検索 - みる会図書館

検索対象: 知的生活習慣

知的生活習慣から 235件ヒットしました。

知的生活習慣


と 頭 か ら き め て し ま う 。 ク 文 学 の わ か ら な 人 間 は 二 流 で 、 文 法 や 語 学 は そ の 二 流 の 人 間 が す る も の と し て 疑 わ な い 。 私 自 身 、 そ う い う 文 学 教 育 を 受 け て 、 文 学 研 究 や 語 学 は 、 文 学 の わ か ら な い の が す る も の だ と 思 っ て い た 。 学 生 だ っ た あ る と き 、 英 語 学 者 の 大 塚 高 信 博 士 が 、 こ ん な こ と を 言 わ れ た 。 若 い う ち は 文 学 が お も し ろ い が 、 年 を と る と 、 語 学 の 方 が お も し ろ く な る 。 私 は こ の こ と ば に 強 い 感 銘 を 受 け た が 、 私 自 身 、 文 学 青 年 的 で あ る こ と に 満 足 で き な く な っ て い た か ら で あ ろ う 。 文 学 の 勉 強 は 学 間 に な ら な い 。 言 語 学 の 勉 強 の 方 が 学 問 に 近 い 、 と 思 っ た 。 文 学 青 年 は 中 途 退 学 し た よ う な も の で あ る 。 文 学 青 年 は ま た 、 詩 と 小 説 で は ど ち ら が す ぐ れ た ジ ャ ン ル か と 問 わ れ る と 、 よ く も 考 え た こ と も な い く せ に 、 詩 の 方 が 小 説 よ り 芸 術 的 に 価 値 が あ る よ う な こ と を 言 う 。 歴 史 的 知 識 に 目 が く ら ん で い る の だ 。 同 じ よ う に 、 韻 文 と 散 文 と ど ち ら が す ぐ れ て い る か と 問 わ れ る と 、 き ま っ て 、 詩 、 韻 文 だ と 答 え る だ ろ う 。 こ れ も 、 韻 文 の 方 が さ き に 発 達 し た と い う 歴 史 的 知 識 に ひ き ず ら れ 、 古 い も の の 方 が 新 し い も の よ り す ぐ れ て い る よ う に 考 え て い る に す ぎ な い 。 2 0 2

知的生活習慣


歌 う の は 難 し い よ う で も 、 話 す 、 語 る に 比 べ た ら や さ し い 。 歌 手 は 数 年 で ス タ ー に 、 ロ り ,. 、 ス ビ な り う る が 、 落 語 家 は 真 打 に な る の に 、 そ の 何 倍 も か か る 。 落 語 よ り 素 語 チ は も っ と 厄 介 だ か ら 、 一 生 か か っ て も 、 う ま く 話 せ な い の が 一 般 で あ る 。 そ し て 、 人 々 は 歌 謡 を 聴 く こ と を 、 講 演 を き く こ と よ り は る か に お も し ろ い と 思 っ て い る 。 詩 歌 の 方 が 散 文 よ り お も し ろ い 、 高 度 の 表 現 で あ る と 感 じ る の は 、 高 等 教 育 を 受 け た 人 た ち の 間 で も 、 普 通 で あ る 。 そ う い う 社 会 で は 散 文 の 発 達 が お く れ る の で あ る 。 散 文 の 形 は と っ て い て も 詩 的 、 情 緒 的 な 表 現 を 美 し い と 感 じ る の は 、 ど こ の 国 に お い て も 同 じ で あ ろ う と 想 像 さ れ る が 、 日 本 語 に お い て こ と に 著 し い 散 文 確 立 の た め に は 、 あ え て 、 詩 歌 と 絶 縁 す る く ら い の 覚 悟 が 必 要 で あ る 。 自 然 科 学 者 の ほ う が い い 散 文 を 書 く こ と が 多 い の も 、 文 学 に 干 渉 さ れ る こ と が す く な い か ら で あ る 。 短 歌 、 俳 句 の 結 社 雑 誌 の 文 章 が あ ま り お も し ろ く な い こ と が 多 い の も 、 散 文 が 文 学 的 で あ る た め だ ろ う 。 散 文 的 で あ る の は つ ま ら ぬ 表 現 だ と い う 先 人 主 に と ら わ 釟 れ て い て は 、 平 明 、 達 意 の 文 章 は 書 け な い 。 歌 人 、 俳 人 で も な い 人 間 が 、 。 文 学 的 。 な 文 章 に あ こ が れ る の は 、 知 性 の 問 題 で あ る 。

知的生活習慣


ち く ま 新 書 独 学 の 精 神 1 東 大 生 の 論 理 「 理 性 」 を め ぐ る 教 室 道 徳 を 問 い な お す リ べ ラ リ ズ ム と 教 育 の ゆ く え Ⅷ 現 代 文 明 論 講 義 ニ ヒ リ ズ ム を め ぐ る 京 大 生 と の 対 話 論 語 力 端 生 き る た め の 論 語 入 門 朱 子 学 と 陽 明 学 無 教 養 な 人 間 の 山 を 生 ん だ 教 育 制 度 。 世 に は び こ る 賢 し 則 田 英 樹 ら な 教 育 論 。 そ こ に 決 定 的 に 欠 け た 視 座 と は ? 身 ひ と つ で 学 び 生 き る と い う 人 間 本 来 の あ り 方 か ら 説 く 学 問 論 。 東 大 生 は 理 詰 め で 、 知 的 で 、 ク ー ル な の ? 東 大 の 論 理 高 橋 昌 一 郎 学 講 義 で 行 っ た 対 話 を も と に し て 、 そ の 発 想 、 論 法 、 倫 理 に ふ れ る 。 理 性 の 完 全 性 を 考 え な お す 哲 学 工 ッ セ イ 。 ひ と り で 生 き る こ と が 困 難 な こ の 時 代 、 他 者 と 共 に 生 き 河 野 折 ロ 也 る た め の 倫 理 が 必 要 と な る 。 「 正 義 」 「 善 悪 」 「 権 利 」 と い ま 、 求 め ら れ る 「 道 徳 」 を 提 言 す る 。 は - 何 、 か ? ・ 殺 人 は 悪 か ? 民 主 主 義 は な ぜ 機 能 し な い の か ? 佐 伯 ロ 田 5 ヒ リ ズ ム と い う 病 が 生 み 出 す 現 代 社 会 に 特 有 の 難 問 に つ い て 学 生 と 討 議 す る 。 思 想 と 哲 学 が わ か る 入 門 講 義 。 学 び を 通 し た 人 生 の 作 り 上 げ 方 、 社 会 の 中 で の 自 分 の 在 齋 藤 亠 子 り 方 、 本 当 の 合 理 性 、 柔 軟 な 対 処 カ ー ー ニ 論 語 」 の 中 に は 、 人 生 に 必 要 な も の が す べ て あ る 。 決 定 的 入 門 書 。 「 論 語 」 に は 、 人 を 「 学 習 」 の 回 路 へ と 導 き 入 れ る 叡 智 宀 女 田 赤 一 が あ る 。 そ の 思 想 を 丁 寧 に 読 み 解 き 、 ガ ン ジ ー 、 サ イ バ ネ テ ィ ク ス 、 ド ラ ッ カ ー な ど と 共 鳴 す る 姿 を 描 き 出 す 。 儒 教 を 哲 学 化 し た 朱 子 学 と 、 そ れ を 継 承 し つ つ 克 服 し ょ 小 〈 紀 ~ 威 う と し た 陽 明 学 。 東 ア ジ ア の 思 想 空 間 を 今 も 規 定 す る そ の 世 界 観 の 真 実 に 迫 る 、 全 く 新 し い タ イ プ の 入 門 概 説 書 。

知的生活習慣


ヨ ー ロ ッ パ 思 想 を 読 み 解 く 何 が 近 代 科 学 を 生 ん だ か 反 〈 絆 〉 論 無 思 想 の 発 見 書 新 ま 現 代 語 訳 武 士 道 ち 現 代 語 訳 論 語 1103 877 現 代 語 訳 学 問 の す す め 現 代 語 訳 福 翁 自 伝 な ぜ 西 洋 に の み 科 学 的 思 考 が 発 達 し た の か 。 そ の 秘 密 を 亠 白 田 博 司 カ ン ト 、 ニ ー チ ェ 、 ハ イ デ ガ ー ら に 探 り 、 西 洋 独 特 の 思 考 パ タ ー ン を 対 話 形 式 で 読 み 解 く 。 異 色 の 思 想 史 入 門 東 日 本 大 震 災 後 、 列 島 中 が な び い た 〈 絆 〉 と い う 価 値 観 。 中 - 島 義 道 だ が そ こ に は 暴 力 が 潜 ん で い る ? 〈 絆 〉 か ら の 自 由 は 認 め ら れ な い の か 。 哲 学 に し か で き な い 領 域 で 考 え る 。 日 本 人 は な ぜ 無 思 想 な の か 。 そ れ は つ ま り 、 「 ゼ ロ 」 の よ 養 亠 盂 司 う な も の で は な い か 。 「 無 思 想 の 思 想 」 を 手 が か り に 、 日 本 が 抱 え る 諸 問 題 を 論 じ 、 閉 塞 し た 現 代 に 風 穴 を 開 け る 。 新 渡 一 戸 稲 吐 日 本 人 の 精 神 の 根 底 を な し た 武 士 道 。 そ の 思 想 的 な 源 泉 は ど こ に あ ・ り 気 い か に し て 普 遍 性 を 獲 得 し え た の か ? 山 本 博 文 訳 / 解 説 世 界 的 反 響 を よ ん だ 名 著 が 、 清 新 な 訳 と 解 説 で い ま 甦 る 。 学 び 続 け る こ と の 中 に 人 生 が あ る 。 二 千 五 百 年 間 、 齋 藤 亠 子 訳 読 み 継 が れ 、 多 く の 人 々 の 「 精 神 の 基 準 」 と な っ た 古 典 中 の 古 典 を 、 生 き 生 き と し た 訳 で 現 代 日 本 人 に 届 け る 。 備 澤 ム 硼 士 ロ 諭 吉 が す す め る 「 学 問 」 と は ? 世 の た め に 動 く こ と で 自 分 自 身 も 充 実 す る 生 き 方 を 示 し 、 激 動 の 明 治 時 代 を 導 齋 藤 孝 訳 い た 大 ベ ス ト セ ラ ー か ら 、 今 す べ き こ と が 見 え て く る 。 ← 備 澤 亠 硼 士 ロ 近 代 日 本 最 大 の 啓 蒙 思 想 家 福 沢 諭 吉 の 自 伝 を 再 編 集 & 現 代 語 訳 。 痛 快 で 無 類 に 面 白 い だ け で は な い 。 一 読 め ば 必 ず 、 齋 藤 老 亠 粡 訳 最 高 の 人 生 を 送 る た め の ヒ ン ト が 見 つ か り ま す 。

知的生活習慣


て い る の が 普 通 で あ る 。 モ ノ マ ネ に よ っ て 得 ら れ た 知 識 は 、 そ れ 自 体 で は 活 力 を も た な い 。 新 し い 知 識 を 生 む 力 を 欠 い て い る が 、 そ れ を 反 省 す る の は 愉 快 で は な い か ら 、 飾 り も の の よ う な 知 識 の こ と を 教 養 と 呼 ん で 価 値 づ け 、 実 用 よ り 一 段 上 の も の で あ る よ う な 錯 覚 を も つ よ う に な っ た の は シ ッ タ シ ズ ム 文 化 の 成 り 行 き で あ る 。 い ろ い ろ な 学 間 を 学 ぶ に 当 た っ て も 、 こ の こ と ば の シ ッ タ シ ズ ム と 同 じ 性 格 の 傾 向 が 認 め ら れ る 。 何 の 役 に 立 つ か を 考 え な い で 、 た だ 知 識 を 知 識 と し て 蓄 積 す る こ と が 文 化 的 に 意 義 を も つ よ う に 誤 解 す る と こ ろ か ら 学 問 の 堕 落 が 始 ま る 。 人 文 学 の 学 者 は 多 く こ の 教 養 シ ッ タ シ ズ ム に 陥 っ て 、 無 力 で あ る 。 モ ノ マ ネ の 知 識 は 振 り ま わ し て も 、 自 分 の こ と ば が な い 。 知 っ た か ぶ り を し て も 、 借 り も の を 着 て い い 気 に な っ て い る お し ゃ れ く ら い に し か 評 価 さ れ る 。 へ き で は な い 。 先 進 文 化 に 追 い つ く こ と を 至 上 の 目 的 と し た 近 代 に お い て 、 シ ッ タ シ ズ ム の 限 界 を 反 省 す る の は 反 社 会 的 で す ら あ っ た 。 シ ッ タ シ ズ ム 的 文 化 、 知 識 、 学 問 を 最 高 の 人 智 は の よ う に 思 っ て き た 。 先 進 文 化 に 追 い つ く に は 、 立 ち 止 ま っ て 考 え た り し て い る の は

知的生活習慣


数 学 に よ る 思 考 の レ ッ ス ン キ レ る 女 懲 り な い 男 男 と 女 の 脳 科 学 9 分 集 中 法 時 間 の 「 質 」 を 高 め る 書 ま 学 問 の 技 法 ち そ の 一 言 が 余 計 で す 。 日 本 語 の 「 正 し さ 」 を 問 う 花 の 歳 時 記 〈 カ ラ ー 新 書 〉 精 選 漢 詩 集 生 き る 喜 び の 歌 972 1012 1073 隠 さ れ た 問 い を 発 見 し 、 自 前 の ス ト ー リ ー を 構 築 す る 思 不 田 折 ロ 也 考 の 力 と は 何 か 。 数 学 五 輪 メ ダ リ ス ト を 育 て る 著 者 が 体 験 に 基 づ い て 問 題 提 起 す る 、 数 学 的 「 考 え る ヒ ン ト 」 。 脳 の 回 路 特 性 を 知 れ ば 、 男 と 女 は も っ と わ か り 合 え る 。 里 ~ 川 伊 保 「 十 職 場 で は 人 材 活 用 の 参 考 書 と な り 、 恋 愛 指 南 本 と し て 使 え 、 夫 婦 の 老 後 の 備 え と も な る 究 極 の 男 女 脳 取 扱 説 明 書 。 面 倒 な 仕 事 か ら 逃 げ て し ま う 。 期 限 が 近 付 い て い る の に 目 野 」 」 や る 気 が 起 き な い 。 そ ん な あ な た に 効 く 具 体 的 で シ ン プ ル な 方 法 を 伝 授 し ま す 。 い ま 変 わ ら な き や 、 い っ 変 わ る 。 学 問 の 王 道 か ら 邪 道 ま で 、 著 者 自 身 の 苦 悩 か ら 生 み 出 さ 橋 ・ 本 努 れ た テ ク ニ ッ ク を 満 載 ! 大 学 生 は も ち ろ ん 社 会 人 も 、 読 め ば 学 問 が し た く て し よ う が な く な る 、 誘 惑 の 一 冊 。 「 見 た 目 は い い け ど 」 「 ま あ 、 が ん ば っ て 」 何 気 な く 使 っ 山 田 敏 弘 た 言 葉 で 相 手 を 傷 つ け た 経 験 は あ り ま せ ん か 。 よ り よ い コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン の た め に 、 日 本 語 の 特 徴 に 迫 る 一 冊 。 花 を 詠 ん だ 俳 句 に は 古 今 に 名 句 が 数 多 い 。 そ の 中 か ら 選 一 長 ( 合 川 櫂 り す ぐ り の 約 三 百 句 に 美 し い カ ラ ー 写 真 と 流 麗 な 鑑 賞 文 を 付 し 、 作 句 の ポ イ ン ト を 解 説 。 散 策 に も 必 携 の 一 冊 。 陶 淵 明 、 杜 甫 、 李 白 、 白 居 易 、 蘇 軾 。 こ の 五 人 を 中 心 に 、 下 宀 疋 雅 弘 深 い 感 銘 を 与 え る 詩 篇 を 厳 選 し て 紹 介 。 漢 詩 に 結 実 す る 東 洋 の 知 性 と 美 を 総 覧 す る 決 定 的 な ア ン ソ ロ ジ ー

知的生活習慣


哲 学 マ ッ プ 哲 学 思 考 ト レ ー ニ ン グ よ く 生 き る ま 高 校 生 の た め の 哲 学 入 門 ち わ か り や す い は わ か り に く い ? 臨 床 哲 学 講 座 日 本 語 の 哲 学 へ 哲 学 入 門 1060 難 解 か っ 広 大 な 「 哲 学 」 の 世 界 に 踏 み 込 む に は ど う し て ~ 貝 成 人 も 地 図 が 必 要 だ 。 各 思 想 の エ ッ セ ン ス と 思 想 間 の つ な が り を 押 さ え て 古 今 東 西 の 思 索 を 鮮 や か に 一 望 す る 。 哲 学 っ て 素 人 に は 役 立 た ず ? 否 、 そ こ は 使 え る 知 の ツ ー 伊 勢 田 哲 治 ル の 宝 庫 。 屁 理 屈 や 権 威 に だ ま さ れ ず 、 筋 の 通 っ た 思 考 を 自 分 の 頭 で 一 段 す っ 積 み 上 げ て ゆ く 技 法 を 完 全 伝 授 ! 「 よ く 生 き る 」 と い う 理 想 は 、 時 代 や 地 域 、 民 族 、 文 化 、 山 石 田 靖 亠 大 そ し て 宗 教 の 違 い を 超 え て 、 人 々 に 迫 る 。 東 西 の 哲 学 や 宗 教 を め ぐ り 、 考 え 、 今 日 の 課 題 に 応 答 す る 。 ど ん な ふ う に し て 私 た ち の 社 会 は こ こ ま で き た の か 。 長 谷 川 宏 「 知 」 の 在 り 処 は ど こ か 。 ヘ ー ゲ ル の 翻 訳 で 知 ら れ る 著 者 が 、 自 身 の 思 考 の 軌 跡 を 踏 ま え て 書 き 下 ろ す 待 望 の 書 。 人 は な ぜ わ か り や す い 論 理 に 流 さ れ 、 思 い 通 り に ゆ か ず 鷲 田 Ⅲ 一 苛 立 つ の か ー ー ー 常 識 と は 異 な る 角 度 か ら 哲 学 的 に 物 事 を 見 る 方 法 を レ ッ ス ン し 、 自 ら の 言 葉 で 考 え る 力 を 養 う 。 言 葉 は 、 哲 学 の 中 身 を 方 向 づ け る 働 き を 持 っ て い る 。 和 長 谷 川 三 千 子 辻 哲 郎 の 問 い を 糸 口 に パ ル メ ニ デ ス 、 デ カ ル ト 、 ハ イ デ ッ ガ ー な ど を 参 照 し 、 「 日 本 語 の 哲 学 」 の 可 能 性 を さ ぐ る 。 言 葉 の 意 味 と は 何 か 。 私 た ち は 自 由 意 志 を も つ の か 。 人 : こ う し た 哲 学 の 中 心 問 題 を 科 学 が 戸 田 山 和 久 生 に 意 味 は あ る か : 明 ら か に し た 世 界 像 の 中 で 考 え 抜 く 、 常 識 破 り の 入 門 書 。

知的生活習慣


こ ど も た ち は 、 生 活 を 停 止 し て 、 学 習 に 全 力 を 注 ぐ こ と を 求 め ら れ る 。 ま っ と う な こ ど も に と っ て 、 そ れ が 、 お も し ろ い わ け が な い 。 な に か こ ど も ら し い 生 活 を し た い と 思 っ て も 、 学 校 も 家 庭 も 許 し て く れ な い 。 そ れ で 反 発 し て 非 行 に 走 る こ ど も も あ る 。 こ の こ と 学 校 は そ れ を ク 落 ち こ ば れ ク の よ う に 考 え 、 そ れ を 非 人 間 的 と も 思 わ な い 。 を 、 近 代 の 教 育 は 反 省 す る こ と が な い 。 明 治 の 話 だ が 、 日 露 戦 争 の あ 「 た こ と も 知 ら ず 、 勉 強 、 研 究 し た 学 者 が い て 、 世 人 は そ れ を 学 問 の 権 化 の よ う に た た え た 。 象 牙 の 塔 で は 、 そ う い う 人 た ち に よ っ て 守 ら れ る と 誤 解 し た 。 生 活 が す く な け れ ば す く な い ほ ど 人 間 と し て 価 値 が あ る と い う 考 え 方 で あ る 。 象 牙 の 塔 に は 生 活 が な く て 、 た だ 知 識 の 残 骸 あ る の み 、 と い う こ と を 啓 蒙 期 の 社 会 は 知 ら な い 。 お く れ て い る の で あ る 。 徹 夜 で 勉 強 す る の は 、 体 に よ く な い 、 す と か 勉 強 の 効 率 が よ く な い 、 な ど と は 考 え な い で 美 化 す る 。 わ け も わ か ら ず 、 こ ど も や 若 者 が 、 必 要 も な い 徹 夜 の 勉 強 を し て 得 意 大 に な り 、 ま わ り は そ れ を 悪 い と は 考 え な い 。 生 大 人 も 生 活 を 否 定 す る こ と が 、 知 的 で あ る よ う な 錯 覚 を も 「 て い る 。 昼 の 間 、 ぶ ら

知的生活習慣


ち く ま 新 書 図 書 館 は 研 究 、 調 査 、 執 筆 に 携 わ る 人 々 の 「 駆 け 込 み 寺 」 輛 図 書 館 に 訊 け ー 井 上 吉 【 琴 で あ る ! 調 べ 方 の 超 基 本 か ら 「 奥 の 手 」 ま で 、 カ リ ス マ 図 書 館 員 が あ な た だ け に 教 え ま す 。 公 共 図 書 館 の 様 々 な 取 組 み 。 ビ ジ ネ ス 支 援 か ら 町 民 の 手 つ な が る 図 書 館 猪 谷 千 香 作 り 図 書 館 、 建 物 の 外 へ 概 念 を 広 げ る 試 み ・ : : ・ 数 々 の 現 コ ミ ュ ニ テ ィ の 核 を め ざ す 試 み 場 を 取 材 す る と 同 時 に 、 今 後 の あ り か た を 探 る 。 敬 遠 さ れ が ち な 漢 和 辞 典 。 で も 骨 組 み を 知 れ ば 千 年 以 上 7 冫 不 血 ( 」 2 訊 け ・ ー 円 満 字 二 郎 に わ た る 日 本 人 の 漢 字 受 容 の 歴 史 が 浮 か ん で く る 。 辞 典 編 集 者 が 明 か す 、 ウ ン チ ク で 終 わ ら せ な い た め の 活 用 法 。 適 確 に 伝 え る に は 、 日 本 語 が 陥 り や す い 表 現 の 落 と し 穴 そ の 言 い 方 が 人 を 怒 ら せ る 加 ~ 滕 一 里 広 を 知 る こ と だ 。 思 い 当 た る 「 ま ず い 」 事 例 を 豊 富 に 取 り こ と ば の 危 機 管 理 術 上 げ 、 言 語 学 的 に 分 析 。 会 話 の 危 機 管 理 の た め の 必 携 本 。 詭 弁 を あ な ど る な か れ ! い く ら 論 理 で 説 得 し よ う と し 論 理 病 を な お す ー 香 西 秀 信 旧 て も 、 う ま く い か な い こ と だ ら け 。 そ れ よ り 、 相 手 の 議 処 方 箋 と し て の 詭 弁 論 ま で も 武 器 に し た 、 口 先 、 小 手 先 の 技 術 を 身 に つ け ろ 。 腑 に 落 ち る 文 章 は 、 ど れ も 論 理 的 だ ! 東 大 入 試 を 題 材 東 大 入 試 に 学 ぶ ロ ジ カ ル ラ イ テ ィ ン グ 吉 岡 友 治 に 、 論 理 的 に 書 く た め の 「 型 」 と 「 技 」 を 覚 え よ う 。 学 生 だ け で な く 、 社 会 人 に も 使 え る ワ ン ラ ン ク 上 の 文 章 術 。 先 行 き の 見 え ぬ 不 安 や 絶 望 的 な 困 難 に 直 面 し た と き 、 そ 駟 自 己 啓 発 の 名 著 一 二 輪 裕 軋 れ で も 真 っ 直 ぐ に 人 生 を 歩 む た め の 支 え と な る 言 葉 が あ る 。 そ ん な 古 今 東 西 の 名 著 を 厳 選 し た ブ ッ ク ガ イ ド !

知的生活習慣


っ て 、 そ れ ほ ど 自 由 自 在 と は い か な か っ た 。 若 い こ ろ の 戯 曲 に は ほ と ん ど 散 文 の せ り ふ が な い 。 少 し ず つ ふ え 、 そ れ と と も に 自 在 な 散 文 が 見 ら れ る よ う に な る 。 シ ェ イ ク ス ビ ア は だ い た い 、 日 本 で い う と 徳 川 家 康 と 同 じ 年 代 に 活 躍 し た が 、 散 文 に 関 し て は そ う い う 状 態 に あ っ た 。 そ れ に つ け て も 、 日 本 で は 平 安 朝 に す ば ら し い 散 文 が 書 か れ 、 古 典 と し て 千 年 の 歴 と う し て 散 文 が 、 し 史 を も っ て い る の は 世 界 文 学 に お い て ま さ に 異 色 と 言 っ て よ か も 、 女 性 に よ っ て 、 高 い 完 成 度 に 達 し た の か 、 興 味 あ る 問 題 で あ る 。 イ ギ リ ス の 散 文 は 問 題 に な ら な い ほ ど お く れ て い る 。 イ ギ リ ス で は っ き り 散 文 が 存 在 を 明 ら か に し た の は 、 十 七 世 紀 中 ご ろ の こ と で あ る 。 創 立 さ れ て 間 も な い 王 立 協 会 の 最 初 の 会 員 で あ っ た ・ ス プ ラ ッ ト は 協 会 会 員 に 「 き ち ん と し た 、 飾 ら な い 話 し こ と ば 、 明 確 、 明 快 、 自 然 な 文 章 」 を 要 求 し た 。 つ ま り 文 学 的 、 詩 的 、 装 飾 的 な 文 章 を は な れ た 散 文 を 書 く べ し と し た 。 そ れ が 、 学 術 的 表 現 を 高 め る こ と に な っ た 。 シ ェ イ ク ス ビ ア の 歿 後 、 半 世 紀 く ら い の 時 で あ る 。 し か し 、 英 語 は 文 学 的 表 現 か ら は っ き り 自 由 に な る こ と は で き な か っ た 。 二 十 世 紀 204