検索 - みる会図書館

全データから 210255件ヒットしました。

薔薇の聖燭―祈りのエレミアン―


せ い し よ く 薔 薇 の 聖 燭 ー 祈 り の エ レ ミ ア ン ー

薔薇の聖燭―祈りのエレミアン―


せ い し よ く 薔 薇 の 聖 燭 ー 祈 り の エ レ ミ ア ン 一 吉 田 縁 COBALT-SERIES 集 英 社 0

群狼の牙~天罰党始末~


青 春 を 考 え る ヴ ィ ヴ ィ ッ ド な 文 庫 薔 薇 の 剣 薔 薇 は 復 讐 の 印 薔 薇 の 結 婚 血 に 染 ま る 薔 薇 薔 薇 の 帰 選 薔 薇 王 の 時 代 偽 り の 薔 薇 は 咲 く 不 滅 の 薔 薇 △ 】 【 △

群狼の牙~池田屋襲撃


コ バ ル ト 文 庫 く 好 評 発 売 中 〉 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ 美 し き 剣 士 の 愛 と 戦 い の 物 語 ! ◆ く 薔 薇 の 剣 〉 シ リ ー ズ ◆ ◆ ◆ イ ラ ス ト / 珠 黎 皐 タ ◆ ◆ ま 薔 薇 の 剣 ま 薔 薇 は 復 讐 の 印 、 ま 薔 薇 の 結 婚 ま 血 に 染 ま る 薔 薇 ミ ◆ 薔 薇 の 帰 還 ◆ 薔 薇 王 の 時 代 、 , 偽 り の 薔 薇 は 咲 く 不 滅 の 薔 薇 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ イ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ 、 二 バ ト あ , ◆ ◆ ◆

薔薇の聖燭―祈りのエレミアン―


目 次 せ い し よ く 薔 薇 の 聖 燭 ぎ ん ろ う つ る ぎ 第 一 章 銀 狼 の 剣 第 二 章 ル ー ネ の 石 : ・ 第 三 章 魔 教 の 草 ・ 第 四 章 哀 し み の ビ オ ー ル ・ 第 五 章 メ ラ ー ル の 恋 人 : 第 六 章 傭 兵 ソ ー ル と わ 第 七 章 永 久 の 別 れ : よ う へ い 1 83 1 142 197 第 八 章 薔 薇 の 聖 燭 ・ あ と が き : せ い し よ く 219

群狼の牙~禁門の政変~


物 コ バ ル ト 文 庫 く 好 評 発 売 中 〉 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ド ラ マ チ ッ ク ・ フ ァ ン タ ジ ー ! ◆ く 嗇 薇 の 剣 〉 シ リ ー ス ◆ ◆ イ ラ ス ト / 珠 黎 皐 タ ◆ ま 薔 薇 の 剣 ま 薔 薇 は 復 讐 の 印 ま 薔 薇 の 結 婚 ま 血 に 染 ま る 薔 薇 薔 薇 の 帰 選 薔 薇 王 の 時 代 偽 り の 薔 薇 は 咲 く 、 不 滅 の 薔 薇 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ゆ う き り ん ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

マスカレードの長い夜


薔 薇 の 聖 燭 コ バ ル ト 文 庫 く 好 評 発 売 中 〉 の の 愛 を か な え て く た 、 さ こ , = ァ ン の 愛 と 戦 い の 物 、 。 000 吉 田 縁 恋 に お ち た 小 姓 ア ベ ル と 伯 爵 の 娘 エ レ ミ ア ン 。 が 、 彼 女 は 死 の 将 軍 と 噂 さ れ る レ ザ ン デ ィ の も と へ 嫁 が さ れ る こ と に 。 ビ オ ー ル の 音 色 を 残 し 、 静 か に 屋 敷 を 去 る ア ベ ル だ っ た が ・ ・ ・ せ い ー 祈 り の エ レ ミ ア ン 一

薔薇の聖燭―祈りのエレミアン―


よ し だ ゆ か り は じ め ま し て 。 吉 田 縁 で す 。 せ い し よ く 『 薔 薇 の 聖 燭 』 、 い か が で し た か ? こ れ か ら 、 と い う 方 も い ら っ し や る か も 知 れ ま せ ん ね 。 ど う ぞ 、 ご ゆ っ く り 。 原 稿 用 紙 の 一 枚 目 と い う の は 、 い つ も 進 ま な い の で す 。 こ の 『 薔 薇 の 聖 燭 』 も 、 ワ ー プ ロ に 向 か っ た ま ま 一 日 か か っ て も 最 初 の 一 行 が 書 け な か っ た こ と を 思 う と 、 よ う や く こ こ ま で た ど り つ い た と い う 感 じ で す 。 三 百 枚 以 上 っ て い う の は 未 知 の 数 字 で し た し : 一 カ 月 ほ ど 前 に 第 一 稿 を 書 き 終 え た 後 、 私 は う き う き と 「 あ と が き 」 の こ と な ん ぞ を 考 え て い た の で す が 、 甘 か っ た ! 百 枚 の 書 き 直 し が 待 っ て い る と は 夢 に も 思 わ な か っ た も の で 。 今 度 こ そ 、 本 当 に 書 い て い い ん で す ね つ 。 ろ う そ く し ん く さ て 、 『 薔 薇 の 聖 燭 』 と い う タ イ ト ル で す が 、 薔 薇 は 真 紅 を 意 味 し 、 聖 燭 は 清 め ら れ た 鑞 燭 あ の こ と で す 。 も と は カ ト リ ッ ク の 二 月 の 行 事 で 、 聖 母 マ リ ア の 祝 日 か ら ヒ ン ト を 得 て い る の で す が 、 本 編 で は そ れ と は 関 係 あ り ま せ ん 。 こ の 話 は 、 中 世 ヨ ー ロ ツ 。 ( に 似 た 架 空 の 時 代 、 架 空 め ど か 医 、

薔薇の主張~悩める女優篠原あやか~


薔 薇 の 主 張 — 悩 め る 女 優 篠 原 あ や か 5

薔薇の聖燭―祈りのエレミアン―


オ ー デ ィ ー が や っ て く る 。 彼 は ア ベ ル の 頭 を 軽 く た た い て 通 り 過 ぎ て 行 く 。 そ の あ と を 、 た く さ ん の 兵 士 た ち が つ い て 行 く 。 強 い け れ ど 負 け て 死 ん だ 兵 士 た ち だ 。 オ ー デ ィ ー が 天 上 の 国 へ 、 勇 ま し い 兵 士 た ち を 連 れ て 行 く の だ 。 ア ベ ル も 今 : そ し て 次 の 朝 、 エ レ ミ ア ン は 見 る だ ろ う 。 中 庭 の 鞍 が な く な っ て い る の を 。 燃 え 尽 き た 薔 薇 の 聖 燭 を お わ り