検索 - みる会図書館

検索対象: マスカレードの長い夜

マスカレードの長い夜から 276件ヒットしました。

マスカレードの長い夜


薔 薇 の 聖 燭 コ バ ル ト 文 庫 く 好 評 発 売 中 〉 の の 愛 を か な え て く た 、 さ こ , = ァ ン の 愛 と 戦 い の 物 、 。 000 吉 田 縁 恋 に お ち た 小 姓 ア ベ ル と 伯 爵 の 娘 エ レ ミ ア ン 。 が 、 彼 女 は 死 の 将 軍 と 噂 さ れ る レ ザ ン デ ィ の も と へ 嫁 が さ れ る こ と に 。 ビ オ ー ル の 音 色 を 残 し 、 静 か に 屋 敷 を 去 る ア ベ ル だ っ た が ・ ・ ・ せ い ー 祈 り の エ レ ミ ア ン 一

マスカレードの長い夜


け っ 良 い モ ノ を 書 き た い の で も う 少 し 時 間 く だ さ い 」 な ー ん て 言 っ て し ま っ て 、 墓 穴 掘 っ て し ま い ま し た 。 き っ と 担 当 様 は そ の 時 、 受 話 器 の 向 こ う で に や り と 笑 っ た こ と で し よ う 。 さ ら に 遅 れ て い る に も か か わ ら ず 第 一 一 稿 執 筆 中 に ま た ( 今 度 は 国 内 ) 旅 行 に 行 っ ち ゃ う よ う な ャ ツ で す が 、 見 捨 て な い で く だ さ い ね 。 旅 先 に ワ ー プ ロ を 持 参 し て 二 泊 で 四 十 枚 書 い た ん で す 、 本 当 で す ( ど ん な 旅 行 だ ? ) 。 と こ ろ で 、 『 薔 薇 の 聖 燭 』 を 読 ん で お 手 紙 を く だ さ っ た 皆 様 、 あ り が と う ご ざ い ま し た 。 原 稿 執 筆 は 遅 れ な が ら も 、 き っ ち り お 返 事 書 か せ て い た だ き ま し た が 、 ち ゃ ん と 届 き ま し た で し よ う か 。 は じ め は 原 稿 を 書 き 上 げ て か ら 、 と 思 っ て い た の で す が 、 そ れ で は 何 カ 月 も お 待 た せ じ き ひ っ し て し ま う 、 と 考 え 直 し ま し た 。 超 絶 へ タ な 直 筆 で 驚 か れ た 方 も お あ り で し よ う が 、 ご 了 承 く こ く ぶ ん じ だ さ い ( 水 色 の チ ュ ー リ ッ プ 模 様 の 便 せ ん で 国 分 寺 消 印 の お 手 紙 を く だ さ っ た 方 、 で き れ ば お 名 前 と ご 連 絡 く だ さ い ) 。 『 薔 薇 の 聖 燭 』 で は メ イ ン キ ャ ラ の 血 液 型 を 決 め て あ る と あ と が き に 書 き ま し た の で 、 そ れ を が 打 ち 明 け ま し よ う 。 エ レ ミ ア ン が 0 型 、 ア ベ ル が << 型 、 レ ザ ン デ ィ が 型 で し た 。 予 想 し て く だ さ っ た 方 、 当 た っ て ま し た で し よ う か 。 型 が い な い と 怒 ら な い で く だ さ い ね 。 型 は ち あ ゃ ん と 『 マ ス カ レ ー ド の 長 い 夜 』 で 活 躍 し て い ま す 。 誰 で し よ う ね 。 お 手 紙 の 中 で は レ ザ ン デ ィ が ア ベ ル の 人 気 を 上 回 っ て い て ち ょ っ と 意 外 で し た が 。 性 格 が 曲

マスカレードの長い夜


よ し だ ・ ゆ か り 2 月 13 日 名 古 屋 市 生 ま れ 。 水 瓶 座 O 型 。 1995 年 下 期 第 26 回 コ バ ル ト ・ ノ ベ ル 大 賞 佳 作 入 選 。 コ バ ル ト 文 庫 に 「 薔 薇 の 聖 燭 」 が あ る 。 好 き な 作 家 は 塩 野 七 生 。 趣 味 は ェ ア プ ラ シ で 絵 を 描 く こ と と 、 ハ ム ス タ ー の 飼 育 。 TM ネ ッ ト ワ ー ク 時 代 か ら の 小 室 フ ァ ン 。 PTA 役 員 を っ と め な が ら 、 午 後 と 夜 中 に 小 説 を 書 い て い る 毎 日 。 マ ス カ レ ー ド の 長 い 夜 COBALT-SERIES 1996 年 10 月 10 日 第 1 刷 発 行 著 者 発 行 者 発 行 所 小 株 式 会 社 〒 101 ー 50 ☆ 定 価 は カ バ ー に 表 示 し て あ り ま す 田 集 英 社 島 民 雄 東 京 都 千 代 田 区 ー ツ 橋 2 ー 5 ー 10 ( 3230 ) 6 2 6 8 ( 編 集 ) 電 話 東 京 ( 3230 ) 6 3 9 3 ( 販 売 ) 印 刷 所 ⑥ YUKARI YOSHIDA 1996 ( 3230 ) 6 0 8 0 ( 制 作 ) 大 日 本 印 刷 株 式 会 社 Printed in Japan 本 書 の 一 部 あ る い は 全 部 を 無 断 で 複 写 複 製 す る こ と は 、 法 律 で 認 め ら れ た 場 合 を 除 き 、 著 作 権 の 侵 害 と な り ま す 。 落 丁 ・ 乱 丁 の 本 は ご 面 倒 で も 小 社 制 作 部 宛 に お 送 り く だ さ い 。 送 料 は 小 社 負 担 で お 取 り 替 え い た し ま す 。 I S B N 4 - 0 8 ー 61 4 2 4 6 - 5 C 01 9 3

マスカレードの長い夜


お ろ か く う 卸 し を や る 』 と こ ろ の く だ り は 全 く の フ ィ ク シ ョ ン で 、 エ ー ヴ ァ 神 も 架 空 の 神 で す 。 デ ビ ュ ー 前 は 「 一 生 に 一 冊 本 が 出 た ら い い ナ 」 と 思 っ て い た の で 、 二 冊 目 は 一 年 か か っ て も ば ら せ い し よ く よ か ろ う な ど と 考 え て い た の が 甘 か っ た : : : 。 前 作 『 薔 薇 の 聖 燭 』 が 書 店 に 並 ぶ 頃 、 私 は の ん し つ び つ き に イ タ リ ア を 旅 し て お り ま し た 。 ( 帰 っ た ら 二 冊 目 の 執 筆 が 始 ま る 、 と 覚 悟 は し て ま し た が ) 。 十 二 世 紀 に で き た 『 ポ ロ ー ニ ヤ 大 学 』 を 取 材 す る の が い ち ば ん の 目 的 で し た け ど 、 独 立 し た 大 学 を 舞 台 に す る と 女 の 子 ( ノ ー マ ) と 学 生 の 接 点 が な く な り そ う な の で 、 そ の ま ま と い う わ け に は い き ま せ ん で し た 。 中 世 の 多 く の 大 学 は 独 立 し た キ ャ ン 。 ハ ス は な く て 、 教 師 と 学 生 と い う 人 の 集 ま り か ら 先 に 生 ま れ た 、 ギ ル ド の よ う な も の で し た 。 と い う わ け で こ の 作 品 、 か く う 架 空 の 町 が 舞 台 で は あ り ま す が 、 イ タ リ ア つ ぼ い と こ ろ が あ る か も し れ ま せ ん 。 小 説 誌 『 コ ・ ハ ル ト 』 の 六 , ・ 八 ・ 十 月 号 に 中 世 の エ ッ セ イ を せ て い た だ き ま し た の で 、 そ ち ら の ほ う も 読 ん で く だ さ る と 嬉 し い で す 。 ま だ 小 説 を 書 き 始 め て 日 の 浅 い 私 で す が 、 受 賞 第 一 作 、 デ ビ ュ ー 文 庫 、 エ ッ セ イ な ど の 締 め 切 り を 割 と 順 調 に ク リ ア し て き た の に 、 今 回 は 随 分 担 当 様 に ご 迷 惑 を か け て し ま い ま し た 。 デ ひ そ ビ ュ ー 当 時 、 締 め 切 り だ け は 守 る ぞ お 、 と 密 か に 決 心 し て い ま し た の に ( で も 、 締 め 切 り 日 が 前 よ り 早 か っ た ん だ よ ) 。 で 、 そ れ を 守 れ な か っ た 言 い 訳 な ん で す が 。 素 直 に 「 書 け ま せ ん 、 締 め 切 り 延 ば し て く だ さ い ま せ D 」 と 言 え ば 良 か っ た の に 「 前 作 よ り ま っ た

マスカレードの長い夜


131 マ ス カ レ ー ド の 長 い 夜 終 課 の 鐘 の 音 が 聞 こ え た 。 し ゅ う ど う そ う 修 道 僧 た ち が 日 暮 れ 前 の 最 後 の 祈 り を す る 合 図 だ 。 フ ォ ル カ は そ っ と 手 を 離 し た 。 ろ う そ く と も さ い だ ん 祭 壇 に イ グ サ の 小 さ な 燭 が 灯 さ れ て い た 。 ノ ー マ は 悲 し げ に フ ォ ル カ を 見 つ め て い た 。 そ ん な ノ ー マ が 愛 し く て 、 フ ォ ル カ は そ の 想 い を 打 ち 明 け た か っ た 。 し か し ど ん な 言 葉 も 、 ど ん な 贈 り 物 も 、 彼 女 は 受 け 取 ら な い だ ろ う 。 せ い ろ く 明 日 は 聖 禄 が お り る 。 よ う い く い ん そ れ を 養 育 院 に 送 り 届 け よ う 、 と 思 っ た 。 し か し そ れ は で き な か っ た 。

マスカレードの長い夜


256 宗 教 行 列 の ざ わ め き が ま た 聞 こ え た 。 こ ん な 町 は ず れ ま で や っ て く る の だ ろ う か 。 フ ォ ル カ は 棺 に に し て 目 を 閉 じ た 。 す べ 黒 髪 が 滑 り 、 無 防 備 に さ ら け 出 さ れ た 首 筋 に 剣 の 感 触 が あ た る 。 ノ ー マ の 緑 色 の 瞳 を 思 い 出 し た 。 ま な ざ 。 ハ ン を く す ね た 少 年 を た し な め る 優 し い 眼 差 し 。 あ き ら ノ ー マ に 拾 わ れ た 命 を あ っ さ り 諦 め る 自 分 を 、 ノ ー マ は や は り そ ん な ふ う に 見 つ め て く れ る だ ろ う か ご め ん 、 ノ ー マ : 墳 墓 の 外 の 物 音 が ま た 聞 こ え た 。 行 列 が 近 づ い て 来 て い る よ う だ 。 フ ォ ル カ は そ の 中 に ノ ー マ の 声 を 聞 い た よ う な 気 が し た 。 ひ た い 額 の 下 で 祈 る よ う に 組 み 伏 せ て い た 手 が 動 い た 。 彼 は 目 を 開 け た 。 生 き ら れ る : に ぎ 松 明 を 握 っ た 。 次 の 瞬 間 、 そ れ を カ シ ュ メ リ ア ナ の 従 僕 に 突 き つ け る 。 う つ 、 と 従 僕 が う な り 、 剣 を 振 り 下 ろ し た 。 風 の 鳴 る 音 を 左 に 聞 き 、 素 早 く 身 を か わ す 。 が し 、 と 石 棺 を 打 っ 剣 の 音 。 し よ く だ い に ぎ フ ォ ル カ の 左 手 に は 燭 台 が 握 ら れ て い た 。 三 つ の 蝦 燭 立 て の つ い た 鉄 の 燭 台 と 右 手 の 松 明 を

マスカレードの長い夜


さ ま た り を 妨 げ ら れ な い よ う に 周 囲 の 音 が 伝 わ り に く く 、 祈 り の 歌 は 柔 ら か く 響 き わ た る よ う に 造 ら れ て い た 。 ル キ ダ と 司 祭 は 祭 壇 の 前 に 立 ち 、 当 事 者 た ち に 向 か う 形 と な っ た 。 ろ う そ く 祭 壇 の 鑞 燭 の 光 が 逆 光 と な っ て 、 ル キ ダ ・ エ ル の 表 情 は 見 分 け に く く な っ て い た 。 逆 に 、 フ ォ ル カ た ち の 表 情 は つ ぶ さ に 観 察 で き た で あ ろ う 。 い き よ う フ ォ ル カ に は 異 教 の 禁 書 を 盗 み 出 し た と い う 容 疑 が か か っ て い た 。 最 初 に そ の 異 教 の 書 物 が な く な っ て い る こ と を 発 見 し た の は 、 司 祭 だ っ た 。 と う じ 「 今 日 は 聖 務 の 時 間 が 夏 か ら 冬 の そ れ に 変 わ る 、 つ ま り 冬 至 で あ り ま し た 。 そ の 区 切 り に 、 香 ゅ し っ せ い ぐ し つ う も っ こ 油 室 、 聖 具 室 、 宝 物 庫 、 書 庫 な ど を 見 回 る こ と に な っ て お り ま す の は 、 誰 も が 知 っ て お り ま し る 夜 司 祭 が 説 明 す る に は 、 宝 物 な ど を 一 点 も 漏 ら さ ず 書 き 記 し た リ ス ト と 現 物 と を 照 ら し 合 わ せ ぞ う し ょ 長 て 点 検 し た と こ ろ 、 鍵 付 き の 書 庫 の 蔵 書 が 一 冊 足 り な い と い う こ と だ っ た 。 の 始 め に 疑 わ れ た の は 、 も ち ろ ん そ の 書 庫 に 出 入 り が 許 さ れ て い た 数 人 だ っ た 。 レ そ し て 昨 日 書 庫 に 出 人 り し た と は っ き り し て い る の は 写 字 生 の ウ リ キ ナ だ け だ と い う こ と が カ ス わ か っ た の だ 。 マ 「 咋 日 、 私 が 写 字 の 仕 事 を 終 え て 、 原 本 を 書 庫 に 返 そ う と し た と き の こ と で ご ざ い ま す 」 と 写 字 生 ウ リ キ ナ が 話 し 始 め た 。 げ ん ぼ ん た こ う

マスカレードの長い夜


イ グ サ の 燃 え か す を 握 っ た ま ま フ ォ ル カ は 礼 拝 室 を 出 、 教 会 を 飛 び 出 し た 。 広 場 を 抜 け て 路 地 裏 へ と 走 っ た 。 養 育 院 の 子 ど も た ち が 聖 堂 の 前 に い た 。 ノ ー マ の 代 わ り に 祈 っ て い る の か 、 そ れ と も ノ ー マ の 冥 福 を 祈 っ て い る の だ ろ う か 。 フ ォ ル カ は 立 ち 尽 く し て 、 子 ど も た ち を 見 て い た 。 そ こ に 以 前 の よ う に ノ ー マ が い る と 信 じ た か っ た 。 ひ と り が 顔 を 上 げ て 、 フ ォ ル カ に 気 え き び よ う さ わ づ い た 。 パ ン を く す ね た 少 年 だ っ た 。 つ ら れ て 疫 病 騒 ぎ の 少 女 も 、 そ し て 他 の 子 ど も た ち も フ ォ ル カ を 見 た 。 も う 四 十 日 近 く も 、 礼 拝 室 へ の 贈 り 物 を 断 っ て い た の だ っ た フ ォ ル カ は 両 手 を 広 げ た 。 子 ど も た ち が 走 っ て 来 た 。 ひ ざ 膝 を つ い て フ ォ ル カ は 彼 ら を 抱 き し め た 。 さ び 夜 元 気 だ っ た か 、 寂 し く は な か っ た か と き き た か っ た が 、 声 に な ら な か っ た 。 こ の い た い け な 長 き よ う だ い た ち か ら も 、 ノ ー マ を 奪 っ て し ま っ た の だ と 気 が つ い た 。 ほ ど こ の あ り 余 っ た も の を 中 途 半 端 に 施 し て 、 彼 ら を 不 幸 に し て し ま っ た の だ 。 レ 「 ・ : ・ : き み た ち 、 今 朝 礼 拝 室 に 来 た だ ろ う : : : 」 カ ス フ ォ ル カ は そ う 言 っ て 子 ど も た ち に 鑞 燭 の 燃 え 残 り を 見 せ た 。 フ ォ ル カ に し が み つ い て い た マ 彼 ら は 腕 を 緩 め て そ れ を 見 た が 、 し ん 、 と 黙 っ た ま ま 、 首 を 振 っ た 。 「 ぼ く た ち 、 行 か な か っ た よ 。 今 日 も 昨 日 も 、 そ の 前 も ず っ と 」 ゆ る に ぎ よ う い く い ん め い ふ く っ

マスカレードの長い夜


じ ゃ ね え よ 。 お ま え た ち も 、 も う 養 育 院 へ 戻 り な 」 セ ル フ ィ オ ン に 追 い 払 わ れ て 後 ず さ る 子 ど も た ち に 、 フ ォ ル カ は 言 っ た 。 「 明 日 ま た 礼 拝 室 へ お い で ! き っ と だ 」 そ し て セ ル フ ィ オ ン に 背 を 押 さ れ て フ ォ ル カ は よ う や く そ の 聖 堂 を 後 に し た 。 二 月 一 日 。 た い ま っ 春 を 待 ち わ び て 一 足 先 に 祝 う か の よ う に 、 人 々 は こ の 日 、 町 中 を 松 明 や 鑞 燭 で 照 ら し 、 歌 い い や あ ん そ く び 踊 る 。 そ れ は 三 日 三 晩 続 い て 、 心 地 よ い 疲 れ を 癒 す 安 息 日 を 過 ご し た 後 、 そ れ ぞ れ の 仕 事 と 日 常 に 戻 っ て い く の だ っ た 。 若 い 聖 ロ マ ン ド は こ の 祝 祭 に 似 つ か わ し い 。 ば ん と う 夜 辻 の 聖 堂 に も 、 早 咲 き の 花 が 色 と り ど り に 飾 ら れ て 、 光 に 満 ち た 晩 冬 の リ プ サ リ ア は 一 気 に 長 花 が 開 い た と い う 感 じ に な る 。 ほ ん ぼ う の ど ん な 小 さ な き っ か け も 逃 さ ず お 祭 り 騒 ぎ に し て し ま う 学 生 た ち も 相 変 わ ら ず 、 奔 放 で 自 由 せ い ぞ う が せ い ど う し こ う し ん ス 教 会 は 「 至 高 神 の 審 判 」 を 記 念 し て 、 聖 堂 に 新 し い エ ー ヴ ァ 神 の 聖 像 画 を ま つ る と 発 表 し た 。 大 聖 堂 や 修 道 院 か ら の 依 頼 を 決 し て 受 け な か っ た 老 画 家 か ら そ の 約 束 を と り つ け た と 、 し さ い じ ま ん 司 祭 は 自 慢 げ に ふ れ ま わ っ た 。 ひ と あ し の が

マスカレードの長い夜


8 小 さ な 唇 か ら 漏 れ る そ の 不 可 思 議 な 言 葉 に 、 一 瞬 の 静 寂 の 後 、 ど よ め き が 起 こ っ た 。 「 : : : 嘘 だ ! そ ん な は ず は な い 」 フ ォ ル カ は 少 女 が 自 分 を 救 う た め に で た ら め を 言 っ て い る と 思 っ た 。 「 な ぜ 、 そ ん な こ と を ? 」 ル キ ダ ・ エ ル に 問 わ れ て 、 ノ ー マ は し ば ら く 口 ご も り 、 そ し て 言 い に く そ う に 話 し た 。 よ う ひ し 「 禁 書 だ と は 、 知 ら な か っ た の で す 。 た だ 、 : : : 羊 皮 紙 と い う も の を : : : 見 た く て 」 ノ ー マ は ひ と こ と ひ と こ と を 確 か め る よ う に 話 し た 。 「 最 初 か ら 順 を 追 っ て 聞 こ う か 。 : き み は あ の 日 、 聖 ロ マ ン ド 教 会 に 来 た : : : 」 れ い は い し つ 「 は い 。 フ ォ ル カ 様 の 礼 拝 室 で 祈 っ て い ま し た 」 「 そ れ は 終 課 の 鐘 の 鳴 る 前 ? 」 「 : : : そ う で す 。 エ ー ヴ ァ 神 の 聖 像 が あ ま り に も 美 し く て 、 ど う し て も 素 描 を し た く な っ た の で す 」 事 件 の 日 、 教 会 の ア ス カ リ ナ 家 礼 拝 室 で 祈 っ て い た 彼 女 は 、 そ の エ ー ヴ ァ 神 の 聖 像 の 見 事 さ に 、 素 描 が し た く て た ま ら な く な っ た と 言 う の だ 。 「 祈 り を 終 え て も 立 ち 去 る の が 辛 く て 、 教 会 を 出 る の を た め ら っ て お り ま し た 。 そ こ に 羊 皮 紙 の 束 を 抱 え た 人 が 、 奥 ま っ た 階 段 を 上 が っ て 行 く の が 見 え ま し た 」 若 い 修 道 僧 の よ う な 誰 か が ー ー そ れ は ウ リ キ ナ だ っ た の だ が ー ー 羊 皮 紙 の 束 を 持 っ て 鍵 付 き そ び よ う