検索 - みる会図書館

検索対象: 現代日本の文学 41 中村 真一郎 福永 武彦 集

現代日本の文学 41 中村 真一郎 福永 武彦 集から 459件ヒットしました。

現代日本の文学 41 中村 真一郎 福永 武彦 集


湾 は 蒼 い 水 た ま り の よ う に 見 え 、 外 海 は 陽 光 に き ら め い て 白 っ ほ い 河 の よ う に 見 え た 。 ( 「 草 の 花 」 )

現代日本の文学 41 中村 真一郎 福永 武彦 集


よ う に す る 、 君 の 気 持 に 負 担 を 掛 け な い よ う に す る 、 ね 、 の だ 。 そ う し た ら 僕 に 、 一 体 何 が 残 る だ ろ う か 。 ね え 藤 木 、 と 沈 黙 に 耐 え ら れ な く な っ て 僕 は 呼 び 掛 だ か ら こ の 愛 を 咎 め な い で く れ 、 ね 、 藤 木 ? 何 に も な ら な い の に 、 何 に も な ら な い の に 、 と 藤 木 け た 。 そ れ じ ゃ 君 は 一 人 き り で 誰 の 助 け も 藉 り な い で 、 歩 は 悲 し げ に 繰 返 し た 。 い て 行 こ う っ て 言 う の か い ? つ ぶ や ね 、 頼 む か ら 。 僕 は 、 僕 が 生 き て い る の は 、 こ の 愛 ー ー え え 、 と 藤 木 は 呟 い た 。 だ け ど 人 間 な ん て 無 力 な も の だ よ 、 そ ん な に 君 み た の た め な ん だ 、 観 念 的 で も い い 、 夢 を 見 て い る ん で も い い に 言 っ た っ て 、 い 、 た だ 咎 め な い で ほ し い 。 ね 、 も 一 度 考 え 直 し て く れ な そ れ は 無 力 で す 、 僕 な ん か そ れ に と り わ け 弱 虫 な ん し カ だ か ら 。 で も 僕 の 孤 独 と 汐 見 さ ん の 孤 独 と 重 ね 合 せ た と こ 藤 木 は 弱 々 し く 、 風 に 吹 か れ て 花 が 花 冠 を 垂 れ る よ う う な ず ろ で 、 何 が 出 来 る で し よ う ? 零 に 零 を 足 す よ う な も の じ に 、 頷 い た 。 ゃ あ り ま せ ん か ? し い ね 、 そ れ じ ゃ : : : そ う だ 、 明 日 の 晩 は 秋 月 で み は ず ん な で コ ン パ を や る 筈 な ん だ 。 そ の 時 一 緒 に 行 こ う 、 行 く 孤 独 だ か ら こ そ 愛 が 必 要 な の じ ゃ な い だ ろ う か ? 僕 は そ っ と し て お い て ほ し い ん で す 、 と 弱 々 し く 繰 道 で も う 一 度 よ く 話 を し よ う ? 藤 木 は 頷 い て 、 歩 き 出 し た 。 僕 は そ こ に 立 ち ど ま り 、 藤 返 し た 。 あ ら 僕 は 足 を 停 め た 。 砂 浜 の 上 に 引 き 上 げ ら れ た 漁 船 が 、 月 木 の 姿 が 見 え な く な っ て か ら 、 海 の 方 に 降 っ て 行 っ た 。 粗 か っ こ う 光 に 照 ら さ れ て 奇 怪 な 恰 好 で 寝 そ べ っ て い る 。 僕 は 悪 夢 の い 丸 太 を 組 み 合 せ た 棧 橋 が 、 水 の 中 に 突 き 出 て い る 。 僕 は あ ぶ 中 に で も い る み た い に 、 遠 ざ か っ て 行 く 藤 木 の 後 ろ 姿 を 眺 危 な っ か し い 足 取 で 、 そ の 端 ま で 行 き 、 そ こ に 腰 を 下 し て め て い た 。 失 わ れ て 行 く 、 失 わ れ て 行 く 。 執 着 と 絶 望 、 寄 足 許 に 寄 せ る 波 の 動 き を ・ ほ ん や り と 見 詰 め て い た 。 棧 橋 の 脚 柱 を 波 が 洗 う た び に 、 夜 光 虫 が 波 を 銀 色 に 染 め 花 せ て は 返 す 波 の よ う に 、 執 着 と 絶 望 : ・ す そ い や の た 。 月 光 の 下 で は 光 は 冴 え な か っ た が 、 棧 橋 の 裙 の 蔭 に な 厭 だ 。 り ん - 、 う あ お じ ろ っ た と こ ろ で は 、 妖 し い よ う に 蒼 い 燐 光 が う ご め き 揺 れ 草 僕 は 叫 び 、 走 り 出 し た 。 藤 木 は 蒼 白 い 顔 を 振 り 向 か せ た 。 た 。 そ の 蒼 ざ め た も の は 僕 の 心 に も 投 影 し た 。 愛 と は 無 益 僕 は 厭 だ 。 ね 、 藤 木 、 僕 は 遠 く か ら 君 を 愛 し て い え そ ら ご と む な る 、 君 は た だ 君 で あ れ ば い い ん だ 、 僕 が 苦 し も う と 苦 し む な 、 空 し い 、 絵 空 事 に す ぎ な い の か 、 こ の よ う な 苦 し み よ り は 、 ひ と 思 い に 死 を 選 ん だ 方 が ま し な の で は な い か 、 と ま い と 、 君 に は 何 の 責 任 も な い ん だ 。 僕 だ っ て 苦 し ま な い あ や

現代日本の文学 41 中村 真一郎 福永 武彦 集


ひ そ か な る ひ と へ の こ の お も ひ は 侘 び し い み な も 小 さ な 石 を 回 想 の 水 面 に 投 げ て も は う ぶ っ せ ん 石 は は か な い 抛 物 線 あ き ら め へ の 晩 い め ざ め へ だ 戸 田 は 眠 っ て ゐ る 漁 師 ま ち た ば こ 煙 草 や の か ど に 海 が 見 え て る い け す な か ら す 生 簀 に 啼 く よ こ し ま な 鴉 の い く っ あ っ ち へ 行 き た い と 子 供 が 指 を さ し た 通 ひ 汽 船 の 汽 笛 が く も り 空 に 余 韻 し て 港 は ひ っ そ り か ん と 暮 れ て し ま っ た あ あ ひ と り ・ ほ っ ち の 身 に こ の 嘆 き は い つ ま で だ ら う に ぎ は も う お 祭 の 賑 ひ も あ り は し な い は し け は 砂 に あ げ ら れ て る し む せ ろ 集 ぎ い ぎ い と 咽 ぶ 櫓 の た め 息 も 聞 え な い 詩 こ こ ろ な い ひ と の 笑 み も こ の 執 着 も う ら ぶ れ て ひ と み 武 う つ ろ な 瞳 あ げ れ ば た だ 松 風 の 音 ば か り 今 は せ め て 遠 い 日 の と と の ひ を お も ひ く だ け た 貝 が ら を 夜 光 虫 の 海 に す て よ う ね お そ み ん な 行 っ て し ま っ た あ の 松 の 林 を わ た っ た 風 の い ぶ き も 輪 ま は し を し て ゐ た 少 年 の 姿 も 港 を 出 て 行 く 通 ひ 汽 船 の さ び し い 汽 笛 に ぼ く た ち が 首 を あ げ て 遠 い 日 を お も っ た や う に み ん な い つ の ま に か 行 っ て し ま っ た 戸 田 で は あ ひ か は ら ず 春 に な る と 桜 の 花 が み さ き の 砂 浜 に 白 く 散 り 子 供 た ち の 遊 ん で ゐ る 石 畳 の 上 に は か す 魚 の に ほ ひ が 幽 か に こ び り つ い て ゐ る が ・ ほ く た ち が む か し 愛 し た や さ し さ も た の し さ も そ し て 心 も み ん な い つ の ま に か 行 っ て し ま っ た う ち 海 の 潮 の 蒼 さ を う っ し た 頬 に 続 ・ ひ そ か な る ひ と へ の お も ひ 五 年 の の ち に し ほ あ を

現代日本の文学 41 中村 真一郎 福永 武彦 集


な お 色 の 白 い 頬 が 紅 潮 し 、 鉄 棒 を 膕 ん だ 花 車 な 手 先 を 、 つ ぶ ら 廻 し の り ん り ん い う 響 き が 尚 も 聞 え て 来 る 。 そ れ に 混 っ て な 眼 で 見 詰 め て 、 勾 配 の 多 い 空 地 を 巧 み に 登 「 た り 降 0 た 陽 気 な 笑 い 声 。 藤 木 が 部 を や め る な ん て 、 そ ん な 馬 鹿 な こ は な び ら り し て い る だ ろ う 。 五 分 刈 の 頭 に 、 花 片 が 散 り か か っ て い と は な い 。 し か し 僕 は 村 に 来 て か ら 、 ま だ 一 度 も 藤 木 に る だ ろ う 。 : そ う し た 空 想 は 、 果 し て physique で は な 会 っ て 話 を し た こ と が な い の だ 。 ま さ か 柳 井 が つ ま ら な い ふ ろ は ず い の だ ろ う か 。 藤 木 と 一 緒 に は 風 呂 へ も は い れ な い と い う 干 渉 を し た 筈 も な い の だ が 。 よ う な 僕 の は に か み か た 、 そ れ は physique で は な い の だ 僕 は 息 苦 し い 気 持 で 防 波 堤 の 上 に 攀 じ 登 っ た 。 外 海 が 蒼 ろ う か 。 く 晴 れ わ た っ て 、 眼 の 中 に 飛 び 込 ん で 来 た 。 ひ と り き り 、 汐 見 さ ん 、 何 を 考 え て る ? 何 処 か 遠 く へ 行 き た い も の だ 、 と 僕 は 海 を 見 詰 め て 思 い 続 側 へ 来 た の は 、 . 小 悪 魔 の よ う な 矢 代 だ っ た 。 内 密 そ う な け た 。 微 笑 が 頬 の 肉 を 歪 め て い た 。 僕 は そ っ ぽ を 向 い た 。 た だ 汐 見 さ ん 、 ち ょ っ と 聞 か せ て あ げ る こ と が あ る 。 但 し 、 秘 密 で す よ 。 村 祭 の 日 に 、 大 学 生 の 先 輩 が 三 人 、 山 越 で 帰 る こ と に な み さ き ど う し て 矢 代 が 側 へ 来 る と 、 こ う 変 に 屈 辱 的 な 気 持 に な っ た 。 こ の 日 は 岬 の 方 へ ま で 村 人 の 人 出 が 多 か っ た か ら 、 た ら る の だ ろ う 。 ど ん な に 僕 が 厭 だ と 思 っ て も 、 僕 の 心 理 を 見 毎 年 、 立 を 休 ん で 遊 び に 行 く 習 慣 に な っ て い た 。 今 年 は あ こ う か っ 抜 い た よ う な そ の 狡 猾 な 徴 笑 。 と を 一 年 生 に 頼 ん で 、 峠 ま で 先 輩 達 を 見 送 っ て 行 こ う と 言 藤 木 が ね 、 と 言 っ て 間 を 計 算 す る よ う に 僕 の 横 顔 を い 出 し た の は 木 下 で 、 僕 等 五 人 は 大 学 生 と 打 連 立 っ て 朝 の 見 た 。 う ち に 出 発 し た 。 合 宿 参 加 の お く れ て い る 宮 沢 と 中 川 と 何 だ い ? が 、 そ れ に 今 日 あ た り 、 山 越 の コ ー ス で や っ て 来 る 筈 に な 藤 木 が ね 、 ひ ょ っ と す る と 部 を や め る か も し れ ま せ っ て い た 。 あ さ も や う っ す ら と 朝 靄 の 消 え 残 っ て い る 海 沿 い の 石 づ く り 道 を 歩 い て 行 く 頃 は 、 一 か た ま り に か た ま っ て い た が 、 祭 の 景 誰 が そ ん な こ と を 言 っ た ? も ら ろ ん そ 気 で 賑 わ い 始 め た 村 の 中 心 部 を 、 菓 子 屋 の 秋 月 か ら 右 に 逸 勿 論 、 藤 木 で す よ 。 真 偽 は 保 証 し ま せ ん が ね 。 そ れ だ け 言 っ て 、 ロ 笛 を 吹 き な が ら 向 う へ 歩 い て 行 っ て れ る と 、 い っ と は な く 足 並 が 先 後 し た 。 段 々 畑 の 間 を 歩 い ひ ば り な し ま っ た 。 そ ん な こ と は な い 、 と 僕 は ロ の 中 で 言 っ た 。 輪 て 行 く と 、 光 の 粉 を 掃 い た 空 に 雲 雀 が 啼 き 、 太 鼓 の 音 が 単 ん よ 。 ほ 招 ま い や き や し ゃ に ぎ や ま ご え あ お

現代日本の文学 41 中村 真一郎 福永 武彦 集


な が 眺 め て い る : が 踊 る よ う に 流 れ 込 ん で 来 る 。 風 が 冷 た い 。 「 僕 は 明 日 東 京 へ 帰 り ま す 、 」 と 彼 は 言 う 。 船 が 揺 れ て 、 硝 子 窓 を 波 が 白 く 洗 っ た 。 そ れ は も う 曇 っ か え 彼 女 は 答 え な い 。 風 が そ の 髪 を 弄 っ て 、 さ ら さ ら と い う た 鏡 の よ う に 風 景 を 映 さ な い 。 大 学 生 は 自 分 に 復 る 。 こ ん 音 が 聞 え る よ う な 気 が す る 。 し か し そ れ は 松 の 頂 き を 吹 き な に 好 き な の に ー ー 、 本 当 に 、 も う 、 自 分 の 心 は そ ん な に か も め も 捕 え ら れ て し ま っ た の か 。 彼 は 娘 の 着 て い る 粗 末 な 黒 一 過 ぎ る 風 の 音 だ 。 沖 の 方 で 鷦 が 鳴 い て い る 。 は な や 色 の ワ ン ビ 1 ス を 見 る 。 飾 り ら し い も の は 何 一 つ な い 。 華 「 東 京 で ま た 会 え ま す ね ? 君 は い っ 帰 る ん で す か 。 」 彼 女 は 彼 の 方 を 向 く 。 そ の 眼 に 敵 意 の よ う な も の が 燦 か な 色 は 何 一 つ こ の 娘 に は 見 ら れ な い 。 勝 気 な 人 だ 。 そ れ で い て ど こ か 寂 し そ う な 翳 が あ る 。 こ の 人 の 着 て い る の は 「 わ た し は 帰 り ま せ ん 、 わ た し は も う お 会 い し ま せ ん 。 」 喪 服 で は な い だ ろ う か 。 空 想 が 再 び 大 学 生 の 意 識 の 中 に 育 ち 始 め る 。 一 一 人 は ポ ー 「 ど う し て ? 」 ト に 乗 っ て い る 。 達 磨 山 が 青 い 影 を 水 の 上 に 落 し て い る 。 「 だ っ て 、 こ れ で い い じ ゃ あ り ま せ ん か 。 戸 田 で だ け の お と も だ ち 友 達 で 。 あ な た は わ た し を 知 ら ず 、 わ た し は あ な た を 知 ら 彼 が オ ー ル を 動 か す た び に 、 ポ ー ト の 位 置 が 動 く 。 ポ ー ト の 中 に 、 二 つ の 若 々 し い 感 情 が 、 常 に 同 じ 方 向 を 目 指 し て な い で 、 さ よ な ら を し て 、 そ れ だ け で い い の で す わ 。 」 「 僕 は 厭 だ な 、 そ ん な こ と 、 」 と 彼 は 強 く 言 う 。 勇 気 が 彼 動 い て 行 く 。 の 心 に 湧 い て 来 る 、 そ れ か ら 今 ま で 知 る こ と の な か っ た 不 「 し か し 僕 は 君 の こ と は 何 も 知 ら な い ん だ よ 、 」 と 彼 は 言 思 議 な 感 情 が 。 「 僕 は 君 と こ れ つ き り に な る な ん て 厭 だ 。 そ れ じ や ほ ん の 「 教 え た げ ま し よ う か 、 」 と 娘 が 彼 の 顔 を 真 直 に 見 詰 め て 言 行 き ず り み た い な も の だ 。 」 う な ず 「 で も 、 そ う で し よ う 、 わ た し た ち ? 戸 田 行 の 汽 船 で 偶 彼 は オ ー ル を 放 す 。 ぼ ん や り と 頷 く 。 僕 が 知 り た い の は 然 一 緒 に な っ た 、 そ れ だ け の こ と で し よ う ? 」 僕 の 好 奇 心 で は な い 、 僕 の 愛 情 な の だ 。 僕 は 君 の こ と は 何 で も 全 部 知 り た い 。 「 し か し : : : 。 」 し か し 僕 は も う 君 が こ ん な に 好 き な の に 、 彼 は そ う 「 話 し て く れ た ま え 、 」 と 強 く 言 う 。 は た あ お あ ぎ け 言 う だ ろ う 。 そ う 言 う だ け の 勇 気 が 、 果 し て 彼 に 確 実 に あ な ぜ 娘 の 蒼 白 い 顔 に 、 そ の 時 、 嘲 る よ う な 色 が 浮 ん だ の る だ ろ う か 。 彼 女 の 寂 し げ な 眼 が 、 い つ ま で も 海 の 遠 く を だ ろ う か 。 な ぶ き ら め だ る ま や ま う つ ま っ す ぐ

現代日本の文学 41 中村 真一郎 福永 武彦 集


波 打 際 に 父 に 肩 を 圧 え ら れ て 立 っ た 、 赤 い 海 水 着 の 少 女 大 き な 変 り 色 の タ オ ル を 振 っ て い る 動 物 園 の 七 面 鳥 の よ う ろ う ば ま じ め は 、 真 面 目 な 顔 を し て 私 の 方 を 眺 め て い る 。 そ の 眼 付 は 常 な 老 婆 の 姿 が 見 え た 。 あ 、 ば あ や が 呼 ん で る わ 。 私 失 に 相 手 を 無 視 し 慣 れ て い る き つ い 感 じ の も の だ っ た 。 私 は 礼 し て よ 。 そ う 云 う と さ っ と 父 に 一 礼 し 、 や は り に こ り と い ら べ っ 心 お じ と 恥 か し さ で 、 急 に 自 分 が 田 舎 者 で あ る こ と を 意 識 も せ ず 、 私 に は 一 瞥 も 与 え ず に 駆 け 去 っ た 。 そ の 少 女 の 傲 し て 、 も じ も じ し て い た 。 礼 子 さ ん 、 こ れ が 私 の 子 供 慢 な 態 度 は 、 父 の 習 慣 的 な 丁 寧 な 物 腰 と 対 照 を な し 、 ま る の 栄 で す 。 こ ち ら は 、 浮 田 さ ん の お 嬢 さ ん の 礼 子 さ ん 。 大 で 主 従 の よ う に 見 え 、 私 に 激 し い 屈 辱 を 感 じ さ せ た 。 変 に 絵 の う ま い 方 だ よ 。 父 は 物 慣 れ た 調 子 で そ ん な 事 を 云 お い 、 お 父 さ ん は 一 廻 り し て 来 る か ら 、 こ の 辺 に い る ん だ う と 、 一 一 人 を 等 分 に 見 比 べ た 。 子 爵 令 嬢 と 云 う 言 葉 に 、 美 よ 。 」 少 女 を 見 送 っ て い る 私 に そ う 呼 び か け る と 、 父 は も し く 成 熟 し た 女 性 を 連 想 し て い た 私 は 、 眼 前 の 私 程 の 年 齢 う 水 へ 歩 み 入 り 、 抜 手 を 切 っ て 沖 へ 出 て 行 っ た 。 み る み の 少 女 に 戸 ま ど い を 感 じ た 。 少 女 は 父 の 紹 介 に も 関 ら ず 冷 る 、 父 の 引 い て い る 白 銀 の 水 脈 は 、 一 番 先 の 飛 込 台 を 越 淡 な 顔 を し て い る の で 、 私 の 一 生 懸 命 の 徴 笑 は 脣 の 上 に し 、 延 び 上 る 入 道 雲 を 遠 景 に 、 怒 り 狂 う 動 物 の よ う に 、 大 凍 り つ い た 。 そ し て 私 の 耳 に は 急 に 遠 い 波 の 響 き が 大 き く き く 赤 旗 の 向 う を 廻 っ て い た 。 聞 え 出 し て 来 た 。 礼 子 さ ん 、 お ひ と り ? し か し 沖 か ら 帰 っ て 来 た 父 の 顔 は 、 今 朝 と 同 じ よ う な 晴 け げ ん え え 、 父 は あ た り を 見 廻 し て 怪 訝 そ う な 様 子 だ っ た 。 や か な 表 情 に 返 っ て い た 。 長 身 で 元 気 の い い 壮 年 の 男 が 、 ひ と り よ 。 ば あ や が 向 う の 茶 屋 で 待 っ て る わ 。 私 、 葉 山 で き ら き ら し た 真 昼 の 光 を 浴 び 、 黒 の 海 水 着 を 筋 肉 に 密 着 さ も い つ も ひ と り だ っ た か ら 平 気 。 」 そ ん な こ と を は き は き せ て 、 長 い 足 で 、 す た す た 岸 に 上 っ て 来 る 姿 は 、 周 囲 の 男 あ ぎ や さ 云 い な が ら も 少 女 は 少 し も 笑 顔 を 見 せ な い 。 パ パ は 今 女 を 振 り 返 ら せ る 程 、 鮮 か に 活 気 に 満 ち て い た 。 ご ち そ う に 日 は ? 」 ー ー 結 城 の お ば さ ま が 見 え て 、 御 一 緒 に 都 ホ テ ル あ 、 今 夜 は い い と こ ろ へ 連 れ て 行 っ て 御 馳 走 を し て 上 げ よ ・ : 少 女 の 無 邪 気 な 返 事 を 聞 い た 瞬 間 、 私 は 何 故 か は う 。 」 脱 衣 所 で 頭 か ら 水 を 浴 び な が ら 父 の 声 は 、 若 々 し か の っ こ 。 っ と し た 。 父 の 顔 は 予 感 の 通 り そ れ ま で の 快 活 な 表 情 か た ち ま 死 ら 、 忽 ち さ っ と 曇 っ た 。 海 の 上 の 太 陽 が 急 に 雲 に か く れ 芦 屋 の 海 岸 か ら 大 阪 へ 出 る と 、 蒸 暑 い 街 中 を 父 は 自 動 車 と び ら て 、 父 を 蒼 ざ め さ せ 輪 郭 を 太 く し た の で は な い か と 、 私 は を 広 川 氏 の 事 務 所 へ 走 ら せ た 。 回 転 扉 を 慣 れ た 手 付 で 押 す ら よ う ど 錯 覚 し た 程 た っ た 。 丁 度 そ の 時 、 礼 子 様 ! 」 と 云 う し 父 に 随 い て 、 ガ ラ ン と し た 建 物 へ 入 っ て 行 く と 、 廊 下 へ 丁 や が れ 声 が 松 原 の 方 で し て 、 。 ( ラ ソ ル の 林 立 し た 向 う に 、 度 五 六 人 の 男 女 の 子 供 達 が 出 て 来 た 。 皆 あ か ぬ け の し た 都 あ お お さ え が お か か わ く ち び る っ く つ じ よ く ま ら な か ご う

現代日本の文学 41 中村 真一郎 福永 武彦 集


叔 母 さ ん が 言 っ た 。 し か し 彼 は 勉 強 に 疲 れ て し ま う と 、 え も 音 を 立 て た 。 し か し 帽 子 は 風 で 飛 ぶ よ う な こ と は な か 「 何 処 へ 行 く ? 」 と 一 緒 に つ い て 来 た そ う に 呼 び 掛 け る 三 っ た 。 彼 は や や 広 い 岩 の は ざ ま に 出 た 。 小 高 い 丘 の よ う に 郎 に 返 事 も せ ず に 、 靴 を は い て 、 「 僕 、 散 歩 に 行 っ て 来 ま 盛 り 上 っ た そ の 一 番 高 い 岩 の 上 に 這 い 登 っ た 。 そ こ か ら は も と い ← っ 」 ろ ・ す 、 」 と 言 っ て 、 さ っ さ と 浜 へ 出 て 来 て し ま っ た 。 「 浜 も 寒 外 海 が 一 眸 の 下 に 見 え た 。 と こ ろ い に 、 と 。 ほ っ ん と ク ニ 叔 父 さ ん が 、 こ た つ の 中 で う た た こ ん な 処 ま で 来 た の は こ れ が 初 め て だ っ た 。 夏 の 間 に 、 寝 を し な が ら 声 を 掛 け た 。 も う 三 日 も す れ ば 、 お 母 さ ん が 此 処 ま で 来 た こ と が な か っ た と い う の が 不 思 議 み た い な も 迎 え に 来 て く れ る だ ろ う 。 の だ 。 浜 で 入 江 を 見 て い た 時 と は ま る で 違 っ た 、 生 き て い 、 ば 彼 は 棧 橋 の 上 を ゆ っ く り と 戻 っ た 。 コ ン ク リ 1 ト の 上 を る 海 が そ こ に あ っ た 。 波 浪 は 岩 に 噛 み つ い て 、 牙 を む き 出 た た 靴 が 固 い 音 を 立 て て 叩 い た 。 彼 は ご っ ご っ し た 岩 を 踏 ん し に し て 呎 え た 。 ま る で 彼 を お び や か す よ う に 。 僕 は 何 も み さ 込 う そ で 、 岬 の 方 へ 行 っ て み た 。 岬 へ は 、 渚 づ た い に 行 く こ と は 怖 く は な い 、 と 彼 は 考 え た 。 そ れ は 嘘 だ 。 彼 に は 怖 い こ と し ん し よ く む つ か し い 。 大 き な 岩 が 、 外 海 の 波 浪 に 浸 蝕 さ れ て 、 ぎ ざ が 沢 山 あ る の だ 。 し か し 僕 は 、 怖 い と は 言 う ま い 。 海 は 沖 ぎ ざ に 尖 っ た ま ま 幾 つ も 幾 つ も 転 が っ て い る 。 彼 は ポ ケ ッ の 方 ま で 暗 く 濁 っ て い た 。 空 と 雲 と の 間 は 見 き わ め も っ か い そ づ り ト か ら 手 を 出 し 、 滑 ら ぬ よ う に 用 心 し な が ら 進 ん で 行 っ な か っ た 。 そ し て 岩 の 上 に 、 磯 釣 を し て い る 男 た ち の 姿 さ た 。 岩 と 岩 と の 間 に 、 波 が は い り 込 ん だ ま ま 捉 え ら れ て 、 え 見 る こ と が 出 来 な か っ た 。 雲 だ け が 早 く 走 っ て 行 き 、 走 お お と こ ろ ど こ ろ 小 さ な 水 た ま り を つ く っ て い る 。 そ の 辺 は 風 る 雲 の そ の 上 に ま た 別 の 雲 が 覆 い か ぶ さ っ て い た 。 そ の 風 さ え ぎ さ ざ な み が 遮 ら れ て 、 水 た ま り に は 漣 も 立 っ て は い な か っ た 。 小 景 は じ ん と す る ほ ど 寂 し か っ た 。 或 種 の 感 情 の よ う に 。 し い そ も の さ な 磯 物 と 呼 ば れ る 貝 や 、 黒 い う に な ど が 、 水 の 中 に こ び か し 僕 は 寂 し い と は 言 う ま い 。 そ し て こ の 風 景 も 、 夜 に な お と ず り つ い て い た 。 彼 は 次 第 に 岬 の 方 に 近 づ い た 。 大 き な 岩 の っ て 彼 を 訪 れ る 夢 の 中 の 見 知 ら ぬ 顔 ほ ど に 寂 し く は な か 蔭 を 、 両 手 で 抱 く よ う に し な が ら 廻 っ た 。 す る と 急 に 風 が っ た 。 あ る 寂 正 面 か ら 吹 き つ け て 来 た 。 そ れ は 或 種 の 感 情 の よ う に 、 彼 お 母 さ ん は 僕 が 邪 魔 だ か ら 、 そ れ で 僕 を ク ニ 叔 父 さ ん の 夜 の 心 の 中 を 吹 き 抜 け た 。 存 在 の 感 情 。 彼 は 水 に 落 ち 込 み そ 家 に あ ず け た の だ 、 と 彼 は 岩 に 凭 れ な が ら 考 え た 。 お 正 月 う な 危 い 岩 の 麓 を 、 恐 る 恐 る 通 っ た 。 水 は 蒼 く て 如 何 に も の 休 み を 、 自 分 の 家 で は な く 、 い く ら お ば あ さ ん が い る か あ わ ふ っ と う も ら ろ ん 深 そ う だ っ た 。 白 い 泡 が 表 面 で 沸 騰 し て い た 。 彼 は そ こ を ら と い っ て 、 ひ と の 家 に 滞 在 し て 過 す な ん て 。 勿 論 、 理 由 ひ さ し 通 り 抜 け た 。 風 が 前 よ り も 強 く な り 、 帽 子 の 庇 に 当 っ て さ は あ っ た 。 「 僕 、 こ の お 休 み に は う ん と 勉 強 し な く ち ゃ 、 」 こ わ

現代日本の文学 41 中村 真一郎 福永 武彦 集


「 フ ロ ー 」 も 笑 っ た か い ? 藤 木 は も う 元 気 だ よ 、 汐 見 さ ん 。 心 配 す る こ と は な い よ 、 と そ の 時 森 が 早 口 に 言 っ た 。 先 生 は 笑 い た い の を 我 慢 す る よ う な 変 な 顔 を し て い ス ー ツ ケ ー ス を ぶ ら さ げ た 背 の ひ ょ ろ 高 い 石 井 と 、 半 ば た 。 し か し 随 分 油 を 搾 ら れ た よ 、 私 は 決 し て 辛 い 点 は つ け こ ぶ と な い 、 現 に 一 年 で 私 が 満 点 を つ け た 生 徒 も い る 、 な ん て 走 る よ う に 足 を 急 が せ る 小 肥 り の 森 と 、 二 人 の 姿 が ど ん ど し ば ら ね 。 ん 遠 ざ か っ て 行 く 。 石 井 の 声 が 暫 く 聞 え て い た 。 は さ あ あ そ れ 、 藤 木 の こ と か 、 と 思 わ ず 僕 は ロ を 挾 ん : つ ま り ギ リ シ ャ は ね 、 人 間 を 信 仰 し た ん だ 。 ま つ く ・ こ 。 あ い つ は と う と う 理 甲 の ト ツ 。 フ だ っ こ 。 ず 神 々 を 信 仰 し 、 次 い で 神 々 を 創 っ た 人 間 を 信 仰 し 、 最 後 藤 木 は 出 来 る さ 。 し か し ま あ 僕 等 も み ん な 落 第 し な に は 人 間 の 創 っ た 法 律 や 芸 術 や 哲 学 な ど を も 信 仰 し た ん 、 せ き く て よ か っ た よ 。 柳 井 が 落 ち な か っ た な ん て 奇 蹟 み た い だ 。 ギ リ シ ャ 人 は 何 よ り も 人 間 的 で あ ろ う と し た 、 彼 等 の 神 々 は 人 間 の 美 し さ の 典 型 な の だ 。 か の 謹 厳 な 。 フ ラ ト ー ン こ れ は や つ ば り 記 念 祭 が 悪 い ん だ ね 、 記 念 祭 の 時 に も : ・ な ま 飲 み 癖 が つ く か ら 、 つ い 試 験 の 時 ま で 怠 け 通 し て し ま う ん 。 フ ラ ト ー ン か 、 あ れ は き っ と 僕 へ の 皮 肉 に 違 い な い 。 藤 あ お だ 。 来 年 は 大 学 の 入 学 試 験 も あ る し 、 理 科 の 連 中 は み ん な 木 の 蒼 ざ め た 顔 が 、 ふ と 浮 ぶ 。 ポ ン ポ ン が 船 着 場 の 棧 橋 に 浪 人 か も し れ な い ぜ 。 着 い て 、 元 気 な 連 中 か ら 次 々 と 下 船 し た 時 に 、 僕 は 棧 橋 の 縁 起 の 悪 い こ と を 言 っ て く れ る な 、 と 立 花 が 笑 っ 端 の 、 ロ ー 。 フ を 巻 き つ け た コ ン ク リ ー ト の 台 の 上 に 、 さ も 疲 れ た よ う な 顔 を し て 腰 を 下 し 、 藤 木 の 降 り て 来 る の を 待 魚 く さ い 石 畳 の 道 が 右 に 曲 っ て 、 人 家 が 尽 き た 。 右 手 は っ て い た 。 矢 代 に 連 れ ら れ て 甲 板 の 端 ま で 歩 い て 来 た 藤 木 す ぐ に 海 、 左 手 は 赤 土 の 露 出 し た 断 崖 で 、 工 事 中 と 見 え て の 顔 が 、 痛 々 し い ほ ど 蒼 く 見 え る 。 船 と 棧 橋 と の 間 が 三 四 げ ん そ く 土 砂 の は い っ た ・ ハ ケ ツ が モ ー タ ー 仕 掛 で 上 っ た り 下 っ た り 尺 ほ ど 開 い て 、 舷 側 の 方 が 少 し ば か り 丈 が 高 い 。 飛 べ る か し て い る 。 い ? と 矢 代 が 訊 い た 。 藤 木 の 顔 が さ っ と 紅 潮 し 、 そ の 身 遅 い 足 だ な あ 。 体 が 宙 に 踊 り 、 僕 が 立 ち 上 っ た 時 に は も う 棧 橋 の 上 で よ ろ 後 ろ か ら 声 を 掛 け ら れ て 、 振 り 返 る と 森 と 石 井 と の 二 人 め い て い た 。 石 井 が 抱 え る よ う に し て 僕 の 方 に 近 づ い て 来 が 、 崖 の 上 の 方 を 見 て い る 僕 等 を さ っ さ と 追 い 抜 い て 行 っ る 。 此 処 に 掛 け て 休 め よ 、 と 僕 は 言 っ た 。 藤 木 は 感 謝 す る っ よ う に 笑 い か け た が 、 微 笑 が 途 中 で 凍 っ て し ま っ た 。 が だ ん が い

現代日本の文学 41 中村 真一郎 福永 武彦 集


た び 惑 す る 。 そ こ で 二 年 生 の 仲 間 だ け 、 裸 電 球 の 下 で 車 座 に な や が み 込 み 、 波 の 寄 せ る 度 に 夜 光 虫 が 蒼 白 く 光 る の を 見 詰 ゅ の み ち や わ ん め た 。 そ う す る と 、 忘 れ て い る 決 意 と 、 味 苦 い 後 悔 と が 返 り 、 湯 呑 茶 碗 を 廻 し て 酒 盛 を 始 め た 。 お い 、 こ れ じ や 全 然 酔 わ な い よ 、 と 服 部 が 言 っ て 吹 っ て 来 た 。 僕 に と っ て 大 事 な の は 、 決 し て 、 酔 っ て 浮 か れ は ず る こ と で は な か っ た 筈 だ 。 き 出 し た 。 ま る で お 通 夜 だ よ 、 こ れ じ ゃ 。 僕 が 藤 木 に 会 っ た の は そ の 時 だ っ た 。 誰 か 名 案 は な い か 、 と 木 下 が 訊 い た 。 す く な 汐 見 さ ん 、 気 分 で も 悪 い の ? こ う 酒 が 尠 く ち ゃ な あ 、 と 宮 沢 が 嘆 息 し た 。 ど う だ あ し も と 、 飲 ん だ 分 だ け あ と に 水 を 差 し て 行 く の は ? 僕 は そ の 声 に 反 射 的 に 立 ち 上 っ た 。 足 許 が よ ろ め い た の 水 っ ぽ い 酒 な ん か 御 免 だ 、 と 柳 井 が 一 喝 し た 。 ひ と は 、 ま だ 酔 の 残 っ て い る せ い か 、 そ れ と も こ の よ う な 偶 然 っ 寮 歌 を 歌 っ て ぐ る ぐ る 廻 ろ う じ ゃ よ 、 、 。 オ し カ 一 廻 り し た ら へ の 感 動 な の か 、 自 分 で も 分 ら な か っ た 。 一 杯 ず つ 飲 む 。 ど う だ ? 藤 木 、 と 言 っ た な り 声 が 詰 っ て し ま っ た 。 そ し て 渚 騒 い だ ら ば れ や し な い か 。 に 沿 っ て す ぐ 側 に 来 た 黒 い 人 影 を 、 確 か め る よ う に 眼 で 見 え り 構 わ ん 。 や ろ う 。 守 っ た 。 藤 木 は マ ン ト の 襟 を 開 い て 、 僕 の 顔 を 覗 き 込 む よ そ こ で 皆 は 立 ち 上 り 、 手 を つ な い で 合 唱 を 始 め た 。 歌 の う に し た 。 か つ ば っ 終 っ た と こ ろ で 活 に 茶 碗 が 廻 さ れ た 。 こ い つ は い い や 、 汐 見 さ ん 、 お 酒 を 飲 ん だ ん で し よ う ? と 藤 木 が 言 ル 一 ん き よ う と 宮 沢 が 頓 狂 な 声 を あ げ た 。 そ れ か ら 僕 等 は 、 感 傷 的 な の っ た 。 や 荒 つ ぼ い の や 、 取 り ま ぜ て 幾 つ か の 寮 歌 を 歌 い 、 間 あ い ね え 藤 木 、 僕 は 君 に 話 し た い こ と が あ る ん だ 。 ら よ う だ い だ に 、 く た く た に な っ て 一 杯 ず つ 頂 戴 し た 。 僕 は あ ま り 強 ど う し て お 酒 な ん か 飲 む ん で す ? と 優 し い 声 で 咎 し ば ら く な か っ た の で 暫 く す る と 頭 痛 が し て 来 た 。 お い 逃 げ ち や め る よ う に 言 っ た 。 い か ん よ 、 と 留 め る 服 部 の 手 を 振 り 払 っ て 、 僕 は 表 へ 出 娯 楽 室 の 方 向 か ら 、 寮 歌 の 合 唱 が 絶 え 間 な く 聞 え て 来 し ず く た た 。 松 の 梢 か ら 。 ほ た ぼ た と 滴 が 垂 れ た 。 僕 は 夜 露 に し め っ た 砂 を 踏 ん で 、 内 海 の 方 向 へ と 歩 い て 僕 は 君 と 話 が し た か っ た 。 君 に 誤 解 さ れ て る か と 思 だ る ま や ま 行 っ た 。 月 は ま だ 上 ら ず 、 達 磨 山 が 黒 い 輪 郭 を 星 空 に 刻 ん う と 、 い き り び で い た 。 湾 の 向 う 側 に は 漁 火 が 点 々 と し 、 太 妓 の 音 が ま だ 誤 解 な ん か し て や し ま せ ん 。 ぎ わ 単 調 に 鳴 り 響 い て い た 。 僕 は 波 打 際 ま で 行 っ て 砂 の 上 に し 僕 は 少 し 身 顫 い し た 。 風 が 冷 た く 感 じ ら れ た 。 歩 か な い つ や か っ こ イ え み よ る あ お じ ろ あ じ に が や さ の ぞ

現代日本の文学 41 中村 真一郎 福永 武彦 集


ふ な べ り あ し も と 山 の か ら 今 し も 満 月 を や や 過 ぎ た ほ ど の 月 が 昇 っ て 来 つ け ば 、 舷 を 打 っ 波 の 音 に 混 っ て 、 す ぐ 足 許 で び ち ゃ び ち た ま る 。 中 空 の 雲 は あ ら か た 吹 き 飛 ば さ れ 、 千 切 れ 千 切 れ の 細 ゃ い う 水 音 。 舟 の 底 に 溜 っ た 淦 が 舟 と 共 に 揺 れ 動 い て い る ふ も と 雲 が 、 白 く 月 に 照 ら さ れ て 山 の 麓 を 流 れ て い る 。 の だ 。 ま さ か 浸 水 し 始 め た わ け で も な い だ ろ う に 。 眼 も ま そ し て 僕 等 は 、 更 に 夢 の 境 界 を 漂 っ て 行 っ た 。 月 の 光 に た 、 見 な く て も よ い も の を 見 る 、 森 と 矢 代 と の 脱 ぎ 捨 て て あ わ だ 見 る と 、 僕 等 の 舟 は 泡 立 っ た 波 に 囲 ま れ て 、 湾 の 中 心 を 村 行 っ た 、 黒 々 と 蟠 っ た 衣 類 。 そ し て さ っ き の 矢 代 の 言 葉 が 返 っ て 来 る 、 汐 見 さ ん 、 藤 木 を た の み ま す : : : 、 そ の 意 と は 反 対 の 方 角 に や や 押 し 流 さ れ て 、 ぼ つ ん と 孤 立 し て い み さ 、 だ ん が い た 。 湾 の 周 囲 の 村 や 岬 や 断 崖 や 、 そ ん な 遠 く の 風 景 が 滲 み 味 。 ま で い っ し か 舟 が 向 き を 変 え て 、 月 光 が 今 迄 と 違 っ た 方 か ら 出 る よ う に 眼 に は い り 、 そ れ ら は す べ て 風 の 中 に し ず ま り か え っ て い た 。 そ れ は も う 何 処 で も な く 、 何 時 で も な い 風 射 し 込 ん で 来 た 。 藤 木 が ぶ る っ と 身 を 顫 わ せ た 。 ど う し た の ? 怖 く な い ? 景 だ っ た 。 月 明 下 の 海 の 上 で 、 僕 等 は 魂 そ の も の に 化 し て 藤 木 が 真 直 ぐ に 僕 の 顔 を 見 た 。 月 光 が 明 暗 二 つ の 部 分 に こ れ が 愛 し て い る と い う こ と な の だ 、 ー ー ・ 僕 は そ れ を 藤 そ の 顔 を 縦 に 断 ち 切 っ て い る 。 ど う し て ? 木 に 言 い た か っ た 。 今 な ら 、 き っ と 藤 木 に 分 っ て も ら え る く ち び る 少 し 笑 っ た 。 脣 の 間 か ら 白 い 歯 が き ら き ら と 光 っ た 。 僕 だ ろ う 、 僕 は そ う 確 信 し た 。 そ れ な の に 、 言 葉 は 僕 の 脣 ま で は 昇 っ て 来 ず 、 僕 は 放 心 し た よ う に 藤 木 の 顔 を 見 詰 め の 不 安 な ど と は ま る で 縁 の 遠 い 、 信 頼 し 切 っ た 、 う っ と り あ お る ば か り だ っ た 。 月 の 光 に 蒼 ざ め て 見 え る そ の 顔 、 長 し た 表 情 。 あ ら ゆ る 感 情 の 楽 器 が 、 異 質 の 絃 を 打 消 し て 、 ま っ げ * ト ウ ッ テ ィ た か い 睫 毛 の 森 の 蔭 に 湖 の よ う に 湛 え ら れ た 黒 い 眼 、 真 珠 の tutti に 亢 ま り 、 鳴 り 響 く 。 愛 す る こ と は 信 じ る こ と だ 、 ひ と み * オ リ ャ ン or 一 ent の よ う に 光 っ て い る 瞳 、 ギ リ シ ャ 型 の 細 く す ら り と こ の 一 瞬 を 悔 な く 生 き る こ と だ 。 不 安 が 何 だ ろ う 、 死 が 何 び り よ う し た 鼻 梁 、 少 し 受 ロ ぎ み に 開 い て い る 薄 い 脣 、 そ し て す べ だ ろ う 、 こ の 魂 の し ず け さ 、 こ の 浄 福 、 こ の 音 楽 、 こ の 月 の 光 : : : 。 僕 は い ま 死 ん で も い い こ う や っ て 、 君 を 愛 し て を 一 つ に 包 む 造 物 主 の 徴 妙 な 調 和 を 。 そ う 思 い 、 あ と は た だ そ れ を 口 に 出 し し か し 、 愛 と い う こ の 言 葉 が い つ で も 僕 に 与 え る 一 種 の な が ら 、 い ま 、 げ ん 不 安 が 、 今 、 少 し ず つ 僕 の 陶 酔 を 掻 き 消 し 、 耳 馴 れ ぬ 絃 を て 言 う こ と だ け が 残 っ た 。 汐 見 さ ん 、 あ れ は 何 か し ら ? ひ び か せ る 。 あ ま り に も 美 し い も の 、 あ ま り に も 純 潔 な も そ の は ず ん だ 声 が 僕 を 現 実 に 引 き 戻 す 。 藤 木 の 手 が 波 の の 、 そ れ と 共 に あ る こ と の 切 な い よ う な 苦 し さ 。 ふ と 気 が っ の ぼ わ だ か ま こ わ あ か ふ る