検索 - みる会図書館

検索対象: 薔薇の主張~悩める女優篠原あやか~

薔薇の主張~悩める女優篠原あやか~から 261件ヒットしました。

薔薇の主張~悩める女優篠原あやか~


薔 薇 の 主 張 — 悩 め る 女 優 篠 原 あ や か 5

薔薇の主張~悩める女優篠原あやか~


薔 薇 の 主 リ 長 ~ め る 女 優 篠 原 あ や か ~ い 、 ゾ 香 山 暁 子 COBALT-SERIES 集 英 社 0

薔薇の主張~悩める女優篠原あやか~


137 薔 薇 の 主 張 「 勝 手 に 、 ど こ へ で も 行 き や が れ ガ ン 、 ゴ ン 、 ガ ン 、 と 三 回 く ら い ・ ハ ウ ン ド し て 、 カ ッ プ は す っ か り ひ し や げ て 床 に 落 ち た 。

薔薇の主張~悩める女優篠原あやか~


そ れ か ら ざ わ め き が 広 ま っ て 「 陽 く ん 転 ん じ ゃ っ た よ 」 「 え え 、 演 技 で し よ う 」 「 で も 、 な ん か 様 子 が ・ す ぐ に 立 と う と 思 っ て も 体 が 自 分 の も の で は な い み た い に 動 か ず 、 観 客 の ざ わ め き だ け が 耳 に ま と い っ き 、 こ の ま ま 闇 に 呑 み 込 ま れ て い き そ う な 、 空 恐 ろ し い 気 持 ち に な っ た と き だ 。 ば ら 薔 薇 の 匂 い が 、 ふ っ と 鼻 を か す っ た 。 ( あ や か ー ー ) 違 う 。 あ や か の 出 番 は 、 も う 少 し 後 の は ず だ 。 が 、 次 の 瞬 間 、 脚 本 に は な い は ず の あ や か の セ リ フ が 陽 の 耳 を 打 っ た 。 『 そ こ に い る の は 、 あ な た な の 、 ジ プ シ ー の 若 い 王 』 り ん 主 艶 め い た ー ー ー そ の く せ 凛 と し た 声 が 、 響 き 渡 っ た と た ん 、 客 席 が 水 を う っ た よ う に 静 ま り 返 薇 っ た 。 薔 薇 の 匂 い が ま す ま す 強 く な っ た 。 あ や か が 陽 の ほ う へ 歩 い て こ よ う と し て い る の だ 。 に お の

薔薇の主張~悩める女優篠原あやか~


236 う つ わ 「 ど う ぞ 、 お 望 み ど お り の 器 と 紅 茶 で す よ 」 受 け 皿 は 真 紅 に 金 の 薔 薇 模 様 。 カ ッ プ の 中 身 も 、 同 じ よ う に 真 紅 。 表 面 は 白 で 、 内 と 外 に 、 金 の 薔 薇 を 浮 き 上 が ら せ た 、 あ や か の と っ て お き の カ ッ プ に 、 紅 茶 は 薔 薇 の 香 り の デ ィ ン プ ラ そ れ を 、 あ や か は 熱 い ま ま 飲 み ほ し た 。 サ イ コ ー 「 最 高 」 た め 息 と と も に 感 想 を 述 べ て 、 カ ッ プ を 返 し た 。 「 客 席 で 、 ち ゃ ん と 見 て ま す か ら ね つ 、 あ や か さ ん 」 美 鈴 が 、 力 い つ ば い 言 っ た 。 ( 落 ち 着 け 、 落 ち 着 け よ 、 く そ っ ) 油 断 す れ ば 震 え そ う に な る 手 を 、 陽 は も う 片 方 の 手 で 押 さ え つ け 、 舞 台 の 袖 に 立 っ て い た 。 長 く 垂 ら し た ・ ハ ン ダ ナ を 頭 の 横 で 結 び 、 腰 に も 布 状 の ベ ル ト を 巻 き つ け て 結 ん だ 陽 の 顔 は 、 青 ざ め 、 緊 張 し て い る 。 長 い あ い だ 芸 能 界 で 仕 事 を し て い て 、 こ ん な に 客 の 前 に 出 る の が 怖 い と 思 っ た の は 、 は じ め て だ っ た 。 あ や か の 言 葉 に カ ッ と し て 、 ほ と ん ど 勢 い だ け で こ こ へ 来 て し ま っ た が 、 冷 静 に な る と ま た 不 安 が 込 み 上 げ て き た 。 ば ら そ で

薔薇の主張~悩める女優篠原あやか~


目 次 薔 薇 の 主 張 、 悩 め る 女 優 篠 原 あ や か 、 0 e 1 え ッ ? あ の 有 名 な ? 悪 役 人 生 や っ て ま す ! 0 3 憎 い あ ん ち く し よ う 0 4 囚 わ れ の 王 様 0 e 5 ス キ ャ ン ダ ル 発 覚 、 噂 の 二 人 — 悩 み 多 き 年 ご ろ で す 少 年 は 荒 野 を 目 指 す か ? プ ロ ロ ー グ こ ん に ち は ・ い ら っ し ゃ い あ と が き 258 253 223 185 138 89 58 36

薔薇の主張~悩める女優篠原あやか~


病 室 に 顔 を 出 す と 、 美 鈴 は べ ッ ド に 横 に な っ た ま ま 、 う っ す ら と ほ ほ 笑 ん だ 。 「 あ や か さ ん 、 こ れ : : : 」 枕 一 兀 に 置 い て あ っ た 細 長 い 箱 を 取 っ て 、 あ や か に 手 渡 す 。 し わ の よ っ た 包 装 紙 を は が し て 箱 ば ら を 開 け る と 、 薔 薇 を か た ど っ た ル ビ ー の ネ ッ ク レ ス が 目 に 焼 き つ い た 。 「 : : : た く さ ん 、 お 世 話 に な っ た お 礼 で す 」 「 で も 、 あ ん た お 金 : : : 」 「 ・ ハ イ ト し た ん で す : : : 木 崎 さ ん に 紹 介 し て い た だ い て : : : 。 ハ ー テ ィ ー や 劇 場 で 男 の か た の 相 ト ナ ー 方 を 務 め る お 仕 事 だ っ て : : : だ け ど : : : 」 わ ざ と 明 る い 声 で 、 美 鈴 は 言 っ た 。 「 急 に 海 岸 で 車 が 止 ま っ て キ ス さ れ そ う に な っ て 、 び つ く り し て 逃 げ て き ち ゃ い ま し た 。 バ ッ グ く ら い 持 っ て 出 れ ば よ か っ た の に ド ジ で す ね わ た し っ て 。 そ れ に 、 こ ろ っ と だ ま さ れ ち ゃ っ て : : : あ や か さ ん の 言 う と お り 女 優 に は 向 い て な い : 掛 け 布 団 を 引 き 上 げ 、 美 鈴 は 顔 を 隠 し た 。 「 す み ま せ ん : : : ち ょ っ と : : : 眠 く な っ て き ち ゃ い ま し た 」 張 主 「 ゆ っ く り 休 む と い い わ : : : 」 薇 い た わ る よ う に 言 っ て あ や か は 病 室 を 出 た 。 オ ー デ ィ シ ョ ン 会 場 に タ ク シ ー で 乗 り つ け る と 、 審 査 は す で に 終 わ っ て お り 、 フ ラ ッ シ ュ 一 フ

薔薇の主張~悩める女優篠原あやか~


( 真 咲 の い る 場 所 に 、 戻 れ る の に ) ( 迷 う こ と な ん て な ん に も な い の に ) ( あ ん な キ ッ い 思 い し て ま で 、 芸 能 人 を や る 必 要 な ん て 、 ぜ ん ぜ ん な い の に ) ( 舞 台 だ っ て 、 代 役 の や つ が 、 オ レ よ り ず っ と う ま く や っ て い る の に ) ( あ そ こ に は オ レ な ん て 必 要 な い の に な の に : な の に ど う し て 、 こ ん な に す っ き り し な い の だ ろ う 。 体 中 の 力 が す っ か り 抜 け て し ま っ て 、 何 も 考 え ら れ な く て 、 そ の く せ 悲 し い よ う な 悔 し い よ う な 気 持 ち が す る の だ ろ う 。 違 う 、 そ う じ ゃ な い 、 と 思 う の だ ろ う 。 何 が 違 う の だ ろ う 。 何 が そ う じ ゃ な い の だ ろ う 。 ( こ の ま ま 真 咲 の い る 場 所 に 逃 げ 込 む ほ う が 、 絶 対 楽 な ん だ ) ( だ け ど 、 本 当 に そ ん な ん で い い の か ) 張 主 ( そ ん な こ と し て い い の か ) 薇 薔 子 供 な ん だ か ら : き み は 十 四 歳 の 子 供 な ん だ か ら :

薔薇の主張~悩める女優篠原あやか~


紅 茶 の 葉 っ ぱ を い れ た 白 い テ ィ ー セ ッ ト を 持 っ て 、 美 鈴 は テ ー プ ル に 向 か う 。 そ の 後 を 、 あ や か と 陽 が や い や い 言 い 合 い な が ら つ い て い く 。 今 日 の お 茶 は 、 フ ォ シ ョ ン の ダ ー ジ リ ン テ ィ ー テ ー プ ル の カ ッ プ は 、 ち ょ う ど 三 つ 。 白 地 に 野 の 花 を あ し ら っ た 美 鈴 の カ ッ プ 。 ば ら 曲 線 的 な 一 フ ィ ン の ボ デ ィ に リ ア ル な 薔 薇 を 描 い た あ や か の カ ッ プ 。 は く じ そ う し て 、 白 磁 に 金 の 縁 飾 り の つ い た イ ン 。 ヘ リ ア ル プ ル 1 の 太 い 帯 を ぐ る り と 巻 い た 三 つ 目 の カ ッ プ く ん し よ う そ れ は 、 陽 が 大 人 に 一 歩 近 付 い た と い う 新 し い 勲 章 な の だ っ た 。 「 と り あ え ず オ レ 、 あ や か の 弟 子 一 一 号 に な ろ っ と 」 カ ッ プ を 片 手 に 、 陽 が 軽 く 言 う 。 「 や め て よ ね ー っ ! 」 「 え つ 、 い い じ ゃ ん 。 も う 決 め た も ん ね 、 オ レ 」 「 勝 手 に 決 め る ん じ ゃ な ー い ! 」 張 主 ネ コ と カ ラ ス が 一 緒 に 鳴 き 、 ヘ ビ が ふ っ と た め 息 を つ い た 。 薇 困 っ た 弟 子 が 一 人 か ら 二 人 に 増 え て 、 あ や か の 悩 み の タ ネ は 、 と う ぶ ん っ き そ う に な い 。 The curtain d 「 0 ℃ s.

薔薇の主張~悩める女優篠原あやか~


242 陽 は 目 を こ す り た く な っ た 。 ま な ろ し 幻 を 見 て い る よ う な 気 が し た 舞 台 は 依 然 と し て 暗 闇 に 包 ま れ て い る の に 、 な ぜ か あ や か の 姿 や 、 彼 女 が 笑 み を 浮 か べ て い る こ と が 、 は っ き り と わ か る の だ 。 ば ら 彼 女 を 取 り 巻 く 薔 薇 の 香 気 が 、 き ら き ら と 輝 い て 、 彼 女 を 照 ら し 出 し て い る よ う だ っ た 。 そ う し て 、 闇 の 中 か ら 陽 の 眼 前 に 現 れ 出 た あ や か は 、 確 か に 実 在 の 人 物 で 、 息 を 呑 む ほ ど 圧 倒 的 で 美 し か っ た 。 ラ イ ト が ゆ っ く り と 舞 台 を 照 ら し は じ め た 。 く ち び る 足 を 投 げ 出 し て し や が み 込 ん だ ま ま の 陽 の 側 に 膝 を つ き 、 あ や か は 彼 の 左 足 に 、 唇 を 押 し つ け た 。 驚 く 陽 に 、 笑 み を 含 ん だ 声 で 言 っ た 。 『 キ リ ス ト 教 徒 の 天 使 は 、 背 中 に 翼 を 持 っ て い る と い う け れ ど 、 あ た し た ち ジ プ シ ー の 天 使 は 、 足 に 翼 を 持 っ と い う わ 。 あ な た は 翼 を 折 っ て 、 森 に 迷 い 込 ん だ 天 使 の よ う よ 、 ジ プ シ ー の 若 い 王 』 陽 は 立 ち 上 が っ た 。 『 誰 だ 、 お ま え は 』 『 あ た し に 名 前 は な い わ 。 過 去 に 九 百 九 十 九 人 の 男 た ち が 、 九 百 九 十 九 通 り の 名 で あ た し を 呼 ん だ け れ ど 彼 ら は と う に 、 ひ と か た ま り の 灰 に な っ て 、 風 の 中 に 消 え て し ま っ た 。 だ か ら 今 度