検索 - みる会図書館

検索対象: 群狼の牙~禁門の政変~

群狼の牙~禁門の政変~から 246件ヒットしました。

群狼の牙~禁門の政変~


物 コ バ ル ト 文 庫 く 好 評 発 売 中 〉 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ド ラ マ チ ッ ク ・ フ ァ ン タ ジ ー ! ◆ く 嗇 薇 の 剣 〉 シ リ ー ス ◆ ◆ イ ラ ス ト / 珠 黎 皐 タ ◆ ま 薔 薇 の 剣 ま 薔 薇 は 復 讐 の 印 ま 薔 薇 の 結 婚 ま 血 に 染 ま る 薔 薇 薔 薇 の 帰 選 薔 薇 王 の 時 代 偽 り の 薔 薇 は 咲 く 、 不 滅 の 薔 薇 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ゆ う き り ん ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

群狼の牙~禁門の政変~


ゆ う き ・ り ん 1967 年 1 月 5 日 、 東 京 都 生 ま れ 。 山 羊 座 、 A B 型 。 「 夜 の 家 の 魔 女 」 で 、 第 19 回 コ バ ル ト ・ ノ ベ ル 大 賞 受 賞 。 著 書 は 、 コ ノ ヾ ル ト 文 庫 に 「 人 知 ら す の 森 の ル ー ナ 」 「 鉛 姫 」 「 聖 女 ソ レ イ ユ 」 「 氷 の 王 」 「 狩 人 姫 」 「 青 き 妖 魔 の 玩 具 」 「 蒸 気 人 形 と ロ ン ド ン の 怪 」 「 世 界 の 果 て の 城 」 「 影 の 中 の 都 」 「 名 も な き 本 」 「 薔 薇 の 剣 」 「 薔 薇 は 復 讐 の 印 」 「 薔 薇 の 結 婚 」 「 血 に 染 ま る 薔 薇 」 「 薔 薇 の 帰 還 」 「 薔 薇 王 の 時 代 」 「 偽 り の 薔 薇 は 咲 く 」 「 不 滅 の 薔 薇 」 「 群 狼 の 牙 ~ 天 罰 党 始 末 ~ 」 な ど が あ る 。 好 き な 作 家 は 、 タ ニ ス ・ リ ー ジ ョ イ ン ・ ヨ ー レ ン 、 ジ ュ ー ー ノ レ ・ ウ 、 ェ ル ヌ 等 。 最 近 、 ア メ コ ミ に は ま っ て い て 、 フ ィ ギ ュ ア な ど を 集 め ~ 禁 門 の 政 変 ~ 群 狼 の 牙 ま く っ て い る 。 COBALT-SERIES 1998 年 9 月 10 日 第 1 刷 発 行 著 者 発 行 者 発 行 所 ☆ 定 価 は カ ノ ヾ ー に 表 示 し て あ り ま す 会 社 集 英 社 株 式 小 島 民 雄 ゆ う き り ん 〒 101 ー 8050 東 京 都 千 代 田 区 ー ツ 橋 2 ー 5 ー 10 ( 3230 ) 6 2 6 8 ( 編 集 ) 電 話 東 京 ( 3230 ) 6 3 9 3 ( 販 売 ) 印 刷 所 ◎ RIN YUKI 1998 ( 3230 ) 6 0 8 0 ( 制 作 ) 株 式 会 社 美 松 堂 中 央 精 版 印 刷 株 式 会 社 Printed in Japan 本 書 の 一 部 あ る い は 全 部 を 無 断 で 複 写 複 製 す る こ と は 、 法 律 で 認 め ら れ た 場 合 を 除 き 、 著 作 権 の 侵 害 と な り ま す 。 落 丁 ・ 乱 丁 の 本 は ご 面 倒 で も 小 社 制 作 部 宛 に お 送 り く だ さ い 。 送 料 は 小 社 負 担 で お 取 り 替 え い た し ま す 。 I S B N 4 - 0 8 -61 4 5 0 0 ー 6 C 01 9 5

群狼の牙~禁門の政変~


鷹 一 朗 と お 雪 は 、 二 階 の 『 鯉 の 間 』 に 通 さ れ た 。 お 雪 が 障 子 を 開 け る と 、 行 列 の 通 る 予 定 の 通 り が 目 の 前 で あ っ た 。 桟 に も た れ 、 お 雪 は 身 を 乗 り 出 す よ う に し た 。 「 す ご い 人 だ ね 、 兄 ち ゃ ん 」 「 あ あ 」 「 ど の く ら い で 来 る の ? 」 「 さ て : : : そ ろ そ ろ だ と 思 う が な 。 退 屈 か ? 」 「 全 然 。 兄 ち ゃ ん と 二 人 だ も の 。 こ う し て 見 物 の 人 を 眺 め て る だ け で も 楽 し い 」 「 そ う か 」 確 か に た い し た 人 出 で は あ る 。 小 降 り と は い え 雨 で あ っ た が 、 傘 を さ し て い る も の は な い 。 こ れ は 警 護 の た め で あ ろ う 。 傘 を 使 え ば 火 縄 も 濡 れ ぬ し 、 隠 す こ と も 出 来 る 。 簓 で も 、 沿 道 か ら な ら ば 、 容 易 に 馬 上 の 人 間 を 殺 す こ と が で き る 。 に か い や し ゅ ′ 」 し よ く 屋 根 の 上 に 登 る こ と も 禁 止 さ れ て い る 。 同 様 に 一 一 階 家 の あ る 家 ・ 屋 敷 に は 、 守 護 職 の 配 下 で の ぞ あ ろ う 武 士 が 、 窓 か ら 覗 き 見 る 者 に 厳 し い 目 を 配 っ て い る 。 く ぼ う ( だ が 、 公 方 さ ん の 暗 殺 は あ る ま い ) 鷹 一 朗 は そ う 見 て い る 。 ぎ レ っ ア ト っ 今 日 の 行 幸 は 、 元 々 長 州 藩 が 言 い 出 し た も の で 、 攘 夷 を 祈 願 す る の が 目 的 で あ る 。 さ ん し っ じ じ よ う い か さ

群狼の牙~禁門の政変~


鷹 一 朗 が 呆 れ て い る と 、 こ の 義 妹 は 、 こ っ そ り と 舌 を 出 し て 見 せ た 。 ゅ う げ か み さ か や し ろ う 夕 刻 に は 、 神 坂 弥 四 郎 も 招 か れ て 、 タ 餉 と な っ た 。 の 内 容 は 、 蟋 の 住 部 で 獲 れ た ば か り 窈 蛤 の 酒 蒸 し に 、 鰤 の な ま す 、 聖 護 院 蕪 の 中 を く り 抜 い て 味 噌 を 詰 め て 焼 い た も の 、 同 じ 蕪 の 漬 け 物 な ど で あ っ た 。 や ま く じ ら い の し し 他 に 、 山 鯨 ( 猪 の こ と 。 江 戸 時 代 は 表 向 き 獣 の 肉 は 食 べ な い こ と に な っ て い た の で 、 こ う す じ し よ う ゆ し さ つ が 呼 ば れ て い た ) の 筋 の 肉 を 醤 油 と 砂 糖 と 生 姜 で 薄 く 味 を つ け て よ く 煮 、 柔 ら か く な っ た と こ ろ ゅ で ぶ っ 切 り に し た 大 根 を 入 れ て さ ら に 煮 た も の が 出 、 そ し て 鷹 一 朗 の 持 っ て き た 空 豆 を 茹 で た も の に 赤 穂 の 粗 を ふ り か け た も の も む ろ ん 並 ん だ 。 「 こ り ゃ あ う ま い 」 と 山 鯨 の 肉 の 味 が 染 み た 大 根 に 、 弥 四 郎 は 舌 鼓 を 打 っ た 。 「 な に よ り 大 根 の 味 が 違 う 。 い や 、 大 根 と い う の は こ ん な に も う ま い も の で ご ざ っ た か 」 し ゅ ん あ ぶ ら 「 こ れ で も 時 期 は ず れ だ ぜ 。 旬 の 大 根 と 、 冬 の 初 め の 脂 の の り き っ た 山 鯨 で 作 る こ い つ は 、 こ う ま の 数 倍 は 旨 い 」 「 こ れ よ り も 旨 い の で ご ざ る か ? う う む 、 ぜ ひ 食 べ て み た い も の だ 」 「 冬 に な っ た ら 、 ま た 作 り ま し よ う よ 」 う れ 「 や 、 弦 衛 門 殿 、 そ れ は 嬉 し い 。 こ れ は う か う か 京 を 去 れ ま せ ぬ な 」 あ き し た ら つ み

群狼の牙~禁門の政変~


′ に 0 群 狼 の 牙 ~ 禁 門 の 政 変 ~ ゆ う き り ん COBALT-SERIES 集 英 社

群狼の牙~禁門の政変~


じ ん ち っ ほ う こ く 『 尽 忠 報 国 』 な ご り て っ せ ん そ の 四 文 字 を 朱 で 彫 っ た 巨 大 な 鉄 扇 が 、 名 残 の 花 を つ け た 桜 の 一 枝 を 叩 き 折 り 、 無 惨 に 散 ら さ か ず き さ れ た 薄 桃 色 の 花 片 が 一 枚 、 朱 塗 り の 杯 に 、 は ら り 、 と 落 ち た 。 に ん な じ 仁 和 寺 の 、 境 内 で あ る 。 ぎ お ん ば や し あ ら し や ま 祗 園 林 に 嵐 山 、 と 京 に 桜 の 名 所 は い く つ も あ る が 、 仁 和 寺 は 往 く 春 を 惜 し む 人 々 の 、 し め く く り の 名 所 で あ る 。 寺 の 境 内 と い う こ と も あ り 、 円 山 な ど と 違 っ て 露 店 な ど も な く 、 集 う の は 、 皆 、 慎 み を も っ て 桜 を 楽 し む 人 々 で あ っ た 。 し や み せ ん こ う た 散 り 往 く 桜 の 中 、 琴 の 、 三 味 線 の 音 、 し っ と り と し た 小 唄 の 響 き 、 空 を ゆ く 鳥 の さ え ず り な ど が 、 互 い を 殺 す こ と な く ひ と つ に な っ て 、 辺 り に 満 ち て い た 。 や か ら だ が 、 風 流 を 解 さ ぬ 輩 の 乱 入 で 、 そ れ は 無 惨 に 散 ら さ れ た 。 う す も も こ と ま る や ま つ つ し

群狼の牙~禁門の政変~


通 り を 過 ぎ る 人 々 が 、 何 事 か と 、 遠 巻 き に 男 を 見 て い る 。 人 が 集 ま り つ つ あ っ た 。 そ れ と 見 て か 、 男 が 緊 張 を 解 い た の が 鷹 一 朗 に も わ か っ た 。 殺 気 が 消 え て い る 。 腹 の 底 が 冷 え る よ う な 、 あ の 蹙 曻 か 。 ま ぎ 男 は 屋 敷 に 背 を 向 け る こ と な く 下 が る と 、 人 混 み に 紛 れ て 見 え な く な っ た 。 、 フ ら ( さ て さ て 、 あ の 顔 : : : ど う に も 思 い 出 せ ね え 。 あ れ ほ ど の 殺 気 だ 。 俺 を よ ほ ど 怨 ん で い る と 見 え た が : : : ど こ の 誰 だ っ た か な ) 鷹 一 朗 は 、 放 浪 を し て い た 七 年 の 間 の こ と を 思 い 返 し て み た が 、 記 憶 の 中 に 先 ほ ど の 男 の 顔 は 、 や は り な か っ た 。 政 尾 け ら れ て い な い こ と を 十 分 に 確 か め つ つ 、 鷹 一 朗 は 自 宅 に 戻 っ た 。 た こ や く し じ ゅ っ も ん じ あ め や じ レ っ た ろ う の 蛸 薬 師 通 り 、 十 文 字 町 の 『 飴 屋 丈 太 郎 』 宅 脇 の 本 尸 の 奥 で あ る 。 け ん そ う こ の 辺 り は 商 家 の 別 宅 が 多 く 、 表 通 り の 喧 噪 と は 無 縁 で あ っ た 。 牙 に か い や こ じ ゃ れ の 鷹 一 朗 の 家 は 、 ハ 」 洒 落 た 造 り の 二 階 家 で あ り 、 そ こ に 一 人 き り で 住 ん で い る の だ が 、 戻 っ て 群 み る と 、 待 っ て い た 男 が い た 。 の 襦 に 黒 の と い う 姿 で 、 脇 に 一 一 本 の 刀 を 置 い て い る こ の 男 、 京 都 西 町 奉 行 所 の 同

群狼の牙~禁門の政変~


190 昼 間 の こ と ゆ え 、 一 一 人 と も 留 守 で あ っ た の だ 。 き や そ れ が 済 む と 、 再 び 山 杉 屋 に 戻 り 、 お 雪 を 連 れ 出 し て 、 木 屋 町 の 料 理 屋 『 鴨 水 楼 』 へ と 出 か け た 。 す っ か り な じ み で あ り 、 二 人 は 鴨 川 が 目 前 の 、 眺 め の い い 座 敷 に 通 さ れ た 。 何 が 旨 い か 、 と 訊 く と 、 「 い ま で し た ら 『 鮎 尽 く し 』 が お す す め で ご ざ い ま す 」 と い う の で 、 そ れ を 頼 ん だ 。 う じ が わ 『 鮎 尽 く し 』 と は 、 宇 治 川 で 獲 れ た 鮎 を 、 ・ 鮎 の 石 焼 き ( 鉄 の 鍋 に 焼 い た 石 を 敷 い て 、 そ の 上 で 鮎 を 焼 く も の ) 。 ・ 鮎 の な ま す 。 ・ 鮎 の 刺 身 。 か ま ぼ こ 鮎 蒲 鉾 。 ・ 鮎 の 酒 浸 ( 塩 を 溶 か し た 酒 に 、 鮎 の 身 を 浸 し た も の ) 。 ・ 鮎 寿 司 。 ・ 鮎 飯 ( 炊 き あ が っ た ば か り の 飯 に 焼 い た 鮎 を 入 れ て 蒸 し 、 の ち 、 身 を ほ ぐ し た も の ) 。 ・ 鮎 の う る か ( 鮎 の わ た と 白 子 を 混 ぜ 合 わ せ た 塩 辛 の よ う な も の ) 。 も ろ は く し ゅ あ ぶ ・ 鮎 酒 ( 軽 く 焙 っ た 鮎 の 皮 を 諸 白 酒 に 入 れ て 出 す ) 。 あ ゆ し ら こ し お か ら か も す い ろ う

群狼の牙~禁門の政変~


く ら ま や ま そ の 頃 、 鷹 一 朗 の 姿 を 、 鞍 馬 山 に 見 る こ と が で き る 。 た け き か み な も と の よ し つ ね 鞍 馬 山 は 、 そ の 中 腹 に 、 彼 の 源 義 経 が 幼 少 の 時 代 を 過 ご し た 鞍 馬 寺 が あ り 、 初 夏 の 竹 伐 り 、 に ぎ 秋 の 火 祭 り の 際 に は 、 多 く の 人 で 賑 わ う が 、 い ま は 訪 れ る も の も 少 な い 。 鷹 一 朗 の 姿 も 、 寺 に は な い 。 に お 高 い 木 々 が 茂 る 、 緑 の 匂 い で む せ る よ う な 、 森 の 中 に あ っ た 。 ま だ 陽 も 高 い と い う の に 、 辺 り は 暗 く 、 し か も 折 か ら の 霧 雨 で 、 体 は 冷 え て い た 。 地 面 も 水 を 吸 っ て 、 ぬ か る ん で い る 。 そ の 斜 面 を 、 鷹 一 朗 は 黙 々 と 歩 く 。 京 か ら つ い て き て い た 追 っ 手 は 、 山 に 入 る と 絶 え た 。 ~ 見 失 っ た の で あ ろ う 。 政 獣 道 か ら 、 木 々 の 渡 り 道 ま で 、 こ の 山 の こ と は 、 よ く 知 っ て い る 鷹 一 朗 な の で あ る 。 山 に あ っ て は 、 た と え 将 軍 の 御 庭 番 で あ っ て も 、 簡 単 に 撒 く 自 信 が あ っ た 。 は ん と き 牙 半 刻 も 経 た ぬ う ち 、 雨 は 本 降 り に な っ て 、 水 滴 が 葉 を 叩 く 音 が 耳 を 聾 せ ん ば か り に な っ た 。 か さ 狼 顔 に あ た っ た 雨 が 、 顎 を つ た っ て 首 に 流 れ て 襟 を 濡 ら し 、 体 温 を さ ら に 吸 い 取 る 。 笠 は と う な ま り 群 に 取 っ て し ま っ て い た 。 腰 の 辺 り が 、 鉛 を 詰 め た よ う に 重 い だ が 、 鷹 一 朗 は さ ら に 山 を 登 っ た 。 え り ろ う

群狼の牙~禁門の政変~


「 お 会 い し た の は 、 鷹 さ ん か ら の お 手 紙 を 届 け て く れ た あ の 一 度 き り で 、 あ と は お 見 か け し て お り ま せ ん か ら : : : 」 と い う こ と で あ っ た 。 鷹 一 朗 は 、 「 神 坂 さ ん に は 神 坂 さ ん の 考 え が あ る の だ ろ う よ 」 と 、 あ ま り 構 わ ぬ こ と に し た 。 山 杉 屋 の 用 心 棒 の 仕 事 を 、 し つ か り と や っ て い て く れ る の で あ れ ば 、 言 う こ と は な か っ た 。 や は た や う へ え ぶ つ こ う じ 例 の 貼 り 紙 の 方 は 、 そ の う ち に 、 仏 光 寺 の 油 商 、 八 幡 屋 宇 兵 衛 が 予 告 通 り に 殺 さ れ 、 そ の 首 さ , 仭 し 編 つ お お は し さ ら が 三 条 大 橋 に 晒 さ れ る 始 末 と な っ た 。 文 七 は 、 ご く も ん た い ~ 「 ち く し よ う め ! 何 が な ん で も 犯 人 を 取 っ 捕 ま え て 、 獄 門 台 に 送 っ て や る ー れ つ か 政 と 烈 火 の 如 く 怒 り 、 連 日 、 探 索 に 飛 び 回 り 、 や は り 鷹 一 朗 の も と へ 顔 を 出 さ な く な っ て い ← 奉 行 所 が 必 死 に な っ て い る の は 、 無 論 、 犯 人 憎 し 、 の 念 も あ ろ う が 、 浪 士 組 の 存 在 が 影 を 落 狼 と し て い な い と は い え ぬ 。 ま ま く し ゆ く せ い 群 内 及 の 命 令 で 、 市 中 見 回 り の 任 に つ い て い る 浪 士 組 は 、 揄 よ り も 粛 正 が 目 的 の 組 織 ゆ え に 、 奉 行 所 が 時 間 を か け て 行 っ て い る 捜 査 を 、 台 無 し に す る こ と が 多 々 あ っ た の だ 。