検索 - みる会図書館

検索対象: 新落語的学問のすすめ

新落語的学問のすすめから 265件ヒットしました。

新落語的学問のすすめ


新 落 語 的 学 問 の す す め

新落語的学問のすすめ


落 語 的 学 間 の す す め 桂 文 珍 Ka な 〃 お ″ 〃 易 剏 潮 出 版 社

新落語的学問のすすめ


新 落 語 的 学 問 の す す め 発 行 所 / 潮 出 版 社 発 行 人 / 西 原 賢 太 郎 付 物 / 栗 田 印 刷 印 刷 ・ 製 本 / 明 和 印 刷 ・ 東 京 美 術 紙 工 装 丁 / 菊 地 信 義 ◎ 20 Ⅸ ) Bunchin Katsura 著 者 / 桂 文 珍 2g0 年 3 月 5 日 初 版 発 行 http://www. usio. co. jp Printed in Japan 落 丁 ・ 乱 丁 本 は お 取 り 替 え い た し ま す ISBN4-267-01550-3 C 開 95 ☆ 電 話 / 03 ・ 3230 ・ 0781 ( 編 集 ) 03 ・ 3230 ・ 0741 ( 販 売 ) 振 替 口 座 / 81 5-610g 〒 102-8110 東 京 都 千 代 田 区 飯 田 橋 3 - 1 - 3

新落語的学問のすすめ


あ っ と い う 間 の 半 年 間 、 慶 應 義 塾 大 学 で の 講 義 は 落 語 家 桂 文 珍 に と っ て 誠 に ス リ ル の あ る 刺 激 的 な 時 間 で あ り ま し た 。 関 西 大 学 で の 講 義 は 毎 週 あ っ て 十 二 年 も 行 っ て し ま い ま し た が 、 何 し ろ 、 関 東 、 そ れ も 慶 応 で す か ら 。 よ く 聞 か れ る の は 関 東 と 関 西 の 学 生 君 は 、 違 い ま す か ? と い う 質 問 で し た 。 終 わ っ て み れ ば 、 世 代 が 同 じ な わ け で す か ら そ れ 程 の 違 い は な か っ た の で す が 、 両 方 に 言 え る こ と は 、 効 率 的 な 受 験 戦 争 の た め の 勉 強 に は 慣 れ て い る も の の 、 人 間 と し て の ぬ く も り や 、 知 識 、 深 い 思 慮 、 な ど が 少 し 、 足 り な い 、 効 率 性 を 重 ん じ た が 故 に 失 っ た 部 分 が あ る 。 つ ま り 本 来 の 教 育 の 基 本 た る リ べ ラ ル ア ー ツ の 部 分 が 充 た さ れ て い な い ま ま に こ こ ま で な っ ち ゃ っ た 、 と い う 学 生 君 が 東 も 西 も 多 い の で す 。 そ ん な 中 、 落 語 と い : ど 、 つ か は 、 、 い 、 も と な い 限 り , で 亠 の り ・ ま は た し て 、 お 役 に た て た か : が う 世 界 に 身 を 置 く 私 が 、 あ す が 、 学 生 諸 君 の 質 問 に 、 「 落 語 家 は 上 着 を ベ ロ ッ と 脱 ぎ ま す が 、 な ぜ 、 脱 ぐ の か 、 最 初 か ら

新落語的学問のすすめ


り ま せ ん 。 落 語 は 「 見 立 て る ー 藝 「 語 る 芸 能 」 「 し ゃ べ る 芸 能 」 「 読 む 芸 能 」 と こ う き ま し た 。 次 は 「 話 す 芸 能 」 で す 。 こ れ は 、 「 漫 談 」 と か 、 私 の 仕 事 で あ り ま す と こ ろ の 「 落 語 」 と い う の が 「 話 す 芸 能 」 と 言 っ て よ い か と 思 っ て お り ま す 。 じ ゃ あ 「 漫 談 」 と 「 落 語 」 は ど う 違 う ん だ ろ う 、 と み な さ ん 思 い ま す よ ね 。 こ の 講 義 の 一 回 目 の 時 に 、 み な さ ん に ア ン ケ ー ト 調 査 と い い ま す か 、 質 問 を 書 い て も ら い ま し た 。 そ こ で 、 落 語 に つ い て わ か ら な い こ と を 書 い て く だ さ い と お 願 い し ま し た ら 、 そ れ は そ れ は 、 す ば ら を し い み な さ ん か ら の ご 意 見 が あ り ま し た の で 、 紹 介 を し ま す 。 A 」 ま ず 、 「 落 語 は な ぜ 一 人 で 何 役 も や る ん で す か 。 友 達 は い な い の か 」 と 、 こ う い う こ と で す 。 面 白 い 指 摘 で す 。 私 は 落 語 家 で す か ら 、 演 出 も 出 演 も 、 全 部 自 分 一 人 で や る 、 そ れ が 当 た り レ 」 前 だ と 思 っ て た ん で す け ど 、 そ う い う ふ う に 聞 か れ て 初 め て 、 お つ 、 と 思 う よ う に な っ た と 耕 舌 い う の が あ り ま す が 、 落 語 は 一 人 で や る 藝 で す 。 講 そ れ か ら 、 「 落 語 は お じ い さ ん や お ば あ さ ん が よ く 見 て い ま す が 、 若 い 人 や 子 供 が 少 な い の 第 は ど う し て な ん で し よ う 」 。 こ れ も 面 白 い ご 意 見 で す ね 。 実 は 、 こ の 意 見 と 同 じ こ と を 、 う ち

新落語的学問のすすめ


落 語 は イ メ 1 ジ の み の デ リ ケ ー ト な 世 界 は い 、 お 早 う ご ざ い ま す 。 履 修 届 の 人 た ち の 数 を 見 ま す と 、 八 百 二 十 人 の 人 が こ の 講 義 を 履 修 し て い ま す が 、 透 明 人 間 が お る の で し よ う か 。 一 、 二 限 目 と い う の は 、 な か な か 厳 し い 時 間 帯 で す か ら 、 き つ い も の が あ ろ う か な と 思 い ま す 。 考 え た ら 全 員 こ の 教 室 に 入 れ る の か い ? ど っ ち や で も え え け ど 。 ( 笑 ) だ い た い が 専 門 的 に な れ ば な る ほ ど 数 は 減 る も ん で す 。 私 の 知 り 合 い の 関 西 大 学 の 教 授 が 、 十 二 月 に 「 文 珍 さ ん 、 新 し い 、 い い 川 柳 を 思 い っ き ま し た 」 と お っ し ゃ い ま す の で 、 「 あ 、 ど ん な 句 で す か 」 と 聞 き ま す と 、 「 寒 く な る 、 難 し く な る 、 こ な く な る 」 と 、 こ う お っ し や っ た 。 よ く で き て る な あ と 感 心 し て 、 「 先 生 、 そ れ よ 、 つ で き て ま す な あ 」 と 言 う た ら 、 「 こ れ を 投 稿 し よ う と 思 う ん で す が 」 。 投 稿 す る ほ ど の 内 容 で は な い と 思 い ま す ( 笑 ) 。 止 め る の に ず い ぶ ん 時 間 か か り ま し た で す が 、 そ う い う こ と で 、 朝 早 く か ら ご 苦 労 様 で す 。 か み て し も て さ て 、 前 回 、 み な さ ん か ら 「 上 手 と 下 手 は ど う い う 違 い が あ る ん で す か 」 と い う 質 問 を さ れ ま し て 、 私 も 、 基 本 的 な 質 問 で ご ざ い ま し た で す か ら 、 た い へ ん 困 っ た こ と で ご ざ い ま し た 。 そ れ の 説 明 を し よ 、 つ と 思 っ て 、 こ こ に ( 云 を 描 き ま し た 。 182

新落語的学問のすすめ


と も あ っ た で し よ う 。 今 は 舞 台 の 袖 ま で 遠 い の で 、 そ ん な 使 わ れ 方 は い た し ま せ ん 。 そ れ か ら 、 「 高 校 の 時 、 特 別 授 業 で 落 語 家 の 方 に 来 て い た だ き ま し た 。 と て も 面 白 か っ た の を 覚 え て ま す 。 伝 統 的 に 語 り 継 が れ て い く 話 が あ る ん で し よ う か 」 と い う ご 指 摘 で す が 、 古 典 落 語 と い う も の は 、 ほ と ん ど 、 伝 統 的 に 我 々 は そ れ を 引 き 継 い で し ゃ べ っ て い る も の で あ り ま す 。 中 に 、 詳 し い 人 か あ り ま し て 、 「 私 は 大 好 き で 、 小 学 校 の こ ろ か ら と き ど き 落 語 を 聞 き に 行 っ て い ま す 。 好 き な 噺 家 は 古 今 亭 志 ん 朝 師 匠 で す 」 「 志 ん 朝 師 匠 の 『 お 直 し 』 や 、 『 居 残 り 左 平 次 』 の よ う な 名 人 と 称 さ れ る も の が 、 若 い 人 は で き る ん で し よ う か 」 な ん て 、 非 常 に 専 門 的 な こ と を 書 い て る 人 も い た り し ま す 。 そ う で す ね 、 落 語 は な に も む ず か し い 世 界 で は ご ざ い ま せ ん で 、 大 衆 芸 能 な ん で す け れ ど 、 を 大 衆 の 中 で も ま れ て 、 今 日 ま で き ま し た で す が 、 た く さ ん の 先 輩 の 遺 産 を 継 ぐ だ け で は な し レ 」 新 し い 工 夫 を ま た 演 出 の 中 に も 入 れ て い か な い こ と に は 、 落 語 は つ ら い 時 代 に な っ て い く ん で は な い か と い う ふ う に 田 5 っ て い ま す 。 A 」 落 語 は と て も デ リ ケ ー ト な 芸 能 で す か ら 、 ち ょ っ と 音 が バ タ ン と し た り す る と 、 そ っ ち へ 耕 話 気 が 振 れ て し ま っ て 、 せ つ か く 頭 の 中 に 描 か れ た イ メ ー ジ の 世 界 が こ わ れ て 、 も う 話 が な ん 講 だ か わ か ら な く な っ て し ま う と い う 、 そ う い う と こ ろ が あ り ま す 。 繊 細 な 藝 で す 。 聴 か れ る 第 お 客 様 の イ メ ー ジ 、 夢 を こ わ し て は い け ま せ ん 。 テ レ ビ で で き な い 、 な か な か 不 向 き で あ る ロ

新落語的学問のすすめ


し た 時 に 、 前 に や っ て き た 学 生 く ん の 一 人 が 、 「 先 生 、 僕 、 大 阪 な ん で す わ ー 」 と 言 っ て お り 叩 ま し た が 、 慶 応 大 学 で 大 阪 弁 っ て 浮 く ん だ な あ と 思 い ま し た で す ね 。 大 阪 と い う か 、 関 西 自 身 が 慶 応 大 学 の 中 で 浮 い て お る と い う の が 面 白 い と 思 い ま す 。 今 日 も こ こ に 寄 せ て い た だ い て 、 寄 せ て い た だ い て と い う 先 生 っ て め ず ら し い で し ょ う ね 。 藝 人 で す か ら つ い そ う い う し ゃ べ り を し ま す が ー ー ・ こ こ に き た ら 、 ふ ー っ と 浮 く ん で す よ ね 。 な ん か 浮 い て る な ー と 思 う ん で す よ 。 私 だ け か と 思 っ た ら 、 浮 い て る 学 生 く ん は ほ か に も ち ゃ ん と い た り す る ん で す ね 。 そ れ が だ い た い 関 西 の 奴 だ っ た り す る ん で す な 。 そ う い う こ と を 、 関 西 は 虚 飾 性 が な い と か 書 い て く れ て ま す が 、 こ れ に つ い て も ま た 、 ど 、 つ し て そ う い う ふ う に な っ て る の か と い う よ う な 話 も 進 め て い き た い と 思 い ま す 。 一 番 面 白 い な と 思 っ た の は 、 「 落 語 」 。 私 の 仕 事 で あ り ま す 落 語 と い う も の に つ い て 、 み な さ ん の ア ン ケ ー ト を 見 ま し た ら 、 感 動 し ま し た 。 何 が 感 動 し た っ て 、 私 は ト キ の よ う な 状 況 に な っ て い ま す 。 天 然 記 念 物 の ト キ で す よ 。 わ か り ま す か ? も う 、 絶 滅 寸 前 の 、 幻 の よ う な 藝 で 、 そ ん な も の は 見 た こ と が な い と い う 意 見 が 圧 倒 的 に 多 う ご ざ い ま し た 。 な か に は 非 常 に マ ニ ア ッ ク な 人 が 少 し い ま し た が 、 「 ど う し て 座 っ て や る ん で す か 」 と か で す ね 、 「 ど う し て 一 人 で や る の か 」 と い う の も 、 私 は け っ こ う シ ョ ッ ク で 、 目 か ら 鱗 で ご ざ い ま し た 。 こ ん な に 人 が い る の に 、 ど う し て 一 人 で や る ん で す か ? と い う の は 、 あ る 種 、 真 理 を つ い て い る と こ ろ が あ り ま し て 、 実 は そ こ の と こ ろ が 藝 と し て の 成 り 立 ち が 違 う と い う

新落語的学問のすすめ


、 ヒ 匕 -4- 能 は 、 ま た 能 で 素 晴 ら し い 世 界 を 持 っ て い ま し て 、 い わ ば 、 き ゅ っ と 緊 張 さ せ る 方 を お 育 が 代 表 し て 、 緩 和 さ せ る 方 、 ゆ る め る 方 を 狂 言 が 代 表 し て る の か な あ と 思 い ま す 。 能 の 間 に 狂 言 を 見 る と 、 非 常 に 和 み が あ っ て 楽 し い も ん だ と い う ふ う に 思 っ て い ま す 。 演 者 が 消 え る ー ー ー 落 語 の 藝 ま あ 、 落 語 と い う の は 、 省 略 を し た 、 そ ん な 藝 な の で ご ざ い ま し て 、 で 、 な お か っ 特 徴 的 な こ と 、 落 語 の 一 番 面 白 い 部 分 は 、 「 演 者 が 消 え る 」 と い う こ と で す 。 そ こ の 世 界 へ 入 っ て し ま う と 、 演 じ て い る 方 は 消 え て い く と い う 、 そ う い う 世 界 な ん で ご ざ い ま す 。 物 語 が 始 ま っ て 、 ス ト ー リ ー が 展 開 し て い く と 、 演 者 が い な く な っ て し ま 、 つ 。 い な く な る と い っ て も 、 ~ 局 座 に 座 っ て る 落 語 家 が い な く な る と い う こ と で は あ り ま せ ん で 、 物 語 が 前 に 、 登 場 人 物 が 前 に 出 て ま い り ま す で す か ら 、 そ う す る と 演 者 が 消 え て し ま う と い う こ と な の で ご ざ い ま す 。 こ こ が 、 ほ か の ~ 云 能 と ち ょ っ と 違 う と こ ろ で す 。 そ う い う の を 、 ち ょ っ と み な さ ん の 前 で 、 導 入 部 だ け で す け れ ど も 、 や っ て み ま し よ う か ね 。 え ー 、 大 阪 は 、 東 京 と よ く 似 た 地 名 が あ り ま す が 、 東 京 に 日 本 橋 と い う の が あ り ま す 。

新落語的学問のすすめ


う に 、 ア プ ロ ー チ の 仕 方 は た く さ ん あ る ん だ と い う の を 、 こ う 、 発 想 す る と い う の が 、 発 想 師 に よ る 笑 い な の で あ り ま す 。 心 の 隙 間 を ち ょ っ と 突 か れ て し ま っ た よ う な 感 じ 。 ス ト ー ン と 落 と さ れ た よ う な 落 下 感 。 落 ち た 感 じ 。 こ こ に 、 私 が 「 落 語 」 と い う 字 を 書 い て ま す が 、 言 葉 に よ っ て ス ト ー ン と 、 イ メ ー ジ も 発 想 も 落 と さ れ た 感 じ と い 、 つ と こ ろ に 、 ど 、 つ も 、 「 落 巴 と い 、 つ 一 言 葉 の ル ー ツ と い 、 つ の が あ る よ う な 感 じ で す 。 心 の 隙 間 を 突 く こ 、 つ い 、 つ 遊 び を 、 も う 一 例 出 し て み る こ と に し ま し よ 、 つ 。 も 、 つ ケ ー キ は い い で す ね 。 は い 、 三 リ ッ ト ル の 立 方 体 の 器 と 、 五 リ ッ ト ル の 器 が あ り ま す 。 こ れ で 正 確 に 四 リ ッ ト ル を 計 っ て 下 さ い と い う 問 題 が 出 て い る と し ま す 。 お 水 を 計 っ て 下 さ い 。 お 水 は そ こ の プ ー ル の と こ ろ に あ り ま す か ら 、 い く ら で も 汲 め ま す 。 三 リ ッ ト ル と 五 リ ッ ト ル の 器 し か な く て 、 四 リ ッ ト ル を 正 確 に 計 り た い の で す 。 ど う す れ ば い い で す か ? こ れ は 、 い ろ い ろ ア イ デ ア が 浮 か ぶ か と 思 い ま す が 、 彼 は ど 、 つ で