検索 - みる会図書館

検索対象: 群狼の牙~天罰党始末~

群狼の牙~天罰党始末~から 245件ヒットしました。

群狼の牙~天罰党始末~


青 春 を 考 え る ヴ ィ ヴ ィ ッ ド な 文 庫 薔 薇 の 剣 薔 薇 は 復 讐 の 印 薔 薇 の 結 婚 血 に 染 ま る 薔 薇 薔 薇 の 帰 選 薔 薇 王 の 時 代 偽 り の 薔 薇 は 咲 く 不 滅 の 薔 薇 △ 】 【 △

群狼の牙~天罰党始末~


庫 発 愛 と 友 情 の た め に : ・ 「 薔 薇 の 騎 士 」 が く り ひ ろ げ る 華 麗 な 戦 い の 物 語 , イ ラ ス ト / 珠 黎 皐 タ 〈 薔 薇 の 剣 〉 シ リ ー ズ ゅ う き り ん 。 本

群狼の牙~天罰党始末~


ゆ う き ・ り ん 1967 年 1 月 5 日 、 東 京 都 生 ま れ 。 山 羊 座 、 AB 型 。 「 夜 の 家 の 魔 女 」 で 、 第 19 回 コ バ ル ト ・ ノ ベ ル 大 賞 受 賞 。 著 書 は 、 コ バ ル ト 文 庫 に 「 人 知 ら す の 森 の ル ー ナ 」 「 鉛 姫 」 「 聖 女 ソ レ イ ユ 」 「 氷 の 王 」 「 狩 人 姫 」 「 青 き 妖 魔 の 玩 具 」 「 蒸 気 人 形 と ロ ン ド ン の 怪 」 「 世 界 の 果 て の 城 」 「 影 の 中 の 都 」 「 名 も な き 本 」 「 薔 薇 の 剣 」 「 薔 薇 は 復 讐 の 印 」 「 薔 薇 の 結 婚 」 「 血 に 染 ま る 薔 薇 」 「 薔 薇 の 帰 遠 」 「 薔 薇 王 の 時 代 」 「 偽 り の 薔 薇 は 咲 く 」 「 不 滅 の 薔 薇 」 な ど が あ る 。 好 き な 作 家 は 、 タ ニ ス ・ リ ジ ョ イ ン ・ ヨ ー レ ン 、 ジ ュ ー ル ・ ヴ ェ ル ヌ 等 。 最 近 、 ア メ コ ミ に は ま っ て い て 、 フ ィ ギ ュ ア な ど を 集 め ま く っ て い る 。 ~ 天 罰 党 始 末 ~ 群 狼 の 牙 COBALT-SERIES 1998 年 6 月 10 日 第 1 刷 発 行 著 者 発 行 者 発 行 所 ☆ 定 価 は カ バ ー に 表 示 し て あ り ま す ゆ う き り ん 小 島 民 雄 株 式 集 英 社 会 社 〒 101 ー 8050 東 京 都 千 代 田 区 ー ツ 橋 2 ー 5 ー 10 ( 3230 ) 6 2 6 8 ( 編 集 ) 電 話 東 京 ( 3230 ) 6 3 9 3 ( 販 売 ) 印 刷 所 ⑥ RIN YUKI 1998 ( 3230 ) 6 0 8 0 ( 制 作 ) 株 式 会 社 美 松 堂 中 央 精 版 印 刷 株 式 会 社 Printed in Japan 本 書 の 一 部 あ る い は 全 部 を 無 断 で 複 写 複 製 す る こ と は 、 法 律 で 認 め ら れ た 場 合 を 除 き 、 著 作 権 の 侵 害 と な り ま す 。 落 丁 ・ 乱 丁 の 本 は ご 面 倒 で も 小 社 制 作 部 宛 に お 送 り く だ さ い 。 送 料 は 小 社 負 担 で お 取 り 替 え い た し ま す 。 I S B N 4 ー 0 8-61 4 4 6 8 -9 C 01 9 3

群狼の牙~天罰党始末~


え さ お じ う え 「 叔 父 上 た ち は 、 餌 、 と い う わ け だ な 」 あ ま の し ん た ろ う と 鷹 一 朗 が い う と 、 天 野 慎 太 郎 は ニ ャ リ と 笑 っ て そ れ を 肯 定 し た 。 無 論 、 弦 衛 門 ら も 、 そ ん な こ と は 先 刻 承 知 で あ る 。 知 っ て い て 、 奉 行 所 の 願 い を 聞 き 入 れ た の は 、 早 い と こ ろ 事 件 を 片 付 け て し ま わ な け れ ば 、 ど の 店 も 商 い に 、 「 大 き な 支 障 が 出 る 」 そ ろ ば ん か ん じ よ っ と の 、 算 盤 勘 定 で あ っ た 。 「 で は 、 は じ め ま し よ う か 」 し ぬ こ く 戍 の 刻 ( 午 後 八 時 ) の 少 し 前 、 山 杉 屋 弦 衛 門 の 声 で 、 文 久 三 年 の 、 公 家 方 と の 商 い の 取 り 引 き 額 を 決 め ゑ 会 合 が 始 ま っ た 。 ~ 「 静 か で ご ざ る な 」 ろ う か 始 と い っ た 弥 四 郎 の 声 は 、 薄 暗 い 廊 下 に 吸 い 込 ま れ た 。 罰 鷹 一 朗 と 弥 四 郎 の 一 一 人 が い る の は 、 『 丸 水 庵 』 の 二 階 へ 、 階 段 を 上 が り き っ た 所 で あ る 。 天 ぞ く 牙 二 階 へ の 階 段 は こ れ ひ と っ き り で 、 賊 が 表 か ら 侵 入 し て き た な ら ば 、 容 易 に 迎 え 討 っ こ と が 狼 で き る 。 廊 下 に は 、 一 定 の 間 隔 で 蝋 燭 が 壁 に か け ら れ て い る が 、 や は り 薄 暗 い 。 群 会 合 が 行 わ れ て い る 部 屋 は 、 す ぐ そ こ で あ る 。 閉 じ ら れ た が 向 こ う か ら は 、 時 折 ぼ そ ぼ そ 1 い う 声 が 聞 こ え て く る も の の 、 内 容 ま で は わ か ら ぬ 。 ろ う そ く ぶ ん き ゅ う

群狼の牙~天罰党始末~


群 狼 の 牙 ~ 天 罰 党 始 末 ~ ゆ う き り ん COBALT-SERIES 集 英 社 0

群狼の牙~天罰党始末~


と さ さ や い た の で あ る 。 山 杉 屋 の 裏 手 は 、 長 屋 で は な く 商 家 の 別 寓 と な っ て い る 。 い っ て み れ ば 主 の 隠 れ 家 の よ う な め か け も の で 、 こ う し た 家 に 妾 を 囲 っ て い る も の も 多 い 。 期 く 言 う 鷹 一 朗 の 今 の 住 ま い も 、 元 は そ う し た 別 寓 で あ っ た と 聞 い て い た 。 そ う し た 性 格 上 か ら か 、 表 通 り と は 別 世 界 の よ う な 静 け さ で あ る 。 し ば ら く す る と 勝 手 口 か ら 、 あ た り を う か が う よ う に し て 、 お 雪 が 出 て き た 。 「 よ う 鷹 一 朗 は 声 を か け た が 、 お 雪 は 無 言 で 駆 け 寄 る と 、 腕 を 絡 め 、 こ の 兄 を 路 地 の 奥 へ と 引 っ 張 押 し 付 け ら れ た お 雪 の 体 か ら 、 す ば ら し い 香 り が 匂 っ た 。 な ら し ら き ・ や ぎ お ん ~ 祗 園 で 近 頃 有 名 だ と い う 、 奈 良 の 白 木 屋 の 匂 い 袋 に 違 い な か っ た 。 こ れ は 、 普 通 の 匂 い 袋 の 始 十 倍 は 値 が 張 る と い う も の で 、 製 法 は 秘 中 の 秘 。 今 、 祗 園 の 女 た ち の 間 で は 、 な じ み の 客 に こ は や 罰 れ を 送 る の が 、 流 行 り ら し い 。 何 で も 、 こ の 匂 い の 前 に あ っ て は 、 ど ん な 男 も 逆 み え ぬ 、 と い ~ う 『 カ 』 が あ る と の も つ ば ら の 評 判 で あ っ た 。 の ( お 雪 に も そ ん な 男 が で き た の か : : : ) 群 十 七 と い う 歳 を 考 え れ ば 、 嫁 に 行 っ て い て お か し く な い 歳 で あ る の だ が 、 何 や ら 胸 の 奥 の ほ 礙 う に 居 心 地 の 悪 い も の が あ っ た 。 べ つ ぐ う に お

群狼の牙~天罰党始末~


130 き っ か っ た 残 暑 も よ う や く に 去 り 、 吹 く 風 も す っ か り 秋 で あ っ た 。 昼 間 は 縁 側 の 下 や 、 木 陰 で 、 だ ら し な く ね そ べ っ て 、 舌 を だ ら り と 出 し て い た 犬 も 、 足 取 り も 軽 く 通 り を 歩 く よ う に な っ た 。 う ャ っ 閏 八 月 も 十 日 と な り 、 あ と 五 日 も す れ ば 、 名 月 で あ る 。 食 べ 物 も 、 魚 で あ れ ば 、 若 狭 の 、 琶 湖 の ア メ ノ ウ ォ 。 茸 な ら ば 松 、 椎 茸 。 果 物 の 林 ゆ ず さ と い も れ ん こ ん う ど し ゅ ん 檎 、 柿 、 栗 。 他 に も 新 米 も あ り 、 柚 、 里 芋 、 蓮 根 、 独 活 な ど が 旬 を 迎 え る 。 夏 に は 輸 送 の 難 し か っ た 海 の 魚 も 、 こ れ か ら は 少 し は 日 持 ち が す る よ う に な る ゆ え 、 食 べ る 機 会 も 増 え る の が 、 町 衆 の 楽 し み で あ っ た 。 ゆ ず み そ で ん が く ( 香 り の 高 い 柚 味 噌 の 田 楽 が 、 食 え る よ う に な る の も じ き だ ぜ ) よ う い ち ろ う お ど と 鷹 一 朗 の 胃 も 躍 る の で あ っ た 。 ( も っ と も 、 さ っ さ と 例 の 脅 迫 状 の 件 の 片 が っ か な け り や 、 ゆ っ く り 味 わ う こ と も で き な い だ

群狼の牙~天罰党始末~


し や み せ ん 白 玉 売 り の 声 に 混 じ っ て 、 三 味 線 の 音 が 聞 こ え て い る 。 じ ゅ う も ん じ あ め や じ よ 、 っ た ろ う 蛸 薬 師 通 り に 面 し た 十 文 字 町 の 、 『 飴 屋 丈 太 郎 』 宅 脇 の 木 戸 を く ぐ っ た お 雪 は 、 そ れ を 聞 い ま ゆ て 形 の い い 眉 を し か め た 。 す そ 花 模 様 を あ し ら っ た 、 裾 に 向 か う に し た が い 色 が 濃 く な る 薄 緑 色 の 小 袖 の 着 流 し が 、 十 七 の え り 体 に よ く 似 合 っ て い る 。 襟 か ら の そ く 肌 が 、 名 の ご と く 白 く 、 ま ぶ し い 。 わ ず 三 味 線 の 音 は 、 す ぐ そ こ の 家 か ら 聞 こ え て い た 。 二 階 家 で 、 猫 の 額 よ り は 僅 か に 広 い で あ ろ こ じ ゃ れ う 庭 が つ い て い る 、 ち ょ っ と 見 に も 小 洒 落 た 造 り の 家 で あ る 。 え ん が わ お 雪 は 庭 と 小 道 を 区 切 る 仕 切 り を 押 し て 、 そ の 小 さ な 庭 に 入 る と 、 縁 側 か ら 家 に 上 が り 、 「 兄 ち ゃ ん 」 と 呼 ん だ 。 三 味 線 が び た り と や ん で 、 家 の 奥 か ら 現 れ た の は 、 野 鷹 一 朗 で あ る 。 し ら た ま た こ や く し に か い や こ そ で ゆ き

群狼の牙~天罰党始末~


だ が 男 た ち は 親 子 を ぐ る り と 囲 む と 、 「 い や 、 許 さ ん 」 「 そ の 首 こ こ へ 出 せ 」 な ど と し き り に 言 い 立 て て は 、 母 子 を 蹴 っ た り 、 踏 み つ け た り し は じ め た も の で あ る 。 火 が つ い た よ う な 子 供 の 泣 き 声 と 、 タ 立 の よ う な 嬋 の 声 が 大 き か っ た 。 町 衆 は 手 を 出 さ ぬ 。 出 し た く て も 出 せ ぬ の だ 。 彼 ら の よ う な 手 合 い の 恐 ろ し さ を よ く よ く 知 っ て い る ゆ え 。 そ の う ち に 、 堺 と 呼 ば れ た 侍 が つ い に 刀 を 抜 い た 。 そ れ を 母 親 の 横 顔 へ 突 き 付 け て お い て 、 「 五 両 だ 。 出 せ ぬ と い う な ら 、 小 僧 の 腕 を も ら お う 」 と 一 = ロ っ た 。 袴 の 代 金 が 五 両 だ と 言 う の で あ る 。 こ れ は 、 親 子 が 半 年 は 暮 ら せ よ う と い う 金 額 で あ る 。 女 末 が 思 わ ず 、 「 そ ん な 無 体 な : ・ : ・ 」 天 と 言 っ た の も 当 然 で あ っ た 。 牙 の だ が 堺 は 、 群 「 な ら ば 、 腕 を も ら う ! 」 言 う な り 、 母 親 を 蹴 り 倒 し て 引 き 剥 が す と 、 子 供 の 腕 を 踏 み つ け て お い て 刀 を 振 り 上 げ た 。

群狼の牙~天罰党始末~


佳 代 と 呼 ば れ た 女 中 は 、 な ん と も い え ぬ 笑 み を 残 し て 廊 下 を 戻 っ て い っ た 。 か わ い ( あ れ は ま る で 、 出 来 の 悪 い 弟 が 可 愛 く て し よ う が な い 、 っ て 顔 だ ぜ ) な ど と 鷹 一 朗 は 思 っ た 。 。 こ が 、 ・ ナ と う 見 て も 弥 四 郎 の 方 が あ の 女 中 よ り は 年 上 で あ る 。 ( 神 坂 さ ん に は 、 女 に そ う 思 わ せ る 、 何 か が あ る の か も し れ ね え な ) 「 ち ら か っ て い る で ご ざ る が : : : 」 言 葉 通 り 、 部 屋 の 中 に は 紙 が 散 乱 し て い て 、 足 の 踏 み 場 も お ぼ っ か な か っ た 。 鷹 一 朗 は 、 そ の 一 枚 を 手 に 取 っ て 読 ん だ 。 「 神 坂 さ ん 、 代 筆 か い ? 」 「 佳 代 さ ん が 、 紹 介 し て く れ た の で ご ざ る よ 」 片 づ け な が ら 、 弥 四 郎 は 答 え た 。 ~ 「 先 刻 の お 女 中 だ ね 」 始 「 う ん 。 宿 帳 の 手 が う ま い 、 と 言 っ て く れ て ね 。 今 、 清 書 中 な の だ 」 弥 四 郎 が 書 い て い る の は 、 遊 女 の 恋 文 で あ る 。 字 の 書 け ぬ 遊 女 が 、 だ れ そ れ が 恋 し い 、 愛 し ご ぶ さ た 、 と 述 べ る の を 書 き 取 り 、 文 と し て の 体 裁 を 整 え て や る の で あ る 。 遊 女 は こ れ を 、 御 無 沙 汰 牙 し 狼 の 客 に 送 り 、 男 を 呼 ぶ 、 と い う 仕 組 み で あ る 。 群 涙 に 暮 れ る だ の 、 さ み し さ に 骨 が 凍 る だ の 、 演 出 を 加 え る の も 、 弥 四 郎 の 仕 事 で あ る 。 ( 同 じ 文 面 の 文 が 、 何 通 も 別 の 男 の と こ ろ へ 送 ら れ て い る と い う の を 知 っ て い て も 、 己 の 所 に ふ み て い さ い