検索 - みる会図書館

検索対象: Voice 平成28年10月号

Voice 平成28年10月号から 248件ヒットしました。

Voice 平成28年10月号


は 、 夫 婦 連 れ だ け で な く 、 奥 さ ま 方 が 娘 さ ん と 一 緒 に 落 語 を 聴 き に 来 る こ と 。 こ れ ま で は ご 主 人 や 彼 氏 に 誘 わ れ て 寄 席 に 足 を 運 ん で い た 女 性 が 、 自 発 的 に 落 語 を 楽 し む よ う に な っ た 。 お か げ で 、 以 前 は 閑 散 期 だ っ た 八 月 中 席 ( 十 一 — 二 十 日 ) が 連 日 満 員 。 私 が 前 座 を 務 め て い た こ ろ は 、 考 え ら れ な か っ た 光 景 で す 。 落 語 に 馴 染 み の な か っ た 女 性 や 子 供 の お 客 さ ん を 取 り 込 め た こ と が 、 寄 席 の 動 員 増 に 繋 が っ た の で は な い で し よ う か 。 実 際 、 テ レ ビ 番 組 に 加 え て ど ん な 努 力 を さ れ て き た の で し よ う か 。 小 遊 三 昭 和 四 十 年 あ た り ( 一 九 六 〇 年 代 ) に 、 二 代 こ な ん 目 桂 小 南 師 匠 ( 故 人 ) を 中 心 に 行 な っ て き た 「 学 校 寄 席 」 の 効 果 が 、 徐 々 に 表 れ て き た の か も し れ ま せ ん 。 噺 家 が 学 校 を 訪 問 し 、 生 の 落 語 を 聴 い て も ら う こ と で 、 子 供 た ち に 落 語 の 面 白 さ だ け で な く 、 人 情 の 機 微 や 社 会 モ ラ ル を 学 ん で も ら う 活 動 で す 。 学 校 側 と し て は 、 人 の 話 を 黙 っ て 聞 け な い 子 供 の 訓 練 と し て 期 待 す る 面 も あ っ た よ う で す 。 学 校 寄 席 を 始 め た 轆 」 2 ・ 0 当 初 は 、 い ろ い ろ 苦 労 が あ っ て 、 あ る 学 校 に 出 向 い た 紙 切 り の 師 匠 は 、 「 何 で も 切 り ま す 」 と い っ た ら 、 生 徒 か ら 「 こ れ で も 切 れ 」 と い っ て 上 履 き を 放 り 投 げ ら れ た 。 3 。 髟 聶 私 も 以 前 、 中 学 生 を 市 民 会 館 に 集 め て 落 語 を 披 露 し た

Voice 平成28年10月号


き ど せ ん ら 、 高 座 中 に 突 然 、 番 長 同 士 の 喧 嘩 が 始 ま っ た ( 笑 ) 。 〇 〇 〇 円 前 後 の 木 戸 銭 ( 入 場 料 ) を 払 え ば 、 落 語 だ け で た し か に 以 前 に 比 べ る と 、 い ま の 子 供 た ち は 静 か に 耳 を は な く 、 曲 芸 や マ ジ ッ ク 、 漫 才 な ど バ ラ エ テ ィ に 富 ん だ 傾 け る し 、 ち ゃ ん と 反 応 し て く れ ま す よ 。 芸 能 を 一 日 中 、 堪 能 で き る 。 経 費 的 な 理 由 で 、 社 員 旅 行 の 代 わ り に 寄 席 に 行 く 企 業 も あ る ほ ど で す 。 客 席 に 子 供 が 多 い と 、 演 目 の 工 夫 や 、 落 語 を 楽 し ん で も ら え る 説 明 が 必 要 で す ね 。 落 語 は デ フ レ 日 本 に 優 し い 芸 能 で す ね ( 笑 ) 。 小 遊 三 課 外 授 業 の 一 環 で 、 中 学 生 が 落 語 を 聴 き に 寄 小 遊 三 落 語 に 比 べ る と 、 ほ か の 伝 統 芸 能 や 大 衆 舞 台 け ん ら ん 席 に 来 る こ と が あ り 、 そ れ な り に 覚 悟 を し て 高 座 に 上 が の 料 金 は け っ し て 安 く な い 。 豪 華 絢 爛 な 舞 台 装 置 や 衣 装 こ う や た か お あ け が ら す り ま す 。 『 紺 屋 高 尾 』 や 『 明 烏 』 ( 吉 原 遊 郭 を 題 材 に し た を 見 れ ば 費 用 に 見 合 っ て い ま す が 、 一 般 家 庭 が レ ジ ャ ー 演 目 ) は 高 座 に か け ら れ ま せ ん ( 笑 ) 。 で 楽 し む に は 、 や や 値 が 張 り ま す 。 と は い え 、 無 防 備 で 楽 し む の が 落 語 の 妙 味 。 学 校 で 配 一 方 で 、 景 気 が 上 向 か ず 、 ス ト レ ス も 溜 ま り や す い 時 布 さ れ る 。 ハ ン フ レ ッ ト を 読 め ば 、 落 語 の 基 礎 知 識 を 得 る 代 だ か ら こ そ 、 寄 席 の ゆ っ た り し た 空 間 に 身 を 置 い て 、 こ と は で き ま す が 、 先 人 観 を 抱 か ず 、 ま ず は 寄 席 の 雰 囲 心 を 休 め た い と い う 人 が 増 え て い る の か も し れ ま せ ん 。 気 を 味 わ っ て ほ し い 。 た し か に 、 寄 席 に は 落 語 を 聴 き な が ら 飲 食 し た り 、 な か に は 居 眠 り し て い る 人 も 見 か け ま す 。 Ⅷ 楽 し み 方 は お 客 さ ん の 自 由 小 遊 三 楽 し み 方 は お 客 さ ん の 自 由 で す か ら 。 寄 席 中 に 居 眠 り さ れ る の は 、 も う 慣 れ つ こ で す 。 噺 を 聞 き な が 落 語 は 幕 府 が 財 政 難 で 世 の 中 が 乱 れ て い た 江 尸 時 ら 寝 人 っ て し ま う と い う こ と は 、 そ の 噺 家 は 腕 が あ る 証 代 の 文 化 ・ 文 政 期 に 、 大 衆 に 広 ま り ま し た 。 現 在 の 落 語 拠 だ と 、 私 は 肯 定 的 に 捉 え て い ま す 。 下 手 な 噺 家 だ と 、 人 気 も 、 国 内 の 経 済 状 況 が 思 わ し く な い こ と と 関 係 が あ 逆 に 聴 く 側 が イ ラ イ ラ し て 、 頭 が 冴 え ち ゃ う で し ょ る の で し よ う か 。 小 遊 三 何 か と 世 知 辛 い ご 時 世 で 、 寄 席 の 料 金 が 安 い 最 近 で は 落 語 に 興 味 を も っ 外 国 人 も 増 え て い ま こ と も お 金 持 ち で な い 人 に は 関 係 が あ る と 思 い ま す 。 一 一 す 。 154

Voice 平成28年10月号


と き 、 顎 は 上 げ ち や ダ メ だ よ 。 顎 を グ ッ と 引 い て 褒 め な と い う 具 合 に 、 演 目 の 流 れ と 客 席 の 熱 量 が 手 に 取 る よ う い と 。 『 ( 顎 を 上 げ て ) お ま え さ ん 、 い い 男 だ ね え 』 と い に わ か る ん で す 。 お 客 さ ん の 状 態 を よ く 観 察 し な が ら 、 っ た ら 、 相 手 と 喧 嘩 に な る か ら ね ー と い う や り と り な 笑 い や す い 状 態 に も っ て い く の は 、 落 語 家 の 技 量 が 問 わ ど 、 参 考 に な る で し よ う 。 れ る と こ ろ で す ね 。 ほ か に も 『 ち り と て ち ん 』 に 登 場 す る 、 お 世 辞 の う ま 最 後 に 、 ビ ジ ネ ス マ ン が 落 語 か ら 学 べ る こ と が あ い 男 と 知 っ た か ぶ り で ケ チ ば か り つ け る 竹 さ ん と の 対 比 れ ば 教 え て く だ さ い 。 か ら は 、 生 半 可 で 通 ぶ る と 損 を す る と い う 商 売 の 妙 理 が 小 遊 三 落 語 を よ く 聴 い て い る 方 な ら 、 商 売 に 必 要 な の は 「 世 辞 愛 嬌 」 だ と 実 感 す る は ず で す 。 た と え ば 、 古 よ く わ か る の で は な い で し よ う か 。 経 営 者 に オ ス ス メ の 演 目 は あ り ま す か ? 典 落 語 の 『 子 ほ め 』 は 、 ロ の 利 き 方 を 知 ら な い 八 五 郎 が 小 遊 三 『 百 年 目 』 は 、 経 営 哲 学 に も 通 ず る 大 作 で 、 ご 隠 居 か ら お 世 辞 の 言 い 方 を 教 わ る 噺 。 「 お 世 辞 を い う ぜ ひ お 聴 き に な っ て も ら い た い 。 治 兵 衛 と い う 大 店 の 番 頭 が 、 奉 公 人 を 叱 り 飛 ば し て 店 を 出 た あ と 、 芸 者 を 連 れ 「 世 代 や 職 業 を 問 わ ず 楽 し み 、 て 花 見 船 を 出 し ま す 。 酔 っ た 勢 い で 鬼 ご っ こ を し て い る 学 べ る の が 落 語 の 魅 力 で す 』 、 と 、 運 悪 く 旦 那 と 出 く わ し て し ま う 。 翌 朝 、 旦 那 に 呼 び 出 さ れ る の で す が 、 意 外 に も 日 ご ろ の 仕 事 ぶ り を 褒 め ら い た わ れ る 。 で も 同 時 に 「 も う 少 し 、 奉 公 人 た ち を 労 る よ う む に ー と 諭 さ れ る 噺 で す 。 楽 と は い え 、 世 代 や 職 業 を 問 わ ず 楽 し み 、 学 べ る の が 落 語 の 魅 力 で す 。 世 の ビ ジ ネ ス マ ン も 仕 事 に 没 頭 す る の も こ い い け ど 、 た ま に は 寄 席 に 足 を 運 ん で 、 治 兵 衛 の よ う に 不 息 抜 き し て も ら え れ ば 。 お 客 さ ん に 来 て も ら わ な い と 、 こ ち ら も 商 売 上 が っ た り で す か ら ( 笑 ) 。 じ へ え

Voice 平成28年10月号


い ま は 協 会 を 頼 っ て も 、 噺 家 の 数 が 多 い の で 落 語 を 披 で も 「 お つ 、 ラ ッ キ ー ー と 思 え る か ど う か 。 平 た く い え 露 す る 機 会 に な か な か 恵 ま れ な い 。 そ れ な ら 、 協 会 や 流 ば 、 陽 気 に 毎 日 を 過 ご す こ と が 大 事 で し よ う 。 派 を 超 え て 活 躍 の 場 を 増 や そ う と し て 動 い て い る の が 、 Ⅲ 落 語 で 学 ぶ 「 世 辞 愛 嬌 」 い ま の 若 い 噺 家 の い い と こ ろ で す 。 彼 ら な り の や り 方 で 、 顔 と 名 前 を 売 っ て い け ば い い と 思 い ま す 。 は く ち ょ う 最 近 で は 、 三 遊 亭 白 鳥 さ ん や 春 風 亭 一 之 輔 さ ん の 小 遊 一 一 一 師 匠 は 卓 球 が お 得 意 と 聞 き ま し た 。 落 語 と よ う に 、 古 典 的 な ス タ イ ル に 縛 ら れ ず に 落 語 を 披 露 す る 卓 球 に 共 通 す る 点 は あ り ま す か ? 噺 家 も 頭 角 を 現 し て い ま す 。 小 遊 三 「 絶 対 に 負 け ら れ な い 」 と い う 気 持 ち で 本 番 小 遊 三 頼 も し い で す ね 。 物 事 を 普 通 に 見 て い る だ け に 臨 む 点 で は 、 落 語 も 同 じ で す 。 で は 、 人 は 大 し て 驚 き ま せ ん 。 ど こ か 変 わ っ て い る 人 、 勝 ち 負 け だ け で 言 い 表 せ る も の で は あ り ま せ ん が 、 寄 面 白 い 見 方 を し て い る 人 は 、 周 り か ら 疎 ま れ や す い 半 席 で ウ ケ た ら 噺 家 の 勝 ち 、 お 客 さ ん の 雰 囲 気 な り に し か 面 、 「 面 白 そ う だ か ら 高 座 に 上 が ら せ て み よ う 」 と い っ で き な か っ た ら 引 き 分 け 、 シ ー ン と し た ま ま 終 わ っ た ら て チ ャ ン ス を も ら い 、 か わ い が ら れ る こ と が 往 々 に し て お 客 さ ん に 負 け た 、 と い う こ と 。 お 客 さ ん を 笑 わ せ ら れ あ り ま す 。 な か っ た の は 迫 力 不 足 で 、 「 相 手 を 落 語 の 世 界 に 引 き 込 お 弟 子 さ ん に は 、 ど う い っ た 指 導 を し ま す か 。 ん で や ろ う 」 と い う 気 持 ち が 欠 け て い た か ら 。 小 遊 三 私 は た ま た ま 運 が よ く て 何 と か な っ て い る だ ま さ に お 客 さ ん と ラ リ ー を す る 感 覚 で す ね 。 け な の で 、 「 俺 に 追 い つ く に は 、 俺 の 三 倍 は 稽 古 す る よ 小 遊 三 「 ち ょ っ と 寝 ち ゃ い そ う だ か ら 、 こ こ で 起 こ う に 」 と い っ て い ま す よ ( 笑 ) 。 し て や れ ー と い っ た 具 合 に 、 お 客 さ ん と の 駆 け 引 き も 楽 し ん で い ま す よ 。 も っ て 生 ま れ た 運 も 落 語 家 に は 必 要 で す 。 運 は 努 力 し て 掴 め る も の で は な い 。 真 打 に 昇 進 す る に し て も 、 テ レ ち な み に 、 寄 席 で は そ の 日 に 披 露 さ れ た 演 目 が ネ タ 帳 ビ 番 組 に 出 て 顔 を 売 る に し て も 、 重 要 な の は タ イ ミ ン グ に 記 さ れ ま す 。 べ テ ラ ン と も な る と 、 出 番 の 前 に ネ タ 帳 で す 。 人 生 で 好 機 を 逃 さ ず 、 運 を 掴 む に は 、 些 細 な こ と を ザ ー ツ と 見 た だ け で 、 「 こ の 演 目 だ と 反 応 が 厳 し い な 」 158

Voice 平成28年10月号


目 に 昇 進 で き た ん で す 。 で も 、 い ま は 落 語 を 披 露 す る 場 内 や 食 事 の 世 話 を す る た め に 雇 わ れ て い る 女 中 ) さ ん を 頼 ま な け れ ば 寄 席 が 成 立 し な い ほ ど 。 そ の こ ろ 前 座 を 務 め 所 を 見 つ け る の も 一 苦 労 で 、 ラ イ バ ル も 多 い 。 て い た の が 、 昇 太 さ ん や ( 桂 ) 竹 丸 さ ん で す 。 彼 ら は 当 で も 、 そ ん な こ と こ の 世 界 に 人 る 前 か ら わ か り き っ た こ と で し よ う 。 確 率 の よ い 商 売 じ ゃ な い よ 、 と あ ら か じ 時 、 い く ら で も 就 職 口 が あ っ た に も か か わ ら ず 、 覚 悟 を 決 め て こ の 世 界 に 人 っ て き た 。 強 い 意 志 を も っ て 、 厳 し め い っ て お き ま す ( 笑 ) 。 い 時 代 を 耐 え 抜 い て き た 噺 家 は 、 考 え 方 が し つ か り し て 私 が 噺 家 を 志 し た こ ろ 、 落 語 の 本 を 読 ん で い た ら 、 最 い ま す 。 終 。 ヘ ー ジ に 噺 家 た ち の 住 所 が 明 記 し て あ り ま し た 。 見 る も っ と も 、 あ の こ ろ は 先 輩 の 数 が 限 ら れ て い て 、 二 ッ と 、 名 前 の 知 ら れ て い な い 二 ッ 目 ま で 一 等 地 の マ ン シ ョ 目 、 真 打 に 昇 進 で き る 見 通 し が 立 て や す か っ た か ら 、 辛 ン で 暮 ら し て い て 、 仰 天 し ま し た 。 当 時 は 、 マ ン シ ョ ン と い っ た ら 高 嶺 の 花 。 「 二 ッ 目 の 身 分 で も 、 マ ン シ ョ ン 抱 で き た の か も し れ ま せ ん 。 い ま は 、 協 会 が 違 え ば 顔 も に 住 め る の か 」 と 、 思 わ ず 有 頂 天 に 。 で も 、 よ く 考 え た 名 前 も わ か ら な い ほ ど 噺 家 の 数 が 増 え て い ま す 。 一 筋 縄 ら 、 独 身 で 親 と 同 居 し て い れ ば 、 マ ン シ ョ ン 住 ま い は 不 に は い か な い と 思 い ま す が 、 若 い 人 に は 頑 張 っ て ほ し い 思 議 で も 何 で も な い わ け で ( 笑 ) 。 昔 は 、 こ う し た 勘 違 で す ね 。 噺 家 の 数 が 増 え る 一 方 で 、 協 会 を 超 え て 若 手 を 育 い を す る お っ ち ょ こ ち ょ い が 噺 家 に な っ た も ん で す 。 し よ う き ち て よ う と い う ム ー ド が 落 語 界 全 体 に 広 が っ て い ま す 。 い ま で は 、 東 京 大 学 卒 の 春 風 亭 昇 吉 さ ん を は じ 小 遊 三 じ つ は 昔 か ら 「 の せ も の 」 と い っ て 、 席 亭 め 、 高 学 歴 の 噺 家 は 珍 し く あ り ま せ ん 。 む ( 寄 席 の 支 配 人 ) か ら 要 請 が あ れ ば 、 所 属 の 違 う 噺 家 が 出 小 遊 三 そ れ だ け 賢 か っ た ら 、 落 語 家 が け っ し て 割 の い い 商 売 で は な い こ と に 気 付 い て も い い と 思 う け ど ね 演 で き る 特 例 措 置 は あ り ま し た 。 さ ら に 近 年 で は 、 各 協 轆 ( 笑 ) 。 ま あ そ れ こ そ 景 気 が 上 向 か ず 、 一 般 企 業 に 魅 力 を 会 が 積 極 的 に 主 催 す る 寄 席 に ゲ ス ト を 招 い て い ま す ね 。 落 語 芸 術 協 会 主 催 の 寄 席 で も 、 上 方 枠 を 設 け た り 、 会 長 感 じ な く な っ た と い う こ と で し よ う 。 え ん ら く 不 の 歌 丸 師 匠 の 計 ら い で 五 代 目 圓 楽 一 門 会 に 所 属 す る ( 三 ち な み に バ ブ ル 景 気 の こ ろ 、 噺 家 が 人 出 不 足 で 前 座 が こ う ら く 足 り な い こ と も あ り ま し た 。 そ れ こ そ 、 お 茶 子 ( 客 の 案 遊 亭 ) 円 楽 さ ん や ( 三 遊 亭 ) 好 楽 さ ん が 出 演 し て い ま す 。

Voice 平成28年10月号


す る な ど 英 語 圏 の 大 学 が 圧 倒 的 に 有 利 で は な い か 、 と い 然 や 風 土 、 歴 史 と 伝 統 文 化 と い っ た 固 有 性 を 土 台 に し な っ た 批 判 も じ つ は 多 く 聞 か れ ま す 。 そ う し た 「 大 学 世 界 が ら 進 め て い く べ き で し よ う 。 「 大 学 世 界 一 フ ン キ ン グ 」 ラ ン キ ン グ 」 の 社 会 的 な 意 味 合 い や ラ ン キ ン グ を め ぐ る の 一 〇 〇 位 以 内 に 人 る こ と だ け が 目 標 な ら 、 広 島 大 学 も 批 判 、 混 乱 ぶ り 、 評 価 に 対 す る 広 島 大 学 の 距 離 の 取 り 方 東 大 や 京 大 と 同 じ 一 国 立 大 学 で し か あ り ま せ ん 。 に つ い て も 興 味 深 い 論 点 と し て 取 材 し 、 執 筆 し ま し た 。 で は 、 広 島 大 学 で こ そ 身 に 付 け る こ と が で き る 学 び と 世 界 一 〇 〇 位 に 入 る た め の 現 状 分 析 や 道 筋 は 「 は 何 な の か 。 「 平 和 科 目 」 の 授 業 に 私 自 身 も 参 加 し 、 「 平 」 か ら 見 え て き ま し た が 、 私 に は も う 一 つ 『 広 島 大 和 を 希 求 す る 国 際 教 養 人 の 輩 出 」 と い う 教 育 理 念 の 息 吹 を 、 肌 で 実 感 し ま し た 。 学 は 世 界 ト ッ プ 100 に 人 れ る の か 』 で 強 調 し て お き た い 主 題 が あ り ま し た 。 そ れ は 、 広 島 大 学 が 、 他 の 大 学 に 広 島 大 学 は 本 当 に 「 世 界 ト ッ プ 一 〇 〇 位 」 の 大 学 に な な い 「 広 島 大 学 な ら で は 」 の 独 自 性 を 、 ど の よ う に 確 立 れ る の か 。 越 智 光 夫 学 長 は こ う 答 え ま し た 。 し て い く の か 、 と い う 点 で す 。 「 妙 に 背 伸 び を し た り 実 力 以 上 に 虚 勢 を 張 っ て い る わ け で は な い ん で す 。 も っ て い る 力 を 自 覚 し て 戦 略 に 沿 っ て じ つ は 、 広 島 大 学 に は 他 大 学 に は 見 ら れ な い 必 修 科 目 が あ り ま す 。 そ れ は 「 平 和 科 目 」 と 名 付 け ら れ た 授 業 。 伸 ば し て い け ば 、 世 界 一 〇 〇 位 の 大 学 に な る こ と は 決 し て 夢 物 語 で は あ り ま せ ん 」 「 原 爆 」 「 戦 争 」 と い っ た テ ー マ の み な ら ず 、 背 景 に あ る そ し て 、 こ う 続 け ま し た 。 貧 困 、 経 済 格 差 、 宗 教 、 歴 史 、 環 境 問 題 な ど 現 代 社 会 が 「 世 界 一 〇 〇 位 に な る こ と は 、 も う 一 つ の 大 き な 目 標 の 直 面 し て い る 課 題 と 、 平 和 と い う テ ー マ と を 組 み 合 わ せ た 独 自 の 授 業 内 容 で す 。 「 平 和 」 に つ い て こ れ だ け 多 岐 『 平 和 を 希 求 す る 国 際 教 養 人 を 輩 出 』 し て 『 一 〇 〇 年 後 に わ た り 充 実 し た 科 目 を も つ 大 学 は 、 他 に は な い の で は に も 光 り 輝 く 大 学 』 に な る た め の 通 過 点 で あ り 大 切 な ス テ ッ プ で す 」 な い で し よ う か 。 広 島 大 学 の 挑 戦 の 行 く 先 に 何 が 待 っ て い る の か 。 目 が 広 島 大 学 は 、 ヒ ロ シ マ と い う 地 に 存 在 し て い る 。 地 方 創 生 も 、 全 国 各 地 の 国 立 大 学 の 教 育 も 、 本 来 は 地 域 の 自 離 せ ま せ ん 。 お ち み つ お

Voice 平成28年10月号


不 落 Ⅷ 寄 席 に 女 性 や 子 供 の 姿 が 最 長 寿 の 演 芸 番 組 『 笑 点 』 ( 日 本 テ レ ビ ) は 、 今 年 五 十 周 年 を 迎 え ま し た 。 桂 歌 丸 師 匠 が 勇 退 し 、 春 風 亭 0 昇 太 師 匠 が 六 代 目 司 会 者 に 就 任 。 新 レ ギ ュ ラ ー に 林 家 三 平 師 匠 を 迎 え て 、 視 聴 率 も 好 調 を キ ー プ 。 小 遊 三 師 匠 物 は 、 一 九 八 三 年 か ら 大 喜 利 メ ン バ ー を 務 め て い ま す 。 亭 小 遊 三 じ つ は 『 笑 点 』 は 放 送 開 始 当 初 か ら 高 視 聴 率 廣 末 の 人 気 番 組 で し た 。 最 初 は ( 立 川 ) 談 志 師 匠 が 司 会 を 務 宿 代 ツ 。 新 め て い て 、 そ の 後 、 ( 桂 ) 歌 丸 師 匠 と ( 三 遊 亭 ) 小 圓 遊 師 ー 3 会 匠 が 、 お 互 い バ カ だ ア ホ だ と や り 合 っ て い た 「 喧 嘩 」 が 学 視 聴 者 に ウ ケ た ん で す 。 部 ビ 語 い ま で は 、 地 方 の イ ベ ン ト に 出 演 す る と 、 「 『 笑 点 』 の メ ン バ ー が 来 た 」 と い っ て お 客 さ ん が 大 勢 来 ら れ た り 、 、 大 吉 社 治 遊 益 街 中 で 子 供 か ら 声 を 掛 け ら れ る な ど 、 世 代 を 問 わ ず こ の 年 座 番 組 が 愛 さ れ て い る こ と を 実 感 し ま す 。 前 昇 元 新 宿 末 廣 亭 や 浅 草 演 芸 ホ ー ル な ど 都 内 の 寄 席 は 連 日 た く さ ん の 人 で 賑 わ っ て お り 、 ま さ に 落 語 プ ー ム の 再 山 入 田 立 ロ ) ま ← 編 来 と い え ま す 。 家 生 亭 觀 小 遊 三 昔 は 客 席 を 見 渡 す と お 年 寄 り ば か り だ っ た の 語 年 遊 進 手 落 三 昇 き に 。 最 近 で は 、 若 い お 客 さ ん も 増 え ま し た 。 驚 い た の さ ん ゅ す え ひ ろ こ え ん ゅ う

Voice 平成28年10月号


ミ を ド 小 遊 三 じ つ は 何 年 も 前 か ら 、 私 ど も 落 語 芸 術 協 会 は 海 外 興 行 に も 力 を 人 れ て い ま す 。 歌 丸 師 匠 は 以 前 、 ア メ リ カ や フ ラ ン ス 、 イ ン ド で も 公 演 を 行 な い ま し た 。 海 外 公 演 の 際 は 、 ス ク リ ー ン に 字 幕 を 映 し な が ら 、 日 本 の 寄 髜 席 と 同 じ か た ち で 落 語 を 披 露 す る ん で す 。 独 特 の リ ズ ム や テ ン ボ で 進 め る 落 語 は 、 外 国 人 に 受 け 人 れ ら れ る の で し よ う か ? 小 遊 三 日 本 人 が 大 し て わ か り も し な い の に オ ペ ラ に 興 じ て い る く ら い で す か ら 、 あ ち ら も 事 情 は 同 じ ( 笑 ) 。 そ れ に 、 落 語 も オ ペ ラ も 、 人 情 の 悲 哀 や 情 事 を ネ タ に す る 点 は 一 緒 で す 。 ニ ュ ア ン ス が 伝 わ れ ば 、 外 国 人 も 落 語 を 面 白 が っ て く れ る は ず 。 た し か に 、 オ ペ ラ の よ う に 歌 や 衣 装 の 豪 華 さ で 魅 せ る こ と が で き な い 分 、 落 語 は 不 利 か も し れ ま せ ん 。 で も 、 せ つ か く 海 外 の 人 に 日 本 の 伝 統 芸 能 を 知 っ て も ら う な ら 、 あ ま り 小 細 工 せ ず に 「 こ れ が 日 本 の 文 化 だ 」 と ス ト レ ー ト に 伝 え る こ と が 大 切 だ と 思 い ま す 。 一 喜 一 憂 し て も 仕 方 が な い 落 語 の 楽 し い 面 ば か り が メ デ ィ ア で 報 じ ら れ る 一 方 で 、 噺 家 の 苦 労 に つ い て は ほ と ん ど 触 れ ら れ ま せ ん 。 川 Ⅲ Ⅲ 膚 馴 Ⅷ 冊 Ⅲ Ⅲ 155 不 景 気 に こ そ 落 語 を 楽 し む

Voice 平成28年10月号


本 」 の 全 体 像 を 、 保 田 は 、 編 纂 者 に 己 を 重 ね 合 は せ よ う か っ た と い ふ 側 に 意 を 留 め れ ば 、 萬 葉 集 の 見 え 方 も 変 っ て く る だ ら う 。 と し な が ら 、 読 み 解 い て ゆ か う と す る の で あ る 。 漢 文 に よ る 日 本 書 紀 と は 別 に 、 あ へ て 国 語 そ の も の を 知 識 階 級 が 漢 文 か ら 脱 せ た の は 、 和 歌 が 庶 民 に 広 く 途 残 す 為 に 古 事 記 の 編 纂 を 命 じ ら れ た 所 に 、 天 武 天 皇 に お 切 れ な か っ た か ら で あ る と 共 に 、 国 語 表 現 が 宮 廷 女 性 の け る 「 日 本 の 自 覚 」 が あ っ た や う に 、 そ れ か ら 八 十 年 余 間 に 広 が っ た か ら で あ る 。 土 佐 日 記 の 冒 頭 は そ れ を 示 し り 後 、 家 持 ら 萬 葉 集 の 編 纂 者 ら に も 又 、 明 ら か な 日 本 の て ゐ よ う 。 も し か う し た 庶 民 、 女 性 に よ る 国 語 表 現 の 成 自 覚 が あ っ た 、 保 田 は そ の 重 大 さ を 言 ふ 。 熟 が な か っ た な ら ば 、 萬 葉 集 一 つ で 国 語 の 文 學 史 は 消 え 何 故 か 。 て し ま ひ 、 男 性 貴 族 た ち に よ っ て 日 本 文 化 は 完 全 に 支 那 の 従 属 文 化 に 堕 し て ゐ た か も し れ な い の で あ る 。 萬 葉 集 が 歴 史 的 に 異 様 に 孤 立 し た 文 献 だ か ら で あ る 。 和 歌 そ の も の は 日 本 全 体 で 身 分 差 を 越 え て 育 ち 続 け て 近 代 文 献 学 的 な 萬 葉 成 立 史 も 、 茂 吉 以 来 の 古 代 の 秀 歌 あ ず ま う た ゐ た 。 採 録 さ れ て ゐ る 東 歌 や 庶 民 に よ る 多 く の 無 名 歌 を 集 と い ふ 見 方 も 、 こ の 孤 絶 し た 状 況 で な ぜ あ へ て 萬 葉 集 見 れ ば そ れ は 明 ら か だ 。 が 、 そ れ を 表 記 す る 書 き 言 葉 は が 成 立 し 得 た の か を 問 は う と し な い 。 存 在 し な か っ た の で あ る 。 そ の 問 題 と の 悪 戦 苦 闘 が い ふ が 、 保 田 は 執 拗 に こ の 問 ひ を 問 ひ 続 け た の で あ る 。 ま で も な く 萬 葉 仮 名 で あ る 。 が 、 国 語 表 記 の 成 立 と 普 及 な ぜ 、 こ の や う な 孤 立 し た 所 に 萬 葉 集 が 成 立 し 得 た の よ ほ ど は 萬 葉 集 を 起 点 に 順 調 に 成 熟 し て い っ た 訳 で は な い 。 こ か 、 そ れ は 余 程 強 い 契 機 、 強 い 成 立 へ の 意 志 が な け れ ば の 後 、 宮 廷 Ⅱ 知 識 社 会 で は 、 長 く 漢 文 の 時 代 が 続 く か ら 不 可 能 だ っ た の で は な い の か 。 そ の 成 立 の 「 意 志 」 と は で あ る 。 国 語 表 記 が 文 学 史 の 表 面 に 仮 名 の 成 立 を 伴 っ て 何 か ー ー こ れ が 保 田 の 問 ひ で あ っ た 。 浮 上 す る の は 、 萬 葉 集 か ら 百 五 十 年 も 後 の 古 今 集 に よ っ て で あ っ た 。 後 に 生 じ た 国 文 学 の 黄 金 時 代 か ら 振 り 返 れ せ ん し よ う ば 、 萬 葉 集 は そ れ に 先 行 す る 偉 大 な 先 蹤 と い ふ 風 に も 見 え よ う 、 が 、 国 語 表 記 も 和 歌 伝 統 も 、 後 に 続 く 保 証 は な 敗 北 者 へ の 鎮 魂 保 田 も 多 く の 萬 葉 論 と 同 様 、 ま づ は 柿 本 人 麻 呂 の 偉 大 し つ よ う 200

Voice 平成28年10月号


と い っ た や う な こ と を 決 し て し て ゐ な い 。 る 。 宣 長 の 神 道 、 あ る い は 中 世 の 隠 遁 詩 人 の 構 想 し た 美 保 田 與 重 郎 全 集 一 五 巻 『 萬 葉 集 の 精 神 』 一 一 二 〇 頁 的 生 活 は 、 君 は 現 代 を 弾 劾 し つ つ 、 く り か へ し 説 い た と こ ろ だ が 、 お よ そ 隠 遁 詩 人 と は 逆 の 人 生 に あ や つ ら れ て 今 日 の 時 局 的 短 歌 と い ふ も の も 最 も 類 型 の 低 俗 的 な 行 く 自 己 に つ い て 、 異 様 に 感 じ た に 違 ひ な い 。 」 も の で あ る 。 ( 略 ) 昭 和 十 六 年 現 在 、 こ の 皇 国 未 曾 有 の 日 に 、 皇 国 文 芸 の 本 体 は 、 国 家 の 公 的 文 化 面 よ り 後 長 年 の 文 学 上 の 同 志 で あ っ た 亀 井 勝 一 郎 に よ る 「 保 田 同 四 二 〇 頁 退 し た 。 與 重 郎 へ 」 と い ふ ェ ッ セ イ の 一 節 で あ る 。 昭 和 一 一 十 五 年 の 文 章 だ 。 亀 井 は 要 す る に か う 言 っ て ゐ る 。 保 田 は 、 文 言 ふ ま で も な く 、 時 局 的 短 歌 を 戦 韋 咼 揚 に 利 用 し よ う 章 の 上 で は 、 し ば し ば 、 神 な が ら の 道 、 隠 遁 詩 人 を 語 っ て 戦 時 中 の 時 流 を 弾 劾 し た が 、 事 実 と し て は 、 そ の 文 章 と し た の は 時 の 日 本 政 府 で あ り 、 軍 官 僚 で あ る 。 保 田 の こ の 一 文 は 、 さ う し た 軍 に よ る 文 化 政 策 を 一 刀 両 断 し 、 の 激 越 な 陶 酔 調 に よ っ て 、 無 数 の 若 者 を 戦 死 に 追 ひ や っ 根 底 か ら 侮 蔑 す る も の だ 。 戦 後 に な っ て 声 高 に 軍 部 批 判 た の で は な い か 。 保 田 が 実 際 に 演 じ た 時 代 的 な 役 回 り い か ん を 始 め た 多 く の 隠 れ 共 産 主 義 者 や 戦 後 民 主 主 義 者 の 誰 か は 、 結 局 自 分 の 意 図 如 何 を 越 え て 時 局 に 振 り 付 け ら れ た 「 異 様 な 骸 骨 の 踊 り , だ っ た 、 な ら ば そ れ は 事 実 上 軍 国 一 人 で も 、 昭 和 十 七 年 に か う し た 文 章 を 公 表 し た 人 間 が ゐ た で あ ら う か 。 主 義 の 鼓 吹 で は な か っ た の か 、 そ の 反 省 は 如 何 。 亀 井 は で は 、 保 田 の 何 が 「 異 様 な 骸 骨 の 踊 り 」 だ っ た の か 。 上 さ う 問 う た の で あ る 。 集 葉 実 際 の 保 田 は 、 戦 時 中 、 時 局 に 対 し て 例 へ ば ど ん な 事 萬 郎 今 や 皇 国 の 戦 ひ は 、 人 為 人 工 の 努 力 に 一 一 百 年 を か け を 書 い て ゐ た の か 。 て き た も の の 最 高 力 と 戦 っ て ゐ る の で あ る 。 か り そ め 保 の 精 神 主 義 が 、 日 夜 に 没 落 し 去 る の は 当 然 で あ る 。 さ ( 江 戸 の 国 学 者 は ) 今 日 の 時 局 日 本 主 義 派 の 如 く に 、 れ ば 相 手 は 十 日 や 一 年 で 養 っ た 感 情 や 思 想 で 、 破 り う 萬 葉 集 の 中 か ら 国 家 精 神 を 讃 へ る 美 辞 を 只 抽 象 化 す る じ 、 ん