検索 - みる会図書館

検索対象: 落語的学問のすすめ

落語的学問のすすめから 217件ヒットしました。

落語的学問のすすめ


落 語 的 学 間 の す す め 桂 文 珍 4 12545 678904 k 、 物 ト ト ⅲ

落語的学問のすすめ


落 語 的 学 間 の す す め 4 桂 文 珍 12545 678904 katsura bunchin 潮 出 版 社

落語的学問のすすめ


落 語 的 学 問 の す す め 定 価 : ・ = 一 一 〇 〇 円 ( 本 体 一 〇 六 八 円 ) 初 版 : ・ : : : 一 九 八 九 年 七 月 一 一 五 日 七 刷 : : 一 九 八 九 年 十 月 三 〇 日 著 者 : ・ 桂 文 珍 発 行 者 : ・ 富 岡 勇 吉 発 行 所 : : : 株 式 会 社 潮 出 版 社 来 星 都 千 代 田 区 飯 田 橋 一 一 一 ・ 一 ・ 三 〒 一 〇 一 一 電 話 ・ : 販 売 部 ( 〇 一 一 D 二 三 〇 ー 〇 七 四 一 編 集 部 ( 〇 一 一 l) 二 三 〇 ー 〇 七 七 一 振 替 : ・ 五 ー 六 一 〇 九 〇 株 式 会 社 印 刷 所 : ・ 明 和 印 刷 付 物 印 刷 : ・ 株 式 会 社 田 「 製 本 所 ・ ・ ・ 東 京 美 術 紙 工 ISBN4 ー 267 ー 01203 ー 2 C 0095 OB. katura,1989 printed in Japan 落 丁 ・ 乱 丁 本 は お 取 り 替 え い た し ま す 。

落語的学問のすすめ


15 落 語 的 ギ ャ グ 感 覚 の す す め 弟 子 を 育 て る の と 、 学 生 さ ん に 教 え て い く の と は 全 然 違 う 部 分 が あ る ん で す け れ ど も 、 彼 ら か 聞 い て た め に な る 話 も 出 て く る と 思 い ま す の で 、 ひ と っ 教 室 の 隅 っ こ の ほ う に で も 置 い て や っ て く だ さ い 。 そ れ と 彼 ら に は 、 学 食 で 安 い 飯 を 食 う と い う 目 的 も あ り ま す ん で 。 ( 笑 ) え ー 、 私 が 教 壇 に 立 つ よ う に な っ た 多 少 の い き さ つ を 申 し 述 べ て お き た い と 思 い ま す け ど も 。 私 と 関 西 大 学 の 谷 沢 永 一 教 授 が 、 先 ほ ど も 取 材 に み え て た 読 売 テ レ ビ 『 お も し ろ サ ン デ 1 』 と い う 番 組 で ご 一 緒 し て ま し て ( 笑 ) 、 何 や に こ れ は も の す ご し つ か り し た 番 組 や の に 。 ( 笑 ) ま あ 、 そ の 谷 沢 教 授 か ら 「 う ち の 文 学 部 で 、 毎 週 、 講 義 を や っ て い た だ け ま せ ん で し よ う か ー み た い な お 話 が あ っ た ん で す ね 。 落 語 と い う の は 、 三 百 有 余 年 の 大 変 に 古 い 歴 史 が あ っ て 、 文 学 的 に も 価 値 の あ る 作 品 に 練 り 上 げ ら れ た も の が 沢 山 あ り ま す 。 そ う い う こ と を 基 本 に し な が ら 、 現 在 の マ ス コ ミ 論 に ま で 話 を 広 げ て 講 義 を や っ て い た だ き た い と い う わ け で す ね 。 最 初 は 「 と て も そ ん な こ と は で き ま せ ん で ー と お 断 り を し て い た ん で ご ざ い ま す 。 ど う し て で き な い か と い い ま す と 、 私 の 能 力 の 問 題 で は な し に 、 事 務 所 が そ う い う こ と を 許 さ な い わ け で す ね 。 ど う し て 許 さ な い か と い う と 「 経 済 効 率 が 悪 い 」 と 、 こ れ な ん で す ね 。 ( 笑 )

落語的学問のすすめ


2 ろ 落 語 的 ギ ャ グ 感 覚 の す す め ( 笑 ) い う て 飛 「 お ま え 、 早 、 つ 来 ん 力 し ( 、 、 。 ま ら 、 早 う 飛 ん で 来 い 」 て い わ れ た と き は 「 ふ わ ー っ ん で く る ( 笑 ) 、 そ れ ぐ ら い の 機 転 が な い と だ め で す 。 そ れ だ け で 出 世 し て ん の が 明 石 家 さ ん ま 君 で は な い か と ( 笑 ) 、 ま た 彼 の 人 気 の 秘 密 も そ こ に あ っ た り す る ん で は な か ろ う か と 思 い ま す 。 こ の あ た り の 呼 吸 に 、 皆 さ ん が 実 際 に 企 業 に お 入 り に な っ た と き 役 立 っ ヒ ン ト が 隠 さ れ て い た り す る や も わ か り ま せ ん 。 と こ ろ で 、 皆 さ ん は 、 落 語 を 生 で お 聞 き に な っ た こ と が ほ と ん ど な い だ ろ う と 思 う わ け で す け れ ど も 、 ち ょ っ と マ ー ケ テ ィ ン グ 調 査 し て み ま し よ う ね 。 生 で 聞 い た こ と あ る 人 、 手 え 挙 げ て み て く だ さ い 。 は は あ 、 五 人 で す か 。 前 の お 嬢 さ ん は 、 ど な た の 落 語 を 聞 き ま し た ? 学 生 忘 れ ま し た 。 忘 れ ま し た は い 、 す ご い で す ね え ( 笑 ) 、 後 ろ で 手 え 挙 げ て る 方 は ど う で す か ? 学 生 松 鶴 ー お や 、 松 鶴 師 匠 が 亡 霊 で 出 て き ま し た ( 笑 ) 。 そ う で す か 、 生 前 に 見 や は っ た わ け で す ( な ど 、 手 を 挙 げ た 五 人 の 学 生 に そ れ ぞ れ 尋 ね た の ち に は い 、 わ か り ま し た 。 と い う ぐ ら い に 、 皆 さ ん 落 語 に は 直 接 は 触 れ て い な い わ け で す ね 。 ね 。 な ま

落語的学問のすすめ


8 あ と 学 問 的 に き ち っ と し た も の で は 仏 教 大 学 の 関 山 和 夫 先 生 が お 書 き に な っ た 『 落 語 名 人 伝 』 と い う 本 が あ り ま す 。 そ し て 誰 よ り 、 関 西 大 学 に は 肥 田 晧 三 先 生 が い ら っ し や る 。 こ の 先 生 ほ ど 、 昔 の 文 献 に 詳 し い 人 は あ り ま せ ん 。 で も 、 試 験 は そ ん な と こ ろ か ら 出 ま せ ん 。 ( 笑 ) な に よ り も 、 現 実 の 中 に お も し ろ い 出 来 事 は い つ ば い あ り ま す 。 そ う い う 日 常 の 出 来 事 を 、 落 語 的 な ギ ャ グ 感 覚 で 眺 め て い く 中 に 意 外 な " 真 実 ~ が 見 え て く る や も わ か り ま せ ん の で 、 私 と し て は そ の へ ん の 視 点 か ら 講 義 を 進 め て い き た い と 思 う て ま す 。 そ れ か ら 月 曜 日 の 一 時 限 目 に 講 義 し よ う か ち ゅ う よ う な 先 生 は か な わ ん で 、 悪 魔 や で と 、 こ な い に 思 っ て る 学 生 さ ん も い る で し よ う け ど 、 そ れ は 私 も よ う わ か っ て ま す 。 と し 若 い と き は 、 眠 た い の よ 。 そ ら 、 歳 い っ た 人 は 早 う 起 き れ る わ い な 、 あ れ 長 い 間 寝 て た ら 死 ぬ と 思 う の や 。 だ か ら 「 は つ 、 死 ぬ ! ー て 、 目 え 覚 ま す の や ね 。 ( 笑 ) と い う わ け で 、 心 配 し な く て も 単 位 は だ い た い の 人 に 上 げ ま す の で 、 ま た 来 れ る 人 は 来 や は っ た ら え え と 思 い ま す 。 い ろ ん な 先 生 の 人 気 の 尺 度 を は か っ て み ま す と 、 ベ ル が 鳴 る 十 分 前 に は 講 義 を 終 わ る の が オ シ ャ レ と 出 て お り ま す の で ( 笑 ) 、 き よ う は こ こ ま で に し ま す 。 ま ー い 、 朝 か ら ご 苦 労 さ ん で し た あ 。 ( 拍 手 )

落語的学問のすすめ


一 講 落 語 的 ギ ャ グ 感 覚 の す す め = 講 無 知 に 甘 え て い る こ と が 恥 す か し い 三 講 笑 い は 人 生 の " 瀬 戸 大 橋 。 四 講 今 日 は シ ャ レ で っ せ ー 五 講 ギ ャ グ も ま た 真 な り

落語的学問のすすめ


25 落 語 的 ギ ャ グ 感 覚 の す す め ほ い で 、 「 こ ん に ち は 」 い う 、 こ の 声 の 張 り 具 合 ひ と つ に も 非 常 に 技 術 的 な と こ ろ が い ろ い ろ ご ざ い ま す 。 大 き な 家 で す と 「 こ ん ち は ー っ 」 と 、 こ う 入 っ て い か な い け ま せ ん し 、 ス ペ ー ス に 応 じ て 「 こ ん ち は あ ー と か 「 こ ん ち は 」 と か 、 い ろ い ろ あ る わ け で す ね 。 で 、 「 こ ん ち は 」 と 入 っ て く る と 「 ま あ ま あ 、 こ っ ち ゃ ヘ ー と 、 こ う い う ふ う に 招 い て 入 れ る 。 ほ い で 、 「 ち ょ っ と 寄 し て も ろ て よ ろ し い か 。 あ 、 奥 さ ん い た は る 」 「 あ あ 、 嫁 は ん 。 お し 嫁 は ー ん 」 と 、 こ う い う と 、 ま た 別 の 人 物 が こ っ ち ゃ に 現 れ る 。 ( 笑 ) そ の 嫁 は ん が 「 ま あ 、 キ イ さ ん 、 久 し ぶ り ゃ な い か 、 ど な い し て は り ま し て ん 」 「 い ゃ あ 、 奥 さ ん 、 え ら い ご ぶ さ た で す ん ま へ ん な 」 と い う ふ う に 、 次 か ら 次 へ イ メ ー ジ だ け で ほ ん ほ ん と お 話 が 進 ん で い き ま す が 、 そ の イ メ ー ジ を 楽 し む の が 落 語 の 楽 し さ の ひ と つ な ん で す 。 文 学 と い う の は 、 文 章 の 行 間 か ら に じ み 出 る イ メ 1 ジ を 読 み 取 る わ け で す ね 、 ビ ジ ュ ア ル な も ん で は な い で す か ら 。 そ の 文 章 の 間 に 何 を 表 現 し よ う と し て い る の か と い う と こ ろ ま で 読 み 取 る の が 文 学 だ と 思 う ん で す が 、 落 語 の 場 合 に は し ゃ べ り か ら イ メ ー ジ す る 。 で 、 聞 い て は る お 客 さ ん が お 笑 い に な る 、 そ れ は 同 じ よ う な イ メ ー ジ が 頭 の 中 で 持 て た と い う こ と で 、 そ こ が 落 語 の 落 語 た る ゆ え ん な ん で す ね 。 で す か ら 、 し ゃ べ っ て る 側 の イ メ ー ジ と 聞 い て る 側 の イ メ ー ジ 、 そ の 両 方 が ぶ つ か り 合 う と き 、 そ こ に よ り お も し ろ い " 芸 ~ と い う の が 成 立 し て 、 よ り 楽 し く 昇 華 し て い く わ け で す 。

落語的学問のすすめ


関 西 大 学 と い た し ま し て は 、 、 し わ ゆ る 在 野 か ら 現 場 の 人 た ち の 話 を 、 直 接 、 学 生 の 皆 さ ん に 聞 か せ る ほ う が 生 き た 学 問 が で き る ん で は な い か と 、 こ う い う こ と だ ろ う と 思 い ま す 。 出 欠 も 毎 回 と ら し て い た だ こ う と 思 っ と り ま す 。 た だ 、 百 二 十 名 の 方 が い ら っ し ゃ い ま す の で 、 順 に 名 前 呼 ん で る と 、 そ れ だ け で 九 十 分 が 終 わ っ て し ま い ま す 。 う カ カ お 伺 い し ま す と 、 こ う い う 出 欠 表 を 配 っ て お い て 、 皆 さ ん に 名 前 を 書 い て も ら え ば い と い う こ と な ん で す け れ ど も 、 そ ん な も ん だ れ か に 書 い て も ろ た ら 済 む こ と で す ね 。 名 前 を 呼 ん だ と こ ろ で 、 代 返 す れ ば 終 わ り で す 。 ほ ん な も の 何 の 意 味 も な い で す ね 。 そ れ で も 、 私 が 出 欠 を と る と い う の は 、 皆 さ ん に 最 低 で も 「 可 」 を と っ て い た だ く た め な ん で す 。 つ ま り 「 出 席 す る こ と で し か 、 私 は 自 分 が 表 現 で き な い ー い う 人 が あ る と 思 い ま す ね 。 「 勉 強 は ど う や ら わ か ら ん け ど 、 と り あ え ず 朝 早 う は 行 っ と け ん ね ん ー ( 笑 ) 、 こ う い う 人 の た め に 出 欠 を と っ て み た い と 思 っ て お る わ け で す ね 。 で 、 試 験 で す け ど も ( 笑 ) 、 い ろ い ろ 考 え て お り ま し て 、 前 期 と 後 期 と 二 回 行 い ま す 。 ま ず 落 語 の タ イ ト ル が こ う 沢 山 書 い て あ り ま し て 、 こ っ ち 側 に 落 語 の ネ タ が ぎ よ う さ ん 書 い て あ り ま す 、 そ れ を 線 で 結 べ と い う 問 題 が 出 ま す 。 ( 笑 ) そ れ か ら 、 私 は 創 作 落 語 と い う の を や っ て お り ま す け ど も 、 そ れ を 皆 さ ん に 創 っ て い た だ

落語的学問のすすめ


11 落 語 的 ギ ャ グ 感 覚 の す す め き ま す 。 と か と か 登 場 人 物 を 設 定 い た し ま し て 、 途 中 ま で は 私 が や る 、 そ こ か ら 後 ろ は 皆 さ ん に ・ 目 , 田 に ス ト 1 リ ー を 展 開 し て も ら う 、 そ う い う 問 題 も 出 し ま す 。 第 、 、 つ - け - い こ れ は 大 変 に 難 し い で す ね 、 皆 さ ん が ど れ だ け 文 学 に 対 し て 造 詣 が あ る の か 、 ギ ャ グ に 対 し て の 造 詣 が あ る の か と い う 笑 い の セ ン ス が 問 わ れ る わ け で す ね 。 そ の 中 か ら 優 秀 な も の を 、 私 が 高 座 で 演 じ て み る こ と に い た し ま す 。 ( 笑 ) そ れ で 笑 い が 沢 山 と れ た も の が 「 優 ー で す 、 わ か り ま す ね 。 で 、 ま あ ま あ の 笑 い が あ っ た も の が 「 良 」 、 そ し て ど う に か 出 席 だ け し た な あ と い う の が 「 可 」 で ご ざ い ま す 。 ま あ 、 そ れ で す べ て を 決 定 す る わ け で は あ り ま せ ん け れ ど も ね 。 さ て 、 い よ い よ 今 か ら 本 題 に 入 っ て い く わ け で ご ざ い ま す け ど も 、 そ の 前 に 、 報 道 陣 の 皆 さ ま 、 こ う い う ポ ー ズ を と っ と い て も ら い た い と い う の が あ り ま し た ら 、 今 の う ち に い う て く だ さ い 。 ( 笑 ) ( 報 道 陣 の さ ま ざ ま な 注 文 に 応 え 、 ひ と し き り ポ ー ズ を と っ た 後 ー ー ー ) は い 、 皆 さ ん 、 ど 、 つ も ご 協 力 あ り か と 、 つ ご ざ い ま し た 。 え ー 、 そ ろ そ ろ 講 義 を ち ゃ ん と 本 格 的 に や っ て あ げ な 、 学 生 さ ん も 「 き よ う は 何 や っ た ん や ろ 」 て 思 う て し ま い ま す の で ね 、 報 道 の 方 々 、 恐 れ い り ま す が ご 退 出 を お 願 い い た し ま す 。 ( 笑 )