検索 - みる会図書館

検索対象: 薔薇の聖燭―祈りのエレミアン―

薔薇の聖燭―祈りのエレミアン―から 244件ヒットしました。

薔薇の聖燭―祈りのエレミアン―


せ い し よ く 薔 薇 の 聖 燭 ー 祈 り の エ レ ミ ア ン ー

薔薇の聖燭―祈りのエレミアン―


せ い し よ く 薔 薇 の 聖 燭 ー 祈 り の エ レ ミ ア ン 一 吉 田 縁 COBALT-SERIES 集 英 社 0

薔薇の聖燭―祈りのエレミアン―


目 次 せ い し よ く 薔 薇 の 聖 燭 ぎ ん ろ う つ る ぎ 第 一 章 銀 狼 の 剣 第 二 章 ル ー ネ の 石 : ・ 第 三 章 魔 教 の 草 ・ 第 四 章 哀 し み の ビ オ ー ル ・ 第 五 章 メ ラ ー ル の 恋 人 : 第 六 章 傭 兵 ソ ー ル と わ 第 七 章 永 久 の 別 れ : よ う へ い 1 83 1 142 197 第 八 章 薔 薇 の 聖 燭 ・ あ と が き : せ い し よ く 219

薔薇の聖燭―祈りのエレミアン―


よ し だ ゆ か り は じ め ま し て 。 吉 田 縁 で す 。 せ い し よ く 『 薔 薇 の 聖 燭 』 、 い か が で し た か ? こ れ か ら 、 と い う 方 も い ら っ し や る か も 知 れ ま せ ん ね 。 ど う ぞ 、 ご ゆ っ く り 。 原 稿 用 紙 の 一 枚 目 と い う の は 、 い つ も 進 ま な い の で す 。 こ の 『 薔 薇 の 聖 燭 』 も 、 ワ ー プ ロ に 向 か っ た ま ま 一 日 か か っ て も 最 初 の 一 行 が 書 け な か っ た こ と を 思 う と 、 よ う や く こ こ ま で た ど り つ い た と い う 感 じ で す 。 三 百 枚 以 上 っ て い う の は 未 知 の 数 字 で し た し : 一 カ 月 ほ ど 前 に 第 一 稿 を 書 き 終 え た 後 、 私 は う き う き と 「 あ と が き 」 の こ と な ん ぞ を 考 え て い た の で す が 、 甘 か っ た ! 百 枚 の 書 き 直 し が 待 っ て い る と は 夢 に も 思 わ な か っ た も の で 。 今 度 こ そ 、 本 当 に 書 い て い い ん で す ね つ 。 ろ う そ く し ん く さ て 、 『 薔 薇 の 聖 燭 』 と い う タ イ ト ル で す が 、 薔 薇 は 真 紅 を 意 味 し 、 聖 燭 は 清 め ら れ た 鑞 燭 あ の こ と で す 。 も と は カ ト リ ッ ク の 二 月 の 行 事 で 、 聖 母 マ リ ア の 祝 日 か ら ヒ ン ト を 得 て い る の で す が 、 本 編 で は そ れ と は 関 係 あ り ま せ ん 。 こ の 話 は 、 中 世 ヨ ー ロ ツ 。 ( に 似 た 架 空 の 時 代 、 架 空 め ど か 医 、

薔薇の聖燭―祈りのエレミアン―


オ ー デ ィ ー が や っ て く る 。 彼 は ア ベ ル の 頭 を 軽 く た た い て 通 り 過 ぎ て 行 く 。 そ の あ と を 、 た く さ ん の 兵 士 た ち が つ い て 行 く 。 強 い け れ ど 負 け て 死 ん だ 兵 士 た ち だ 。 オ ー デ ィ ー が 天 上 の 国 へ 、 勇 ま し い 兵 士 た ち を 連 れ て 行 く の だ 。 ア ベ ル も 今 : そ し て 次 の 朝 、 エ レ ミ ア ン は 見 る だ ろ う 。 中 庭 の 鞍 が な く な っ て い る の を 。 燃 え 尽 き た 薔 薇 の 聖 燭 を お わ り

薔薇の聖燭―祈りのエレミアン―


礼 拝 堂 に ひ ざ ま ず き 、 祈 り を 聞 き 届 け て く れ た エ ー ヴ ァ 神 に 感 謝 し た 。 彼 女 は 薔 薇 窓 の 美 し い 光 の 中 で 長 い 間 た た ず ん で い た 。 そ れ か ら 彼 女 は 礼 拝 堂 の 階 段 を 上 が っ た 。 窓 と い う 窓 か ら 光 が 差 し 込 ん で い た 。 階 下 に 修 道 さ く そ う 僧 た ち の 祈 り の 歌 が 朗 々 と 響 い て い た 。 光 と 祈 り の 錯 綜 を 背 に 、 エ レ ミ ア ン は 塔 の 高 み へ と の ぼ っ た 。 ア ー チ 型 の 窓 か ら ラ ン グ ヴ ェ ル ド の 美 し い 街 が 見 渡 せ た 。 ( な ん て 美 し く て 、 冷 た く て 、 残 酷 な 街 か し ら ? こ こ に は ア ベ ル の 死 が 確 実 に あ っ た だ け 。 む く : そ し て 私 が い て は 報 わ れ な い 人 が ) 彼 女 の 見 下 ろ す そ の 先 に は 、 朝 の 光 に 城 塞 の 向 こ う の 湿 地 が き ら き ら と 輝 い て い た 。 め ま い 目 眩 を 感 じ た 。 エ レ ミ ア ン の 体 が 、 窓 の 装 飾 格 子 に よ り か か っ た 。 眼 下 に 連 な る 煉 瓦 色 の 屋 根 。 し ん く ろ う そ く そ の 下 で は 今 夜 、 薔 薇 の よ う な 真 紅 の 鑞 燭 が 、 悲 し み の 数 だ け と も さ れ る の だ ろ う 。 た ま し い 万 霊 降 臨 の 日 に 降 る 雪 は 死 者 の 魂 だ と も さ さ や か れ て い る 。 頬 に 触 れ て い る 鉄 の 装 飾 格 子 は 冷 た く て 、 も う 雪 が 近 く ま で き て い る と 告 げ た 。 昨 夜 一 晩 中 エ レ ミ ア ン は エ ー ヴ ァ 神 に 願 っ て い た 。 れ ん が ば ら

薔薇の聖燭―祈りのエレミアン―


167 薔 薇 の 聖 燭 レ ザ ン デ ィ は 無 表 情 の ま ま 言 っ た 。 「 異 教 徒 と し て 処 刑 さ れ た の だ 」 エ レ ミ ア ン は レ ザ ン デ ィ の 足 下 に 崩 れ た 。 「 あ な た が : 「 違 い ま す ! 奥 方 様 」 小 姓 が 慌 て て 口 を 挟 ん だ 。 せ ん え っ ・ 私 は し つ か り と こ の 目 で 一 部 始 終 を 見 て 参 り ま し た 。 御 館 様 は 「 僭 越 を お 許 し く だ さ い 。 身 を 呈 し て ソ ー ル 殿 の 命 を お 救 い に な ら れ ま し た ! 」 確 か に 僭 越 な 振 る 舞 い で あ っ た 。 こ の 小 姓 は そ れ で も 訴 え ず に は い ら れ な か っ た の だ ろ う 。 「 あ な た が ご 自 分 の 言 葉 で お っ し や っ て 」 エ レ ミ ア ン は 夫 に す が っ て 言 っ た 。 レ ザ ン デ ィ は 戦 地 で 起 こ っ た こ と を 話 し 出 し た 。

薔薇の聖燭―祈りのエレミアン―


141 薔 薇 の 聖 燭 が 、 そ れ に よ っ て レ ザ ン デ ィ を 恨 む こ と は も は や い た し ま せ ん 。 レ ザ ン デ ィ の 城 館 で は な く 私 の 所 へ 息 子 の 首 が 届 け ら れ た と い う こ と は 、 私 の 愚 か さ へ の 神 の お 叱 り と 受 け と め て 、 今 は 一 し よ く ぎ い 刻 も 早 く ヴ ァ ン セ ル の 側 へ 行 け る よ う に 贖 罪 を し て 余 生 を 過 ご そ う と 思 い ま す 」 長 い 告 白 を 終 え て 、 ノ ア ル は 安 ら か な 顔 つ き に な っ た 。 エ レ ミ ア ン は ノ ア ル の 手 を 握 り な が ら 目 を 伏 せ て い た 。 犯 人 は オ ー デ ィ ー の 異 教 徒 ・ エ レ ミ ア ン は 何 か し ら 後 ろ め た い も の を 感 じ て 顔 が 上 げ ら れ な か っ た 。

薔薇の聖燭―祈りのエレミアン―


よ し だ ・ ゆ か り 2 月 13 日 名 古 屋 市 生 ま れ 。 水 瓶 座 0 型 。 1995 年 下 期 第 26 回 コ パ ル ト ・ ノ ベ ル 大 賞 佳 作 入 選 。 好 き な 作 家 は 塩 野 七 生 。 趣 味 は ェ ア プ ラ シ で 絵 を 描 く こ と と 、 ハ ム ス タ ー ー の 飼 育 。 TM ネ ッ ト ワ ー ク 時 代 か ら の 小 室 フ ァ ン 。 午 前 中 は 人 形 工 房 に 勤 務 し な が ら 、 午 後 と 夜 中 に 小 説 ー 祈 り の エ レ ミ ア ン 一 薔 薇 の 聖 燭 を 書 い て い る 毎 日 。 COBALT-SERIES 1996 年 5 月 10 日 第 1 刷 発 行 著 者 発 行 者 発 行 所 ☆ 定 価 は カ バ ー に 表 示 し て あ り ま す 若 株 式 会 社 〒 101 ー 50 田 菜 正 集 英 社 東 京 都 千 代 田 区 ー ツ 橋 2 ー 5 ー 10 ( 3230 ) 6 2 6 8 ( 編 集 ) 電 話 東 京 ( 3230 ) 6 3 9 3 ( 販 売 ) 印 刷 所 0 YUKARI YOSHIDA 1996 ( 3230 ) 6 0 8 0 ( 制 作 ) 大 日 本 印 刷 株 式 会 社 Printed in Japan 本 書 の 一 部 あ る い は 全 部 を 無 断 で 複 写 複 製 す る こ と は 、 法 律 で 認 め ら れ た 場 合 を 除 き 、 著 作 権 の 侵 害 と な り ま す 。 落 丁 ・ 乱 丁 の 本 は ご 面 倒 で も 小 社 制 作 部 宛 に お 送 り く だ さ い 。 送 料 は 小 社 負 担 で お 取 り 替 え い た し ま す 。 I S B N 4 ー 0 8 ー 6 1 41 9 6 ー 5 C 0 1 9 3

薔薇の聖燭―祈りのエレミアン―


第 八 章 薔 薇 の 聖 燭 な き が ら ア ベ ル の 亡 骸 は 、 銀 の 浮 き 彫 り の あ る 美 し い 棺 に お さ め ら れ て 、 城 館 の 地 下 室 に 安 置 さ れ と む ら た 。 ア ベ ル が 異 教 徒 だ っ た こ と は 、 表 向 き は 伏 せ ら れ て い た 。 弔 い は 、 雇 わ れ の 司 祭 が 立 ち 会 っ て 、 ひ っ そ り と と り お こ な わ れ た 。 さ ま ざ ま 銀 の 棺 の 上 に は 、 ア ベ ル の ビ オ ー ル が 置 か れ て い た 。 地 下 室 の 石 柱 に は 様 々 な 動 物 や 天 使 を き ゅ う り ゅ う へ き が ん 型 ど っ た 彫 刻 が あ り 、 そ れ を 見 上 げ る と 石 柱 が 高 く の び て 天 井 の 穹 窿 に 至 っ て い る 。 壁 龕 に は し よ く だ い 金 銀 細 工 の 燭 台 が 置 か れ て い た 。 な ぐ さ 棺 の 上 で ア ベ ル を 慰 め て い る ビ オ ー ル 。 そ の 糸 倉 の 天 使 の 彫 刻 が 、 石 柱 の 彫 刻 に 見 守 ら れ て い る よ う に 見 え る 。 エ レ ミ ア ン は 心 を 失 っ た か の よ う に 、 そ の 棺 の そ ば か ら 動 か な か っ た 。 レ ザ ン デ ィ は そ れ が 聖 薇 人 の 目 に 不 自 然 に 映 ら な い よ う に 、 エ レ ミ ア ン と と も に 棺 の 前 に 立 ち 、 司 祭 や 従 者 が 去 る ま で 地 下 室 を 出 な か っ た 。 エ レ ミ ア ン は た だ 悲 し み に く れ る ば か り で 、 ア ベ ル の 弔 い を 差 配 す る レ ザ ン デ ィ が 病 に 冒 さ せ い し ょ ′ 、 ひ つ ぎ お か