検索 - みる会図書館

検索対象: 群狼の牙~池田屋襲撃

群狼の牙~池田屋襲撃から 293件ヒットしました。

群狼の牙~池田屋襲撃


コ バ ル ト 文 庫 く 好 評 発 売 中 〉 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ 美 し き 剣 士 の 愛 と 戦 い の 物 語 ! ◆ く 薔 薇 の 剣 〉 シ リ ー ズ ◆ ◆ ◆ イ ラ ス ト / 珠 黎 皐 タ ◆ ◆ ま 薔 薇 の 剣 ま 薔 薇 は 復 讐 の 印 、 ま 薔 薇 の 結 婚 ま 血 に 染 ま る 薔 薇 ミ ◆ 薔 薇 の 帰 還 ◆ 薔 薇 王 の 時 代 、 , 偽 り の 薔 薇 は 咲 く 不 滅 の 薔 薇 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ イ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ 、 二 バ ト あ , ◆ ◆ ◆

群狼の牙~池田屋襲撃


ゆ う き ・ り ん 1967 年 1 月 5 日 、 東 京 都 生 ま れ 。 山 羊 座 、 A B 型 。 「 夜 の 家 の 魔 女 」 で 、 第 19 回 コ バ ル ト ・ ノ ベ ル 大 賞 受 賞 。 著 書 は 、 コ バ ル ト 文 庫 に 「 人 知 ら す の 森 の ル ー ナ 」 「 鉛 姫 」 「 聖 女 ソ レ イ ユ 」 「 氷 の 王 」 「 狩 人 姫 」 ー 青 き 妖 魔 の 玩 具 」 「 蒸 気 人 形 と ロ ン ド ン の 怪 」 一 世 界 の 果 て の 城 」 「 影 の 中 の 都 」 「 名 も な き 本 」 「 薔 薇 の 剣 」 「 薔 薇 は 復 讐 の 印 」 「 薔 薇 の 結 婚 」 「 血 に 染 ま る 薔 薇 」 「 薔 薇 の 帰 還 」 一 薔 薇 王 の 時 代 」 「 偽 り の 薔 薇 は 咲 く 」 「 不 滅 の 薔 薇 」 「 群 狼 の 牙 ~ 天 罰 党 始 末 ~ 」 「 群 狼 の 牙 ~ 禁 門 の 政 変 ~ 」 な ど が あ る 。 好 き な 作 家 は 、 タ ニ ス ・ リ ー 、 ジ ョ イ ン ・ ヨ ー レ ン 、 ジ ュ ー ル ・ ヴ ェ ル ヌ 等 。 最 近 、 ア メ コ ミ に は ま っ て い て 、 フ ィ ギ ュ ア な ど を 集 め ま く っ て い る 。 ~ 池 田 屋 襲 撃 ~ 群 狼 の 牙 COBALT-SERIES 1998 年 12 月 10 日 第 1 刷 発 行 著 者 発 行 者 発 行 所 ☆ 定 価 は カ バ ー に 表 示 し て あ り ま す ゆ う き り ん 小 島 民 雄 新 集 英 社 〒 101 ー 8050 東 京 都 千 代 田 区 ー ツ 橋 2 ー 5 ー 10 ( 3230 ) 6 2 6 8 ( 編 集 ) 電 話 東 京 ( 3230 ) 6 3 9 3 ( 販 売 ) 印 刷 所 ◎ RIN YUKI 1998 ( 3230 ) 6 0 8 0 ( 制 作 ) 株 式 会 社 美 松 堂 中 央 精 版 印 刷 株 式 会 社 Printed in Japan 本 書 の 一 部 あ る い は 全 部 を 無 断 で 複 写 複 製 す る こ と は 、 法 律 で 認 め ら れ た 場 合 を 除 き 、 著 作 権 の 侵 害 と な り ま す 。 落 丁 ・ 乱 丁 の 本 は ご 面 倒 で も 小 社 制 作 部 宛 に お 送 り く だ さ い 。 送 料 は 小 社 負 担 で お 取 り 替 え い た し ま す 。 I S B N 4 - 0 8 - 61 4 5 5 7 - 5 C 01 9 5

群狼の牙~池田屋襲撃


◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ 夢 の 宮 く 好 評 発 売 中 〉 コ バ ル ト 文 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ は 一 番 大 切 な 女 性 た 。 た か ~ 海 馬 を わ た る 風 ~ : 今 野 緒 雪 鸞 王 ・ 珂 霄 は 、 幼 い 頃 か ら と も に 育 っ た 麻 妺 と 結 婚 し 、 麻 妺 の 兄 ・ 皋 悦 が 彼 の 補 佐 を 務 め て い た 夢 の 宮 夢 の 宮 夢 の 宮 夢 の 宮 夢 の 宮 だ が 、 珂 霄 の 胸 に は 、 あ る 苦 悩 が ・ ・ ・ ~ 竜 の み た 夢 ~ ~ 諸 刃 の 宝 剣 ~ ~ 古 恋 鳥 ~ 山 下 ) ~ 奇 石 の 待 者 ~ ~ 薔 薇 の 名 の 王 ~ く 夢 の 宮 〉 シ リ ー ズ ・ 好 評 既 刊 夢 の 宮 ~ 亞 心 王 物 語 ~ 下 ◆ 夢 の 宮 ~ 十 六 夜 薔 薇 の 残 香 ~ 夢 の 宮 ~ 神 が 棲 む 処 ~ ◆ 夢 の 宮 ~ 叶 の 果 実 ~ 夢 の 宮 ~ 薗 薇 い く さ ~ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

群狼の牙~池田屋襲撃


248 く ぎ よ う し ゃ き づ ち 土 方 は 容 赦 な く 木 鎚 を 振 る い 、 釘 を 頭 ま で 打 ち 込 ん だ 。 右 だ け で な く 、 左 に も 釘 を 打 ち 込 む 。 ま た 悲 鳴 が 上 が っ た 。 古 高 は 、 泡 を 吹 か ん ば か り で あ っ た 。 「 吊 る せ 」 土 方 が 命 じ る と 、 原 田 も 斎 藤 も 手 際 よ く 、 古 高 を 逆 さ 吊 り に し た 。 こ う す る と 、 足 を 貫 き 通 し た 釘 が 天 井 を 向 く 。 ろ 、 っ そ く 蝋 燭 に 火 を つ け 、 そ の 根 元 を 釘 に 差 し 込 ん で 立 て た 。 二 本 と も で あ る 。 し か し 、 び た り と っ わ ず す き ま け る の で は な く 、 僅 か に 隙 間 を あ け て あ る 。 し よ く だ い 人 間 燭 台 で あ っ た 。 そ の う ち に 、 熔 け た 蝋 が 蝋 燭 を つ た い 落 ち て 、 隙 間 か ら 傷 口 に 流 れ 込 ん で 、 こ れ を 灼 い た 。 「 う ぎ い っ ! 」 古 高 は 目 を 剥 い た 。 「 い て え だ ろ う ? こ い つ は よ く 効 く の さ 」 痛 み に 体 が 揺 れ る 。 す る と ま た 蝋 が 流 れ 落 ち て 、 傷 口 を 灼 く 。 蝋 が 溜 ま っ て 固 ま る と 、 そ れ を 小 刀 で ほ じ く り だ さ れ る 。 そ れ が ま た 凄 ま じ い 激 痛 で あ っ あ わ ろ 、 つ す さ

群狼の牙~池田屋襲撃


「 腹 を 据 え た か い 」 土 方 は 、 ふ ふ 、 と 笑 っ た 。 「 あ い に く と 、 こ こ に は 抱 か せ る 石 は な い 。 だ が 、 そ ん な 方 法 よ り 、 も っ と 効 く や り 方 が あ る き づ ち ぜ ー ー お い 、 左 之 助 。 釘 と 木 槌 、 そ れ に 蝋 燭 を 持 っ て こ い 」 原 田 は 部 屋 を 出 る と 、 す ぐ に そ れ ら を も っ て 戻 っ て き た 。 釘 は 五 寸 ( 巴 釘 で あ る 。 ふ と く 、 く ろ ぐ ろ と し て い る 。 土 方 は そ れ を 手 に す る と 、 「 お い 」 さ い と う は じ め と 原 田 と 斎 藤 一 に 声 を か け た 。 一 一 人 は そ れ だ け で わ か っ た よ う で あ る 。 お び ~ 怯 え る 古 高 を び く り と も 動 け ぬ よ う に 押 さ え つ け 、 足 首 を 掴 ん で 台 の 上 に 乗 せ た 。 襲 「 古 高 、 吐 く な ら い ま の う ち だ ぜ 」 齟 だ が 、 古 高 は 首 を 振 っ た 。 狼 直 後 、 古 高 の 右 足 の 甲 に 、 五 寸 釘 が 打 ち 込 ま れ た 。 群 「 ぎ ゃ あ あ っ ! 」 カ ン ー カ ン ー カ ン ー ろ 、 っ そ く つ か

群狼の牙~池田屋襲撃


コ バ ル ト 文 日 く 好 評 発 売 中 〉 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ 愛 の ロ マ ン チ ッ ク ・ フ ァ ン タ ジ ー ◆ く 人 知 ら す の 森 の ル ー ナ 〉 シ リ ー ズ ◆ ◆ ◆ イ ラ ス ト / 沖 麻 実 也 ◆ 人 知 ら ず の 森 の ル ー ナ ◆ 妖 魔 退 治 に 力 を 貸 し て ほ し い と 頼 ま れ た ル ー ナ 。 ◆ ま 聖 女 ソ レ イ ユ 人 知 ら す の 森 の ル ー ナ 2 ◆ ル ー ナ は 魔 女 と し て 異 端 審 問 会 に ! ? ◆ ま 青 き 妖 魔 の 玩 野 、 ル ー ナ の 姉 ・ ソ レ イ ユ が 夫 を 殺 し た ! ? 世 界 の 紅 の 城 人 知 ら す の 森 の ル ー ナ ④ 恋 人 を 人 間 に 戻 し た い 。 感 動 の 最 終 話 。 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ゆ う き り ん 0 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

群狼の牙~池田屋襲撃


下 の 方 で 鯰 か 暴 れ 、 そ の 背 で は 人 々 が 逃 げ 惑 っ て い る 。 火 事 が 起 こ り 、 倒 れ た 家 の 下 敷 き に な っ て 苦 し む 人 々 の 姿 も あ る 。 江 戸 の 城 も ま た 、 火 の 中 で あ っ た 。 し ち ふ ′ 、 し ん だ が 、 さ ら に そ の 上 に は 、 宝 船 に 乗 っ た 七 福 神 の 姿 が あ る 。 こ れ は 、 地 震 に よ っ て す べ て が 破 壊 さ れ た 後 に 新 し い 世 が 、 七 福 神 が 到 来 す る よ う な 、 そ ん な 素 晴 ら し い 世 が く る こ と を 願 っ た も の で あ る 。 安 政 の 大 地 震 の 際 に は 、 こ う し た 鯰 絵 が か な り 描 か れ 、 刷 ら れ た が 、 多 く は 幕 府 に よ っ て 、 じ ゅ そ じ し つ い 「 攘 夷 派 に よ る 、 幕 府 転 覆 を 祈 願 し た 呪 訴 で あ る 」 と さ れ て 発 禁 に な っ こ 。 江 戸 城 が 炎 上 し て い る と こ ろ を 見 る と 、 お そ ら く は こ の 絵 も そ う し た も の の 一 つ な の で あ ろ 撃 襲 桝 屋 が た だ の 商 人 で な い こ と は 、 弥 四 郎 も と う に 見 抜 い て い た 。 田 物 腰 、 態 度 : : : あ れ は 以 前 、 腰 に 一 一 本 の 刀 を 差 し て い た 人 間 で あ る 。 池 こ の 絵 ひ と つ を と っ て も 、 桝 屋 が 攘 夷 派 で あ る こ と は わ か る が 、 自 分 に 何 を さ せ た い の か 牙 の は 、 い ま も っ て わ か ら ぬ 。 狼 群 あ の 夜 、 桝 屋 は 、 「 腕 を 振 る っ て 欲 し い 」 て ん ぶ く

群狼の牙~池田屋襲撃


206 「 十 日 ご と に 、 二 両 出 し ま し よ う 」 「 : : : 承 知 っ か ま つ っ た 」 弥 四 郎 が 言 う と 、 桝 屋 は 急 に 相 好 を 崩 し 、 「 良 か っ た 。 こ れ で 安 心 、 安 心 」 と 喜 ん で み せ た 。 「 山 杉 屋 を 見 張 る 怪 し げ な 侍 た ち の こ と は 、 す ぐ に で も わ か り ま し よ う 」 「 そ れ で 、 私 は 誰 を 護 衛 す れ ば い い の だ ? 桝 屋 喜 右 衛 門 は 、 薄 笑 い を 消 す と 、 目 を 細 め た 。 お ま も か つ ら こ ′ 」 ろ う 「 御 護 り い た だ き た い の は 、 長 州 藩 士 、 桂 小 五 郎 様 で ご ざ い ま す 」 あ ん せ い た い ご く ご く し じ ト で つ い よ し だ し よ っ い ん 桂 小 五 郎 は 、 安 政 の 大 獄 で 獄 死 し た 、 過 激 尊 王 攘 夷 思 想 者 、 吉 田 松 陰 の 門 下 生 で あ る 。 ′ 」 し ょ 長 州 藩 が 御 所 か ら 追 い 払 わ れ る 原 因 と な っ た 、 嫌 が る 天 皇 を 駕 籠 に 押 し 込 め て で も 無 理 や り じ で つ い や ま と ぎ し っ こ う 攘 夷 祈 願 を さ せ よ う 、 と い う 大 和 行 幸 の 企 み の 一 派 に 、 桂 の 名 が あ る 。 そ の こ と か ら も 明 ら か な よ う に 、 桂 は 、 松 陰 の 過 激 な 思 想 を 受 け 継 ぐ 一 人 と し て 、 以 前 よ り 幕 府 か ら 目 を つ け ら れ て い た 。 だ が 、 そ の 桂 も 、 去 年 八 月 の 政 変 で 、 長 州 に 去 っ た と 思 わ れ て い た 。 そ ん じ よ っ 今 の 京 に は 、 尊 攘 派 の 生 き て い く 場 所 は な い か ら で あ る 。 『 逃 け の 小 五 郎 』 と あ だ 名 さ れ る そ う ご う か ご

群狼の牙~池田屋襲撃


群 狼 の 牙 ~ 池 田 屋 襲 撃 ~ ゆ う き り ん COBALT-SERIES 集 英 社

群狼の牙~池田屋襲撃


288 明 治 五 年 ( 一 八 七 一 I) 、 発 展 目 覚 ま し い 東 京 の 下 町 に 、 一 軒 の 小 料 理 屋 が 店 を 開 い た 。 か み が た う な ぎ あ さ り み そ で ん が く こ の 店 の 名 物 は 、 牛 肉 と 大 根 の 煮 込 み に 、 上 方 風 の 鰻 、 そ れ に 浅 蜊 味 噌 の 田 楽 で あ っ た 。 つ く だ に ね つ ぶ だ し 浅 蜊 味 噌 と は 、 浅 蜊 の 佃 煮 を 磨 り 潰 し た も の を 、 酒 と 出 汁 で 固 め に 溶 い た 味 噌 を 少 量 練 り 合 お か み わ せ た も の で 、 こ の 店 の 女 将 が 、 も と も と は 夫 の た め に 考 え た も の で あ っ た ら し い み と こ の 田 楽 は 、 な か な か に 評 判 に な り 、 わ ざ わ ざ 水 戸 辺 り か ら も 、 食 べ に 来 る 人 が あ っ た 。 店 は 、 京 一 一 = 〕 葉 を 話 す 主 夫 婦 と 隠 居 の 三 人 だ け で や っ て い て 、 大 正 の 時 代 ま で 続 い た が 、 関 東 た た 大 震 災 を 境 に 店 を 畳 み 、 京 へ 帰 っ た と い う 。 ゆ き や ま す ぎ や 女 将 の 名 は 、 「 お 雪 」 と い っ た が 、 こ れ が あ の 山 杉 屋 の 「 お 雪 . で あ っ た の か は 、 定 か で は 小 料 理 屋 「 雪 白