検索 - みる会図書館

検索対象: 贅沢入門

贅沢入門から 219件ヒットしました。

贅沢入門


層 を 超 え て 広 が り だ し た と い う こ と な の だ と 思 い ま す 。 た だ 、 今 回 は や や 離 れ た 観 点 か ら 、 落 語 プ ー ム の 背 景 に つ い て 、 考 え た い と 思 い ま す 。 こ こ 数 年 で 若 い 人 が 落 語 に 興 味 を も っ 要 因 の 大 き な も の と し て 、 作 家 町 田 康 氏 の 登 場 が あ り ま す 。 町 田 さ ん は 、 今 若 い 人 た ち か ら 、 も っ と も 強 く 支 持 さ れ て い る 作 家 で あ り 、 そ の 作 品 の み な ら ず 、 人 物 像 や ラ イ フ ス タ イ ル ま で も 含 め て 、 熱 狂 的 な 支 持 者 を も っ て い ま す 。 町 田 さ ん は 、 き わ め て 熱 心 な 落 語 フ ァ ン で あ る だ け で な く 、 そ の 作 品 の エ ッ セ ン ス に も 落 語 的 な も の が 多 く 見 受 け ら れ ま す 。 例 え ば 処 女 作 の 『 く っ す ん 大 黒 』 は 題 名 か ら し て 古 典 落 語 の 「 黄 金 の 大 黒 ー に 似 て い ま す し 、 そ の 結 末 で ど う し よ う も な く な っ た 主 人 公 が 豆 屋 に な る と い う 結 末 は 、 そ の ま ま 「 豆 屋 ー の も の で す 。 さ ら に よ り 本 質 的 に は 、 町 田 氏 の 文 体 そ れ 自 体 の 裡 に 、 落 語 的 な も の が あ る の で す 。 町 田 さ ん は 、 日 本 文 学 の 文 章 に 、 ロ 語 演 芸 の 富 を 再 び 注 入 し な お し た 作 家 だ と 云 っ て い い と 思 い ま す が 、 そ の 言 葉 の ダ イ ナ ミ ズ ム の 根 本 は 、 や は り 落 語 か ら 来 た も の の よ う で す 。 ち な み に 町 田 さ ん は 六 代 目 三 遊 亭 円 生 が お 好 き だ と い う こ と で す が 、 こ れ は な か な か 面

贅沢入門


の で す か ら 。 し か し ま た 、 確 立 者 で あ る 、 パ イ オ ニ ア で あ る と い う こ と は 、 そ の 前 時 代 の 空 気 の 中 で 育 っ て き た と い う こ と で も あ る わ け で す 。 実 際 、 吉 川 の 学 問 の 基 礎 は 、 西 欧 式 の 文 献 学 と い う よ り は 、 清 朝 の 考 証 学 で す し 、 ま た 漢 詩 文 を よ く し ま し た 。 夏 目 漱 石 全 集 の 漢 詩 の 巻 の 解 題 は 、 実 作 者 な ら で は の 行 き 届 い た も の で あ る と い う 定 評 が あ り ま す 。 吉 川 の 文 章 自 体 、 近 代 的 な 散 文 と い う よ り は 、 漢 文 の 読 み 下 し の 骨 格 で 書 か れ て い ま す 。 そ し て 、 何 と い う の で し よ う ね 、 こ の 「 前 時 代 の 空 気 が 、 な か な か 大 事 な も の で は な い か 、 と こ の 頃 思 っ て い る の で す つ ま り 、 中 国 文 学 で は な く て 漢 文 学 、 中 国 語 文 で は な く て 漢 文 と い う こ と で す 。 一 = ロ 解 か な い よ う に 申 し 添 え ま す が 、 こ れ は 「 国 語 」 か 「 日 本 語 」 か 、 と い う よ う な 形 で 論 じ ら れ て い る 問 題 と は 違 う の で す 。 あ る い は 、 「 国 史 」 か 「 日 本 史 」 か 「 日 本 社 会 史 ー か 、 と い う よ う な 問 い と も 違 い ま す 。 「 国 語 」 と 「 日 本 語 」 と い う の は 、 教 科 の 名 前 、 も し く は 教 科 の 基 本 的 な 姿 勢 と し て 、 「 国 」 と い う 言 葉 で 語 る の は 主 観 的 で は な い か 、 「 日 本 ー と い 126

贅沢入門


盤 の 登 場 と 、 テ 1 プ に よ る 編 集 技 術 の 充 実 は 、 落 語 の 録 音 に 飛 躍 的 な 進 歩 を も た ら し ま し た 。 完 全 な ス タ ジ オ 録 音 に よ っ て 、 古 典 落 語 の ほ と ん ど と 、 円 朝 人 情 噺 の す べ て を 収 録 し た 六 代 目 三 遊 亭 円 生 の 偉 業 は 、 ま さ し く 落 語 に お け る 『 リ ポ ル バ 1 』 や 『 ペ ッ ト ・ サ ウ ン ズ 』 的 な 位 置 に あ る も の で す 。 そ れ ま で 、 際 物 的 な 扱 い を 受 け た 落 語 の レ コ ー ド に 、 は じ め て 普 通 の 音 楽 と 同 じ 価 格 を つ け た と い う 姿 勢 も ま た 、 落 語 の 録 音 メ デ ィ ア の あ り 方 を 根 本 的 に 変 え る 、 革 命 的 な も の で し た 。 六 代 目 三 遊 亭 円 生 に 続 い て 、 立 川 談 志 師 匠 の 録 音 に た い す る 姿 勢 も 革 新 的 な も の で し た 。 そ れ ま で 、 一 部 の コ ン ピ レ ー シ ョ ン を 除 い て ほ と ん ど 高 座 の 録 音 を 販 売 し て こ な か っ た 立 川 談 志 は 、 そ の 高 座 を ま ず ビ デ オ 十 巻 で 発 売 し 、 そ し て そ の 後 、 新 人 時 代 か ら 円 熟 期 に い た る ま で の 一 人 会 の 録 音 を で 五 期 五 十 枚 で 発 表 し て い ま す よ り も カ セ ッ ト 、 カ セ ッ ト よ り も が 手 軽 で あ る だ け で は あ り ま せ ん 。 情 報 量 も 豊 富 で す し 、 い ろ い ろ な 環 境 で 聞 く こ と が で き る 。 中 野 翠 さ ん は 、 寝 し な に 落 語 を 聞 き な が ら 入 眠 す る の が 最 高 だ と お っ し や っ て い ま し た が 、 私 も そ う し て い ま す 。 街 歩 き も い し で す ね 。 立 川 談 志 や 文 楽 を お 供 に し て 、 街 を 歩 く な ん て い う の は 、 本 当 に 贅 沢 で す 。

贅沢入門


は な く て 、 あ る い は 専 門 家 に な る た め の も の で も な く て 、 も っ と 愉 し い と い い ま す か 、 暮 ら し 方 全 般 と 結 び つ い た も の だ と い う こ と が あ る い は そ の 愉 し み を 追 う 気 運 が 、 出 て く る と 思 、 つ の で す 。 今 、 勉 強 し た い 人 が た く さ ん い ま す で し よ う 。 そ の 中 に は 、 キ ャ リ ア を 上 げ た い と い う 人 も い る で し よ う が 、 人 文 方 面 、 と く に 文 学 だ の 歴 史 だ の と い う の は 、 私 み た い な 人 間 が や っ て い る こ と で お 分 か り だ と 思 い ま す が 、 あ ん ま り 役 に 立 た な い ん で す よ 。 面 白 い で す け れ ど ね 。 少 し は 研 究 者 に な る 人 も い る で し よ う け ど 、 ま あ 大 方 役 に 立 た な い 。 で も 、 役 に 立 た な い と い う の は 大 事 な こ と で す 。 役 に 立 た な い こ と を 、 ず っ と 弛 ま す 、 信 じ て 、 愉 し み な が ら や り 続 け る の は 大 事 な こ と で す と い う の も 、 こ れ も 古 い 言 葉 で す が 、 人 文 と い う の は 「 人 格 を 陶 冶 す る 学 問 だ か ら で す 。 英 語 で 、 人 文 の こ と を リ べ ラ ル ・ ア ー ツ と い う の は 、 そ う い う こ と な の で す 。 「 漢 籍 の 素 養 」 と い う の も 、 そ う い う こ と で す ね 。 知 識 で な く 、 人 格 を 目 的 に し よ う 、 と い う 考 え 方 は 、 け し て 古 び な い 、 む し ろ こ れ か ら は こ う い う 考 え 方 の 方 が 大 事 に な る と 私 は 田 5 い ま す 。 1 引

贅沢入門


ー し 力 な く て も 、 十 人 前 後 の 落 語 家 と 、 漫 才 や 曲 芸 、 音 曲 ま は 魅 力 的 な 場 所 で す 。 本 格 と よ ) 、 で あ っ て 、 四 時 間 ほ ど で 二 千 円 か ら 三 千 円 と い う の は 、 こ れ は な か な か 魅 力 的 な 時 間 の 使 い 方 で は な い で し よ う か 鈴 本 演 芸 場 上 野 広 小 路 亭 74

贅沢入門


こ う し た 利 便 性 が 、 最 新 の ツ 1 ル で は よ り 高 ま っ て い ま す 。 3 と い っ た フ ァ イ ル を 持 ち 歩 く 装 置 が あ り ま す ね 。 あ れ は 落 語 を 聞 く に は 最 高 で す 。 私 が 持 っ て い る も の は 、 万 年 筆 よ り 小 さ い も の で す が 、 七 〇 分 の 落 語 を 収 録 す る こ と が で き ま す 。 ノ ー ト ・ ハ ソ コ ン の に 収 め た ( だ い た い 常 時 四 十 席 く ら い が 入 っ て い ま す ) も の か ら 落 と す と い う 形 式 な の で す が 、 ほ と ん ど 手 ぶ ら と 同 様 の 手 軽 さ で 、 し つ か り 長 い 話 を 聞 き つ つ 動 き ま わ れ る の だ か ら 有 難 い 。 愛 用 の M P 3 対 応 プ レ ー ヤ ー

贅沢入門


最 後 の 理 由 と し て 、 寄 席 が だ ん だ ん 息 を 吹 き 返 し て い る よ う に 思 わ れ ま す 。 こ れ は 、 本 当 に 印 象 程 度 な の で す が 、 長 か っ た 寄 席 の 不 遇 時 代 も 終 わ っ た の か な 、 と い う 印 象 を 強 く 受 け ま す 。 六 代 目 三 遊 亭 円 生 か ら 立 川 談 志 に い た る 世 代 に よ っ て 確 立 さ れ た 、 ホ ー ル 落 語 や 、 一 人 会 と い っ た ス タ イ ル が 流 行 し 、 本 格 の 落 語 は 寄 席 で は 聞 け な い 、 長 時 間 、 み っ ち り 聞 く リ サ イ タ ル 形 式 で な け れ ば な ら な い と い う 落 語 観 が 、 い わ ゆ る 落 語 マ ニ ア の 寄 席 離 れ を 生 み 、 そ の 流 れ は 六 代 目 三 遊 亭 円 生 ひ き い る 三 遊 協 会 、 そ し て 立 川 談 志 ひ き い る 立 川 流 の 、 落 語 協 会 か ら の 分 裂 と 、 分 裂 の 帰 結 と し て の 寄 席 出 演 停 止 に よ っ て 決 定 的 に な り ま し た 。 そ れ と 前 後 す る よ う に 、 池 袋 や 目 黒 の 寄 席 は も と よ り 、 人 形 町 や 本 郷 、 上 野 の 歴 史 あ る 寄 席 も つ ぎ つ ぎ と 閉 ま っ て い き ま し た 。 と こ ろ が 、 こ の 流 れ が 少 し 変 わ り つ つ あ る よ う に 思 わ れ る の で す 。 一 つ に は 、 若 い 人 た ち に か ぎ ら な い 、 い わ ゆ る 街 歩 き を 楽 し む 人 が 増 え た と い う こ と も あ る の で し よ う 。 『 サ ラ イ 』 『 東 京 人 』 『 < 』 『 散 歩 の 達 人 』 と い っ た 、 街 歩 き 雑 誌 の 隆 盛 に も 見 え る よ う に 、 東 京 の 街 の 奥 行 き を 楽 し む と い う 視 線 で 見 る と 、 な か な か 寄 席

贅沢入門


初 出 年 月 日 ( 特 に 表 記 の な い も の は す べ て 2001 年 ) 寿 司 と 天 ぶ ら と 日 本 橋 ・ 京 都 の 食 ・ ・ フ ラ ン ス 料 理 の 再 興 ・ ・ ワ イ ン の 愉 し み ・ 入 門 ・ 私 に と っ て の イ タ リ ア 料 理 ・ ・ 中 華 料 理 の 話 ・ 落 語 の 愉 し み ・ ・ N ゲ ー ジ ・ ・ 奥 志 賀 ス キ ー の 贅 沢 ・ ・ 娘 と 観 る 映 画 ・ プ ル ー ト レ イ ン ・ ・ デ ザ イ ン 家 具 と 若 者 文 化 ・ ・ 散 歩 で 発 想 ・ 漢 籍 の 素 養 ・ 大 学 を 考 え る パ ソ コ ン の 自 由 と 憂 鬱 ・ ・ 「 地 ひ ら く 」 ・ ・ 現 代 恋 愛 考 ・ ・ ナ ポ リ が 日 本 に 問 う こ と 京 都 の 街 、 二 一 世 紀 へ の 宿 題 ・ 地 方 都 市 & 高 知 ・ ホ テ ル と 日 本 式 の 「 埋 没 」 香 港 の 斜 陽 と 魅 力 ・ カ ー ナ ビ の あ る ヴ ァ ケ ー シ ョ ン ・ ・ な ぜ 私 た ち は 奈 良 に 行 か な い の か ・ ( 7 月 13 日 ) ・ ( 4 月 27 日 ) ・ ・ ・ ( 3 月 30 日 ) ・ ( 6 月 1 日 ) ・ ・ ・ ( 11 月 2 日 ) ・ ・ ・ ( 11 月 16 日 ) ・ ・ ・ ( 2 月 16 日 ) ・ ( 3 月 2 日 ) ・ ・ ( 4 月 13 日 ) ・ ・ ・ ( 7 月 27 日 ) ・ ・ ・ ( 8 月 10 日 ) ・ ( 9 月 7 日 ) ・ ・ ( 5 月 22 日 ) ・ ・ ・ ( 6 月 15 日 ) ・ ・ ・ ( 20g 年 12 月 15 日 ) ・ ・ ・ ( 6 月 29 日 ) ・ ・ ( 9 月 21 日 ) ・ ・ ( 10 月 5 日 ) ・ ・ ( 208 年 11 月 17 日 ) ・ ・ ( 2000 年 12 月 29 日 ) ・ ・ ( 1 月 19 日 ) ・ ・ ( 2 月 2 日 ) ・ ・ ( 3 月 16 日 ) ・ ・ ・ ( 8 月 24 日 ) ・ ・ ( 10 月 19 日 )

贅沢入門


ス ク に お さ め ら れ ま す か ら 、 い つ で も 必 要 な 時 に 出 せ ま す し 。 ま っ た く も っ て 便 利 で す 。 と い う よ り 、 私 の よ う に 書 く 人 間 に と っ て は 、 本 当 に あ り か た い 。 さ ら に パ ソ コ ン に は 、 事 典 の た ぐ い も 入 れ ら れ ま す ね 。 私 の パ ソ コ ン に は 、 小 学 館 と 平 凡 社 の 百 科 事 典 、 広 辞 苑 、 研 究 社 の 新 中 英 和 、 学 研 の 国 語 辞 典 と 古 語 辞 典 と 漢 和 辞 典 が セ ッ ト に な っ た も の ( 一 つ の 言 葉 を 三 冊 同 時 に ひ け て と て も 便 利 で す ) 、 岩 波 の 日 本 史 事 典 が 入 っ て い る の で す 。 こ れ も と て も 重 宝 を し ま す 。 こ の 辞 書 、 事 典 を 簡 単 に ひ け る だ け で 、 書 く 能 率 が 、 ど れ だ け 上 が っ た か は 分 か り ま せ ん 。 そ れ に 勉 強 に な り ま す ね 。 私 は 、 師 匠 か ら 、 と に か く 少 し で も 気 に な っ た ら 事 典 を ひ け と 仕 込 ま れ た の で す が 、 そ れ で も や つ ば り 面 倒 で 、 三 回 に 一 度 は 、 ま あ い い や 、 と サ ポ っ て し ま 、 つ 。 で も 、 ハ ソ コ ン に イ ン ス ト 1 ル し て お け ば 、 ご く ご ノ 簡 畄 亠 に ひ け ま す か ら 、 あ い ま い だ っ た り 、 気 に な る 事 が 確 認 で き る だ け で な く 、 知 識 も 得 ら れ る わ け で す 。 さ ら に 、 私 は パ ソ コ ン に 、 か な り の 量 の O を 入 れ て い ま す 。 ロ ッ ク 、 ク ラ シ ッ ク 、 落 語 を 足 し て 、 八 十 枚 ぐ ら い で す か 。 こ の 音 を メ モ リ に 落 と し て 聞 い た り 、 あ る い は co CQ 接 続 の ス ピ ー カ ー に つ な ぎ ま す 。 旅 行 に 数 十 枚 の 0 を も っ て い く の は 大 変 で す が 、 こ れ 144

贅沢入門


じ ま り 、 学 生 の 定 員 割 れ 、 さ ら に は 学 科 の 統 廃 合 か ら 学 部 の 廃 止 が は じ ま っ て い て 、 ほ ど な く 大 学 そ の も の の 淘 汰 が は じ ま る で し よ う 。 今 一 つ の 問 題 と し て 、 学 生 数 の 減 少 ( つ ま り は 競 争 率 の 低 下 ) と 緊 密 に 結 び つ い た 問 題 で す が 、 学 生 の 学 力 や 、 意 識 の 低 下 、 幼 稚 化 の 問 題 で す 。 理 系 の 大 学 で 、 学 生 に 高 校 の 数 学 な ど の 補 習 を す る と い う 話 は 、 も は や 珍 し く も 何 と も な く な り ま し た 。 文 系 で あ っ て も 、 か っ て の 高 校 生 な ら ば 当 然 読 ん で い た よ う な 本 を 、 題 名 す ら 知 ら ず 、 受 験 科 目 に 入 っ て い な か っ た 科 目 に つ い て は 知 識 は 皆 無 と い う 状 態 で 、 「 一 般 教 養 」 よ り も 前 に 「 常 識 」 も な い 状 態 で す 。 さ ら に 、 あ れ ほ ど 自 主 性 を 育 て る と い わ れ て い な が ら 、 学 業 は も ち ろ ん 、 日 常 生 活 に か か わ る 当 た り 前 の こ と が で き な い 学 生 が 増 え て い る 。 手 取 り 、 足 取 り 、 指 導 を し て や ら な い と 、 何 も 自 分 か ら は で き な い し 、 や ろ う と も し な い 子 供 た ち が い る 。 新 設 の 大 学 の な か に は 、 大 学 生 に 制 服 を 課 し 、 校 則 の よ う な 規 定 を 設 け 、 校 門 指 導 ま で を も す る と こ ろ が あ き め り 、 し か も そ の 肌 理 細 か い 指 導 が 、 父 兄 だ け で な く 、 学 生 本 人 に も 喜 ば れ て い る と い う の 知 133