検索 - みる会図書館

全データから 209882件ヒットしました。

蒼海の白鷹 プラパ・ゼータ ミゼルの使徒3⃣


蒼 海 の 白 鷹 プ ラ バ ・ ゼ ー タ ミ ゼ ル の 使 徒 3

蒼海の白鷹 プラパ・ゼータ ミゼルの使徒3⃣


蒼 海 の 白 鷹 流 星 香 white heart 講 談 社 X 文 庫

蒼海の白鷹 プラパ・ゼータ ミゼルの使徒3⃣


第 十 二 章 追 跡 か わ よ ろ 、 ゼ ル ア ド ス は 倉 庫 係 の バ ー デ ィ 1 に 言 っ て 、 ジ ェ イ が 肩 に つ け ら れ る 革 の 織 を 探 さ せ る 。 原 因 を 取 り 除 く こ と は で き な か っ た が 、 ゼ ル ア ド ス の 診 察 と い う 目 的 を 終 え た ジ ェ イ は 、 ミ ゼ ル の 使 徒 の 制 服 で あ る 白 い コ ー ト を 置 き に 診 察 室 に 戻 っ た 。 「 あ ら 、 ホ リ ー 」 そ う ご う く ず ジ ェ イ の 後 を 追 う よ う に し て や っ て き た 白 い 鷹 に 、 ピ 1 チ は 相 好 を 崩 し て 手 を 振 る 。 見 張 り は ど う や ら 、 人 間 か ら こ の 白 い 鷹 に な っ た よ う だ 。 め ぎ わ 「 つ い て ま わ ら れ て 目 障 り だ っ た の は わ か る け ど 、 あ ん ま り 乱 暴 し な い で よ 。 話 の わ か ら な い 連 中 じ ゃ な い ん だ か ら 」 鷹 白 「 す ま ん 」 の わ ず ら 海 ぶ ち の め し た 連 中 の 治 療 を さ せ て し ま っ た ジ ェ イ は 、 手 を 煩 わ せ た ピ ー チ に 詫 び た 。 止 蒼 ま り 木 に 止 ま っ た 白 い 鷹 を に こ に こ と 見 つ め て か ら 、 ピ 1 チ は 病 室 に 入 る ジ ェ イ に 背 中 を 向 け た ま ま 尋 ね る 。 た か

蒼海の白鷹 プラパ・ゼータ ミゼルの使徒3⃣


27 蒼 海 の 白 鷹 「 ウ キ ュ 」 ひ り ゅ う ジ ェ イ の 肩 の 上 で 、 小 さ な 飛 竜 は 鼻 を 膨 ら ま す 。 し お 「 海 の 風 は 潮 を 含 ん で い る か ら ね 、 じ め じ め し て べ っ た り し て く る よ 。 濃 い 潮 風 に 当 た っ て 日 に 炙 ら れ る と 、 肌 が び り び り す る こ と も あ る 」 「 は あ : 遠 く か ら 見 た 海 は 青 く て と て も 素 晴 ら し か っ た だ け に 、 リ ン ゼ は 気 持 ち が 萎 え る の を 裔 め な か っ た 。 あ ぶ ふ く

蒼海の白鷹 プラパ・ゼータ ミゼルの使徒3⃣


流 星 香 先 生 の 「 蒼 海 の 白 鷹 』 、 い か が で し た か ? 流 星 香 先 生 、 イ ラ ス ト の 飯 坂 友 佳 子 先 生 へ の 、 み な さ ま の お 便 り を お 待 ち し て お り ま す 。 流 星 香 先 生 へ の フ ァ ン レ タ ー の あ て 先 ワ 3 ー 1 亠 1 亠 っ 朝 ー 測 東 京 都 文 京 区 音 羽 2 ー 講 談 社 文 庫 「 流 星 香 先 生 」 係 飯 坂 友 佳 子 先 生 へ の フ ァ ン レ タ ー の あ て 先 っ 朝 ー 1 亠 1 ・ 亠 つ 」 ー 測 東 京 都 文 京 区 音 羽 2 、 講 談 社 >< 文 庫 「 飯 坂 友 佳 子 先 生 」 係

現代日本の文学 41 中村 真一郎 福永 武彦 集


湾 は 蒼 い 水 た ま り の よ う に 見 え 、 外 海 は 陽 光 に き ら め い て 白 っ ほ い 河 の よ う に 見 え た 。 ( 「 草 の 花 」 )

蒼海の白鷹 プラパ・ゼータ ミゼルの使徒3⃣


剣 で 賊 を 斬 り 捨 て た ゼ ル ア ド ス は 、 は っ と 顔 を あ げ 、 頭 上 に 近 い 場 所 を 飛 ん で い た 白 い く ち ば し 鷹 を 見 た 。 白 い 鷹 は 、 嘴 で く わ え て い た 銀 色 の プ レ ー ト の つ い た 首 飾 り ら し き も の を 、 ゼ ル ア ド ス に 放 る 。 「 連 中 の つ け て る 銀 の プ レ ー ト を 奪 え ! つ け て る 奴 の は 斬 り 飛 ば せ ! 」 白 い 鷹 か ら も ら っ た 銀 の プ レ ー ト を 首 に か け た ゼ ル ア ド ス は 、 襲 い か か る 賊 の 胸 に あ る ど な そ れ を 狙 っ て 斬 り 飛 ば し な が ら 、 皆 に 怒 鳴 る 。 カ リ オ ス ト 海 賊 団 の そ の 銀 の プ レ ー ト は 、 つ け て い る 者 と つ け て い な い 者 が い る 。 ひ も ゼ ル ア ド ス に 銀 の プ レ ー ト を 吊 る し た 紐 を 斬 り 飛 ば さ れ た 賊 を 、 プ レ ー ト を つ け て い な い 賊 が 斬 り 捨 て た 。 ま ゆ ひ そ 不 自 然 な 光 景 を 目 の 当 た り に し て 、 ジ ェ イ は 眉 を 顰 め る 。 敵 と 戦 い な が ら 、 ゼ ル ア ド ス は 仲 間 に 一 一 = ロ う 。 じ ゅ じ ゅ っ か い ら い 「 こ い つ ら は 生 き て い な い ー 呪 術 で 動 か さ れ て い る 傀 儡 だ ー 鷹 白 プ レ 1 ト が あ る 者 は 、 仲 間 。 そ う で な い 者 は 敵 。 ゼ ル ア ド ス に 教 え ら れ 、 チ コ た ち は 賊 蒼 か ら 銀 の プ レ ー ト を 奪 い 取 る 。 ど こ か ら か 拾 っ て き た プ レ ー ト を 白 い 鷹 に 投 げ 渡 さ れ 、 そ に ぎ れ を 握 っ た ジ ェ イ は 考 え る 。 ( 呪 術 の 傀 儡 : : : ) た か ね ら

蒼海の白鷹 プラパ・ゼータ ミゼルの使徒3⃣


195 蒼 海 の 白 鷹 ぶ っ ち ょ う づ ら い つ 見 て も 仏 頂 面 の ジ ェ イ を 思 い 出 し 、 す っ か り で き あ が っ て 赤 い 顔 に な っ た ア ー た た ウ イ ン は 、 横 に い た テ イ ム の 肩 を 叩 き な が ら 、 け ら け ら と 笑 う 。 こ わ 「 怒 ら せ た ら 怖 い よ な 1 ! 」 「 俺 ら 、 ば こ ば こ に や ら れ た も ん な ー ! 航 海 初 日 に 、 乱 闘 騒 ぎ で ジ ェ イ に ぶ ち の め さ れ た 連 中 は 、 大 口 を 開 け て 笑 っ た 。 「 じ ゃ あ 、 リ ン ゼ さ ん っ て ど ん な 感 じ だ い ? 」 「 あ い っ か ? あ い つ あ 真 面 目 だ よ な 。 チ ビ で ト ロ え け ど よ = 「 な ん で も す ぐ 信 じ ち ま っ て さ あ : う そ 「 お 前 、 嘘 ば っ か り 教 え て ん じ ゃ ね え よ 」 か わ い 素 直 で 明 る く て 、 か ら か っ て 遊 ぶ と 可 愛 く て 面 白 い の で 、 リ ン ゼ は 船 員 た ち の 退 屈 し の お も ち ゃ ぎ の い い 玩 具 に な っ て い る 。 苛 め る つ も り は な い の だ が 、 つ い つ い か わ る が わ る 遊 ん で し ま う 船 員 た ち は 、 悪 い 奴 だ と お 互 い を 指 さ し あ っ て 馬 鹿 笑 い し た 。 し と 「 で ? な ん で あ ん た た ち の 船 に 、 ミ ゼ ル の 使 徒 さ ん た ち が 乗 っ て ん だ い ? 」 「 そ れ は だ な あ : : : 」 あ お 大 酒 を 呷 っ て 騒 い で い る 船 員 た ち に 近 づ い て 、 ミ ゼ ル の 使 徒 の ジ ェ イ と リ ン ゼ の 情 報 を 集 め 、 こ こ ま で 来 た 事 情 を 探 る の は 簡 単 な こ と だ っ た 。

蒼海の白鷹 プラパ・ゼータ ミゼルの使徒3⃣


第 一 章 港 町 の ぞ 白 い 街 道 か ら 続 い て い た 歩 行 者 用 の 緩 や か な 坂 道 を 上 り き る と 、 木 の 間 か ら 覗 く 視 界 が 一 気 に 開 け た 。 「 う わ あ : 傾 斜 し た 土 地 に 立 っ 建 物 の 屋 根 の 向 こ う に 見 え る 真 っ 青 な 海 に 、 思 わ ず リ ン ゼ は 声 を あ げ 、 く る ん と し た 大 き な 目 を い つ ば い に 見 開 い た 。 抜 け る よ う に 晴 れ た 、 雲 ひ と つ な い 空 つ ば さ ゅ う ぜ ん に は 、 白 い 翼 を 広 げ た 鳥 が 何 羽 も 、 舞 う よ う に 悠 然 と 飛 ん で い る 。 「 何 ? リ ン ゼ 、 君 、 海 を 見 る の は 初 め て な の か い ? ひ と み 好 奇 心 い つ ば い の 無 邪 気 な 様 子 で 、 茶 色 の 瞳 を き ら き ら さ せ て 海 を 見 つ め て い る リ ン ゼ よ ま え 鷹 に 、 微 笑 み な が ら ル ミ が 尋 ね る 。 の こ の 近 隣 の 者 だ ろ う 、 向 か い か ら 通 り か か っ た 、 籠 に 入 っ た 荷 物 を 持 っ た 女 が 、 顔 つ き 海 え し や く 蒼 に ま だ 幼 さ が 残 っ て い る 若 い ミ ゼ ル の 使 徒 の 様 子 に 微 笑 み 、 会 釈 し て 通 り す ぎ て い く 。 「 本 で 読 ん だ り 、 話 を 聞 い た こ と は あ り ま し た け ど 、 実 際 に 行 っ て 見 た こ と は な か っ た ん ゆ る か ′ 」

蒼海の白鷹 プラパ・ゼータ ミゼルの使徒3⃣


259 蒼 海 の 白 鷹 「 居 座 る っ て 、 お い ど な だ ま 後 ろ か ら 怒 鳴 る チ コ に 、 ゼ ル ア ド ス は 手 を 挙 げ て み せ 、 黙 る よ う 合 図 す る 。 ゼ ル ア ド ス は 辟 易 し た 様 子 で ジ ェ イ に 言 う 。 か い ぞ く せ ん 「 こ こ は 海 賊 船 だ ぞ : ・ ほ り よ 「 捕 虜 と い う こ と に で も し て お け ば い い 。 、 と う せ こ こ に は 、 医 師 免 許 を 持 っ た 者 は い な 違 う か ? 」 し と ジ ェ イ は 澄 ま し た 顔 で 、 集 ま っ て い た 海 賊 た ち を 見 回 し た 。 ミ ゼ ル の 使 徒 は 神 の 使 い で し よ う き ん か せ あ っ て 、 海 軍 で は な い 。 賞 金 稼 ぎ で も な い の で 、 ゼ ル ア ド ス が お 尋 ね 者 で あ ろ う が 、 関 係 な い 「 ー ー 好 き に し ろ : 怒 っ た 様 子 で ゼ ル ア ド ス は 椅 子 か ら 立 ち 上 が り 、 ジ ェ イ と リ ン ゼ を 見 張 る よ う 海 賊 た ち に 言 い つ け て 、 診 察 室 を 出 て い っ た 。 と り あ え ず 、 洋 上 に 放 り 出 さ れ ず に す ん で 、 ジ ェ イ は ほ っ と す る 。 「 リ ン ゼ は た ぶ ん 、 ハ ン モ ッ ク に 寝 た こ と が な い 。 落 と し た ら 、 殺 す 」 お ど リ ン ゼ の 見 張 り の た め に 病 室 に 入 る 海 賊 を 、 ジ ェ イ は 物 騒 な 目 で 脅 し た 。 「 ピ ー チ 、 こ こ に 残 っ て リ ン ゼ の 看 護 を 頼 め る か ? 」 「 そ れ は い い け ど : 、 あ ん た は ? へ き え き