近 代 」 の 分 裂 は 統 合 さ れ 、 人 間 は 新 た な 原 理 の 下 ス ) 、 合 理 性 ( サ イ エ ン ス ) の 三 者 が 分 裂 し て い る こ と が 、 に 指 導 さ れ る こ と に な る 。 「 近 代 」 の 問 題 だ っ た 。 す る と 、 「 近 代 」 を 超 え る と は 、 そ れ 西 谷 は こ の よ う な 〈 無 〉 が 、 日 本 人 の 特 徴 的 倫 理 と さ れ る ら を 矛 盾 な く 統 合 す る 原 理 、 つ ま り 、 主 体 性 の 否 定 そ れ 自 体 〈 滅 私 奉 公 〉 に お い て 、 す で に 実 現 さ れ て い る と 言 う 。 〈 わ が を 主 体 的 か っ 合 理 的 に 行 う 超 越 的 原 理 に よ っ て 、 こ れ ら の 一 一 一 国 の 伝 統 的 な 国 家 精 神 を な す と こ ろ の 、 い わ ゆ る 清 明 心 を 本 者 を 管 理 し 直 す こ と を 意 味 す る 。 そ の た め に は ま ず 肉 体 と 意 質 と し た 神 な が ら の 道 は か の 東 洋 的 な 世 界 宗 教 性 と 深 く 冥 合 識 が 否 定 さ れ な け れ ば な ら な い 。 な ぜ か 。 物 質 的 な 肉 体 が 有 す る も の で あ っ た 。 そ れ は 国 家 の 精 神 で あ り 乍 ら 、 同 時 に 主 る と い う こ と が 、 あ る い は 主 観 的 な 意 識 が 有 る と い う こ と 体 的 無 の 世 界 宗 教 性 を も 内 包 し 得 る よ う な 地 平 の 広 さ を 、 初 が 、 科 学 主 義 や 人 間 主 義 を 一 極 化 す る 原 因 と な り 得 る か ら め か ら 含 ん で い る も の で あ っ た と 思 う 〉 。 前 回 見 た よ う に 、 だ 。 ゆ え に 、 そ れ ら を 超 え る 原 理 は 、 そ れ ら を 否 定 す る 〈 物 京 都 学 派 の 議 論 は つ ね に 、 現 実 に 対 応 物 を 発 見 し よ う と す る や 心 の 彼 方 〉 に 求 め ね ば な ら な い 。 こ こ で 注 意 す べ き は 、 こ と き 、 奇 妙 に 転 落 す る 。 晦 渋 な 哲 学 的 な 思 考 を 重 ね な が ら 、 の 思 考 の 過 程 そ の も の は 合 理 的 で あ る こ と 、 ま た 、 す べ て を 結 局 、 「 家 」 や 「 滅 私 奉 公 」 や 「 天 皇 」 と い っ た 、 既 存 の 制 否 定 す る 意 志 そ の も の は 主 体 的 だ と い う こ と で あ る 。 奇 蹟 や 度 や 習 慣 の 肯 定 に 到 る 。 そ れ ら が 民 主 主 義 と 資 本 主 義 と 自 由 啓 示 に よ っ て 非 合 理 に 主 体 性 を 否 定 さ れ て い る わ け で は な 主 義 を 超 え 、 東 亜 の 共 同 を 可 能 に す る と 彼 ら は 考 え て い た 。 い 。 こ の 論 理 を 受 け 人 れ た と し て も 、 合 理 性 や 主 体 性 は そ の 話 を 戻 せ ば 、 こ の よ う な 西 谷 の 議 論 を 、 菊 池 は 厳 し く 批 判 ま ま 存 在 す る 。 た だ 、 そ れ ら を 超 え る 境 地 が 示 さ れ る こ と に し た 。 〈 西 谷 さ ん の 書 か れ た も の を 見 る と 何 か 「 無 」 の 哲 学 よ り 、 合 理 性 や 主 体 性 は 最 終 的 な 価 値 判 断 の 根 拠 と な る 権 利 を 説 い て 居 ら れ る 様 に 見 え ま す が 、 西 谷 さ ん は 長 年 禅 を や っ を 失 う の で あ る 。 で は 〈 物 や 心 の 彼 方 〉 と は 何 か 。 西 谷 は そ て 居 ら れ る 所 か ら 見 て も あ の 論 文 は 結 局 御 自 身 の 進 ま れ た 飛 れ を 〈 無 〉 と 呼 ん で い る 。 〈 無 と は い え 、 無 い と い う 意 味 で 躍 の 途 を 商 売 柄 あ ん な 一 一 一 口 葉 で 述 べ ら れ た だ け の こ と で 、 無 の は な い 。 た だ 物 の 如 く 「 有 」 と し て 対 象 的 に 捉 え ら れ る も の 論 理 と か 無 の 哲 学 と 云 う 様 な も の が あ る わ け で は な い と 思 い で は な い と い う 意 味 で あ る 〉 。 物 質 や 意 識 を 超 え る 運 動 と し ま す 〉 。 菊 池 は 、 合 理 的 に 理 解 さ れ 実 践 さ れ る 信 仰 な ど あ り て の 〈 無 〉 。 さ ら に 西 谷 は そ れ を 〈 宗 教 〉 と 呼 ぶ 。 な ぜ か 。 得 な い こ と を 、 科 学 者 と し て 痛 感 し て い た 。 〈 我 々 は 科 学 に 物 質 に も 、 精 神 に も 、 そ の 融 合 と し て の 「 人 間 」 に も 囚 わ れ 忠 実 で あ れ ば あ る 程 、 又 妥 協 を 許 さ な け れ ば 許 さ な い 程 、 霊 ず 、 そ れ ら を 否 定 し 超 越 す る も の 、 そ れ を 遥 か 昔 よ り 人 は 的 な も の や 神 的 の も の を 人 れ る 余 地 は な く な っ て 来 ま す 。 霊 「 神 」 と 呼 ん で き た か ら だ 。 こ こ に 至 っ て 、 宗 教 、 主 体 、 科 的 と か 神 的 と か 云 わ ず と も 精 神 的 の も の す ら 影 を ひ そ め て 来 300

新潮【第百十三巻第十一号】


な 人 間 と い う も の が な い 。 そ う い う よ う に 科 学 だ っ て 抽 象 的 間 の 主 体 性 を 否 定 す る プ ロ テ ス タ ン ト 、 人 間 の 主 体 性 を 肯 定 な 科 学 は な い 〉 。 こ う し た 国 家 と の 直 接 的 な 結 び つ き 自 体 が 、 す る ル ネ サ ン ス 、 人 間 に 無 関 心 な サ イ エ ン ス と い う 、 原 理 的 中 村 の 言 う 精 神 性 の 欠 如 と 見 る こ と も で き る の だ が 、 そ れ は に 相 容 れ な い も の が 、 分 裂 し た ま ま 始 ま っ た も の が 〈 近 世 〉 一 先 ず お こ う 。 こ こ で は 、 先 端 科 学 者 の 菊 池 が 討 議 後 の 論 文 で あ る と す る 。 そ し て 、 そ の 延 長 に あ る 「 近 代 」 は 、 各 々 が で 再 考 し た の が 、 〈 科 学 と 神 的 な も の 或 は 霊 的 な も の と の 関 一 本 で 社 会 を 支 え よ う と し て は 失 敗 し 、 そ の 一 極 の 破 綻 を 他 係 〉 だ っ た こ と に 注 目 し た い 。 だ が そ の 前 に 、 そ こ で 言 及 さ の 二 極 が 競 合 的 に 補 完 す る 三 角 構 造 に な っ て お り 、 こ の 無 秩 れ る こ と に な る 西 谷 の 議 論 に つ い て 、 同 じ く 京 都 学 派 の 鈴 木 序 な 分 裂 と い う 構 造 を 抱 え て い る こ と が 、 「 近 代 」 の カ の 源 の 議 論 と 合 わ せ て 確 認 し て お こ う 。 で あ り 、 同 時 に 根 本 的 な 問 題 な の だ と 整 理 す る 。 従 っ て 、 そ 鈴 木 と 西 谷 に と っ て は 、 近 代 を 理 解 し 尽 く し た 先 で 近 代 を れ を 超 え る 原 理 を 提 示 す る こ と が 、 「 近 代 の 超 克 」 と い う こ 超 え る と い う 姿 勢 は 、 当 然 の 前 提 だ っ た 。 事 前 に 提 出 さ れ た と に な る 。 西 谷 は そ れ を 〈 主 体 的 無 の 宗 教 〉 に 求 め る 。 や や 論 文 は い ず れ も 、 西 洋 と 東 洋 を 含 め た 〈 世 界 が 当 面 し て い る わ か り に く い 文 章 だ が 引 用 し よ う 。 〈 一 つ の 物 体 で あ る 身 体 と こ ろ の 課 題 〉 ( 鈴 木 ) を 、 い か に 日 本 の 思 想 と 実 践 が 乗 り と 、 通 常 「 心 」 と い わ れ る 意 識 的 自 己 と を 除 い て 見 た 時 、 越 え る か 、 と い う 問 い の 立 て 方 に な っ て い る 。 〈 そ れ は 例 え 吾 々 に は 何 も 残 ら な い の で あ ろ う か 。 そ れ は 実 際 に 何 も 残 ら な い と も い え る 。 併 し そ の 残 ら な い 所 に 実 は 残 る も の が あ ば 政 治 に お い て は デ モ ク ラ シ ー の 超 克 で あ り 、 経 済 に お い て は 資 本 主 義 の 超 克 で あ り 、 思 想 に お い て は 自 由 主 義 の 超 克 を る 。 寧 ろ そ こ に 初 め て 、 如 何 に し て も 対 象 化 さ れ 得 な い 、 従 意 味 す る 〉 ( 同 ) 。 鈴 木 は 、 近 代 の 超 克 と い う 問 い 自 体 が 西 洋 っ て 科 学 の 視 野 に も 這 人 っ て 来 得 な い 唯 一 の も の が 、 即 ち 主 由 来 の も の で あ る こ と 、 そ こ で は 、 超 克 す べ き 「 近 代 」 が 、 体 と し て の 吾 々 に 於 け る 真 の 主 体 性 の 立 場 が 現 れ る の で あ 資 本 主 義 の 発 達 か ら 第 一 次 大 戦 に 至 る 十 九 世 紀 以 降 に 限 定 さ る 。 そ れ を 主 体 的 無 の 立 場 と 呼 び 得 る 〉 〈 物 と か 心 と か は な れ る も の な の か 、 そ れ と も 、 十 四 世 紀 に 始 ま っ た ル ネ サ ン ス お 有 で あ る 。 通 常 「 自 己 」 と い わ れ る も の は 、 な お 「 有 」 と 以 降 の 「 人 間 中 心 主 義 」 を も 含 む も の な の か と い う 議 論 が あ し て 恰 も 物 の 如 く 実 体 的 な も の と 考 え ら れ た 自 己 で あ る 。 然 る こ と が 指 摘 さ れ る 。 こ れ は 歴 史 区 分 を め ぐ る 衒 学 的 な 議 論 る に 、 真 の 主 体 性 は か か る 物 や 心 の 彼 方 の も の 、 其 等 の 否 定 で は な い 。 中 世 の 社 会 原 理 だ っ た 「 神 」 を 、 近 現 代 社 会 が い 即 ち い わ ゆ る 「 身 心 脱 落 」 に 現 れ る も の で あ り 、 意 識 的 自 己 雄 か に 引 き 継 い だ の か 、 引 き 継 ぎ 損 な っ た の か と い う 問 い が 含 の 否 定 、 い わ ゆ る 小 我 を 滅 し た 「 無 我 」 、 「 無 心 」 と し て 現 れ 琳 ま れ て い る 。 る も の で あ る 〉 。 西 谷 の 議 論 は こ の 鈴 木 の 議 論 に 呼 応 し て い る 。 西 谷 は 、 人 こ れ が な ぜ 「 近 代 の 超 克 」 の 原 理 と な る の か 。 西 谷 の 構 図

新潮【第百十三巻第十一号】


物 語 を 紡 ぎ 出 す 、 と い う 、 い わ ば プ ロ フ ェ ッ シ ョ ナ ル な 才 能 に お い て 、 辻 原 登 が 現 代 日 本 の 文 学 で も 稀 有 な 存 在 で あ る こ と は 異 論 の な い と こ ろ だ と 思 う 。 だ が 、 具 体 的 に 辻 原 文 学 の 何 が 妻 い の か 、 と 問 わ れ て 、 「 面 白 い 」 と い う 形 容 と は 別 の 答 え で 応 じ る こ と の で き る 読 者 は そ う 多 く な い の で は な い か 。 物 語 の 生 命 は 、 む ろ ん 「 面 白 さ 」 に あ り 、 そ の 「 面 白 さ 」 を 一 定 の レ ベ ル で 維 持 で き な け れ ば 、 も は や 「 プ ロ フ ェ ッ シ ョ ナ ル 」 の 名 に 値 し な い 。 ま た 、 一 つ の 原 型 的 な プ ロ ッ ト を 、 ト ー ト ロ ジ カ ル に な ぞ り 続 け る だ け の 作 家 を 、 「 稀 有 な 」 と 表 す る こ と も 難 し い 。 何 よ り も こ の 「 面 白 さ 」 の 点 で 、 辻 原 は 、 ま さ に 別 格 の 存 在 な の で あ る 。 も っ と も 、 文 学 に お け る 「 面 白 さ 」 は 必 ず し も 一 義 的 で は な い 高 度 に ス ペ ク タ ク ル 的 な 快 感 辻 原 登 『 籠 の 鸚 鵡 』 を 読 む 亀 山 郁 夫 し 、 一 般 に 言 う 文 学 の 「 面 白 さ 」 と 、 小 説 の 「 面 白 さ 」 、 あ る い は 物 語 そ の も の の 「 面 白 さ ー が た が い に 顔 を 背 け あ う 場 合 も あ る は ず で あ る 。 そ の 意 味 で 、 文 学 、 小 説 、 物 語 の 三 つ の レ ベ ル で 「 面 白 さ 」 を 実 現 で き る 作 家 が い る と す れ ば 、 そ れ こ そ は 「 稀 有 以 上 」 の 存 在 と い う こ と に な る が 、 私 は 長 年 、 辻 原 登 を ま さ に そ の よ う な 作 家 と し て イ メ ー ジ し て き た 。 端 的 に 、 つ ね に 、 怖 い ほ ど 、 面 白 い 。 さ て 、 物 語 の 「 面 白 さ ー を か り に 別 の 表 現 に 置 き 換 え る と し た ら 、 ス ペ ク タ ク ル 的 な 快 感 と 呼 ぶ こ と が で き る だ ろ う 。 思 う に 、 辻 原 文 学 の 特 徴 の 一 つ は 、 時 間 と 空 間 の 設 定 、 プ ロ ッ ト 、 モ チ ー フ 等 に お け る 型 破 り の 多 様 性 、 振 れ 幅 の 大 き さ に あ る 。 す べ て の 物 語 を 書 き 尽 そ う と い う 野 心 を 抱 き 、 そ れ を 着 実 に 実 行 し つ づ け る リ ゾ ー ム 型 天 才 。 紀 264

新潮【第百十三巻第十一号】


朴 な 質 問 に 、 小 学 二 年 生 は 即 座 に 答 え た 。 ま ま 信 じ ら れ る よ う に 、 今 後 も 進 化 し て い ほ ら ね 、 と 自 慢 す る 彼 に 、 ス ゴ イ ス ゴ イ そ う い う ふ う に 出 来 て る ん だ よ 、 こ れ 。 く の だ ろ う か 。 原 理 は 知 ら な く て も 使 い 方 と 拍 手 し た け れ ど 、 胸 の 中 に は 人 知 れ ず 暗 そ う な ん だ 、 そ う い う ふ う に 出 来 て い る さ え 解 れ ば 良 い 、 と な る の だ ろ う か 。 子 供 の こ ろ 愛 読 し た 「 文 明 の 利 器 」 と い 雲 が 垂 れ 込 め る 。 な ぜ な ら 彼 は 、 離 れ た 場 の か 。 釈 然 と し な い ま ま 頷 い た 。 所 の ア イ 。 ハ ッ ド が ど の よ う な メ カ ニ ズ ム で 時 計 だ け で な く 二 足 歩 行 の ロ ポ ッ ト も レ う ザ ラ 紙 で 作 っ た 本 に は 、 利 器 の メ カ ニ ズ 時 計 の 針 を 動 か す の か 、 全 く 疑 問 を 抱 い て ゴ で 組 み 立 て 、 動 か す こ と が 出 来 る そ う だ ム が 詳 し く ア ナ ロ グ 的 に 図 解 説 明 さ れ て い い な い か ら だ 。 疑 問 を 抱 い て い な い し 、 も が 、 な ぜ そ う な る か を 考 え て い て は 愉 し く た 。 あ の 読 書 体 験 が 今 や マ イ ナ ス に な っ て ち ろ ん 理 解 も し て い な い 。 時 計 の 針 と ア イ な い だ ろ う 。 彼 に と っ て は す べ て が 遊 び な い る 。 。 ハ ッ ド の 関 係 を 作 り 上 げ た の は 途 方 も な い の だ か ら 。 と は い え 、 飛 行 機 に 乗 る た び 落 ち ま せ ん 技 術 の 集 積 だ が 、 そ れ ら を 理 解 し な い ま そ う い う ふ う に 出 来 て い る 、 と 自 分 に 言 よ う に と 祈 り な が ら 、 そ の 不 安 の お か げ で ま 、 使 う こ と に 夢 中 に な っ て い る 。 え 、 ど い 聞 か せ て は み る け れ ど 、 飛 行 機 だ け は 無 何 か を 得 て い る の も 確 か だ 。 小 説 の 肝 心 な う し て ? と 呆 然 と し て し ま う の は 私 ば か 理 で 、 金 属 の 塊 が 空 を 飛 ぶ 原 理 は 、 い く ら と こ ろ は 、 大 抵 飛 行 機 の 中 で 生 ま れ る 。 あ 流 体 力 学 で 説 明 さ れ て も 身 体 が 納 得 し な り 得 な い こ と が 今 こ こ で 起 き て い る と い う そ う い え ば 、 ケ ー タ イ だ っ て テ レ ビ の リ い 。 だ か ら い つ も 、 ど う か 落 ち ま せ ん よ う 高 揚 、 こ れ は 奇 蹟 だ と い う 特 別 な 感 覚 の お か げ で 、 説 明 で き な い 静 か な 興 奮 が や っ て モ コ ン だ っ て 、 中 空 を 飛 ん で い る 何 か が 存 に 、 失 速 し ま せ ん よ う に と 念 じ て い る 。 在 す る の だ か ら 、 そ れ を い ち い ち 不 思 議 が 高 度 に 発 達 し た 科 学 技 術 を 、 と り あ え ず き て 、 神 様 ( み た い な 存 在 ) に 感 謝 し 、 無 る 方 が 変 な の だ ろ う 。 無 心 に 信 じ る 子 供 達 は 、 飛 行 機 に 乗 っ た と 事 地 上 に 降 り ら れ た な ら 、 こ れ ま で よ り ず な る ほ ど 、 科 学 の 進 歩 と は そ う い う こ と き 、 私 の よ う な 不 安 を 覚 え な く な る の だ ろ っ と マ シ な 仕 事 を し 、 精 一 杯 生 き ま す 、 な か 。 途 中 の 原 理 を 。 ハ ス し て 丸 ご と 信 じ る 。 う か 。 た と え ば 火 星 に 飛 行 す る と な る と 、 ど と 誓 っ た り す る 。 す る と 神 様 も 、 ち ゃ ん 信 じ る こ と が 出 来 る か ら 、 原 理 の 部 分 は さ 様 々 な 計 器 の 数 値 を 信 じ て 宇 宙 の 闇 を 旅 す と 無 事 に 着 陸 さ せ て く だ さ る の だ 。 て 措 い て 、 そ の 先 へ 進 ん で も 行 け る の だ 。 る の だ ろ う が 、 そ う で あ れ ば 、 火 星 探 査 の 体 内 に 起 き る 疑 問 は 、 生 理 的 な 恐 怖 を 連 数 学 に は 定 理 が あ る 。 問 題 を 解 く に は す で 飛 行 士 は ま ず 何 よ り 、 計 器 の 数 値 が 表 す 科 れ て く る し 、 そ の 恐 怖 の お か げ で 、 脳 内 に に 完 成 さ れ た 定 理 を 使 え ば い い の だ し 、 い 学 技 術 全 体 を 信 じ な く て は な ら な い 。 数 値 何 か が 生 ま れ る 。 そ れ が 嬉 し く て 、 ま た 飛 ち い ち 定 理 を 疑 い 検 証 し て い て は 先 に 進 め を 疑 い 、 数 値 の 根 拠 に 疑 問 を 持 つ よ う な 性 行 機 に 乗 る 。 こ れ は き っ と 依 存 症 だ ろ う 。 な い 。 そ れ と 同 じ こ と か 。 格 な ら 、 と て も 心 身 が 保 た な い だ ろ う 。 な ぜ 時 計 の 針 が 動 く の ? と い う 私 の 素 人 間 は 、 既 存 の 科 学 技 術 を そ っ く り そ の 269 依 存 症